試聴する

木漏れ日

この曲の表示回数 7,507
歌手:

冠二郎


作詞:

三浦康照


作曲:

小野彩


木漏れ日が ふたりを包む
冬の公園ベンチ 誰も乗らないブランコが
風に吹かれて ゆれている
たとえわずかな 陽ざしでも
夢に向って 歩いてゆこう 辛くとも
さんさんと太陽の輝く 幸せの道が かならず待っているよ

木漏れ日に かくれて咲いた
花の命のように 強くこの世を生きようと
熱い心で 誓い合う
愛の陽ざしの 木漏れ日が
今日もふたりを 励ますように 暖かい
さんさんと太陽の輝く 幸せの駅に かならず辿り着くよ

木漏れ日の ぬくもり抱いて
春の陽ざしのように 希望捨てずに耐えながら
生きてゆこうよ 離れずに
逢ったときから 神様が
決めたさだめの ふたりの出逢い 不思議だね
さんさんと太陽の輝く 幸せの道が かならず待っているよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:木漏れ日 歌手:冠二郎

冠二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-03-25
商品番号:COCA-16230
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP