湯の町慕情

この曲の表示回数 25,035
歌手:

冠二郎


作詞:

三浦康照


作曲:

市川昭介


うしろ姿の 淋しげな
肩のあたりが お前に似てる
山のいで湯で ゆきずりに
逢って別れた 女の影が
俺の心に しみついて
離れないんだ 湯の町慕情

酒におぼれた 体でも
愛は売らない あなたのものよ
俺にすがって ただ一度
泣いて甘えた 可愛いお前
むせぶ湯の香に しみじみと
思い出すんだ 湯の町慕情

風の便りに また聞いて
ひとり訪ねた いで湯の町よ
逢えばお前を 責めるだろう
俺は逢わずに 綺麗な夢を
じっと心に 抱きしめて
生きてゆくんだ 湯の町慕情
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:湯の町慕情 歌手:冠二郎

冠二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994/08/21
商品番号:COCA-11911
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP