残り火

五輪真弓

残り火

作詞:五輪真弓
作曲:五輪真弓
発売日:1986/04/21
この曲の表示回数:43,402回

残り火
雨にうたれて 何故か悲しげな
花は かげろう 秋は 気まぐれ
街の灯りが 蒼くにじむのは
今はもどらぬ あなたのせいよ

だけどわたしは 今ここにある
愛の残り火で 色あせた枯葉を
もやしながら
過ぎた日のぬくもり
手さぐりで さがしてる
人は季節におどる迷い子

胸にのこされた 古い傷あとを
抱いて息づく 恋はたそがれ
そして春を恋う 寒い涙さえ
今はたよれぬ 行きずりの友

だからわたしは 今もう一度
めぐり来る季節の あら波に 小舟を
うかべながら
あなたの知らない
誰かに身を寄せ
夢路をたどるの あなたを忘れて

だからわたしは 今もう一度
めぐり来る季節の あら波に 小舟を
うかべながら
あなたの知らない
誰かに身を寄せ
夢路をたどるの あなたを忘れて

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:PM 4:00

  1. うっせぇわ

    Ado

  2. ウィーアー!

    きただにひろし

  3. あわせ鏡

    中島みゆき

  4. BON VOYAGE!

    BON-BON BLANCO

  5. そして想い出

    永六輔

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成