うぐいす

この曲の表示回数 24,220
歌手:

桂銀淑


作詞:

五輪真弓


作曲:

五輪真弓


あれは 遠い冬の物語
落ち葉 木枯しに迷わせて
ふりむかず 行った人
愛だけを 残して
熱い胸の高鳴るままに
冷えた心 あたためあった
二人 二度と帰らないのね
いくら 叫んでも

春のうぐいすが鳴いたならば
雲に流されてゆく想い
あなたさえ 忘れたら
涙など 風に散る
明日 めざめれば 陽が昇り
何処か 知らない街にひとり
あなただけを 忘れるために 旅立つ私

春のうぐいすに 誘われて
いつか 知らない街にひとり
あなただけを忘れるために 旅立つ私
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:うぐいす 歌手:桂銀淑

桂銀淑の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003/09/29
商品番号:TOCT-10940
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP