父娘うた

この曲の表示回数 5,202
歌手:

西川ひとみ


作詞:

原文彦


作曲:

宮下健治


おんなだてらに 故郷(くに)出てきたが
胸にさわぐは 父の声
錦飾れる その日まで
二度と敷居は またぐなと
あれは十九歳(じゅうく)の春弥生(はるやよい) あゝ春弥生(はるやよい)

泣くな泣くなと わたしをあやす
父が泣いてた 日暮れ坂
母を知らない 幼子(おさなご)が
父の背中で 聴いたうた
今も聴こえる子守うた あゝ子守うた

千里万里を 行くことよりも
背なに重たい 親の恩
それを承知の 親不孝
詫びる都の 十三夜月(じゅうさんや)
ひとり今宵(こよい)も手をあわす あゝ手をあわす
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:父娘うた 歌手:西川ひとみ

西川ひとみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-02-14
商品番号:TKCA-91020
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP