試聴する

大阪の女

この曲の表示回数 1,415
歌手:

三門忠司


作詞:

もず唱平


作曲:

宮下健治


キタの外れのちっちゃなバーで
どうせ飲むなら楽しく 飲めと
バーボン注ぎ分け 諭(さと)してくれた
姉(あね)さん気取りが 身に沁みて
思わず涙がこぼれたよ
あゝ あの女(ひと) 大阪の女(ひと)

堀江 浜筋 西陽のあたる
狭い塒(ねぐら)に花持ち込んで
祝ってくれたよ 二十歳の春を
あの時心底 惚れたんだ
あれから何年経ったのか
あゝ あの女 大阪の女

故郷(くに)じゃそろそろ辛夷(こぶし)が開く
馬鹿な倅(せがれ)とお袋さんが
嘆いているだろ 麦踏ながら
未練を断ち切り帰ろうか
今宵も夢みる 徒(あだ)枕(まくら)
あゝ あの女 大阪の女
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:大阪の女 歌手:三門忠司

三門忠司の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/09/16
商品番号:TECA-20054
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP