おとこの挽歌

この曲の表示回数 12,221
歌手:

木原たけし


作詞:

野本高平


作曲:

村沢良介


泣きたいときには 泣いたらいいさ
涙のその訳 聞かせなよ
悲しい過去(むかし)を 曳きずりながら
ひとりで歩いて 来たんだろう
泣きたいときには 泣いたらいいさ
こゝろの杖には 俺がなる

飲みたいときには 飲んだらいいさ
うすめのお酒を 少しだけ
身体(からだ)に悪いと 分っていても
誰でも酔いたい ときがある
飲みたいときには 飲んだらいいさ
忘れた笑顔が 戻るまで

淋(さみ)しいときには すがればいいさ
ひとりで悩んじゃ 駄目になる
昨日の暮らしに サヨナラ告げて
明日(あした)を生きよう ふたりして
淋しいときには すがればいいさ
お前の涙は 俺のもの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:おとこの挽歌 歌手:木原たけし

木原たけしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012/11/07
商品番号:TECA-12392
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP