小林和子作詞の歌詞一覧リスト  108曲中 1-108曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
108曲中 1-108曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
夜風のインフォメーションparis matchparis match小林和子濱田金吾杉山洋介夜更けの フォトグラフ 君が消し忘れた TVの音  画面は ストライプ 遠い日のさざ波 運んで来る  空に伸びてく高速は オレンジの光の河 流れて  I can't believe it 5年になるね  君とまた逢えて 同じ時を過ごす  きついウォッカが 口をきくだけ 明日は忘れてくれ  I love you 真面目な顔で  How are you? のぞき込むなよ  Stay with me 君の瞳に 拡がる ここは 静かな夜の海  ゆるんだ イルミネーション  やっと眠りにつく コンビナート  夜風の インフォメーション  あの頃の時間へ 戻ってゆく  羽田に向かう 高速で 喧嘩をしてそれきりさ あの夏  I can't believe it みんな夢だよ  君に恋をして そしてふられてから  やさしすぎても モテないよって 云われ続けたけど  I love you 返事がないよ  How are you? 寝息がひとつ  Stay with me 部屋じゅうに 拡がる  君を沈めた 夜の海 そのまま……
SUMMER BLUEMichael KanekoMichael Kaneko小林和子岩沢二弓Michael Kaneko夏の光が 砕け散る海辺 瞳を閉じて あの頃を思う 慣れ過ぎた恋に 背中向けたままで 別れる自由も 奪ったあの季節 Summer Blue Summer Blue 愛さない罰さ  白い砂丘に 照り返す陽ざし くわえた煙草 潮風にしみる 通り過ぎた恋は 海の底で眠れ 断崖砕ける 波のような季節 Summer Blue Summer Blue 愛さない罰さ Summer Blue Summer Blue 愛さない罰さ  きっと明日は 気分さえ変わり 都会の中で 生きてゆくだろう 伸びてゆく影を 一人見つめながら 何もない夏が 似合いすぎる季節 Summer Blue Summer Blue 空だけが 青い Summer Blue Summer Blue 空だけが 青い
悲しみSWING後藤輝基後藤輝基小林和子西木栄二澤部渡絹のドレスもつれながら 階段を駆け降りたの 揺れるキャンドル笑い声で すぐにあなたとわかった  私に気づいても 人違いと言って 目をそらして 熱い 渦の中へ  想い出がまわる SWING SWING 揺れるのは 誰のせい 悲しみと踊る SWING SWING どうしても 微笑みが つくれない  雨に煙るプールサイド いつまでも抱き合ってた 夏の雲がちぎれるよに 突然にはぐれた恋  偶然に合う日が 怖かった 本当は 金と銀の枯れ葉 窓をたたく  想い出の中へ SWING SWING 揺れるのは 私だけ 悲しみと踊る SWING SWING 忘れたと 思ってた はずなのに  今度こそあなたに さよならを言わなきゃ 他に 誰も 心 許せないわ  想い出がまわる SWING SWING 過ぎた日は きれいなの 悲しみと踊る SWING SWING 思い切り 目の前を 横切るわ
たそがれ詩人三浦和人三浦和人小林和子三浦雄也始発電車が空を破り 朝を連れて来たよ 線路づたいに 小石蹴って それで答え決める  別れの坂道を上りつめたら 愛の道標があった 捨て去る事も優しさだよと 北風が背中たたく  AH- 黄昏までは風に吹かれ あなたを想う AH- 黄昏る頃 言葉のない旅に出よう  歩道橋から見下ろす街 人の群れが急ぐ 冬の枯れ木が指さす空 夢も呑まれそうさ  心の坂道を行ったり来り 幾度繰り返したのだろう 見送る愛と飛び立つ愛と それぞれの運命なのか  AH- 黄昏までは恋も忘れ あなたを想う AH- 黄昏る頃 終わりのない旅に出よう  AH- 黄昏までは風に吹かれ あなたを想う AH- 黄昏る頃 言葉のない旅に出よう
マリーナ・ハイウェイ滝沢洋一滝沢洋一小林和子滝沢洋一佐藤博星屑舞う Woo 夜のハイウェイ 飛ばしたら 二人 今ハーモニー 静寂をゆく カー・フェリー みえるよ 海風に 揺れて 漂う  ああ 僕の肩で今 眠りつく 君の髪に ああ 軽く口づけて 潮風を 聞こう  街の灯り Woo 夜を流れて ハイウェイは 空の はてに  指でたどる Woo 夜のハイウェイ 風向きが 変わり 今ハーモニー すべるように Woo 船が出てゆく 港には 霧も 晴れるよ  ああ 僕の肩で今 ささやいた 君の愛も ああ やがて朝焼けの 彼方へと溶ける  海岸沿い Woo カーブ過ぎれば ハイウェイは 空の はてに
三つ数えてジューシィ・フルーツジューシィ・フルーツ小林和子新田一郎三つ数えて 海に涙を捨てる 水の底で キラキラ揺れて 真珠に見えるわ 三つ数えて すぐに笑顔になれる 私だけの秘密の生き方よ  この街は みんなやさしすぎる いい人ばかり ネェあなた 時に逃げる悪いくせ しかって 澄んだ瞳のその奥に私を置いてネ  三つ数えて 風がめくってゆくよ 不安なまま過した 日々の私の泣き顔 三つ数えて きっとあなたが好きよ 私だけの 心で 永遠に  この頃は部屋の中に居ると ブルーになるわ ネェいつか 人はそれをなつかしく思うの 時がたっても変わらない愛を教えてネ  三つ数えて 風がめくってゆくよ 不安なまま過した 日々の私の泣き顔 三つ数えて きっとあなたが好きよ 私だけの 心で 永遠に  LOVE IS YOU 泣かないわ 遠くはなれている時にも LOVE IS YOU いつまでも 夢の中へと会いに来てね  LOVE IS YOU 泣かないわ 遠くはなれている時にも LOVE IS YOU いつまでも 夢の中へと会いに来てね…
恋わずらいジューシィ・フルーツジューシィ・フルーツ小林和子新田一郎あかりがにじむ 港あたり 鴎と遊ぶ 男がひとり 粋なしぐさで 肩を抱かれ 私もろくも 恋におちたの 今 さみしさなんて平気よ 噂に聞くあなたは悪い人でも はしゃぐほど女は 心頼りなくて 泣いててもだめなの 明日は元気だすわ  宇宙のはてでめぐり会えた 偶然すぎる出来事だから もう運命さえもみかたよ ゆらり揺られて このまま流されたいの 冗談が好きなら風のように消えて 私から言えない 軽い別れ言葉 星がきれいね 星がきれいね  また恋の微熱に浮かれて ジルバぐらいひとりで 踊ってみせる はしゃぐほど女は 心頼りなくて 泣いててもだめなの 明日は元気だすわ 星がきれいね 星がきれいね
Easy Love国分友里恵国分友里恵小林和子椎名和夫椎名和夫青いサングラス そっとはずしてお願い 心視えなくて 背中合わせじゃ淋しい  あなたと私のFull Moon いつかは欠けると知っても 憂いのベール脱いだ瞬間 変わる世界 Easy Love もっと軽く Easy Love もっと素直に Easy Love 気持ちのまま 分け合えたら 素敵よね  Coolすぎたのも 臆病だからホントは 恋は熱いほど 不安も増えるものなの  愛する言葉の裏側 読み取るGameは終しまい 心の鍵を捨てたとたん 見える世界 Easy Love 燃える腕で Easy Love 素顔の愛で Easy Love 生まれたまま 触れ合えたら 素敵よね  今日まで生きてる痛みを お互い隠してきたけど 心のあざが消えるように 抱きしめてね  Easy Love もっと軽く Easy Love もっと素直に Easy Love 気持ちのまま 分け合えたら 素敵よね  Easy Love もっと軽く Easy Love もっと素直に Easy Love 気持ちのまま 分け合えたら 素敵よね
二人のシナリオ大場久美子大場久美子小林和子直居隆雄ポプラの並木 緑を増して 微笑む貴方 見つけた私 春の風吹く公園で 探していたのよ ずっと  ヨットが走る 波間に私 ときめく胸の リズムで泳ぐ 光のシャワー浴びながら あなたが浜辺を駈ける  どこにもいるような二人だけど あなたへのこの気持ち いつもたった一つ  手編みのセーター間に合わなくて ごめんねきっと来年になる いいよと笑う 照れてるの 季節は秋へと急ぐ  冷たい雫 頬へと落ちる ハンカチ出して ふけよと貴方 喧嘩の後の優しさで 許してしまうの すぐに  どこにでもあるような 恋の夢を 大切に育てたい私 ついてゆくわ  1年経って日記を開く 重ねた愛を抱きしめ私 カーテン越しに冬の空 星座を見つめて good night  あなたに届けて good night
サンモリッツ速達便大場久美子大場久美子小林和子和泉常寛サンモリッツ 銀河の尾根を 包む黄昏 サンモリッツ 向かいのロッヂ 灯りがともる 白い鎧戸 開け放したら 雪の妖精 舞い降りてくる 暖炉囲んだ アフター・スキー あなたがここに いてくれたなら サンモリッツ 絵葉書ひとつ 出せない訳は サンモリッツ 宛て名の先に 続く言葉がないの  Guitarの音と 陽気な声が ゲレンデの外 聞えてくるわ 暖炉燃えたつ アフター・スキー あなたの椅子が 淋しく揺れる サンモリッツ 銀河はやがて 青く沈んで サンモリッツ ひとすじ流れ星が 光って消えた  暖炉囲んだ アフター・スキー あなたがここに いてくれたなら サンモリッツ 絵葉書ひとつ 出せない訳は サンモリッツ 宛て名の先に 続く言葉がないの
あなた大場久美子大場久美子小林和子和泉常寛春風に 誘われたの 読みかけの 小説閉じたら 出掛けよう 揺れる陽ざし それはあなたに 逢える予感 賑わう街角 ショーウィンドウ 今日の私 どこか違う 人ごみざわめく 交差点で 突然あなた 振り向き 手を振ったの 瞳を閉じても 渦巻く光に 何故か軽い ため息ひとつ 春風に 邪魔されたの ほこり舞う 舗道にあなたが 隠れちゃう 私熱く見ても 気づいていない あなた  公園ベンチに 一人座り 本の続き 読んでるふり あなたは誰かと 話しながら 私のことに 気づかず 何処に行くの 淡い黄昏に 耳をすましても 靴音だけ 響いていたわ 春風に 誘われたの 後ろから 呼ばれた気がして 振り向けば 熱い胸の 鼓動 黄昏の彼方に ざわめき はじけたの
カレッジ・シューズ大場久美子大場久美子小林和子萩田光雄通った道の はずれにのぞく つたで飾った 時計台 レンガの壁に めくれたポスター そこの色だけ あの頃のままよ かかとつぶした カレッジ・シューズ 夢に向かって 歩いていたわ あなたと 肩を寄せ合った 1枚きりの 記念写真 胸のひき出し そっと開ければ やさしい誰か 居る気がして  くもった窓を 指でこすると 電車が見えた 教室よ あなたの名前 ペンで彫っては あわてて消した あの日がまぶしい かかとつぶした カレッジ・シューズ 恋と一緒に 歩きたかった 偶然街で 見かけても 声さえかけず 見送ったの やがて大人に 変わる私を あなた何処かで みつめていて
遅い朝食大場久美子大場久美子小林和子和泉常寛おはよう それとも あと5分だけ  レースのカーテン そっとめくれば 見下ろす街は まだ眠たそう テラスに集まる 白い鳩に 今日のサラダを 分けてあげたい カフェ・オレ注いだ 香りに乗って 誰かの口笛 耳に届いた  サイフォン カタコト 部屋の片隅 映した街も ざわめき出した 生まれたばかりの 風と共に チャペルの屋根に 鳩が飛んだわ おはよう 時計は もうアフタヌーン 公園並木を 一人歩こう  おはよう 時計は もうアフタヌーン 公園並木を 一人歩こう
雨に消えたジュン大場久美子大場久美子小林和子和泉常寛あれから どうしているの? 同じ人を 好きになって 気まずいまま 去って行った ジュン ジュン  雨の街 バス待ちながら 目を伏せて 彼女が云った “仕方ない 選ばれたのは あなたなの あきらめきれるわ” ジュン 私に出来ると思う? ジュン あなたをさしおいてまで あの人 一人占めには やっぱり 出来やしない  黄昏に よく来たカフェで 彼女から さよなら聞いた おしゃべりが はずみすぎたわ 云わなくて よかったひとこと ジュン 今でも傘などささず ジュン どの街歩いているの あの人 一人占めには やっぱり 出来やしない  あれから どうしているの? 一度電話 くれただけで しあわせなら 逢ってほしい ジュン ジュン ジュン
あの人のイニシャル大場久美子大場久美子小林和子萩田光雄誰も 逢いたくない日は 街の ざわめき抜け出し 夢の 続きをみたくて 散歩する 道 空に 書いたあの雲が ちょっと あの人に似てる 草の上に寝ころべば まどろみの中  誰か教えて 淋しいのは何のせいか あの人のイニシャル 手のひらに書くたび 私の世界が ひとつひろがるの そしてこの場所に あの人と来たい  誰も 逢いたくない日は ひとり あてもなく歩き 風の ささやきを聞いて 青い空 みる 午後の やさしい眠りは 白い ベールに包まれて 胸にはじける想いは どこに消えるの  誰かこたえて 好きな人がいるのかしら あの人のイニシャル 書きつけたノートも いつか想い出に 出来る日がくるわ そしてこの場所で あの人に逢うの  誰か教えて 淋しいのは何のせいか あの人のイニシャル 手のひらに書くたび 私の世界が ひとつひろがるの そしてこの場所に あの人と来たい
今は片想い大場久美子大場久美子小林和子萩田光雄窓にうつるあなたの顔 なぜか まぶしいの 今 電車 揺れるたび 気持ちも すぐに 動きそう ふりむいて ほしくないの だけど 近くにいて 私から 駆けてゆける その時まで 恋はいつも どちらかが片想いなの あなたに貸りてた本を抱きしめ この次に逢う日の 私をみてて 変わるわ たぶん私から好きだと云える  空が黄昏に染まれば あとを ついてゆくだけ けんか したわけじゃないのに 何故か 気まずいな 私には 冷たいひと だけど そこが好きよ このままじゃ 帰れないわ 何か云って  恋はいつも どちらかが片想いなの あなたの後ろ姿を見送る 並木道すぎれば夕陽の海に変わるの きっと明日こそ 手紙を出すわ  恋はいつも どちらかが片想いなの あなたの後ろ姿を見送る 並木道すぎれば夕陽の海に変わるの きっと明日こそ 好きだと云える
夏の恋風大場久美子大場久美子小林和子萩田光雄ライムジュースを 両手にかかえた あなたの胸に 汗がひとすじ 夏色の風 遊ばせて サングラス越しに どこ見るの  今 麦わら帽子 深くかぶって あなたのことを 見ないふりした  終わりですか〈逢ったばかり〉 夏の夢は みえませんか〈ここにいるさ〉 恋のゆくえ  その先 急いだのは 秋風 感じたから  ひろげた本に 顔をうつぶせ 声をかけても 返事がないの 夏色の風 髪をなで 灼けた浜辺を 駆けるひと  今 あなたのシャツに 腕をとおせば 淡い香りに せつなくなるの  終わりですか〈逢ったばかり〉 夏の夢は みえませんか〈ここにいるさ〉 恋のゆくえ  答えを せがんだのは ごめんね 甘えたくて
電話ください大場久美子大場久美子小林和子萩田光雄窓打つ雨 膝をかかえて 見上げれば ブルーの空 哀しみが舞い散る いつかと同じです ふたりでまた いつか逢おうと 約束だけを 残して それきり 逢えない  心のままに あのやさしい言葉 強く抱きしめ 信じてきたけど  ひとり電話を 持つ時の長さが この私に 勇気を 気づかせてくれても さよなら 云わせて あの日にふたり 戻れない  風吹く日の 白い舗道に たたずんで ふりむいても 踏み切りの向こうの 季節はめぐります 心は今 想い出の中 飛んでゆくけど そこには あなたがみえない  アドレス帳の あの見慣れた文字も 寒い季節にめくれてゆくけど  木枯らしだけが ただ友だちなのと 話せたなら 少しは 明日へと歩ける 声だけ 聞かせて そのあときっと 忘れます
スプリング・サンバ大場久美子大場久美子小林和子和泉常寛雲の影から 光がさして 風が運ぶの 春の便りを あなたに逢える Spring Samba 靴を脱ぎ捨て 飛んで来たの 丘のふもとに 祭りの太鼓 赤いアネモネ 髪飾り Spring Samba 何かが起こる Spring Samba 不思議なの Spring Samba このまま 私 いつまでも 踊り続けていいかしら  春をよろこぶ 子どもの声が 踊る輪の中 あなたみつけた 裸足で踊る Spring Samba 黒い瞳が まぶしすぎる 人に押されて つないだ右手 花の指輪が 風に舞う Spring Samba いつもと違う Spring Samba 不思議なの Spring Samba このままあなた いつまでも 踊り続けてくれますか  Spring Samba いつもと違う Spring Samba 不思議なの Spring Samba このままあなた いつまでも 踊り続けてくれますか
ヘッドホーン大場久美子大場久美子小林和子和泉常寛水色 風舞う 土曜日の午後 届いたカセット 耳押しあてる 小川のせせらぎ 故郷(ふるさと)の声 帰っておいでと ささやいてます ヘッドホーン すこし気どってる その声に ヘッドホーン あなたの笑顔を 浮かべてる 暖かくなりましたね ヘッドホーン ヘッドホーン それは二人のキィーワード  窓辺に広がる 都会の空も どこかで故郷 つなげてくれる さめた紅茶が 風に波立ち 夕映え映した 海にみえたの ヘッドホーン 明るく唄ったその声に ヘッドホーン 私の心を のせてみる 暖かくなりましたね ヘッドホーン ヘッドホーン それは二人のキィーワード  ヘッドホーン ヘッドホーン ヘッドホーン
ディスコ・ドリーム大場久美子大場久美子小林和子和泉常寛ディスコ・ドリーム A-HA-HA ディスコ・ドリーム A-HA-HA 時のネックレス はずして来たの 友だちに 誘われた はじめての DISCO TIC ガラス張り 窓越しに 星の数 かぞえてたの 踊りましょう その声 背中に 踊れない 唇 かんでた ごめんね 微笑むだけで 今はせいいっぱい 今夜は私 きっと眠れないわ  ディスコ・ドリーム A-HA-HA ディスコ・ドリーム A-HA-HA 違う世界は 綺麗にみえる 華やかに 踊る渦 夢に見た DISCO TIC 水玉を 散りばめた ドレスみて 笑わないで 踊りましょう 振り向く あなたを 踊れない ここから 見るだけ ごめんね いつかあなたに 似合う人になるの 今夜は私 きっと 眠れないわ  ごめんね 微笑むだけで 今はせいいっぱい 今夜は私 きっと眠れないわ  ディスコ・ドリーム A-HA-HA ディスコ・ドリーム A-HA-HA 時のネックレス はずして来たの
エトセトラ大場久美子大場久美子小林和子萩田光雄午後のグランドは パステルの陽ざしあなた 空の彼方まで 白いボール高く蹴った 閉じた教科書の間へとはさむ手紙 卒業の前に 渡せそうもないけれど  あなたは 泣きたい日がありますか あなたは 淋しい日がありますか 鏡に向かって 微笑み返す ひとりごとの その先はいつもエトセトラ エトセトラ エトセトラ  眠る街並みを マラソンで通るあなた スローモーションで動く窓に 風も光る 声をかけたけど 気づかないみたい私 卒業の前に 心プレゼントさせて  あなたは 泣きたい日がありますか あなたは 淋しい日がありますか 恋しているから 言葉にこまる ひとりごとの その先はいつもエトセトラ エトセトラ エトセトラ
さよなら ありがとう大場久美子大場久美子小林和子和泉常寛さよなら ありがとう 春 夏 秋 冬 振りかえれば あざやかに よみがえるの  出逢いは いつしか 別れを 呼ぶけど 胸に抱いた 想い出は 姿 変えないわ さよなら ありがとう 忘れないわ 私の素敵な カレンダー  思えば あの時 悩んだ 私も いつのまにか 微笑んで 季節を見送る さよなら ありがとう 愛することを 私に教えた 人たちに  さよなら ありがとう 忘れないわ 私の素敵な カレンダー
ジャスミン慕情テレサ・テンテレサ・テン小林和子芳野藤丸ジャスミンの花 香れば 熱い胸が 甦るの 長い旅なのに さよならさえ 残してくれなかったわ  男は船で 女は港 私 今日まで 面影と生きた 本気で惚れてはいけないと 叱られるかしら それでも あなたに逢いたくて  もう 揺れて揺られて旅の空 また 愛された日の夢を見る  ジャスミンの花 ひとひら 船の上で 散らしてみる 波にもまれても 色褪せない 二人と信じられたの  いとしいあなた 冷たいあなた いつも 私の願いはひとつよ 逢えない月日にたわむれた 女もいるでしょう 心は 誰にもあげないで  ふと 風に吹かれてペンを取る 今 愛という字が書けません  もう 揺れて揺られて 旅の空 また 愛された日の夢を見る
サイドシートの夏彩恵津子彩恵津子小林和子古本鉄也危い恋に ハンドルあずけて 私ずっと サイドシートで 海を見てた夏  冷たい頬を 両手で包んで キスをくれた ドライブの日へ せめて連れてって  Seaside 波の音は 人を自然へと みちびいてる 気がするのよ もう 微笑んでも ただの友達 どんな夏が来ても…  彼女のことを 知ってて愛した あこがれより 苦しい気持ち ミラーに またたく  忘れるために 時間はいるもの だから無理に 笑わせようと 努力はしないで  I feel 昔よりも 心軽やかに 生きているの よろこんでね もう 微笑んでも ただの友達 ずっと ずっと  Good - bye 今はここに 座る恋人が いることさえ 哀しくはない でも あなたが好き とても素直に 幾度 夏が来ても…
グッドラックLOVE庄野真代庄野真代小林和子小田裕一郎Yuichiro Oda心変わりじゃないね 一人みつめるさよなら 赤いRougeひと色 香りにむせかえる 哀しいだけの恋に 疲れた僕を Please 抱いて やさしさの背中 見たくはなかったよ 愛されるはかない夢を笑え つかの間を飾るだけのParadise 泣かないで 誰も悪くはないさ 今ならば 云えるよ グッドラック My Love グッドラック My Love  雨に煙ったエアポート パントマイムでさよなら 人の波にまぎれて 消えてく細い影 上手くゆく恋なんて もう欲しくない Please 捨てて 哀しみの後を みつけに行きたかった 愛し合う愚かな夢を笑え 偽りと踊るだけの Paradise 行かないで 心がこわれそうさ 瞳を閉じて 20才のグッドラック My Love グッドラック My Love  Oh,Love is really gone I'll never fall in love again But we have memories, It's a lonely Paradise 泣かないで 誰も悪くはないさ 今ならば 云えるよ グッドラック My Love グッドラック My Love
ミスティー桜田淳子桜田淳子小林和子小田裕一郎大村雅朗たとえあなたと私が プラスティックの愛でも 熱い炎でハートを 溶かせてみせて Feel so good いつだって 逢・愛・哀 I love you You know I love you そばにいて  そうね二年の月日は 恋を空気に変えたわ いつか私のハートが 眠れるように Changing mind いつまでも 逢・愛・哀 I love you You know I love you 囁いて  夜更けのヴェールが降りるわ やさしく 降りてくる Wo…… Misty love Wo…… I need you Yes, I love you  たとえあなたと私が 二度と逢えなくなっても マッチひとつでハートを 真っ赤に染めて Falling love いつまでも 逢・愛・哀 I love you You know I love you 囁いて  二人にヴェールが降りるわ せつなく 降りてくる Wo…… Misty love Wo…… I need you Yes, I love you  Wo…… Misty love Wo…… I need you Yes, I love you……
やさしい黄昏荒木由美子荒木由美子小林和子萩田光雄角のCafeから もう2時間も 窓のかたちに 表を見てる 紙のコースター 走り書きして 来るあてのない 人を待ってた  Twilight Feeling 振り向いたら 想い出 Twilight Feeling 立ち止まれば 哀しみ  あの日の私に 戻れるならば 心を横切る あの面影も やさしい黄昏に 姿変えるのに  何の理由も なかったけれど 二人それきり 逢わなくなった 椅子の軋みに 揺られて書いた 古い手紙は 破いて捨てて  Twilight Feeling 歩き出せば さよなら Twilight Feeling 泣けるならば しあわせ  あの頃 私は失恋上手 今でも時々 胸痛むけど やさしい黄昏が 頬を染めるだけ  Twilight Feeling 振り向いたら 想い出 Twilight Feeling 立ち止まれば 哀しみ  Twilight Feeling 振り向いたら 想い出 Twilight Feeling 立ち止まれば 哀しみ  Twilight Feeling Twilight Feeling
花吹雪荒木由美子荒木由美子小林和子萩田光雄“彼とKissしたの? あなた…” 友達のさげすむ視線 冷ややかな部屋 飛び出せば そびえる都会はかがり火  花吹雪 胸が詰まるほど 甘い香り満ちてる 花吹雪 愛の切れ端も ハラリ ハラリ 空におぼろ月  “涙流せたら いいわ…” 友達のうるんだ瞳 想い出すたび 狂おしい 乱れた4月の夜桜  云わなければ 済んだ事 罪にもならなかった事 中途半端な私 少女には戻れない 女にもなれない 許して… 愛してるんです  花吹雪 泣き事ばかりの 手紙ちぎる間際も 花吹雪 花びらに交じり ハラリ ハラリ 舗道埋め尽くす  “これが友情ね あなた…” 友達の皮肉な台詞 いけないと知り 抱かれたわ 乱れた4月の夜桜
BEGIN茶太茶太小林和子水上裕規泣き方も わからないよね ココロには あふれてるのに  夜明けが来る 永遠を待たずに ほら ヒトは何故 歩き出すの さよならから 生まれた想いが 伝えている ありがとう  やさしさに 慣れてゆくよね ぬくもりも 知らないくせに  記憶の森 指先で迷った 昨日  ここからは ひとりでゆこう 悲しみと言う 未来じゃなくって 信頼と言う 絆へ  もう 明るい空に 星も 眠りにつく 涙はいらない ボクらのBEGIN  ヒトは何故 歩き出すの さよならから 生まれた想いが 伝えている ありがとう  ここからは ひとりでゆこう 悲しみと言う 未来じゃなくって 信頼と言う 絆へ  泣かないで あきらめないで 離れても キミを想ってる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
やさしい旋風アグネス・ラムアグネス・ラム小林和子芳野藤丸アルバム開くと あの人が 陽に灼けて まぶしいの 心の隙間を ひとすじの 潮風が 吹いています  もし恋人出来ても 知らないふりして こわれそうな愛を ふたり つなぐ勇気がほしい  見慣れた街角 あの人が 今すぐに来て くれそう  ガラスに映った あの人を 人ごみで 見失う 涙があふれて かけ出した 気がついて ほしいのに  今ふりむく 私の心をみていて くじけそうな 愛もいつか きっと伝わる はずよ  占う明日に ほほえんで もうすこしだけ 待ちます  今ふりむく 私の心をみていて くじけそうな 愛もいつか きっと伝わる はずよ  もうすこしだけ 待ちます
GOOD DAY I・N・G白石涼子白石涼子小林和子小森田実Monday, Tuesday, Wednesday, My Loving 今日も I・N・G 通りすぎた 恋なのに 色あせないよ  あんなやつのことなど きれいさっぱり 髪を切ると決めたら 火曜日だった  Monday, Tuesday, Wednesday, My Loving いつも I・N・G 心悲しい シャボン玉 月まで飛ばそ  Thursday, Friday, Saturday, My Dreaming 元気 I・N・G 泣いたはずの 恋なのに 忘れてゆくよ  もう鳴らない電話は 冷蔵庫の中 シャツを洗うついでに あいつも洗おう 洗ってしまえ  Thursday, Friday, Saturday, My Dreaming いつも I・N・G 心楽しい シャボン玉 たくさん飛ばそ  風が光る土曜の午後 彼を見た 胸の奥がつんとしたって 振り向かない  待ちに待ったおやすみ 誰と遊ぼう どんな服を着たって 自由のなのにね 自由なのにね さみしいなんて  Sunday, Good-Day, Good-Bye My Darlin' 今日も I・N・G なぜかくやしい シャボン玉 すぐにはじけた  Sunday, Good-Day, Good-Bye My Darlin' いつも I・N・G 心楽しい シャボン玉 たくさん飛ばそ……
21川﨑麻世川﨑麻世小林和子馬飼野康二FLY FLY FLY ……  21 21 Century 21 21 Century 21 21 Century 21 21 Century  銀色の 風の中 僕の名前 誰かが呼ぶ 瞳をこらし みつめれば 君は遠く 逃げてしまう FLY…… 心も体も FLY…… ひとつになりたい FLY…… 僕らの未来へと翔ぼう  21 21 Century 21 21 Century 21 21 Century 21 21 Century  ためらいの 時は過ぎ 甘い香り 満ちあふれる 白い薔薇 くわえたら 君はそうさ 愛の天使 FLY…… 心も体も FLY…… ひとつになりたい FLY…… すべては新しく変わる  21 21 Century 21 21 Century 21 21 Century 21 21 Century  21 21 Century 21 21 Century 21 21 Century 21 21 Century
Deja Vu-デジャ・ヴ-新田恵利新田恵利小林和子和泉常寛恋のデジャ・ヴ 真珠の涙 胸でStop 止まらないわ だって デジャ・ヴ も一度会える 信じてたの 本当の私を 今みつけて  はじめて あなた見た時 冷たくした それから 気になるひとに 変わっていたわ  今夜は 光のパレード 手をつないでね 人ごみ泳げば 街もDancin' Dancin' Dancin'  恋のデジャ・ヴ 真珠の涙 胸でStop 止まらないわ だって デジャ・ヴ 何度も夢に 来てくれたの 私をこれから 離しちゃダメ  嫌いよ わざと隠れて おどかすのね このまま 見失ったら 涙もないわ  ふたりは 不思議なカプセル 遠回りして 愛するためにね まわる Rollin' Rollin' Rollin'  恋のデジャ・ヴ 真珠の涙 胸でStop 止まらないわ だって デジャ・ヴ も一度会える 信じてたの あなたの瞳に 私がいる  ゴンドラの 月の影 ひとりでは 踊れない Dancin' Dancin' Dancin'  恋のデジャ・ヴ 真珠の涙 胸でStop 止まらないわ だって デジャ・ヴ あなたがほらね ここにいるわ 私を このまま 離さないで…
メモリークリスタルキングクリスタルキング小林和子山下三智夫梅垣達志なつかしい 9月の海に行こう 忘れてた 誰かに逢いに行こう 旧いコート 風にたなびかせて 水平線 眺めるさ  あの頃は 確かに恋をしてた 正直に 生きては傷ついてた くわえ煙草 波に踊らされて 俺はまた 旅人さ  夜明け前に 君の夢をみたよ 哀し気に微笑んで Good-Bye Memory 人はみな 時の忘れものに恋をする Good-Bye Memory 波間から 夏が手を振るのが みえるだろう  人気ない 9月の海に行こう 少年の自分と話すために 指ですくう 水は冷たいけど 心まで 冷やさない  シュロにもたれ 君を抱きしめてた ぬくもりが 甦る Good-Bye Memory 人はみな 時の忘れものに恋をする Good-Bye Memory 振り向けば 俺の足跡だけ どこまでも…… 足跡だけ どこまでも……  Good-Bye Memory 人はみな 時の忘れものに恋をする Good-Bye Memory 振り向けば 俺の足跡だけ どこまでも……
GOOD DAY I・N・G ~Holiday Mix~コモリタミノルコモリタミノル小林和子小森田実Monday, Tuesday, Wednesday, My Loving いつもI・N・G 伝えきれない 伝えたい 君が好きだと 出逢いがしら 目と目が 語りかけたら まるで微熱状態 羽がはえてる Monday, Tuesday, Wednesday, My Loving いつもI・N・G 君の瞳うわの空 すれ違うだけ  Thursday, Friday, Saturday My Dreaming 元気I・N・G 伝えきれない 伝えたい 君が好きだと 言葉なんて あんまり 役に立たない 錆びた銀のハモニカ はずれたメロディ 悲しいメロディ Thursday, Friday, Saturday, My Dreaming いつもI・N・G 君の瞳うわの空 すれ違うだけ  愛を告げる余裕もなく時はゆく 夜ごと届く君からのCall 途切れたまま  音の出ない目覚まし あわてて起きた これがみんな夢なら しあわせなのに 眠り続けよう 外は夕暮れ Sunday, Good-Day, Good-Bye, My Darlin' 今日もI・N・G 伝えきれない 伝えたい 君が好きだと Sunday, Good-Day, Good-Bye, My Darlin' いつもI・N・G 伝えきれない 伝えたい あふれる想い
さよなら JIN JINコモリタミノルコモリタミノル小林和子小森田実背中合わせで遊ぶ 太陽の下で 思いきり情けないと いいのに 浮れ話に誰が 水をさしたのか 振られるとわかるまで 息を止めてた  さよならの言葉が JIN JIN 夏空にちぎれてゆく なんでもない素振り見せても虚しい 思い出の数だけ DAN DAN あふれくる涙になる 砂の上を一人歩く  わがままも最後まで 口をきけないで この夏を通り過ぎる 悲しさ とぎれとぎれの言葉 いっそ捨てようか 照り返す熱い砂 握り締めてた  真夏日の二人は全然 心まで焼いてしまい どこへ行くの明日は行方も知らない 幸せと泣いては DAN DAN 優しさが嘘に代わり 夜になれば風も変わる  さよならの言葉に JIN JIN 体中しびれてゆく もう見れない後ろ姿に見とれて 思い出の数だけ DAN DAN あふれくる涙になる 砂の上を一人歩く
風に吹かれてコモリタミノルコモリタミノル小林和子小森田実あの日閉ざした ドアの向こうに 朝が来る 君とゆうべも逢った せつない夢だった 明日のことさえ 見えなくなって 迷う時 ひとり確かめていた 熱い胸の鼓動  流されて 流されて 記憶の森を歩く 君と語った愛が Oh‐ シャラララ 風の色 あふれても あふれても 上手く言えないことを 変わらぬ気持ちのまま Oh‐ シャラララ もう一度  風に吹かれて 恋と知らずに 生きていた それでよかったような はじめてそう思う  あきらめて あきらめて 大事なものが見える 空に映した夢を Oh- シャラララ 抱きしめて 捜しても 捜しても いつも答えがなくて やっとたどりついたら Oh‐ シャラララ それが君  悲しきは やさしさは 人を大人に変える だから 素直になって Oh‐ シャラララ もう一度 あふれても あふれても 上手く言えないことを 今だから 伝えたい Oh‐ シャラララ それが君  もう一度 もう二度と…
つれづれなる君へコモリタミノルコモリタミノル小林和子小森田実Wow Wow Baby Wow Wow Maybe…  『離れていてもふたり 続いてゆくと思う』 君は言葉に出来たのに どこに捨てたの 土用波の黄昏 だれと腕組み歩く やがてたたずむ影になる 僕を残して  つれづれに Baby つれなさよ Maybe 男は砂に日記を書く 待ち人は Baybe 現れず Maybe 音もなく海が泣いてる あの夏の通り雨  信じられないことを 信じるまでに僕は 幾つの夏に手を振れば 気がすむのだろう  揺れそうな Baby 恋心 Maybe 女も咲いて風に舞う  色づいて Lady まぶしさに Maybe 目隠しをされる間に 君はもう 消えていた  いつまでも暮れない夜と どこまでも明けない朝が 波のように抱いてくれるまで…  つれづれに Baby つれなさよ Maybe 男は砂に日記を書く 待ち人は Baybe 現れず Maybe うたたねの 波のまにまに あの夏が遠ざかる
Never Ever今井翼今井翼小林和子矢崎俊輔前嶋康明風を切れ 風になれ まるでBreak Out 誰にも ゆずらない ゆだねない 走り出せ 動き出せ 魂よ 脈打つ 鼓動を 感じてる Never,Ever  ざらつく空の果てを 破れよ 渇いた喉に水を 流せよ 凍りに触れるような 感情 埃(ほこり)の中でかすむ 太陽  背中で ふるえる孤独に 挑んでやれよ この手で つかむまで  風を切れ 風になれ まるで Break Out よどんだ 昨日を 蹴散らして 永遠と 瞬間が ぶつかれば 目覚める 欲望 感じてる Never, Ever…  爆音が鳴る中 叫べよ 世界中うならせて 響けよ  眠りを 知らない 孤独が やすらぐ場所を さがして ちぎれてく  風を切れ 風になれ まるでBreak Out 誰にも ゆずらない ゆだねない 走り出せ 動き出せ 魂よ 脈打つ 鼓動を 感じてる Never, Ever…  風を切れ 風になれ まるで Break Out よどんだ 昨日を 蹴散らして 永遠と 瞬間が ぶつかれば 目覚める 欲望 感じてる Never, Ever…  脈打つ 鼓動を 感じてる Never,Ever…
ONE SHOT本田美奈子.本田美奈子.小林和子西木栄二大村憲司ONE SHOT 渇いたハートに火をつけて  煙がしみて 涙にむせたの 混み合った DANCIN' NIGHT 淋しかったと 言わないから 誰もそう 見えない  ミラーボールが 砕け散る 星の夜 傷も負えない 愛が 苦しいわ  愛しているけど それ以上 さわれない哀しみに ふたりは これから どうなるの  回転ドアで 流れる夜風を アンティックに はおるの 腕を取られて 戻ろうって 静けさが ほしいの  想い出たちが 飛び散って 光るだけ 見つめ合っても 何も 動かない  愛してきたから これ以上 進めない 帰れない 渇いたハートに火をつけて  ONE SHOT 瞬間 私を貫いて もう二度と あなたの すべてを 追わない  ONE SHOT 渇いたハートに火をつけて 燃え尽きて ダークな 夜へと さまよう  ONE SHOT 瞬間 ハートに火をつけて 燃え尽きて ダークな 夜へと 消えてゆく
はるかな友よ飯野茂一飯野茂一小林和子新田一郎傷ついた 翼休め 瞳閉じれば 風のララバイ やさしさに 背中向けて 生きてゆくのも 悪くないけど 時を駆けてく はるかな友よ 心届くように 笑ってくれ  果てしない 夢のために 戦う事は 恐れないさ 微笑みを 分かち合える 君と出逢えて それが嬉しい 時は流れて 人が消えても 僕の胸の中に 愛は残る  孤独に生きる はるかな友よ 今は何も云うな 風に吹かれるだけさ  時は流れて 人が消えても 僕の胸の中に 愛は残る
SUMMER BLUEブレッド&バターブレッド&バター小林和子岩沢二弓夏の光が 砕け散る海辺 瞳を閉じて あの頃を思う 慣れ過ぎた恋に 背中向けたままで 別れる自由も 奪ったあの季節 Summer Blue Summer Blue 愛さない罰さ  白い砂丘に 照り返す陽ざし くわえた煙草 潮風にしみる 通り過ぎた恋は 海の底で眠れ 断崖砕ける 波のような季節 Summer Blue Summer Blue 愛さない罰さ  きっと明日は 気分さえ変わり 都会の中で 生きてゆくだろう 伸びてゆく影を 一人見つめながら 何もない夏が 似合いすぎる季節 Summer Blue Summer Blue 空だけが青い Summer Blue Summer Blue 空だけが青い
恋=DO!及川光博及川光博小林和子小田裕一郎I wanna do! I wanna do! シャイなハートが欲しい I wanna do! I wanna do! もっと愛していいね 踊ろうよ パーティー 二人のパーティー どうして窓辺を見つめて 泣いているのさ 星空に cha-cha 浮かんで cha-cha 恋する悲しみ 恐れちゃわかりあえないよ I wanna do! I wanna do! 燃える瞳が揺れた I wanna do! I wanna do! 君を愛していいね 銀河のロケットに 二人とびのれば 夜をかけめぐる Feeling Heart Feeling Heart I wanna do! I wanna do! シャイなハートが欲しい I wanna do! I wanna do! もっと愛していいね  終らない パーティー 不思議なパーティー 今夜は夢の向こうまで 連れて行きたい 泣かないで cha-cha このまま cha-cha たとえば遠く離れても 二人は一つさ 君が腰かける 涙のペイパームーン 腕に落ちてきて Feeling Heart Feeling Heart I wanna do! I wanna do! 燃える瞳が揺れた I wanna do! I wanna do! 君を愛していいね
涙の記念日茅原実里茅原実里小林和子BULGE何てきれいな虹なの 瞳の中で キラッ・キラリ ちゃんと覚えておきましょ Oh,Yeah!涙の記念日  キミは誰が 好きだったの? 何かくやしいな いい線行ってた 感じです おっと 待った イメージ いつも 誰にだってやさしくて その気にさせて うっかりしました 現実 見過ごしてた  だって 毎日 Up&Downの エレベーターガール せつなくて やめられない 止められない 勝手な片想い  何ていい気なものなの 生まれつきです 明るいの 今日は悲劇のヒロイン そう選ばれしものよ  磨こう 磨こう 女です ここから Shape Up ウィンドウのぞけば また涙 おっと ちょっと 似合わない そうよ 私ばかり恋をして 気づかぬキミと どっちがお得か やっぱね 私の方  いつか あの時 あの場所で 声かけたら アツアツに なれたのにって ちょっとくらい 後悔してください  何てきれいな虹なの 瞳の中で キラッ・キラリ ずっと忘れないでいよう Oh,Yeah!涙の記念日  今日も 明日も Up&Downの エレベーターガール ため息を つく暇ない 振り向かない 頑張れ片想い  ちゃんと伝えていたなら 手に手をとって キラッ・キラリ 未来を変えられたの Oh,Yeah!しあわせの涙  何てきれいな虹なの 瞳の中で キラッ・キラリ もっと 素敵になりましょ Oh,Yeah!涙の記念日 Oh,Yeah!キミが好きでした
Emotional茅原実里茅原実里小林和子植木瑞基まるで ゆきずりの 恋のように 約束の 砂時計 すべり落ちて 静寂へ  愛されて 愛しても 何処か さびしい  このまま 流されても かまわない つながれたい あなたを 失くすのなら 私を 今 傷つけて  月の まなざしに 浮かぶ背中 繰り返す せつなさに 声を殺し 泣きます  手に入れた よろこびは 何故か うたかた  秘密の 鍵をもらって いけない ドアを開けた 高ぶる くるおしさに 孤独が また 深くなる  しあわせも 悲しみも 同じ 意味なの?  このまま 流されても かまわない つながれたい あなたを 失くすのなら もう戻れない 舟のよう
BY MYSELFベス(折笠富美子)ベス(折笠富美子)小林和子上松範康長岡成貢めそめそするなよ BABY ひとりぼっちさ みんな そうだよ 振り返らないで ONE WAY 俺を行かせてよ このまま  空をわたる 鳥たちのように 自由になれ 誇らしく はばたいて  終わりない空を 何処までゆくのか こたえなどないさ 涙もいらない 旅立ちの前に はじめて言うけど 嬉しかったんだ 君と会えて  心配するなよ BABY 夜明けは近い そうさ 透き通る 背中を見ないで MY DREAM 俺にかまうなよ もう二度と  こわいくらい 震える翼 傷ついても かまわない 止まらない  今よりも高く 高く飛ぶために 見守ってくれた 面影を胸に いつの日かきっと なつかしく想う その時まで 振り向かない  アリガトウを 言うために 生まれたの? ヒトは…  終わりない空を 何処までゆくのか こたえなどないさ 涙もいらない 旅立ちの前に はじめて言うけど 嬉しかったんだ 君と会えて
世界じゅうのNo.1グレンダ(松岡由貴)グレンダ(松岡由貴)小林和子上松範康みんな見てるわ ウフフ 街を歩けば ウフフ 踵鳴らして ヒュゥヒュゥヒュゥ 悪いけどモテテます  Smile ショーウィンドウ 投げキスを返しましょ Wink プレジデントも 犬も猫も花も 最敬礼  いつか アタシだって No.1 イメージだけじゃいやだもん 生意気なとこも 可愛いと言って きっと 世界じゅうの No.1 ひとり占めしてあげるもん このスタイル どーよ! だけど だけど だけど ドレスが泳いでる  目と目が合えば ウフフ 運命かしら ウフフ 気のない素振り ヒュゥヒュゥヒュゥ おすましでゴメンナサイ  Sweet キュンときちゃう この感じいい感じ Love 鏡の中 笑うヒトはだあれ? アタシです  恋は スペシャルな Only One ドラマティックに逢いたいな 我がままな君も 好きだとかナンとか どんな ダイアより Only One キラキラなポーズ決めちゃいな ひと目惚れそーよ! ずっと ずっと ずっと 誰かをさがしてる  Smile ショーウィンドウ 投げキスを返しましょ Wink プレジデントも 犬も猫も花も 最敬礼  いつか アタシだって No.1 イメージだけじゃいやだもん 生意気なとこも 可愛いと言って きっと 世界じゅうの No.1 ひとり占めしてあげるもん このスタイル どーよ! だけど だけど だけど ドレスが泳いでる
愛の唄ココルー(福井裕佳梨)ココルー(福井裕佳梨)小林和子上松範康長岡成貢想う気持ちを 伝えきれない もどかしさも 連れ去るほど 輝いてた とても叶わない 夢のようです あなたの声 はずむ笑顔 追いかけながら  うつ向いてた私に 光を投げてくれた 森と風の唄を 歌いましょう  少し遅れて ついてゆきます 長く伸びる 影法師を 踏まないように 空を流れる 雲のかたちも 好きなものに 変えてしまう 不思議なちから  でもさみしい時には そっと 私を呼んで 流れ星とともに 歌いましょう  今日の空は きれいでした 忘れないでね  誰にも泣きたい夜 あるからわかり合える 素直になれるように 歌いましょう 愛の唄を
ベルが鳴ったカズンカズン小林和子小森田実愛してる くちびるに乗せて さよならの 代わりにつぶやく ベルが鳴った でもあなたじゃなかった  オフィスの窓に 東京タワー 暮れてゆく空 今 何処から 電話をしてるの  残りのカード 確かめながら 早口になる 逢いたいのよ あの店にいる  悪いけど 今夜はもう 約束がある 友達の結婚パーティー  大切な 話なのよ 遅くてもいい あなたが 来るまで待ってる  どのくらい ここにいるんだろう 窓際の テーブルにひとり 赤く溶ける ブレーキランプの列 愛してる くちびるに乗せて さよならの 代わりにつぶやく ドアが開いた でもあなたじゃなかった  気づいた時は 時計の針が 重なっていた あせるほどに 電話が見当たらない  仕事のことや 友達のこと 忙しい日々 我がままでも 逢いたかったの  TAXIをせかせながら 眠りについた 街の灯が 流れてゆくよ  この店で 待ち合わせて 一緒に帰る そんな夢 ため息になる  どのくらい ここにいるんだろう 窓際のテーブルにひとり 店が終わる 灯りがひとつ消えた 愛してる くちびるに乗せて さよならの 代わりにつぶやく ドアを開けた 木枯らしが吹いてる  信じてる ポケットの中で いつの間に あふれ出した愛 ベルが鳴った どうかつなぎとめて  愛してる くちびるに乗せて さよならの 代わりにつぶやく ベルが鳴った どうかつなぎとめて
雨の日も風の日もカズンカズン小林和子杉真理望遠鏡から 広がるパノラマに たったひとつだけ 行きたい場所がある 地図にのっていないけど よろしくナビゲーター 君のいるところ すぐにキャッチして  留守番電話 これで何度目 歌でも入れよう  雨の日も 風の日も Good Luck 君となら 晴れそうな Good Days こんなせつなさに 誰も勝てやしない ゆうべは 君の夢も見た  車のエンジン 調子が悪いのは 君をほっといた 一週間のせい 少し 手をやくような 恋人がいいよと 友だちはみんな 軽く言うけれど  もうじき変わる 赤信号に あわてている君  間違いも 泣き顔も Good Luck いいことに 変えるから Good Days 僕はクラクション 鳴らし続けている 気づいて 君が振り向くまで  本当は 私 見えない糸で 操っているの  雨の日も 風の日も Good Luck 君となら 晴れそうな Good Days 何を失くしても 今度は失くせない おいでよ 僕の指定席へ  雨の日も 風の日も Good Luck いいことに 変えるから Good Days 君が抱えてる 荷物の半分を あずけて 僕はまた頑張る
夢から醒めた天使河合その子河合その子小林和子和泉一弥さよなら 恋人たちよ 約束の 時間が来たわ 幾度も手を振る 影法師 たそがれに 道は別れて  胸で 暖めた 大切なアドレスを みんな 想い出の 扉にはさんでく  夢から醒めた天使 ひとり 傷つかないで あなたの近くにいるわ 友だちの 笑顔のまま 夢から醒めた天使 道のりは 遠いけど 自由な翼 広げて きっと つかまえて  埃を かぶった日記 色褪せた 写真と出会う 去りゆく季節を 嘆いても 恋人は 戻らないから 髪を 切りすぎた あどけない眼差しに やがて 訪れる 輝きを見たから  夢から醒めた天使 遥か 遠くを見るの いつでも一緒にいるわ 今日も同じ 空の下 夢から醒めた天使 傷ついて 始まった 孤独な 旅の途中で きっと つかまえて  夢から醒めた天使 道のりは 遠いけど 自由な翼 広げて いつか 辿り着く 夢を 消さないで
明日への手紙河合その子河合その子小林和子和泉一弥DAY DREAM DAY DREAM こわれた鏡の中で 笑うはずの 瞳 泣かないで DESTINY DESTINY さよならは運命なの 傷のついた ドアを 出てゆこう  あなたを悲しませた恋を 輝きに変える時は今 お願い 元気出してね  悲しみのリタルダンド 心 閉ざさないで 一度は 通る道なの 想い出は静かすぎて 恋は終わったけど 遠くで誰かが いつも 見つめてる  DESTINY DESTINY 時が運ばれるように 人も 恋も いつか 過ぎてゆく  ゆっくり 顔を上げてみるの 向かい風に叫んでいいの これから しあわせになる  木枯らしの リタルダンド 何も 怖くないわ あなたは あなたのままで 世界中眠らないの 夢のほとりをゆく 夜明けにならない夜は 来ないから  悲しみのリタルダンド 心 閉ざさないで 一度は 通る道なの 想い出は 静かすぎて 恋は終わったけど 夜明けにならない夜は 来ないから
STAY WITH ME新田恵利新田恵利小林和子和泉常寛スピード上げて走る 海へ向かうワゴン 想い出をルーフに たくさん積み込んで 恋人が出来たなら 真っ先に教えて 遠くからカードと バラの花を贈るから  STAY WITH ME, BOY FRIEND あなたは 友だちのままでいて 何処かで悩む日は そっとなぐさめて WOO 恋なんて 過ぎてしまう だから NO NO NO ずっとそばに…  窓を大きく開けて 海の風を入れた せつなくはないけど 一緒にいて楽しいの  STAY WITH ME, BOY FRIEND 陽気な 友だちのままでいて 仕事に追われても たまに会いたいわ WOO 恋なんて 過ぎてしまう だから NO NO NO ずっとそばに…  ONLY YOU, BOY FRIEND 瞳の 輝きを消さないで まわりじゅうを みんな笑わせて  STAY WITH ME, BOY FRIEND あなたは 友だちのままでいて 悲しい日は そっとなぐさめて  ONLY YOU, BOY FRIEND 陽気な 友だちのままでいて まわりじゅうを みんな笑わせて…
月と星と太陽とカズンカズン小林和子漆戸啓漆戸啓あなたに逢えると思っていた 今日まで 疑いもしなかった 記憶も 未来も ふたりのために あったはずなのに 肩を落として 歩いてみたくなる そんな日があるよね  ひとからは 悲しそうにみえるかもしれない 空からは 小さすぎて点になるかもしれない  月と星と太陽と 全部抱きしめて 味方にしてごらん もう二度と悲しい恋と 間違えないで ここへ来て  どうしてさびしくなるんだろう 逢うたび 嬉しくてせつない 言葉が 心を 越えられなくて ふっと泣きたくなる 少し迷って 舗道にしゃがみこむ 私の手をひいて  いつからか 臆病に慣れてたかもしれない 愛されて 傷つけてしまうの こわいのかもしれない  コバルトの空は今日も 嘘を包んだり 愛をくれたりして 通り過ぎて気づかない ふたりにだけはね ならないで  明日には 少し遠く思うかもしれない 誰だって 悩んでないひとはいないかもしれない  月と星と太陽と 全部抱きしめて 味方にしてごらん もう二度と悲しい恋と 間違えないで そばにいて  月と星と太陽と ラララララララ ラララララ… 抱きしめて
ビート南佳孝南佳孝小林和子南佳孝やけに哀しい瞳で 俺を見るのはよしなよ オレンジのビルのシャドウが 流れ出すカウンター  昔話に酔うほど 甘い記憶もないけど ギムレット 片手で遊び 退屈を飲み干す  ここに居るのは まだ死ねないだけ いつ逢えるなんて わからないよ 夜は 気まぐれさ 次の 朝まで 夢を みないか  隅のソファでおまえは 靴も脱がずダウンさ 名前なら云わなくていい 想い出は邪魔だよ  人の心のダイヤは アイスピックで砕ける つかの間にネオンの海へ 飛び散れば上出来  ここに居るのは ただ時の流れ 明日の予言など 知っちゃいないさ 俺を抱いてくれ 星に なろうか つなぎ とめてくれ ほんの 淋しさ 夜が 深すぎて 何も 視えない
梅いちりん天童よしみ天童よしみ小林和子漆戸啓漆戸啓遠い 遠い 春はまだ遠く 風に ふるえる 梅いちりん 空を ごらん 流れてく雲よ かじかむ指で 暦をめくる  水の音 匂い立つ 風待草  誰よりも 誰よりそうさ しあわせに 焦がれる夢を 今日も抱いて 来るひとの 去るひとの 悲しみも あつめて咲いたよ 真っ先に 咲いたよ  白い 白い 花は風花 それは 春呼ぶ 梅いちりん 今は 遥か 父母の家よ 姿見えない うぐいすの声  日が暮れる 時がゆく 春告草  この冬を 越えたらきっと しあわせに 陽だまりの中 手を振っていた 決めた道 別れ道 人知れず 心で泣いたよ ひとりきり 泣いたよ  誰よりも 誰よりそうさ しあわせに 焦がれる夢を 今日も抱いて 来るひとの 去るひとの 悲しみも あつめて咲いたよ 真っ先に 咲いたよ  想い出も 咲いたよ 
25時のアベニュー村田和人村田和人小林和子村田和人人いきれの回転ドア 夜空に流れるイルミネーション 僕の明日と誰かの過去 もつれて歩けない街で虹を見た  Love You For The Night まぼろしでも (I Love You For The Night) Love You For The Night かまわないさ I Love You For The Night  ビルの谷間光の渦 表情変えない女達 何人でも愛せるさと 笑って答えた心が錆びついた  Love You For The Night 愛し方を (I Love You For The Night) Love You For The Night 忘れただけ I Love You For The Night  Love You For The Night まぼろしでも (I Love You For The Night) Love You For The Night かまわないさ I Love You For The Night  Love You For The Night うでの中へ (I Love You For The Night) Love You For The Night 夜の果てへ
ひまわりカズンカズン小林和子漆戸啓漆戸啓真夏の 太陽と 向き合う ひまわりに 負けないように 背すじを伸ばして 空に両手を 拡げよう  私に 出来なくて あなたに 出来ること 足りないものが みんなあるから 誰かを想う 愛になる  悲しい時は 泣いてください 嬉しい時には 歌を うたって 約束をして どんな時でも 決して 決して うつむかないで  一面の ひまわりと なつかしい 君の声 遠い背中を 追いかけた夏 風になろうよ 走ろうよ  満ち足りぬ この想い 寄せ返す 波のように 涙の数が ふえてゆくたび 本当の自分 出逢うよ  悲しい時は 泣いてください 嬉しい時には 歌をうたって 咲いたひまわり 咲いたひまわり 今年も あなたは 空に向かって  悲しい時は 泣いてください 嬉しい時には 歌をうたって 咲いたひまわり 咲いたひまわり 今年も あなたは 空に向かって  今年も あなたは 空に向かって  ラララララララ ラララララララ…
MOONSHINE小柳ゆき小柳ゆき小林和子鈴木直人鈴木直人遠い夢を 追いかけていた 叶わないこと 何もないと 近づくほど また逃げてゆく 今夜の月に 逆らえない  そばにいても 何もかも 見えていても 生まれる距離は (どうして) 素顔のまま 好きと言えた私を 抱きとめて  満ちてゆく月が 部屋じゅう 青いさざ波 連れて来る 誰よりも あこがれてる この想いを 伝えて  つらくなると すぐ逃げ出して 忘れるように していたかも 昼と夜が いつ変わっても 気にも止めずに 歩いていた  あの時そう 逢った時に 感じていた 見つめ合うたび (どうして) せつないほど 今を駆ける私が いることを  あなたを愛してゆくから 本当の意味で 強くなる さびしさを 手に入れたら もっとそばに 行きたい  満ちてゆく月が 部屋じゅう 青いさざ波 連れて来る 誰よりも ふるえている この想いを 伝えて  あなたを愛してゆくから 本当の意味で 強くなる さびしさを 手に入れたら もっとそばに 行きたい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Squall小柳ゆき小柳ゆき小林和子笹本安詞Masayuki Kumahara・斉藤仁・Tomoyuki Tanaka・Dan MiyakawaAH-降り出した 夏の雨 見上げているこの空 濡れてもいい あざやかな色 つかみたい  心が 泣き出しそうな日は いつだって そばにいてくれたね 言葉より 信じられるそんな ぬくもりを ずっと抱きしめている  違う夢 追いかけてても 金色の 翼があれば すぐにつながるから  AH-かぎりなく 青い空 続いていたあの夏 そこからまだ 卒業なんかしない 毎日が やって来る 流れてゆくあの雲 スピード上げて 新しい風に 吹かれよう  無邪気に はしゃいでいたことで 知らぬ間に 誰を傷つけたの この胸で 暖めてた想い まっすぐに 手紙に書いてみたよ  しあわせは かたちじゃなくて 大切と 言える時間を 分け合えることだね  AH-降り出した 夏の雨 見上げているこの空 埋めるものを さがせないままいるの 微笑みに 慣れないで 歩いてゆく街角 はじめて今 あの日の君と向き合うよ  知らないこともまだ たくさんあるけど 自分らしくていいんだと 君の声が 遠くても聴こえてる  AH-かぎりなく 青い空 続いていたあの夏 そこからまだ 卒業なんかしない 毎日が やって来る 流れてゆくあの雲 スピード上げて 新しい風に 吹かれよう
Who are you芳野藤丸芳野藤丸小林和子芳野藤丸Who are you? サングラスを横切る 陽灼けのイカシたお前は 何処から来たのか  Who are you? 少し手をやく女も 素敵さなんて笑えば 涼しい顔だね  サイドシートに埋ずめた肌の火照り 朝が来るまで黙って寝顔見てた やさしすぎて駄目な男に 一度位 なっていいよね  Who are you? 知っているのは仇名と ゆきずりほどのやさしさ 何処までゆくのか  Who are you? 来年ここで逢えても 顔さえ想い出せない 短かい出来事  淡い Rouge のフィルターだけが残る 赤い Body は夏の向こうへ消えた 蜃気楼を愛したやつが 一人位 いてもいいよね やさしすぎて だめな男に 一度位 なっていいよね  Who are you?  Who are you?......
夏の女芳野藤丸芳野藤丸小林和子芳野藤丸たわむれのシャワールームで さっきまで愛し合ってた 光が飛び散るプールサイドじゃ あなたはただの顔見知りだね  夏だというのに Broken Heart 性懲りもなしに I Love You すんなり 手に入る女なら はじめから 求めないさ 水着のラインを 追いかけながら 心の乾きを ジンで濡らした  アリバイの移り香だけが むせるほど真昼を焦がす 南の風吹くデッキチェアーで あなたは浅い眠りにつくよ  気楽な男の Broken Heart 許してしまえば I Love You この世で 出来すぎた女など はじめから 望まないさ 終わりが読めない 粋なミステリー 心の乾きを ジンで濡らした  ララララ ララララ ララララララララ  心の乾きを ジンで濡らした
HELLOW AGAIN -TINYVOICE YOUNG SOUL REMIX-FolderFolder小林和子小森田実小森田実何処から来るのだろう 何処まで行くんだろう サキソフォンが街を流れてく Never, Ever, Oh I Want You こんなにそばにいて ひどく遠くになる いくつものライトが過ぎてゆく Never, Ever, Oh I Need You  ルールじゃなくて 心のままに 手をさしのべて 時を駆ける  いつかきっと Hellow Again 君にたどりつくまでに 僕はどれだけの さびしさと出逢う ドアを開けて Hellow Again 見たい夢に届くまで 歩き出したんだ 二度とは戻れない  忘れないと思う 忘れるかもしれない 信号待ちで逃げないように Never, Ever, Oh I Need You  レールの上で ふられるダイス 変わらないもの 変わるすべて  夜を越えて Hellow Again 愛にたどりつくまでに それぞれの朝が 生まれて消えてく ふたりだけの Hellow Again 君をもっと好きになる 今まで知らない せつなさを抱いて  What's it gonna be Is it gonna be you and me Hey baby Baby,I'm so in love with you You could never stary  いつかきっと Hellow Again 君にたどりつくまでに 僕はどれだけの さびしさと出逢う ドアを開けて Hellow Again 見たい夢に届くまで 歩き出したんだ 二度とは戻れない 夜を越えて Hellow Again
Fighting Onはせもとひろはせもとひろ小林和子新田一郎光が裂ける 大地が叫ぶ 暗い闇に 愛を灯すように 未来のために 平和のために 魂ごと 亜空(そら)をとぶのさ 悪にいどんだ 戦士は誰も 心の炎 燃やして Fighting on, Fighting on, Fighting on Space, High and High 戦いの時だ Space, Fly to Fly 何処までもゆく はるかなる亜空(そら)を 守るのさ Fighting on, Fighting on, Fighting on スラングル  いなずま走れ 嵐を起こせ 純な瞳 まっすぐ投げて 命をかけた 戦士は誰も 勝利の誓い 刻んで Fighting on, Fighting on, Fighting on Space, High and High 戦いの時だ Space, Fly to Fly 何処までもゆく やすらぎの亜空(そら)を きずくまで Fighting on, Fighting on, Fighting on スラングル  悪にいどんだ 戦士は誰も 心の炎 燃やして Fighting on, Fighting on, Fighting on Space, High and High 戦いの時だ Space, Fly to Fly 何処までもゆく Space, High and High 戦いの時だ Space, Fly to Fly 何処までもゆく はるかなる亜空(そら)を 守るのさ Fighting on, Fighting on, Fighting on スラングル
クリスマスはどうするの?森川美穂森川美穂小林和子小森田実ふいに肩を叩かれた 12月の交差点 しばらくね 積もる話があるのよ クラクションを鳴らされて 大通りを駆け出せば 黄昏が にぎやかに瞬く  白い雪のディスプレイ ショーウィンドウのぞけば 私だけが変わってく そんな気もする  クリスマスはどうするの? 長いこと 捜していた クリスマスに会いたいと 思える誰かを  彼のことは聞かないで あの恋なら終ったわ それよりも スケジュール見て 明日の 一晩じゅう踊ろうか まぶしいほどおしゃれして 粉雪が 舞ってきたらいいな  きっと今夜 電話して 振り返って手を振る 何故あなたにあの頃は 気づかなかった  クリスマスに会いに来て あなたからの プレゼント クリスマスに会いに来て 微笑みをつれて  クリスマスはどうするの? 長いこと 捜していた クリスマスを過ごしたい 今年はあなたと  クリスマスに会いに来て あなたからの プレゼント クリスマスに会いに来て 微笑みをつれて  クリスマスはどうするの? 長いこと 捜していた クリスマスを過ごしたい 今年はあなたと  クリスマスはどうするの? 昔のように はしゃいで クリスマスを 飾りたい 今年はあなたと  La La La…
FIRE! FIRE!FolderFolder小林和子小森田実小森田実こわがらないで 平気だって 走り出した僕らの永遠 膨らんだシャツ スピードで 光はもう 流れるサーチライト  いつでも Coolになりたくないよ 熱い ビートに打たれていたい ブレーキなんて かからなくなる Fire  Wow Baby, Ride On My Fire Keep On, Ride On Fire, Bang! Bang! Bang! Bang! 新しい 花火を打ち上げよう 星の彼方へ Dreamin' Wow Baby, Ride On My Fire もっと もっと Fire, Bang! Bang! Bang! Bang! 腕から伝わるこの感じ いい感じ どこまでも Go!  ふらつかないで バランスが 大切だって君も言ったじゃない 真っすぐ 前だけを見て 星空が騒ぎはじめてる  何度も おんなじことを聞くなよ 君を 1000回好きと言わない 心の声が 空回りする Fire  Wow Baby, Ride On My Fire Keep On, Ride On Fire, Bang! Bang! Bang! Bang! 終わらない 夜をくぐり抜けて 走り続ける Dreamin' Wow Baby, Ride On My Fire もっと もっと Fire Bang! Bang! Bang! Bang! 鼓動がひとつになる感じ 楽しみはこれからだ Go!  It's paradise I'm so bad we need no DJ to mix for us let me tell you wanna ride on fire let's prime! I get up on your mic somethin' for that ass come and get some, everybody It's time a super duper fly break loose going down to da beat smooth don't nobody out here be mis' get busy one time  いつでも Coolになりたくないよ 熱い ビートに打たれていたい ブレーキなんて かからなくなる Fire  Wow Baby, Ride On My Fire Keep On, Ride On Fire, Bang! Bang! Bang! Bang! 新しい 花火を打ち上げよう 星の彼方へ Dreamin' Wow Baby, Ride On My Fire もっと もっと Fire Bang! Bang! Bang! Bang! 腕から伝わるこの感じ いい感じ どこまでも Go!
パラシューターFolderFolder小林和子小森田実小森田実飛んでゆける 何処でも Faraway Faraway Faraway 君となら 胸が熱くなるような Happy Day Happy Day Happy Day 一途な気持ち  ○と×じゃ 本当の 答えにならないよね 授業中も 頭は Confusion  愛されながら 愛したい 今宵こそSo シュールなポーズで 君の屋根に降りてゆくよ 運命的な 瞬間さ パラシューター 手と手をつないで 真夏のパレードへ  大事な時 どうして Careless Careless Careless 間違える カッコ悪い 僕さえ Someday Someday Someday 素敵と言って  見つめられて Doki Doki 必ずパスするから どんなテストも平気 One More Chance  夢見るだけじゃ 続かない 宝物にしてみせるさ 世界で 一番好きな君の笑顔 時間になんか 負けないで パラシューター 追いかけてゆこう ふたりだけの国へ  Heart beat goes bang bang bang YEAH! My mind in love love love PARACHUTER Here I come and I shoot down I'm gonna get your brand new love New generation make the new style It's the time to jump with the PARACHUTER  I'm your sweet PARACHUTER You're my Sweet brand new love  愛されながら 愛したい 今宵こそSo シュールなポーズで 君の屋根に降りてゆくよ 運命的な 瞬間さ パラシューター 手と手をつないで 真夏のパレードへ
NOW AND FOREVERFolderFolder小林和子小森由実小森田実砂がこぼれる 両手でほらすくうのに どうしてみんな 夢をこわすの 朝の光に 星が眠りにつく頃 翼ひろげて 君を守りたい  かわいた 微笑みに慣れないで Wow-wow 瞳をそらさずに何度でも伝えよう  SHA-LA-LA-LA 愛のうたよ あふれるほどの I Love You ときめきを このまま ずっと揺らさないで SHA-LA-LA-LA 光る風よ 生まれたままの Oh My Soul 永遠が あるなら Wow-wow Baby なくさないで  言葉にすれば 逃げてゆくかもしれない 失うことは とてもこわいよ でもそれ以上 誰かを好きになれたら どんな昨日も 輝きにする  時には わがままも投げかけて Wow-wow 心の 距離を埋められるなら いいんじゃない  SHA-LA-LA-LA 波のように 寄せては返す I Love You どこまでも このまま 歩いてゆけたら SHA-LA-LA-LA 遠い夢に 近づいて行く Oh My Soul 朝焼けの 彼方に Wow-wow Baby 手をのばそう 手をのばそう  SHA-LA-LA-LA 愛のうたよ あふれるほどの I Love You ときめきを このまま ずっと揺らさないで SHA-LA-LA-LA 光る風よ 生まれたままの Oh My Soul 永遠が あるなら Wow-wow Baby なくさないで Wow-wow Baby
九月の海松崎しげる松崎しげる小林和子馬飼野康二寄せる 波間に消えた 遠い夏の陽炎 横顔が まぶたの奥で やさしく揺れてる 坂の途中のテラス 夕陽 縁取る海は 人影を都会に戻し むなしく さざめく あの日あなたと別れた九月の海に 今 白いかもめが飛び立った 恋人よ あなたを 傷つけた 若い日 二度と帰る港も失くして ただ さまようだけ  薔薇も その色変えて 時の調べをうたう たよりない しあわせよりも ひととき愛した あの日あなたを忘れて真夏の海で ふと 甘い恋へと誘われた 恋人よ あなたは 許せると 笑った 時はいつか罪さえ流して 今 振り向く秋  恋人よ あなたを 傷つけた 若い日 二度と帰る港も失くして ただ さまようだけ
素直になってゆくV6V6小林和子秋元薫柿崎洋一郎時々 想うこと もしも あの日 ふたりは 逢えなけりゃ ただの景色だったよね  歩き出せば 何かにつまずいてる 君をどれだけ たすけたの もっともっと わがままも ぬくもりも ぶつけたらいいのに  Night & Day こたえならいらないさ こうしてるんだから Day By Day 僕たちは 少しずつ 素直になってゆく  届かない夢もある だけど いつも 体で感じなきゃ わからないことなんだ  声に出せず はぐくんでいたものが 同じ夢とは かぎらない 違ってても 大丈夫 ありのまま やれそうな気がするよ  Night & Day 眠らない この街の 悲しみがきこえる Day By Day 僕たちは そのたびに 寄り添って行こうよ Night & Day 沈まない 太陽を 探し続けるから Day By Day 僕たちは 少しずつ 素直になってゆく
パラシュートが落ちた夏吉川晃司吉川晃司小林和子佐藤隆君は ラジオ 砂に転がし 雨の予報にふくれっつらさ ふいにそらした眼差しにさえ 200マイルの距離が出来たね  シュロにざわめく風が変わると 波のラインも崩れてゆくよ 焼けたアドレスうずめて君は つぶやきまじり渚をキック  Good Good-bye Summer, Good Good-bye Girl 君は過去へと飛びたがっている Good Good-bye Summer, Good Good-bye Girl 僕は未来へ 飛びたいのさ  パラシュートが水平線かすめて落ちてゆく 今年の夏は おしまいさ Oh Baby Baby Woo Baby Can't You See  別に君にあきたんじゃないさ 自由な夏を選んだだけさ 背中合わせの 海岸通り 街へ戻れば 痛みも乾く  Good Good-bye Summer, Good Good-bye Girl 君は時計を止めたがっている Good Good-bye Summer, Good Good-bye Girl 僕は自然に 生きたいのさ  パラシュートが水平線かすめて落ちてゆく 今年の夏は おしまいさ Oh Baby Baby Woo Baby Can't You See  Good Good-bye Summer, Good Good-bye Girl Good Good-bye Summer, Good Good-bye Girl 僕は未来へ 飛びたいのさ
悲しみSWING本田美奈子.本田美奈子.小林和子西木栄二絹のドレス もつれながら 階段を 駆け降りたの 揺れるキャンドル 笑い声で すぐにあなたとわかった  私に気づいても 人違いと言って 目をそらして 熱い 渦の中へ  想い出がまわる SWING SWING 揺れるのは 誰のせい 悲しみと踊る SWING SWING どうしても 微笑みが つくれない  雨に煙る プールサイド いつまでも 抱き合ってた 夏の雲が ちぎれるよに 突然に はぐれた恋  偶然に会う日が 怖かった 本当は 金と銀の枯れ葉 窓をたたく  想い出の中へ SWING SWING 揺れるのは 私だけ 悲しみと踊る SWING SWING 忘れたと 思ってた はずなのに  今度こそあなたに さよならを言わなきゃ 他に誰も 心 許せないわ  想い出がまわる SWING SWING 過ぎた日はきれいなの 悲しみと踊る SWING SWING 思い切り 目の前を 横切るわ
孤独なハリケーン本田美奈子.本田美奈子.小林和子西木栄二砂丘の彼方 つむじ風が 吹き荒れるように めぐりあい 転びながら 走り出すよ 今日からはSOLDIER もう止まらない 熱い鼓動 あなたの胸に 耳をあて 終わりのない 旅を誓う 私のホライズン  苦しくて 泣けない時は 愛の水を 注ぎ込んで お互いを 確かめ合うの  いつも心に ハリケーン 雲を散らし 海を越えて 強くハリケーン やがて空に 吸い込まれて 眠る時まで みんな孤独なハリケーン 夢に敗れ 夢を抱いて 進むハリケーン 今 私の 生きるすべて 捨ててもいい Say good-bye lonely days  ライトの帯に 沈む夕日 どこまでだって 追いかけて 笑いながら 涙を知る 約束のSOLDIER  二度と会えない 遠い場所へ 運ばれたって 怖くない 同じ道と 信じている ふたりのホライズン  力尽きて 倒れた時は 肩をすぐに 抱き起こして 叫ぶように 名前呼び合うの  いつも心に ハリケーン 雲を散らし 海を越えて 強くハリケーン やがて空に 吸い込まれて 眠る時まで みんな孤独なハリケーン 夢に敗れ 夢を抱いて 進むハリケーン 今 私の 生きるすべて 捨ててもいい I wanna hold your heart  いつも心に ハリケーン 雲を散らし 海を越えて 強くハリケーン やがて空に 吸い込まれて 眠る時まで みんな孤独なハリケーン 夢に敗れ 夢を抱いて 進むハリケーン 今 私の 生きるすべて 捨ててもいい I wanna hold your heart
Nobody elseMAXMAX小林和子GROOVE SURFERS日高智そばにいて 願うほど 遠く感じる ありふれた ときめきで すまされないよ  軽い冗談 飛ばしてる 暇なんかないでしょ くちびるの 表情から わかるはずよ  Nobody else 愛は 強くなるためにね ふたりを試してる 夜もあると思う  壊れても かまわない 涙は捨てて来た 言葉とか 飾りとか もう欲しくない  サイドミラーに 震えてる 街の灯が流れて 同じ風 さがしている それが Fallin' Love  Nobody else 愛を ひとりにさせないで これから どんな 未来が待っていても Can't say Good-Bye 今は 何処へも帰れない 体は心ほど 嘘をつけないから あなたの 肩にもたれて 星がきれい 運命ってこと 抱きしめたい  今までした 経験が 役に立たないのよ 沈黙が 胸に響く かなり Fallin' Love  Nobody else 愛は 強くなるためにね 時には罠を しかけるかもしれない Can't say Good-Bye 今は 何処へも 帰れない 心は あなただけ 追いかけているから
GOAL20th Century20th Century小林和子Eddy Blues上野圭市ふたりは何処へ 行こうとしてる Maybe 眠らない鼓動に 聞いてみる  Baby, 風よ 強くもっと 向かい風だから きっと 迷わない もう今は 迷えない  It's so GOALまでの距離を はかるものは何もない くたびれた靴を 誇らしげに投げ出して GOALなんてないさ 誰も過ぎてそう言う 崩れそうな肩 かばうように 歩き出す 昨日より 生きている  やりたいことで あふれてしまう Welcome 快楽はいつでも きりがない  No, No, 声に出せばいいさ 本当に欲しいものを この街に 流されて 消える前に  It's so GOALまでのふたり やがてGOALを越えるよ 荷物ほどもない 思い出に 急かされて GOALだけがすべて なんて思わないけど 君と出逢ってから ひとつずつ 少しずつ 動き出す 熱くなる  Baby, 風よ 強くもっと 向かい風だから きっと 迷わない もう今は 迷えない  It's so GOALまでの距離を はかるものは何もない くたびれた靴を 誇らしげに投げ出して GOALなんてないさ 誰も過ぎてそう言う 崩れそうな肩 かばうように 歩き出す 何処までも 終わらない
LONELY WIND竹内まりや竹内まりや小林和子濱田金吾Lonely wind 入り江の Cafeに Lonely wind 吹き渡る風 Lonely wind けだるい日々を 脱け出したくて 華やかな Summer's end party 偶然ね また逢うなんて 二杯目の Wineに 浮かれ その腕で 朝陽を みたいけど “もう一度”って 言いかけて 言葉噤(つぐ)む Lonely wind わずかな 時が Lonely wind さらって しまう Lonely wind ときめく頃に もう戻れない  週末の Summer's end party 夜明けまで 踊ったものね なつかしい 最後の曲が 想い出を さそって 流れ出す “いいのよ もう” 時が 経てば 人は 変わる Lonely wind ドア1枚が Lonely wind 隔ててしまう Lonely wind あとは 一人で 風に舞うだけ  Lonely Wind, lonely lonely wind Lonely Wind, lonely lonely wind
愛は1/3カズンカズン小林和子カズン漆戸啓・三宅一徳やっぱり 逢うのやめようかな ふたりだと ぎこちなくなるの あの頃の あなたと彼と私 夜明けまで話したね  三人なら よく笑う君に 僕の役目は 何だったのだろう わかってる あいつがわざと来ないこと 待ってるよ いつまでも  夕焼けの空 川風に吹かれ深呼吸して 飛び立ったね それぞれの夢の場所 あれから愛は 1/3に別れてそのまま 思い出なんて 呼びたくはない  名前を 刻んだテーブル 君の姿を 今も捜してる 毎日が 退屈なわけじゃないけど あの頃に 勝てないよ  どちらかひとり 選ぶことなんて出来なかった 失うなら 友だちのままでいい 熱いココアを 1/3に分け合うみたいに 心はねぇ 分けられないの  夕焼けの空 川風に吹かれ深呼吸して 飛び立ったね それぞれの夢の場所 あれから愛は 1/3に別れてそのまま でも心は あの日にいるの
君のことカズンカズン小林和子カズン本間昭光逢いたくて 逢えなくて いつだって 君を想うよ この距離が 僕たちを 強くする  迎えに行こう 朝磨いた 自転車でね 住宅街 犬に吠えられた それはない ないよね 君のママ こっち見て 「やめなさい あんなの」 窓辺の君は 泣き出しそうな顔  I Wanna be Your Love 時には がっかりさせても I Wanna be Your Smile 後悔なんて させないよ  世の中も ラッキーも めくるめく カレイドスコープ ひとつだけ 変わらない 君のこと  行ってみたい 沖縄とか ふたりきりで 2泊3日 青いあの海へ 言い訳は どうしよう 日焼け止め 持ってゆこう アルバムに貼れない ふたりで撮った 写真が増えるけど  I Wanna be Your Love 君のこれからを まかせて I Wanna be Your Smile いつかわかって くれるはず  逢いたくて 逢えなくて いつだって 君を想うよ ハードルが 僕たちを 強くする  すぐにあきらめてた君が 変わるのを 見届けるよ  まっすぐに まっすぐに 何処までも 君を想うよ 心には 降り注ぐ 青い空  逢いたくて 逢えなくて いつだって 君を想うよ この距離が 僕たちを 強くする
ひとちがいカズンカズン小林和子カズン漆戸啓・清水信之熱い風に押されて ビルの中へかけ込む つま先立つ私は 彼の姿さがす 約束などないのに 会える気がしたこの店 ひといきれの向こうに 青いシャツを見たの  まるで私など知らないような顔で 「君には悪いけれど」 ねぇ誰に手を振ってるの?  ほんのひとちがいだと言って 誰か頬をつねって 目をさまして 幸せすぎるから 少し疑うだけと  待ち合わせの恋人 肩を寄せて出て行く 溶けたアイスウォーター 何を待っていたの? 「君にはまだ言えない 半年前のこと 別れたその彼女が 会いたいってゆうべ」  夏の夕暮れがブルーに染まる頃 「二人とも好きなんだ」 驚いた私残して  ほんのひとちがいだと言って 誰かおかしな夢と言って欲しい 世界中さがせば似てる男性はいるもの  見慣れたガラス窓にタクシー止める二人 なんだか遠い映画でも見てるみたい  ほんのひとちがいだと言って 誰か頬をつねって 目をさまして 幸せすぎるから 少し悲しいこと思うだけと  本当の事は見えないの 見えない方が良かったけど 世界中さがせば似てる男性はいるもの  彼とよく似た男性はいるから
恋する惑星カズンカズン小林和子小森田実小森田実タイヤが 砂を蹴って 渚を走れば 荷台で音立てるフィンが 泳ぎ出すよ ごめんね 無理を言って 眠そうなあなた 横顔を見てたら 何故か なつかしかった これで 三度目なのに  風に乗って 波が寄せて 突然 出逢うわ まるでひき合う 惑星のように 永遠なの 運命なの 偶然なんてないの Together, Together, Together, Together, 'Cause I Love You  初級の ダイバーでも 平気さと笑う はじめて潜る海の底 宝さがし やっぱり どきどきする マスクの向こう側 未知数のふたりの前に 何があるの? この手 離さないでね  もっと熱く もっと深く 涙も知りたい 空と海とが 溶け合う Horison あなたがいて 私がいて 愛する宇宙になる Together, Together, Together, Together, 'Cause I Love You  ひと夏の花火で 終わる恋じゃなくて クリオネを捜しに 行こうよ  風に乗って 波が寄せて ふたり旅をする まるでひき合う 惑星のように 永遠なの 運命なの 偶然なんてないの Together, Together, Together, Together, 'Cause I Love You Together, Together, Together, Together, 'Cause I Love You
想い出をつくろうカズンカズン小林和子小森田実小森田実スノーボードには 日付を入れて 同じゴールを めざしていたね  急なスロープ 数をこなして ひとり勝手に 大人にならないで  去年よりいいこと たくさんのいいこと ふたりの上に 降り積もるように 毛布にくるまって 見上げてる Star Light ぬくもりが 嬉しいよね  キャンドルの炎 揺れてる夜は みんなそれぞれの 夢がはじける  きっと私は くやしかったの 置いてきぼりに 何だかされそうで  想い出をつくろう 永遠につくろう 時には派手に ぶつかり合っても 大好きな笑顔は そのままで True Heart どんな日も ふたりのもの  熱いざわめき 盛り上がる頃 ウィンクでねぇ ロッジをぬけ出して  もっと遠いところへ ふたりだけで行こう ふもとの町の 灯りもうるんで 時々振り向いて 確かめて Darlin' いつまでも 近くにいて  想い出をつくろう 永遠につくろう あふれる気持ち シュプールのように 新しいページに 舞い上がれ Moment 何もかも まぶしすぎて  ぬくもりが 嬉しいよね
GOOD DAY I・N・G神崎まき神崎まき小林和子小森田実小森田実Monday,Tuesday,Wednesday,My Loving 今日もI・N・G 通りすぎた 恋なのに 色あせないよ  あんなやつのことなど きれいさっぱり 髪を切ると決めたら 火曜日だった  Monday,Tuesday,Wednesday,My Loving いつも I・N・G 心悲しい シャボン玉 月まで飛ばそ  Thursday,Friday,Saturday, My Dreaming 元気 I・N・G 泣いたはずの 恋なのに 忘れてゆくよ  もう鳴らない電話は 冷蔵庫の中 シャツを洗うついでに あいつも洗おう 洗ってしまえ  Thursday,Friday,Saturday,My Dreaming いつも I・N・G 心楽しい シャボン玉 たくさん飛ばそ  風が光る土曜の午後 彼を見た 胸の奥がつんとしたって 振り向かない  待ちに待ったおやすみ 誰と遊ぼう どんな服を着たって 自由なのにね 自由なのにね さみしいなんて  Sunday,Good-Day,Good-Bye My Darlin' 今日も I・N・G なぜかくやしいシャボン玉 すぐにはじけた  Sunday,Godd-day,Good-Bye My Darlin' いつも I・N・G 心楽しい シャボン玉 たくさん飛ばそ  Sunday,Godd-day,Good-Bye My Darlin' いつも I・N・G 心楽しい シャボン玉 たくさん飛ばそ
夏リフトから森川美穂森川美穂小林和子小森田実小林信吾光の輪の中を 遊覧船がすべる 風がそよぐ 足元で 夏草が 萌えて揺れた  空に近づいてく ピュアな自分に会える わざと 傷つけたあの日 私だけの やさしさと  嫌なやつだと 言われたら 別れやすいわ かわいくなんて なれないの 大事な時に  昔のことにこだわって 時を無駄にはしたくない 空に終りが ないように もっと 遠くを見たら 光が 跳ねて WANDER LAND  渋滞のバイパス まるでミニチュアの街 やがて 大きな痛みも 点のように 見えるでしょ  出すあてのない 絵葉書は 風に飛ばすよ ごめんねってただ それだけを 伝えたかった  私のために 立ち止まり 夢を忘れてほしくない この夏よりも 輝いて 今は 会えないけれど あなたを タフに生きて  昔のことにこだわって 時を無駄にはしたくない 空に終わりが ないように もっと 遠くを見たら 光が 跳ねて WANDER LAND
ストップ・ザ・カンバセーション浅野ゆう子浅野ゆう子小林和子筒美京平シーツの影から薄目を開けて 目醒めたばかりの彼を見てる 朝陽をさえぎる 陽に灼けた腕 抱き寄せられたら 女はFire  Let's Stop The Conversation みつめ合う 眼差しに 微熱が渦巻くの Let's Stop The Conversation ひとときのたわむれと ささやく調べに溶ける 言葉はいらない 美しいのは夢と消え去る恋  サファイアブルーの部屋着をはずし 肩からWinkすべらせるの 会話も少なく愛したあとで それきり逢えない恋ならSexy Let's Stop The Conversation 投げられた眼差しに 目眩を感じてる Let's Stop The Conversation 指先もしなやかに 背中に哀しみ描く 言葉はいらない 美しいのは夢と消え去る恋  Let's Stop The Conversation みつめ合う 眼差しに 微熱が渦巻くの Let's Stop The Conversation ひとときのたわむれと ささやく調べに溶ける 言葉はいらない 美しいのは夢と消え去る恋
ブルー&グレイ浅野ゆう子浅野ゆう子小林和子筒美京平Blue & Gray Blue & Gray 昨日を抱けないひと Blue & Gray Blue & Gray 明日を失くす私 琥珀の夜 グラスの中で はりつめた 想いが燃える 愛せるなら もっと強く 振られるなら もっと粋に 今はもう 言葉では愛を語れない Blue & Gray Blue & Gray いつでも醒めてるひと  横顔みせ くゆらす煙草 とぎれがちな 会話をつなぐ 答えのない 愛の中で 私はただ つめをかむの Blue & Gray Blue & Gray 何にも云わないひと  薄紅色 東の空に 背中を向け 靴はくあなた 続くのなら 笑いかけて 別れるなら すぐに消えて 今はもう想い出で 愛をつなげない Blue & Gray Blue & Gray そのまま振り向かずに なぐさめなら いらない Blue & Gray Blue & Gray そのまま振り向かずに なぐさめなら いらない
セレブレイション清水宏次朗清水宏次朗小林和子角松敏生セレブレイション 始まりは 電話に 低く流れた Good-bye 「たぶんこれが最後ね」 少し勝気な肩の線 海から戻る渋滞に 君のいらだち あおるようなクラクション 誰と比べてたのさ ドアをいきなり開けて 君はひとり海へ降りたつ セレブレイション サヨナラは あざやかな 夏に決めてくれ セレブレイション 想い出が 波のラインに くずれるトゥワイライト  角のドライブインで 雨をしのいだ遠い夏 気乗りのしない結婚を せまられてると 視線おとしたね ひどく きれいだったよ スモール・ランプだけで 君の背中照らしていよう セレブレイション すてきだった 楽しかった時を演じてよ セレブレイション それ以上 言葉にすれば せつないトゥワイライト  泣けない君のシルエット 逆光線で もう見えなくなる 誰と比べてたのさ 僕はタバコを揺らす 君はひとり海にたたずむ セレブレイション すてきだった 楽しかった時を演じてよ セレブレイション それ以上 言葉にすれば せつないトゥワイライト セレブレイション サヨナラは あざやかな 夏に決めてくれ セレブレイション 想い出が 波のラインに くずれるトゥワイライト
愛ゆえに……雪村いづみ雪村いづみ小林和子岸正之また愛するから 他人でいましょう 雨の道すがら 捨てて行って こなしきれない そう知ってはいても 気楽な人 ずっと演じていた  いつか みんな 終わりが来るわ だから せめて 寄り添うように  愛ゆえに女 恋ゆえに男 素敵なことに ふたりは旅人同士 忘れてみますか 続けてみますか 指を絡めて うつ向く女は 困るでしょ  灰皿の中 ふたつの煙草が 消したはずなのに 漂う日々 ふと見つめ合い 黙る横顔が さびしいから 今も魅かれてゆく  通り雨は 流れる川に そして何もなかったように  悲しみはすべて 燃やしてしまった あとには どんな想いも 残さぬように 何度も生まれて そのたび出逢って 泣いたとしても 私は私を 生きるだけ  愛ゆえに女 恋ゆえに男 素敵なことに ふたりは旅人同士 何度も生まれて そのたび出逢って 心のままに あなたの 名前を呼ぶでしょう
水晶の朝小林麻美小林麻美小林和子松任谷由実あなたのものになれても 私のものにならない恋を 包んであげる  夢見る頃はすべてが すぐにさわれる距離にいたのに 少し遠いの  ゆるやかな汽車 窓は一面 ひまわり畑 もうじき逢える  我がままさえも 魅力よ 知らずに誰を 傷つけてたの 赤い口紅  一番 淋しい人は あなたじゃなくて 私だったの 残酷な夢  なつかしそうに 微笑みかけて ほかの誰かの 名前を呼んだ  あなたのものになれても 私のものにならない恋が やっと終わるわ  髪を短く切っても あなたの駅を通りすぎても 叱られないわ そこは哀しい 水晶の朝
グランプリの夏小林麻美小林麻美小林和子井上陽水彼をかえして 急ぎすぎた日々 地上から アゲハが舞う夏へ  赤いBodyは 最後のコースへと すべり込む 焦げ出すオイル 爆発音を上げ 飛び散った  不思議な運命の 見えない指先が 彼女の未来を 変えたわ  彼が選んだ 生き方は一体 何だったの? ざわめきの中 残されたゴーグル 抱きしめて  あまりに哀しみが 強いともう何も 感じなくなって ゆくのね  燃える陽炎 Addio ti vogli amar 愛だけが 永遠へと駆ける  海沿いの街 グランプリの夏が また来るわ 残像にただ 魅せられて 彼女は 彼になる  孤独なドライバー あなたの倖せは ふたりぶん生きて ゆくこと  彼をかえして 急ぎすぎた日々 地上から アゲハが舞う夏へ  燃える陽炎 Addio ti vogli amar 愛だけが 永遠へと駆ける
リバーサイドで逢いましょう西城秀樹西城秀樹小林和子浜田金吾船山基紀黄昏の街の灯に おだやかな川景色 合鍵は捨てようか 思い出にしまおうか 忘れるまでにかかる時間は ふたり過ごした 月日の長さ  RIVER SIDE MEMORY 夢のように 不幸にして RIVER SIDE MEMORY 夢のように 愛すから 3年5年もっともっと遠い日に リバーサイドで会いましょう  約束の指先が 少しずつ 離れてく もう一度 言いかけて 顔埋め泣いた夜 ふたりが終わる時を知らずに 何故傷つけても 愛さなかった  RIVER SIDE MEMORY 波のように 連れて行って RIVER SIDE MEMORY 波のように ついてくるから セピアの街に 星が降る夜は リバーサイドで会いましょう  RIVER SIDE MEMORY 夢のように 不幸にして RIVER SIDE MEMORY 夢のように 愛すから 3年5年もっともっと遠い日に リバーサイドで会いましょう
ミルキー・ウェイ大場久美子大場久美子小林和子和泉常寛線路づたい 傘もささず 肩に止まる しずくはらう 迎えに来て くれるなんて 思っても みなかったの 赤いスポーツ・カーの 煙る窓に 街並みが 晴れてゆく 土曜日は MILKY WAY スピードの渦の中 めざす都会は まるでニューヨーク そして 手を振る 昨日の哀しみ SHA-LA-LA…  “元気だった?”そのことば あなたらしい 仲直りね 急に雨が 降ったことも 運命に 違いないの めぐり逢えた日の 空が見える ビル街の 隙間から 土曜日は MILKY WAY ブランクを飛び越えて 走る銀河は まるでハリウッド やがて 二人を包むの 倖せ  土曜日は MILKY WAY 夢ならば醒めないで バックミラーに 眠る TOKYO 二人 捜すの 明日のゆく先 SHA-LA-LA…
フルーツ詩集大場久美子大場久美子小林和子萩田光雄両手に抱いた レモンの籠に 夕陽がさせば プラム色 都会の空は またたきはじめ マスク・メロンの 月影揺れる 二人よく来た フルーツ・パーラー 想い出すたび 詩人になれる グラスの中の あの人が スカッシュの 泡のように 逃げて行った あの日 私が 泣いてしまえば 今の悲しみ なかった なかった  窓辺に置いた ガラスの鉢に オレンジ並ぶ キャンバスよ 絵の具の筆を すべらせながら 甘いしずくで 想い出洗う あれから来ない フルーツ・パーラー 借りてた本も 返せないまま ライムの青い せつなさが 胸の中 恋という字 消して行った あの日 素直に 好きと云えたら 今の淋しさ なかった なかった  あれから来ない フルーツ・パーラー 借りてた本も 返せないまま ライムの青い せつなさが 胸の中 恋という字 消して行った あの日 素直に 好きと云えたら 今の淋しさ なかった なかった
太陽はふたつない福山雅治福山雅治小林和子福山雅治砂嵐の向こう あれが 廃墟の都会だ 脱ぎ捨てるブーツと こぼれ落ちた砂の色  日没まで 身体をささえあい 眠る場所を とにかく捜さなきゃ  遠い日々 繰り返す 漂流者のように 目を閉じて 腕の中へ 太陽は ふたつない 愛もまた 同じ 静かに 闇へと  ざらつく喉ごしに ぬるい ビールを流して 久し振りに仰ぐ 星が 祝福をくれた  いつの間にか こんなに 遠くまで 歩いて来た 俺たち 地図もなく  いつまでも 眠れない 漂流者のように 唇に 歌をのせて 太陽は ふたつない 俺もまた ひとり この手に 抱くだけ  遠い日々 繰り返す 漂流者のように 目を閉じて 腕の中へ  いつまでも 眠れない 漂流者のように 唇に 歌をのせて  太陽は ひとつだけ…
オレンジの河今井美樹今井美樹小林和子中崎英也横顔だけで 「送るよ」と言うの 激しいワイパーのむこう インターチェンジ 渋滞の灯り 街中 深い海の底  車止めて 時間を忘れて 愛が終わるの 見たかった  さようなら ともだちでは 苦しいの 本気だったの オレンジの河は走る 消えては瞬く想い出を 追い越して  土曜日ならば 高速に乗って 最後の海を見たでしょう 幾つの恋が ここから生まれて 通りを 何処へ流れるの  近くに来た時は 電話して きっと 微笑んでみせるわ  これからは 髪のかたち 気にせずに 自由でいいの ここでいい 飛び出す街 お互い ひとりの孤独へと 帰るのね  さようなら ともだちでは 苦しいの 本気だったの オレンジの河は走る あなたを追えない哀しみも 流れてく
私の好きなキャサリン河合その子河合その子小林和子後藤次利冬の森を抜け 満天の星達 こおる風のなか こだまが きこえる  ステキな 時間はいつも まばたきで すぎて行く  ずっと ずっと ヒミツにして あいまいな 恋の日々 (Love me tender kiss me tender) 私だけの My キャサリン  あれが オリオン座 手のひらを 合わせて まるで 私達 ふしぎな 磁石ね  ときどき ケンカをしても あえないと 気がかりで  苦しいくらい 好きだったの それは 出さない 手紙 (Love me tender kiss me tender) あこれがれの Sweet my キャサリン 私だけの My キャサリン
NEVER FALL IN LOVE近藤真彦近藤真彦小林和子馬飼野康二馬飼野康二哀し気な瞳 そらさずに 聞いてくれ 君に話がある プライド捨てて 俺の腕に 飛び込めないなんて 愛じゃないよ  はかだよね俺も 意地張って 優しさの意味を 勘違いさ あいつに君を 逢わせたこと 後悔してないぜ 辛いだけさ  Never fall in love 心から愛して Never hold you tight 誰よりも愛して あざやかな 裏切れさ 次の恋は うまくやってくれ  傷ついた方が 気が楽さ 明日にでも 旅に出ればいいさ 平手打ちよりも 強い痛み 無口な娘に君を 変えちまったよ  Never fall in love この街を抱きしめ Never hold you tight この街を出ていく 色褪せた フォトグラフ 友達なら うまくやれたよね  Never fall in love 心から愛して Never hold you tight 誰よりも愛して あざやかな 裏切れさ 次の恋は うまくやってくれ
Afternoon Tea倉橋ルイ子倉橋ルイ子小林和子吉川忠英午後のテーブルで 紅茶でも 入れましょうか 降り注ぐ 太陽 時がゆっくりと 傾いてゆくわ  何も変わらない 振り向けば あなたがいて おだやかな 風景 道を行く人も 微笑みを投げる  しあわせの中で 生まれた孤独を 口に出せずに 並んで座る 同じ風を見て  髪を切ったのも 気づかないみたい  本をめくる音 誘われた 浅い眠り 夢色の風船 熱い紅茶さえ 冷たくなってた  想い出の中じゃ 年をとらないの 好きな時間に 戻るとしたら 出逢った日がいい  午後のテーブルで 幻を視てた あなたの隣で
SATISFACTION畠田理恵畠田理恵小林和子和泉常寛埃だらけのジープは 見覚えのあるNo.プレート 並んで追い越すFreeway 海はほら もうじき やっとあなたに 話すわ 去年の彼なの  私 生きてる気がしていない 我がまましても 何故 自分じゃないみたい  NO NO SATISFACTION いつも NO NO SATISFACTION 満たされすぎても ちょっと不幸ね NO NO SATIFACTION どこか NO NO SATISFACTION あなたはいい人 ごめんなさい 降ろして この恋  バックミラーに注いだ 視線に彼は気づいて 続けて鳴らしたクラクション 吸い込んだ青空 何が大切だったか 失くして 知るのね  私 あれから 恋してない 苦しんだぶん でも しあわせと言えたわ  NO NO SATISFACTION 恋は NO NO SATISFACTION ゴールがなくても 追いかけたいの NO NO SATISFACTION そうね NO NO SATISFACTION 踏み込むアクセル かれのジープ 消えたわ 波間に  NO NO SATISFACTION いつも NO NO SATISFACTION 満たされすぎても ちょっと不幸ね NO NO SATIFACTION どこか NO NO SATISFACTION あなたはいい人 ごめんなさい 降ろして この恋
ガラスのラブレター桑田靖子桑田靖子小林和子来生たかお新川博恋の花は 綺麗ではかない 咲いて散るのが 法則ね だけど私 あきらめきれずに 明日(あす)の日付を めくったの  気を引くために 他の彼(こ)と つき合った あの日  嫌いになりたい 強がりが 嘘をつくけれど みつめて下さい 真っすぐに そばにいさせて  恋の花は 季節に埋もれて 風が吹くたび 顔を出す そんな想い 痛みと期待と もてる人には わからない  忘れるために 遊んでも よみがえる あなた  嫌いになりたい 思い切り 憎めたらいいね 両手を下さい 今ならば 逃げないわ もう  嫌いになりたい 強がりが 嘘をつくけれど 教えてほしいの 傷ついて 透きとおる愛
漂流記大地真央大地真央小林和子大野克夫アスファルト 流れる雨のひとすじが 河になったら 僕はもうここには居ない あてもなく 流れてゆくよ  シャッターの降りた横須賀 陽の暮れのざわめきあとに 浪漫という切符を手に 荒れ狂う海に乗り出す  サンフランシスコ湾 男と女の サンフランシスコ湾 港はあるかい 旧いバーで 一人酔えば ああ 俺は今、漂う船だよ  海風に しめった煙草投げた時 火の粉が散った トレンチを肩からはおる 見も知らぬ 女と二人  折れそうな 女の肩 あの頃のおまえ 重ねた あばずれも腕の中では 淋し気な少女だったよ  サンフランシスコ湾 やさしい女の サンフランシスコ湾 枕はあるかい 空の壜に 謳いかける ああ 俺は今、漂う男さ  サンフランシスコ湾 やさしい女の サンフランシスコ湾 枕はあるかい 空の壜に 謳いかける ああ 俺は今、漂う男さ
恋=Do!田原俊彦田原俊彦小林和子小田裕一郎I wanna do! I wanna do! シャイなハートが欲しい I wanna do! I wanna do! もっと愛していいね  踊ろうよパーティー 二人のパーティー どうして窓辺を見つめて 泣いているのさ 星空に cha-cha 浮かんで Cha-Cha 恋する悲しみ 恐れちゃわかりあえないよ  I wanna do! I wanna do! 燃える瞳が揺れた I wanna do! I wanna do! 君を愛していいね  銀河のロケットに 二人とびのれば 夜をかけめぐる Feeling Heart Feeling Heart  I wanna do! I wanna do! シャイなハートが欲しい I wanna do! I wanna do! もっと愛していいね  終らないパーティー 不思議なパーティー 今夜は夢の向こうまで 連れて行きたい 泣かないで cha-cha このまま cha-cha たとえば遠く離れても 二人は一つさ  君が腰かける 涙のペイパームーン 腕に落ちてきて Feeling Heart Feeling Heart  I wanna do! I wanna do! 燃える瞳が揺れた I wanna do! I wanna do! 君を愛していいね
グッドラックLOVE田原俊彦田原俊彦小林和子小田裕一郎心変わりじゃないね 一人みつめるさよなら 赤いRougeひと色 香りにむせかえる 哀しいだけの恋に 疲れた僕を Please 抱いて やさしさの背中 見たくはなかったよ  愛されるはかない夢を笑え つかの間を飾るだけの Paradise 泣かないで 誰も悪くはないさ 今ならば云えるよ グッドラック My Love グッドラック My Love  雨に煙ったエアポート パントマイムでさよなら 人の波にまぎれて 消えてく細い影 上手くゆく恋なんて もう欲しくない Please 捨てて 哀しみの後を みつけに行きたかった  愛し合う愚かな夢を笑え 偽りと踊るだけの Paradise 行かないで 心がこわれそうさ 瞳を閉じて 20才のグッドラック My Love グッドラック My Love  Oh Love is really gone I'll never fall in love again But we have memories It's a lonely paradise  泣かないで 誰も悪くはないさ 今ならば 云えるよ グッドラック My Love グッドラック My Love
硝子のDiaryエルミナ(川澄綾子)エルミナ(川澄綾子)小林和子長岡成貢これは ほんの夢でしょうか? まばたきする 夜明けの海 蝶のように 跳ねる波を とても きれいだと思った  美しいものが好き それだけでしあわせ ほかの ことは 何も見えなかった  今日というこの日を 深呼吸したら まぶしすぎて 目を開けられない 間違えないように 嫌われないように そう決めたまま 生きていました 硝子のDiary  素足でほら 歩く渚 まだ冷たい 波打ち際 そっとすくう 白い砂は 指の 隙間こぼれてゆく  つらい時は泣けない 微笑みのプライド ヒトの ことは どうでもよかったの  友だちと言う名の 素晴らしいパラダイス 帰る場所は それぞれだけど 大切なものって かたちじゃないのね 捨てたとたん キラキラ光る 硝子のDiary  まぶしすぎて 目を開けられない 大切なものって かたちじゃないのね 捨てたとたん キラキラ光る 硝子のDiary
プール イン ザ レインカズンカズン小林和子カズンクロールでゆく 人波の中 降り出した 雨に追われて wow 明日も逢える いつもの笑顔で 約束は それが最後だった  時がくれた 静かな悲しみを 抱きしめても 今は なつかしい  AH- すれ違ったまま さよならもなしに でも こんな雨の街を泳げば 逢えるようで  恋人達の 傘が咲いてる 思い出は 何処へ流れるの 同じ街を それぞれのフォームで 違う夢に 今は 向かって  誰にもきっとしあわせな ふたりに見えたでしょう 恋のスピードに 遅れがちな日々に 背中が 遠くなる  AH- すれ違ったまま 戻れないけど でも こんな雨の街を泳げば 逢えるようで  クロールでゆく 人波の中 思い出を 追い越してから 忘れないわ それぞれのフォームで 同じ夢に 生きた 季節を
遠い夏休みカズンカズン小林和子カズン光に まどろみながら 海から届いた 風がほら 揺れる 歌う  絵日記 まとめてつけた あれは 8月が終わる頃 今も 宿題は消えない  花火の音 蝉の声 あの日に戻りたくなる 遠い夏休み  誰かが 探してるかも 電話もとれない 遠い島 風が さらさら流れる  夏期講習 あこがれのあの人 ぼんやり見てた 遠い夏休み  素敵な時間は 何故か 駆け足してるよ いつだって 風が さらさら流れる さらさら…
きっと逢えるカズンカズン小林和子カズンやりたいことが山ほど あったはずなのに 時間が余るなんて 贅沢なさみしさ  各駅に乗り 君の部屋 今も捜せる 何処かへ行こう あれからこの駅は過ぎてくだけ  君以外の 君以上の 誰かをそう好きになるよ ぽっかりと空いてる 心をよそに春の気配 きっと逢える 信じている 繰り返してるうちに 本当に 何でもなくなる  「男の方が何だか あとをひくみたい」 飛び込むセリフ 僕はうなづいてしまうよ  借りてた本と 貸していたCDの数と どっちが多い? 数えてみる前に終わったけど  君は変わる 僕も変わる 服の趣味や行きたい場所 変わらないものは 誰かを好きと言える気持ち きっと逢える 近づいてる 僕がなりたい僕に これ以上 後悔したくない  昔の友達 電話してみよう 大事なものって 恋だけじゃないさ  君以外の 君以上の 誰かをそう好きになるよ ぽっかりと空いてる 心をよそに春の気配 きっと逢える 信じている 繰り返してるうちに 今年も もう4月が来る
彼と彼女の夏カズンカズン小林和子杉真理あの夏 流行った バラードをかけて Du……  プールサイドに ふたりぶん 椅子を並べている Lazy Noon 渇いたハート うるおした ミントティーみたいな 彼との出逢い  水着の色も 日焼けの跡も 夏ごとに変わるけど  離さないで そう永遠に 愛している 愛されてる 素敵な嘘 死ぬまでついていて  カレンダーには 無印の 今日は何の日だか わかる? けだるい風に 運ばれて 今年もまた届く 知らないLove Song  笑う写真の ふたりの未来 色あせる日も そばに  小さなことで すれ違って 喧嘩のたびに また寄り添う やさしさなら 去年より増えてる  離さないで そう永遠に 愛している 愛されてる 素敵な嘘 死ぬまでついていて  あれから3年 また夏が来るわ Du……
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ライラック
  3. さよーならまたいつか!
  4. 366日
  5. キミがいれば

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×