さみだれ

この曲の表示回数 11,384
歌手:

冠二郎


作詞:

三浦康照


作曲:

山口ひろし


さみだれに 紫陽花(あじさい)が
濡れてさみしい 石畳
ふたりでさした 相合傘の
落ちるしずくで 黒髪が
乱れた頬を この俺の
肩に埋めた お前はいない

古傷を お互いに
癒(い)やすふたりに なろうよと
一年前に 交した言葉
そんなお前が 好きだった
さみだれだけが 思い出を
胸に炎やして 無情に降るよ

離れゆく ふたりなら
なんで逢わせた あの女(ひと)に
運命に負けて 悔(く)やんでみても
俺につくした ひとときの
お前の愛と 眞心は
消えやしないよ さみだれ慕情
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さみだれ 歌手:冠二郎

冠二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-03-20
商品番号:COCA-17574
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP