磐越西線

この曲の表示回数 8,703

会津平野が 窓に広がる
北へ向って 列車は走るの
あなたの 住んでいる 町を
訪ねて みたくなり
磐越西線に 乗って
ひとりで 旅に出た
あの人の町なら わたしにもふるさと
夢にまでみた 笑顔がゆれます

ふたり離れて 生きて来たけど
それは哀しい 運命(さだめ)のいたずら
喜び 多い方(ほう) それが
この町 喜多方ね
磐越西線は やがて
日暮れの 駅に着く
あの人の町なら わたしにもふるさと
時の流れに 心がゆれます

あの日の ぬくもりを 胸に
あなたに 逢いたくて
磐越西線で ひとり
ここまで 来たのです
あの人の町なら わたしにもふるさと
都忘れが 優しくゆれます
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:磐越西線 歌手:津吹みゆ

津吹みゆの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016/04/27
商品番号:CRCN-20420
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP