雪村いづみの歌詞一覧リスト  75曲中 1-75曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
75曲中 1-75曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛燦燦雨潸潸(さんさん)とこの身に落ちて 僅かばかりの運の悪さを恨んだりして 人は哀しい 哀しいものですね それでも過去達はやさしくマツ毛に憩う 人生って不思議なものですね  風散散(さんざん)とこの身に荒れて 思いどおりにならない夢を失くしたりして 人はかよわい かよわいものですね それでも未来達は人待ち顔して微笑む 人生って嬉しいものですね  愛燦燦(さんさん)とこの身に降って 心ひそかなうれし涙を流したりして 人はかわいい かわいいものですね ああ過去達はやさしくマツ毛に憩う 人生って不思議なものですね  ああ未来達は人待ち顔して微笑む 人生って嬉しいものですね雪村いづみ小椋佳小椋佳雨潸潸(さんさん)とこの身に落ちて 僅かばかりの運の悪さを恨んだりして 人は哀しい 哀しいものですね それでも過去達はやさしくマツ毛に憩う 人生って不思議なものですね  風散散(さんざん)とこの身に荒れて 思いどおりにならない夢を失くしたりして 人はかよわい かよわいものですね それでも未来達は人待ち顔して微笑む 人生って嬉しいものですね  愛燦燦(さんさん)とこの身に降って 心ひそかなうれし涙を流したりして 人はかわいい かわいいものですね ああ過去達はやさしくマツ毛に憩う 人生って不思議なものですね  ああ未来達は人待ち顔して微笑む 人生って嬉しいものですね
アイヌの子守唄フチマクヌチ フンケタパン アウホフウン ポポモコロモコロ アウホフウン アウホロロアウホ ハタハタヤウホ アウホホロロホン  タバネエカッチ エポロヤクン ハタハタアウホ アウホロロアウホ ピリカエカッチネ アンナンコロ アウホロロアウホ アウホロロアウホン  ねんねんころり 子守歌 アウホフウン ねんねんころりころり アウホフウン アウホロロアウホ ハタハタヤウホ アウホホロロホン  ぼうやはよいこ 大きくなれよ ハタハタアウホ アウホロロアウホ じょうやはよいこ めんこくなれよ アウホロロアウホ アウホロロアウホン雪村いづみ訳詞:近藤鋭二郎採譜:近藤鋭二郎フチマクヌチ フンケタパン アウホフウン ポポモコロモコロ アウホフウン アウホロロアウホ ハタハタヤウホ アウホホロロホン  タバネエカッチ エポロヤクン ハタハタアウホ アウホロロアウホ ピリカエカッチネ アンナンコロ アウホロロアウホ アウホロロアウホン  ねんねんころり 子守歌 アウホフウン ねんねんころりころり アウホフウン アウホロロアウホ ハタハタヤウホ アウホホロロホン  ぼうやはよいこ 大きくなれよ ハタハタアウホ アウホロロアウホ じょうやはよいこ めんこくなれよ アウホロロアウホ アウホロロアウホン
愛の真珠貝夢ならすぐにも逢えるかしらと まぶたを閉じれば香る薔薇 あの花 この花 愛の花 みどりの小径頬を寄せ合い お話しましょ唄いましょ  二人で見てさえ悲しいものを 泣かずに一人で見らりょうか あの星 この星 流れ星 蝶々になって飛んでゆきたい 貴方の愛の花蔭に  窓辺にほろほろこぼれる星か 涙はわたしの真珠貝 あの夢 この夢 青春の夢 今宵もそっと愛のともし灯 二人の胸にともしましょ雪村いづみ井田誠一吉田正夢ならすぐにも逢えるかしらと まぶたを閉じれば香る薔薇 あの花 この花 愛の花 みどりの小径頬を寄せ合い お話しましょ唄いましょ  二人で見てさえ悲しいものを 泣かずに一人で見らりょうか あの星 この星 流れ星 蝶々になって飛んでゆきたい 貴方の愛の花蔭に  窓辺にほろほろこぼれる星か 涙はわたしの真珠貝 あの夢 この夢 青春の夢 今宵もそっと愛のともし灯 二人の胸にともしましょ
愛ゆえに……また愛するから 他人でいましょう 雨の道すがら 捨てて行って こなしきれない そう知ってはいても 気楽な人 ずっと演じていた  いつか みんな 終わりが来るわ だから せめて 寄り添うように  愛ゆえに女 恋ゆえに男 素敵なことに ふたりは旅人同士 忘れてみますか 続けてみますか 指を絡めて うつ向く女は 困るでしょ  灰皿の中 ふたつの煙草が 消したはずなのに 漂う日々 ふと見つめ合い 黙る横顔が さびしいから 今も魅かれてゆく  通り雨は 流れる川に そして何もなかったように  悲しみはすべて 燃やしてしまった あとには どんな想いも 残さぬように 何度も生まれて そのたび出逢って 泣いたとしても 私は私を 生きるだけ  愛ゆえに女 恋ゆえに男 素敵なことに ふたりは旅人同士 何度も生まれて そのたび出逢って 心のままに あなたの 名前を呼ぶでしょう雪村いづみ小林和子岸正之また愛するから 他人でいましょう 雨の道すがら 捨てて行って こなしきれない そう知ってはいても 気楽な人 ずっと演じていた  いつか みんな 終わりが来るわ だから せめて 寄り添うように  愛ゆえに女 恋ゆえに男 素敵なことに ふたりは旅人同士 忘れてみますか 続けてみますか 指を絡めて うつ向く女は 困るでしょ  灰皿の中 ふたつの煙草が 消したはずなのに 漂う日々 ふと見つめ合い 黙る横顔が さびしいから 今も魅かれてゆく  通り雨は 流れる川に そして何もなかったように  悲しみはすべて 燃やしてしまった あとには どんな想いも 残さぬように 何度も生まれて そのたび出逢って 泣いたとしても 私は私を 生きるだけ  愛ゆえに女 恋ゆえに男 素敵なことに ふたりは旅人同士 何度も生まれて そのたび出逢って 心のままに あなたの 名前を呼ぶでしょう
愛を届けに…昨日 拾ったカバンの中に 誰かの人生がつまっている こんなささいな出来事が すごく大事な出逢いに思える カバンを届けに カバンを届けに行こうと思う きっと待ちこがれていると思う  人は はずみで何かを落とし み知らぬ街角を通り過ぎる そして 心を落としても だれも 気づかず ふんづけていく 心を届けに 心を届けに 行こうと思う きっと待ちこがれていると思う  夕日 沈んだ 雑踏の中 あなたが落とした 涙を拾い そして 届けに行こうと思う そっと 涙に愛を しのばせ 愛を届けに 愛を届けに行こうと思う きっと待ちこがれていると思う雪村いづみBORO上田正樹昨日 拾ったカバンの中に 誰かの人生がつまっている こんなささいな出来事が すごく大事な出逢いに思える カバンを届けに カバンを届けに行こうと思う きっと待ちこがれていると思う  人は はずみで何かを落とし み知らぬ街角を通り過ぎる そして 心を落としても だれも 気づかず ふんづけていく 心を届けに 心を届けに 行こうと思う きっと待ちこがれていると思う  夕日 沈んだ 雑踏の中 あなたが落とした 涙を拾い そして 届けに行こうと思う そっと 涙に愛を しのばせ 愛を届けに 愛を届けに行こうと思う きっと待ちこがれていると思う
青いカナリヤさみしいカナリヤ わたしのお友達 夢見て歌えよ 青いカナリヤ やさしいあの人が いつも歌ってた 愛の子守歌を 歌いましょうよ かなしい言葉は 小川に捨てよう つらい想い出なら 森に捨てよう  Blue, blue, blue, canary Tweet, tweet, tweet the whole day long. She cries and sighs and tries to tweet, Tweet, tweet to sing a song. Blue, blue, blue, canary Tweet, tweet, tweet the whole day long. She cries and sighs and tries to tweet, Tweet, tweet to sing a song.  やさしいあの人が いつも歌ってた 愛の子守歌を 歌いましょうよ かなしい言葉は 小川に捨てよう つらい想い出なら 森に捨てよう  Blue, blue, blue, canary Tweet, tweet, tweet the whole day long. She cries and sighs and tries to tweet, Tweet, tweet to sing a song. Blue, blue, blue, canary Tweet, tweet, tweet the whole day long. She cries and sighs and tries to tweet, Tweet, tweet to sing a song. Blue canary雪村いづみVincent Fiorino・訳詞:井田誠一Vincent Fiorinoさみしいカナリヤ わたしのお友達 夢見て歌えよ 青いカナリヤ やさしいあの人が いつも歌ってた 愛の子守歌を 歌いましょうよ かなしい言葉は 小川に捨てよう つらい想い出なら 森に捨てよう  Blue, blue, blue, canary Tweet, tweet, tweet the whole day long. She cries and sighs and tries to tweet, Tweet, tweet to sing a song. Blue, blue, blue, canary Tweet, tweet, tweet the whole day long. She cries and sighs and tries to tweet, Tweet, tweet to sing a song.  やさしいあの人が いつも歌ってた 愛の子守歌を 歌いましょうよ かなしい言葉は 小川に捨てよう つらい想い出なら 森に捨てよう  Blue, blue, blue, canary Tweet, tweet, tweet the whole day long. She cries and sighs and tries to tweet, Tweet, tweet to sing a song. Blue, blue, blue, canary Tweet, tweet, tweet the whole day long. She cries and sighs and tries to tweet, Tweet, tweet to sing a song. Blue canary
アマポーラ花、火のように 燃える花 夢、永遠に変らぬ夢 たゞ二人だけの この夢よ、花の香り  Amapola, My pretty little poppy You'r like that lovely flowers So sweet and heavenly Since I found you My heart is wrapped around you And loving you it seems to beat a rhapsody Amapola, the pretty little poppy Must copy its endearing charm from you Amapola, Amapola How I long to hear you say “I love you”  Amapola, My pretty little poppy You'r like that lovely flowers So sweet and heavenly Since I found you My heart is wrapped around you And loving you it seems to beat a rhapsody Amapola, the pretty little poppy Must copy its endearing charm from you Amapola, Amapola How I long to hear you say “I love you”雪村いづみLuis Roldan・訳詞:井田誠一Jose Maria Lacalle花、火のように 燃える花 夢、永遠に変らぬ夢 たゞ二人だけの この夢よ、花の香り  Amapola, My pretty little poppy You'r like that lovely flowers So sweet and heavenly Since I found you My heart is wrapped around you And loving you it seems to beat a rhapsody Amapola, the pretty little poppy Must copy its endearing charm from you Amapola, Amapola How I long to hear you say “I love you”  Amapola, My pretty little poppy You'r like that lovely flowers So sweet and heavenly Since I found you My heart is wrapped around you And loving you it seems to beat a rhapsody Amapola, the pretty little poppy Must copy its endearing charm from you Amapola, Amapola How I long to hear you say “I love you”
ある愛の詩海よりも 美しい愛があるのを おしえてくれたのは あなた この深い愛を 私は唄うの  いつかしら 最初に声かけてくれた あの時あなたは 私の世界に 光といのちを与えた  大きな その不思議な力で 心みたし 愛してくれたの 私はもう こわくない あなたのいる方へ 手を出せば とどくから  もう何も この世で欲しいものはない 美しい愛は 続くの 星が夜空に 燃えつきる時まで  もう何も この世で欲しいものはない 美しい愛は 続くの 星が夜空に 燃えつきる時まで雪村いづみCarl Sigman・訳詞:岩谷時子Francis Lai海よりも 美しい愛があるのを おしえてくれたのは あなた この深い愛を 私は唄うの  いつかしら 最初に声かけてくれた あの時あなたは 私の世界に 光といのちを与えた  大きな その不思議な力で 心みたし 愛してくれたの 私はもう こわくない あなたのいる方へ 手を出せば とどくから  もう何も この世で欲しいものはない 美しい愛は 続くの 星が夜空に 燃えつきる時まで  もう何も この世で欲しいものはない 美しい愛は 続くの 星が夜空に 燃えつきる時まで
一杯のコーヒーから一杯のコーヒーから 夢の花咲くこともある 街のテラスの夕暮れに 二人の夢の灯し火が チラリホラリとつきました  一杯のコーヒーから モカの姫君 ジャバ娘 歌は南のセレナーデ 貴女と二人 ほがらかに 肩を並べて 歌いましょう  一杯のコーヒーから 夢はほのかに香ります 赤い模様のアラベスク あそこの窓のカーテンが ゆらりゆらりと ゆれてます  一杯のコーヒーから 小鳥さえずる春も来る 今宵二人のほろにがさ 角砂糖二つ入れましょうか 月の出ぬ間に 冷えぬ間に雪村いづみ藤浦洸服部良一一杯のコーヒーから 夢の花咲くこともある 街のテラスの夕暮れに 二人の夢の灯し火が チラリホラリとつきました  一杯のコーヒーから モカの姫君 ジャバ娘 歌は南のセレナーデ 貴女と二人 ほがらかに 肩を並べて 歌いましょう  一杯のコーヒーから 夢はほのかに香ります 赤い模様のアラベスク あそこの窓のカーテンが ゆらりゆらりと ゆれてます  一杯のコーヒーから 小鳥さえずる春も来る 今宵二人のほろにがさ 角砂糖二つ入れましょうか 月の出ぬ間に 冷えぬ間に
一本の鉛筆あなたに聞いてもらいたい あなたに呼んでもらいたい あなたに歌ってもらいたい あなたに信じてもらいたい 一本の鉛筆があれば 私はあなたへの愛をかく 一本の鉛筆があれば 戦争はいやだと私は書く  あなたに夢をおくりたい あなたに愛をおくりたい あなたに春をおくりたい あなたに世界をおくりたい 一枚のザラ紙があれば 私は子供が欲しいとかく 一枚のザラ紙があれば 「あなたを返して」と私は書く  一本の鉛筆があれば 八月六日の朝とかく 一本の鉛筆があれば 人間の命と私は書く雪村いづみ松山善三佐藤勝あなたに聞いてもらいたい あなたに呼んでもらいたい あなたに歌ってもらいたい あなたに信じてもらいたい 一本の鉛筆があれば 私はあなたへの愛をかく 一本の鉛筆があれば 戦争はいやだと私は書く  あなたに夢をおくりたい あなたに愛をおくりたい あなたに春をおくりたい あなたに世界をおくりたい 一枚のザラ紙があれば 私は子供が欲しいとかく 一枚のザラ紙があれば 「あなたを返して」と私は書く  一本の鉛筆があれば 八月六日の朝とかく 一本の鉛筆があれば 人間の命と私は書く
歌のある限り歌えば みんなを幸せにできる おまえはいつでも力の限り歌うんだ そうさ歌って みんなに愛をおしえろ やさしいパパから私は いつも言われてた そうさ歌えば みんなを幸せにできる おまえはいつでも力の限り歌うんだ そうさ歌って みんなに愛をおしえろ やさしいパパから私は いつも言われてた  生まれてすぐに ママが死んで パパが私を 育ててくれた 6つの時には 街角で歌い まずしいパパを 助けてあげたわ そうさ歌えば みんなを幸せにできる おまえはいつでも力の限り歌うんだ そうさ歌って みんなに愛をおしえろ やさしいパパから私は いつも言われてた  いつしか自分の バンドを作り 私は歌って 旅をつづけた お金は無くても 幸せだった 大好きなパパの 笑顔をみれば そうさ歌えば みんなを幸せにできる おまえはいつでも力の限り歌うんだ そうさ歌って みんなに愛をおしえろ やさしいパパから私は いつも言われてた  歌こそおまえの 命なんだと 教えてくれた パパも死んだ ふるえる両手に私を抱いて いつもの言葉を つぶやきながら そうさ歌えば みんなを幸せにできる おまえはいつでも力の限り歌うんだ そうさ歌って みんなに愛をおしえろ やさしいパパから私は いつも言われてた......雪村いづみDanny Janssen・Bobby Hart・日本語詞:山川啓介Danny Janssen・Bobby Hart歌えば みんなを幸せにできる おまえはいつでも力の限り歌うんだ そうさ歌って みんなに愛をおしえろ やさしいパパから私は いつも言われてた そうさ歌えば みんなを幸せにできる おまえはいつでも力の限り歌うんだ そうさ歌って みんなに愛をおしえろ やさしいパパから私は いつも言われてた  生まれてすぐに ママが死んで パパが私を 育ててくれた 6つの時には 街角で歌い まずしいパパを 助けてあげたわ そうさ歌えば みんなを幸せにできる おまえはいつでも力の限り歌うんだ そうさ歌って みんなに愛をおしえろ やさしいパパから私は いつも言われてた  いつしか自分の バンドを作り 私は歌って 旅をつづけた お金は無くても 幸せだった 大好きなパパの 笑顔をみれば そうさ歌えば みんなを幸せにできる おまえはいつでも力の限り歌うんだ そうさ歌って みんなに愛をおしえろ やさしいパパから私は いつも言われてた  歌こそおまえの 命なんだと 教えてくれた パパも死んだ ふるえる両手に私を抱いて いつもの言葉を つぶやきながら そうさ歌えば みんなを幸せにできる おまえはいつでも力の限り歌うんだ そうさ歌って みんなに愛をおしえろ やさしいパパから私は いつも言われてた......
オウ・マイ・パパオウ・マイ・パパ 帽子を横ちょに かぶり おどけていた やさしい わたしのあのパパ オウ・マイ・パパ かえらぬパパ  大きな あの手に抱かれて 夢見た 遠いあの日よ  オウ・マイ・パパ 破れた洋服 着ていたパパ 街のピエロ  形見の 帽子を抱きしめ 今日もまた 泣いているよ  Gone are the days When he would take me on his knee And with a smile, He'd change my tears to laughter  Oh! My Papa, So funny, so adorable, Always the clown, So funny in his way Oh! My Papa To me he was so wonderful Deep in my heart I miss him so today  Oh! My Papa! Oh! My Papa!雪村いづみPaul Burkhard・英語訳:John Turner・Geoffrey Parsons・日本語訳:井田誠一Paul Burkhardオウ・マイ・パパ 帽子を横ちょに かぶり おどけていた やさしい わたしのあのパパ オウ・マイ・パパ かえらぬパパ  大きな あの手に抱かれて 夢見た 遠いあの日よ  オウ・マイ・パパ 破れた洋服 着ていたパパ 街のピエロ  形見の 帽子を抱きしめ 今日もまた 泣いているよ  Gone are the days When he would take me on his knee And with a smile, He'd change my tears to laughter  Oh! My Papa, So funny, so adorable, Always the clown, So funny in his way Oh! My Papa To me he was so wonderful Deep in my heart I miss him so today  Oh! My Papa! Oh! My Papa!
踊りあかそう夜明けまでも 踊りながら 話しましょう あなたの手に 抱かれながら 夢をみたい 私の心は軽く 高く空を飛ぶ ふたりだけで 踊りたいの 夜のあけるまで  I could have danced all night I could have danced all night And still have begged for more I could have spread my wings and done a thousand things I've never done before I'll never know what made it so exciting  Why all at once my heart took flight I only know when he began to dance with me I could have danced, danced, danced, all night!雪村いづみAlain Jay Lerner・日本語詞:岩谷時子Frederick Loewe夜明けまでも 踊りながら 話しましょう あなたの手に 抱かれながら 夢をみたい 私の心は軽く 高く空を飛ぶ ふたりだけで 踊りたいの 夜のあけるまで  I could have danced all night I could have danced all night And still have begged for more I could have spread my wings and done a thousand things I've never done before I'll never know what made it so exciting  Why all at once my heart took flight I only know when he began to dance with me I could have danced, danced, danced, all night!
お祭り娘ポンと揚がるはお祭り花火 みんな陽氣に踊りゃんせ さァさ輪になれまるくなれ 月も出た出た えー ほんに可愛いやまるく出た テンツク テレツク ピーヒャラ ヒャラリコ まるく出た  揃いましたよ十七、八が 今日を祭りと着かざって 其処で踊るはどこの娘か こちらお向きよ えー 手振り足つきにくらしい テンツク テレツク ピーヒャラ ヒャラリコ にくらしい  笛はピーヒャララ太鼓はテレツクテン 面白いぞえ 花の蔭 見染められるは嬉しいが 阿波の藍ほど えー 色に変りのないように テンツク テレツク ピーヒャラ ヒャラリコ ないように  花か蝶々か踊り子姿 見せて見られて街々を 浮いて浮かれて一おどり 意気なリズムで えー しゃれたマンボで夜明けまで テンツク テレツク ピーヒャラ ヒャラリコ 夜明けまで雪村いづみ佐伯孝夫吉田正ポンと揚がるはお祭り花火 みんな陽氣に踊りゃんせ さァさ輪になれまるくなれ 月も出た出た えー ほんに可愛いやまるく出た テンツク テレツク ピーヒャラ ヒャラリコ まるく出た  揃いましたよ十七、八が 今日を祭りと着かざって 其処で踊るはどこの娘か こちらお向きよ えー 手振り足つきにくらしい テンツク テレツク ピーヒャラ ヒャラリコ にくらしい  笛はピーヒャララ太鼓はテレツクテン 面白いぞえ 花の蔭 見染められるは嬉しいが 阿波の藍ほど えー 色に変りのないように テンツク テレツク ピーヒャラ ヒャラリコ ないように  花か蝶々か踊り子姿 見せて見られて街々を 浮いて浮かれて一おどり 意気なリズムで えー しゃれたマンボで夜明けまで テンツク テレツク ピーヒャラ ヒャラリコ 夜明けまで
想い出のワルツTill I waltz again with you Let no other hold your charms. If my dreams should all come true You'll be waiting for my arms Till I kiss you once again Keep my love locked in your heart. Darling, I'll return and then We will never have to part.  Though it may break your heart and mine The minute when it's time to go, Remember dear, each word divine That meant I love you so. Till I waltz again with you Just the way we are tonight, I will keep my promise true For you are my guiding light.  Though it may break your heart and mine The minute when it's time to go, Remember dear, each word divine That meant I love you so. Till I waltz again with you Just the way we are tonight, I will keep my promise true For you are my guiding light. For you are my guiding light Till I waltz again with you雪村いづみSidney ProsenSidney ProsenTill I waltz again with you Let no other hold your charms. If my dreams should all come true You'll be waiting for my arms Till I kiss you once again Keep my love locked in your heart. Darling, I'll return and then We will never have to part.  Though it may break your heart and mine The minute when it's time to go, Remember dear, each word divine That meant I love you so. Till I waltz again with you Just the way we are tonight, I will keep my promise true For you are my guiding light.  Though it may break your heart and mine The minute when it's time to go, Remember dear, each word divine That meant I love you so. Till I waltz again with you Just the way we are tonight, I will keep my promise true For you are my guiding light. For you are my guiding light Till I waltz again with you
想い出のワルツ星影青き 想い出の夜 君と踊りし なつかしの夜 面影青き 想い出の窓 燃えるくちづけ 遠き夢かよ また逢うその日を 心に描き 待ちましょう 待ちましょう 赤いバラ 星に捧げて また逢う日まで わたしはひとり あの歌 歌う  Till I waltz again with you Keep my love locked in your heart, Darling, I'll return and then We will never have to part Though it may break your heart and mine The minute when it's time to go, Remember dear, each word devine That meant I love you so Till I waltz again with you Just the way we are tonight, I will keep my promise true For you are my guiding light My life, my life I will keep my promise true Till I waltz again with you雪村いづみS.Prosen・訳詞:井田誠一S.Prosen星影青き 想い出の夜 君と踊りし なつかしの夜 面影青き 想い出の窓 燃えるくちづけ 遠き夢かよ また逢うその日を 心に描き 待ちましょう 待ちましょう 赤いバラ 星に捧げて また逢う日まで わたしはひとり あの歌 歌う  Till I waltz again with you Keep my love locked in your heart, Darling, I'll return and then We will never have to part Though it may break your heart and mine The minute when it's time to go, Remember dear, each word devine That meant I love you so Till I waltz again with you Just the way we are tonight, I will keep my promise true For you are my guiding light My life, my life I will keep my promise true Till I waltz again with you
カモンナ・マイ・ハウスI got an apple and a plum and a candy And a cake and a phonograph, too Just for you!!  家へおいでよ 私のお家へ あなたにあげましょうキャンディ 家へおいでよ 私のお家へ あなたにあげましょう リンゴに すももに あんずはいかが  Come on a my house, my house come on Come on a my house, my house come on Come on a my house, my house あなたにあげましょ 焼肉 ブドウにナツメにケーキ  Come on a my house, my house come on Come on a my house, my house come on 家へおいでよ 私のお家へ あなたにあげましょうキャンディ Come on a my house, my house なんでもかんでも あげましょう  家へおいでよ 私のお家へ あなたにあげましょう 毛皮に手袋 ハンドバッグ ah…  家へおいでよ 私のお家へ あなたにあげましょう ピンクのシャンペン 葉巻はいかが  Come on a my house, my house 気楽にのんびりしなさいよ Come on a my house, my house なんでもかんでもあげましょう あげましょう あげましょう Come on a my house!雪村いづみR.Bagdasarian・W.Saroyan・訳詞:音羽たかしR.Bagdasarian・W.SaroyanI got an apple and a plum and a candy And a cake and a phonograph, too Just for you!!  家へおいでよ 私のお家へ あなたにあげましょうキャンディ 家へおいでよ 私のお家へ あなたにあげましょう リンゴに すももに あんずはいかが  Come on a my house, my house come on Come on a my house, my house come on Come on a my house, my house あなたにあげましょ 焼肉 ブドウにナツメにケーキ  Come on a my house, my house come on Come on a my house, my house come on 家へおいでよ 私のお家へ あなたにあげましょうキャンディ Come on a my house, my house なんでもかんでも あげましょう  家へおいでよ 私のお家へ あなたにあげましょう 毛皮に手袋 ハンドバッグ ah…  家へおいでよ 私のお家へ あなたにあげましょう ピンクのシャンペン 葉巻はいかが  Come on a my house, my house 気楽にのんびりしなさいよ Come on a my house, my house なんでもかんでもあげましょう あげましょう あげましょう Come on a my house!
可愛いい女恋する人から優しくささやかれて うまれて良かったと もう何度思ったでしょう  髪に花飾り微笑む鏡を見て それでも季節(とき)は経ち 気がつくと 一人泣いていた  可愛いい女は 愛が下手だと いつもいつも言い聞かせれば それが私  強がっていても シルクのドレス着ても 恋した瞬間に少女へと引き返してる  今思い出せば出逢った人すべてに 私はいつの日も支えられ 愛されてきた  可愛いい女と いたわりながら いつもいつも涙をふけば それが私  可愛いい女は 愛が下手だと いつもいつも言い聞かせれば それが私雪村いづみ松本一起南こうせつ恋する人から優しくささやかれて うまれて良かったと もう何度思ったでしょう  髪に花飾り微笑む鏡を見て それでも季節(とき)は経ち 気がつくと 一人泣いていた  可愛いい女は 愛が下手だと いつもいつも言い聞かせれば それが私  強がっていても シルクのドレス着ても 恋した瞬間に少女へと引き返してる  今思い出せば出逢った人すべてに 私はいつの日も支えられ 愛されてきた  可愛いい女と いたわりながら いつもいつも涙をふけば それが私  可愛いい女は 愛が下手だと いつもいつも言い聞かせれば それが私
川の流れのように知らず知らず歩いてきた 細く長いこの道 振り返れば 遥か遠く故郷が見える デコボコ道や 曲がりくねった道 地図さえ無いそれもまた人生  ああ 川の流れのように 緩やかに 幾つも時代は過ぎて ああ 川の流れのように とめどなく 空が黄昏に染まるだけ  生きることは旅すること 終わりの無いこの道 愛する人側に連れて 夢探しながら 雨に降られて ぬかるんだ道でも いつかはまた晴れる日がくるから  ああ 川の流れのように 穏やかに この身を任せていたい ああ 川の流れのように いつまでも 青いせせらぎを聞きながら雪村いづみ秋元康見岳章知らず知らず歩いてきた 細く長いこの道 振り返れば 遥か遠く故郷が見える デコボコ道や 曲がりくねった道 地図さえ無いそれもまた人生  ああ 川の流れのように 緩やかに 幾つも時代は過ぎて ああ 川の流れのように とめどなく 空が黄昏に染まるだけ  生きることは旅すること 終わりの無いこの道 愛する人側に連れて 夢探しながら 雨に降られて ぬかるんだ道でも いつかはまた晴れる日がくるから  ああ 川の流れのように 穏やかに この身を任せていたい ああ 川の流れのように いつまでも 青いせせらぎを聞きながら
河のほとりで人の世の流れを その河のほとりで 風にさからい 一人たゝずみ きらめく生命を ときめく愛を 私はみつめる みつめて育つ 愛しあう 求めあう 別れる 憎む 男ってなに 女ってなに 愛しあう 求めあう 別れる 憎む 生きるってなに それが知りたい  人の世のひろがりを その草原に立ち 名もない草の 名もない花の きらめく生命を ときめく愛を 私はみつめる みつめて育つ 愛しあう 求めあう 別れる 憎む 男ってなに 女ってなに 愛しあう 求めあう 別れる 憎む 生きるってなに それが知りたい雪村いづみ永六輔山本直純人の世の流れを その河のほとりで 風にさからい 一人たゝずみ きらめく生命を ときめく愛を 私はみつめる みつめて育つ 愛しあう 求めあう 別れる 憎む 男ってなに 女ってなに 愛しあう 求めあう 別れる 憎む 生きるってなに それが知りたい  人の世のひろがりを その草原に立ち 名もない草の 名もない花の きらめく生命を ときめく愛を 私はみつめる みつめて育つ 愛しあう 求めあう 別れる 憎む 男ってなに 女ってなに 愛しあう 求めあう 別れる 憎む 生きるってなに それが知りたい
君を愛す愛という言葉も むなしいくらい 愛しているのよ 命をかけて 風にゆれる髪も そのほほえみも あなたの何もかも 私は好きよ  愛されているなら 何もこわくない 愛しているときは 夜が恋しい 愛し合うふたりに 過去はいらない 未来を夢みて 生きてゆくのよ  愛しても愛しても それでも足りない 涙があふれるほど 好き 好きなあなた雪村いづみアダモ・日本語詞:永田文夫アダモ愛という言葉も むなしいくらい 愛しているのよ 命をかけて 風にゆれる髪も そのほほえみも あなたの何もかも 私は好きよ  愛されているなら 何もこわくない 愛しているときは 夜が恋しい 愛し合うふたりに 過去はいらない 未来を夢みて 生きてゆくのよ  愛しても愛しても それでも足りない 涙があふれるほど 好き 好きなあなた
銀座カンカン娘あの娘 可愛や カンカン娘 赤いブラウス サンダル履いて 誰を待つやら 銀座の街角 時計眺めて そわそわ ニヤニヤ これが銀座の カンカン娘  雨に降られて カンカン娘 傘もささずに 靴まで脱いで ままよ銀座は わたしのジャングル 虎や狼 こわくはないのよ これが銀座の カンカン娘  指をさされて カンカン娘 ちょいと 啖呵も切りたくなるわ うちがなくても お金がなくても 男なんかにゃ だまされまいのよ これが銀座の カンカン娘  カルピス飲んで カンカン娘 一つグラスに ストローが二本 初恋の味 忘れちゃイヤーよ 顔を見合わせ チューチュー これが銀座の カンカン娘 これが銀座の カンカン娘雪村いづみ佐伯孝夫服部良一あの娘 可愛や カンカン娘 赤いブラウス サンダル履いて 誰を待つやら 銀座の街角 時計眺めて そわそわ ニヤニヤ これが銀座の カンカン娘  雨に降られて カンカン娘 傘もささずに 靴まで脱いで ままよ銀座は わたしのジャングル 虎や狼 こわくはないのよ これが銀座の カンカン娘  指をさされて カンカン娘 ちょいと 啖呵も切りたくなるわ うちがなくても お金がなくても 男なんかにゃ だまされまいのよ これが銀座の カンカン娘  カルピス飲んで カンカン娘 一つグラスに ストローが二本 初恋の味 忘れちゃイヤーよ 顔を見合わせ チューチュー これが銀座の カンカン娘 これが銀座の カンカン娘
銀座マリ空にゃポッカリ白い雲 顔に見えます、亡きママの 街ッ子、陽気で寂しがり 情にゃもろくて一本気 生れつきだよ、銀座マリ いい子の、いい子の銀座マリ  「銀座は全部あたいのもんさ。あのキャデラック、 あれだって、あたいのを貸してやってんだよ。 流行の洋服だって、キモノだって、なんだってみんな デパートやお店にあずけてあるんだから……。 なぜ乗ったり着たりしないかって? 東京ッ子は欲がないのさ。 へゝゝゝゝ、それにこの方が気楽だよ。」  街のたそがれ、降る雨は 幼なじみの銀ねずみ 街ッ子、濡れても濡れぬ振り 涙まぎらす口笛は ママの形見の子守唄 やさしい、やさしい子守唄  つらさ悲しさ吹きとばし 寒い夜ふけも春の顔 街ッ子、江戸ッ子、東京ッ子 たまらないときゃ思い出す ママの形見の子守唄 坊やいい子の子守唄雪村いづみ佐伯孝夫吉田正空にゃポッカリ白い雲 顔に見えます、亡きママの 街ッ子、陽気で寂しがり 情にゃもろくて一本気 生れつきだよ、銀座マリ いい子の、いい子の銀座マリ  「銀座は全部あたいのもんさ。あのキャデラック、 あれだって、あたいのを貸してやってんだよ。 流行の洋服だって、キモノだって、なんだってみんな デパートやお店にあずけてあるんだから……。 なぜ乗ったり着たりしないかって? 東京ッ子は欲がないのさ。 へゝゝゝゝ、それにこの方が気楽だよ。」  街のたそがれ、降る雨は 幼なじみの銀ねずみ 街ッ子、濡れても濡れぬ振り 涙まぎらす口笛は ママの形見の子守唄 やさしい、やさしい子守唄  つらさ悲しさ吹きとばし 寒い夜ふけも春の顔 街ッ子、江戸ッ子、東京ッ子 たまらないときゃ思い出す ママの形見の子守唄 坊やいい子の子守唄
群集私は思い出す あの日を 街の祭りの あの日を あの日あの人が いつの間にか 私のそばへ 押されて来た  ふたりは 人の波間に ただよいながら もまれては 肌をふれあい そして いつかひとつに結ばれた しあわせに酔いしれた 街の祭りよ 汗ばむ指を からませては 踊りくるう ファランドール 恋の踊りよ 強い腕に 抱かれて飛びあがる 喜びにあふれた ふたりだったよ  あなたの ほほえみは この身にしみて 私を酔わせた だけど人の群れは やがて 私から 恋をうばい去った 私は 人の波間に さまたげられて あなたの姿を失い 叫びもまた あなたに とどかない 私は 怒りの涙にぬれて 人の陽気なさげびと 笑いの嵐に 遠くへ連れてゆかれた あなたをくれて あなたをうばい去った 人の群れを 私は呪(のろ)うのだ ラララ…雪村いづみE.Dizeo・訳詞:岩谷時子A.Amato-A.Cabral私は思い出す あの日を 街の祭りの あの日を あの日あの人が いつの間にか 私のそばへ 押されて来た  ふたりは 人の波間に ただよいながら もまれては 肌をふれあい そして いつかひとつに結ばれた しあわせに酔いしれた 街の祭りよ 汗ばむ指を からませては 踊りくるう ファランドール 恋の踊りよ 強い腕に 抱かれて飛びあがる 喜びにあふれた ふたりだったよ  あなたの ほほえみは この身にしみて 私を酔わせた だけど人の群れは やがて 私から 恋をうばい去った 私は 人の波間に さまたげられて あなたの姿を失い 叫びもまた あなたに とどかない 私は 怒りの涙にぬれて 人の陽気なさげびと 笑いの嵐に 遠くへ連れてゆかれた あなたをくれて あなたをうばい去った 人の群れを 私は呪(のろ)うのだ ラララ…
秋桜淡紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽溜りに揺れている 此頃 涙脆くなった母が 庭先でひとつ咳をする 縁側でアルバムを聞いては 私の幼い日の思い出を 何度も同じ話くりかえす ひとりごとみたいに 小さな声で  こんな小春日和の穏やかな日は あなたの優しさが浸みて来る 明日嫁ぐ私に 苦労はしても 笑い話に時が変えるよ 心配いらないと 笑った  あれこれと思い出をたどったら いつの日もひとりではなかったと 今更乍ら わがままな私に 唇かんでいます 明日への荷作りに手を借りて しばらくは楽し気にいたけれど 突然涙こぼし 元気でと 何度も 何度も くりかえす母  ありがとうの言葉をかみしめながら 生きてみます 私なりに こんな小春日和の穏やかな日は もう少しあなたの 子供でいさせてください雪村いづみさだまさしさだまさし淡紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽溜りに揺れている 此頃 涙脆くなった母が 庭先でひとつ咳をする 縁側でアルバムを聞いては 私の幼い日の思い出を 何度も同じ話くりかえす ひとりごとみたいに 小さな声で  こんな小春日和の穏やかな日は あなたの優しさが浸みて来る 明日嫁ぐ私に 苦労はしても 笑い話に時が変えるよ 心配いらないと 笑った  あれこれと思い出をたどったら いつの日もひとりではなかったと 今更乍ら わがままな私に 唇かんでいます 明日への荷作りに手を借りて しばらくは楽し気にいたけれど 突然涙こぼし 元気でと 何度も 何度も くりかえす母  ありがとうの言葉をかみしめながら 生きてみます 私なりに こんな小春日和の穏やかな日は もう少しあなたの 子供でいさせてください
この道のどこかでどこで無くしたのか いつ無くしたのか 思い出せないの 二人でしっかりと 確かめあった 愛なのに あの道も この道も たどりながら戻ってみたけど みつからないの 別れの理由さえも  教えてあなた どこで無くなったの いつから 無くなったの あなたの 私への愛 教えてくれたら 私 どこまでも どこまでも 探しに戻るわ 二人で歩いた道を どうかもう一度 一緒に歩いて 一緒に探して 私たちの愛を……  どこで忘れたのか なぜ忘れたのか 思い出せないの 自分にしっかりと いいきかせてた はずなのに…… はじめてみた時から 私は知っていたと思う 悲しい日が 必ず来ることを  けれども 私止められなかったの あなたが いけないのよ その目をそらさないまま 両手ひろげて じっと いつまでも いつまでも 待ちつづけたから…… 知らなくてもいいのよ 別れの理由なんて こんなに あなたを愛した それだけ それだけで いいの雪村いづみ雪村いづみ甲斐正人どこで無くしたのか いつ無くしたのか 思い出せないの 二人でしっかりと 確かめあった 愛なのに あの道も この道も たどりながら戻ってみたけど みつからないの 別れの理由さえも  教えてあなた どこで無くなったの いつから 無くなったの あなたの 私への愛 教えてくれたら 私 どこまでも どこまでも 探しに戻るわ 二人で歩いた道を どうかもう一度 一緒に歩いて 一緒に探して 私たちの愛を……  どこで忘れたのか なぜ忘れたのか 思い出せないの 自分にしっかりと いいきかせてた はずなのに…… はじめてみた時から 私は知っていたと思う 悲しい日が 必ず来ることを  けれども 私止められなかったの あなたが いけないのよ その目をそらさないまま 両手ひろげて じっと いつまでも いつまでも 待ちつづけたから…… 知らなくてもいいのよ 別れの理由なんて こんなに あなたを愛した それだけ それだけで いいの
酒場にて好きでお酒を飲んじゃいないわ うちにひとり帰るときが怖いあたしよ あのドアを開けてみたってあなたはいない 暗い闇がわたしをまってるだけよ また長い夜をどうして過ごしましょう 愛の香りも消えたあの部屋  どうぞお店が終わるときまで ここにおいて一人だけで飲んでいるから 死ぬこともできずいまでもあなたを想い 今日もひとり酒場でないてる私 また長い夜をどうして過ごしましょう 愛の香りも消えたあの部屋  死ぬこともできずいまでもあなたを想い 今日もひとり酒場でないてる私 また長い夜をどうして過ごしましょう 愛の香りも消えたあの部屋雪村いづみ山上路夫鈴木邦彦好きでお酒を飲んじゃいないわ うちにひとり帰るときが怖いあたしよ あのドアを開けてみたってあなたはいない 暗い闇がわたしをまってるだけよ また長い夜をどうして過ごしましょう 愛の香りも消えたあの部屋  どうぞお店が終わるときまで ここにおいて一人だけで飲んでいるから 死ぬこともできずいまでもあなたを想い 今日もひとり酒場でないてる私 また長い夜をどうして過ごしましょう 愛の香りも消えたあの部屋  死ぬこともできずいまでもあなたを想い 今日もひとり酒場でないてる私 また長い夜をどうして過ごしましょう 愛の香りも消えたあの部屋
サバの女王あなたゆえくるおしく 乱れた私の心よ まどわされ そむかれて とまどう愛のまぼろし 私はあなたの愛の奴隷 命も真心も あげていたいの あなたがいないと 生きる力も 失われてゆく 砂時計  思い出は遠すぎて 涙は今日もほほぬらす 悲しみをつれながら 歩けば 影も重たい 私はあなたの愛の奴隷 たとえ嫌われても 愛してるわ けれどもあなたが 帰る望みは 失われてゆく 砂時計雪村いづみMichel Laurent・訳詞:なかにし礼Michel Laurentあなたゆえくるおしく 乱れた私の心よ まどわされ そむかれて とまどう愛のまぼろし 私はあなたの愛の奴隷 命も真心も あげていたいの あなたがいないと 生きる力も 失われてゆく 砂時計  思い出は遠すぎて 涙は今日もほほぬらす 悲しみをつれながら 歩けば 影も重たい 私はあなたの愛の奴隷 たとえ嫌われても 愛してるわ けれどもあなたが 帰る望みは 失われてゆく 砂時計
サンジャンの恋人アコルディオンの流れに 誘われて いつの間にか サンジャンの人並みに 私は抱かれていた 甘いささやきなら 信じてしまうもの あの腕に抱かれれば 誰だって それっきりよ  あのまなざしに 見つめられた時から もう 私は あの人のものよ  何も考えずに みんなあげてしまった たとえだまされても愛してしまった私 甘いささやきなら 信じてしまうもの あの腕に抱かれれば 誰だって それっきりよ  あの言葉は口先だけの嘘と でも 私はいつも信じたのよ  アコルディオンの流れも みんな誘いの罠だった 初めての恋だから 私は夢中だったのよ 甘いささやきなら 信じてしまうもの あの腕に抱かれれば 誰だって それっきりよ  いいじゃないの あの人のことはもう みんな終わって過ぎたことなのよ みんな終わって過ぎたことなのよ雪村いづみLeon Angelliaume・Emile Carrara・訳詞:山本雅臣Joseph KOSMAアコルディオンの流れに 誘われて いつの間にか サンジャンの人並みに 私は抱かれていた 甘いささやきなら 信じてしまうもの あの腕に抱かれれば 誰だって それっきりよ  あのまなざしに 見つめられた時から もう 私は あの人のものよ  何も考えずに みんなあげてしまった たとえだまされても愛してしまった私 甘いささやきなら 信じてしまうもの あの腕に抱かれれば 誰だって それっきりよ  あの言葉は口先だけの嘘と でも 私はいつも信じたのよ  アコルディオンの流れも みんな誘いの罠だった 初めての恋だから 私は夢中だったのよ 甘いささやきなら 信じてしまうもの あの腕に抱かれれば 誰だって それっきりよ  いいじゃないの あの人のことはもう みんな終わって過ぎたことなのよ みんな終わって過ぎたことなのよ
シェーン/遥かなる山の呼び声青い たそがれ 山が招くよ 呼んでいるよ 広い草原に 陽は落ちて 胸にせまる はてない悩み 山が 呼んでる 夢もあこがれも 山の彼方 暗い草原に ただ一人 馬を飛ばし 何処までゆくのか わたしゃ無宿の 渡り鳥だよ さすらいの はてはいずこ 遠い山の あの呼び声に 今日も 誘われてゆく  There are trails I've never seen And my dreams are getting lean And beyond the sunset There are brand new thrills And a new dream or two May be just one star away I must obey the call of the far away hills雪村いづみMack David・訳詞:井田誠一Victor Young Popular青い たそがれ 山が招くよ 呼んでいるよ 広い草原に 陽は落ちて 胸にせまる はてない悩み 山が 呼んでる 夢もあこがれも 山の彼方 暗い草原に ただ一人 馬を飛ばし 何処までゆくのか わたしゃ無宿の 渡り鳥だよ さすらいの はてはいずこ 遠い山の あの呼び声に 今日も 誘われてゆく  There are trails I've never seen And my dreams are getting lean And beyond the sunset There are brand new thrills And a new dream or two May be just one star away I must obey the call of the far away hills
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
終幕 ~ジ・エンド~舵が壊れた 船のように 僕は嵐にもまれてる 君は車のキイをならして 止める言葉を待っている  空には星がまたたいて 行く君を照らすだろう 愛より重いプライドが 憎しみをもっと凍らせるだろう  僕は粘土で 城を作って 君の乳房に母を見る 君は沈まぬ船を欲しがり 絹の枕が好きと言う  他の誰よりも幸せに するなんて 嘘がつけない 愛より重い約束が いつまでも 心責めつづけるだろう  空には星がまたたいて 淋しさを 照らすだろう 愛より重い歳月が 悲しみのドアを夜毎 叩くだろう雪村いづみ湯川れい子辻畑鉄也舵が壊れた 船のように 僕は嵐にもまれてる 君は車のキイをならして 止める言葉を待っている  空には星がまたたいて 行く君を照らすだろう 愛より重いプライドが 憎しみをもっと凍らせるだろう  僕は粘土で 城を作って 君の乳房に母を見る 君は沈まぬ船を欲しがり 絹の枕が好きと言う  他の誰よりも幸せに するなんて 嘘がつけない 愛より重い約束が いつまでも 心責めつづけるだろう  空には星がまたたいて 淋しさを 照らすだろう 愛より重い歳月が 悲しみのドアを夜毎 叩くだろう
精霊流し去年のあなたの想い出が テープレコーダーからこぼれています あなたのためにお友達も 集まってくれました 二人でこさえたおそろいの 浴衣も今夜は一人で着ます 線香花火が見えますか 空の上から  約束通りに あなたの愛した レコードも一緒に流しましょう そしてあなたの 舟のあとをついてゆきましょう  私の小さな弟が 何も知らずにはしゃぎまわって 精霊流しが華やかに 始まるのです  あの頃あなたがつま弾いた ギターを私が奏いてみました いつの間にさびついた糸で くすり指を切りました あなたの愛した母さんの 今夜の着物は浅黄色 わずかの間に年老いて 寂しそうです  約束通り あなたの嫌いな 涙は見せずに過ごしましょう そして黙って 舟のあとをついてゆきましょう  人ごみの中を縫う様 静かに時間が通り過ぎます あなたと私の人生を かばうみたいに雪村いづみさだまさしさだまさし去年のあなたの想い出が テープレコーダーからこぼれています あなたのためにお友達も 集まってくれました 二人でこさえたおそろいの 浴衣も今夜は一人で着ます 線香花火が見えますか 空の上から  約束通りに あなたの愛した レコードも一緒に流しましょう そしてあなたの 舟のあとをついてゆきましょう  私の小さな弟が 何も知らずにはしゃぎまわって 精霊流しが華やかに 始まるのです  あの頃あなたがつま弾いた ギターを私が奏いてみました いつの間にさびついた糸で くすり指を切りました あなたの愛した母さんの 今夜の着物は浅黄色 わずかの間に年老いて 寂しそうです  約束通り あなたの嫌いな 涙は見せずに過ごしましょう そして黙って 舟のあとをついてゆきましょう  人ごみの中を縫う様 静かに時間が通り過ぎます あなたと私の人生を かばうみたいに
ジャイアンツなつかしテキサスよ 思い出のリオ・グランデ いつもやさしく微笑んで なぐさめと勇気を 与えてくれる 山よ川よ星の光りよ 恋しテキサス あたしのテキサス ふるさとの夢よ  Just like a sleeping GIANT Sprawling in the sun In one great hand the Rio Grande In the other Galveston Where oil wells laugh at Angels And buzzards wheel above This then is Texas, Lone-Star State of Texas This then is Texas, Land I love!  実り豊かな麦畠 幌馬車にゆられて 帰って来たよ 赤い夕日が沈むころ  This then is Texas, Lone-Star State of Texas This then is Texas, Land I love! Land I love!雪村いづみPaul Francis Webster・訳詞:井田誠一Dimitri Tiomkineなつかしテキサスよ 思い出のリオ・グランデ いつもやさしく微笑んで なぐさめと勇気を 与えてくれる 山よ川よ星の光りよ 恋しテキサス あたしのテキサス ふるさとの夢よ  Just like a sleeping GIANT Sprawling in the sun In one great hand the Rio Grande In the other Galveston Where oil wells laugh at Angels And buzzards wheel above This then is Texas, Lone-Star State of Texas This then is Texas, Land I love!  実り豊かな麦畠 幌馬車にゆられて 帰って来たよ 赤い夕日が沈むころ  This then is Texas, Lone-Star State of Texas This then is Texas, Land I love! Land I love!
ジャンケン娘ジャンケンポンよ ジャンケンポン 負けても 泣きっこなしよ  紙は花びら はさみは蝶々 石は野原の お地蔵さん おてんば娘が 三人揃って ジャンケンポンよ アイコでしょ  みんなはさみだ 野原の蝶々 お花畑に ひらひらと おてんば娘が 三人揃って ジャンケンポンよ アイコでしょ  ジャンケンポンよ ジャンケンポン 負けても 泣きっこなしよ  石が出ました お地蔵さんだよ みんなお目々は つぶりましょう おてんば娘が 三人揃って ジャンケンポンよ アイコでしょ  泣いてはしゃいで 怒ってすねて 月が出てくりゃ 仲なおり おてんば娘が 三人揃って ジャンケンポンよ アイコでしょ  ジャンケン娘は 仲良しこよし 何をするにも グウ・チョキ・パァ 三人揃えば 春がくるくる ジャンケンポン雪村いづみ井田誠一松井八郎ジャンケンポンよ ジャンケンポン 負けても 泣きっこなしよ  紙は花びら はさみは蝶々 石は野原の お地蔵さん おてんば娘が 三人揃って ジャンケンポンよ アイコでしょ  みんなはさみだ 野原の蝶々 お花畑に ひらひらと おてんば娘が 三人揃って ジャンケンポンよ アイコでしょ  ジャンケンポンよ ジャンケンポン 負けても 泣きっこなしよ  石が出ました お地蔵さんだよ みんなお目々は つぶりましょう おてんば娘が 三人揃って ジャンケンポンよ アイコでしょ  泣いてはしゃいで 怒ってすねて 月が出てくりゃ 仲なおり おてんば娘が 三人揃って ジャンケンポンよ アイコでしょ  ジャンケン娘は 仲良しこよし 何をするにも グウ・チョキ・パァ 三人揃えば 春がくるくる ジャンケンポン
ジャンバラヤGood-bye Joe, he gotta go, me oh my oh He gotta go-pole the pirogue down the bayou His Yvonne, the sweetest one, me oh my oh Son of a gun, we'll have big fun on the bayou  Jambalaya and crawfish pie and fillet gumbo 'Cause tonight, I'm gonna see my macher amio Pick guitar, fill fruit jar and be gay-o Son of a gun, we'll have big fun on the bayou  Thibodaux, Fontaineaux, the place is buzzin' Kin-folk, come to see Yvonne by the dozen Dress in style they go hog wild, me oh my oh Son of a gun, we'll have big fun on the bayou  Jambalaya and crawfish pie and fillet gumbo 'Cause tonight, I'm gonna see my macher amio Pick guitar, fill fruit jar and be gay-o Son of a gun, we'll have big fun on the bayou  Settle down far from town get him a pirogue And he'll catch all the fish in the bayou Swap his mom' to buy Yvonne what she need-o Son of a gun, we'll have big fun on the bayou  Jambalaya and crawfish pie and fillet gumbo 'Cause tonight, I'm gonna see my macher amio Pick guitar, fill fruit jar and be gay-o Son of a gun, we'll have big fun on the bayou  Jambalaya and crawfish pie and fillet gumbo 'Cause tonight, I'm gonna see my macher amio Pick guitar, fill fruit jar and be gay-o Son of a gun, we'll have big fun Son of a gun, we'll have big fun Son of a gun, we'll have big fun on the bayou雪村いづみHank WilliamsHank WilliamsGood-bye Joe, he gotta go, me oh my oh He gotta go-pole the pirogue down the bayou His Yvonne, the sweetest one, me oh my oh Son of a gun, we'll have big fun on the bayou  Jambalaya and crawfish pie and fillet gumbo 'Cause tonight, I'm gonna see my macher amio Pick guitar, fill fruit jar and be gay-o Son of a gun, we'll have big fun on the bayou  Thibodaux, Fontaineaux, the place is buzzin' Kin-folk, come to see Yvonne by the dozen Dress in style they go hog wild, me oh my oh Son of a gun, we'll have big fun on the bayou  Jambalaya and crawfish pie and fillet gumbo 'Cause tonight, I'm gonna see my macher amio Pick guitar, fill fruit jar and be gay-o Son of a gun, we'll have big fun on the bayou  Settle down far from town get him a pirogue And he'll catch all the fish in the bayou Swap his mom' to buy Yvonne what she need-o Son of a gun, we'll have big fun on the bayou  Jambalaya and crawfish pie and fillet gumbo 'Cause tonight, I'm gonna see my macher amio Pick guitar, fill fruit jar and be gay-o Son of a gun, we'll have big fun on the bayou  Jambalaya and crawfish pie and fillet gumbo 'Cause tonight, I'm gonna see my macher amio Pick guitar, fill fruit jar and be gay-o Son of a gun, we'll have big fun Son of a gun, we'll have big fun Son of a gun, we'll have big fun on the bayou
スワニーI've been away from you a long time I never thought I'd miss you so Somehow I feel, your love is real Near you I long to be The brids are singing, it is song time The banjos strummin soft and low I know that you, yearn for me too Swanee you're calling me  Swanee how I love you, how I love you My dear old Swanee I'd give the world to be Among the folks in D-I-X-I-EVEN know My mammy's waiting for me, praying for me Down by the swanee The folks up north will see me no more When I go to the Swanee shore Swanee, Swanee I am coming back to Swanee Mammy, Mammy I love the old folks at home  Swanee how I love you, how I love you My dear old Swanee I'd give the world to be Among the folks in D-I-X-I-EVEN know My mammy's waiting for me, praying for me Down by the swanee The folks up north will see me no more  When I go to the Swanee When I go to the Swanee When I go to the Swanee shore雪村いづみIrving CaesarGeorge GershwinI've been away from you a long time I never thought I'd miss you so Somehow I feel, your love is real Near you I long to be The brids are singing, it is song time The banjos strummin soft and low I know that you, yearn for me too Swanee you're calling me  Swanee how I love you, how I love you My dear old Swanee I'd give the world to be Among the folks in D-I-X-I-EVEN know My mammy's waiting for me, praying for me Down by the swanee The folks up north will see me no more When I go to the Swanee shore Swanee, Swanee I am coming back to Swanee Mammy, Mammy I love the old folks at home  Swanee how I love you, how I love you My dear old Swanee I'd give the world to be Among the folks in D-I-X-I-EVEN know My mammy's waiting for me, praying for me Down by the swanee The folks up north will see me no more  When I go to the Swanee When I go to the Swanee When I go to the Swanee shore
ズンドコ横丁久しぶりだナー、肩抱きよせりゃ 可愛いエクボが濡れている ここは港のズンドコ酒場 海の男のたまり場所 トコ ズンズンドコたまり場所  ラムにするかな、シャンパン抜こか 唄にしようか踊ろうか 逢いたかったわ おたがいさまさ 飲むぜ今夜は浴びるほど トコ ズンズンドコ浴びるほど  うまいもんだナ、半年ぶりの 陸の空気と云う奴は 苦労忘れのズンドコ節さ はめを外して浮かれるぜ トコ ズンズンドコ浮かれるぜ雪村いづみ宮川哲夫渡久地政信久しぶりだナー、肩抱きよせりゃ 可愛いエクボが濡れている ここは港のズンドコ酒場 海の男のたまり場所 トコ ズンズンドコたまり場所  ラムにするかな、シャンパン抜こか 唄にしようか踊ろうか 逢いたかったわ おたがいさまさ 飲むぜ今夜は浴びるほど トコ ズンズンドコ浴びるほど  うまいもんだナ、半年ぶりの 陸の空気と云う奴は 苦労忘れのズンドコ節さ はめを外して浮かれるぜ トコ ズンズンドコ浮かれるぜ
蘇州夜曲君がみ胸に 抱かれてきくは 夢の船唄 鳥の歌 水の蘇州の 花散る春を 惜しむか やなぎが すすり泣く  花を浮べて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども 今宵うつした 二人の姿 消えて呉れるな いつまでも  髪に飾ろうか 口づけしよか 君が手折りし 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺雪村いづみ西条八十服部良一君がみ胸に 抱かれてきくは 夢の船唄 鳥の歌 水の蘇州の 花散る春を 惜しむか やなぎが すすり泣く  花を浮べて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども 今宵うつした 二人の姿 消えて呉れるな いつまでも  髪に飾ろうか 口づけしよか 君が手折りし 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺
テネシー・ワルツI was waltzing with my darlin' To the Tennessee waltz When an old friend I happened to see, I introduced her to my loved one, And while they were waltzing, My friend stole my sweetheart from me,  さりにし夢 あのテネシー・ワルツ なつかし愛の唄 面影しのんで 今宵もうたう うるわし テネシー・ワルツ  I remember the night and the Tennessee waltz. Now I know just how much I have lost, Yes, I lost my little darlin' The night they were playing The beautiful Tennessee waltz.雪村いづみP.W.King・訳詞:音羽たかしR.StewartI was waltzing with my darlin' To the Tennessee waltz When an old friend I happened to see, I introduced her to my loved one, And while they were waltzing, My friend stole my sweetheart from me,  さりにし夢 あのテネシー・ワルツ なつかし愛の唄 面影しのんで 今宵もうたう うるわし テネシー・ワルツ  I remember the night and the Tennessee waltz. Now I know just how much I have lost, Yes, I lost my little darlin' The night they were playing The beautiful Tennessee waltz.
天使のハンマーだれか私に貸してよハンマー この壁破り いま進むため 平和を祈るあなたと共に 苦しみこえて私も いま 進むため  だれか私に貸してよベルを 力の限りいま鳴らすため 自由を求め斃れた人に かわってそれを私も いま 鳴らすため  だれか私に貸してよ歌を 生きる希望をいま歌うため 涙をふいてさあ立ち上がり 悲しみ忘れ私も いま 歌うため  Well, I got a hammer, and I got a bell, well I got a song to sing all over this land. It's a hammer of justice, it's a bell of freedom, it's a song about love between my brothers and my sisters all over this land.  It's a hammer of justice, it's a bell of freedom, it's a song about love between my brothers and my sisters all over this land.雪村いづみLee Hays・Peter Seeger・訳詞:藤田敏雄Lee Hays・Peter Seegerだれか私に貸してよハンマー この壁破り いま進むため 平和を祈るあなたと共に 苦しみこえて私も いま 進むため  だれか私に貸してよベルを 力の限りいま鳴らすため 自由を求め斃れた人に かわってそれを私も いま 鳴らすため  だれか私に貸してよ歌を 生きる希望をいま歌うため 涙をふいてさあ立ち上がり 悲しみ忘れ私も いま 歌うため  Well, I got a hammer, and I got a bell, well I got a song to sing all over this land. It's a hammer of justice, it's a bell of freedom, it's a song about love between my brothers and my sisters all over this land.  It's a hammer of justice, it's a bell of freedom, it's a song about love between my brothers and my sisters all over this land.
東京ブギウギ東京ブギウギ リズム うきうき 心ずきずき わくわく 海を渡りひびくは 東京ブギウギ ブギのおどりは 世界の踊り 二人の夢のあの歌 口笛吹こう 恋とブギのメロディ 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギ リズムうきうき 心ずきずき わくわく 世紀の歌 心の歌 東京ブギウギ ヘイ  さあさブギウギ 太鼓叩いて 派手に踊ろよ歌およ 君も僕も愉快な東京ブギウギ ブギを踊れば世界は一つ 同じリズムとメロディーよ 手拍子取って歌おう ブギのメロディー 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も星を浴びて 東京ブギウギ リズムうきうき 心ずきずき わくわく  世界の歌 楽しい歌 東京ブギウギ ブギウギようきな歌 東京ブギウギ ブギウギ世紀の歌 歌え東京 ブギウギ  I've got my traveling' bag I'm not intendin' to lag 'Cause I'm head in for my fortune and fame All my cares behind me that won't find me Hoppin' on that evening freight train no more those Worryin' days I'll be Changin' my ways When I'm livin' in my wonderful town All aboard for 'Frisco That's just for me They'll never keep me down雪村いづみ鈴木勝服部良一東京ブギウギ リズム うきうき 心ずきずき わくわく 海を渡りひびくは 東京ブギウギ ブギのおどりは 世界の踊り 二人の夢のあの歌 口笛吹こう 恋とブギのメロディ 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギ リズムうきうき 心ずきずき わくわく 世紀の歌 心の歌 東京ブギウギ ヘイ  さあさブギウギ 太鼓叩いて 派手に踊ろよ歌およ 君も僕も愉快な東京ブギウギ ブギを踊れば世界は一つ 同じリズムとメロディーよ 手拍子取って歌おう ブギのメロディー 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も星を浴びて 東京ブギウギ リズムうきうき 心ずきずき わくわく  世界の歌 楽しい歌 東京ブギウギ ブギウギようきな歌 東京ブギウギ ブギウギ世紀の歌 歌え東京 ブギウギ  I've got my traveling' bag I'm not intendin' to lag 'Cause I'm head in for my fortune and fame All my cares behind me that won't find me Hoppin' on that evening freight train no more those Worryin' days I'll be Changin' my ways When I'm livin' in my wonderful town All aboard for 'Frisco That's just for me They'll never keep me down
東京の屋根の下東京の屋根の下に住む 若い二人はしあわせもの 日比谷は恋のプロムナード 上野は花のアベック なんにもなくてもよい 口笛吹いてゆこうよ 希望の街 あこがれの都 二人の夢の東京  東京の屋根の下に住む 若い二人は歌が好きよ 銀座は宵のセレナーデ 新宿は夜のタンゴ なんにもなくてもよい 青い月の光に ギターを弾き 甘い恋の歌 二人の夢の東京  東京の屋根の下に住む 若い二人はしあわせもの 浅草 夢のパラダイス 映画にレビューにブギウギ なつかし江戸の名残り 神田 日本橋 キャピタル東京 世界のあこがれ 楽しい夢の東京  東京の屋根の下に住む 若い二人はしあわせもの 日比谷は恋のプロムナード 上野は花のアベック なんにもなくてもよい 口笛吹いてゆこうよ 希望の街 あこがれの都 二人の夢の東京雪村いづみ佐伯孝夫服部良一東京の屋根の下に住む 若い二人はしあわせもの 日比谷は恋のプロムナード 上野は花のアベック なんにもなくてもよい 口笛吹いてゆこうよ 希望の街 あこがれの都 二人の夢の東京  東京の屋根の下に住む 若い二人は歌が好きよ 銀座は宵のセレナーデ 新宿は夜のタンゴ なんにもなくてもよい 青い月の光に ギターを弾き 甘い恋の歌 二人の夢の東京  東京の屋根の下に住む 若い二人はしあわせもの 浅草 夢のパラダイス 映画にレビューにブギウギ なつかし江戸の名残り 神田 日本橋 キャピタル東京 世界のあこがれ 楽しい夢の東京  東京の屋根の下に住む 若い二人はしあわせもの 日比谷は恋のプロムナード 上野は花のアベック なんにもなくてもよい 口笛吹いてゆこうよ 希望の街 あこがれの都 二人の夢の東京
ときめく心だけでテーブルの腕時計に ふと せつなくなる 海にまた夕陽が帰る頃  もう何も欲しいものは ない恋だけれど せめてあと5分だけ この寝顔を見ていたい  たとえば真冬の陽だまりのように 抱きしめてあげたい 忙しいあなたに 安らげる場所をあげたい  揺れては消えてくさざ波のように あなたを愛したい ひそやかにときめく心だけでいいの  手を振ってドアを閉めて また ひとりになる 窓の外はいつか 染まりそうな青い闇  何度も何度も流れる涙も 抱きしめてあげたい すれ違う時間も いじわるも何故いとしい  幸せはいつも一番近くに 居ることだけじゃない 間違わずあなたに逢えただけでいいの  その胸その声 その夢……  揺れては生まれるさざ波のように あなたを愛したい 永遠にときめく心だけでいいの 心だけでいいの雪村いづみ鮎川めぐみ和泉常寛テーブルの腕時計に ふと せつなくなる 海にまた夕陽が帰る頃  もう何も欲しいものは ない恋だけれど せめてあと5分だけ この寝顔を見ていたい  たとえば真冬の陽だまりのように 抱きしめてあげたい 忙しいあなたに 安らげる場所をあげたい  揺れては消えてくさざ波のように あなたを愛したい ひそやかにときめく心だけでいいの  手を振ってドアを閉めて また ひとりになる 窓の外はいつか 染まりそうな青い闇  何度も何度も流れる涙も 抱きしめてあげたい すれ違う時間も いじわるも何故いとしい  幸せはいつも一番近くに 居ることだけじゃない 間違わずあなたに逢えただけでいいの  その胸その声 その夢……  揺れては生まれるさざ波のように あなたを愛したい 永遠にときめく心だけでいいの 心だけでいいの
どんなに つらくてもいいの そうなの だってそのほうが いつでも あなたのことを 想っているから  手に手をそえて ほほにほほよせ 夜明けをみた人なのに 恋することを おしえたままで あれきりかえらない人  ほんとに つらくてもいいの 涙が あふれる時は いつでも 私の中に あなたがいるから  他のだれかを 愛するよりも 一人でないていたいの 私なしでは 何もできない かわいい人だったのよ  死ぬことさえも 出来ない私 夢も望みもないけど あなたがどこかで 生きてる限り つらくとも生きて行くわ  あなたがどこかで 生きてる限り つらくとも生きて行くわ ひとり雪村いづみ藤田敏雄中村八大どんなに つらくてもいいの そうなの だってそのほうが いつでも あなたのことを 想っているから  手に手をそえて ほほにほほよせ 夜明けをみた人なのに 恋することを おしえたままで あれきりかえらない人  ほんとに つらくてもいいの 涙が あふれる時は いつでも 私の中に あなたがいるから  他のだれかを 愛するよりも 一人でないていたいの 私なしでは 何もできない かわいい人だったのよ  死ぬことさえも 出来ない私 夢も望みもないけど あなたがどこかで 生きてる限り つらくとも生きて行くわ  あなたがどこかで 生きてる限り つらくとも生きて行くわ ひとり
虹 ~Singer~こんなにも長い間 何故歌って来たのかしら ちいさなしあわせや 伝説の向こう側に 逃げ込むチャンスは いくらもあったのに まだ 歌ってる 控室の窓辺の かすみ草の向こうを あなたの横顔に よく似た思い出が とおり過ぎてゆく 開演のベルが鳴るまで あと 15分  全てを手に入れたり 全て無くしたり あなたまで ひきかえにして 歌い手は 虹のように 悲しみの雨の向こうで 咲くものかしら  I'm a singer 虹になりたい ひとときの主役(ヒロイン) 演じてそして I'm a singer 振り返ったら 幻のように 消え去るもの 誰かのしあわせと 入れ違いに  時々ふとラジオから 先に逝った友達の なつかしい唄が 流れることがある そうね永遠に 歌い続けてる しあわせ? ふしあわせ? 誰に負けてもいいの 自分に負けたくないの だってそれがいつか 思い出に変わった時 目をそむけないで いたいでしよ私はまだ 旅の途中  誰かの心の 扉を叩き続けて 何もかも ひきかえにして 可笑くて哀しくて 美しき人生 さあ 幕が降りる迄  Yes I'm a singer 虹になりたい ひとときの主役(ヒロイン) 演じてそして I'm a singer あなたの空を ひとときでも 私の色に 染められたら それでいい  I'm a singer 虹になりたい ひとときの主役(ヒロイン) 演じてそして I'm a singer 振り返ったら 幻のように 消え去るもの 誰かのしあわせと 入れ違いに雪村いづみさだまさしさだまさしこんなにも長い間 何故歌って来たのかしら ちいさなしあわせや 伝説の向こう側に 逃げ込むチャンスは いくらもあったのに まだ 歌ってる 控室の窓辺の かすみ草の向こうを あなたの横顔に よく似た思い出が とおり過ぎてゆく 開演のベルが鳴るまで あと 15分  全てを手に入れたり 全て無くしたり あなたまで ひきかえにして 歌い手は 虹のように 悲しみの雨の向こうで 咲くものかしら  I'm a singer 虹になりたい ひとときの主役(ヒロイン) 演じてそして I'm a singer 振り返ったら 幻のように 消え去るもの 誰かのしあわせと 入れ違いに  時々ふとラジオから 先に逝った友達の なつかしい唄が 流れることがある そうね永遠に 歌い続けてる しあわせ? ふしあわせ? 誰に負けてもいいの 自分に負けたくないの だってそれがいつか 思い出に変わった時 目をそむけないで いたいでしよ私はまだ 旅の途中  誰かの心の 扉を叩き続けて 何もかも ひきかえにして 可笑くて哀しくて 美しき人生 さあ 幕が降りる迄  Yes I'm a singer 虹になりたい ひとときの主役(ヒロイン) 演じてそして I'm a singer あなたの空を ひとときでも 私の色に 染められたら それでいい  I'm a singer 虹になりたい ひとときの主役(ヒロイン) 演じてそして I'm a singer 振り返ったら 幻のように 消え去るもの 誰かのしあわせと 入れ違いに
ハロー・ドーリーハロー・ドーリー、おかえりドーリー 信じて待っていたのよ あのときから変らずに あたしは待っていたの ほんとよ 夜になるとあの頃の想い出のうたをきいたの コートをぬいでおすわりなさい どうぞ もうどこにも行かないで  Hello, Dolly, well hello, Dolly It's so nice to have you back Where you belong you're looking swell, Dolly We can tell, Dolly You're still glowin', you're still crowin' You're goin' strong We feel the room swayin' For the band's plain' One of your old favorite songs from way back when So take her wrap fellas, Find her an empty lap fellas Dolly'll never go away Dolly'll never go away Dolly'll never go away again!雪村いづみJerry Herman・訳詞:雪村いづみJerry Hermanハロー・ドーリー、おかえりドーリー 信じて待っていたのよ あのときから変らずに あたしは待っていたの ほんとよ 夜になるとあの頃の想い出のうたをきいたの コートをぬいでおすわりなさい どうぞ もうどこにも行かないで  Hello, Dolly, well hello, Dolly It's so nice to have you back Where you belong you're looking swell, Dolly We can tell, Dolly You're still glowin', you're still crowin' You're goin' strong We feel the room swayin' For the band's plain' One of your old favorite songs from way back when So take her wrap fellas, Find her an empty lap fellas Dolly'll never go away Dolly'll never go away Dolly'll never go away again!
バラのルムバ香り高き花の バラを歌ったルムバ 乙女の夢の花 情熱に燃えて咲く 切ないこの胸を きざむリズム ルムバ あやしくも胸はふるえ 心おどる バラのルムバ 清らかな白薔薇は 若き日の淡き夢 恋に生き恋に咲くは 血汐よりも 赤いバラ バラのルムバ 燃えあがる この胸の高鳴りを 抱かれて君と踊る バラのルムバ あゝ なやまし  今宵限りのルムバ 明日は別れの日か 乙女の夢の花 いつまでも胸に秘め また逢う其の日まで 色も香もあせず 胸に咲くこころの花 やさしい花 バラのルムバ雪村いづみ村雨まさを服部良一香り高き花の バラを歌ったルムバ 乙女の夢の花 情熱に燃えて咲く 切ないこの胸を きざむリズム ルムバ あやしくも胸はふるえ 心おどる バラのルムバ 清らかな白薔薇は 若き日の淡き夢 恋に生き恋に咲くは 血汐よりも 赤いバラ バラのルムバ 燃えあがる この胸の高鳴りを 抱かれて君と踊る バラのルムバ あゝ なやまし  今宵限りのルムバ 明日は別れの日か 乙女の夢の花 いつまでも胸に秘め また逢う其の日まで 色も香もあせず 胸に咲くこころの花 やさしい花 バラのルムバ
パダム・パダム生まれた時から 私の心に 昼も真夜中も 聴こえるあの音 時には わけもなく 私を狂わせ 怪しくつきまとう 時には 叫びが遮るあの音  パダム パダム パダム 私を追いかけて パダム パダム パダム 思い出せとささやく パダム パダム パダム 街角にあふれる その日限りの誓いと くちづけの音  恋人のことを思い出せという 胸の傷あとに涙をそそげと 私に刻まれた 喜び悲しみ 昔の足音が奏でる一節 恋の喜劇を  パダム パダム パダム 祭りに口説かれて パダム パダム パダム 約束したけれど パダム パダム パダム 街角にあふれる その日限りの誓いと くちづけの音  おそいくるあの音 つきまとうあの音 苦しみはあとまで 胸に残して心の鼓動 うたうよ雪村いづみH.Contet・訳詞:岩谷時子N.Glanzberg生まれた時から 私の心に 昼も真夜中も 聴こえるあの音 時には わけもなく 私を狂わせ 怪しくつきまとう 時には 叫びが遮るあの音  パダム パダム パダム 私を追いかけて パダム パダム パダム 思い出せとささやく パダム パダム パダム 街角にあふれる その日限りの誓いと くちづけの音  恋人のことを思い出せという 胸の傷あとに涙をそそげと 私に刻まれた 喜び悲しみ 昔の足音が奏でる一節 恋の喜劇を  パダム パダム パダム 祭りに口説かれて パダム パダム パダム 約束したけれど パダム パダム パダム 街角にあふれる その日限りの誓いと くちづけの音  おそいくるあの音 つきまとうあの音 苦しみはあとまで 胸に残して心の鼓動 うたうよ
ひこうき雲白い坂道が空まで続いていた ゆらゆらかげろうが あの子を包む 誰も気づかず ただひとり あの子は昇っていく 何もおそれない、そして舞い上がる  空に憧れて 空をかけてゆく あの子の命はひこうき雲  高いあの窓で あの子は死ぬ前も 空を見ていたの 今はわからない ほかの人には わからない あまりにも若すぎたと ただ思うだけ けれどしあわせ  空に憧れて 空をかけてゆく あの子の命はひこうき雲  空に憧れて 空をかけてゆく あの子の命はひこうき雲  ウー ウー ウー ウー雪村いづみ荒井由実荒井由実白い坂道が空まで続いていた ゆらゆらかげろうが あの子を包む 誰も気づかず ただひとり あの子は昇っていく 何もおそれない、そして舞い上がる  空に憧れて 空をかけてゆく あの子の命はひこうき雲  高いあの窓で あの子は死ぬ前も 空を見ていたの 今はわからない ほかの人には わからない あまりにも若すぎたと ただ思うだけ けれどしあわせ  空に憧れて 空をかけてゆく あの子の命はひこうき雲  空に憧れて 空をかけてゆく あの子の命はひこうき雲  ウー ウー ウー ウー
ピリカピリカピリカ ピリカ タントシリ ピリカ イナンクル ピリカ ヌンケ クスネ ヌンケ クスネ  ピリカ ピリカ きょうはよい日だよ よい子が いるよ その子はだれよ その子はだれよ  ピリカ ピリカ あしたもよい日だよ よい子が くるよ その子はだれよ その子はだれよ雪村いづみアイヌ民謡アイヌ民謡ピリカ ピリカ タントシリ ピリカ イナンクル ピリカ ヌンケ クスネ ヌンケ クスネ  ピリカ ピリカ きょうはよい日だよ よい子が いるよ その子はだれよ その子はだれよ  ピリカ ピリカ あしたもよい日だよ よい子が くるよ その子はだれよ その子はだれよ
不思議な国のアリスALICE IN WONDERLAND How do you get to wonderland? Over the hill or under-land Or just behind the tree  When clouds go rolling by They roll away and leave the sky Where is the land beyond the eye That people can not see Where can it be? Where do stars go? Where is the crescent moon? They must be somewhere in the sunny after-noon  ALICE IN WONDERLAND Where is the path to Wonderland Over the hill or here or there? I wonder where  早く早く教えてよ アリス 不思議な国へゆく細径を 誰も知らぬ誰にも見えない あの国へわたしも行きたいわ アリスよ あの道この道どの道行くの 三日月様も知らぬそな 山を越えて谷川をわたり 雲に乗り何処までゆくのかしら  ALICE IN WONDERLAND How do you get to wonderland? Over the hill or under-land Or just behind the tree ALICE IN WONDERLAND Where is the path to Wonderland Over the hill or here or there? I wonder where雪村いづみ日本語訳:井田誠一Nat Finston・Leo Robin・Dimitri TiomkineALICE IN WONDERLAND How do you get to wonderland? Over the hill or under-land Or just behind the tree  When clouds go rolling by They roll away and leave the sky Where is the land beyond the eye That people can not see Where can it be? Where do stars go? Where is the crescent moon? They must be somewhere in the sunny after-noon  ALICE IN WONDERLAND Where is the path to Wonderland Over the hill or here or there? I wonder where  早く早く教えてよ アリス 不思議な国へゆく細径を 誰も知らぬ誰にも見えない あの国へわたしも行きたいわ アリスよ あの道この道どの道行くの 三日月様も知らぬそな 山を越えて谷川をわたり 雲に乗り何処までゆくのかしら  ALICE IN WONDERLAND How do you get to wonderland? Over the hill or under-land Or just behind the tree ALICE IN WONDERLAND Where is the path to Wonderland Over the hill or here or there? I wonder where
フジヤマ・ママI've been to Nagasaki, Hiroshima too The thing I did to them, baby, I can do to you 'Cause I'm a Fujiyama mama and I'm just about to blow my top. Hyeah! Fujiyama-yama, hoo! Fujiyama And when I start erupting, ain't nobody gonna make me stop  あたしゃ名物 フジヤマ・ママ 雪よりも白い素肌に秘めた 情熱のダイナマイト 思い込んだら ヒャッ! フジヤマ・ヤマ フー! フジヤマ 火山のようにバンと火を噴く 燃えるロック!  Well, you can say I'm crazy. stone deaf and dumb But I can cause destruction just like the atom bomb 'Cause I'm a Fujiyama mama and I'm just about to blow my top. Hyeah! Fujiyama-yama, hyeah! Fujiyama And when I start erupting, ain't nobody gonna make me stop  一度火がつきゃ 誰が何と 言って止めようが 歌って踊って わめいて暴れて 手がつけられない ヒャッ! フジヤマ・ヤマ フー! フジヤマ 雲の上まで上がる炎だ恋だ オール・ライト!  I drank a quart of sake, smoke dynamite I chase it with tobaccey and then shoot out the light 'Cause I'm a Fujiyama mama and I'm just about to blow my top, Hyeah! Fujiyama-yama, hoo!, Fujiyama And when I start erupting, ain't nobody gonna make me stop雪村いづみEarl Burrows・訳詞:井田誠一Earl BurrowsI've been to Nagasaki, Hiroshima too The thing I did to them, baby, I can do to you 'Cause I'm a Fujiyama mama and I'm just about to blow my top. Hyeah! Fujiyama-yama, hoo! Fujiyama And when I start erupting, ain't nobody gonna make me stop  あたしゃ名物 フジヤマ・ママ 雪よりも白い素肌に秘めた 情熱のダイナマイト 思い込んだら ヒャッ! フジヤマ・ヤマ フー! フジヤマ 火山のようにバンと火を噴く 燃えるロック!  Well, you can say I'm crazy. stone deaf and dumb But I can cause destruction just like the atom bomb 'Cause I'm a Fujiyama mama and I'm just about to blow my top. Hyeah! Fujiyama-yama, hyeah! Fujiyama And when I start erupting, ain't nobody gonna make me stop  一度火がつきゃ 誰が何と 言って止めようが 歌って踊って わめいて暴れて 手がつけられない ヒャッ! フジヤマ・ヤマ フー! フジヤマ 雲の上まで上がる炎だ恋だ オール・ライト!  I drank a quart of sake, smoke dynamite I chase it with tobaccey and then shoot out the light 'Cause I'm a Fujiyama mama and I'm just about to blow my top, Hyeah! Fujiyama-yama, hoo!, Fujiyama And when I start erupting, ain't nobody gonna make me stop
ふたつの FALL IN LOVE胸元をなぞるあなたの視線 とても素敵だわ 幾千の時間を越えて 懐かしささえもない  水晶にうつる未来も 傷ついた甘い記憶も 退屈を満たすだけなら 夜空を飾るファンタジー  しあわせと聞かれそうで怖いの 嘘がヘタだから 友達にもひみつにしてた あなたを待ってること  さよならも言わずに消えた あの夜に生まれた星が 今ここに届けてくれた 光に包まれてく  ふたつの FALL IN LOVE 色づいた街角に ならんだ影は あの日の二人じゃない 恋に落ちた他人同士ね  水晶にうつる未来も 傷ついた甘い記憶も 退屈を満たすだけなら 夜空を飾るファンタジー  ふたつの FALL IN LOVE 色づいた街角に ならんだ影は あの日の二人じゃない 恋に落ちた他人同士ね  気まぐれが好きだった 髪も短くしてた あなたがいなくなって初めて ひとりだと気がついた  ふたつの FALL IN LOVE 終わらないこの想い 扉のカギはあなたが持ってるのよ  ふたつの FALL IN LOVE 色づいた街角に ならんだ影は あの日の二人じゃない雪村いづみ竹内マナブ海福知弘胸元をなぞるあなたの視線 とても素敵だわ 幾千の時間を越えて 懐かしささえもない  水晶にうつる未来も 傷ついた甘い記憶も 退屈を満たすだけなら 夜空を飾るファンタジー  しあわせと聞かれそうで怖いの 嘘がヘタだから 友達にもひみつにしてた あなたを待ってること  さよならも言わずに消えた あの夜に生まれた星が 今ここに届けてくれた 光に包まれてく  ふたつの FALL IN LOVE 色づいた街角に ならんだ影は あの日の二人じゃない 恋に落ちた他人同士ね  水晶にうつる未来も 傷ついた甘い記憶も 退屈を満たすだけなら 夜空を飾るファンタジー  ふたつの FALL IN LOVE 色づいた街角に ならんだ影は あの日の二人じゃない 恋に落ちた他人同士ね  気まぐれが好きだった 髪も短くしてた あなたがいなくなって初めて ひとりだと気がついた  ふたつの FALL IN LOVE 終わらないこの想い 扉のカギはあなたが持ってるのよ  ふたつの FALL IN LOVE 色づいた街角に ならんだ影は あの日の二人じゃない
ブルー・クリスマスさみしい今宵ブルー・クリスマス あなたのいないブルー・クリスマス 夢にまで見た今宵は 涙と共に流れ 鈴の音ひびくブルー・クリスマス 一人ぼっちのブルー・クリスマス 遠くはなれてしまったけれど 君にささぐ ブルー・クリスマス  可愛く飾るクリスマス・ツリー 小枝に光る星も 今夜はとっても悲しくて 涙さそう ブルー・クリスマス雪村いづみBilly Hayes・Jay Johnson・訳詞:雪村いづみBilly Hayes・Jay Johnsonさみしい今宵ブルー・クリスマス あなたのいないブルー・クリスマス 夢にまで見た今宵は 涙と共に流れ 鈴の音ひびくブルー・クリスマス 一人ぼっちのブルー・クリスマス 遠くはなれてしまったけれど 君にささぐ ブルー・クリスマス  可愛く飾るクリスマス・ツリー 小枝に光る星も 今夜はとっても悲しくて 涙さそう ブルー・クリスマス
ヘイヘイブギーあなたが ほほえむ時はわたしも楽し あなたが笑えば わたしも笑う ヘイ ヘイ 二人で笑って暮せば ラッキー カムカム センチな歌など 皆んな忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘッヘ ウフッフ オホッホ イヒッヒ シュビドゥビウバシャバダドゥア アッアッアッ  昔から 笑う門には ラッキー カム カム あなたも わたしも 笑って暮そうよ ヘイヘイ ヘイヘイ ヘイヘイ ランパダバドゥアザバダドゥア  あなたが悲しい時は わたしも悲し あなたが張切りゃ わたしも嬉し ヘイ ヘイ 二人で いつも ニコニコ ラッキー カム カム 不平は言わずに 昔忘れて  ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘッヘ ウフッフ オホッホ イヒッヒ シュビドゥビウバシャバダドゥア アッアッアッ  昔から笑う門には ラッキー カム カム あなたも わたしも 笑って暮そうよ ヘイヘイ ヘイヘイ ヘイヘイ ランパダバドゥアザバダドゥア  ランパダバドゥアザバダドゥア雪村いづみ藤浦洸服部良一あなたが ほほえむ時はわたしも楽し あなたが笑えば わたしも笑う ヘイ ヘイ 二人で笑って暮せば ラッキー カムカム センチな歌など 皆んな忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘッヘ ウフッフ オホッホ イヒッヒ シュビドゥビウバシャバダドゥア アッアッアッ  昔から 笑う門には ラッキー カム カム あなたも わたしも 笑って暮そうよ ヘイヘイ ヘイヘイ ヘイヘイ ランパダバドゥアザバダドゥア  あなたが悲しい時は わたしも悲し あなたが張切りゃ わたしも嬉し ヘイ ヘイ 二人で いつも ニコニコ ラッキー カム カム 不平は言わずに 昔忘れて  ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘッヘ ウフッフ オホッホ イヒッヒ シュビドゥビウバシャバダドゥア アッアッアッ  昔から笑う門には ラッキー カム カム あなたも わたしも 笑って暮そうよ ヘイヘイ ヘイヘイ ヘイヘイ ランパダバドゥアザバダドゥア  ランパダバドゥアザバダドゥア
ペチコート作戦ペチコート、ぺチコート、ペチコート作戦 小さな汽車が走って行くよ ポッポー カーブを曲ったホテルまで ピッピー ケートのホテルに御用はナーニ 三人娘がいるからさ ペティー!「フフーン」ビリー!「イエース」ボビー!「ハーイ」 小さな汽車が煙をはいて ポッポー ケートのホテルへ走って行くよ ポッ、ポッポー  窓からふられたピンクのスカーフ ウォーウォー 危険信号そら止れ ウォー ウォー ケートのホテルに御用はナーニ 三人娘がいるからさ ペティー!「フフーン」ビリー「イエース」ボビー「ハーイ」 ピンクムードのおいろけ作戦 ウォー ウォー ウインクされれば動きがとれぬ ポッ、ポッポー  ペチコート、ぺチコート、ペチコート作戦 小さな汽車は必ず止る ヘイ ヘイ 娘が手を振りゃすぐ止る ヘイ ヘイ ケートのホテルに御用はナーニ 三人娘がいるからさ ペティー「フフーン」ビリー「イエース」ボビー「ハーイ」 いきなスタイル すてきなドレス ヘイ ヘイ 声をそろえて ヘイタクシ ポッ ポッポー ペチコート、ぺチコート、ペチコート… … …雪村いづみ志摩亮介山下毅雄ペチコート、ぺチコート、ペチコート作戦 小さな汽車が走って行くよ ポッポー カーブを曲ったホテルまで ピッピー ケートのホテルに御用はナーニ 三人娘がいるからさ ペティー!「フフーン」ビリー!「イエース」ボビー!「ハーイ」 小さな汽車が煙をはいて ポッポー ケートのホテルへ走って行くよ ポッ、ポッポー  窓からふられたピンクのスカーフ ウォーウォー 危険信号そら止れ ウォー ウォー ケートのホテルに御用はナーニ 三人娘がいるからさ ペティー!「フフーン」ビリー「イエース」ボビー「ハーイ」 ピンクムードのおいろけ作戦 ウォー ウォー ウインクされれば動きがとれぬ ポッ、ポッポー  ペチコート、ぺチコート、ペチコート作戦 小さな汽車は必ず止る ヘイ ヘイ 娘が手を振りゃすぐ止る ヘイ ヘイ ケートのホテルに御用はナーニ 三人娘がいるからさ ペティー「フフーン」ビリー「イエース」ボビー「ハーイ」 いきなスタイル すてきなドレス ヘイ ヘイ 声をそろえて ヘイタクシ ポッ ポッポー ペチコート、ぺチコート、ペチコート… … …
誇り高き男誇り高き男 シルバー 暗い荒野(こうや)を ただ一人ゆく 腰の拳銃握りしめ 胸にたぎるは 正義の血汐 無法者よ 容赦はせぬぞ ひとたび火を吐けば 嵐を呼び 血の雨降らす 正義の拳銃だ  誇り高き男 シルバー いとし君に逢うは いつの日か 誇り高き男 シルバー 暗い曠野を ただ一人ゆく雪村いづみJohnny Desmond・Ruth Keddington・訳詞:井田誠一Lionel Newman誇り高き男 シルバー 暗い荒野(こうや)を ただ一人ゆく 腰の拳銃握りしめ 胸にたぎるは 正義の血汐 無法者よ 容赦はせぬぞ ひとたび火を吐けば 嵐を呼び 血の雨降らす 正義の拳銃だ  誇り高き男 シルバー いとし君に逢うは いつの日か 誇り高き男 シルバー 暗い曠野を ただ一人ゆく
真赤な太陽まっかに燃えた 太陽だから 真夏の海は 恋の季節なの 渚をはしる ふたりの髪に せつなくなびく 甘い潮風よ はげしい愛に 灼けた素肌は 燃えるこころ 恋のときめき 忘れず残すため まっかに燃えた 太陽だから 真夏の海は 恋の季節なの  いつかは沈む 太陽だから 涙にぬれた 恋の季節なの 渚に消えた ふたりの恋に 砕ける波が 白く目にしみる くちづけかわし 永遠(とわ)を誓った 愛の孤独 海にながして はげしく身をまかす いつかは沈む 太陽だから 涙にぬれた 恋の季節なの 恋の季節なの 恋の季節なの 恋の季節なの 恋の季節なの雪村いづみ吉岡治原信夫まっかに燃えた 太陽だから 真夏の海は 恋の季節なの 渚をはしる ふたりの髪に せつなくなびく 甘い潮風よ はげしい愛に 灼けた素肌は 燃えるこころ 恋のときめき 忘れず残すため まっかに燃えた 太陽だから 真夏の海は 恋の季節なの  いつかは沈む 太陽だから 涙にぬれた 恋の季節なの 渚に消えた ふたりの恋に 砕ける波が 白く目にしみる くちづけかわし 永遠(とわ)を誓った 愛の孤独 海にながして はげしく身をまかす いつかは沈む 太陽だから 涙にぬれた 恋の季節なの 恋の季節なの 恋の季節なの 恋の季節なの 恋の季節なの
窓辺の天使なぜ 太陽は燃えるの? 立ち並ぶ 摩天楼が 目隠しを するのに……  なぜ唇は歌うの? 途切れない 溜め息が メロディを消すのに  窓の下に 見えるのは 不思議な 劇場(シアター) 人は 迷うために踊る  なぜ サルビアは赤いの? 目を伏せた 一瞬に 枯れ落ちて ゆくのに……  なぜ 恋人に出逢うの? 想い出に 胸はまだ 傷ついて いるのに……  昔 空を飛べた頃に 地上に 撒いた 愛は 夢の中にあるわ  窓の下に 見えるのは 不思議な 劇場(シアター) みんな 捜し物をしてる  空を飛べた頃 地上に 撒いた 愛は 夢の中にあるわ雪村いづみ森雪之丞大森隆志なぜ 太陽は燃えるの? 立ち並ぶ 摩天楼が 目隠しを するのに……  なぜ唇は歌うの? 途切れない 溜め息が メロディを消すのに  窓の下に 見えるのは 不思議な 劇場(シアター) 人は 迷うために踊る  なぜ サルビアは赤いの? 目を伏せた 一瞬に 枯れ落ちて ゆくのに……  なぜ 恋人に出逢うの? 想い出に 胸はまだ 傷ついて いるのに……  昔 空を飛べた頃に 地上に 撒いた 愛は 夢の中にあるわ  窓の下に 見えるのは 不思議な 劇場(シアター) みんな 捜し物をしてる  空を飛べた頃 地上に 撒いた 愛は 夢の中にあるわ
ママは何でも知っているOnce upon a time まだ子供の頃 憧れてた ドラマのアメリカ 白黒の画面には まぶしすぎる優しさと口づけ あふれていた そして夢を知った  いつの日かきっと 私にもきっと 世界一きっと 素敵な未来 訪れる Wo・o・o  ママは何でも知っているの 恋に破れ 初めて泣いた日も 次の彼とけんかした あの時も 黙って話を聞いてくれた Best friend Mama do you remember?  Once upon a time まだ子供の頃 赤いルージュ こっそり試した 好きだった バービードールも やがて ほほえみを忘れて 私だけが 大人になっていた  迷ったり つまづいたり 遠い日の夢は ひとつづつ 消えていったけれど Wo・o・o  ママは何でも知っているの ゆうべ遅く帰った その訳も プロポーズ受けとめた その理由も いつも そっと見つめてくれてた Best friend Mama I'll remember  Mmm あの日 ママが言った そうよ いつの日か きっと この私にも きっと 素敵な未来 訪れる Wo・o・o  ママは何でも知っているの 恋に破れ 初めて泣いた日も 次の彼とけんかしたあの時も 黙って話聞いてくれた Best friend ママは何でも知っているの ゆうべ遅く帰ったその訳も プロポーズ受けとめたその理由も いつも そっと見つめてくれてた Best friend ママは何でも知っているの 恋に破れ 初めて泣いた日も 次の彼とけんかした あの時も 黙って話聞いてくれた Best friend雪村いづみ田口俊ジョーイ・カルボーン、ジェフ・コロザースOnce upon a time まだ子供の頃 憧れてた ドラマのアメリカ 白黒の画面には まぶしすぎる優しさと口づけ あふれていた そして夢を知った  いつの日かきっと 私にもきっと 世界一きっと 素敵な未来 訪れる Wo・o・o  ママは何でも知っているの 恋に破れ 初めて泣いた日も 次の彼とけんかした あの時も 黙って話を聞いてくれた Best friend Mama do you remember?  Once upon a time まだ子供の頃 赤いルージュ こっそり試した 好きだった バービードールも やがて ほほえみを忘れて 私だけが 大人になっていた  迷ったり つまづいたり 遠い日の夢は ひとつづつ 消えていったけれど Wo・o・o  ママは何でも知っているの ゆうべ遅く帰った その訳も プロポーズ受けとめた その理由も いつも そっと見つめてくれてた Best friend Mama I'll remember  Mmm あの日 ママが言った そうよ いつの日か きっと この私にも きっと 素敵な未来 訪れる Wo・o・o  ママは何でも知っているの 恋に破れ 初めて泣いた日も 次の彼とけんかしたあの時も 黙って話聞いてくれた Best friend ママは何でも知っているの ゆうべ遅く帰ったその訳も プロポーズ受けとめたその理由も いつも そっと見つめてくれてた Best friend ママは何でも知っているの 恋に破れ 初めて泣いた日も 次の彼とけんかした あの時も 黙って話聞いてくれた Best friend
マルセリーノの唄お早ようマルセリーノ お目々をさませ お陽さまお空で 笑ってみてる マルセリーノ マルセリーノ 可愛い 天使 1日 おもてで仔馬のように マルセリーノ マルセリーノ はしっておいで  やさしい12人の 父さんたちが ピレネのお山で 見守る中で マルセリーノ マルセリーノ いたずら坊や かえるも みみずも はたらきばちも マルセリーノ マルセリーノ みんな友達  野原に夕べの 鐘が渡ると お空をみあげて 母さんを呼ぶ マルセリーノ マルセリーノ まつげがぬれた おやすみマルセリーノ 夢をみながら マルセリーノ マルセリーノ 神さまの手に雪村いづみSorozabal Mariezcurrena Pablo・Sanchez Silva Garcia Morales Jose Maria・Sorozabal Serrano Pablo・訳詞:相田裕美Sorozabal Mariezcurrena Pabloお早ようマルセリーノ お目々をさませ お陽さまお空で 笑ってみてる マルセリーノ マルセリーノ 可愛い 天使 1日 おもてで仔馬のように マルセリーノ マルセリーノ はしっておいで  やさしい12人の 父さんたちが ピレネのお山で 見守る中で マルセリーノ マルセリーノ いたずら坊や かえるも みみずも はたらきばちも マルセリーノ マルセリーノ みんな友達  野原に夕べの 鐘が渡ると お空をみあげて 母さんを呼ぶ マルセリーノ マルセリーノ まつげがぬれた おやすみマルセリーノ 夢をみながら マルセリーノ マルセリーノ 神さまの手に
みんな年頃旅役者バスに揺られて 峠を越えりゃ 夕焼雲が 呼んでいる わたしゃ年頃 旅役者 しみじみと 大きな胸に すがりつき 泣きたいような 雲の色 今日の泊りは いで湯の小屋か おどけちゃいるが あの人も 涙ぐんでた 舞台裏 日が沈みゃ 遠くの山が 呼ぶような 何処かでパパが呼ぶような  みんな年頃 旅役者 いつまでも やさしく心寄せ合って 笑ってゆこよ 峠道雪村いづみ井田誠一吉田正バスに揺られて 峠を越えりゃ 夕焼雲が 呼んでいる わたしゃ年頃 旅役者 しみじみと 大きな胸に すがりつき 泣きたいような 雲の色 今日の泊りは いで湯の小屋か おどけちゃいるが あの人も 涙ぐんでた 舞台裏 日が沈みゃ 遠くの山が 呼ぶような 何処かでパパが呼ぶような  みんな年頃 旅役者 いつまでも やさしく心寄せ合って 笑ってゆこよ 峠道
昔のあなた思いがけずこんなとこで 二人逢うなんて あまり急で何を私 言えばいいのでしょう 若い時のあなたと 同じままの笑顔で 立っていたの私の前に 懐しい人 あの頃はこの径を 二人歩いたもの 月影は変わらない まるであの日のよう 何も言わず歩きましょう 肩を寄せ合って この並木が終るとこまで あなたと二人  思い出すわ若い愛に 生きていた頃を まるで急に遠い夜に 戻ったみたいよ だけど今は互いに 違う人を愛して 別の道を そうよ二人は歩いているの 時はなぜ流れるの 二度と帰らないの 月影は変わらない 今日もあの日のまま 何も言わず歩きましょう せめてひとときを この並木が終るとこまで あなたと二人雪村いづみ山上路夫服部良一思いがけずこんなとこで 二人逢うなんて あまり急で何を私 言えばいいのでしょう 若い時のあなたと 同じままの笑顔で 立っていたの私の前に 懐しい人 あの頃はこの径を 二人歩いたもの 月影は変わらない まるであの日のよう 何も言わず歩きましょう 肩を寄せ合って この並木が終るとこまで あなたと二人  思い出すわ若い愛に 生きていた頃を まるで急に遠い夜に 戻ったみたいよ だけど今は互いに 違う人を愛して 別の道を そうよ二人は歩いているの 時はなぜ流れるの 二度と帰らないの 月影は変わらない 今日もあの日のまま 何も言わず歩きましょう せめてひとときを この並木が終るとこまで あなたと二人
娘ギター弾き娘十八ギター弾き 抱いたギターはむせんでも わたしは巷の人気者 泣き顔見せずに唄いましょ 酒場のお客がソッポ向きゃ きれいなマダムが眼でにらむ  兄をたずねてギター弾き 靴のかかとをすりへらし 裏街流せどいつ逢える ギターを夜霧がまた濡らす そろそろ帰ろか終電車 兄さんの写真が待っている  チロルハットのギター弾き いつかくるくる幸福を 夢見て暮しているお部屋 兄さん帰っているかしら 細露路曲って見上げれば 今夜も悲しい暗い窓雪村いづみ佐伯孝夫吉田正娘十八ギター弾き 抱いたギターはむせんでも わたしは巷の人気者 泣き顔見せずに唄いましょ 酒場のお客がソッポ向きゃ きれいなマダムが眼でにらむ  兄をたずねてギター弾き 靴のかかとをすりへらし 裏街流せどいつ逢える ギターを夜霧がまた濡らす そろそろ帰ろか終電車 兄さんの写真が待っている  チロルハットのギター弾き いつかくるくる幸福を 夢見て暮しているお部屋 兄さん帰っているかしら 細露路曲って見上げれば 今夜も悲しい暗い窓
娘サンドイッチマントンガリ帽子の鈴鳴らし 水玉模様のピエロ服 おどけおどけて街ゆけば そっと柳が肩撫でる 花のさかりをサンドイッチマン いろんな訳もありますが みなさん何ンにも聞かないで 読んで下さいプラカード  トンガリ帽子の金の鈴 夕陽が赤くも泣くじゃない 泣いていいのは夢の中 元気お出しよ街の角 今日で三日目サンドイッチマン 嘆いてなんかおりません みなさんわたしを見るよりは 読んで下さいプラカード  トンガリ帽子の鈴鳴らし あの街この街並木道 おどけ疲れて見上げれば 母の眼の様な月が出る 可愛いピエロのサンドイッチマン 笑った顔の泣きぼくろ みなさん覗いてさがさずに 読んで下さいプラカード雪村いづみ佐伯孝夫吉田正トンガリ帽子の鈴鳴らし 水玉模様のピエロ服 おどけおどけて街ゆけば そっと柳が肩撫でる 花のさかりをサンドイッチマン いろんな訳もありますが みなさん何ンにも聞かないで 読んで下さいプラカード  トンガリ帽子の金の鈴 夕陽が赤くも泣くじゃない 泣いていいのは夢の中 元気お出しよ街の角 今日で三日目サンドイッチマン 嘆いてなんかおりません みなさんわたしを見るよりは 読んで下さいプラカード  トンガリ帽子の鈴鳴らし あの街この街並木道 おどけ疲れて見上げれば 母の眼の様な月が出る 可愛いピエロのサンドイッチマン 笑った顔の泣きぼくろ みなさん覗いてさがさずに 読んで下さいプラカード
胸の振子柳につばめは あなたに わたし 胸の振子が 鳴る鳴る 朝から 今日も なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたに わたし 胸の振子が 鳴る鳴る 朝から 今日も  なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたに わたし 胸の振子が 鳴る鳴る 朝から 今日も  煙草のけむりも もつれる思い 胸の振子が つぶやく やさしき その名 君のあかるい 笑顔浮べ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれる思い 胸の振子が つぶやく やさしき その名雪村いづみサトウ・ハチロー服部良一柳につばめは あなたに わたし 胸の振子が 鳴る鳴る 朝から 今日も なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたに わたし 胸の振子が 鳴る鳴る 朝から 今日も  なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたに わたし 胸の振子が 鳴る鳴る 朝から 今日も  煙草のけむりも もつれる思い 胸の振子が つぶやく やさしき その名 君のあかるい 笑顔浮べ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれる思い 胸の振子が つぶやく やさしき その名
約束その日、僕が石蹴りしてると パパが家から 出てきて云った 坊や 急いで帰って来るんだ ママがおまえに 会いたいそうだよ  僕はパパに小声で尋ねた 「そいじゃ。ママはもう死んじゃうの」 するとパパは静かに云った 「そうだ 坊や ママは死ぬんだ」  「だけど 坊や 泣くんじゃないぞ みんな誰でもいつかは死ぬんだ 坊や 判るな お前は男だ 歯を喰いしばり耐えて行くんだ どんな時でも 弱音をはくな 男らしくやるんだ 頼むぞ いいか 坊や 約束してくれ」 ぼくはパパに約束をした  僕が走って帰ると ママは白い顔して ベッドに寝てたが 僕にやさしく笑ってみせた 「坊や 元気で 大きくなるのよ」  僕も ママに笑って見せた だけど僕は見たんだ その時 ママの瞳に浮かんだ涙を ママは ママは 泣いているんだ そうさ ママは考えてるんだ 僕の事を心配してんだ 自分が死ぬということよりも 僕の事だけを考えてるんだ 僕は思わず神に祈った どうかママを助けておくれよ ママが死んだら 僕も死んじゃう どうかママを殺さないでよ どうか神さま お願い神さま どんな事でも 僕はするから 夜 寝る前に 歯を磨くから 御飯の前に 手を洗うから  だけど ママは その夜おそく そっと淋しく この世を去った ずっと 僕の手を握りしめ 涙 浮べて この世を去った  無理サ 無理だよ パパ 泣くなって云ったって だめサ そんなの そんなの絶対だめだよ だって…だって… ママが死んだんだ…  僕は泣いた やっぱり泣いた!  だけど僕は 僕は男さ その明くる年あの戦争で パパが死んだと 聞いた時は 僕は その時 涙を堪えた 僕は その時 約束守った…………雪村いづみ藤田敏雄前田憲男その日、僕が石蹴りしてると パパが家から 出てきて云った 坊や 急いで帰って来るんだ ママがおまえに 会いたいそうだよ  僕はパパに小声で尋ねた 「そいじゃ。ママはもう死んじゃうの」 するとパパは静かに云った 「そうだ 坊や ママは死ぬんだ」  「だけど 坊や 泣くんじゃないぞ みんな誰でもいつかは死ぬんだ 坊や 判るな お前は男だ 歯を喰いしばり耐えて行くんだ どんな時でも 弱音をはくな 男らしくやるんだ 頼むぞ いいか 坊や 約束してくれ」 ぼくはパパに約束をした  僕が走って帰ると ママは白い顔して ベッドに寝てたが 僕にやさしく笑ってみせた 「坊や 元気で 大きくなるのよ」  僕も ママに笑って見せた だけど僕は見たんだ その時 ママの瞳に浮かんだ涙を ママは ママは 泣いているんだ そうさ ママは考えてるんだ 僕の事を心配してんだ 自分が死ぬということよりも 僕の事だけを考えてるんだ 僕は思わず神に祈った どうかママを助けておくれよ ママが死んだら 僕も死んじゃう どうかママを殺さないでよ どうか神さま お願い神さま どんな事でも 僕はするから 夜 寝る前に 歯を磨くから 御飯の前に 手を洗うから  だけど ママは その夜おそく そっと淋しく この世を去った ずっと 僕の手を握りしめ 涙 浮べて この世を去った  無理サ 無理だよ パパ 泣くなって云ったって だめサ そんなの そんなの絶対だめだよ だって…だって… ママが死んだんだ…  僕は泣いた やっぱり泣いた!  だけど僕は 僕は男さ その明くる年あの戦争で パパが死んだと 聞いた時は 僕は その時 涙を堪えた 僕は その時 約束守った…………
やさしく歌って「ただ、なんとなく来てみたのよ みんながとってもすてきだって云うから。 暗い舞台(ステージ)の上の見知らぬ歌い手 あの人の歌が私の胸を やさしくひきさくの 死にそうよ…… だって 私の心をそのまんまに あの人は唄うんだもの」  I heard he sang a good song, I heard he had a style and so I came to see him and listen for a while. And there he was this young boy, a stranger to my eyes...  Strumming my pain with his fingers, singing my life with his words, killing me softly with his song, killing me softly with his song, telling my whole life with his words, killing me softly with his song.  I felt all flushed with fever, embarassed by the crowd. I felt he found my letters and read each one out loud. I prayed, that he would finish, but he just kept right on...  Strumming my pain with his fingers, singing my life with his words, killing me softly with his song, killing me softly with his song, telling my whole life with his words, killing me softly with his song.  He sang as if he knew me in all my dark despair and then he looked right through me, as if I wasn't there. and he just kept on singing singing clear and strong...  Strumming my pain with his fingers, singing my life with his words, killing me softly with his song, killing me softly with his song, telling my whole life with his words, killing me softly with his song.雪村いづみNorman GimbelCharles Fox「ただ、なんとなく来てみたのよ みんながとってもすてきだって云うから。 暗い舞台(ステージ)の上の見知らぬ歌い手 あの人の歌が私の胸を やさしくひきさくの 死にそうよ…… だって 私の心をそのまんまに あの人は唄うんだもの」  I heard he sang a good song, I heard he had a style and so I came to see him and listen for a while. And there he was this young boy, a stranger to my eyes...  Strumming my pain with his fingers, singing my life with his words, killing me softly with his song, killing me softly with his song, telling my whole life with his words, killing me softly with his song.  I felt all flushed with fever, embarassed by the crowd. I felt he found my letters and read each one out loud. I prayed, that he would finish, but he just kept right on...  Strumming my pain with his fingers, singing my life with his words, killing me softly with his song, killing me softly with his song, telling my whole life with his words, killing me softly with his song.  He sang as if he knew me in all my dark despair and then he looked right through me, as if I wasn't there. and he just kept on singing singing clear and strong...  Strumming my pain with his fingers, singing my life with his words, killing me softly with his song, killing me softly with his song, telling my whole life with his words, killing me softly with his song.
山と川のある町丘の青草 素足で踏んで 力いっぱい 叫ぼうよ 山にも町にも こだまする 若いいのちの 花のコーラス ああ古い世界よ さようなら  麦の香りを 夜明けの風を ぐっと吸い込み 飛んでゆく 生れたばかりの 赤とんぼ 地平はるかに 夢を探して ああ古い世界よ さようなら  古いなやみは 川面に捨てて 今日の若さを 讃えよう あかるく腕組む グランドに 燃えるいのちの 花のグループ ああ古い世界よ さようなら雪村いづみ井田誠一利根一郎丘の青草 素足で踏んで 力いっぱい 叫ぼうよ 山にも町にも こだまする 若いいのちの 花のコーラス ああ古い世界よ さようなら  麦の香りを 夜明けの風を ぐっと吸い込み 飛んでゆく 生れたばかりの 赤とんぼ 地平はるかに 夢を探して ああ古い世界よ さようなら  古いなやみは 川面に捨てて 今日の若さを 讃えよう あかるく腕組む グランドに 燃えるいのちの 花のグループ ああ古い世界よ さようなら
山びこさん物語山びこさーん……(エコー) こさーん  山びこさんを 知ってるかい  知ってるかい 山びこさんはネ いたずら小僧でネ だれかに呼ばれりゃ そのとおり おんなじことばで 呼び返す いたずらしては 喜んで けらけら笑って いたンだってさ。  山びこさんを 知ってるかい  知ってるかい 山びこさんはネ お天道さまからネ いたずら者めと しかられて ことばを半分 隠された はなしをしても まねしても 半分だけしか 無いンだってさ。  山びこさーん……(エコー) こさーん どこだよーっ……(エコー) だよーっ  山びこさんを 知ってるかい  知ってるかい 山びこさんはネ まねっこしながらネ いまでもひとりで 山奥の くまざさやぶから 谷の底 なくしたことば どこだろと 泣き泣きさがして いるンだってさ  山びこさーん… …(エコー) こさーん 山びこさーん… …(エコー) こさーん雪村いづみ伊吹とおる服部正山びこさーん……(エコー) こさーん  山びこさんを 知ってるかい  知ってるかい 山びこさんはネ いたずら小僧でネ だれかに呼ばれりゃ そのとおり おんなじことばで 呼び返す いたずらしては 喜んで けらけら笑って いたンだってさ。  山びこさんを 知ってるかい  知ってるかい 山びこさんはネ お天道さまからネ いたずら者めと しかられて ことばを半分 隠された はなしをしても まねしても 半分だけしか 無いンだってさ。  山びこさーん……(エコー) こさーん どこだよーっ……(エコー) だよーっ  山びこさんを 知ってるかい  知ってるかい 山びこさんはネ まねっこしながらネ いまでもひとりで 山奥の くまざさやぶから 谷の底 なくしたことば どこだろと 泣き泣きさがして いるンだってさ  山びこさーん… …(エコー) こさーん 山びこさーん… …(エコー) こさーん
夢のマンボマンボ・ジャンボ 行きましょうよ たのし夢の国へ行こうよ 夢の国にゃ何でもある 恋がしたけりゃ すぐおいでよ マンボ・ジャンボ マンボ唄や すぐにすてきなお方が来て お嬢さん踊りましょうよ 恋の花園へ行きましょう パパさんもママさんもみんな 誘いましょうよ マンボ踊りましょう ララとんで行きましょう 青春の夢をもとめ 恋の花咲くマンボの国 翼そろえ風に乗って行きましょう マンボ・ジャンボ マンボ・ジャンボ 行きましょうよ たのし夢の国へ行こうよ おじいさんもおばあさんも 誰も彼も夢の国では マンボ・ジャンボ マンボ踊り 恋をさゝやきたくなるでしょ いつも春の風が吹いて 胸がどきどきするでしょう パパさんもママさんもみんな 誘いましょうよ マンボ踊りましょう ララ花の馬車に乗り あの山越えこの河越え 恋の花咲くマンボの国 鈴を鳴らし口笛吹き行きましょう マンボ・ジャンボ雪村いづみ井田誠一松井八郎マンボ・ジャンボ 行きましょうよ たのし夢の国へ行こうよ 夢の国にゃ何でもある 恋がしたけりゃ すぐおいでよ マンボ・ジャンボ マンボ唄や すぐにすてきなお方が来て お嬢さん踊りましょうよ 恋の花園へ行きましょう パパさんもママさんもみんな 誘いましょうよ マンボ踊りましょう ララとんで行きましょう 青春の夢をもとめ 恋の花咲くマンボの国 翼そろえ風に乗って行きましょう マンボ・ジャンボ マンボ・ジャンボ 行きましょうよ たのし夢の国へ行こうよ おじいさんもおばあさんも 誰も彼も夢の国では マンボ・ジャンボ マンボ踊り 恋をさゝやきたくなるでしょ いつも春の風が吹いて 胸がどきどきするでしょう パパさんもママさんもみんな 誘いましょうよ マンボ踊りましょう ララ花の馬車に乗り あの山越えこの河越え 恋の花咲くマンボの国 鈴を鳴らし口笛吹き行きましょう マンボ・ジャンボ
夢見る勇気I love you I love you さきに口に出すとタブー I love you I love you 女からならなおタブー I love you I love you 傷ついてみて知るタブー I love you I love you 弱みを握られるタブー 追われ出すと逃げるのは 男の正体 わかってるわ懲りてるわ でも彼はきっと違う 夢みる勇気(ちから) がある限り 恋は消えない 夢みる勇気(ちから) それだけがあたしの取り柄なの  誰も誰もつらくない別れなんてない 誰もわざとひとりになりたくなんかない 古い恋の日記をひも解いてみても 教科書にはなりやしない また1からやり直し 夢みる勇気(ちから) がある限り 恋は消えない 夢みる勇気(ちから) それだけがあたしの取り柄なの  笑う人は笑わせておけばいいわ 人生は短くて忙しいの 夢みる勇気(ちから) がある限り 恋は消えない 夢みる勇気(ちから) それだけがあたしの取り柄なの雪村いづみ中島みゆき中島みゆきI love you I love you さきに口に出すとタブー I love you I love you 女からならなおタブー I love you I love you 傷ついてみて知るタブー I love you I love you 弱みを握られるタブー 追われ出すと逃げるのは 男の正体 わかってるわ懲りてるわ でも彼はきっと違う 夢みる勇気(ちから) がある限り 恋は消えない 夢みる勇気(ちから) それだけがあたしの取り柄なの  誰も誰もつらくない別れなんてない 誰もわざとひとりになりたくなんかない 古い恋の日記をひも解いてみても 教科書にはなりやしない また1からやり直し 夢みる勇気(ちから) がある限り 恋は消えない 夢みる勇気(ちから) それだけがあたしの取り柄なの  笑う人は笑わせておけばいいわ 人生は短くて忙しいの 夢みる勇気(ちから) がある限り 恋は消えない 夢みる勇気(ちから) それだけがあたしの取り柄なの
私の回転木馬グルグル廻る回転木馬 いつでも世界が祭りのように 陽気に廻って夢中にさせる 回転木馬は お前のことさ 二人でいれば もうそれだけでも 胸がときめく なんてすばらしい グルグル廻る回転木馬 こんなに二人は恋をしている  なんてすばらしい 二人の世界 いつもこうしてお前に夢中 踊りのように夢中にさせる グルグル廻って回転木馬  グルグル廻る回転木馬 いつでも世界が祭りのように こんなに愛してる二人の幸せ 回転木馬はグルグル廻る  二人でいれば もうそれだけでも 胸がときめく なんてすばらしい いつもこうして夢中にさせる 踊りのように回転木馬 たのしいな回転木馬雪村いづみJ.Constantin・訳詞:菅美沙緒N.Glanzbergグルグル廻る回転木馬 いつでも世界が祭りのように 陽気に廻って夢中にさせる 回転木馬は お前のことさ 二人でいれば もうそれだけでも 胸がときめく なんてすばらしい グルグル廻る回転木馬 こんなに二人は恋をしている  なんてすばらしい 二人の世界 いつもこうしてお前に夢中 踊りのように夢中にさせる グルグル廻って回転木馬  グルグル廻る回転木馬 いつでも世界が祭りのように こんなに愛してる二人の幸せ 回転木馬はグルグル廻る  二人でいれば もうそれだけでも 胸がときめく なんてすばらしい いつもこうして夢中にさせる 踊りのように回転木馬 たのしいな回転木馬
私は泣かないまだ愛があるうちだから 今さよならが言える 過ぎた事は口にしないほうが まだ救いがあるから まだ誰かが見ているから この悲しみに耐える 心こめて投げた白い花を また人が踏みにじる 汽車が出る あなた乗せて 二人の恋は おしまいね 私は泣かない 見えなくなるまでは 私は泣かない ひとりになれるまで 私は泣かない 見えなくなるまでは 私は泣かない ひとりになれるまで雪村いづみ千家和也すぎやまこういちまだ愛があるうちだから 今さよならが言える 過ぎた事は口にしないほうが まだ救いがあるから まだ誰かが見ているから この悲しみに耐える 心こめて投げた白い花を また人が踏みにじる 汽車が出る あなた乗せて 二人の恋は おしまいね 私は泣かない 見えなくなるまでは 私は泣かない ひとりになれるまで 私は泣かない 見えなくなるまでは 私は泣かない ひとりになれるまで
私は若いからWith eyes, full of tear, With heart, full of cheer I'm waiting you, my love, Because I'm Young  In the pale light of twilight Mission bells send us an applause and call to hurry Because We're Young  Waiting the first kiss that you may give me Longing for the kiss that you may alone give me alone with eyes full of tear I'm waiting you Because I'm Young  あふれくる 青春の涙よ われは待つ 君を待つ たそがれの窓辺に  Because I'm Young Because I'm Young雪村いづみ井田誠一多忠修With eyes, full of tear, With heart, full of cheer I'm waiting you, my love, Because I'm Young  In the pale light of twilight Mission bells send us an applause and call to hurry Because We're Young  Waiting the first kiss that you may give me Longing for the kiss that you may alone give me alone with eyes full of tear I'm waiting you Because I'm Young  あふれくる 青春の涙よ われは待つ 君を待つ たそがれの窓辺に  Because I'm Young Because I'm Young
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ファタール
  3. 新しい恋人達に
  4. 第3惑星
  5. シカ色デイズ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. RISE UP
  2. Sharon
  3. 絶対アイドル辞めないで
  4. 伏線回収
  5. ブラックボックス

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×