試聴する

孤独の川

この曲の表示回数 14,722
歌手:

冠二郎


作詞:

三浦康照


作曲:

小野彩


友と語らん 春の宵
時代(とき)を忘れて 飲む酒に
酔っても空しさ 募るだけ
どこで死のうと 泣く奴ァいない
心を流れる 孤独の川は
男が選んだ いのちの川よ

愛し愛され お互いに
心を捧げて 儘(つく)しても
別れるさだめの 恋もある
星も見えない 夜空を仰ぎ
この身は孤独に 包まれながら
無情にひびくよ 梵鐘(ぼんしょう)だけが

山のわずかな 湧き水も
岩を噛むよな 激流も
いつかは大きな 川となる
人も同じさ 巷の渦に
もまれて苦しみ 孤独の影と
明日(あした)もこの世を 流れてゆくよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:孤独の川 歌手:冠二郎

冠二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-03-13
商品番号:COCA-16696
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP