歌詞を

ヘルプ

山田年秋作曲の歌詞一覧リスト

28 曲中 1-28 曲を表示
2020年9月27日(日)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
道頓堀人情水田竜子若山かほる山田年秋ふられたぐらいで泣くのは
道頓堀人情水城なつみ若山かほる山田年秋ふられたぐらいで泣くのは
股旅天童よしみ吉田旺山田年秋男渡世のしがらみゆえに
道頓堀人情歌恋若山かほる山田年秋ふられたぐらいで泣くのは
道頓堀人情大江裕若山かほる山田年秋ふられたぐらいで泣くのは
故郷へ天童よしみ麻こよみ山田年秋都会の雨が今日も冷たく胸の空き
道頓堀人情GOLD LYLIC天童よしみ若山かほる山田年秋ふられたぐらいで泣くのは
紅葉雪西方裕之松井由利夫山田年秋積るそばからはかなく消える
女ひといろ西方裕之松井由利夫山田年秋あなたひとりを命ときめて
エンジンのない舟和田青児山田孝雄山田年秋肩をお前もたたかれたのか
みなと恋歌天童よしみ山田孝雄山田年秋五つ六つの幼い頃に
道頓堀人情鏡五郎若山かほる山田年秋ふられたぐらいで泣くのは
人生一代男花鏡五郎久保進一山田年秋演歌ひとすじ やるぞと決めて
歌姫越え天童よしみ山田孝雄山田年秋山が恋しと歌うのは
しあわせ夢椿小峰あずさ岡田冨美子山田年秋右手を差し出せばあなたに届く
水仙岬小峰あずさ加茂笙子山田年秋凍てつく寒さに負けないで
惚れた島津ゆたか小金井一正山田年秋ほろりよろけてつまずくおれを
水芭蕉小峰あずさ岡田冨美子山田年秋誰かに知られたらこの夢は
演歌酒川島一成辻本茂山田年秋ひとり飲んでる酒場の酒も
夢蛍小峰あずさ高城のぼる山田年秋川辺のせゝらぎ初夏風そよぎ
ある恋の旅路天童よしみ水木れいじ山田年秋北行く夜汽車乗り継いで
夫婦あかり天童よしみ水木れいじ山田年秋うれし涙で暖簾をかけて
倖せ番外地天童よしみ吉田 旺山田年秋馬鹿なやつだよおまえってやつは
父娘傘大杉八郎門脇明男山田年秋山の日暮れの峠道
北のふるさと 俺の町北山はじめ星川成一・松井由利夫山田年秋冬から春へ季節は巡り
港町北山はじめ松井由利夫山田年秋情け知らずと涙のこぶし
道頓堀人情人長作若山かほる山田年秋ふられたぐらいで泣くのは
種子島カモネ音頭天童よしみ石原一久・古市喜典・水木れいじ山田年秋大隈海峡はるばる越えて