彼女と映た夏

この曲の表示回数 7,405
歌手:

山根康広


作詞:

山根康広


作曲:

山根康広


週末になれば決まって二人で
夏の海へ出かけた
夜も明けきれぬ誰もいない
浜辺にはふたつの影だけ

彼女(きみ)はおきまりのすこし度のきつい
眼鏡越しに笑ってみせる
はしゃいだ素振りで彼女の眼鏡を
奪った時のはにかむ瞳

彼女(きみ)と映(み)た夏が蘇る
恋してた夏が鮮やかに
ひとつ年とった今も変わらずに
あの夏が恋しい

海へ抜ける風が腕をすり抜ける
Flash Backに想い出めくって
子供のように陽が沈むまで
夢中でつくった砂の城

彼女(きみ)と映(み)た夏が甦る
恋してた夏が鮮やかに
ひとつ年とった今も変わらずに
あの夏が愛しい

彼女(きみ)と映(み)た夏が蘇る
恋してた夏が鮮やかに
ひとつ年とった今も変わらずに
あの夏が恋しい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:彼女と映た夏 歌手:山根康広

山根康広の新着情報

  • IN THE MIRROR / ♪真夜中のHighway滑るように
  • WALKERS / ♪どうしてだろう歩くことさえ
  • 観覧車 / ♪深夜の遊園地人気もない
  • be-ALIVE / ♪ノイズに乗った無線が響く
  • GOAL LINE / ♪息を切らせて駆け込むホーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-03-18
商品番号:CRCP-20216
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP