試聴する

由良川恋文

この曲の表示回数 7,229
歌手:

津吹みゆ


作詞:

万城たかし


作曲:

宮下健治


幾度(なんど)好きだと 名前を呼べば
叫ぶこの声 届くでしょうか
ひとり京都の 由良川で…
跳ねて身を焼く 鮎になり
逢いに行きたや この生命(いのち)

赤い紅葉(もみじ)を 狭霧(さぎり)がかくす
川の瀬音が 道しるべです
ひとり京都の 由良川で…
焦がれ泣きする 白鮎の
胸の打つ音(ね)を 誰が知る

晩秋(あき)にはつ雪 かやぶきの里
募る思いは まだ冷めきれぬ
ひとり京都の 由良川で…
いっそこのまま 鮎になり
春を待っても いいですか
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:由良川恋文 歌手:津吹みゆ

津吹みゆの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018/10/03
商品番号:CRCN-8185
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP