試聴する

忘れたくない恋

この曲の表示回数 6,773
歌手:

五輪真弓


作詞:

五輪真弓


作曲:

五輪真弓


忘れたくない恋だけど
手紙をあなたに綴った
二人の出会いからの話
ポストに入れたら赤くもえた

あんなに熱い心寄せ合って
降りしきる雨の日に二人
さしたひとつの傘も
今はすぼめたままひらかない

銀杏並木が色づいた
季節になると思い出す
あなたの最後の姿
足早に歩く靴音

木の葉が散りおちて
雪のように舞い 凍えそうな
冬も 二人しのいだ部屋に
もう 灯りさえともらない

あしたは忘れるためのシールで閉じた
この手紙があなたに届けば
それで一つの恋にさようなら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:忘れたくない恋 歌手:五輪真弓

五輪真弓の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990/10/21
商品番号:CSCL-1543
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP