川神あいの歌詞一覧リスト  33曲中 1-33曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
33曲中 1-33曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛してルンバもう若くないから きれいごとは言わないで 最後の恋の予感を 感じているから あの日出会った事は きっと意味があるはずよ 輝く時をふたり 重ねてゆく為に 見つめあったらルンバ 燃えるステップ love you again 朝が来るまで 踊っていたいの そうよ人生なんて 何とかなるものよ 瞳を閉じて 口づけを  そう昔の事は 古いドラマのひとコマ 季節は戻って来ない 未来に乾杯 甘く切ない愛を 私に与えてくれた もう離れられない 二度と離さないわ 指をからめてルンバ もっと酔わせて fall in love 私だけを見つめて誘って たった一度の人生 後悔の文字はない 熱い吐息を 耳元で  何もいらない今は あなたがそばにいれば 悲しみさえも泡と消えてゆく そうよ人生なんて 愛を求めて One life time 燃え尽きるまで 抱きしめて川神あい北原三千代西村幸輔西村幸輔もう若くないから きれいごとは言わないで 最後の恋の予感を 感じているから あの日出会った事は きっと意味があるはずよ 輝く時をふたり 重ねてゆく為に 見つめあったらルンバ 燃えるステップ love you again 朝が来るまで 踊っていたいの そうよ人生なんて 何とかなるものよ 瞳を閉じて 口づけを  そう昔の事は 古いドラマのひとコマ 季節は戻って来ない 未来に乾杯 甘く切ない愛を 私に与えてくれた もう離れられない 二度と離さないわ 指をからめてルンバ もっと酔わせて fall in love 私だけを見つめて誘って たった一度の人生 後悔の文字はない 熱い吐息を 耳元で  何もいらない今は あなたがそばにいれば 悲しみさえも泡と消えてゆく そうよ人生なんて 愛を求めて One life time 燃え尽きるまで 抱きしめて
愛の讃歌あなたの燃える手で あたしを抱きしめて ただ二人だけで 生きていたいの ただ命の限り あたしは愛したい 命の限りに あなたを愛するの  頬と頬よせ 燃えるくちづけ 交わすよろこび あなたと二人で 暮せるものなら なんにもいらない なんにもいらない あなたと二人で 生きて行くのよ あたしの願いは ただそれだけよ あなたと二人  固く抱き合い 燃える指に髪を からませながら いとしみながら くちづけを交わすの 愛こそ燃える火よ あたしを燃やす火 心とかす恋よ川神あいM.Monnot・E.Piaf・岩谷時子M.Monnot・E.Piafあなたの燃える手で あたしを抱きしめて ただ二人だけで 生きていたいの ただ命の限り あたしは愛したい 命の限りに あなたを愛するの  頬と頬よせ 燃えるくちづけ 交わすよろこび あなたと二人で 暮せるものなら なんにもいらない なんにもいらない あなたと二人で 生きて行くのよ あたしの願いは ただそれだけよ あなたと二人  固く抱き合い 燃える指に髪を からませながら いとしみながら くちづけを交わすの 愛こそ燃える火よ あたしを燃やす火 心とかす恋よ
愛の漂流船誰もが淋しさの 捨てる場所を 探しては さまようこの街 遠く ゆらめく人の海 夢が溺れる… 夢があえぐ… 愛の漂流船 どこにも帰れないの あなたも私も さすらうだけの 人生ね  出逢いは哀しみの はじまりなの 愛しても 別れが待ってる 時は 止めても止まらない 紙の船でも… 泥の船でも… 愛の漂流船 あなたと沈むのなら それでも良かった 生きてることは 哀しいわ  夢が溺れる… 夢があえぐ… 愛の漂流船 どこにも帰れないの 男も女も さすらうだけの 人生ね川神あい田久保真見岡千秋猪股義周誰もが淋しさの 捨てる場所を 探しては さまようこの街 遠く ゆらめく人の海 夢が溺れる… 夢があえぐ… 愛の漂流船 どこにも帰れないの あなたも私も さすらうだけの 人生ね  出逢いは哀しみの はじまりなの 愛しても 別れが待ってる 時は 止めても止まらない 紙の船でも… 泥の船でも… 愛の漂流船 あなたと沈むのなら それでも良かった 生きてることは 哀しいわ  夢が溺れる… 夢があえぐ… 愛の漂流船 どこにも帰れないの 男も女も さすらうだけの 人生ね
愛は時を越えてあなたの鼓動が優しく私を包む 言葉はもう何もいらない 微笑み見つめ合うの  星のまたたきほどはかない 命をもっと燃やしたいの 生まれてよかったと 今初めていえるから  あなたとめぐり会えた喜びが 私を励ますのよ 時を越えていつも心は あなたと生きてゆく  彷徨った日々も 未来に流す涙も 肩を並べ見上げる空に あなたは消してくれる  背中をそっと押されながら 光りのなかへ歩き出すわ 私の行く道が遠くまで続いている  あなたと会えなくなる日が来ても 私は忘れないわ 眩しすぎるこの瞬間を あなたと見つけたこと  ああ誰かを愛した輝きが 明日を変えてゆくの 逃げださない何があっても 一人きりじゃないから  あなたとめぐり会えた喜びが 私を励ますのよ 時を越えていつも心は あなたと生きてゆく川神あい芹沢類織田哲郎あなたの鼓動が優しく私を包む 言葉はもう何もいらない 微笑み見つめ合うの  星のまたたきほどはかない 命をもっと燃やしたいの 生まれてよかったと 今初めていえるから  あなたとめぐり会えた喜びが 私を励ますのよ 時を越えていつも心は あなたと生きてゆく  彷徨った日々も 未来に流す涙も 肩を並べ見上げる空に あなたは消してくれる  背中をそっと押されながら 光りのなかへ歩き出すわ 私の行く道が遠くまで続いている  あなたと会えなくなる日が来ても 私は忘れないわ 眩しすぎるこの瞬間を あなたと見つけたこと  ああ誰かを愛した輝きが 明日を変えてゆくの 逃げださない何があっても 一人きりじゃないから  あなたとめぐり会えた喜びが 私を励ますのよ 時を越えていつも心は あなたと生きてゆく
あなたに乾杯乾杯 乾杯 乾杯しよう あなたの涙に あなたの笑顔に 乾杯 乾杯 乾杯しよう あなたの人生に  生きてる事に 少し疲れて ため息ひとつ 肩を落として 誰でもきっとあるはず 悲しい寂しい虚しい そんな時は思い出してみて 涙をぬぐってくれた人を 人と言う字は支え合い人 あなたは一人じゃないから 風よ雲よ 幸せ乗せて 日は又昇る 春はすぐそこに 乾杯 乾杯 乾杯しよう あなたの人生に  ままにならない人生(みち)を歩いて 報われないと 嘆いた日々は 誰でもきっとあるはず 苦しい悔しい逃げたい そんな時は思い出してみて 信じて愛してくれた人を 熱い思いで歩き続ける あなたを見ている人がいる 夢が あるから 明日が見える 必ず叶うよ あきらめないで 乾杯 乾杯 乾杯しよう あなたの人生に  乾杯 乾杯 乾杯しよう あなたの人生に川神あい北原三千代伊藤薫若草恵乾杯 乾杯 乾杯しよう あなたの涙に あなたの笑顔に 乾杯 乾杯 乾杯しよう あなたの人生に  生きてる事に 少し疲れて ため息ひとつ 肩を落として 誰でもきっとあるはず 悲しい寂しい虚しい そんな時は思い出してみて 涙をぬぐってくれた人を 人と言う字は支え合い人 あなたは一人じゃないから 風よ雲よ 幸せ乗せて 日は又昇る 春はすぐそこに 乾杯 乾杯 乾杯しよう あなたの人生に  ままにならない人生(みち)を歩いて 報われないと 嘆いた日々は 誰でもきっとあるはず 苦しい悔しい逃げたい そんな時は思い出してみて 信じて愛してくれた人を 熱い思いで歩き続ける あなたを見ている人がいる 夢が あるから 明日が見える 必ず叶うよ あきらめないで 乾杯 乾杯 乾杯しよう あなたの人生に  乾杯 乾杯 乾杯しよう あなたの人生に
一本の道雲の上には 青空が いつか陽がさす 時がくる 熱い想いを 胸に抱き この手の温もり 忘れずに 力のかぎりに 力のかぎりに わたしは 歩き続けたい 夢に続く 一本の道を  あの日背中で 聞いていた こぶしまじりの 子守唄 悔し涙で 泣いた日も あなたがいたから 越えられた 心を込めて 心を込めて わたしは 歌い続けたい 愛に続く 一本の道を  人生かけても 貫くと 決めた心に うそはない たとえ石ころ道だって 歩けば私の道になる 凛と前だけ 前だけ見つめ わたしは 歩き続けたい 明日に続く 一本の道を  あなたと 歩き続けたい 夢に続く 一本の道を川神あい野村瞳西村幸輔西村幸輔雲の上には 青空が いつか陽がさす 時がくる 熱い想いを 胸に抱き この手の温もり 忘れずに 力のかぎりに 力のかぎりに わたしは 歩き続けたい 夢に続く 一本の道を  あの日背中で 聞いていた こぶしまじりの 子守唄 悔し涙で 泣いた日も あなたがいたから 越えられた 心を込めて 心を込めて わたしは 歌い続けたい 愛に続く 一本の道を  人生かけても 貫くと 決めた心に うそはない たとえ石ころ道だって 歩けば私の道になる 凛と前だけ 前だけ見つめ わたしは 歩き続けたい 明日に続く 一本の道を  あなたと 歩き続けたい 夢に続く 一本の道を
なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない いつ めぐり逢うのかを 私たちは いつも知らない  どこにいたの 生きてきたの 遠い空の下 ふたつの物語  縦の糸はあなた 横の糸は私 織りなす布は いつか誰かを 暖めうるかもしれない  なぜ 生きてゆくのかを 迷った日の跡の ささくれ 夢追いかけ走って ころんだ日の跡の ささくれ  こんな糸が なんになるの 心許なくて ふるえてた風の中  縦の糸はあなた 横の糸は私 織りなす布は いつか誰かの 傷をかばうかもしれない  縦の糸はあなた 横の糸は私 逢うべき糸に 出逢えることを 人は 仕合わせと呼びます川神あい中島みゆき中島みゆきなぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない いつ めぐり逢うのかを 私たちは いつも知らない  どこにいたの 生きてきたの 遠い空の下 ふたつの物語  縦の糸はあなた 横の糸は私 織りなす布は いつか誰かを 暖めうるかもしれない  なぜ 生きてゆくのかを 迷った日の跡の ささくれ 夢追いかけ走って ころんだ日の跡の ささくれ  こんな糸が なんになるの 心許なくて ふるえてた風の中  縦の糸はあなた 横の糸は私 織りなす布は いつか誰かの 傷をかばうかもしれない  縦の糸はあなた 横の糸は私 逢うべき糸に 出逢えることを 人は 仕合わせと呼びます
お蝶この世でひとつのめぐり逢い 切れた鼻緒が縁をむすぶ 荒くれ男の 次郎長に 苦労覚悟でついて行く おんな一途の命をかける  あれ こんな夜中にどうしたんだい? ああ石松か まああがれや どうしたんだ 実は親分 子分達のケンカ沙汰で とうとう役人沙汰に 親分の顔に泥を塗るような真似をして 申し訳ありやせん  なあに子分の不始末は親の責任よ~ ほとぼりが冷めるまで しばらく清水を離れるとするか そうと決まれば旅支度だね おまえさん  追われ千里の長旅に 連れて来るんじゃ なかったものを 無理を重ねて壊した体 お蝶 許せや すまぬと 手をあわす  お蝶しっかりしろい ああ お前さん 俺みたいなもんと 出会わなきゃきっと 日の差す暮らしが待っていたろうになあ お蝶堪忍してくれ お前さん涙なんか見せないでおくれよ 惚れたお前さんの傍にいられて心底幸せだったんだよ お蝶 いつの日か街道一の大親分になって 故郷清水に戻れる事を祈ってますよ お前さん  お蝶しっかりしろい 死ぬんじゃねえぞお蝶 目を開けてくれ お蝶  苦労 数えりゃ手にあまる 尽くすお前の笑顔が浮かぶ こんなやくざに何故惚れた 陰で支えた恋女房 お蝶しのんで 泣くのか明け烏川神あい一葉よう子西村幸輔西村幸輔この世でひとつのめぐり逢い 切れた鼻緒が縁をむすぶ 荒くれ男の 次郎長に 苦労覚悟でついて行く おんな一途の命をかける  あれ こんな夜中にどうしたんだい? ああ石松か まああがれや どうしたんだ 実は親分 子分達のケンカ沙汰で とうとう役人沙汰に 親分の顔に泥を塗るような真似をして 申し訳ありやせん  なあに子分の不始末は親の責任よ~ ほとぼりが冷めるまで しばらく清水を離れるとするか そうと決まれば旅支度だね おまえさん  追われ千里の長旅に 連れて来るんじゃ なかったものを 無理を重ねて壊した体 お蝶 許せや すまぬと 手をあわす  お蝶しっかりしろい ああ お前さん 俺みたいなもんと 出会わなきゃきっと 日の差す暮らしが待っていたろうになあ お蝶堪忍してくれ お前さん涙なんか見せないでおくれよ 惚れたお前さんの傍にいられて心底幸せだったんだよ お蝶 いつの日か街道一の大親分になって 故郷清水に戻れる事を祈ってますよ お前さん  お蝶しっかりしろい 死ぬんじゃねえぞお蝶 目を開けてくれ お蝶  苦労 数えりゃ手にあまる 尽くすお前の笑顔が浮かぶ こんなやくざに何故惚れた 陰で支えた恋女房 お蝶しのんで 泣くのか明け烏
母子道ゆびわをはずして 三年目 涙かれて 湯の町へ もどりたいけど もどれない いとしい我が子が 恋しくて あ… あ… 会いたいね 枕をだけば 想い出す 今夜見るゆめ 息子の笑顔  手鏡かなしい 夜の顔 なれぬお酌に グラスも泣いて にがいお酒に むなしさこらえ 今のあたしが 生きるため あ… あ… 淋しいね ネオンもきえて もらい泣き 今夜見るゆめ 娘の笑顔  ふるさとこいしや なつかしや 梅の香りも 三分咲 何にも知らずに まってる我が子 わびる母の手 いばら道 あ… あ… せつないね 死ぬも生きるも ゆめ一つ 肩よせ合って くらそうね川神あい淺見容子淺見容子花岡優平ゆびわをはずして 三年目 涙かれて 湯の町へ もどりたいけど もどれない いとしい我が子が 恋しくて あ… あ… 会いたいね 枕をだけば 想い出す 今夜見るゆめ 息子の笑顔  手鏡かなしい 夜の顔 なれぬお酌に グラスも泣いて にがいお酒に むなしさこらえ 今のあたしが 生きるため あ… あ… 淋しいね ネオンもきえて もらい泣き 今夜見るゆめ 娘の笑顔  ふるさとこいしや なつかしや 梅の香りも 三分咲 何にも知らずに まってる我が子 わびる母の手 いばら道 あ… あ… せつないね 死ぬも生きるも ゆめ一つ 肩よせ合って くらそうね
女の幸福あなたに めぐり逢うために この世に 生まれてきたわたし 裏道 泥道 日照り道 つらさに泣いた 日もあるわ 今なら見えます 女の幸福  おまえの過去は おれの過去 いってわたしを 目でつつむ やけ酒 ぐち酒 なみだ酒 むかしを捨てて 今日からは あなたに咲きます 女の幸福  あなたがくれた やさしさに 甘えてすがって いいですね 雨の日 風の日 吹雪の日 あなたとおなじ 夢をみて 歩いてゆきます 女の幸福川神あいたかたかし弦哲也西村幸輔あなたに めぐり逢うために この世に 生まれてきたわたし 裏道 泥道 日照り道 つらさに泣いた 日もあるわ 今なら見えます 女の幸福  おまえの過去は おれの過去 いってわたしを 目でつつむ やけ酒 ぐち酒 なみだ酒 むかしを捨てて 今日からは あなたに咲きます 女の幸福  あなたがくれた やさしさに 甘えてすがって いいですね 雨の日 風の日 吹雪の日 あなたとおなじ 夢をみて 歩いてゆきます 女の幸福
女の手酌酒今夜はやけにしばれるね 馴染みの店の暖簾をくぐる ビールもいいけど やっぱりね 人肌恋しいこんな夜は マスター一本つけてよね 少し熱めの熱燗を 色んな思いを胸に秘め 世間話に花が咲く やっと幸せになれそうな気がするの 今度こそ幸せをこの手から離さない 心でつぶやく独り言 女の手酌酒  出逢いと別れの繰り返し 色々あるのが 人生だけど 一人もいいけど やっぱりね 心が切ないこんな夜は 惚れて尽くして泣きぬれて 重ねた恋の経験は 少しの役にもたたないね 恋はいつでも初心になる やっと幸せになれそうな気がするの 不器用な人だけど温もりをくれたのさ 心でささやく独り言 女の手酌酒  やっと幸せになれそうな気がするの 今度こそ幸せをこの手から離さない 心でつぶやく独り言 女の手酌酒川神あい北原三千代北原三千代松井タツオ今夜はやけにしばれるね 馴染みの店の暖簾をくぐる ビールもいいけど やっぱりね 人肌恋しいこんな夜は マスター一本つけてよね 少し熱めの熱燗を 色んな思いを胸に秘め 世間話に花が咲く やっと幸せになれそうな気がするの 今度こそ幸せをこの手から離さない 心でつぶやく独り言 女の手酌酒  出逢いと別れの繰り返し 色々あるのが 人生だけど 一人もいいけど やっぱりね 心が切ないこんな夜は 惚れて尽くして泣きぬれて 重ねた恋の経験は 少しの役にもたたないね 恋はいつでも初心になる やっと幸せになれそうな気がするの 不器用な人だけど温もりをくれたのさ 心でささやく独り言 女の手酌酒  やっと幸せになれそうな気がするの 今度こそ幸せをこの手から離さない 心でつぶやく独り言 女の手酌酒
かもめの街やっと店が終わって ほろ酔いで坂を下りる頃 白茶けたお天道が 浜辺を染め始めるのさ そんなやりきれなさは 夜眠る人にゃ分らないさ 波止場に出れば カモメがブイに2、3羽 一服しながら ぼんやり潮風に吹かれてみるのが あたしは好きなのさ カモメよ カモメよ 淋しかないか 帰る故郷があるじゃなし おまえも一生 波の上 あたしも一生 波の上 あ~あ~ ドンブラコ  いろんな人が居たし いろんな人が居なくなった 泣いてくれるのは カモメと霧笛ばかり 一服しながら あれこれ取り止めなく懐かしむのが あたしは好きなのさ カモメよ カモメよ 風邪などひくな 絹の寝床があるじゃなし おまえも一生 波の上 あたしも一生 波の上 あ~あ~ ドンブラコ カモメよ カモメよ あ~あ~川神あいちあき哲也杉本眞人やっと店が終わって ほろ酔いで坂を下りる頃 白茶けたお天道が 浜辺を染め始めるのさ そんなやりきれなさは 夜眠る人にゃ分らないさ 波止場に出れば カモメがブイに2、3羽 一服しながら ぼんやり潮風に吹かれてみるのが あたしは好きなのさ カモメよ カモメよ 淋しかないか 帰る故郷があるじゃなし おまえも一生 波の上 あたしも一生 波の上 あ~あ~ ドンブラコ  いろんな人が居たし いろんな人が居なくなった 泣いてくれるのは カモメと霧笛ばかり 一服しながら あれこれ取り止めなく懐かしむのが あたしは好きなのさ カモメよ カモメよ 風邪などひくな 絹の寝床があるじゃなし おまえも一生 波の上 あたしも一生 波の上 あ~あ~ ドンブラコ カモメよ カモメよ あ~あ~
KanpaiKanpai Kanpai So here's a toast to you Let's drink to your smile, your fears and your tears Kanpai Kanpai So here's a foast to you To your life Your very own  Living the way we do Burning out by and by Time and time again Drooping shoulders in a sigh It's something we all know So true for everyone Feeling sorry, so lonely, undone That's the time, the right time you should remember and recall The shoulder there for you through all that may befall That one by your side who wiped your tears away Cuz you're someone, a precious someone never alone  Let the winds let the clouds carry all the joy away The sun will rise again and spring's around the bend Kanpai Kanpai So here's a toast to you To your life Your very own  Paying dues that you can't reap till there's nothing left to pay Having to sing the blues about things never going your way It's something we all know So true for everyone Down and out so rough, far gone That's the time, the right time you should remember and recall The one who believed in you through all that may befall A witness to your heart burning down all doors That someone, a precious someone watching over you  Only those who dream will see tomorrow come You can realize your wish if you stay true to your drum Kanpai Kanpai So here's a toast to you To your life Your very own  Kanpai Kanpai So here's a toast to you To your life Your very own川神あい北原三千代・英詞:Suzi Kim伊藤薫若草恵Kanpai Kanpai So here's a toast to you Let's drink to your smile, your fears and your tears Kanpai Kanpai So here's a foast to you To your life Your very own  Living the way we do Burning out by and by Time and time again Drooping shoulders in a sigh It's something we all know So true for everyone Feeling sorry, so lonely, undone That's the time, the right time you should remember and recall The shoulder there for you through all that may befall That one by your side who wiped your tears away Cuz you're someone, a precious someone never alone  Let the winds let the clouds carry all the joy away The sun will rise again and spring's around the bend Kanpai Kanpai So here's a toast to you To your life Your very own  Paying dues that you can't reap till there's nothing left to pay Having to sing the blues about things never going your way It's something we all know So true for everyone Down and out so rough, far gone That's the time, the right time you should remember and recall The one who believed in you through all that may befall A witness to your heart burning down all doors That someone, a precious someone watching over you  Only those who dream will see tomorrow come You can realize your wish if you stay true to your drum Kanpai Kanpai So here's a toast to you To your life Your very own  Kanpai Kanpai So here's a toast to you To your life Your very own
北慕情北の岬の 灯台は 恋の闇路を 照らさない 海鳴り抱いて 女が燃えて あなた恋しと 旅の宿 忘れるも 忘れるはずも ない人よ あいやあいやと さわぐ胸  登りつめれば その果てに 心がわりが 待つものを 男が燃えて 女が燃えて 明日を誓った はずなのに 追いすがる 指先だけが 虚しくて あいやあいやと 撥が泣く  風と波とが ぶつかって 冬へなだれて いく季節 恨んで恋を 汚したくない 明日も旅路は 続くから 傷ついた 傷口ふさぐ 手が欲しい あいやあいやの いのち節川神あい久仁京介四方章人南郷達也北の岬の 灯台は 恋の闇路を 照らさない 海鳴り抱いて 女が燃えて あなた恋しと 旅の宿 忘れるも 忘れるはずも ない人よ あいやあいやと さわぐ胸  登りつめれば その果てに 心がわりが 待つものを 男が燃えて 女が燃えて 明日を誓った はずなのに 追いすがる 指先だけが 虚しくて あいやあいやと 撥が泣く  風と波とが ぶつかって 冬へなだれて いく季節 恨んで恋を 汚したくない 明日も旅路は 続くから 傷ついた 傷口ふさぐ 手が欲しい あいやあいやの いのち節
九段の母上野駅から 九段まで 勝手知らない じれったさ 杖を頼りに 一日がかり せがれ来たぞや 逢いに来た  空を突くよな 大鳥居 こんな立派な お社に 神とまつられ もったいなさよ 母は泣けます 嬉しさに  倅や とうとう来ただよ やっと来ただよ この命があるうちに 足腰が動くうちに 一度は参らんと 死ぬにも 死ねん そんな思いじゃった 病気で ず~っと寝たきりだった父ちゃんも 去年の冬 とうとう おめえの倅さ いってしもうて かあちゃん ひとりぼっちになっちまったよ 倅や 父ちゃんには 逢えたかや 父ちゃん逢ったら 一緒に酒でも飲んでえ 昔話やら 戦地の話なんぞ してやってくんろ おめえに先立たれて とうちゃん 心の支えをなくしたようじゃった 戦死の話を聞かされた時もな 握りこぶし 床さ 叩き付けて 涙こぼしてたよ その日の夜は 布団さかぶって 背中震わせて ず~っと ず~っと 泣いていただよ  両手合わせて ひざまずき 拝むはずみの お念仏 はっときずいて うろたえました せがれ許せや 田舎者  鳶が鷹の子 うんだよで 今じゃ果報が 身にあまる 金鵄勲章 見せたいばかり 逢いに来たぞや 九段坂  おめえのお陰で 国さから ぎょうさんご褒美もろうてなあ ああ そうじゃ そうじゃ ほれ こんな立派な 勲章までもろてえ ああ それにな 村の役場のお偉い人にもな かあちゃん頭下げてもらったよ ありがてえな もったいねえよ でもな でもな お金や勲章いくらもらっても かあちゃんちっとも嬉しい事なんかない こんな触ったって冷てえ勲章より おらあ おめえの温ったけえ手に触りてえ お国の為じゃ お国の為じゃと おめえは勇んで行ったが 帰って来たときゃ あんな小せえ箱ん中で あんな姿で あんまりだ あんまりだよ 弾が当たって さぞや痛かったろう つらかったろう 寂しく死んでいった おめえの背中 かあちゃん さすってやりてえ 抱きしめてやりてえ かあちゃんの作った芋の煮っ転がし 食わしてやりてえ 倅や おらあ おめえに逢いてえ たった一目だけでもええ 夢んなかでもええ このかあちゃんさ 逢いに来てくんろ~ なあ倅や 倅や 倅や~川神あい花岡優平花岡優平西村幸輔上野駅から 九段まで 勝手知らない じれったさ 杖を頼りに 一日がかり せがれ来たぞや 逢いに来た  空を突くよな 大鳥居 こんな立派な お社に 神とまつられ もったいなさよ 母は泣けます 嬉しさに  倅や とうとう来ただよ やっと来ただよ この命があるうちに 足腰が動くうちに 一度は参らんと 死ぬにも 死ねん そんな思いじゃった 病気で ず~っと寝たきりだった父ちゃんも 去年の冬 とうとう おめえの倅さ いってしもうて かあちゃん ひとりぼっちになっちまったよ 倅や 父ちゃんには 逢えたかや 父ちゃん逢ったら 一緒に酒でも飲んでえ 昔話やら 戦地の話なんぞ してやってくんろ おめえに先立たれて とうちゃん 心の支えをなくしたようじゃった 戦死の話を聞かされた時もな 握りこぶし 床さ 叩き付けて 涙こぼしてたよ その日の夜は 布団さかぶって 背中震わせて ず~っと ず~っと 泣いていただよ  両手合わせて ひざまずき 拝むはずみの お念仏 はっときずいて うろたえました せがれ許せや 田舎者  鳶が鷹の子 うんだよで 今じゃ果報が 身にあまる 金鵄勲章 見せたいばかり 逢いに来たぞや 九段坂  おめえのお陰で 国さから ぎょうさんご褒美もろうてなあ ああ そうじゃ そうじゃ ほれ こんな立派な 勲章までもろてえ ああ それにな 村の役場のお偉い人にもな かあちゃん頭下げてもらったよ ありがてえな もったいねえよ でもな でもな お金や勲章いくらもらっても かあちゃんちっとも嬉しい事なんかない こんな触ったって冷てえ勲章より おらあ おめえの温ったけえ手に触りてえ お国の為じゃ お国の為じゃと おめえは勇んで行ったが 帰って来たときゃ あんな小せえ箱ん中で あんな姿で あんまりだ あんまりだよ 弾が当たって さぞや痛かったろう つらかったろう 寂しく死んでいった おめえの背中 かあちゃん さすってやりてえ 抱きしめてやりてえ かあちゃんの作った芋の煮っ転がし 食わしてやりてえ 倅や おらあ おめえに逢いてえ たった一目だけでもええ 夢んなかでもええ このかあちゃんさ 逢いに来てくんろ~ なあ倅や 倅や 倅や~
月下美人は恋の花とても離れちゃ いられないのに さめたふりして あなたをじらす 女ごころを やさしく包む あなたに酔って ひざ枕 一年一度の 夜に咲く 月下美人は 恋の花 恋の花  逢えば逢うほど 愛は足りない なのに一夜で 終りだなんて 夏の背広に こぼれる秋を 抱きしめながら 泣きました この恋 たとえ 一夜でも 私 一生 忘れない 忘れない  儚なけりゃこそ 花は花よと 別れの汽笛が 天城をぬらす もしも あなたに 散る日があれば 私もつれて いってねと かもめを 呼んで くり返す 月下美人の花言葉 花言葉川神あい星野哲郎岡千秋西村幸輔とても離れちゃ いられないのに さめたふりして あなたをじらす 女ごころを やさしく包む あなたに酔って ひざ枕 一年一度の 夜に咲く 月下美人は 恋の花 恋の花  逢えば逢うほど 愛は足りない なのに一夜で 終りだなんて 夏の背広に こぼれる秋を 抱きしめながら 泣きました この恋 たとえ 一夜でも 私 一生 忘れない 忘れない  儚なけりゃこそ 花は花よと 別れの汽笛が 天城をぬらす もしも あなたに 散る日があれば 私もつれて いってねと かもめを 呼んで くり返す 月下美人の花言葉 花言葉
恋人よ枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい川神あい五輪真弓五輪真弓枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
清水次郎長外伝~お蝶この世でひとつのめぐり逢い 切れた鼻緒が縁をむすぶ 荒くれ男の 次郎長に 苦労覚悟でついて行く おんな一途の命をかける  あれ こんな夜中にどうしたんだい? ああ石松か まああがれや どうしたんだ 実は親分 子分達のケンカ沙汰で とうとう役人沙汰に 親分の顔に泥を塗るような真似をして 申し訳ありやせん  なあに子分の不始末は親の責任よ~ ほとぼりが冷めるまで しばらく清水を離れるとするか そうと決まれば旅支度だね おまえさん  追われ千里の長旅に 連れて来るんじゃ なかったものを 無理を重ねて壊した体 お蝶 許せや すまぬと 手をあわす  お蝶しっかりしろい ああ お前さん 俺みたいなもんと 出会わなきゃきっと 日の差す暮らしが待っていたろうになあ お蝶堪忍してくれ お前さん涙なんか見せないでおくれよ 惚れたお前さんの傍にいられて心底幸せだったんだよ お蝶 いつの日か街道一の大親分になって 故郷清水に戻れる事を祈ってますよ お前さん  お蝶しっかりしろい 死ぬんじゃねえぞお蝶 目を開けてくれ お蝶  苦労 数えりゃ手にあまる 尽くすお前の笑顔が浮かぶ こんなやくざに何故惚れた 陰で支えた恋女房 お蝶しのんで 泣くのか明け鳥川神あい一葉よう子西村幸輔西村幸輔この世でひとつのめぐり逢い 切れた鼻緒が縁をむすぶ 荒くれ男の 次郎長に 苦労覚悟でついて行く おんな一途の命をかける  あれ こんな夜中にどうしたんだい? ああ石松か まああがれや どうしたんだ 実は親分 子分達のケンカ沙汰で とうとう役人沙汰に 親分の顔に泥を塗るような真似をして 申し訳ありやせん  なあに子分の不始末は親の責任よ~ ほとぼりが冷めるまで しばらく清水を離れるとするか そうと決まれば旅支度だね おまえさん  追われ千里の長旅に 連れて来るんじゃ なかったものを 無理を重ねて壊した体 お蝶 許せや すまぬと 手をあわす  お蝶しっかりしろい ああ お前さん 俺みたいなもんと 出会わなきゃきっと 日の差す暮らしが待っていたろうになあ お蝶堪忍してくれ お前さん涙なんか見せないでおくれよ 惚れたお前さんの傍にいられて心底幸せだったんだよ お蝶 いつの日か街道一の大親分になって 故郷清水に戻れる事を祈ってますよ お前さん  お蝶しっかりしろい 死ぬんじゃねえぞお蝶 目を開けてくれ お蝶  苦労 数えりゃ手にあまる 尽くすお前の笑顔が浮かぶ こんなやくざに何故惚れた 陰で支えた恋女房 お蝶しのんで 泣くのか明け鳥
終着駅落葉の舞い散る 停車場は 悲しい女の吹きだまり だから今日もひとり 明日もひとり 涙を捨てにくる 真冬に裸足は 冷たかろう 大きな荷物は 重たかろう なのに今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる  一度離したら 二度とつかめない 愛という名の あたたかい心の鍵は  最終列車が着く度に よく似た女が 降りてくる そして今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる  肩抱く夜風の なぐさめは 忘れる努力の邪魔になる だから今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる  一度離したら 二度とつかめない 愛という名の あたたかい 心の鍵は  最終列車が着く度に よく似た女が 降りてくる そして今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる そして今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる川神あい千家和也浜圭介落葉の舞い散る 停車場は 悲しい女の吹きだまり だから今日もひとり 明日もひとり 涙を捨てにくる 真冬に裸足は 冷たかろう 大きな荷物は 重たかろう なのに今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる  一度離したら 二度とつかめない 愛という名の あたたかい心の鍵は  最終列車が着く度に よく似た女が 降りてくる そして今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる  肩抱く夜風の なぐさめは 忘れる努力の邪魔になる だから今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる  一度離したら 二度とつかめない 愛という名の あたたかい 心の鍵は  最終列車が着く度に よく似た女が 降りてくる そして今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる そして今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる
情艶恋歌火鉢のあかい火で 映した白い肌 あなたの腕に 抱かれた夜の 血潮が また燃える 焦がれてこの身を ちぎるなら あのまま殺して 欲しかった この乳房 突き刺して あなたの熱い手で 帰りゃんせ 風が鳴く 涙も 凍り付く 眠りゃんせ この胸で 赤子が 眠るように  最後の恋だから あなたを奪いたい すべて捨てても 命果てても 欲しいと 燃え盛る 真っ赤な契りの 爪あとを あなたの背中に 引きながら 堕ちてゆく ふたりして ぬくもり道連れに 焦がれてこの身を ちぎるなら あのまま殺して 欲しかった この乳房 突き刺して あなたの熱い手で 戻りゃんせ 雪が呼ぶ 恋しと 乱れ舞う 抱かしゃんせ 永遠(とこしえ)に 夢夜(ゆめよ)が 覚めぬように川神あい内田りま西村幸輔西村幸輔火鉢のあかい火で 映した白い肌 あなたの腕に 抱かれた夜の 血潮が また燃える 焦がれてこの身を ちぎるなら あのまま殺して 欲しかった この乳房 突き刺して あなたの熱い手で 帰りゃんせ 風が鳴く 涙も 凍り付く 眠りゃんせ この胸で 赤子が 眠るように  最後の恋だから あなたを奪いたい すべて捨てても 命果てても 欲しいと 燃え盛る 真っ赤な契りの 爪あとを あなたの背中に 引きながら 堕ちてゆく ふたりして ぬくもり道連れに 焦がれてこの身を ちぎるなら あのまま殺して 欲しかった この乳房 突き刺して あなたの熱い手で 戻りゃんせ 雪が呼ぶ 恋しと 乱れ舞う 抱かしゃんせ 永遠(とこしえ)に 夢夜(ゆめよ)が 覚めぬように
常総ソーラン節躍ろうか 踊ろうよ ヤ―レン ソーラン ヨー  つくばを仰ぐ大平野 春にゃ水海道千姫祭り ソーラン衣装が風に舞う あったか常総 みんなでおいで ヤ―レン ソーラン よさこいなごみの心意気 ハア  鬼怒の流れに育てられ 夏にゃ神輿だ祇園の祭り ソーラン衣装が風に舞う 元気な掛け声 ひとつになって ヤ―レン ソーラン よさこいなごみの心意気 ハア  躍ろうか 踊ろうよ ヤ―レン ソーラン ヨー  郷土歴史に誇りあり 秋にゃ綱火に文化の祭り ソーラン衣装が風に舞う 大好き茨城 みんなでおいで ヤ―レン ソーラン よさこいなごみの心意気 ハア  筑波おろしに身がきれる 冬にゃ夢見る年越し祭り ソーラン衣装が風に舞う みんなの笑顔が ひとつになって ヤ―レン ソーラン よさこいなごみの心意気 ハア川神あい神達岳志・堀越豊子花岡優平伊戸のりお躍ろうか 踊ろうよ ヤ―レン ソーラン ヨー  つくばを仰ぐ大平野 春にゃ水海道千姫祭り ソーラン衣装が風に舞う あったか常総 みんなでおいで ヤ―レン ソーラン よさこいなごみの心意気 ハア  鬼怒の流れに育てられ 夏にゃ神輿だ祇園の祭り ソーラン衣装が風に舞う 元気な掛け声 ひとつになって ヤ―レン ソーラン よさこいなごみの心意気 ハア  躍ろうか 踊ろうよ ヤ―レン ソーラン ヨー  郷土歴史に誇りあり 秋にゃ綱火に文化の祭り ソーラン衣装が風に舞う 大好き茨城 みんなでおいで ヤ―レン ソーラン よさこいなごみの心意気 ハア  筑波おろしに身がきれる 冬にゃ夢見る年越し祭り ソーラン衣装が風に舞う みんなの笑顔が ひとつになって ヤ―レン ソーラン よさこいなごみの心意気 ハア
なみだ坂人の世の悲しみに 負けて生きるより 力合わせて二人で 歩いて行かないか 細いうなじの ほつれ毛さえも 胸をしめつける 辛い過去なら 誰でもあるさ 泣くがいい 泣くがいい 涙が涸れるまで  お前さえよかったら こんな俺だけど ついておいでよ この手をしっかり握りしめ 言葉少なに うつむく頬に 浮かぶ泣きボクロ 生きていりゃこそ 明日もあるさ 泣くがいい 泣くがいい 涙が涸れるまで  一人では果てしない 遠い道のりも 心重ねてたどれば 幸せ見えてくる やせてやつれた お前の肩を 濡らす涙雨 生命かけても 守ってやるさ 泣くがいい 泣くがいい 涙が涸れるまで川神あい松本礼児むらさき幸人の世の悲しみに 負けて生きるより 力合わせて二人で 歩いて行かないか 細いうなじの ほつれ毛さえも 胸をしめつける 辛い過去なら 誰でもあるさ 泣くがいい 泣くがいい 涙が涸れるまで  お前さえよかったら こんな俺だけど ついておいでよ この手をしっかり握りしめ 言葉少なに うつむく頬に 浮かぶ泣きボクロ 生きていりゃこそ 明日もあるさ 泣くがいい 泣くがいい 涙が涸れるまで  一人では果てしない 遠い道のりも 心重ねてたどれば 幸せ見えてくる やせてやつれた お前の肩を 濡らす涙雨 生命かけても 守ってやるさ 泣くがいい 泣くがいい 涙が涸れるまで
のぞみ(希望)ここから出たら 母に会いたい おんなじ部屋で ねむってみたい そしてそして 泣くだけ泣いて ごめんねと おもいきり すがってみたい  ここから出たら 旅に行きたい 坊やをつれて 汽車にのりたい そしてそして 静かな宿で ごめんねと おもいきり 抱いてやりたい  ここから出たら 強くなりたい 希望を持って 耐えて行きたい そしてそして 命のかぎり 美しく もう一度 生きて行きたい  そしてそして 命のかぎり 美しく もう一度 生きて行きたい川神あい船村徹船村徹ここから出たら 母に会いたい おんなじ部屋で ねむってみたい そしてそして 泣くだけ泣いて ごめんねと おもいきり すがってみたい  ここから出たら 旅に行きたい 坊やをつれて 汽車にのりたい そしてそして 静かな宿で ごめんねと おもいきり 抱いてやりたい  ここから出たら 強くなりたい 希望を持って 耐えて行きたい そしてそして 命のかぎり 美しく もう一度 生きて行きたい  そしてそして 命のかぎり 美しく もう一度 生きて行きたい
母がわたしを語るとき母がわたしを語るとき 笑顔なしでは語れない 愛しくて愛しくて ただそれだけの人だから 母が昔を語るとき 涙なしでは語れない 悲しくて嬉しくって 同じ話をくり返す あなたの子として この世に生まれ あなたの愛が 支えてくれた 母がすっかり年老いて 今朝の食事も忘れるか それなのに それなのに 今も私を案じてる  母が時々口ずさむ 歌は自分の応援歌 辛くても辛くても そうして母は生きてきた あなたの子として この世に生まれ あなたの愛が 支えてくれた 母が作った手料理は 幼い頃の味がする 何よりも 何よりも美味しかったと手を合わす  母がわたしを語るとき 泣いて笑ってまた泣いて 愛しくて 愛しくて ただそれだけの母だから川神あい花岡優平花岡優平紅林やよい母がわたしを語るとき 笑顔なしでは語れない 愛しくて愛しくて ただそれだけの人だから 母が昔を語るとき 涙なしでは語れない 悲しくて嬉しくって 同じ話をくり返す あなたの子として この世に生まれ あなたの愛が 支えてくれた 母がすっかり年老いて 今朝の食事も忘れるか それなのに それなのに 今も私を案じてる  母が時々口ずさむ 歌は自分の応援歌 辛くても辛くても そうして母は生きてきた あなたの子として この世に生まれ あなたの愛が 支えてくれた 母が作った手料理は 幼い頃の味がする 何よりも 何よりも美味しかったと手を合わす  母がわたしを語るとき 泣いて笑ってまた泣いて 愛しくて 愛しくて ただそれだけの母だから
秘恋川これが最後か 秘めた恋 明日のゆくえも わからずに 川面に浮かぶ 面影に 涙ひとすじ 秘恋川  二度と逢わぬと 決めた夜に 交わす盃 にがい酒 故郷捨てる 旅なのに 忘れられない 秘恋川  私あなたと はぐれ糸 愛のぬくもり 抱きながら 運命(さだめ)の波に 逆らって なおも燃え立つ 秘恋川川神あい宮澤彰駒田良昭猪股義周これが最後か 秘めた恋 明日のゆくえも わからずに 川面に浮かぶ 面影に 涙ひとすじ 秘恋川  二度と逢わぬと 決めた夜に 交わす盃 にがい酒 故郷捨てる 旅なのに 忘れられない 秘恋川  私あなたと はぐれ糸 愛のぬくもり 抱きながら 運命(さだめ)の波に 逆らって なおも燃え立つ 秘恋川
真の夢人に見せない涙の数を 知って照らすかおぼろ月 真の夢を追いかけて 幾度も奥歯を噛みしめた 必ず咲くさ きっと咲く 募る思いの 月見酒  命の限り歩いた道で 出逢えた温もり情けがしみる 真の夢を 掴むため 苦労も笑顔で生きてきた 必ず来るさ きっと来る 華の舞台の 幕が開く  夜明けの来ない 朝はない 信じてくれた 愛いくつ 真の夢を 実らせて 熱い涙の ありがとう 必ず咲くさ きっと咲く 幸せ灯す 愛の花川神あい北原三千代北原三千代西村幸輔人に見せない涙の数を 知って照らすかおぼろ月 真の夢を追いかけて 幾度も奥歯を噛みしめた 必ず咲くさ きっと咲く 募る思いの 月見酒  命の限り歩いた道で 出逢えた温もり情けがしみる 真の夢を 掴むため 苦労も笑顔で生きてきた 必ず来るさ きっと来る 華の舞台の 幕が開く  夜明けの来ない 朝はない 信じてくれた 愛いくつ 真の夢を 実らせて 熱い涙の ありがとう 必ず咲くさ きっと咲く 幸せ灯す 愛の花
瞼の母軒下三寸 借り受けまして 申し上げます おっかさん たった一言 忠太郎と 呼んでくだせえ 呼んでくだせえ 頼みやす  それじゃ どうあっても このあっしには見覚えがねえと あ~うるさいね~ 何処の風来坊か知らないが さっきからやけに 芝居が上手いじゃないか そりゃあたしゃ 番場の宿に忠太郎という子供は残しちゃ来たよ でもまあ 可愛そうなことに 忠太郎は五つの時に病で死んだって 聞かされているんだ 死んだ子供が今頃になって、此処へ訪ねてくるような事があるもんかね その忠太郎ってのが あっしでござんす 女将さん たった一言でいい 忠太郎と呼んでおくんなせえ あ~ とんだ猿芝居は止しておくれよ あっ それとも何かい お前さんこのあたしを ゆすりにでも来たのかい あたしが貧乏だったら だ~れも尋ねてなんか来ないもんを ちょいとばかり小銭がたまったと見たら やれ親戚だの 倅だのと あ~うるさいこったよ それにだ 旅の 仮にお前さんが忠太郎だとしてもだよ そんな姿で尋ねてきて おっかさんと名乗られたところで 誰が喜んで 迎えるもんかね 母を尋ねて来るのなら なぜ 堅気の姿で尋ねてこないんだよ それじゃ どうあっても あっしには 見覚えがねえとおっしゃるんですか あ~そうだよ 早く帰っておくれ 帰っておくれよ よしやがれお浜 さっきから黙って聞いてりゃ 何て面してやがる 外は冷てえみぞれが降ってら あかの他人のおめえなら お浜で十分だ こんな板の間まっぴらごめんだ 畳の上で話をつけようじゃねえか 女将さん 今何とか言いなすったねえ 親子の名乗りがしたかったら 堅気の姿で尋ねて来いと 言いなすったが 笑わしちゃいけねえぜ 親にはぐれた小雀が ぐれたを叱るは 無理な話よ 愚痴じゃねえ 未練じゃねえんだ 女将さん 俺の話をよ~く聞きなせえ 尋ね尋ねた母親に 倅とも呼んでもらえぬような こんなやくざに 誰がしたんでえ  世間の噂が 気になるならば こんなやくざを なぜ生んだ つれのうござんす おっかさん 月も雲間で 月も雲間で もらい泣き  女将さん さっきおいらの事を ゆすりと 言いなすったが 冗談言っちゃいけねえぜ おいら ゆすりでもなけりゃ たかりでもねえぜ 見ておくんなせえ この百両 尋ね尋ねたおっかさん 無事な暮らしをしてりゃいいが もし万が一 みじめな暮らしをしていたら ちったあ 足しになりゃいいと思って 汗水流して貯めたきれいな金だ 決して博打で貯めた金じゃねえぜ 寂しくて 渡世に足を染めた 半とはれば丁と出て 丁とはれば半と出る すっからかんになっちまった時は 何度この金に手をかけようと思ったことか 知らねえぜ でもだめだ おっかさんに巡り合うまでは 指一本触れちゃならねえと 今日の今日まで温め温めて来た金だ でもそれもこれもみんな 何の役にもたたなかったようだ こんな薄情な人だと知ってたら おいら 尋ねて来るんじゃなかった いつもこうやって 瞼を閉じりゃ 逢わねえ昔の優しいおっかさんの面影が 浮んでくるものを わざわざ 骨折って来て つぶしちまった 女将さん くれぐれも お体には お気を付けなすって それじゃ それじゃ ごめんなすって おっかさん おっかさんただいま あ~おっかさん ねえおっかさん 今表に出て行った旅の人 目にいっぱい涙をためて出ていったけど あの人 いつもおっかさんが 私に話しをしてくれてる 番場に置いてきた 忠太郎兄さんじゃないの ねえ おっかさんどうなの 泣いてたんじゃわかんないわよ どうなのよ やっぱり やっぱり あの人が忠太郎兄さんだったのね 何 あんなみそぼらしい 格好で訪ねて来たから この水熊の暖簾とか 私なんかに気をつかって もしかして 追い返してしまったとでも言うの おっかさん それじゃあ せっかく此処へ尋ねてきてくれた忠太郎兄さんがあまりにも 可哀そうよ おっかさん それでも母親なの おこぜ 許しておくれ おっかさんが悪かった おっかさんが悪かったんだよ つい 水熊の暖簾とお前ばっかりが可愛くて あの子を冷たく帰してしまった 今からでも間に合う 忠太郎を迎えに行く お前も一緒に来ておくれ ちょいと 誰かいるかい 籠を三丁 籠を三丁 用意しておくれ 忠太郎~ にいさ~ん あの声は おっかさんに 妹の声じゃねえか 何を言ってやんでえ 何が今さら忠太郎だ 何が倅でえ 俺にゃ おかあはいねえんでえ 俺のおっかさんは 俺の心の底にいるんだ 上と下との瞼閉じりゃ 逢わねえ昔の 優しい おっかさんの面影が 浮かんでくらあ 逢いたくなったら 逢いたくなったら おいら 瞼をつむるんだ  逢わなきゃよかった 泣かずにすんだ これが浮き世と 言うものか 水熊横丁は 遠灯り 縞の合羽に 縞の合羽に 雪が散る  おっかさん川神あい坂口ふみ緒沢しげと西村幸輔軒下三寸 借り受けまして 申し上げます おっかさん たった一言 忠太郎と 呼んでくだせえ 呼んでくだせえ 頼みやす  それじゃ どうあっても このあっしには見覚えがねえと あ~うるさいね~ 何処の風来坊か知らないが さっきからやけに 芝居が上手いじゃないか そりゃあたしゃ 番場の宿に忠太郎という子供は残しちゃ来たよ でもまあ 可愛そうなことに 忠太郎は五つの時に病で死んだって 聞かされているんだ 死んだ子供が今頃になって、此処へ訪ねてくるような事があるもんかね その忠太郎ってのが あっしでござんす 女将さん たった一言でいい 忠太郎と呼んでおくんなせえ あ~ とんだ猿芝居は止しておくれよ あっ それとも何かい お前さんこのあたしを ゆすりにでも来たのかい あたしが貧乏だったら だ~れも尋ねてなんか来ないもんを ちょいとばかり小銭がたまったと見たら やれ親戚だの 倅だのと あ~うるさいこったよ それにだ 旅の 仮にお前さんが忠太郎だとしてもだよ そんな姿で尋ねてきて おっかさんと名乗られたところで 誰が喜んで 迎えるもんかね 母を尋ねて来るのなら なぜ 堅気の姿で尋ねてこないんだよ それじゃ どうあっても あっしには 見覚えがねえとおっしゃるんですか あ~そうだよ 早く帰っておくれ 帰っておくれよ よしやがれお浜 さっきから黙って聞いてりゃ 何て面してやがる 外は冷てえみぞれが降ってら あかの他人のおめえなら お浜で十分だ こんな板の間まっぴらごめんだ 畳の上で話をつけようじゃねえか 女将さん 今何とか言いなすったねえ 親子の名乗りがしたかったら 堅気の姿で尋ねて来いと 言いなすったが 笑わしちゃいけねえぜ 親にはぐれた小雀が ぐれたを叱るは 無理な話よ 愚痴じゃねえ 未練じゃねえんだ 女将さん 俺の話をよ~く聞きなせえ 尋ね尋ねた母親に 倅とも呼んでもらえぬような こんなやくざに 誰がしたんでえ  世間の噂が 気になるならば こんなやくざを なぜ生んだ つれのうござんす おっかさん 月も雲間で 月も雲間で もらい泣き  女将さん さっきおいらの事を ゆすりと 言いなすったが 冗談言っちゃいけねえぜ おいら ゆすりでもなけりゃ たかりでもねえぜ 見ておくんなせえ この百両 尋ね尋ねたおっかさん 無事な暮らしをしてりゃいいが もし万が一 みじめな暮らしをしていたら ちったあ 足しになりゃいいと思って 汗水流して貯めたきれいな金だ 決して博打で貯めた金じゃねえぜ 寂しくて 渡世に足を染めた 半とはれば丁と出て 丁とはれば半と出る すっからかんになっちまった時は 何度この金に手をかけようと思ったことか 知らねえぜ でもだめだ おっかさんに巡り合うまでは 指一本触れちゃならねえと 今日の今日まで温め温めて来た金だ でもそれもこれもみんな 何の役にもたたなかったようだ こんな薄情な人だと知ってたら おいら 尋ねて来るんじゃなかった いつもこうやって 瞼を閉じりゃ 逢わねえ昔の優しいおっかさんの面影が 浮んでくるものを わざわざ 骨折って来て つぶしちまった 女将さん くれぐれも お体には お気を付けなすって それじゃ それじゃ ごめんなすって おっかさん おっかさんただいま あ~おっかさん ねえおっかさん 今表に出て行った旅の人 目にいっぱい涙をためて出ていったけど あの人 いつもおっかさんが 私に話しをしてくれてる 番場に置いてきた 忠太郎兄さんじゃないの ねえ おっかさんどうなの 泣いてたんじゃわかんないわよ どうなのよ やっぱり やっぱり あの人が忠太郎兄さんだったのね 何 あんなみそぼらしい 格好で訪ねて来たから この水熊の暖簾とか 私なんかに気をつかって もしかして 追い返してしまったとでも言うの おっかさん それじゃあ せっかく此処へ尋ねてきてくれた忠太郎兄さんがあまりにも 可哀そうよ おっかさん それでも母親なの おこぜ 許しておくれ おっかさんが悪かった おっかさんが悪かったんだよ つい 水熊の暖簾とお前ばっかりが可愛くて あの子を冷たく帰してしまった 今からでも間に合う 忠太郎を迎えに行く お前も一緒に来ておくれ ちょいと 誰かいるかい 籠を三丁 籠を三丁 用意しておくれ 忠太郎~ にいさ~ん あの声は おっかさんに 妹の声じゃねえか 何を言ってやんでえ 何が今さら忠太郎だ 何が倅でえ 俺にゃ おかあはいねえんでえ 俺のおっかさんは 俺の心の底にいるんだ 上と下との瞼閉じりゃ 逢わねえ昔の 優しい おっかさんの面影が 浮かんでくらあ 逢いたくなったら 逢いたくなったら おいら 瞼をつむるんだ  逢わなきゃよかった 泣かずにすんだ これが浮き世と 言うものか 水熊横丁は 遠灯り 縞の合羽に 縞の合羽に 雪が散る  おっかさん
三日月オペラ三日月が高層ビルにかかる 寒そうで 寒そうで… 男は女をひき寄せて コートの中につつみこむ 一人でいたなら凍え死ぬから 二人で生きることにしよう  冬はこのまま抱(いだ)き合い 春は未来を考えて 夏はいっしょによく笑い 秋は泣かない人になる 三日月に 三日月に 約束しよう  三日月が笑ったように見える 眉に似て 眉に似て… 女は男の手を握り くちびるふれて 少し噛む 誓いの言葉はすぐに消えても 歯型は明日(あす)も消えはしない  冬はいとしさ感じ合い 春はやさしい瞳(め)に変わり 夏は夢見てよく眠り 秋は心の人になる 三日月に 三日月に 約束しよう  冬はこのまま抱(いだ)き合い 春は未来を考えて 夏はいっしょによく笑い 秋は泣かない人になる 三日月に 三日月に 約束しよう川神あい阿久悠伊藤薫猪股義周三日月が高層ビルにかかる 寒そうで 寒そうで… 男は女をひき寄せて コートの中につつみこむ 一人でいたなら凍え死ぬから 二人で生きることにしよう  冬はこのまま抱(いだ)き合い 春は未来を考えて 夏はいっしょによく笑い 秋は泣かない人になる 三日月に 三日月に 約束しよう  三日月が笑ったように見える 眉に似て 眉に似て… 女は男の手を握り くちびるふれて 少し噛む 誓いの言葉はすぐに消えても 歯型は明日(あす)も消えはしない  冬はいとしさ感じ合い 春はやさしい瞳(め)に変わり 夏は夢見てよく眠り 秋は心の人になる 三日月に 三日月に 約束しよう  冬はこのまま抱(いだ)き合い 春は未来を考えて 夏はいっしょによく笑い 秋は泣かない人になる 三日月に 三日月に 約束しよう
みさお川もしも もしも あなたを失くしたら 死ぬまで誰にも 抱かれない ねえ… ねえ… どうか… おんなの操を 受け取って 流れる命が ああ あかあかと あなた あなた一途に みさお川  はやく はやく 私に突き刺して あなたの心の ひとかけら ねえ… ねえ… いつか… 別れが来るなら その前に あふれる涙に ああ さらわれて この身 この身任せる みさお川  きっと きっと 心の傷あとは あなたの名前を 刻むでしょう ねえ… ねえ… どうか… わたしの操を 受け取って さだめと言う名の ああ 激流で 夢に 夢につかまる みさお川川神あい田久保真見岡千秋猪股義周もしも もしも あなたを失くしたら 死ぬまで誰にも 抱かれない ねえ… ねえ… どうか… おんなの操を 受け取って 流れる命が ああ あかあかと あなた あなた一途に みさお川  はやく はやく 私に突き刺して あなたの心の ひとかけら ねえ… ねえ… いつか… 別れが来るなら その前に あふれる涙に ああ さらわれて この身 この身任せる みさお川  きっと きっと 心の傷あとは あなたの名前を 刻むでしょう ねえ… ねえ… どうか… わたしの操を 受け取って さだめと言う名の ああ 激流で 夢に 夢につかまる みさお川
水をください月に照らされて 散ってゆけるなら 出逢えた運命を 怨まない ねえ 水をください 心の中枯れるから 抱きしめて 今宵かぎりと消えても 花は華  咲いた花ならば 散るまで見ていて あなたが 咲かせた 花だもの ねえ 命ください 指先まで冷たいから 温めて せせらぎの音恋しい 泡沫(うたかた)の夢  夜を越えたなら 凛としましょうね 愛しい日々が 汚れぬように ねえ 風をください あの空まで飛びたいから 戻らない 巡る季節を飾るか 華の舞川神あい花岡優平花岡優平伊戸のりお月に照らされて 散ってゆけるなら 出逢えた運命を 怨まない ねえ 水をください 心の中枯れるから 抱きしめて 今宵かぎりと消えても 花は華  咲いた花ならば 散るまで見ていて あなたが 咲かせた 花だもの ねえ 命ください 指先まで冷たいから 温めて せせらぎの音恋しい 泡沫(うたかた)の夢  夜を越えたなら 凛としましょうね 愛しい日々が 汚れぬように ねえ 風をください あの空まで飛びたいから 戻らない 巡る季節を飾るか 華の舞
夜空の星を抱きしめてかあさん 寂しい思いをさせてごめんね あなたを置いて一足先に 夜空の星になった事 どうか許して下さいね あなたと過ごした歳月(としつき)は とても短かったけど 僕はたくさん愛されて 幸せな日々でした あなたが空を見る時は 僕はあなたの温もりに 包まれて抱きしめられて 嬉しいよ だから今夜も夜空の星を抱きしめて 僕はいつでもあなたの傍にいるから  かあさん 悲しい思いをさせてごめんね あなたは何も悪くないから 運命(さだめ)の星になった事 どうか自分を責めないで あなたの笑顔が好きだから いつも笑っていてほしい あなたの子供に生まれて 感謝をしているんだよ あなたが空を見る時は 僕はあなたの優しさに 包まれて抱きしめられて 嬉しいよ だから今夜も夜空の星を抱きしめて 僕はいつでもあなたを守っているから  あなたを置いて星になった事 許してくださいね かあさん僕のかあさん愛しているから 愛しているから川神あい北原三千代北原三千代西村幸輔かあさん 寂しい思いをさせてごめんね あなたを置いて一足先に 夜空の星になった事 どうか許して下さいね あなたと過ごした歳月(としつき)は とても短かったけど 僕はたくさん愛されて 幸せな日々でした あなたが空を見る時は 僕はあなたの温もりに 包まれて抱きしめられて 嬉しいよ だから今夜も夜空の星を抱きしめて 僕はいつでもあなたの傍にいるから  かあさん 悲しい思いをさせてごめんね あなたは何も悪くないから 運命(さだめ)の星になった事 どうか自分を責めないで あなたの笑顔が好きだから いつも笑っていてほしい あなたの子供に生まれて 感謝をしているんだよ あなたが空を見る時は 僕はあなたの優しさに 包まれて抱きしめられて 嬉しいよ だから今夜も夜空の星を抱きしめて 僕はいつでもあなたを守っているから  あなたを置いて星になった事 許してくださいね かあさん僕のかあさん愛しているから 愛しているから
ラブ・イズ・オーヴァーLove is over 悲しいけれど 終りにしよう きりがないから Love is over ワケなどないよ ただひとつだけ あなたのため  Love is over 若いあやまちと 笑って言える 時が来るから Love is over 泣くな男だろう 私の事は早く忘れて  わたしはあなたを忘れはしない 誰に抱かれても忘れはしない きっと最後の恋だと思うから  Love is over わたしはあなたの お守りでいい そっと心に Love is over 最後にひとつ 自分をだましちゃいけないよ  お酒なんかでごまかさないで 本当の自分をじっと見つめて きっとあなたにお似合いの人がいる  Love is over 悲しいよ 早く出てって 振り向かないで Love is over uh‥‥ 元気でいてね Love is over‥‥川神あい伊藤薫伊藤薫Love is over 悲しいけれど 終りにしよう きりがないから Love is over ワケなどないよ ただひとつだけ あなたのため  Love is over 若いあやまちと 笑って言える 時が来るから Love is over 泣くな男だろう 私の事は早く忘れて  わたしはあなたを忘れはしない 誰に抱かれても忘れはしない きっと最後の恋だと思うから  Love is over わたしはあなたの お守りでいい そっと心に Love is over 最後にひとつ 自分をだましちゃいけないよ  お酒なんかでごまかさないで 本当の自分をじっと見つめて きっとあなたにお似合いの人がいる  Love is over 悲しいよ 早く出てって 振り向かないで Love is over uh‥‥ 元気でいてね Love is over‥‥
令和 アイ・アイ節さても お越しの皆様方へ 高い演座のその上で お耳拝借することを お許しください 失礼します 生まれ茨城つくばの育ち お国訛りは宝物 女ですもの人並みに 恋もしました夢も見た 泣いて つまづき ころんでも 苦節 骨折 なんのその 歌が命の このわたし 聞いてください 最後まで 令和 アイ・アイ アイ・アイ節を アイ・アイ節を  向かい風ほど大空高く 翼広げて飛ぶ鳥は 明日を目指して旅をする 弱音をはいたら 負けになる 転びつまずき泣くことよりも 夢に向かって歩きます 女神男神に守られて 感謝感謝の歌の旅 命 この世に ある限り 苦労涙も 味になる 愛が支えの 私です どうぞ宜しく 願います 令和 アイ・アイ アイ・アイ節を アイ・アイ節を  いつもお世話を かけますが 恩を忘れず この先も 歌い続けて まいります サアサ 皆様 元気よく 令和 アイ・アイ アイ・アイ節を アイ・アイ節を  隅から隅まで ずずいと~ 御願いたてまつります~川神あい野村瞳宮下健治猪股義周さても お越しの皆様方へ 高い演座のその上で お耳拝借することを お許しください 失礼します 生まれ茨城つくばの育ち お国訛りは宝物 女ですもの人並みに 恋もしました夢も見た 泣いて つまづき ころんでも 苦節 骨折 なんのその 歌が命の このわたし 聞いてください 最後まで 令和 アイ・アイ アイ・アイ節を アイ・アイ節を  向かい風ほど大空高く 翼広げて飛ぶ鳥は 明日を目指して旅をする 弱音をはいたら 負けになる 転びつまずき泣くことよりも 夢に向かって歩きます 女神男神に守られて 感謝感謝の歌の旅 命 この世に ある限り 苦労涙も 味になる 愛が支えの 私です どうぞ宜しく 願います 令和 アイ・アイ アイ・アイ節を アイ・アイ節を  いつもお世話を かけますが 恩を忘れず この先も 歌い続けて まいります サアサ 皆様 元気よく 令和 アイ・アイ アイ・アイ節を アイ・アイ節を  隅から隅まで ずずいと~ 御願いたてまつります~
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. 366日
  3. ライラック
  4. Masterplan
  5. さよーならまたいつか!

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Masterplan
  2. 相思相愛
  3. ディスコ・クレオパトラ feat. 稲葉貴子・小湊美和・信田美帆 a.k.a. CISCO3
  4. Click
  5. I wonder

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×