木原たけしの歌詞一覧リスト  33曲中 1-33曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
33曲中 1-33曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あぁ奥入瀬に雪が舞う俺の心に 寂しさ連れて 白く咲いてる おんな花 男だぜ 男だろぅ 未練を丸めて ぶつけちゃえ 静かに流れる この川は サラサラ ユラユラ 奥入瀬川に 雪が 雪が 雪が 雪が…舞う  夜の止まり木 凍(しば)れる夜は 思い出してる コップ酒 男だぜ 男だろぅ 小石を蹴飛ばし 愚痴ひとつ 忘れてしまえよ 夢なんか サラサラ ユラユラ 奥入瀬川に 雪が 雪が 雪が 雪が…舞う  吹雪く十和田に 連絡船の 別れ急かせる ドラの音 男だぜ 男だろぅ お前に逢えたら その時は 滝音(たきおと)やさしい 雪の宿 サラサラ ユラユラ 奥入瀬川に 雪が 雪が 雪が 雪が…舞う木原たけしチコ早苗村沢良介伊戸のりお俺の心に 寂しさ連れて 白く咲いてる おんな花 男だぜ 男だろぅ 未練を丸めて ぶつけちゃえ 静かに流れる この川は サラサラ ユラユラ 奥入瀬川に 雪が 雪が 雪が 雪が…舞う  夜の止まり木 凍(しば)れる夜は 思い出してる コップ酒 男だぜ 男だろぅ 小石を蹴飛ばし 愚痴ひとつ 忘れてしまえよ 夢なんか サラサラ ユラユラ 奥入瀬川に 雪が 雪が 雪が 雪が…舞う  吹雪く十和田に 連絡船の 別れ急かせる ドラの音 男だぜ 男だろぅ お前に逢えたら その時は 滝音(たきおと)やさしい 雪の宿 サラサラ ユラユラ 奥入瀬川に 雪が 雪が 雪が 雪が…舞う
あぁ人生峠来た道を 振り向けば あっという間の 短さよ 骨身 惜しまず 働いて 節くれだらけの 指の先 嬉し泣き 悔し泣き 涙と越えた 人生峠  上見たら きりがない おまえの口癖 真似てみる 俺のわがまま いつだって 笑顔で支えて くれた女房(やつ) 雨の日も 晴れの日も おまえと越える 人生峠  正直に 生きて来た それが自慢さ この俺の せめて自分を 騙(だま)さずに 歩いて行くんだ これからも 上り坂 下り坂 明日も越える 人生峠木原たけし麻こよみ宮下健治伊戸のりお来た道を 振り向けば あっという間の 短さよ 骨身 惜しまず 働いて 節くれだらけの 指の先 嬉し泣き 悔し泣き 涙と越えた 人生峠  上見たら きりがない おまえの口癖 真似てみる 俺のわがまま いつだって 笑顔で支えて くれた女房(やつ) 雨の日も 晴れの日も おまえと越える 人生峠  正直に 生きて来た それが自慢さ この俺の せめて自分を 騙(だま)さずに 歩いて行くんだ これからも 上り坂 下り坂 明日も越える 人生峠
あぁ竜飛崎夢にまで見た あの松前が 雪に隠れて 見えません 凍(しば)れるね… 淋しいね… 誰が 誰が唄うか じょんがら節も 俺の涙を 誘うよに ここは津軽の 港 小伯 …さいはて岬 ひゅるるん ひゅるるん  津軽野面(のづら)に 灯りが滲(にじ)む 雪が舞い散る 鯵ヶ沢 三味が泣く… 風が泣く… 呼んで 呼んでいるよな あいやの節は ねぶた囃子も 連れて来る 遠い漁火(いさりび) 招く灯台 …望郷岬 ひゅるるん ひゅるるん  波よ荒れるな カモメよ啼くな 男ひとりの 日本海 銅鑼(どら)が鳴る… 霧笛泣く… 俺を 俺を泣かすな よされの唄は 故郷(くに)のおふくろ 思い出す 吹雪海鳴り しぐれ海峡 …竜飛の岬 ひゅるるん ひゅるるん木原たけし八嶋龍仙村沢良介南郷達也夢にまで見た あの松前が 雪に隠れて 見えません 凍(しば)れるね… 淋しいね… 誰が 誰が唄うか じょんがら節も 俺の涙を 誘うよに ここは津軽の 港 小伯 …さいはて岬 ひゅるるん ひゅるるん  津軽野面(のづら)に 灯りが滲(にじ)む 雪が舞い散る 鯵ヶ沢 三味が泣く… 風が泣く… 呼んで 呼んでいるよな あいやの節は ねぶた囃子も 連れて来る 遠い漁火(いさりび) 招く灯台 …望郷岬 ひゅるるん ひゅるるん  波よ荒れるな カモメよ啼くな 男ひとりの 日本海 銅鑼(どら)が鳴る… 霧笛泣く… 俺を 俺を泣かすな よされの唄は 故郷(くに)のおふくろ 思い出す 吹雪海鳴り しぐれ海峡 …竜飛の岬 ひゅるるん ひゅるるん
あぁ北上川男がやるぞと 誓ったからは 貫きとおすぜ 意地がある 親父と話した 大きな夢は いつか花咲く 日も来るさ 風にゆられて 流れ行く あぁ北上川は 俺のふるさと  水面(みなも)に流した 男の涙 分っているのさ この川は 小さい頃から ガキ大将で おふくろ泣かせた あの頃を 草笛吹けば 思い出す あぁ北上川は 俺のふるさと  夜空にきらめく 星空眺め 地酒を呑むのも 嬉しいね 心を許した 仲間がいれば 春も近いぞ 岩手富士 どんと構えろ 男なら あぁ北上川は 俺のふるさと木原たけしチコ早苗村沢良介伊戸のりお男がやるぞと 誓ったからは 貫きとおすぜ 意地がある 親父と話した 大きな夢は いつか花咲く 日も来るさ 風にゆられて 流れ行く あぁ北上川は 俺のふるさと  水面(みなも)に流した 男の涙 分っているのさ この川は 小さい頃から ガキ大将で おふくろ泣かせた あの頃を 草笛吹けば 思い出す あぁ北上川は 俺のふるさと  夜空にきらめく 星空眺め 地酒を呑むのも 嬉しいね 心を許した 仲間がいれば 春も近いぞ 岩手富士 どんと構えろ 男なら あぁ北上川は 俺のふるさと
越後雪歌稲穂はざ掛(が)け この秋暮れりゃ 鉛色(なまりいろ)した 冬が来る 三か月(みつき)の永さを 風呂敷に お父(と)う結んで 出稼ぎ支度 降るな積もるな 別れ雪 あぁ 別れ雪  雪の背丈も 織り手のよさも 耳で分かると 爺(じじ)が言う 今夜も夜なべの 居座機(いざりばた) おっ母(かあ)木を打つ トントンカラリ 消すな絶やすな 榾灯(ほだあか)り あぁ 榾灯り  軒の氷柱(つらら)は 越後の涙 春の日差しに うれし泣き 野面で仕上げる 雪晒(ゆきざら)し 汽車の窓から 見えるかお父う 白く咲かせた 迎え花 あぁ 迎え花木原たけし森坂とも村沢良介丸山雅仁稲穂はざ掛(が)け この秋暮れりゃ 鉛色(なまりいろ)した 冬が来る 三か月(みつき)の永さを 風呂敷に お父(と)う結んで 出稼ぎ支度 降るな積もるな 別れ雪 あぁ 別れ雪  雪の背丈も 織り手のよさも 耳で分かると 爺(じじ)が言う 今夜も夜なべの 居座機(いざりばた) おっ母(かあ)木を打つ トントンカラリ 消すな絶やすな 榾灯(ほだあか)り あぁ 榾灯り  軒の氷柱(つらら)は 越後の涙 春の日差しに うれし泣き 野面で仕上げる 雪晒(ゆきざら)し 汽車の窓から 見えるかお父う 白く咲かせた 迎え花 あぁ 迎え花
オイトコ鴉連れていってと 合羽の袖に 縋(すが)るあの娘は まだ蕾 惚れているから 身をひく旅は くよくよしたンじゃ らしくねぇ オイトコソーダョ 本当にソーダョ 俺ら気まぐれ オイトコ鴉  わずか三年(みとせ)を 十年ほどに 結ぶ草鞋の 紐で知る 義理と未練の 振り分け荷物 おっぽり投げれば 日本晴れ オイトコソーダョ 本当にソーダョ 俺らすっ飛び オイトコ鴉  気分次第で どっちへ行こか 笠で占う 宿場道 喧嘩出入りは まっぴら御免 出たとこ勝負も いいもンだ オイトコソーダョ 本当にソーダョ 俺ら後生楽(ごしょうらく) オイトコ鴉木原たけしたなかゆきを村沢良介伊戸のりお連れていってと 合羽の袖に 縋(すが)るあの娘は まだ蕾 惚れているから 身をひく旅は くよくよしたンじゃ らしくねぇ オイトコソーダョ 本当にソーダョ 俺ら気まぐれ オイトコ鴉  わずか三年(みとせ)を 十年ほどに 結ぶ草鞋の 紐で知る 義理と未練の 振り分け荷物 おっぽり投げれば 日本晴れ オイトコソーダョ 本当にソーダョ 俺らすっ飛び オイトコ鴉  気分次第で どっちへ行こか 笠で占う 宿場道 喧嘩出入りは まっぴら御免 出たとこ勝負も いいもンだ オイトコソーダョ 本当にソーダョ 俺ら後生楽(ごしょうらく) オイトコ鴉
奥州の風泣くも笑うも 北上川に 心あずけて 生きて来た 岩手 奥州 米どころ 風に稲穂の 波が立つ これからも これからも この町で 生きて行く  都会暮らしを 夢見たあの日 月日たどれば なつかしく 夏の終わりも 知らぬよに 風に南部風鈴(ふうりん) また揺れる これからも これからも この町で 生きて行く  夜空(そら)にまたたく 一番星は 明日へ望みの 夢灯り ひとり見上げる 岩手富士 風が優しく 吹き抜ける これからも これからも この町で 生きて行く木原たけし麻こよみ宮下健治伊戸のりお泣くも笑うも 北上川に 心あずけて 生きて来た 岩手 奥州 米どころ 風に稲穂の 波が立つ これからも これからも この町で 生きて行く  都会暮らしを 夢見たあの日 月日たどれば なつかしく 夏の終わりも 知らぬよに 風に南部風鈴(ふうりん) また揺れる これからも これからも この町で 生きて行く  夜空(そら)にまたたく 一番星は 明日へ望みの 夢灯り ひとり見上げる 岩手富士 風が優しく 吹き抜ける これからも これからも この町で 生きて行く
おとこの挽歌泣きたいときには 泣いたらいいさ 涙のその訳 聞かせなよ 悲しい過去(むかし)を 曳きずりながら ひとりで歩いて 来たんだろう 泣きたいときには 泣いたらいいさ こゝろの杖には 俺がなる  飲みたいときには 飲んだらいいさ うすめのお酒を 少しだけ 身体(からだ)に悪いと 分っていても 誰でも酔いたい ときがある 飲みたいときには 飲んだらいいさ 忘れた笑顔が 戻るまで  淋(さみ)しいときには すがればいいさ ひとりで悩んじゃ 駄目になる 昨日の暮らしに サヨナラ告げて 明日(あした)を生きよう ふたりして 淋しいときには すがればいいさ お前の涙は 俺のもの木原たけし野本高平村沢良介丸山雅仁泣きたいときには 泣いたらいいさ 涙のその訳 聞かせなよ 悲しい過去(むかし)を 曳きずりながら ひとりで歩いて 来たんだろう 泣きたいときには 泣いたらいいさ こゝろの杖には 俺がなる  飲みたいときには 飲んだらいいさ うすめのお酒を 少しだけ 身体(からだ)に悪いと 分っていても 誰でも酔いたい ときがある 飲みたいときには 飲んだらいいさ 忘れた笑顔が 戻るまで  淋(さみ)しいときには すがればいいさ ひとりで悩んじゃ 駄目になる 昨日の暮らしに サヨナラ告げて 明日(あした)を生きよう ふたりして 淋しいときには すがればいいさ お前の涙は 俺のもの
男の岬寄せては返す 苦労の波しぶき 受けて男は でかくなる 一度限りの 人生を そうさ半端じゃ 終われない 意地を貫(つらぬ)く 意地を貫(つらぬ)く 男の岬  焦(あせ)るな急(せ)くな 人より遅れても じっと我慢の 時もある いつか望みが 叶う日を 待ってくれてる 女房(やつ)がいる 悔いはしないさ 悔いはしないさ 男の岬  明日(あした)がたとえ 嵐になろうとも どんと荒波 越えて行く 奥歯かみ締め 沖を見りゃ 熱い思いが 燃え上がる ここが勝負の ここが勝負の 男の岬木原たけし麻こよみ宮下健治伊戸のりお寄せては返す 苦労の波しぶき 受けて男は でかくなる 一度限りの 人生を そうさ半端じゃ 終われない 意地を貫(つらぬ)く 意地を貫(つらぬ)く 男の岬  焦(あせ)るな急(せ)くな 人より遅れても じっと我慢の 時もある いつか望みが 叶う日を 待ってくれてる 女房(やつ)がいる 悔いはしないさ 悔いはしないさ 男の岬  明日(あした)がたとえ 嵐になろうとも どんと荒波 越えて行く 奥歯かみ締め 沖を見りゃ 熱い思いが 燃え上がる ここが勝負の ここが勝負の 男の岬
おまえと明日(あす)のことさえ わからぬままに 力を合わせ 生きて来た  おまえの笑顔が あればこそ 越えた世間の 雨嵐 これからも これからも おまえとこれからも  家のことなら まかせたきりで いつでも苦労 かけて来た  重ねた年月(としつき) 振り向けば 詫(わ)びて足りない ことばかり 離れずに 離れずに おまえと離れずに  二人元気で 暮らして行けりゃ 幸せですと 言うおまえ 残りの人生 ひとつずつ  かりた情けを 返したい これからも これからも おまえとこれからも木原たけし麻こよみ宮下健治伊戸のりお明日(あす)のことさえ わからぬままに 力を合わせ 生きて来た  おまえの笑顔が あればこそ 越えた世間の 雨嵐 これからも これからも おまえとこれからも  家のことなら まかせたきりで いつでも苦労 かけて来た  重ねた年月(としつき) 振り向けば 詫(わ)びて足りない ことばかり 離れずに 離れずに おまえと離れずに  二人元気で 暮らして行けりゃ 幸せですと 言うおまえ 残りの人生 ひとつずつ  かりた情けを 返したい これからも これからも おまえとこれからも
おやじさん長い夜にも 朝は来る 冬も必ず 春になる 男だったら 望みを捨てず いつか花咲く 時を待て 沁みるよなぁ あの言葉 忘れはしないよ おやじさん  上を見たなら キリがない 下を見たなら 夢がない 右に曲がらず 左に折れず 決めたこの道 まっすぐに 沁みるよなぁ あの言葉 も一度 会いたい おやじさん  勝って負けてる 奴がいる 負けて勝ってる 奴もいる 男器量は 懐次第 やけにならずに 最後まで 沁みるよなぁ あの言葉 感謝をしてます おやじさん木原たけし渡辺寛尚村沢良介丸山雅仁長い夜にも 朝は来る 冬も必ず 春になる 男だったら 望みを捨てず いつか花咲く 時を待て 沁みるよなぁ あの言葉 忘れはしないよ おやじさん  上を見たなら キリがない 下を見たなら 夢がない 右に曲がらず 左に折れず 決めたこの道 まっすぐに 沁みるよなぁ あの言葉 も一度 会いたい おやじさん  勝って負けてる 奴がいる 負けて勝ってる 奴もいる 男器量は 懐次第 やけにならずに 最後まで 沁みるよなぁ あの言葉 感謝をしてます おやじさん
俺の人生渡る世間の 向かい風 夢が転がる 裏通り 胸に渦巻く 悔しさを 酒でなだめる 縄のれん 終わらない終れない 俺の人生  ままにならない 事ばかり ひとりきりなら つらくても 苦労承知で この俺の そばに寄りそう 花ひとつ 終わらない終れない 俺の人生  いつか変わるさ 風向きも 耐えて我慢の 回り道 にぎる拳(こぶし)の その中に 人にゃゆずれぬ 夢がある 終わらない終れない 俺の人生木原たけし麻こよみ宮下健治伊戸のりお渡る世間の 向かい風 夢が転がる 裏通り 胸に渦巻く 悔しさを 酒でなだめる 縄のれん 終わらない終れない 俺の人生  ままにならない 事ばかり ひとりきりなら つらくても 苦労承知で この俺の そばに寄りそう 花ひとつ 終わらない終れない 俺の人生  いつか変わるさ 風向きも 耐えて我慢の 回り道 にぎる拳(こぶし)の その中に 人にゃゆずれぬ 夢がある 終わらない終れない 俺の人生
俺の人生夢舞台恩は売らねぇ 貰いもしねぇ これが男の 魂(こころ)だぜ 今の世の中 真っ暗闇さ 他人(ひと)を騙して 生きてく奴や 自分勝手に 生きる奴 風に吹かれて 飛んで行け 俺の俺の人生 アァ…夢舞台 男だぜ  義理も人情も 失した奴は 誰も相手に してくれぬ 野暮なセリフで 言うのじゃないが 若い頃には 誰でもあるさ 早く自分を 取り戻せ 苦労してみな 明日がある 俺の俺の人生 アァ…夢舞台 男だぜ  裏も表も 人生ならば 表通りを 歩こうよ 心許した 仲間がいれば ひとり悩まず 話してごらん 灯り探して 生きろよと きっと言うだろ 男なら 俺の俺の人生 アァ…夢舞台 男だぜ木原たけしチコ早苗村沢良介丸山雅仁恩は売らねぇ 貰いもしねぇ これが男の 魂(こころ)だぜ 今の世の中 真っ暗闇さ 他人(ひと)を騙して 生きてく奴や 自分勝手に 生きる奴 風に吹かれて 飛んで行け 俺の俺の人生 アァ…夢舞台 男だぜ  義理も人情も 失した奴は 誰も相手に してくれぬ 野暮なセリフで 言うのじゃないが 若い頃には 誰でもあるさ 早く自分を 取り戻せ 苦労してみな 明日がある 俺の俺の人生 アァ…夢舞台 男だぜ  裏も表も 人生ならば 表通りを 歩こうよ 心許した 仲間がいれば ひとり悩まず 話してごらん 灯り探して 生きろよと きっと言うだろ 男なら 俺の俺の人生 アァ…夢舞台 男だぜ
北国挽歌あぁ帰ろかな… ふるさとへ  夢が見たくて ふるさと離れ 親を泣かせた バチあたり 未練だね… 男じゃないか 最終列車は 雪の中 吐息で曇る 窓ガラス 風が風が 頬を打つ あぁ… 凍(しば)れるね  津軽追分 背中で聞いて そっとおやじを 思い出す 辛いよなぁ… 世間に負けちゃ じょっぱり男の 仲間たち 負けたら駄目だと 酒を呑む 夢さ夢さ 夢がある あぁ… 凍れるね  慣れぬ手つきで 三味線抱いて 雪の奥入瀬 ひとり旅 逢いたいなぁ… おふくろさんに リンゴの花っこ 咲くまでに 必ずかえるよ ふるさとへ 寒(さぶ)や寒(さぶ)やと 三味が鳴く あぁ… 凍れるね木原たけし市川武志村沢良介丸山雅仁あぁ帰ろかな… ふるさとへ  夢が見たくて ふるさと離れ 親を泣かせた バチあたり 未練だね… 男じゃないか 最終列車は 雪の中 吐息で曇る 窓ガラス 風が風が 頬を打つ あぁ… 凍(しば)れるね  津軽追分 背中で聞いて そっとおやじを 思い出す 辛いよなぁ… 世間に負けちゃ じょっぱり男の 仲間たち 負けたら駄目だと 酒を呑む 夢さ夢さ 夢がある あぁ… 凍れるね  慣れぬ手つきで 三味線抱いて 雪の奥入瀬 ひとり旅 逢いたいなぁ… おふくろさんに リンゴの花っこ 咲くまでに 必ずかえるよ ふるさとへ 寒(さぶ)や寒(さぶ)やと 三味が鳴く あぁ… 凍れるね
北のおとこ唄男なら 男なら いつか咲かせる 夢がある 男なら 男なら 明日を掴んで 生きてみろ 三陸海岸 荒れようと くじけてたまるか 俺の人生(みち) 北のおとこの アアンア…心意気  男なら 男なら 風に向かって 立ち上がれ 男なら 男なら 苦労なんかは へっちゃらさ 口から出まかせ 言う奴にゃ 任せておけない この町を 北のおとこの アアンア…底力  男なら 男なら 涙あふれりゃ 空を見ろ 男なら 男なら 後ろ向かずに つっ走れ 真心(こころ)のない奴 信じるな 高田の松原 虹が立つ 北のおとこの アアンア…ど根性木原たけし鈴木信子村沢良介丸山雅仁男なら 男なら いつか咲かせる 夢がある 男なら 男なら 明日を掴んで 生きてみろ 三陸海岸 荒れようと くじけてたまるか 俺の人生(みち) 北のおとこの アアンア…心意気  男なら 男なら 風に向かって 立ち上がれ 男なら 男なら 苦労なんかは へっちゃらさ 口から出まかせ 言う奴にゃ 任せておけない この町を 北のおとこの アアンア…底力  男なら 男なら 涙あふれりゃ 空を見ろ 男なら 男なら 後ろ向かずに つっ走れ 真心(こころ)のない奴 信じるな 高田の松原 虹が立つ 北のおとこの アアンア…ど根性
偲ぶ酒ひとりじゃ喧嘩も 出来なくて 手酌が淋しい 雨の夜 飲み過ぎちゃ 駄目ですと 写真のおまえが 笑ってる ひとり おまえを ひとり おまえを 偲ぶ酒  子供も巣立って これからは 旅行もしたいと 言っていた 苦労だけ かけたまま 本当(ほんと)にごめんよ 悪かった 詫びて飲み干す 詫びて飲み干す コップ酒  つまみはスルメの 乾き物 おまえの手料理 恋しいよ もう一度 巡り合い 一緒になろうな この俺と ひとり しんみり ひとり しんみり 偲ぶ酒木原たけし麻こよみ宮下健治伊戸のりおひとりじゃ喧嘩も 出来なくて 手酌が淋しい 雨の夜 飲み過ぎちゃ 駄目ですと 写真のおまえが 笑ってる ひとり おまえを ひとり おまえを 偲ぶ酒  子供も巣立って これからは 旅行もしたいと 言っていた 苦労だけ かけたまま 本当(ほんと)にごめんよ 悪かった 詫びて飲み干す 詫びて飲み干す コップ酒  つまみはスルメの 乾き物 おまえの手料理 恋しいよ もう一度 巡り合い 一緒になろうな この俺と ひとり しんみり ひとり しんみり 偲ぶ酒
昭和のおとこ節自分ひとりが 生きられりゃ 他人(ひと)を裏切る 奴もいる いやだ いやだネ こんな世は 義理もなければ 人情(なさけ)もないね 時代遅れと 言われても 俺は 俺は負けない …昭和の男だぜ  惚れたあいつと 口喧嘩 帰りたいけど 帰れない いつも馴染みの 居酒屋で 話相手は 暖簾と子猫 馬鹿な奴だと 言われても 意地が 意地が邪魔する …昭和の男だぜ  むかし親父の げんこつは 薬飲むより よく効いた 側でおふくろ 泣きながら 強くなれよと この手を握る 古い奴だと 言われても 夢を 夢を抱いてる …昭和の男だぜ木原たけし青木圭介村沢良介南郷達也自分ひとりが 生きられりゃ 他人(ひと)を裏切る 奴もいる いやだ いやだネ こんな世は 義理もなければ 人情(なさけ)もないね 時代遅れと 言われても 俺は 俺は負けない …昭和の男だぜ  惚れたあいつと 口喧嘩 帰りたいけど 帰れない いつも馴染みの 居酒屋で 話相手は 暖簾と子猫 馬鹿な奴だと 言われても 意地が 意地が邪魔する …昭和の男だぜ  むかし親父の げんこつは 薬飲むより よく効いた 側でおふくろ 泣きながら 強くなれよと この手を握る 古い奴だと 言われても 夢を 夢を抱いてる …昭和の男だぜ
昭和挽歌~令和にふたたび~「振り向けば昭和は 男の心の中に一杯ありました」  酒は心の 拠(よ)りどころ 風は男の 子守唄 しんみり飲みたい 夜があり したたか酔いたい 夜もある そんな時…男は 昭和をしのんで…酒を飲む  「恋をしたり 別れたり 昭和のあの頃にはいろんな事がありました」  酒はお前を 恋しがり 面影相手に 飲み明かす 過去(むかし)の唄でも 唄おうか 一人でしんみり 飲み明かす そんな時…男は 昭和の演歌を…口ずさむ  「男の行く道を探して見たけど とうとう見つからなかった昭和です」  酒は涙の 捨てどころ 他人にゃ見せない 涙です お前と呼べない 遠いひと 二度とは逢えない 遠いひと そんな時…男は 一人で昭和を…振り返る木原たけし宮沢守夫村沢良介斉藤功「振り向けば昭和は 男の心の中に一杯ありました」  酒は心の 拠(よ)りどころ 風は男の 子守唄 しんみり飲みたい 夜があり したたか酔いたい 夜もある そんな時…男は 昭和をしのんで…酒を飲む  「恋をしたり 別れたり 昭和のあの頃にはいろんな事がありました」  酒はお前を 恋しがり 面影相手に 飲み明かす 過去(むかし)の唄でも 唄おうか 一人でしんみり 飲み明かす そんな時…男は 昭和の演歌を…口ずさむ  「男の行く道を探して見たけど とうとう見つからなかった昭和です」  酒は涙の 捨てどころ 他人にゃ見せない 涙です お前と呼べない 遠いひと 二度とは逢えない 遠いひと そんな時…男は 一人で昭和を…振り返る
時代おくれの子守唄本籍地なら 北の果て 現住所なら 風に聞け 生まれ在所も 忘れたが 夢に疲れた 風来坊 ゆらり ゆらゆら ゆらり ゆらゆら 時代おくれの子守唄  話し相手も 銭もない 愚痴じゃないけど 淋しいね 惚れたあいつの なみだ顔 小石け飛ばし 思い出す ゆらり ゆらゆら ゆらり ゆらゆら 時代おくれの子守唄  どうせ酔いどれ 一人寝にゃ 毛布一枚 あればいい ゴロリ手枕 こんな夜は 酒よお前と 二人連れ ゆらり ゆらゆら ゆらり ゆらゆら 時代おくれの子守唄  おふくろ今頃 どうしてか 便り書くのも 辛くなる 拝啓ご無沙汰 そのあとは 文字も途切れて 夜が明けた ゆらり ゆらゆら ゆらり ゆらゆら 時代おくれの子守唄木原たけしチコ早苗村沢良介伊戸のりお本籍地なら 北の果て 現住所なら 風に聞け 生まれ在所も 忘れたが 夢に疲れた 風来坊 ゆらり ゆらゆら ゆらり ゆらゆら 時代おくれの子守唄  話し相手も 銭もない 愚痴じゃないけど 淋しいね 惚れたあいつの なみだ顔 小石け飛ばし 思い出す ゆらり ゆらゆら ゆらり ゆらゆら 時代おくれの子守唄  どうせ酔いどれ 一人寝にゃ 毛布一枚 あればいい ゴロリ手枕 こんな夜は 酒よお前と 二人連れ ゆらり ゆらゆら ゆらり ゆらゆら 時代おくれの子守唄  おふくろ今頃 どうしてか 便り書くのも 辛くなる 拝啓ご無沙汰 そのあとは 文字も途切れて 夜が明けた ゆらり ゆらゆら ゆらり ゆらゆら 時代おくれの子守唄
時代おくれの子守唄 ~令和に想うこと~本籍地なら 北の果て 現住所なら 風に聞け 生まれ在所も 忘れたが 夢に疲れた 風来坊 ゆらり ゆらゆら ゆらり ゆらゆら 時代おくれの子守唄  話し相手も 銭もない 愚痴じゃないけど 淋しいね 惚れたあいつの なみだ顔 小石け飛ばし 思い出す ゆらり ゆらゆら ゆらり ゆらゆら 時代おくれの子守唄  おふくろ今頃 どうしてか 便り書くのも 辛くなる 拝啓ご無沙汰 そのあとは 文字も途切れて 夜が明けた ゆらり ゆらゆら ゆらり ゆらゆら 時代おくれの子守唄木原たけしチコ早苗村沢良介斉藤功本籍地なら 北の果て 現住所なら 風に聞け 生まれ在所も 忘れたが 夢に疲れた 風来坊 ゆらり ゆらゆら ゆらり ゆらゆら 時代おくれの子守唄  話し相手も 銭もない 愚痴じゃないけど 淋しいね 惚れたあいつの なみだ顔 小石け飛ばし 思い出す ゆらり ゆらゆら ゆらり ゆらゆら 時代おくれの子守唄  おふくろ今頃 どうしてか 便り書くのも 辛くなる 拝啓ご無沙汰 そのあとは 文字も途切れて 夜が明けた ゆらり ゆらゆら ゆらり ゆらゆら 時代おくれの子守唄
宗谷海峡礼文・利尻は めおと島 はぐれ昆布の 帯を解く 風に千切れた… 風に千切れた うわさを拾う 馬鹿な男の 横っ面 雪がなぶるよ…宗谷海峡  遥か 野寒布(のしゃっぷ) 北岬 俺を泣かせる 白い海 棄てたつもりの… 棄てたつもりの あの日の恋を 想い出させる みなと宿 未練凍(しば)れる…宗谷海峡  鴎・灯台 泊まり船 雪に埋もれた 稚内 呼べば届くか… 呼べば届くか あのサハリンに ここは涙の 行き止まり 明日はどっちだ…宗谷海峡木原たけし木原たけし村沢良介丸山雅仁礼文・利尻は めおと島 はぐれ昆布の 帯を解く 風に千切れた… 風に千切れた うわさを拾う 馬鹿な男の 横っ面 雪がなぶるよ…宗谷海峡  遥か 野寒布(のしゃっぷ) 北岬 俺を泣かせる 白い海 棄てたつもりの… 棄てたつもりの あの日の恋を 想い出させる みなと宿 未練凍(しば)れる…宗谷海峡  鴎・灯台 泊まり船 雪に埋もれた 稚内 呼べば届くか… 呼べば届くか あのサハリンに ここは涙の 行き止まり 明日はどっちだ…宗谷海峡
竹山物語吠える地吹雪 しばれる野面(のづら) 負けてなるかと 胸を張る 津軽三味線 竹山叩く 魂(いのち)ゆさぶる その音色 山が泣く 雪が泣く 樹氷(こおり)が 跳ねる 十三の砂山… あいや節  生まれ小湊 旅から旅へ 苦労門付け 遠い春 麦のひきわり ふるまい飯に 情け涙の 落ちる夜 風が舞う 鳥が舞う 命火揺れる よされよされと… よされ節  人にゃ見えない 心が見える それを頼りに 風舞台 撥を持つ手に 息吹きかけて そっと温(ぬく)めて くれる女(ひと) 夢がある 愛がある 竜飛が叫ぶ 津軽じょんがら… 口説(くどき)節木原たけし鈴木信子村沢良介伊戸のりお吠える地吹雪 しばれる野面(のづら) 負けてなるかと 胸を張る 津軽三味線 竹山叩く 魂(いのち)ゆさぶる その音色 山が泣く 雪が泣く 樹氷(こおり)が 跳ねる 十三の砂山… あいや節  生まれ小湊 旅から旅へ 苦労門付け 遠い春 麦のひきわり ふるまい飯に 情け涙の 落ちる夜 風が舞う 鳥が舞う 命火揺れる よされよされと… よされ節  人にゃ見えない 心が見える それを頼りに 風舞台 撥を持つ手に 息吹きかけて そっと温(ぬく)めて くれる女(ひと) 夢がある 愛がある 竜飛が叫ぶ 津軽じょんがら… 口説(くどき)節
道中千里空は青空 日本晴れ 新(さら)の草鞋(わらじ)を しめ直す 男望みを 懐に 超える山坂 峠道 ついて来るかよ 赤トンボ 明日はどこまで 道中千里  すまし顔した 道祖神(どうそじん) どこか空似(そらに)の あの娘(むすめ) 恋は苦手さ 柄(がら)じゃない いつも岡惚れ 片思い 風に揺れてる 野辺(のべ)の花 たまにゃ道草 道中千里  縞の合羽(かっぱ)も 色褪せて 故郷(くに)を離れて 幾月日 今も達者か おふくろは やけに身に沁(し)む 里ごころ ひとり見上げる 流れ雲 明日はどこまで 道中千里木原たけし麻こよみ宮下健治伊戸のりお空は青空 日本晴れ 新(さら)の草鞋(わらじ)を しめ直す 男望みを 懐に 超える山坂 峠道 ついて来るかよ 赤トンボ 明日はどこまで 道中千里  すまし顔した 道祖神(どうそじん) どこか空似(そらに)の あの娘(むすめ) 恋は苦手さ 柄(がら)じゃない いつも岡惚れ 片思い 風に揺れてる 野辺(のべ)の花 たまにゃ道草 道中千里  縞の合羽(かっぱ)も 色褪せて 故郷(くに)を離れて 幾月日 今も達者か おふくろは やけに身に沁(し)む 里ごころ ひとり見上げる 流れ雲 明日はどこまで 道中千里
なァ 女将甘くはないのさ 世間の風は わかってくれるか なァ女将 愚痴や泣き面 見せたくないが 俺も人の子 涙も流す こんな夜には 女将の胸に 男丸ごと 男丸ごと ぶつけたい やんちゃ酒 ぼやき酒 はしご酒  男の気持ちを 踏みにじられリゃ 黙っていないさ なァ女将 おまえ一人が 女じゃないと 言ってやったよ 大きな声で 酒に癒され 女将に甘え 胸にたまった 胸にたまった 憂さ晴らし やんちゃ酒 ぼやき酒 はしご酒  いくつになっても 男って奴は やんちゃな子供よ なァ女将 逃げた魚にゃ 未練を抱くし あれもこれもと 無いものねだり よぅし今夜は 女将とさしで 飲んで朝まで 飲んで朝まで 酔い語り やんちゃ酒 ぼやき酒 はしご酒木原たけしみやの舞村沢良介伊戸のりお甘くはないのさ 世間の風は わかってくれるか なァ女将 愚痴や泣き面 見せたくないが 俺も人の子 涙も流す こんな夜には 女将の胸に 男丸ごと 男丸ごと ぶつけたい やんちゃ酒 ぼやき酒 はしご酒  男の気持ちを 踏みにじられリゃ 黙っていないさ なァ女将 おまえ一人が 女じゃないと 言ってやったよ 大きな声で 酒に癒され 女将に甘え 胸にたまった 胸にたまった 憂さ晴らし やんちゃ酒 ぼやき酒 はしご酒  いくつになっても 男って奴は やんちゃな子供よ なァ女将 逃げた魚にゃ 未練を抱くし あれもこれもと 無いものねだり よぅし今夜は 女将とさしで 飲んで朝まで 飲んで朝まで 酔い語り やんちゃ酒 ぼやき酒 はしご酒
花巻夫婦旅ひと目惚れして 一緒になって 山あり谷あり 夫婦道 やっと暮らしも 人並みに おまえとはじめて ふたり旅 みちのく 花巻 釜(かま)淵(ぶち)の滝 笑顔せせらぎ 水しぶき  いつもおまえを 頼りにしてた 今日まで苦労の かけ通し 二人きりなら テレくさい 二泊(ふたはく)三日(みっか)の ふたり旅 湯煙 花巻 湯の宿灯り 差しつ差されつ 差し向かい  泣いて笑って これから先は ゆっくり行こうか 夫婦道 いつか人生 折り返し おまえとはじめて ふたり旅 みちのく 花巻 真ん丸月夜 窓に寄り添う 影ふたつ木原たけし麻こよみ宮下健治伊戸のりおひと目惚れして 一緒になって 山あり谷あり 夫婦道 やっと暮らしも 人並みに おまえとはじめて ふたり旅 みちのく 花巻 釜(かま)淵(ぶち)の滝 笑顔せせらぎ 水しぶき  いつもおまえを 頼りにしてた 今日まで苦労の かけ通し 二人きりなら テレくさい 二泊(ふたはく)三日(みっか)の ふたり旅 湯煙 花巻 湯の宿灯り 差しつ差されつ 差し向かい  泣いて笑って これから先は ゆっくり行こうか 夫婦道 いつか人生 折り返し おまえとはじめて ふたり旅 みちのく 花巻 真ん丸月夜 窓に寄り添う 影ふたつ
風雪 御陣乗太鼓男の背中に 雪が舞う 女の涙と 二人連れ ここは奥能登 日本海 いつかはぐれて ひとり旅 鬼の涙を 叩いて隠せ 胸にジンとくる …御陣乗太鼓 叩け… 響け… 踊れ…  あいつが打つなら おれは舞う 夜空に響けと バチの音 輪島コキリコ 泣く声を 遠い海鳴り 消してゆく 燃えろかがり火 大地を照らせ 男まるごと …御陣乗太鼓 叩け… 響け… 踊れ…  男は鬼だと 見得を切る 女は夜叉じゃと 身をよじる 名舟(なぶね)港の 闇深く 胸で詫びてる 寒い夜 カモメ騒いで 別れを責める やけに沁みるぜ …御陣乗太鼓 叩け… 響け… 踊れ…木原たけし紺野あずさ村沢良介丸山雅仁男の背中に 雪が舞う 女の涙と 二人連れ ここは奥能登 日本海 いつかはぐれて ひとり旅 鬼の涙を 叩いて隠せ 胸にジンとくる …御陣乗太鼓 叩け… 響け… 踊れ…  あいつが打つなら おれは舞う 夜空に響けと バチの音 輪島コキリコ 泣く声を 遠い海鳴り 消してゆく 燃えろかがり火 大地を照らせ 男まるごと …御陣乗太鼓 叩け… 響け… 踊れ…  男は鬼だと 見得を切る 女は夜叉じゃと 身をよじる 名舟(なぶね)港の 闇深く 胸で詫びてる 寒い夜 カモメ騒いで 別れを責める やけに沁みるぜ …御陣乗太鼓 叩け… 響け… 踊れ…
二人で故郷へ帰ろうね女の涙は 女より 分かってきました この俺も つらく悲しい 思い出さえも 笑って話して くれた奴 二人で故郷へ 二人で故郷へ 帰ろうね  男が涙を 流すのは やさしいおふくろ 思う時 親を泣かせて おん出たけれど 案じていました いつの日も 二人で故郷へ 二人で故郷へ 帰ろうね  男と女の あいだには いたわりふれ合い 夢がある むかし親父が そうしたように 俺はこいつと 決めました 二人で故郷へ 二人で故郷へ 帰ろうね木原たけしさとの深花村沢良介伊戸のりお女の涙は 女より 分かってきました この俺も つらく悲しい 思い出さえも 笑って話して くれた奴 二人で故郷へ 二人で故郷へ 帰ろうね  男が涙を 流すのは やさしいおふくろ 思う時 親を泣かせて おん出たけれど 案じていました いつの日も 二人で故郷へ 二人で故郷へ 帰ろうね  男と女の あいだには いたわりふれ合い 夢がある むかし親父が そうしたように 俺はこいつと 決めました 二人で故郷へ 二人で故郷へ 帰ろうね
北海おとこ船暴れ 暴れ 暴れ阿修羅(あしゅら)と 恵みの神の 二つ顔持つ 北の海 睨(にら)みきかせて 乗り込む沖は 逃げる獲物(さかな)と 男の勝負 逃がしゃ漁場の 恥さらし 燃えろ 吠えろ 荒れろ 北海育ちさ… おとこ船  負けず 負けず 負けず嫌いで 頑固な俺を 陰で支える いい女房 見てろ待ってろ 後には引かぬ 命削って 根性賭けて 乗るか反(そ)るかの 網を打つ 燃えろ 吠えろ 荒れろ 北海育ちさ… おとこ船  漁師 漁師 漁師仲間と 凍(しば)れた酒を 一気呑みすりゃ 唄がでる 馴れた十八番(おはこ)の 舟歌甚句 酔えば大の字 ごろ寝と決めりゃ 夢で大漁の 旗を振る 燃えろ 吠えろ 荒れろ 北海育ちさ… おとこ船木原たけしたなかゆきを村沢良介丸山雅仁暴れ 暴れ 暴れ阿修羅(あしゅら)と 恵みの神の 二つ顔持つ 北の海 睨(にら)みきかせて 乗り込む沖は 逃げる獲物(さかな)と 男の勝負 逃がしゃ漁場の 恥さらし 燃えろ 吠えろ 荒れろ 北海育ちさ… おとこ船  負けず 負けず 負けず嫌いで 頑固な俺を 陰で支える いい女房 見てろ待ってろ 後には引かぬ 命削って 根性賭けて 乗るか反(そ)るかの 網を打つ 燃えろ 吠えろ 荒れろ 北海育ちさ… おとこ船  漁師 漁師 漁師仲間と 凍(しば)れた酒を 一気呑みすりゃ 唄がでる 馴れた十八番(おはこ)の 舟歌甚句 酔えば大の字 ごろ寝と決めりゃ 夢で大漁の 旗を振る 燃えろ 吠えろ 荒れろ 北海育ちさ… おとこ船
望郷ながれ唄三味を泣かせて 自分も泣いて 逢えば傷つく 旅なのに 雪が 雪がさえぎる 小泊市浦 ゆくえ知れずの 恋を追い 津軽みちのく ひとりさすらう 望郷ながれ唄  破れ小袖を 山背があおる うなる太棹 みだれ弾き つらさ つらさ堪えて 生きてくことが 男なんだと 五所川原 津軽お岩木 越えていずこか 望郷ながれ唄  抱いた三味線 三筋の糸よ 惚れて一筋 こころ糸 忘れ 忘れきれない 移り香ひとつ 水に流した 深浦の 津軽追分 情けいとしい 望郷ながれ唄木原たけし久仁京介村沢良介南郷達也三味を泣かせて 自分も泣いて 逢えば傷つく 旅なのに 雪が 雪がさえぎる 小泊市浦 ゆくえ知れずの 恋を追い 津軽みちのく ひとりさすらう 望郷ながれ唄  破れ小袖を 山背があおる うなる太棹 みだれ弾き つらさ つらさ堪えて 生きてくことが 男なんだと 五所川原 津軽お岩木 越えていずこか 望郷ながれ唄  抱いた三味線 三筋の糸よ 惚れて一筋 こころ糸 忘れ 忘れきれない 移り香ひとつ 水に流した 深浦の 津軽追分 情けいとしい 望郷ながれ唄
望郷ひとり旅風がガラス戸(ど) 揺らすたび 沁みる手酌の コップ酒  ふるさと離れ 何年過ぎた 浮かぶあの山 あの川よ  望郷さすらい あゝ ひとり旅  好きと互いに 言えなくて あの日別れた 朝の駅  面影さえも いつしか遠く 今も元気で いるだろか 望郷さすらい あゝ ひとり旅  生まれ故郷に 背を向けて 何を夢見て 北の空 ふた親眠る あの裏山に  会いに行きたい いつの日か 望郷さすらい あゝ ひとり旅木原たけし麻こよみ宮下健治伊戸のりお風がガラス戸(ど) 揺らすたび 沁みる手酌の コップ酒  ふるさと離れ 何年過ぎた 浮かぶあの山 あの川よ  望郷さすらい あゝ ひとり旅  好きと互いに 言えなくて あの日別れた 朝の駅  面影さえも いつしか遠く 今も元気で いるだろか 望郷さすらい あゝ ひとり旅  生まれ故郷に 背を向けて 何を夢見て 北の空 ふた親眠る あの裏山に  会いに行きたい いつの日か 望郷さすらい あゝ ひとり旅
みちのく情話暗い夜空に じょんから節の 三味が流れる 旅の宿 どうしたら お前と お前と一緒に なれるのか さんさしぐれか 口説き節 流れて行きたい 篝火(かがりび)の宿 ユラリ ユラリ  風に揺れてる 篝火さえも おとこ心を 惑わせる 少しだけ お前の お前の心が 欲しいのさ しのび逢う夜の 雪あかり からめたこの指 篝火の宿 ユラリ ユラリ  窓の向うに 舞い散る雪は 夜明け間近な 別れ雪 出来るなら お前に お前に幸せ あげたいよ そっと抱き寄せ 腕の中 一生ふたりさ 篝火の宿 ユラリ ユラリ木原たけし鈴木信子村沢良介丸山雅仁暗い夜空に じょんから節の 三味が流れる 旅の宿 どうしたら お前と お前と一緒に なれるのか さんさしぐれか 口説き節 流れて行きたい 篝火(かがりび)の宿 ユラリ ユラリ  風に揺れてる 篝火さえも おとこ心を 惑わせる 少しだけ お前の お前の心が 欲しいのさ しのび逢う夜の 雪あかり からめたこの指 篝火の宿 ユラリ ユラリ  窓の向うに 舞い散る雪は 夜明け間近な 別れ雪 出来るなら お前に お前に幸せ あげたいよ そっと抱き寄せ 腕の中 一生ふたりさ 篝火の宿 ユラリ ユラリ
夫婦坂道西日(にしび)が差し込む 六畳ひと間 それが二人の 始まりで 夫婦坂道 おまえと俺と ふたり手を取り 越えて来た 心ひとつに あぁどこまでも  喧嘩もしたよな 小さな事で 口にゃ出さぬが 詫びていた 夫婦坂道 おまえと俺と 巡る月日の 泣き笑い 声を掛け合い あぁどこまでも  働き通しの おまえにいつか 楽な暮らしを させたくて 夫婦坂道 おまえと俺と 家族守って 越えて行く 心ひとつに あぁどこまでも木原たけし麻こよみ宮下健治伊戸のりお西日(にしび)が差し込む 六畳ひと間 それが二人の 始まりで 夫婦坂道 おまえと俺と ふたり手を取り 越えて来た 心ひとつに あぁどこまでも  喧嘩もしたよな 小さな事で 口にゃ出さぬが 詫びていた 夫婦坂道 おまえと俺と 巡る月日の 泣き笑い 声を掛け合い あぁどこまでも  働き通しの おまえにいつか 楽な暮らしを させたくて 夫婦坂道 おまえと俺と 家族守って 越えて行く 心ひとつに あぁどこまでも
渡り鳥母の泣く声 背中で聞いて 故郷(くに)を飛びでた 渡り鳥 俺の晴れ着は 道中合羽(どうちゅうがっぱ) 変わる時節は 変わる時節は アンアアアア 風にきけ あぁ渡り鳥…オロロン  惚れた女は 不幸にゃ出来ぬ 無事に暮せも 胸のうち 破れ旅笠 夕陽をよけて かくす不覚の かくす不覚の アンアアアア ひとしずく あぁ渡り鳥…オロロン  義理のしがらみ 情けの綾も 馬鹿な鴉にゃ 重すぎる 明日はどこやら 野末の空か 翼 休める 翼 休める アンアアアア 枝もない あぁ渡り鳥…オロロン木原たけし野本高平村沢良介伊戸のりお母の泣く声 背中で聞いて 故郷(くに)を飛びでた 渡り鳥 俺の晴れ着は 道中合羽(どうちゅうがっぱ) 変わる時節は 変わる時節は アンアアアア 風にきけ あぁ渡り鳥…オロロン  惚れた女は 不幸にゃ出来ぬ 無事に暮せも 胸のうち 破れ旅笠 夕陽をよけて かくす不覚の かくす不覚の アンアアアア ひとしずく あぁ渡り鳥…オロロン  義理のしがらみ 情けの綾も 馬鹿な鴉にゃ 重すぎる 明日はどこやら 野末の空か 翼 休める 翼 休める アンアアアア 枝もない あぁ渡り鳥…オロロン
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. 366日
  3. 毎日
  4. Dear
  5. 君に捧げる応援歌

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. hanataba
  4. 永久 -トコシエ-
  5. LOVE BANDITZ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×