人生一代男花

この曲の表示回数 10,587
歌手:

鏡五郎


作詞:

久保進一


作曲:

山田年秋


演歌ひとすじ やるぞと決めて
浮世こがらし 流し唄
通天閣の赤い灯よりも
燃えるこの花 男花
引くな人生 俺の道

縄ののれんに 肩叩かれて
くぐる横町の 屋台酒
陰にまわって 支えてくれた
可愛いお前が いればこそ
真一輪 花となる

俺の出番と 薄陽がさせば
廻り舞台の 幕が開く
道頓堀の 水面に映す
度胸千両の 晴れ姿
人生一代 男花
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:人生一代男花 歌手:鏡五郎

鏡五郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-09-01
商品番号:KICX-3207
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP