少女

この曲の表示回数 4,528

あたたかい 陽のあたる
真冬の縁側に
少女はひとりで
ぼんやりと 坐ってた

つもった白い雪が
だんだんとけてゆくのを
悲しそうに見ていたの
夢が大きな音を
たてて崩れてしまったの

あたたかい 陽のあたる
真冬の縁側に
少女はひとりで
いつまでも 坐ってた

木枯らしが のぞいてる
垣根のすきまから
少女はいつも
遠くを 見つめてた

かわいい仔犬たちが
年老いてゆくのを
悲しそうに見ていたの
夢が風の中で
褪せて消えてしまったの

木枯らしが 通り過ぎる
垣根の向こうに
少女はいつか
行くことを 知っていた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:少女 歌手:平川地一丁目

平川地一丁目の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-09-20
商品番号:DFCL-1291
DefSTAR RECORDS

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP