試聴する

十九歳の時

この曲の表示回数 5,234
歌手:

五輪真弓


作詞:

五輪真弓


作曲:

五輪真弓


口ぐせはいつもぼくの人生
味気ないより苦いのがすき
そういってあなたは私の耳もとで
砂糖ぬきの珈琲をねだったものね
息をはずませ私をたずねた
あの頃の 十九のあなたは甘えんぼう
十九のあなたは甘えんぼう

口ぐせはいつもぼくの人生
味気ないより苦いのがすき
そういってあなたは 私のくちびるに
コパーブラウンの口紅ぬらせたものね
鏡にむかい なれない手つきで
化粧した 十九の私は はずかしがりや
十九の私は はずかしがりや

口ぐせはいつもぼくの人生
味気ないより苦いのがすき
そういってあなたは私の目の前で
うさばらしの日本酒を あおったものね
テーブルにもたれ ほほえみながらも
うるんでた 十九の瞳はさびしがりや
十九の瞳はさびしがりや
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:十九歳の時 歌手:五輪真弓

五輪真弓の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-12-17
商品番号:SRCL-5643
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP