五輪真弓作詞の歌詞一覧リスト  145曲中 1-145曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
145曲中 1-145曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
恋人よたなかりかたなかりか五輪真弓五輪真弓鈴木正人(LITTLE CREATURES)枯葉散る 夕暮れは 来る日の寒さを ものがたり 雨に壊れた ベンチには 愛をささやく 歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私の そばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を 駆け足で マラソン人が 行き過ぎる まるで忘却 望むよに 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よMs.OOJAMs.OOJA五輪真弓五輪真弓枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よ野口五郎・岩崎宏美野口五郎・岩崎宏美五輪真弓五輪真弓中川幸太郎・野口五郎枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よ坂本冬美坂本冬美五輪真弓五輪真弓若草恵枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘ってる  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よ川神あい川神あい五輪真弓五輪真弓枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よ絢香絢香五輪真弓五輪真弓河野圭枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむよに 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけれど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よ今陽子今陽子五輪真弓五輪真弓Naoki Itai・瀬恒啓枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない 恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よ氷川きよし氷川きよし五輪真弓五輪真弓伊戸のりお枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よ島津亜矢島津亜矢五輪真弓五輪真弓田代修二枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊(こわ)れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私(わたし)の そばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談(じょうだん)だよと 笑ってほしい  砂利路(じゃりみち)を駆(か)け足で マラソン人(びと)が行き過ぎる まるで忘却(ぼうきゃく)のぞむように 止まる私を誘(さそ)っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵(よい)の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私の そばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よハン・ジナハン・ジナ五輪真弓五輪真弓枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと笑ってほしい
恋人よティーナ・カリーナティーナ・カリーナ五輪真弓五輪真弓Motokiyo枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よ翠千賀翠千賀五輪真弓五輪真弓枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
遠いまち五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓うららかな春は いつくるのかしら さむそうな白梅 つぶやいた もうじき雪が とけたなら 土の中から 顔をだして あなたに ほほえみかけてくれるよ  茜雲きれいな 日ぐれ空に 町はしずかに うもれてく 悲しみだいた わたしに あたたかいまなざしを おくってくれたあなたに きっと くるでしょう 春が  もうじき雪が とけたなら 土の中から 顔をだして あなたに 春がほほえむでしょう
恋人よ森恵森恵五輪真弓五輪真弓枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よ米倉利紀米倉利紀五輪真弓五輪真弓柿崎洋一郎枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よ川野夏美川野夏美五輪真弓五輪真弓D.C.O枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない 恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を誘っている 恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私の そばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よ姿月あさと姿月あさと五輪真弓五輪真弓多田三洋枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく 歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
心の友安倍なつみ安倍なつみ五輪真弓五輪真弓あなたから苦しみを奪えたその時 私にも生きてゆく勇気が湧いてくる あなたと出会うまでは孤独なさすらい人 その手のぬくもりを 感じさせて  愛はいつもララバイ 旅に疲れた時 ただ心の友と 私を呼んで  信じあう心さえどこかに忘れて 人は何故 過ぎた日の幸せ追いかける 静かにまぶた閉じて心のドアを開き 私をつかんだら 涙ふいて  愛はいつもララバイ あなたが弱い時 ただ心の友と 私を呼んで  愛はいつもララバイ 旅に疲れた時 ただ心の友と 私を呼んで
Kokoro No Tomo ~心の友~アモウミコアモウミコ五輪真弓五輪真弓Face 2 fAKEあなたから苦しみを奪えたその時 私にも生きてゆく勇気が湧いてくる あなたと出会うまでは孤独なさすらい人 その手のぬくもりを 感じさせて  愛はいつもララバイ 旅に疲れた時 ただ心の友と 私を呼んで  信じあう心さえどこかに忘れて 人は何故 過ぎた日の幸せ追いかける 静かにまぶた閉じて心のドアを開き 私をつかんだら 涙ふいて  愛はいつもララバイ あなたが弱い時 ただ心の友と 私を呼んで  愛はいつもララバイ 旅に疲れた時 ただ心の友と 私を呼んで  愛はいつもララバイ あなたが弱い時 ただ心の友と 私を呼んで  愛はいつもララバイ 旅に疲れた時 ただ心の友と 私を呼んで
恋人よkevinkevin五輪真弓五輪真弓枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい
心の友川畑要川畑要五輪真弓五輪真弓野村陽一郎あなたから苦しみを奪えたその時 私にも生きてゆく勇気が湧いてくる あなたと出会うまでは孤独なさすらい人 その手のぬくもりを 感じさせて  愛はいつもララバイ 旅に疲れた時 ただ心の友と 私を呼んで  信じあう心さえどこかに忘れて 人は何故 過ぎた日の幸せ追いかける  静かにまぶた閉じて心のドアを開き 私をつかんだら 涙ふいて  愛はいつもララバイ あなたが弱い時 ただ心の友と 私を呼んで  愛はいつもララバイ 旅に疲れた時 ただ心の友と 私を呼んで
恋人よ吉幾三吉幾三五輪真弓五輪真弓吉幾三枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よTiaraTiara五輪真弓五輪真弓枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よダイアモンド☆ユカイダイアモンド☆ユカイ五輪真弓五輪真弓枯葉散る夕暮れは 来る日の 寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が 行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
花のように五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓船山基紀花のように あなたの悲しみ いやせたら どんなに嬉しい ことでしょう 花になって 優しい香りで 包みたい あなたの笑顔が 見たいから  たとえ 短い命でも 愛する人を思えば その時を 捧げたい すべて それは あなたが 花だから  あなたもまた いつかは誰かを いやすでしょう 鮮やかな色や 水彩画のように 花になったよろこび 心にあふれたら 私も 笑顔に なれるでしょう  そして まだ見ぬ子どもたちに 愛することの尊さ あなたは 教えてあげるでしょう いつも そばに 咲く花のように  たとえ 短い命でも 愛する人を思えば その時を 捧げたい すべて それは あなたが 花だから
恋人よ川上大輔川上大輔五輪真弓五輪真弓大坪稔明枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい
BORN AGAIN五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓船山基紀命は どこに旅立つのか この身が 風に散っても 愛した心は どこへゆく  今はすべて 忘れていい そのぬくもりだけを 信じながら 生きよう 悲しみ 苦しみ 恐れなどない 世界へ  BORN AGAIN 明日はまた 陽が昇る 新しい日が BORN AGAIN もういちど 生まれ変わって 君にあいたい  瞳をとじれば 見えてくる 懐かしい ふるさとの空 無邪気な思いを 呼び覚ます  もしも時が この出会いを 終わらせたとしても 涙などみせない 楽しみ 喜び 微笑みが待つ 世界へ  BORN AGAIN 明日はまた 陽が昇る 新しい日が BORN AGAIN もういちど 生まれ変わって 君にあいたい  命は どこに旅立つのか この身が 風に散っても 愛した心は 永遠に
恋人よ藤あや子藤あや子五輪真弓五輪真弓十川ともじ枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない 恋人よ そばにいて こごえる私の そばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を誘っている 恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私の そばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よ秋川雅史秋川雅史五輪真弓五輪真弓沢田完枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない 恋人よ そばにいて こごえる私の そばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を誘っている 恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私の そばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よ八代亜紀八代亜紀五輪真弓五輪真弓枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
恋人よ美空ひばり美空ひばり五輪真弓五輪真弓枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない 恋人よ そばにいて こごえる私の そばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を誘っている 恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい
恋人よ彩乃かなみ彩乃かなみ五輪真弓五輪真弓枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そして一言この別れ話が 冗談だよと笑ってほしい  砂利道を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけれど あの日の二人宵の流れ星 光っては消える無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そして一言この別れ話が 冗談だよと笑ってほしい
さよならだけは言わないで五木ひろし五木ひろし五輪真弓五輪真弓別れ雨がわたしの 心を濡らす あなたはもう傘さえ 寄せてくれないのね  あの楽しい日々は愛のかげぼうし夢だというの この街の角に春が来ても 明日からはひとり歩くわたしの前に うしろすがたのあなたが見えるだけ  行かないでひとこと ひざまづいても 心の奥のさびしさ いやせはしないのね 今さよならだけは言わないで そんな言葉を 幸せおきざりにたったひとつ そんな言葉を 二人の愛の想い出にしたくない 今さよならだけは言わないで  あの楽しい日々は愛のかげぼうし夢だというの この街の角に春が来ても 明日からはひとり歩くわたしの前に うしろすがたのあなたが見えるだけ
恋人よ五木ひろし五木ひろし五輪真弓五輪真弓若草恵枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない 恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと笑ってほしい  砂利路(じゃりみち)を駆け足で マラソン人(びと)が行き過ぎる まるで忘却(ぼうきょく)のぞむように 止まる私を 誘っている 恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵(よい)の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと笑ってほしい
心の友GOLD LYLIC五輪真弓GOLD LYLIC五輪真弓五輪真弓五輪真弓あなたから苦しみを奪えたその時 私にも生きてゆく 勇気がわいてくる  あなたと出会うまでは孤独なさすらい人 その手のぬくもりを 感じさせて  愛はいつもララバイ 旅に疲れた時 ただ心の友と 私を呼んで  信じあう心さえどこかに忘れて 人は何故 過ぎた日の幸せ追いかける  静かにまぶた閉じて心のドアを開き 私をつかんだら 涙ふいて  愛はいつもララバイ あなたが弱い時 ただ心の友と 私を呼んで  愛はいつもララバイ 旅に疲れた時 ただ心の友と 私を呼んで
ふれあう時を信じて五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓暗く深く闇の中 誰もがみな孤独の海 果てしなく続く空 見上げれば星がある  もしも今は一人が 寂しいというなら それは愛を知ったから  生きてゆこう 遠く離れても 同じ夢を見るだけで そばにいるよ 私はいつでも あなたに手をさしのべてる  人と出会い 別れても どこかで又 会うときには 遠ざかる 歳月に 許し合う 友となれ  道に迷いながらも ゴールに向かってる 人生は 旅だから  生きてゆこう 微笑み捨てずに 歩いてゆく それだけで 明日はめぐる 心と心が ふれあう時を信じて  生きてゆこう 微笑み捨てずに 歩いてゆく それだけで 明日はめぐる 心と心が ふれあう時を信じて
恋人よ布施明布施明五輪真弓五輪真弓瀬尾一三枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
幸せの旅人五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓井上鑑あなたに会って 知った しあわせ 時にはふたり 傷つけ合っても めざめれば 悔やんでる ひとりになって 離れた場所で 思い出すのは あなたのことだけ  一緒に行こうよ どんな苦しみも 手と手をつないで 大空 仰げば 消えてゆく あの太陽の下  あなたに会って 知った 微笑み 理由などない 共に生きてる しあわせに なるために 人は生まれた そんな約束さえ 忘れていた あなたに出会うまで  だから行こうよ 後ろを見ないで 心と心が はじけて とけあう なつかしい あの太陽の下  こんなにも 高く おおらかに 飛ばせてくれる それは あなたの力  一緒に行こうよ どんな苦しみも 手と手をつないで 大空 仰げば 消えてゆく あの太陽の下
メロディ五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓井上鑑朝日が昇って 夕日が沈む ありふれたリズムの中で あなたとわたしは 心のメロディ 歌い合えるでしょうか  澄みきった 青い空のように 素敵な気持ちから はじめよう さあ 心を映し出す キャンバスの絵のように 感じたことをみな メロディに乗せて 話そうよ  泣きたい顔して 笑顔に変わる それは あなたの強さね けれども わたしは 困りはしない あなたの涙を見ても  雨降りの窓辺に もたれても 移りゆく季節の 空はある さあ 心を映し出す キャンバスの絵のように あなたの悲しみを メロディに変えて とばそうよ  人波あふれる 舗道を行けば にぎやかな孤独に 染まる そんな時 あなたの優しいメロディ わたしを なぐさめてくれる  愛を伝えたい時はいつも 言葉では すべてを話せない さあ 心を映し出す 瞳を見つめ合い しあわせな明日を メロディに乗せて 歌おうよ  瞳を見つめ合い しあわせな明日を メロディに乗せて 歌おうよ
五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓井上鑑遠い日の思い出は 鮮やかな夢 胸に生きる なつかしい 君の姿 潮風に吹かれながら 君は見ていた たえまなく 押し寄せてくる 明日の波たちを  すべては 変わってゆく だからもう 追いかけない あの頃の しあわせも 君には 色あせた 1ページ  すべては 変わってゆく ふりかえる 間もなく わかってはいるけれど 時には あまりに速すぎて まだ ついて行けない 涙たち  朝焼けに 照らされて きらめく 波に いつか きっと 会える日がくると 願う 潮風に吹かれながら 君はみるだろう 記憶の果てで 戯れる 子供の 君の姿  すべては 変わってゆく 人もまた 波のように 突然に 遠ざかり そして 明日は 思い出を運ぶ  すべて 変わってゆく たちどまる 間もなく 私も歩いてゆこう 新しい何かに 会うために 今 君がくれた 愛を抱きしめて
チープ プライド五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓井上鑑わけもなく 泣けてくる そんな夜は 一人酒 飲むよりも あなたが欲しい  背のびをしていた あの頃 泣けと言われて 泣けずにいた 行き先知らずの いらだちを あなたに ぶつけていた  チーププライド 捨てたわ もう だから 帰ってきて チーププライド 贅沢な 望みでしょうか  突然の雨が降る そんな夜は そっと窓を 閉めるより あなたが欲しい  雨に濡れながら あなたは みじめだね、と 笑っていた あの時の そんなさびしさを 見て見ぬふりを していた  チーププライド 捨てたわ もう だから 帰ってきて チーププライド かなわない 望みでしょうか  恋しさに 胸痛む そんな夜は あの人と 話すより あなたが欲しい  もしも今 あなたがいたら 何て幸せなことでしょう 一人で聴く ララバイなんて もういらない わたしなの  チーププライド 捨てたわ もう だから 帰ってきて チーププライド 贅沢な 望みでしょうか  チーププライド 捨てたわ もう だから 帰ってきて チーププライド かなわない 望みでしょうか
遠くほたるをながめて五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓遠くほたるをながめて まばゆき明日を知る ここは都会を離れた 旅人の宿  夜空に浮かぶ雲に まだ知らぬ歌を聴く 眠りは一帖の畳の上に 訪れる  旅に この身をまかせて いつかたどる わが道 夢も恋も 過ぎ去れば 思う故郷  枕元に優しく 川のせせらぎ 母の子供にかえる 時間(とき)とたわむれる  夜空に浮かぶ雲に まだ知らぬ歌を聴く 遠くほたるをながめて まばゆき明日を知る
この大地の上に五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓井上鑑青く輝く 空と海 あなたにも見えるでしょう 遠くはなれて 暮らしても 心の目を ひらいて  どこから来たのか どうして生きるのか そんな問いさえも 忘れてしまおう 今はすべて  この大地の上に 体を投げ出して あなたがくれた命 感じてる  夕日まぶしい 山並みが なつかしく胸にしみる 生まれ育った ふるさとの 優しい母の姿  ひとり旅立ち どこまで歩くのか 風が吹きすさぶ こんな日は なぜか 寂しすぎて  ひとはひとを愛し はじめて夢をだき 永遠のやすらぎ 願うもの  この大地の上に 体を投げ出して あなたがくれた命 感じてる  この大地の上に 体を投げ出して あなたがくれた命 感じてる
あなたと共に五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓井上鑑教会の鐘が鳴り 空が大きく揺れて 雨と風が おりてきました 私はあなたの 左の腕にもたれ 庭へつづく 石段を 歩いてゆきました  真っ白に 咲き誇る 可憐な花に 囲まれて 疑うことのない しあわせに 包まれて  ただ 希望だけが 芽吹いていました はじまりの鐘が響く 春の日  きれいに着飾る 祝いの装いで 父と母が そこにいました 祈りをこめた 誓いの言葉に そっと誰かの すすり泣く 声が聞こえました  生まれてからずっと 愛されていたことに はじめて気づいた そして今 飛び立ってゆく  あなたと共に 生きる人生 この思いだけが 永遠(とわ)の約束  ただ 希望だけが 芽吹いていました はじまりの鐘が響く 春の日
恋人よ市川由紀乃市川由紀乃五輪真弓五輪真弓枯葉散る夕暮れは 来る日の 寒さをものがたり 雨に壊(こわ)れたベンチには 愛をささやく歌もない 恋人よ そばにいて こごえる私(わたし)の そばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談(じょうだん)だよと 笑ってほしい  砂利路(じゃりみち)を駆(か)け足で マラソン人(びと)が行き過ぎる まるで忘却(ぼうきゃく)のぞむように 止まる私を 誘(さそ)っている 恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵(よい)の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私の そばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
少女伴都美子伴都美子五輪真弓五輪真弓中村康就あたたかい 陽のあたる 真冬の縁側に 少女はひとりで ぼんやりと 坐ってた  つもった白い雪が だんだんとけてゆくのを 悲しそうに見ていたの 夢が大きな音をたてて 崩れてしまったの  あたたかい陽のあたる 真冬の縁側に 少女はひとりで いつまでも 坐ってた  木枯らしが のぞいてる 垣根のすきまから 少女はいつも 遠くを 見つめてた  かわいい仔犬たちが 年老いてゆくのを 悲しそうに見ていたの 夢が風の中で褪せて消えてしまったの  木枯らしが通り過ぎる 垣根の向こうに 少女はいつか 行くことを 知っていた
少女平川地一丁目平川地一丁目五輪真弓五輪真弓平川地一丁目あたたかい 陽のあたる 真冬の縁側に 少女はひとりで ぼんやりと 坐ってた  つもった白い雪が だんだんとけてゆくのを 悲しそうに見ていたの 夢が大きな音を たてて崩れてしまったの  あたたかい 陽のあたる 真冬の縁側に 少女はひとりで いつまでも 坐ってた  木枯らしが のぞいてる 垣根のすきまから 少女はいつも 遠くを 見つめてた  かわいい仔犬たちが 年老いてゆくのを 悲しそうに見ていたの 夢が風の中で 褪せて消えてしまったの  木枯らしが 通り過ぎる 垣根の向こうに 少女はいつか 行くことを 知っていた
恋人よ徳永英明徳永英明五輪真弓五輪真弓坂本昌之枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい
別れて明日石原裕次郎石原裕次郎五輪真弓五輪真弓馬飼野康二遠ざかる季節をおしむ様に君は 恋の終りに泣いてすがった それは切ないだろう 僕にはいとし涙 けれど今は何も聞かずにいかせておくれ  振り向けば幸せな日々がふたりにあると 想い出すからこのままゆく 未練心をもてば 明日は昨日になる だから今は涙をふいて 笑っておくれ それは切ないだろう 僕にはいとし涙  けれど今は情けを捨てて ひとり旅にでる
思い出さがしGOLD LYLIC石原裕次郎GOLD LYLIC石原裕次郎五輪真弓五輪真弓馬飼野康二久し振りねと うしろから ぽんと背中を 叩いた人がいる 振り向けばなつかしい はにかむ様な君がいた あれから どうしていたのかい 素敵な恋を したのかい そんなに綺麗になって 別れたこと 悔やませる様に  やせたみたいと 眉をよせて からだを気づかう 心は変らない そういえばあの頃は つれない素振りをしたっけ あれから どうしていたのかい 誰かと 幸せでいたのかい それぞれの冬を越えて めぐり逢えたね 昔の様に  あれから どうしていたのかい 素敵な恋を したのかい 馴染みの店の カウンター 今はふたり 思い出さがし 
ゲーム五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓バトンをうけて ぼくは走り出した ひきかえせない 歓声がわくよ ぼくは無我夢中 どこまで走っただろう 目の前は何も見えない ゴールだけが光るよ 誰かが叫ぶ 「ゲームは参加するよりも 勝つことさ」  バトンをうけた ぼくはひとりだけさ ふりかえれない 青春の真只中 いったいぼくは 何を学んだだろう 「孤独」の他に何があるだろう ゴールだけが光るよ 誰かが叫ぶ 「ゲームは参加する事よりも 勝つことさ」  ゴールだけが光るよ 誰かが叫ぶ 「ゲームは参加する事よりも 勝つことさ」
蒼空五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓今の日河はひでりに渇き 路はどこまでも白く 鳥は歌を忘れてしまい 旅人は名前を失くした 雨にうつる夜明けを 私たちは待っている 青い空のしあわせは 今はもう欲しくない  いつか雨は河を生かし 路は藍色に染まり 鳥は歌を想い出して 旅人は名前をみつける  そのとき 雨に濡れるよろこびを 私たちは知るでしょう 信じることのうれしさ 知るでしょう 雨にうたれ  雨にうるむ夜明けを 私たちは待っている 青い空のしあわせは 今はもう欲しくない
最後のロンリネス五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓最後のロンリネス あなたと離れて 見知らぬ あの街にひとり  電車の窓から 朝日がさしこみ 私の門出を 照らしているよう  この旅が終われば あなたに会える 憎みあった時も 笑い話に変わる ごめんね と ひとこと 言えなかったことが 二人を 遠ざけていた  最後のロンリネス あなたと出会えて 私はやさしさを知った  電車の窓から 懐かしい街並が 新しい門出を 祝っているよう  あの駅に降り立ち 人波の中 さりげなく手を握り ほほを染めながら おかえり と ひとこと それだけでいい 全てが許されて はじまりがある  この旅が終われば あなたに会える 憎みあった時も 笑い話に変わる ごめんね と ひとこと 言えなかったことが 二人を 遠ざけていた
十九歳の時五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓口ぐせはいつもぼくの人生 味気ないより苦いのがすき そういってあなたは私の耳もとで 砂糖ぬきの珈琲をねだったものね 息をはずませ私をたずねた あの頃の 十九のあなたは甘えんぼう 十九のあなたは甘えんぼう  口ぐせはいつもぼくの人生 味気ないより苦いのがすき そういってあなたは 私のくちびるに コパーブラウンの口紅ぬらせたものね 鏡にむかい なれない手つきで 化粧した 十九の私は はずかしがりや 十九の私は はずかしがりや  口ぐせはいつもぼくの人生 味気ないより苦いのがすき そういってあなたは私の目の前で うさばらしの日本酒を あおったものね テーブルにもたれ ほほえみながらも うるんでた 十九の瞳はさびしがりや 十九の瞳はさびしがりや
ダンシング・ボーイ五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓やわい赤毛の髪をふりみだし やぶれズボンにハーモニカひとつ あいつはおどる横断歩道 リズムの狂ったクラクションにあわせて 色褪せた街は厚化粧 花はかざられ うるおいはない あいつはおどる横断歩道 リズムの狂ったクラクションにあわせて  そうさあいつはダンシング・ボーイ 生まれながらのダンシング・ボーイ 誰もとめられないのさ 今ただひとつあいつが しあわせと思うことだから  得意そうな白のスニーカー 真昼の陽ざしまぶしそう あいつは笑う横断歩道 人のさげずみもふきとばし はなやかに路はいろどられ たどりつくとこ袋小路 あいつが消えた横断歩道 リズムの狂ったクラクションにまみれて  そうさあいつはダンシング・ボーイ 生まれながらのダンシング・ボーイ 誰もとめられないのさ 今ただひとつあいつが しあわせと思うことだから  そうさあいつはダンシング・ボーイ 生まれながらのダンシング・ボーイ 誰もとめられないのさ 今ただひとつあいつが しあわせと思うことだから
東京五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓長いこと 離れていたら夢にみた 日が暮れてゆく東京 アスファルト 咲いたたんぽぽを思い出す 日が暮れてゆく東京 雨あがりの路に 母ははいてたハイヒール 急ぐように 変わる姿の街並に 想い出あせた東京 訪れる 住んだ瞳の若者が 笑いかけるよ東京 都会のあたらしさ 君は魅かれるかい 今日の日も 東京 私は夢にみたよ 東京 生まれた街だからさ 東京 心に帰ってくる
海と風と砂と五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓浜辺には誰かが 忘れ去った時計がある 思い出を砂に うずめたまま あの街へと もどっておいでよ もどっておいでよ 海が呼んでる もどっておいでよ もどっておいでよ 今は……秋  少年は女に 夢見るように 恋をした サーフボード 寄せ来る波に挑み たわむれたよ さらっておくれ さらっておくれよ 僕を沖まで さらっておくれよ さらっておくれよ あれは……夏  浜辺には少年の あしあとだけ 風に走る 空を飛ぶ鴎の 心知らず 季節はゆく もどっておいでよ もどっておいでよ 海が呼んでる もどっておいでよ もどっておいでよ 今は……秋
伝説五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓冬の南風が吹き荒れたその朝 一羽の鳥が死んでいた  手にとればかすかなぬくもりが哀しい 閉じた瞼は微笑んでいるよう  何故その理由(ワケ)を 私に問いかける 残された寂しさが 心吹き抜ける 命の終わりに  喜びも悲しみも伝説になってゆく すべてのページは閉じられた  生きることのさだめ 教えられるように 二度と動かぬ なきがら 抱いた  誰が知ろう 愛の行方を 残されたものたちに いつも問いかける 夢の終わりに
一葉舟五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓はぐれて一葉 浮世の河に ゆられゆられて 舟となる 誰を乗せるも 同じこと ただ重すぎぬ 恋と願いつ  沈んで一葉 浮世の波に 呑まれ呑まれて 夜を知る 愛と呼ぶには 苦しくて 河の流れに その身ゆだねる  流れて一葉 浮世河原に うちあげられて 忘られる 誰を恋うるも 空しくて ただ泣きぬれて 花ほころびぬ  しぐれて一葉 浮世の夢に しだれ浮かべる 宿り露 こぼれ落ちれば 砕け散る はかない命 うつくしきもの はかない命 うつくしきもの
風の詩五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓路に咲いている 赤い花を見つけて その可れんな姿に 名前さえも忘れた 遠い遠い昔 あの人と摘んだ 記憶がそっとよみがえる 雨にゆれていた花びらのうるわしさ それは はじめての恋心  水辺に浮かんだ 白い鳥を見つけて その気高い姿に 名前さえも忘れた 遠い遠い昔 あの人と二人 夕日浴びながらはしゃいでた 空にはばたいた翼のこわさ知らず それは はじめての恋心  風に流れゆくあわい雲を見つけて そのはかない姿に 涙さえもかわいた 遠い遠い昔 あの人の顔が 瞳の奥でにじんでた 今はふりかえる 過ぎた日の思い出は それは はじめての恋心
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
うぐいす桂銀淑桂銀淑五輪真弓五輪真弓あれは 遠い冬の物語 落ち葉 木枯しに迷わせて ふりむかず 行った人 愛だけを 残して 熱い胸の高鳴るままに 冷えた心 あたためあった 二人 二度と帰らないのね いくら 叫んでも  春のうぐいすが鳴いたならば 雲に流されてゆく想い あなたさえ 忘れたら 涙など 風に散る 明日 めざめれば 陽が昇り 何処か 知らない街にひとり あなただけを 忘れるために 旅立つ私  春のうぐいすに 誘われて いつか 知らない街にひとり あなただけを忘れるために 旅立つ私 
恋人よ工藤静香工藤静香五輪真弓五輪真弓澤近泰輔枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい
愛のサフラン北原ミレイ北原ミレイ五輪真弓五輪真弓あなたに会った時から 素直になれた私 別れなど恐れずに ついてゆこうと思った 窓辺に置いたサフラン そっと水をかければ 恋心いじらしく あざやかによみがえる  愛は命 命は愛 あなたがそこにいるだけで 今日も明日も私らしく 素顔で生きてゆける  キレイになったと人は 私のうわさをしてる おかしいね今さらと あなたは優しく笑う 心が豊かであれば かがやいてみえるものね あの日から変ったの 恋しさに酔いながら  愛は命 命は愛 あなたがそばにいるだけで だからもっとこのままの しあわせでいさせて  愛は命 命は愛 あなたがそこにいるだけで 今日も明日も私らしく 素顔で生きてゆける
潮騒五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓誰もいない 港に立ち 潮騒を聞けば 寄るべなさに 身も心も やつれたよう  あー 見知らぬ空 この街に  夢を抱いたこの私を 笑って鴎  流れ星が 涙のように ぽつりと落ちたら はるか遠い故郷へと 汽笛が呼ぶよ  あー いつか帰る あの街に 今は元気でいるからと 伝えておくれ  あー いつか帰る あの街に きっとみやげ話などを 聞かせてあげよう
愛の約束五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓三井誠いつか子供の手をひきながら この坂道を 登りたい そんな願いを 胸に秘めて 家路をたどったあの頃  二人出会ったときめきだけで 満ち足りていた 幸せな日々 ゆるやかに 時を刻んだ ワルツ 踊るように  空の星さえ 近くに感じた 私たちのことを 祝うように そんな気持ちは 初めてだった これが本当の恋なの  二人の明日に 何が起きても おそれ知らない 愛の約束 生まれてくる 新しい命に 夢を託しながら  そして子供の手をひきながら 今 坂道を登ってゆく 時に悲しく だけど愉しく 最後は ぬくもり嬉しい  二人出会った ときめきだけは 忘れはしない どんな時でも 明日を生きる 新しい人生 愛を育みながら
別れて明日半田浩二半田浩二五輪真弓五輪真弓馬飼野俊一遠ざかる季節をおしむ様に君は恋の終りに泣いてすがった それは切ないだろう僕にはいとし涙  けれど今は何も聞かずにいかせておくれ 振り向けば幸せな日々がふたりにあると想い出すからこのままゆく 未練心[みれんごころ]をもてば明日は昨日になる だから今は涙をふいて笑っておくれ それは切ないだろう僕にはいとし涙  けれど今は情けを捨ててひとり旅にでる 
恋は突然に五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓愛はさめた、と突然に あなたは言った いつもの店で待ったけど 遅れてきたのは 私のためなの 久しぶりね、と言って あなたに笑いかけた 何となくくるような気がしてた この日が  もしも 私たち 別れてゆくなら 目をそらさないでいて にくしみに変わる明日は来ないわ ただ 恋が終わっただけ  あなたにとって 誰よりも 最高でいたい 会うたびいつも そればかり 演じていたのね 素顔をかくして ほんとのことを言って 一人はいやだけれど どうにもならない 遠ざかる思い出  もいちど 私を やさしく見つめて 涙こらえていても 今日まであなたを愛したことだけ いつまでも 忘れないで  もしも 私たち 別れてゆくなら 目をそらさないでいて にくしみに変わる明日は来ないわ ただ 恋が終わっただけ もいちど 私を やさしく見つめて 涙こらえていても 今日まであなたを愛したことだけ いつまでも 忘れないで
うたかた五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓しゃぼん玉 束の間の虹 その数を かぞえるまもなく 露となって おちた あなたと 私の恋は 夢見るように ただよいながら かわすほほえみ  いつしか 手のひらで 涙に変わるならば せめて おちてゆく よろこびを感じさせて うたかた 酔いしれて恋 抱きしめて愛 あなたが好きです  しゃぼん玉 消えないうちに その輝きを 変わらぬままで 心に写しましょう あなたの 瞳の中で どうぞ私を きれいなままでいさせて下さい  いつしか時がゆき 二人の別れが来ても せめて ふりかえる 哀しみは知りたくない うたかた 酔いしれて恋 抱きしめて愛 あなたが好きです  うたかた 酔いしれて恋 抱きしめて愛 あなたが好きです 
そこにあなたが五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓どんな悲しみも あなたとならば 越えるさ 愛が湧きあがる 心の大地 歩きながら  今まで気づかず 生きてきたよ よく似た者同士の 深い絆を そこにあなたがいる ただそれだけで 青空が見える もう振り向かない 今通い合う 心が嬉しくて  互いに見つめ合う 瞳の奥に 昨日と明日を結ぶ 虹が輝く そこに笑顔がある ただそれだけで 生きてゆけるのさ 言葉じゃ語り合えぬ 人と人達の 出会いの熱さよ  そこにあなたがいる ただそれだけで 青空が見える もう振り向かない 今通い合う 心が嬉しくて  どんな言葉でも この喜びはひとつさ 同じ夢は未来 未来の夢を育てよう
忘れえぬ街五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓雨がはげしく降る 午後は心なごみ 窓から射してくる 銀色の光で ガールズ・コミックを読んでいた  高層ビルが遠くに見える 小さな街に 生まれた私 ひとりでも 寂しくはなかった 雨音に包まれていた あの家 今も私を呼んでる街よ  傘を腕にかけて バス停で待ってた 角を曲がってくる ライトが見えた時の 父や母の懐かしさ  神田川の橋の上から うねるような川の流れ眺め 日暮れても 子供らと遊んでた 夕焼けが鮮やかだった あの丘 今も聞こえる あの呼び声が 今も心に忘れぬ街よ
悲しみにまかせて五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓春の淡雪が とけていくように 君は一人 そっと去っていった 思い出の なきがら空しい 寒い心を 誰があたためるのか  泣かせてね君よ 今はただ こみあげる悲しみにまかせて 街は今 鮮やかに花が咲き 旅立った君を はげましているよう  ほんの昨日まで 気づかなかった 暗く閉ざされた 路が見える まっすぐに 空までつづく まるで 銀河に向かう列車のように  遠ざかる君よ 又いつか会えるなら その日を待ってる 振り向けば 花束にうずもれた その顔に微笑が こぼれていたよ  泣かせてね君よ 今はただ こみあげる悲しみにまかせて 街は今 鮮やかに花が咲き 旅立った君を はげましているよう
See you again五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓潮の香りを含んだ あの夏のひざしより まぶしく揺れてる あなたのまなざし そばに来てほしいけど 焼けた素肌 気づかうふり  恋…私の心をつかまえて 寄せてはかえす波の音が 時を刻む 急ぐように 今なら言えるわ“I'll be seeing you. I'll see you again.”  砂に埋もれたサングラス 飲みかけのカンパリ 静かに見てるわ 二人のこの恋 いつまでも変わらずに いたなら いいわね  恋…あなたの心をつかまえて 秋風が吹いても さめぬ夢と ほほえみながら 私に言ってよ 夕日を見つめて“I'll be seeing you. I'll see you again.” 今なら言えるわ“I'll be seeing you. I'll see you again.”
母の肖像五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓古い映画に あなたの姿を見た 廃墟の街で 子供を生み育てて ただひたすらに 生きてきた 何にも知らずに あと追う私 けれど今では ひとりの女として その人生を 見つめている私  迷い子のように心の片隅で いつでも愛を 求めていたあの頃 あふれくる涙に おぼれながら あなたの名前を 呼べば悲しい 母よ 寂しさは あなたが教えたのか 泣き明かしたら すぐに 忘れるから  古い映画に あなたの青春の日 思い出したら 私に話してよ 過ぎたロマンスに 酔えばいい 愛する男に たくした夢を 笑いながら 私に聞かせてよ その人生に 光が灯るまで
太陽を彼方に五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓サンライズ・サンセット 遠い空 私はひとり見ている 砂に埋もれた夏の日 思えば愛しい 子供のように 無邪気な心でたわむれて いつしか 大人であることも忘れた  ああ何故 人はふり返る恋の終わり ただ過ぎてゆく 時の迷い子と 気づかぬまま  サンライズ・サンセット 太陽が 沈み また昇るように 明日になれば 私もあの鳥に乗って 見知らぬどこかの街で 風に揺られながら さすらう涙も捨てて 生まれ変わる  ああ何故 人は恋をして旅に出る そしていつの日か まためぐり合う 愛のために 生きてゆくの  ああ何故 人は恋をして旅に出る そしていつの日か まためぐり合う 愛のために 生きてゆくの
めぐりゆく季節五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓桜の花びらが 白雪のように 舞い散る道を歩く 嬉しい春のひととき 小高い丘の ゆるやかにカーブした アスファルトに 木もれ陽ゆれる あたたかい昼下り あとは どんなに寂しくても 私は見守ってあげる 自然のフィナーレ  駅につづく石段を 駆けて降りてゆく 息をきらし登ってくる 人の姿見たとき 急ぎすぎたつま先が宙に浮く わきたつような 街のざわめき 今日も又 呼んでいる あとは涙も悩みさえも 忘れたら 花よ咲けこの心に めぐりゆく季節
今は一人じゃない五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓今はひとりじゃない 悲しい歌も ひびかない 昔愛したあなたが こうして目の前にいても そうよあの頃 私は一人 あかりも灯らぬ寒い部屋で あなたの足音 待っていた あせた写真 見つめながら 思いがつのるほどに 心のもろさを知ったのよ  あれからいくつかの 恋と別れに とらわれて いつしかあなたを忘れてた 涙も流さなくなって そうよ今では 女も明日を 選ぶ時代に変わっているの だからあなたを許せるわ 今は何もいわないで  今日から私たち ただの友達になれそうね  今日から私たち ただの友達になれそうね
五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓かすみたつ空の 雲を追うように このわたし 乗せた船が 今動きはじめた  さらば港よ 愛する人たちよ 又会えるその時は 笑ってむかえて  カモメ舞いおどる 空が気にかかる 寄るべない旅人は いつどこへたどりつくの  だから港よ 愛するものたちが 旅に出るその時は 勇気を与えて  さらば港よ 愛する人たちよ 又会えるその時は 笑ってむかえて
この道はるかに五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓悲しい歌なら いつでも歌える あなたの涙を 目の前で見た時 わたしは 歌えるでしょう  何も言わずに体を寄せ合い その血のぬくもりを感じ合おう  この道はるかに 歴史はつづいて 志 輪となり鎖となり 受け継がれてゆく  楽しい歌なら いつでも歌える あなたの笑顔を 目の前で見た時 わたしは 歌えるでしょう  さあ 立ち上がり歩きはじめよう あなたもわたしも 同じ世代に生まれた 未来に向かって 走りつづけるために
五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓ミッシェル・ベルナルクひとり見上げる空 空はひろがる夢 海は果てない旅 今は船出の時  朝焼け青い海 潮風に心の乾き潤せば 寄せる波 私の足跡消していく  ひとり見上げる空 空はひろがる夢 海は果てない旅 今は船出の時  悲しみは脱ぎ捨てて 旅に出る私の前に流れくる 桜貝 見送るあなたを思わせる  ひとり見上げる空 空はひろがる夢 海は果てない旅 今は船出の時  ひとり見上げる空 空はひろがる夢 海は果てない旅 今は船出の時
ジャングルジム五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓デビッド・キャンベルジャングルジム 夕闇の背に 昔のおもかげ うかべて ジャングルジム まるで母のように 幼な心 呼びさます  あなたからみれば 私はもう見知らぬ通りすがり  今はつかれ たちつくす ぼろきれのような私に 悲しげなまなざしさえ むけてくれない  あー ジャングルジム 今はあこがれ あー ジャングルジム 遠い恋人のように  あなたからみれば 私はもう見知らぬ通りすがり 小さな夢をからませた 銀のおもいで ジャングルジム  ジャングルジム まるで母のように 幼な心 呼びさます  あー ジャングルジム 今はあこがれ あー ジャングルジム 遠い恋人のように
煙草のけむり五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓煙草のけむりの中に かくれて見えない あなたはどんな顔で 私を見てるの?  初めて会った時も あなたは煙草をくわえ そして云った  “火をかしてください ぼくの暗い心に 火を灯してください あなたの赤いマッチで”  煙草のけむりの中で あなたは笑って “どうして君はそんなに いい人なんだ”と  何も話してはいない 何も見えやしないの 何故わかるの?  “火をかしてくれたよ ぼくの暗い心に 火を灯してくれたよ あなたの赤いマッチで”  でも私には何も見えない あなたの顔が見たい 煙草を吸わないで  煙草のけむりは いつか消えてしまって あなたもいつのまにか いなくなっていた  何故だかわからない あれから口ぐせになってしまった  “火をかしてください ぼくの暗い心に 火を灯してください あなたの赤いマッチで”
合鍵GOLD LYLIC五輪真弓GOLD LYLIC五輪真弓五輪真弓五輪真弓ミッシェル・ベルナルク夜も更けて ただひとり 外燈の うしろかげ あの人の アパートの 窓あかり みつめてる 私はかえれない もう あの部屋には  すばらしいらしい日々が うもれていても 心の絆が 途切れた今は この悲しみも 届かないの  駐車場に 置き去りの 乗り馴れた 車にも あの人の 横顔の 冷たさが 浮かんでる 何が悪いのか 今も分からない  なつかしさだけが こみあげてくる 許されることが 合鍵なのよ ドアをあけさせて もういちど-  私はかえれない あの部屋 あの人  すばらしいらしい日々が うもれていても 心の絆が 途切れた今は この悲しみも 届かないの
春ごころ柏原芳恵柏原芳恵五輪真弓五輪真弓青い芽をふいた 小枝が風にゆれて 乙女達は胸のふくらみ はじらうような白いブラウス 春 目覚める時なの 男達の夢見心 誘惑している ときめく女達 あなた 私だけを見つめて そして 肩を抱いてほしい 恋人がいても 何故かさびしい 美しく鳴くかごの鳥も 大空の雲をうらやむの 春 心が揺れるわ あなたのその口づけだけ 甘い切なさに 私は酔えるのよ あなた さよならはあとにして 今は そっと抱いてほしい 春 目覚める時なの 男達の夢見心 誘惑している ときめく女達 あなた 私だけを見つめて そして 肩を抱いてほしい
LET'S TAKE A CHANCE五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓今はとっても悲しくて 朝も夜も涙ばかり 高層ビルの窓に映る空は しんと青く沈んでいる あんなに愛し合ったのに いつから何故すれ違った あの頃の二人のように 互いの人生 話し合いたい  Let's take a chance 迷わないで もう一度 やり直すのさ Let's take a chance ためらわずに 心開き そして明日は きっと Let's take a chance  スクランブルの交差点 誰もがみな急ぐように その向こうに続く道を ただひたすらに見つめ歩いてる 悲しみのそのあとからは 喜びだけやって来ると 生きていれば 何かが変わる 遅すぎはしない 間に合うはずさ  Let's take a chance その涙に負けないで やり直すのさ Let's take a chance チャンスはいつも心の中 だから明日は微笑み Let's take a chance  Let's take a chance あきらめずに もう一度 やり直すのさ Let's take a chance チャンスは巡る星のように だから明日は微笑み Let's take a chance
青春スケッチ五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓夢を見たのは そんな遠い日じゃない 青くひろがる空に 希望を感じていた スクラム組んで シュプレヒコール 血潮燃えたぎる 体寄せ合い  泥にまみれて叫ぶあなたを いつも遠くで見つめていた 今もきこえる せいいっぱい生きた あの時の喝采が――。  二人暮らした 部屋を出ていく時 君だけが僕の青春だったとあなたは云った そんな寂しい心も知らず別の人生歩き始めた 流れ流され迷いながらもそれぞれの時代を生きてる だけど私は今も遠くで あなたを見守ってる  共に苦しみ 共に笑った それが愛だと伝えたい もしも あなたと いつかどこかで めぐり合えたなら
明日に振り向いて五輪真弓五輪真弓五輪真弓財津和夫物語は終わってしまった なのにまだ 何故に君は 誰もいない客席にいるの 愛と涙に包まれたあの街を 夢見るように思ってもあの人はいない  そうさ love is forever 愛と信じた 恋はもうまぼろし 二度とは帰らない 過ぎた時代 love is forever 今君が見つめてる向こうは ただの白い壁のスクリーン  さあ立ち上がり 出てゆこう 目を閉じて 忘れられぬ思い出も 残っているけど 破れた椅子に体うずめ眠るより 明日の陽がまた差し込む扉をひらいて  そうさ love is forever 愛と信じた 恋はもう終わった 二度とは帰らない 過ぎた時代 love is forever 今君が歩き出す向こうに 昨日と違う風が吹く  そうさ love is forever 愛と信じた 恋はもう終わった 二度とは帰らない 過ぎた時代 love is forever 今君が歩き出す向こうに 昨日と違う風が吹く
恋はバトル五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓恋はバトル どちらか先に さめたなら勝ちなんて 愛するって何て切ないの 恋はバトル 心すべて 見せたなら負けなんて 純愛って何て悲しいの かけひきだらけのこの世の中で あなたとだけは違うと思ってた どんなにどんなに 信じたくても 信じられない それが…恋  恋はバトル あれほど強く 私を抱いたのに ある日急に離れていった指 恋はバトル 見えない明日 手さぐりをするだけの ときめきって何てうそっぱち ためいきひとつで忘れられるなら あなたの愛がなつかしい筈もない どんなにどんなに 忘れたくても 忘れられない それが…恋  いつかはあなたも 私のように 傷つくほどに 誰かを愛したら 私を 私を 思い出してね あわい夢なの それが…恋
微笑みは出会いと共に五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓あなたと会った あの街角に 花がいっぱい 咲く頃 みずみずしい 恋の想い出が この胸をよぎる  微笑みは出会いと共に おとずれて 幸せ知った ありがとう 素直に言える あなたが来たことを  洗いざらしの ジーンズはいて 人ごみの街 歩いた はなれても二人 愛の手ざわり 忘れられない  微笑みは出会いと共に おとずれて 今は幸せ あの雨にぬれてもなお うるおう花のように  微笑みは出会いと共に おとずれて 幸せ知った ありがとう 素直に言える あなたが来たことを
さよならは一度だけ五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓音もなく散ってゆく花びら 手に受けてじっと見つめる 季節はいつもと同じように また くりかえすけど  あの日の二人にはもう戻れないの 誰にも止められない 運命(さだめ)の河 あなたのぬくもりに 抱かれたまま 生きてゆきたかった私  今も愛してる 遠くはなれても 言える言葉は それだけ いつの日かきっと また 会える日まで 誓う心  夕陽がとけて 沈む海の果てに 二人で夢見た 未来(あす)が生きづいてる あなたのぬくもりに抱かれていた 日々を思う 旅の空よ  見上げる空を翔ぶ鳥のつばさが 明日を呼ぶようにはばたいてる さよならと一度だけふりむいて そして 一人 歩きだすの
二人だけのシルエット五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓南の島 あなたと私は 動き出した船に乗って 波しぶき 頬にはじけてとぶ あなたは瞼とじる 今日は荒海 波にまかせてゆく  夏の日の 思い出を 胸に熱く刻みこむ 幾千の秋を待ってる この恋を忘れない  坂を登る 石ころだらけの 路を息はずませながら二人 フィルターのない太陽が照りつける 今日は青空 風に吹かれてゆく  丘の上 たたずめば 都会は遠いざわめき 何もない 静かな島 二人だけのシルエット  夏の日の 思い出を 胸に熱く刻みこむ 幾千の秋を待ってる この恋を忘れない  この恋を忘れない
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
海辺の恋五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓ほどけそうな靴ひものまま駅の階段を かけおりたけど 電車は行ってしまった 残されたのは潮風と 宙に舞い上がる僕の心  どこまでも遠くどこまでも遠く 君を乗せて走り去る 海辺の町を  やしの木陰のつづく道を 今日は一人帰る 君のさわやかなコロンが 風の中で香る 遅い夏の夕暮れは 何故か寂しくさせるのと  どこまでも赤いどこまでも赤い 夕日みつめ泣いていた 君が愛しい  流れてゆく雲の群れを 今頃君は見上げているのか  どこまでも遠くどこまでも遠く 君を乗せて走り去る 海辺の町を  どこまでも遠く どこまでも遠く 季節はゆく さようなら 僕の恋人
マリオネット五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓マリオネット マリオネット マリオネット 甘いためいきだけを 恋する人よ  あなたの好きな 美しいマリオネット 寂しい部屋で 待つだけのマリオネット 愛にあやつられたまま こんなわたしを あなたは置き去るのね マリオネット マリオネット マリオネット 甘いためいきだけを 恋する人よ  あなたがいれば おしゃべりなマリオネット 愛しい人を笑わせるマリオネット 涙 頬をぬらしてる こんなわたしに あなたはふりむかない マリオネット マリオネット マリオネット 燃える口づけだけを 欲しがる人よ
永久ライセンス五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓君を僕だけのものにしたいよと 助手席に乗る私に告白 ハンドルさばきが上手な人よ  だけどちょっとまってよ ちょっとまってよ 一方通行よ 私の心も確めずに 出会いがしらに 気をつけてよ  欲しいもの全て手に入ると言う 子供の頃からわんぱくだったの アクセル踏んだら恐いもの無し  だけどちょっとまってよ ちょっとまってよ スピード違反よ あなたは早くゆきすぎる 私もうまく 運転してよ  きっと幸せにすると言うけど ついつい明日を考えてしまう 未来派女これが私よ  だけどちょっとまってよ ちょっとまってよ Uターンしましょう 私もずいぶん有頂天で あなたの家まで 来てしまったわ  だけどちょっとまってよ ちょっとまってよ 愛しい人よ まだまだあげられないのよ あなたが望む 永久ライセンス  あなたが望む 永久ライセンス  君を僕だけのものにしたいよと 助手席に乗る私に告白 ハンドルさばきが上手な人よ――
忘れたいの五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓忘れたいの あの日のことは 気まぐれな恋のいたずらね 二人だけの秘密にして 友達のままで いさせて 話すことも 笑うことも 失えば すべてが終わる 許し合えば ただそれだけで 戻れるわ あの頃に  忘れたいの あの日のことは 気まぐれな恋は あやまちね あなたが好き だけどそれは 男と女の愛じゃないの 話すことも 笑うことも 失えば すべてが終る 許し合えば ただそれだけで 戻れるわ あの頃に
ラブ・アフェア五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓心が傷ついたまま 誰かを愛してみても それは エスケイプ 野暮な逃避行よ 男にふられた女に会ったら 「恋だけが人生じゃない」と伝えて 憂い化粧を洗い落として 再出発に戻っておいでよ  花咲く季節がくれば 誰かに恋もするけど それは ラブ・アフェア 散りゆく運命(さだめ) 所詮わるにはなりきれないから 「さよならだけが 人生」と笑う 心のからを 抜け出すたびに 女は強く美しくなる  憂い化粧を洗い落として 再出発に戻っておいでよ  男にふられた女に会ったら 「恋だけが人生じゃない」と伝えて 憂い化粧を洗い落として 再出発に戻っておいでよ  憂い化粧を洗い落として 再出発に戻っておいでよ
あなたのいない夜五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓あなたには 私などもう愛せない 愛せないから 悲しいわ 悲しいわ もう おしまいね おしまいね あなた おしえて ひとりで 横たわるベッドは 広すぎて 私の心にすきま風 あー 寒い 帰らない夜はいやよ  私からあの人へ移った心 移った心 でも 愛してる 愛してる ただ 切ないの 切ない あなた それだけ ひとりで待ちわびる部屋は あまりにも 私を不安にさせてるの あー だから 今夜から 出てゆくわね  ひとりで 横たわるベッドは 広すぎて 私の心にすきま風 あー 寒い 帰らない夜はいやよ
さよならの街角五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓あなたに愛された日々を 想えば 涙が とめどなく 流れ落ちる たそがれの街角 けれどもハンカチは かさないでほしい やさしさは嘘でしょう 別れのこの時は 見知らぬ人のように 私をみつめて いてほしい  あなたのいなくなる部屋を 想えば おもわず ふりむいてすがりたい たそがれの街角 けれどもその腕で 抱かないでほしい 想い出が こわれるから 最後のこの時は ただ背中をむけて 「さよなら」と云って 別れたい  けれどもハンカチは かさないでほしい やさしいは嘘でしょう 別れのこの時は 見知らぬ人のように 私をみつめて いてほしい
手紙五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓ふるさとに暮らしてる 貴方のために 赤や黄色で織りあげた ひざかけを送ります もうじき冬が訪れ 心まで 寒くなったら 思い出してください 私のぬくもりを  秋風が吹きぬける そんな夕べは いろりにつり下げられた 七草なべが恋しい 今度 帰る日まで からだに気をつけて そして 笑顔で迎えて ふるさとに住む母よ  もうじき冬が訪れ 心まで 寒くなったら 思い出してください 私のぬくもりを 私のぬくもりを
これだけのわがまま五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓あなた ここに居て そしてもう どこにも行かないと云って ひとりになったら すぐ別れを感じてしまうから 愛するほど 弱くなるの 今日は これだけのわがままを きいてほしいの  あなた 眠いのよ 今日はもう 帰らないと云って 明日になっても しあわせな夢の中にいたい 愛するほど 弱くなるの 今日は これだけのわがままを きいてほしいの  愛するほど 弱くなるの  あなた 夜がゆく 今日はもう帰らないと云って
五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓果てしなく広い海を ひとりみつめれば 遠い沖へと自由な心が 波に乗ってゆく そう 今日からは 涙がわりに砂をかんでた わたしじゃない 浮び来る あの太陽は めぐりあいの友  かもめ翔ぶ青いみ空に 夢 馳せてたぐれば 昨日までの哀れなわたしが 虹を渡ってゆく そう いつの日も 生きてゆくのは 悲しみ越えた 旅人たち 走り去るこの年月を つかんでわが胸に  そう いつの日も 生きてゆくのは 悲しみ越えた わたしとあなた 走り去るこの年月を つかんでわが胸に
冬ざれた街五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓冬ざれた街 石だたみの上を 去りゆく人の 後姿を 見送りながら 今想うのは はじめて会った時は きっといつまでも あなたとなら うまく暮らしてゆけると 思ったの………  すすり泣いてる 枯葉を踏みしめて 二人はたがいに 離れてゆくの 誰も知らない 冬の別れ道 はじめて会った時は きっとどこまでも あなたとなら うまく歩いてゆけると 思ったの………
本当のことを言えば五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓ほんとのことを言えば あなたと出会うまでは 何も知らない わたしだった 煙草のすいかた お酒の飲みかた 楽しい暮しの中で おぼえていったの あなたといると 空さえとべる気がする あなたといると 何でもできる気がする  ほんとのことを言えば あなたと出会うまでは 笑うことも 泣くことも知らなかった それまでわたしの暮しは あじけないもの あなたのおかげで あつい心で笑える あなたといると 空さえとべる気がする あなたといると 何でもできる気がする
ミスター・クラウディ・スカイ五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓ミスター・クラウディ・スカイ おはようクラウディ・スカイ ミスター・クラウディ・スカイ おはようクラウディ・スカイ  朝をあるけばなにがあっても 笑い流してしまえそう まだ起きたばかりの白いアスファルトだから おだやかなあしどりで あるいてあげよう  あくびをしているような 白いくもり空だから さわがしくあいさつをしてあげよう にぎやかに話しかけてあげよう ミスター・クラウディ・スカイ おはようクラウディ・スカイ ミスター・クラウディ・スカイ 何故今朝はそんなに 浮かない顔でいるの  ミスター・クラウディ・スカイ……  朝をうたえばなにもかもが 冬の眠りからさめてしまいそう まだ生まれたばかりのおさなごのために おだやかなメロディでうたってあげよう  ためいきついているような 白いくもり空だから さわがしくあいさつをしてあげよう にぎやかに話しかけてあげよう ミスター・クラウディ・スカイ おはようクラウディ・スカイ ミスター・クラウディ・スカイ 何故今朝はそんなに 浮かない顔でいるの  ミスター・クラウディ・スカイ……
落日のテーマ五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓どこまでも 果てを知らない 空の谷間に 惑いの心を投げすてた 日暮れの裏通り 忘れられた 静けさの中 口笛 高らかに吹けば やせたのら犬たちの遠ぼえが どこまでも 果てを知らない 空の谷間に こだまする  どこまでも 果てを知らない あなたの心が 幻の夢路をつらぬいて 私をつかんだ時 信じられた 静けさは愛 歓び 高らかに歌おう やせたのら犬たちの遠ぼえが どこまでも 果てを知らない 空の谷間に こだまする
ミスター・ハッピネス五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓私は駆けて来たよ もいちどあなたに会いに こんなに離れていたの ほら胸がおどるよ  ミスターハッピネス 抱きしめておくれ ミスターハッピネス 私はあなたのもの  私に夢はいらない 望みも…あなたのそばで こんなにやさしくなれるなら ほら風もそよぐよ ミスターハッピネス しばらくの間 ミスターハッピネス 私はあなたのもの  こんなに離れていたの ほら胸がおどるよ ミスターハッピネス 抱きしめておくれ ミスターハッピネス 私はあなたのもの
角砂糖五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓あなたがすねて横をむいたから 私のいれた紅茶も冷めてしまった いつもならうれしそうに 角砂糖かぞえるくせに ほんの少し気づかなかっただけ あなたのさびしさに ほんの少し気づかなかっただけで 紅茶は冷めてしまったのね  おもいなおしてカップをよせて 角砂糖紅茶にしずめるあなた けれどもう遅すぎるの 角砂糖はとけはしない ほんの少し前の二人のよう 心がはなれたの ほんの少し前の二人のようだから あなたはすぐに飲みほしたのね 角砂糖くだいて
バラの香り五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓あなたはおぼえてたのね 私と誓ったことを 三年前のことを 二人別れたあとで もしふしあわせなら 紅いバラを 箱に詰めて届けあおうと あの日は はしりすぎたの 出会えた喜びに満ち 互いの暮らし失くした 二人みじかい恋に「おわり」を告げて いつかもいちど はじめられることを祈った  けれど今の私は ひとりじゃないの 眠る恋人 バラの花は 河に流すわ  あなたはおぼえてたのね 私と誓ったことを 三年前のことを
星のきらめく夜は五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓星のきらめく夜は 街に出るのがすきなの 昔なじみの店で 誰かに会えそうだから あなたに抱かれ おどりあかしもしたいわ あの頃あなたは そこでピアノをひいていたっけ  甘くやさしい音色 みんなあなたがすきだった つかれいやしに来たわ 心にひびいたから いつかだれも来なくなり 古くさびれた店にお客は 私ひとりだけ 愛することを その時おぼえていたの 二人で帰った 星のきらめく夜はおもいで 二人で帰った 星のきらめく夜ははじまり
あなただけに五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓私のこの手ににぎらせてほしい ひとすじの愛あなたの心 そのやさしすぎるほどの微笑と めぐりあえたこの時間のなかで 別れの言葉は口にしないで 今は何もふりかえらずに あなただけを想う私で 居たいの  情熱はいつも結ばれぬままに もえつきることも知らず消えてゆく あなたは私があなたのものだと 言えるくらいに夢中にさせて 別れの言葉は口にしないで 今は何もふりかえらずに あなただけを想う私で 居たいの
通り過ぎた日々五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓日向のにおいのする やわらかい髪 長いまつげの下の 青く澄んだ目は生きがい やつれた私の心いやしてくれる あなたとなら 青くひろがる空の 彼方にある 永遠のしあわせ さがしに行ける  ほほえみがこぼれそな あどけない顔 大きな凧を風にのせて 明日へと飛ばそう いつでも私の夢をさらっておくれ あなたとなら 青くひろがる空の 彼方にある 永遠のしあわせ さがしに行ける  あなたとなら 青くひろがる空の 彼方にある 永遠のしあわせ さがしに行ける
巴里の旅情五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓巴里 白い陽ざし 巴里 後姿の街 人の語らうカフェテラス 憂いを秘め 私を誘う  リラ 冬の名残り リラ 春の想って咲く 花いじらしく この胸は酔い さびしさは今 ともしびに  人の語らうカフェテラス 憂いを秘め 私を誘う 花いじらしく この胸は酔い さびしさは今 ともしびに
忘れたくない恋五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓忘れたくない恋だけど 手紙をあなたに綴った 二人の出会いからの話 ポストに入れたら赤くもえた  あんなに熱い心寄せ合って 降りしきる雨の日に二人 さしたひとつの傘も 今はすぼめたままひらかない  銀杏並木が色づいた 季節になると思い出す あなたの最後の姿 足早に歩く靴音  木の葉が散りおちて 雪のように舞い 凍えそうな 冬も 二人しのいだ部屋に もう 灯りさえともらない  あしたは忘れるためのシールで閉じた この手紙があなたに届けば それで一つの恋にさようなら
マイ・ラブ五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓マイ・ラブ 私にそっとおしえて あなたの心を 打ち明けて マイ・ラブ 少しもためらわないで 私はいつでも 受け止めてあげる  ねえ 夕べはどうして急に 小雨がほほを濡らす 街角で 「ひとりにして」と そうつぶやいて さよならも言わず 駆けて行ったの  マイ・ラブ 私にそっとおしえて あなたの心を 打ち明けて マイ・ラブ 少しもためらわないで 私はいつでも 受け止めてあげる  ねえ あれから私は歩いた ネオンが瞼にゆれる 街通り 不機嫌そうな タクシー・ドライヴァー 人と人がすれちがう 誰もがひとり  マイ・ラブ 私にそっとおしえて あなたの心を 打ち明けて マイ・ラブ 少しもためらわないで 私はいつでも 受け止めてあげる  私はいつでも 笑顔を待っている 私はいつでも 愛してるあなたを
おまえ五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓呼べない名前 その名前のいとおしさ おまえは ぷんと横向いた  見えない瞳 その瞳のいとおしさ おまえは 背を向けたまま  会えない昔よ その昔のいとおしさよ あどけなく 笑ってたお前  聞けない言葉 その言葉のいとおしさ “I LOVE YOU”  もう終わりにしよう 小さな喧嘩 おまえは 背を向けたまま  会えない昔よ その昔のい
星くずの街五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓もう戻ろうとしない時間(とき)がある 又 生きようとする明日がある 今私の心にはあなたがいる でも ここにはいない だからもう一度 抱きしめて 私の涙止めさせて  この瞼 閉じて何が見える あの置き去った昨日の夢 今 私の心にはあなたがいる あ~ 背を向けたまま だからもう一度 ふりむいて 冷えたほほをあたためて  もう戻ろうとしない時間(とき)がある 又 生きようとする明日がある 窓の外 星屑の街 誰もがみんな探し求めてる愛 だからもう一度 抱きしめて 私の涙止めさせて
もっと近くに五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓不思議な夢を見た 今日 夜明けに 白い鳩が翔び発った 地球の中へ 光るしぶきが 空に舞いあがり 島と島を結ぶように 虹がかかっていた  それは あなたと私の心 もっと近くに もっと深く あの懐しい瞳(め)の輝きで 見つめあいたい  どうして 涙が流れてくるのか 遠い海に沈む陽を眺めていると いつか幼い日 優しく包まれた 思い出めぐる この地球から 離れないと思ってた  それは あなたと私の出会い だから近くに ためらわずに 同じ夢を見たあの日のように 空を仰ごう  それは あなたと私の未来 まだ 見ぬ星への憧れよりも 今は 今は 愛が欲しい
カフェ・ノワール五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓春になると 沈丁花香り 桜の花園 弥生の空  愛しく思う心は 清らか 愛される気持ちは おだやか  美しいものは 目をさまさせるけど 夢の世界へ 連れてゆく  アン・カフェ・ノワール, シル・ブー・プレ アン・カフェ・ノワール, シル・ブー・プレ  あなた 私 深い眠りに誘う 地球の重力のように  ひきつけられる 抵抗もなく あ~ おちてゆく in Love  この目で あなたを見つめてたいのに 何故か リトルベイビー  アン・カフェ・ノワール, シル・ブー・プレ アン・カフェ・ノワール, シル・ブー・プレ  This is the lovely season This is the lovely season This is the lovely season This is the lovely season  アン・カフェ・ノワール, シル・ブー・プレ アン・カフェ・ノワール, シル・ブー・プレ
そして今は夢五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓あなたを 愛したのは 寂しさからじゃない ただ あの日あの場所で偶然会ったから  出会いがしらの恋 胸のときめくままに おさえきれず 二人 おちていったわ  何てすてきなの まるで 仕組まれた 劇のように そして今は夢  あなたを 泣かせたのは 憎しみからじゃない ただ あの日秘密を偶然知ったから  過ぎた日々のリフレイン 胸の傷つくままに おさえきれず 私、おちていったわ  何て皮肉なの まるで 仕組まれた 劇のように そして今は夢  あなたと 別れるのは 切なさからじゃない ただ この日この時が運命(さだめ)のピリオド  明日からは 二人 時の流れるままに 思い出さえ捨てて 生きてゆけるわ  恋はそれだけの まるで 仕組まれた 劇のように そして今は夢
名もなき道五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓行けども 行けども 果てなき道が この目にうつる  雲は形を変えては 風に流れ 空に在る  どこまでつづく 名もなき道が  ふりむく時間(とき)など ないほどに
国境五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓あなたを思えば なお恋しい 顔も知らない人なのに  この血が叫ぶ あいたいと ひた走る この願い  国境越えて ゆきたい 心のふるさとへ  夢に見つづけた故郷の空 いつか知らない街に来て  やさしき人に めぐり会い 心はいやされた  国境越えて この愛を 伝えたい 今すぐに  この血が叫ぶ あいたいと ひた走る この願い  国境越えて ゆきたい 心のふるさとへ
雨の中の二人五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓そぼ降る小雨の中を 二人はひとつの傘に 濡れないようにと 寄りそい歩くのよ サンダルはいてるわたし 裸足の指先には よけきれない雨 冷たくしみるわ  だからもっとそばに居てほしいのよと 言いたいのだけれど 胸の奥の 愛は何故か 素直になれないの  わたしの涙の理由を あなたは知りたいのね 幸せすぎると優しく言うけれど 今は降るこの雨も いつか止む時が来て あなたも何処の街へと消えるの 恋におちることは夢を見るほどに たやすいものなのね そして誰が あなたの蔭にいようと恐れない  だからもっとそばに居てほしいのよと 言いたいのだけれど 胸の奥の 愛は何故か 素直になれないの
ジェラシー五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓あなたのYシャツの そのほつれたえりを縫ってみたら 見知らぬ アー 巻毛が アー 一本からみついてたわ そうよあなた愛してるわ そんな私につきまとう  ジェラシー なんて やりきれないの ジェラシー 本当に 悲しいわ  心変わりなど アー 覚悟しているわたしでも やっぱり アー 切ない アー 胸さわぎにおそわれるの そうよあなた 自由だわ 私だけのものじゃない  ジェラシー なんて やりきれないの ジェラシー 本当に 悲しいわ  そうよあなた 愛してるわ そんな私につきまとう  ジェラシー なんてやりきれないの ジェラシー 本当に 悲しい  ジェラシー なんてやりきれないの ジェラシー 本当に 悲しい  ジェラシー なんて やりきれないの ジェラシー 本当に 悲しいわ
春・のすたるじい五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓街に春はしぐれて 雨化粧した紫陽花 こんな午後には傘をさし 古いラブソングくちずさみ 石だたみ数え歩けば おもいがけなく 面影優しい いつかのあの人に 出会いそうな路 雨は のすたるじい  街に淡い西陽が 灯る頃には何処に 虹のきれはしある筈と あの人はつぶやいた 恋は別離のかげぼうし 想い出にじむ 心の画布(キャンパス) 昔の恋人 今は絵の中に 雨は のすたるじい 雨は のすたるじい 雨は のすたるじい
永遠の海五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓さんざん 遊ばせてくれた夏の太陽も すっかりくたびれて 憂い浮かべ 秋を呼んで 静かに沈んでゆく  その時水平線には 郷愁の色鮮やかに 季節の終わり告げて せいいっぱいの名残り惜しさをこめていたよ  砂浜に座り ひざをかかえて少年は 海とふたりきり 夏がゆくのを 見送っていた「また来年」と叫び  涙があふれてくる さびしいわけもないのに 命あるものの心は 永遠と云う言葉が好きなのさ  涙があふれてくる さびしいわけもないのに 命あるものの心は 永遠と云う言葉が好きなのさ  その時水平線には 郷愁の色鮮やかに 季節の終わり告げて せいいっぱいの名残り惜しさをこめていたよ
五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓雨が空から 降りてきて トタン屋根を たたいてる 誰か来たよと 揺れている はだか電球 ゆらゆらと  “はいっておいでよ わたしはひとり あなたが来るのを 待ってたの 熱い紅茶でも 飲みながら 語り明かそうよ”  “君のうちはトタン屋根 ぼくの好きな トタン屋根 君がいつも ひとりだから 来たんだよ まわりはみんな かわら屋根 ノックできない かわら屋根”  雨が空から 降りてきて トタン屋根を たたいてる
少女五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓あたたかい 陽のあたる 真冬の縁側に 少女はひとりで ぼんやりと 座ってた  つもった 白い雪が だんだん とけてゆくのを 悲しそうに 見ていたの 夢が 大きな音を たてて 崩れてしまったの  あたたかい 陽のあたる 真冬の縁側に 少女はひとりで いつまでも 座ってた  木枯らしが のぞいてる 垣根のすきまから 少女はいつも 遠くを 見つめてた  かわいい仔犬たちが 年老いてゆくのを 悲しそうに見ていたの 夢が 風の中で 褪せて 消えてしまったの  木枯らしが通り過ぎる 垣根の向こうに 少女はいつか 行くことを知っていた
雨宿り五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓駅のホームで見かけた あなたは昔の恋人 その懐しい横顔 思わず声をかけたわたし あなたは驚いたように 煙草を落としてしまった 砕け散った炎の日々が 束の間によみがえり 見つめ合う  どうしてる今は あれから君は 元気にしてるわ いつだってわたし お茶でも飲もう 少しの時間 電車は 通り過ぎてゆく  あなたはコーヒーカップに 角砂糖ふたつ入れて 今の僕はこんなものさと 笑いながら 髪をかきあげた そう だけど不思議ね あの日別れたことも ただ あまりに若すぎただけだと二人 たがいに許し合える  愛したわ わたし あなたのことを 今は別々の 夢を追うけど めぐり逢いは 素敵なことね 雨宿りするように 二人  愛したわ わたし あなたのことを 今は別々の 夢を追うけど めぐり逢いは 素敵なことね 雨宿りするように 二人
泣かないで五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓泣かないで 僕はいつも 君のそばにいるのさ どんなに遠くに 引き裂かれても 離れていても あなた 私 とても寂しいのと 途切れ 途切れに話す 電話の声 一日だけ あわずにいたから それだけでふしあわせなのかい?  泣かないで 僕はいつも 君のそばにいるのさ どんなに遠くに ひき裂かれても 離れていても あなた もしも 二人 別れるなら 黙ったままで 去ってゆかないでと バカなことさ 臆病になって 明日はかならず会えるさ  言わないで もうそれ以上 愛を試しちゃいけない 女は男に 男は女に 帰るものだから
ハロー、マイ・フレンド五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓ハロー、マイ・フレンド 君にあえてよかった 見知らぬこの港町で 僕はひとりぼっちだった 日暮れの汽笛が空にひびく時 たまらなくさびしくなってはるかな星を見てた  ハロー マイ・フレンド 友よ あの歌をうたおうよ 郷里を思い出す懐かしいあの歌を  ハロー、マイ・フレンド 無口なはずの僕が 何故か君にあってから 話し好きになってたよ ひなびた酒場のカウンターに座り 互いのグラスみつめながら夜明けまで過ごしたね  ハロー、マイ・フレンド 友よ いつか 又 会えたなら その時はきっと 思い出を語ろう  ハロー マイ・フレンド 友よ あの歌をうたおうよ 郷里を思い出す懐かしいあの歌を
時の流れに~鳥になれ~五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓今 時の流れに この手をひたせば 泡のように浮かび来る それは悲しみたち  泣かさない もう二度と くりかえすこともない 大空にとばしてあげよう 優しい想い出たちと  鳥になれ おおらかな つばさをひろげて 雲になれ 旅人のように 自由になれ  今 過ぎた昔は はるかに遠く 夢のように浮かび来る それは希望たち  泣かないさ もう二度と くりかえすこともない 大空に心を馳せて あなたと歩いてゆける  鳥がとぶ おおらかに つばさをひろげて 今 時は流れて歌う 愛こそ すべて  鳥になれ おおらかな つばさをひろげて 雲になれ 旅人のように 自由になれ
五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓高層ビルの群れが 砂漠の中の蜃気楼に見える 都会の朝  がらんとした空に ひびきわたる鳥の声 忘れられた静けさが今よみがえる  空 空 おまえが生きている こんな日は 心も澄む 空 空 夢はまだ失くさないさ  雨があがった路 水たまりには ゆれる街路樹よ 都会の朝  ぽつんとひとつぶ 名残り惜しむしずく 眠っていたざわめきが 今目をさます  空 空 おまえが生きている こんな日は 心も澄む 空 空 愛はまだこの胸に
Wind and Roses五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓Wind and Roses 風に吹かれて Wind and Roses 春も熟して Wind and Roses そのつぼみ めざめ ほころびる バラ  いつしか 私の胸に 飾られた 心のバラよ あなたの 愛が生きている うるわしの花  Wind and Roses ほほえみながら 陽だまりを歩いたあの頃が もう一度 よみがえる季節 あなたは今どこに  Wind and Roses 風にゆられて Wind and Roses 花びらが舞い Wind and Roses 風にさらわれて 散っていった バラ  Wind and Roses 消えた愛の忘れもの それは思い出よ もう二度と 帰らない季節 二人は別れていった  Wind and Roses 泣くのはおよし Wind and Roses 時は移りゆく わたしの 心に咲いている Wind and Roses Forever
密会五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓あなた何故か私 急に疲れてしまった あんなに約束 したけど許して あなた窓の外の 空が恋しい 誰でも一度は 死にたいと思うのでしょうか けれど私にはそれができないの あまりにさびしすぎる話だから あなたを愛していると言いながら 私負けたの  街のネオン灯がにじむ あー目にしみるわ にぎわういつもの 店には寄れない そこにあなたがいる 時計を見るあなたがいる いつまで待っても 来やしない女を思って けれど私はもうひきかえせない あまりに切なすぎる恋だから 生きることは何てたやすくないの こんな夜更けには
残り火五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓雨にうたれて 何故か悲しげな 花は かげろう 秋は 気まぐれ 街の灯りが 蒼くにじむのは 今はもどらぬ あなたのせいよ  だけどわたしは 今ここにある 愛の残り火で 色あせた枯葉を もやしながら 過ぎた日のぬくもり 手さぐりで さがしてる 人は季節におどる迷い子  胸にのこされた 古い傷あとを 抱いて息づく 恋はたそがれ そして春を恋う 寒い涙さえ 今はたよれぬ 行きずりの友  だからわたしは 今もう一度 めぐり来る季節の あら波に 小舟を うかべながら あなたの知らない 誰かに身を寄せ 夢路をたどるの あなたを忘れて  だからわたしは 今もう一度 めぐり来る季節の あら波に 小舟を うかべながら あなたの知らない 誰かに身を寄せ 夢路をたどるの あなたを忘れて
問わず煙草五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓煙草に火をつけてください 見知らぬ あなたよ 問わず語りの寒い心 あたためてほしい あれは三年前のこと 愛しながらも 別れた その人のおもかげ切なく 胸に宿してる  どこにでも ある話だねと あなたはつぶやき そしてまだひとりでいるの?と わたしにきいた さびしさなんて捨てたけど 後追う愛が邪魔して 背を向けりゃ 冷たい女と 呼ばれたわたし  煙草に火をつけるしぐさが あの人に似てる だから思わずなつかしさに 話しかけたのよ 忘れることはたやすいと あなたは けむたそうに言う もう一本 煙草を吸ったら 明日が見えてくるよ  問わず煙草に火をつけりゃ 想い出もただの未練 そうね わたしもばかな事を話したものね
時計五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓好きです あなた 口には出せないけど こんな時 別れ際 何を言えばいいの つらいわ わたし 唇ふるえるばかり コーヒーカップ細い指 何故か重すぎて  路をゆく人は ガラス越しに 二人を見てるわ 羨むように けれども あなたは はねかえすように 袖口の時計を見た  誰なの あなた これから逢いに行く人は ばかね わたしそんなこと ききたくなかったのに さよなら言えば あなたは席を立つから ふいに言ってしまったの 笑うふりをして  しだいに暮れてゆく この街にも やさしく灯るわ水銀灯 けれども あなたは そのぬくもりを わたしには もうくれない  路をゆく人は ガラス越しに 二人を見てるわ 羨むように けれども あなたは はねかえすように 袖口の時計を見た
抱きしめて (愛は夢のように)五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓ささやかな幸せに 酔いしれていた私 いつかは終わる夢と 心で知りながらも  そうよ 私はあなたを死ぬほど 愛してしまったの  だから 抱きしめて 何も言わずに 別れをつげるその前に  運命は残酷ね 愛すれば それだけ 明日は ただひとりの さびしさを知るばかり  あなたなしでも 私は生きるわ 心配しないでね  だから抱きしめて 何も言わずに 涙が涸れて止まるまで  だから 抱きしめて 何も言わずに 別れを告げるその前に
ジグゾーパズル五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓心にもないことを あなたに言ったのよ 「さよなら」だなんて 言える筈ないのに 好きになる程 別れがつらくなるから わざと子供みたいに こわしてしまう さよならなんて言えない  私はあなたを 愛しすぎてることに とまどうだけなの 人生はゲームだと あなたは言うけれど うたがいがあれば 愛は傷つき終わるの いつかあなたに しあわせと言える時まで  私何度泣いても はなれはしない 愛はジグソーパズル 笑いと涙が 背中合わせのままで 私をまどわせる さよならなんて言わない だからもういちど 愛しているよときかせて 私をみつめて 
さよならだけは言わないで五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓別れ雨がわたしの 心を濡らす あなたはもう傘さえ 寄せてくれないのね  あの楽しい日々は 愛のかげぼうし 夢だというの この街の角に春が来ても 明日からは ひとり歩くわたしの前に うしろすがたのあなたが見えるだけ  行かないでひとこと ひざまづいても 心の奥のさびしさ いやせはしないのね  今さよならだけは言わないで そんな言葉を 幸せおきざりにたったひとつ そんな言葉を 二人の愛の思い出にしたくない 今さよならだけは言わないで  あの楽しい日々は 愛のかげぼうし 夢だというの この街の角に春が来ても 明日からは ひとり歩くわたしの前に うしろすがたのあなたがみえるだけ
運命五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓いつか二人で 歩いたこの路に ひとりたたずめば 寄りそう肩先が恋しい  はなればなれで暮らす 日々は運命と 泣かない女でいたいけれど 愛をおぼえた心切なくて あなたに逢いたい 今は春  まぶたとじれば あなたに抱かれてる そう想えるとき 寂しさいくつも越えられた  ほこりまみれの古い アルバムひらく 哀しい女にはなれないわ ひとりで生きることが出来なけりゃ あなたを愛せる筈もない  はなればなれで暮らす 日々は運命と 泣かない女でいたいけれど 愛をおぼえた心切なくて あなたに逢いたい 今は春
恋人よPLATINA LYLIC五輪真弓PLATINA LYLIC五輪真弓五輪真弓五輪真弓枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
リバイバルGOLD LYLIC五輪真弓GOLD LYLIC五輪真弓五輪真弓五輪真弓降りしきる雨の中を 足早に通り過ぎた 夏の日の稲妻のように はかなく消えた二人の恋  アー あれほど激しく燃えた 心が 今は灰色のリバイバル アー くり返すだけの思い出は よみがえらぬ 過去の物語  行きずりの人ならば 忘られもするけれど 涙ぐむラストシーンでは 愛の深さに 気づいていた  アー あれほどやさしかった貴方の 面影が 今は蒼ざめたリバイバル アー くり返すだけの思い出は 明日を知らぬ 過去の物語  アー あれほど激しく燃えた 心が 今は灰色のリバイバル アー くり返すだけの思い出は 明日を知らぬ 過去の物語
熱いさよなら五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓街角のカフェテラス あなたとよく来たものね お似合いのふたりだと 誰からも言われたわ きれいだね いつだって恋のはじめはロマンス ふざけあい抱きしめあった そんな春だった  あー あそび上手なふたりの たわむれ劇とわらってよ 涙は未練をさそい 愛にはぐれさせるだけよ わたしに言って あのやさしさで いつかまた会えればいいねと  楽しげにほほえんだ ふたりの思い出写真 目の前の灰皿で そっともやしましょうね 悲しいね いつだって恋のおわりはブルース のみかわすグラスカクテルも 今はほろにがい  あー あそび上手なふたりの わすれ話とわらってよ いつしか時の流れに なつかしく思い出す日まで あなたにおくる 熱いさよなら いつかまた会えるといいわね  あー あそび上手なふたりの わすれ話とわらってよ いつしか時の流れに なつかしく思い出す日まで あなたとわたし 熱いさよなら いつかまた会えるといいわね
二杯目からのはじまり柏原芳恵柏原芳恵五輪真弓五輪真弓一杯のお酒を飲むだけで 酔った心地になれるのよ あなた 私のこと好きですか 相手になってくれますか たまにはハメをはずすのも いいじゃない 月がまぶしい こんな夜は 何かあったの?と聞くあなた 野暮なことじゃないの  一杯のお酒を飲みながら 話すといいさ 彼のこと 何を言いだすのと驚いて 君はグラスをすべらせた たまにはハメをはずすのも いいじゃない 通りすがりの見知らぬ僕さ うまい酒の飲み方 教えよう 飲んだ分 笑うことさ  たまにハメをはずすのも いいじゃない ばかばかしさが見えてくる そして彼を許したところで 二杯目からがはじまり
そしてさよなら五輪真弓五輪真弓五輪真弓五輪真弓電車の窓越しに あなたの姿を見た 笑いながら誰かと歩いてた ほがらかになったのね あれから知らぬまに あなたの人生を みつけたのね 命がけの恋にやぶれ 涙の海におぼれ そんなあなたに 手をさしのべた人なの さよなら 今はじめて 心から言える さよなら あなたに ほほえみ向けて  どんなに美しい あなたの思い出さえ 捨ててしまうわ もう惜しまずに その恋人のために そうよあなたのために そして私のために 誓うだけ 命がけの恋にやぶれ 涙の海におぼれ そんな私が今 あなたをたたえる さよなら 今はじめて心から言える さよなら もう二度と ふりかえらない さよなら 今はじめて心から言える さよなら あなたに ほほえみ向けて
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ライラック
  3. 366日
  4. キミがいれば
  5. Masterplan

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Masterplan
  2. 相思相愛
  3. Penalty
  4. 笑い話
  5. カリスマジャンボリー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×