ブレッド&バターの歌詞一覧リスト  101曲中 1-101曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
101曲中 1-101曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛したい 信じたい愛せない 人を愛せない 僕は どうしたのか 信じない 人を信じない 僕は どうすればいい  油の海を泳いでる 魚(さかな)よ苦しいか 砂漠(さばく)のなかを逃げて行く 子供は歌わない  生れたら 生きてることを 幸せと 思いたい 着るものは 少しでいいだろ 食べられりゃ いいだろ  兄弟よ地球が曲(まが)る 歯車が壊(こわ)れた 兄弟よ落ちないように 掴(つか)まえていてくれ  弱い者いじめは よせよ 嘘(うそ)つきは 針千本(はりせんぼん) 幼な児の ほほえみはいい 欲(よく)ばりに 見せたい  心がネ 病気だよ 早く治(なお)さなければ 愛を 取り返さなければ  消えかけた 夢と勇気を みんなで 集めたら どこからも 嘆(なげ)きの声が きこえて 来ないだろ…ブレッド&バター岩谷時子岩沢幸矢愛せない 人を愛せない 僕は どうしたのか 信じない 人を信じない 僕は どうすればいい  油の海を泳いでる 魚(さかな)よ苦しいか 砂漠(さばく)のなかを逃げて行く 子供は歌わない  生れたら 生きてることを 幸せと 思いたい 着るものは 少しでいいだろ 食べられりゃ いいだろ  兄弟よ地球が曲(まが)る 歯車が壊(こわ)れた 兄弟よ落ちないように 掴(つか)まえていてくれ  弱い者いじめは よせよ 嘘(うそ)つきは 針千本(はりせんぼん) 幼な児の ほほえみはいい 欲(よく)ばりに 見せたい  心がネ 病気だよ 早く治(なお)さなければ 愛を 取り返さなければ  消えかけた 夢と勇気を みんなで 集めたら どこからも 嘆(なげ)きの声が きこえて 来ないだろ…
愛すべきボクたちおにあいの恋人たちと 呼ばれたい けんかをしたり 甘えたり 会うたび君が 好きになる  それは それは 愛すべき それは それは 愛すべき この世の小さな出来事だけど  さざ波が心の中で ゆれている あまりに君は美しく 離れていると 心配さ  それは それは 愛すべき それは それは 愛すべき この世の小さな出来事だけど  恋をしてキスしたら そのあとで 二人の瞳の中に どうして涙あふれたの  それは それは 愛すべき それは それは 愛すべき この世の小さな出来事だけどブレッド&バター橋本淳筒美京平おにあいの恋人たちと 呼ばれたい けんかをしたり 甘えたり 会うたび君が 好きになる  それは それは 愛すべき それは それは 愛すべき この世の小さな出来事だけど  さざ波が心の中で ゆれている あまりに君は美しく 離れていると 心配さ  それは それは 愛すべき それは それは 愛すべき この世の小さな出来事だけど  恋をしてキスしたら そのあとで 二人の瞳の中に どうして涙あふれたの  それは それは 愛すべき それは それは 愛すべき この世の小さな出来事だけど
愛をあげるよ愛をあげるよ 僕の愛を 手塩にかけて磨いた愛を 君と上手に育ててみたい 愛をあげるよ 僕の愛を たんせい込めて作った愛を 君と素敵にバディー組んでみたい Don't you know? Don't you know? Come on, come on  愛をあげるよ 僕の愛を はじめて覚えた言葉で愛を 君と朝まで交わしてみたい 愛をあげるよ 僕の愛を 365日の愛を 君と何時でも何処でもそばにいたい Don't you know? Don't you know?  いつものように 名前を呼べば 笑顔がこぼれるよ 君の全てを 守ってあげる テュルッテュテュルー、テュルッテュテュウィアー、テュルッテュテュルー Good dog, good boy  愛をあげるよ 僕の愛を 春の陽気な日差しの愛を 君と遊んでいっぱいあびてみたい 愛をあげるよ 僕の愛を 陽炎立つ夏の愛を 君と揺らいで蒸発してみたい Don't you know? Don't you know?  今日は特別君のバースデー おしゃれして散歩の後の 食事は君の大好きな骨 テュルッテュテュルー、テュルッテュテュウィアー、テュルッテュテュルー Good dog Good boy いつものように 名前を呼べば 笑顔がこぼれるよ 君の全てを 守ってあげる テュルッテュテュルー、テュルッテュテュウィアー、テュルッテュテュルー Good dog, good boy  愛をあげるよ 僕の愛を 七つの海へ漕ぎ出す愛で 君とさまよい泳いでみたい 愛をあげるよ 僕の愛を 金波銀波の波間の愛へ 君と月夜に船出してみたい Don't you know? Don't you know? Come on, come on Love me do, love me do, come on, come onブレッド&バター岩澤幸矢岩澤幸矢・鳥山雄司鳥山雄司愛をあげるよ 僕の愛を 手塩にかけて磨いた愛を 君と上手に育ててみたい 愛をあげるよ 僕の愛を たんせい込めて作った愛を 君と素敵にバディー組んでみたい Don't you know? Don't you know? Come on, come on  愛をあげるよ 僕の愛を はじめて覚えた言葉で愛を 君と朝まで交わしてみたい 愛をあげるよ 僕の愛を 365日の愛を 君と何時でも何処でもそばにいたい Don't you know? Don't you know?  いつものように 名前を呼べば 笑顔がこぼれるよ 君の全てを 守ってあげる テュルッテュテュルー、テュルッテュテュウィアー、テュルッテュテュルー Good dog, good boy  愛をあげるよ 僕の愛を 春の陽気な日差しの愛を 君と遊んでいっぱいあびてみたい 愛をあげるよ 僕の愛を 陽炎立つ夏の愛を 君と揺らいで蒸発してみたい Don't you know? Don't you know?  今日は特別君のバースデー おしゃれして散歩の後の 食事は君の大好きな骨 テュルッテュテュルー、テュルッテュテュウィアー、テュルッテュテュルー Good dog Good boy いつものように 名前を呼べば 笑顔がこぼれるよ 君の全てを 守ってあげる テュルッテュテュルー、テュルッテュテュウィアー、テュルッテュテュルー Good dog, good boy  愛をあげるよ 僕の愛を 七つの海へ漕ぎ出す愛で 君とさまよい泳いでみたい 愛をあげるよ 僕の愛を 金波銀波の波間の愛へ 君と月夜に船出してみたい Don't you know? Don't you know? Come on, come on Love me do, love me do, come on, come on
青い地平線恋は悲しみ忘れ 心で舞(おど)る祭りさ  Dreaming Only tonight Just wanting Say good-bye in the morning light, I know It's a way to be, It's a way to be, for now  Dreaming Only tonight Just needing Watching you in my love It's a way to be, It's a way to be Love me forever my way  恋は男と女 二人きりの祭りさ  Dreaming Only tonight Just wanting Say good-bye in the morning light, I know It's a way to be, It's a way to be, for now  Dreaming Only tonight Just needing Watching you in my love It's a way to be, It's a way to be Love me forever my way  生きていてよかったと 君と出会ってまた思うブレッド&バターなかにし礼・Linda Rhee筒美京平田辺信一・細野晴臣恋は悲しみ忘れ 心で舞(おど)る祭りさ  Dreaming Only tonight Just wanting Say good-bye in the morning light, I know It's a way to be, It's a way to be, for now  Dreaming Only tonight Just needing Watching you in my love It's a way to be, It's a way to be Love me forever my way  恋は男と女 二人きりの祭りさ  Dreaming Only tonight Just wanting Say good-bye in the morning light, I know It's a way to be, It's a way to be, for now  Dreaming Only tonight Just needing Watching you in my love It's a way to be, It's a way to be Love me forever my way  生きていてよかったと 君と出会ってまた思う
朝の陽朝の陽が窓辺に さまよう 僕の瞳から雲を 取りさる 君はまだ夢の中で ほほえむ ぬくもりの白い腕が 僕の胸にやさしく感じる  朝の陽が窓辺に さまよう 僕の瞳から雲を 取りさる 君はまだ夢の中で ほほえむ ぬくもりの白い腕が 僕の胸にやさしく感じる  ぬくもりで猫のように 朝の陽の中 気持ちよく 寝る君ブレッド&バター岩沢二弓・岩沢幸矢岩沢二弓・岩沢幸矢岩沢幸矢・岩沢二弓朝の陽が窓辺に さまよう 僕の瞳から雲を 取りさる 君はまだ夢の中で ほほえむ ぬくもりの白い腕が 僕の胸にやさしく感じる  朝の陽が窓辺に さまよう 僕の瞳から雲を 取りさる 君はまだ夢の中で ほほえむ ぬくもりの白い腕が 僕の胸にやさしく感じる  ぬくもりで猫のように 朝の陽の中 気持ちよく 寝る君
あの頃のまま6時のターミナルで ふりむいたきみは 板に付いた紺色のスーツ 今でも気まぐれに街をゆくぼくは 変わらないよ ああ あのころのままさ  去りゆく若い時間をひとり止めているようで うらやましいやつだよとはじめて笑ってくれた  For yourself For yourself そらさないでおくれ その瞳を 人は自分を 生きてゆくのだから  ネクタイ少しゆるめ 寂しげなきみが 馴染みの店に腰すえる夜は 陽焼けした両足を投げだしてぼくも “Simon and Garfunkel” ああ ひさしぶりにきく  人生のひとふしまだ 卒業したくないぼくと たあいない夢なんかとっくに切り捨てたきみ  For myself For myself 幸せの形に こだわらずに 人は自分を 生きてゆくのだから  For myself For myself 幸せの形に こだわらずに 人は自分を 生きてゆくのだから  For yourself For yourself そらさないでおくれ その瞳を 人は自分を 生きてゆくのだからブレッド&バター呉田軽穂呉田軽穂細野晴臣・松任谷正隆6時のターミナルで ふりむいたきみは 板に付いた紺色のスーツ 今でも気まぐれに街をゆくぼくは 変わらないよ ああ あのころのままさ  去りゆく若い時間をひとり止めているようで うらやましいやつだよとはじめて笑ってくれた  For yourself For yourself そらさないでおくれ その瞳を 人は自分を 生きてゆくのだから  ネクタイ少しゆるめ 寂しげなきみが 馴染みの店に腰すえる夜は 陽焼けした両足を投げだしてぼくも “Simon and Garfunkel” ああ ひさしぶりにきく  人生のひとふしまだ 卒業したくないぼくと たあいない夢なんかとっくに切り捨てたきみ  For myself For myself 幸せの形に こだわらずに 人は自分を 生きてゆくのだから  For myself For myself 幸せの形に こだわらずに 人は自分を 生きてゆくのだから  For yourself For yourself そらさないでおくれ その瞳を 人は自分を 生きてゆくのだから
あの日のワンシーンひさしぶりねって 髪をおさえ 耳もとにささやく 季節はずれ 陽に焼けた あの頃の貴方だった  静かな人影 立ちならぶ本棚 あの日のワンシーン なつかしさの 待ち逢わせ あの頃に慣じめないね  いくつもの季節が それぞれに 流れ過ぎた 帰らざる季節が 二人を 引き寄せあった ただあの日のなつかしさ 話してみたかった  肩を抱きながら あの日にたそがれ 語り歩いた 輝きを 予感した あの頃に戻れないね  いくつもの季節が それぞれに 流れ過ぎた 帰らざる季節が 二人を 引き寄せあった ただあの日の楽しさ 貴方にみたかった  いくつもの季節が それぞれに 流れ過ぎた 帰らざる季節が 二人を 引き寄せあった…ブレッド&バター岩沢二弓岩沢二弓ひさしぶりねって 髪をおさえ 耳もとにささやく 季節はずれ 陽に焼けた あの頃の貴方だった  静かな人影 立ちならぶ本棚 あの日のワンシーン なつかしさの 待ち逢わせ あの頃に慣じめないね  いくつもの季節が それぞれに 流れ過ぎた 帰らざる季節が 二人を 引き寄せあった ただあの日のなつかしさ 話してみたかった  肩を抱きながら あの日にたそがれ 語り歩いた 輝きを 予感した あの頃に戻れないね  いくつもの季節が それぞれに 流れ過ぎた 帰らざる季節が 二人を 引き寄せあった ただあの日の楽しさ 貴方にみたかった  いくつもの季節が それぞれに 流れ過ぎた 帰らざる季節が 二人を 引き寄せあった…
雨上がりの四分休符夕立の後の 白い雲が クジラになって 泳いでく 猫の窓に あいさつして 隣町を目指して流れてく  僕等も後から ついて行こうか 夏休みはもう 来ないけど 虹のかけら 探したくて 見慣れた道ゆっくり 旅に出る  雨上がりの 四分休符 急ぐこと やめにしよう ふたり時計 巻き戻して 空を 空を 見てる  にぎやかな声は 消えて行った ふりだしになって ふたりきり 君の笑顔 見つけたくて あの言葉をつぶやく それでいい  雨上がりの 小休止 道草も 楽しくなる ふたり時間 同じテンポで 君と 君と 歩く  雨上がりの 四分休符 忘れれた 世界がある ふたり時計 動き始めた 風の 風の 中で 空を 空を 見てるブレッド&バターManna・岩澤幸矢岩澤幸矢鳥山雄司夕立の後の 白い雲が クジラになって 泳いでく 猫の窓に あいさつして 隣町を目指して流れてく  僕等も後から ついて行こうか 夏休みはもう 来ないけど 虹のかけら 探したくて 見慣れた道ゆっくり 旅に出る  雨上がりの 四分休符 急ぐこと やめにしよう ふたり時計 巻き戻して 空を 空を 見てる  にぎやかな声は 消えて行った ふりだしになって ふたりきり 君の笑顔 見つけたくて あの言葉をつぶやく それでいい  雨上がりの 小休止 道草も 楽しくなる ふたり時間 同じテンポで 君と 君と 歩く  雨上がりの 四分休符 忘れれた 世界がある ふたり時計 動き始めた 風の 風の 中で 空を 空を 見てる
一緒に暮らそうか南向きの窓に 白い雲 風を招くリトグラフ 二度目のアラームが 響く朝 君の鼻歌(うた)が聴こえる  いままで知らない 色が混ざる部屋で 次の頁をめくり 一緒に暮らそうか  ふたりで迎える 最初の夏が来る 忘れていた夢を 見るように  少し狭くなったクロゼット 君の服が増えてく 幸せがなにかが 少しだけ わかりかけた気がする  仕事の帰りに 食事でもしようか 人ゴミ かきわけて 手を振る君が見たい  心に残った 古い荷物はもう 想い出に捨てても いいのかもしれない  ふたりで迎える 最初の夏が来る 忘れていた夢を 見るようにブレッド&バター松井五郎岩澤二弓鳥山雄司南向きの窓に 白い雲 風を招くリトグラフ 二度目のアラームが 響く朝 君の鼻歌(うた)が聴こえる  いままで知らない 色が混ざる部屋で 次の頁をめくり 一緒に暮らそうか  ふたりで迎える 最初の夏が来る 忘れていた夢を 見るように  少し狭くなったクロゼット 君の服が増えてく 幸せがなにかが 少しだけ わかりかけた気がする  仕事の帰りに 食事でもしようか 人ゴミ かきわけて 手を振る君が見たい  心に残った 古い荷物はもう 想い出に捨てても いいのかもしれない  ふたりで迎える 最初の夏が来る 忘れていた夢を 見るように
If(日本語ヴァージョン)淋しいとささやくあなたを抱き 銀河へ行く夜汽車に乗る 遠ざかる地球を見つめながら 熱いキッス くりかえした 二人を結んでゆく 宇宙の神秘よ 星屑が窓辺を流れて行く つらい過去をさらって行く このまま眠らないで 夜空が続く限り  未来から不思議な勇気が来る 感じるまま手を重ねた あなたを離さないと はるかな神に誓うブレッド&バターDavid Gates・日本語詞:岡田冨美子David Gates田原音彦・徳武弘文淋しいとささやくあなたを抱き 銀河へ行く夜汽車に乗る 遠ざかる地球を見つめながら 熱いキッス くりかえした 二人を結んでゆく 宇宙の神秘よ 星屑が窓辺を流れて行く つらい過去をさらって行く このまま眠らないで 夜空が続く限り  未来から不思議な勇気が来る 感じるまま手を重ねた あなたを離さないと はるかな神に誓う
今はひとり朝の小雨降る 舗道の中を 背中まるくして 歩きつづけた 過ぎた日を追っていると わかっていても 思い出される あの日の君の姿 思い出される あの日の君の姿  朝の陽さしこむ 君の部屋で 君のあたたかい 白い腕の中 何処にもない やすらぎがある 思い出される あの日の君の姿 思い出される あの日の君の姿  過ぎた日を追っていると わかっていても 思い出される あの日の君の姿 思い出される あの日の君の姿…ブレッド&バター岩沢二弓岩沢幸矢朝の小雨降る 舗道の中を 背中まるくして 歩きつづけた 過ぎた日を追っていると わかっていても 思い出される あの日の君の姿 思い出される あの日の君の姿  朝の陽さしこむ 君の部屋で 君のあたたかい 白い腕の中 何処にもない やすらぎがある 思い出される あの日の君の姿 思い出される あの日の君の姿  過ぎた日を追っていると わかっていても 思い出される あの日の君の姿 思い出される あの日の君の姿…
INCANTATION「何もかも忘れ いつまでも このまま ここにいたい」と ささやくあなた だけど許された時間 無情に過ぎ 二人の心に ため息隠す  今 この時が流れ去るのを 止めるため すべて何かに身を任せて 見つめ続けた  喜びと虚しさ 月に遊ばれる まるで波のよう 寄せては かえす たがい一目逢って 同じ運命に 流されてたのが 想い出に見えた  今 この時を永遠へと 導くため すべて心の扉を開けて 抱きしめあった  「何もかも忘れ いつまでも このまま ここにいたい」  今 この時を永遠へと 導くため 呪文の言葉を繰り返して 唄いつづけた  「何もかも忘れ いつまでも このまま ここにいたい」…ブレッド&バター岩沢二弓岩沢二弓「何もかも忘れ いつまでも このまま ここにいたい」と ささやくあなた だけど許された時間 無情に過ぎ 二人の心に ため息隠す  今 この時が流れ去るのを 止めるため すべて何かに身を任せて 見つめ続けた  喜びと虚しさ 月に遊ばれる まるで波のよう 寄せては かえす たがい一目逢って 同じ運命に 流されてたのが 想い出に見えた  今 この時を永遠へと 導くため すべて心の扉を開けて 抱きしめあった  「何もかも忘れ いつまでも このまま ここにいたい」  今 この時を永遠へと 導くため 呪文の言葉を繰り返して 唄いつづけた  「何もかも忘れ いつまでも このまま ここにいたい」…
うたかたの日々石畳の路地で 聞こえくる声に振り返れば いつか見た姿 古い建物の陰に ひそかに記憶の白い花が 蕾つけている  霞むように そびえる 摩天楼 ガラスに映った現実は 幻影  懐かしいあの日の世界が 遠いとは限らない うたかたの時間を この胸に 吸い込んで 歩く黄昏  地下鉄のホームでは くぐもる響きが想い出より 深く懐かしく ざわめきに包まれ 生まれる前の 知るはずない 景色を見ている  川のように 流れる 光は ときに渦巻いて戸惑いながら  懐かしい未来の扉が 遠いとは限らない うたかたの街が 見てる 夢だろうか 遠い日の 記憶は消えずにとどまり 混ざり合い漂えば この角 曲がると すぐに 出逢えそうな あの頃の日々  手を伸ばしたら ふいに 見えなくなる うたかたの日々ブレッド&バター藤井青銅岩澤二弓石畳の路地で 聞こえくる声に振り返れば いつか見た姿 古い建物の陰に ひそかに記憶の白い花が 蕾つけている  霞むように そびえる 摩天楼 ガラスに映った現実は 幻影  懐かしいあの日の世界が 遠いとは限らない うたかたの時間を この胸に 吸い込んで 歩く黄昏  地下鉄のホームでは くぐもる響きが想い出より 深く懐かしく ざわめきに包まれ 生まれる前の 知るはずない 景色を見ている  川のように 流れる 光は ときに渦巻いて戸惑いながら  懐かしい未来の扉が 遠いとは限らない うたかたの街が 見てる 夢だろうか 遠い日の 記憶は消えずにとどまり 混ざり合い漂えば この角 曲がると すぐに 出逢えそうな あの頃の日々  手を伸ばしたら ふいに 見えなくなる うたかたの日々
美しいハリケーン海鳴りに めざめれば 左の腕は ぬけがら ルージュのついた 吸いがらが 浅い夢のかたみ 美しいハリケーン 激しくて短いよろこび かすれたお前の 笑い声が 耳もとに残る  人気(ひとけ)ない海岸は 嵐のあとの寂しさ 若い日は 真夏だけの 恋にも酔えたのに お前は今頃 都会(まち)へ行く列車に乗った頃 大人の恋ほど 疲れに似た 哀しみで終る  美しいハリケーン 思い出は高くうねる波 こうして誰もが 心の夏に 別れを告げるブレッド&バター山川啓介岩沢二弓海鳴りに めざめれば 左の腕は ぬけがら ルージュのついた 吸いがらが 浅い夢のかたみ 美しいハリケーン 激しくて短いよろこび かすれたお前の 笑い声が 耳もとに残る  人気(ひとけ)ない海岸は 嵐のあとの寂しさ 若い日は 真夏だけの 恋にも酔えたのに お前は今頃 都会(まち)へ行く列車に乗った頃 大人の恋ほど 疲れに似た 哀しみで終る  美しいハリケーン 思い出は高くうねる波 こうして誰もが 心の夏に 別れを告げる
Angel Love風…振り向けば そっと しのびこみ ひんやりした革のソファ 波の音 モノクロームの肖像写真  雨…気がつけば 雲のすきま 光 差したとき 砂色に褪せたハンモック 揺れる海 知らないはずの記憶  Angel Love 失うための笑顔 Angel Love いくつも繰り返して微睡み 誰かを待つのもいい  星…誘われて テラスを裸足で 歩くころ 月にかかる虹 夢の香り たどり着けない現在に  Angel Love 忘れられた涙 Angel Love 一つずつ集め微睡み 誰かを待つのもいい あなたを待つのもいいブレッド&バター藤井青銅岩澤二弓風…振り向けば そっと しのびこみ ひんやりした革のソファ 波の音 モノクロームの肖像写真  雨…気がつけば 雲のすきま 光 差したとき 砂色に褪せたハンモック 揺れる海 知らないはずの記憶  Angel Love 失うための笑顔 Angel Love いくつも繰り返して微睡み 誰かを待つのもいい  星…誘われて テラスを裸足で 歩くころ 月にかかる虹 夢の香り たどり着けない現在に  Angel Love 忘れられた涙 Angel Love 一つずつ集め微睡み 誰かを待つのもいい あなたを待つのもいい
Old Friends窓の外 かすむ海 そしてコーヒーが3つ テーブルの向こう側 並ぶ君とあいつ 友情はくずれないからと あの時僕は笑ったけれど 本当は僕の胸の中で 泣いてほしかったんだ  My Old Friends 傷ついても それでいいと思ってた My Old Love 幸せなら それでいいと思っていた  秋の陽が落ちるより はやく過ぎた日々を なぞるように 海風にマストが鳴っているよ いつも真中に君がいた そんな想い出を笑いあえば あの時の君の悲しそうな 笑顔 想い出すよ  My Old Friends あいつとなら それでいいと思ってた My Old Love 幸せなら それでいいと思ってた  My Old Friends 傷ついても それでいいと思ってた My Old Love 幸せなら それでいいと思っていたブレッド&バター岩沢幸矢・田口俊岩沢幸矢・矢島マキ窓の外 かすむ海 そしてコーヒーが3つ テーブルの向こう側 並ぶ君とあいつ 友情はくずれないからと あの時僕は笑ったけれど 本当は僕の胸の中で 泣いてほしかったんだ  My Old Friends 傷ついても それでいいと思ってた My Old Love 幸せなら それでいいと思っていた  秋の陽が落ちるより はやく過ぎた日々を なぞるように 海風にマストが鳴っているよ いつも真中に君がいた そんな想い出を笑いあえば あの時の君の悲しそうな 笑顔 想い出すよ  My Old Friends あいつとなら それでいいと思ってた My Old Love 幸せなら それでいいと思ってた  My Old Friends 傷ついても それでいいと思ってた My Old Love 幸せなら それでいいと思っていた
海岸へおいでよすれちがう季節が見えるような 海岸へおいでよ たまには 何もかも すっぽかして 中距離を走れば 余計なことは みんな風に飛んで 裸足の自分になれるよ  光は岩の影に 反射して 砕ける波の音は くりかえすララバイ きみがいつも安らかであるように  あんまり お天気が良い日だから どうしてるかと…  きみが遠くへ行っていたとしても ここで変わらずにくらすよ  今では ひとけもまばらになって 今でも 黄色い長靴は置いてあるよ きみが 幸せならばそれでいい  悲しくて しかたのないときは 海岸へおいでよ 過ぎた足あと 波が消して そこに 裸足の自分がいるのさブレッド&バター松任谷由実松任谷由実すれちがう季節が見えるような 海岸へおいでよ たまには 何もかも すっぽかして 中距離を走れば 余計なことは みんな風に飛んで 裸足の自分になれるよ  光は岩の影に 反射して 砕ける波の音は くりかえすララバイ きみがいつも安らかであるように  あんまり お天気が良い日だから どうしてるかと…  きみが遠くへ行っていたとしても ここで変わらずにくらすよ  今では ひとけもまばらになって 今でも 黄色い長靴は置いてあるよ きみが 幸せならばそれでいい  悲しくて しかたのないときは 海岸へおいでよ 過ぎた足あと 波が消して そこに 裸足の自分がいるのさ
隠れ場所ママがくれた 年をとった藤の椅子 こいつとても座り心地良くて ペットのようで wow 散歩連れて いきたいくらい  聞こえてくる such a wonderful wonderful song 塀のむこう 誰かが歌ってる 乗り越えようか それともここにいて 耳をすませ めぐらせようか  Looking for the rainbow とっておきの Looking for the angel 隠れ場所 Looking for the star shine 時のない隠れ場所 Looking for the heaven  きしむ椅子は やすらぎの音色 しばし ごぶさたしていたけれども 暇をつくって 塗りかえてあげるよ うすめの黄色がいいのかな  見せて欲しい such a beautiful beautiful dream 夜はたまに 贈り物くれる 月も星も隠れてるよ 今夜は 怪しいお客がくるのかな  Looking for the rainbow 鍵のない Looking for the angel 隠れ場所 Looking for the star shine こころ遊ぶ隠れ場所 Looking for the heaven  Looking for the rainbow とっておきの Looking for the angel 隠れ場所 Looking for the star shine 時のない隠れ場所 Looking for the heaven  Looking for the rainbow 鍵のない Looking for the angel 隠れ場所 Looking for the star shine こころ遊ぶ隠れ場所 Looking for the heaven  Looking for the rainbow とっておきの Looking for the angel 隠れ場所 Looking for the star shine 時のない隠れ場所 Looking for the heavenブレッド&バター岩沢幸矢・岩沢二弓岩沢幸矢・岩沢二弓ママがくれた 年をとった藤の椅子 こいつとても座り心地良くて ペットのようで wow 散歩連れて いきたいくらい  聞こえてくる such a wonderful wonderful song 塀のむこう 誰かが歌ってる 乗り越えようか それともここにいて 耳をすませ めぐらせようか  Looking for the rainbow とっておきの Looking for the angel 隠れ場所 Looking for the star shine 時のない隠れ場所 Looking for the heaven  きしむ椅子は やすらぎの音色 しばし ごぶさたしていたけれども 暇をつくって 塗りかえてあげるよ うすめの黄色がいいのかな  見せて欲しい such a beautiful beautiful dream 夜はたまに 贈り物くれる 月も星も隠れてるよ 今夜は 怪しいお客がくるのかな  Looking for the rainbow 鍵のない Looking for the angel 隠れ場所 Looking for the star shine こころ遊ぶ隠れ場所 Looking for the heaven  Looking for the rainbow とっておきの Looking for the angel 隠れ場所 Looking for the star shine 時のない隠れ場所 Looking for the heaven  Looking for the rainbow 鍵のない Looking for the angel 隠れ場所 Looking for the star shine こころ遊ぶ隠れ場所 Looking for the heaven  Looking for the rainbow とっておきの Looking for the angel 隠れ場所 Looking for the star shine 時のない隠れ場所 Looking for the heaven
岸辺のフォトグラフ川面に映った飛行機雲 小石で揺らして 黙って泣いたね 何か僕に隠しているの 壊れてく心を確かめるよう 右手の時計に耳当てた 友だちのままいたかったね… 君の影を踏んでみたよ 哀しくて 少女の君が首を傾げ 僕の横で微笑ってるね 岸辺のフォトグラフ 小舟の形に君が折った  夏の日の写真 きらめく想いが 流されるの並んで見てた 君の吹く草笛だけが届く 変わらずいてねと聴こえたよ 他の誰かに恋してるの 傷つけてもかまわないさ 言ってくれ 淡い想いを映し込んだ その青さが瞳にしみたよ 岸辺のフォトグラフ 友だちのままいればよかった…  小さくなる君の影に ささやくよ 少女の君が首を傾げ ごめんねって微笑ってるね 岸辺のフォトグラフ 哀しい幻さブレッド&バター売野雅勇芹澤廣明川面に映った飛行機雲 小石で揺らして 黙って泣いたね 何か僕に隠しているの 壊れてく心を確かめるよう 右手の時計に耳当てた 友だちのままいたかったね… 君の影を踏んでみたよ 哀しくて 少女の君が首を傾げ 僕の横で微笑ってるね 岸辺のフォトグラフ 小舟の形に君が折った  夏の日の写真 きらめく想いが 流されるの並んで見てた 君の吹く草笛だけが届く 変わらずいてねと聴こえたよ 他の誰かに恋してるの 傷つけてもかまわないさ 言ってくれ 淡い想いを映し込んだ その青さが瞳にしみたよ 岸辺のフォトグラフ 友だちのままいればよかった…  小さくなる君の影に ささやくよ 少女の君が首を傾げ ごめんねって微笑ってるね 岸辺のフォトグラフ 哀しい幻さ
傷だらけの軽井沢黒いレースの ガウンをまとい 夜が静かに ボクらをつつむ さそわれるまま あなたと歩く 言葉いらない 二人の世界 ここは天国 軽井沢 素敵な恋が 心のとびら ひらくのよ ララ…  つくり話しの 愛情だから 甘えきれない あなたの胸に 夏が過ぎれば 傷あとだらけ 香りのぬけた 香水みたい ここは天国 軽井沢 年上のひとに 抱きしめられて 恋をした  一年たてば 軽井沢 素敵な恋も 枯葉のように 傷だらけ ララ…ブレッド&バター橋本淳筒美京平矢野誠・弓矢黒いレースの ガウンをまとい 夜が静かに ボクらをつつむ さそわれるまま あなたと歩く 言葉いらない 二人の世界 ここは天国 軽井沢 素敵な恋が 心のとびら ひらくのよ ララ…  つくり話しの 愛情だから 甘えきれない あなたの胸に 夏が過ぎれば 傷あとだらけ 香りのぬけた 香水みたい ここは天国 軽井沢 年上のひとに 抱きしめられて 恋をした  一年たてば 軽井沢 素敵な恋も 枯葉のように 傷だらけ ララ…
奇蹟のヴィーナスあの頃の 君はまだ 折れそうな少女だった 夕暮れを追い駆けて 息を切らせてた  ガラスのボタン止めた ドレスの中で時は流れて  奇蹟のような女になった 幻みたいに 男はいつも見つめるだけさ Oh,Venus 誰のもの  脱ぎ捨てたシルエット 抱いて眠りたい  いとしさ隠しきれず 自動ピアノも音をはずすよ  めまいのような女になった 漂う海なら このまま船を沈めたくなる Oh,Venus 惑わせる  奇蹟のような女になった 反らせた背中で 流れる水を楽しむような Oh,Venus 誰のもの  奇蹟のような女になった 幻みたいに 男はいつも見つめるだけさ Oh,Venus 誰のものブレッド&バター石川あゆ子岩沢二弓あの頃の 君はまだ 折れそうな少女だった 夕暮れを追い駆けて 息を切らせてた  ガラスのボタン止めた ドレスの中で時は流れて  奇蹟のような女になった 幻みたいに 男はいつも見つめるだけさ Oh,Venus 誰のもの  脱ぎ捨てたシルエット 抱いて眠りたい  いとしさ隠しきれず 自動ピアノも音をはずすよ  めまいのような女になった 漂う海なら このまま船を沈めたくなる Oh,Venus 惑わせる  奇蹟のような女になった 反らせた背中で 流れる水を楽しむような Oh,Venus 誰のもの  奇蹟のような女になった 幻みたいに 男はいつも見つめるだけさ Oh,Venus 誰のもの
君がいた夏 [セイラリエス]憶えているかい? 波の具合を 毎朝 眺めた 歩道橋を 嵐の後は バイト抜け出し ペダルを急がせ 海に行ったね  風が歌った あのメロディー 抱えきれない 夢のかけら うかれ騒いだ 長い夜 そして「君」がいた  時間(とき)がたっても 生き方だけは 変わりはしないと信じてきた  忘れはしない あのメロディー 歌いつづける 陽射しのリフレイン 気ままにすごす まぶしさは 君が おしえてくれた  終わらぬ夏の あのメロディー 誰もが今も 待ち続ける 昔話と 笑うかい けれど「君」はずっと  暑い陽射しの中 僕を見つめていて 暑い陽射しの中 どうか見つめていてブレッド&バターMANNA岩沢幸矢憶えているかい? 波の具合を 毎朝 眺めた 歩道橋を 嵐の後は バイト抜け出し ペダルを急がせ 海に行ったね  風が歌った あのメロディー 抱えきれない 夢のかけら うかれ騒いだ 長い夜 そして「君」がいた  時間(とき)がたっても 生き方だけは 変わりはしないと信じてきた  忘れはしない あのメロディー 歌いつづける 陽射しのリフレイン 気ままにすごす まぶしさは 君が おしえてくれた  終わらぬ夏の あのメロディー 誰もが今も 待ち続ける 昔話と 笑うかい けれど「君」はずっと  暑い陽射しの中 僕を見つめていて 暑い陽射しの中 どうか見つめていて
君の声をください暮れ行く空の蒼さに ふたりの影が溶けてく 心の深い場所にある ことば 隠して  君を思うことから 本当はすこし逃げてた かすかにふれた 指がさみしさを知るまで  何も言わないで 答えになる 笑顔がまだつくれない 逢いたくなる弱さ わかりあえますか  君の声をください もう一度 君の声をください 決して はなさないように 悲しませないように 時間をとめて 抱きしめていたい  ひとりで眠る夜には 覚めない夢が彷徨う せつなく香る ぬくもりの意味を 残して  そばにいて欲しい もしもそれで 涙の痕消えるなら 枯れない花がある 季節を知りたい  君の声をください 幸せになれる 声をください 決して 壊さないように 泣くことのないように 誰より強く 抱きしめていたい  君の声をください もう一度 君の声をください 決して はなさないように 悲しませないように 時間をとめて 抱きしめていたいブレッド&バター松井五郎岩澤二弓・鳥山雄司鳥山雄司暮れ行く空の蒼さに ふたりの影が溶けてく 心の深い場所にある ことば 隠して  君を思うことから 本当はすこし逃げてた かすかにふれた 指がさみしさを知るまで  何も言わないで 答えになる 笑顔がまだつくれない 逢いたくなる弱さ わかりあえますか  君の声をください もう一度 君の声をください 決して はなさないように 悲しませないように 時間をとめて 抱きしめていたい  ひとりで眠る夜には 覚めない夢が彷徨う せつなく香る ぬくもりの意味を 残して  そばにいて欲しい もしもそれで 涙の痕消えるなら 枯れない花がある 季節を知りたい  君の声をください 幸せになれる 声をください 決して 壊さないように 泣くことのないように 誰より強く 抱きしめていたい  君の声をください もう一度 君の声をください 決して はなさないように 悲しませないように 時間をとめて 抱きしめていたい
KEEP IT ALIVEListen to the wind blow all around us Summer days and sunny days all around us Don't be afraid, dream on, little girl And it's now or never, so keep it alive  Listen for the rainfall in the month of May Listen to the night fall quietly Here I stand in warm September wind Hoping it will wash away all the pain  As long as music goes on and on I'm willing to keep our love alive When you do the things you do Time with you is always new If you feel the same, I need to know  Keep it alive, once again Smile, once again Love, once again I'm willing to take another chance  Listen to the wind blow all around us Summer days and sunny days all around us Don't be afraid, dream on, little girl And It's now or never, so keep it alive  As long as music goes on and on I'm willing to keep our love alive When you do the things you do Time with you is always new If you feel the same, I need to know  Keep it alive, once again Smile, once again Love, once again I'm willing to take another chanceブレッド&バターケン田村岩沢二弓Listen to the wind blow all around us Summer days and sunny days all around us Don't be afraid, dream on, little girl And it's now or never, so keep it alive  Listen for the rainfall in the month of May Listen to the night fall quietly Here I stand in warm September wind Hoping it will wash away all the pain  As long as music goes on and on I'm willing to keep our love alive When you do the things you do Time with you is always new If you feel the same, I need to know  Keep it alive, once again Smile, once again Love, once again I'm willing to take another chance  Listen to the wind blow all around us Summer days and sunny days all around us Don't be afraid, dream on, little girl And It's now or never, so keep it alive  As long as music goes on and on I'm willing to keep our love alive When you do the things you do Time with you is always new If you feel the same, I need to know  Keep it alive, once again Smile, once again Love, once again I'm willing to take another chance
9月のプレリュード嵐が夏を つれて行き いつしか海は 秋の空 ぼくの肩に そっと頬をのせ 君が口ずさむ “CLOSE TO YOU” 今ならわかるよ いくつもの別れは 若すぎた 日々の彼方で 君にめぐり逢い 愛するため 9月の このやさしい日だまりを 歩きはじめよう 幸せへ  初めて君に 会った時 抱いてた猫も 今はもう ぼくの部屋で のんびり暮らして 時々ふたりの 邪魔してる 今なら話せる 孤独とひきかえに 追いかけた 夢の数々 また君のために夢を追うよ 9月は 人恋しさ実る国 育てよう愛を ゆるやかに ゆるやかに ゆるやかに…ブレッド&バター山川啓介岩澤二弓嵐が夏を つれて行き いつしか海は 秋の空 ぼくの肩に そっと頬をのせ 君が口ずさむ “CLOSE TO YOU” 今ならわかるよ いくつもの別れは 若すぎた 日々の彼方で 君にめぐり逢い 愛するため 9月の このやさしい日だまりを 歩きはじめよう 幸せへ  初めて君に 会った時 抱いてた猫も 今はもう ぼくの部屋で のんびり暮らして 時々ふたりの 邪魔してる 今なら話せる 孤独とひきかえに 追いかけた 夢の数々 また君のために夢を追うよ 9月は 人恋しさ実る国 育てよう愛を ゆるやかに ゆるやかに ゆるやかに…
GOOD OLD DAYSすべてが去って 時を枕に アルバムを開いてみた すぎた昔を ひもときながら 忘れかけた 友に会い あわてて名前 書きとめながら 昔をはじてしまった  時の流れ 淡く やさしく 時のはやさ 哀しく むごい good old days good old days good old days good old days good old days good old days  黄ばんだ写真 ほほえむ君に 何故か ほほが赤らんだ 初めて知った 愛の喜び 風に吹かれ 舞い上る 昨日の夢も 今日見る夢も ただ安らぎに似ている  時の流れ 淡く やさしく 時のはやさ 哀しく むごい good old days good old days good old days good old days good old days good old days…ブレッド&バター市原愛彦・岩沢幸矢岩沢幸矢・岩沢二弓ブレッド&バターすべてが去って 時を枕に アルバムを開いてみた すぎた昔を ひもときながら 忘れかけた 友に会い あわてて名前 書きとめながら 昔をはじてしまった  時の流れ 淡く やさしく 時のはやさ 哀しく むごい good old days good old days good old days good old days good old days good old days  黄ばんだ写真 ほほえむ君に 何故か ほほが赤らんだ 初めて知った 愛の喜び 風に吹かれ 舞い上る 昨日の夢も 今日見る夢も ただ安らぎに似ている  時の流れ 淡く やさしく 時のはやさ 哀しく むごい good old days good old days good old days good old days good old days good old days…
GOOD MORNINGまださめず夢の中で ほほえむかわいい寝顔に さわやかな風とともに そっと耳もとでささやくのさ Good Morning Good Morning すてきな朝に Good Morning Good Morning すてきな日曜 Good Morning  やわらかいふとんの中で 楽しいことを思い出しながら ぐっすりとおやすみなさい まくらもとで祈っているから Good Night Good Night すてきな夢を Good Night Good Night すてきな日曜 Good Night  Good Night Good Night すてきな夢を Good Night Good Night すてきな夢を Good Night…ブレッド&バター岩沢二弓岩沢二弓矢野誠まださめず夢の中で ほほえむかわいい寝顔に さわやかな風とともに そっと耳もとでささやくのさ Good Morning Good Morning すてきな朝に Good Morning Good Morning すてきな日曜 Good Morning  やわらかいふとんの中で 楽しいことを思い出しながら ぐっすりとおやすみなさい まくらもとで祈っているから Good Night Good Night すてきな夢を Good Night Good Night すてきな日曜 Good Night  Good Night Good Night すてきな夢を Good Night Good Night すてきな夢を Good Night…
子豚と××××僕と子豚は部屋の中でヌクヌク 子豚が手づくりの3時のおやつを食べていた 僕と子豚は部屋の中でヌクヌク 子豚は僕に耳うって早く食べなよ次がある  窓の外ではあわ風船 子豚が飛ばしたあわ風船  僕と子豚は部屋の中でヌクヌク 子豚は僕の手をとって 四文字しようとさいそく 僕と子豚は部屋の中でヌクヌク 子豚と僕は抱きあって昨日と同じことする  窓の外ではあわ風船 子豚が飛ばしたあわ風船  僕と子豚は部屋の中でヌクヌク 子豚も僕も満足顔 明日もしようと約束  窓の外ではあわ風船 子豚が飛ばしたあわ風船ブレッド&バター岩沢二弓・岩沢幸矢岩沢二弓・岩沢幸矢岩沢幸矢・岩沢二弓僕と子豚は部屋の中でヌクヌク 子豚が手づくりの3時のおやつを食べていた 僕と子豚は部屋の中でヌクヌク 子豚は僕に耳うって早く食べなよ次がある  窓の外ではあわ風船 子豚が飛ばしたあわ風船  僕と子豚は部屋の中でヌクヌク 子豚は僕の手をとって 四文字しようとさいそく 僕と子豚は部屋の中でヌクヌク 子豚と僕は抱きあって昨日と同じことする  窓の外ではあわ風船 子豚が飛ばしたあわ風船  僕と子豚は部屋の中でヌクヌク 子豚も僕も満足顔 明日もしようと約束  窓の外ではあわ風船 子豚が飛ばしたあわ風船
SUMMER BLUE夏の光が 砕け散る海辺 瞳を閉じて あの頃を思う 慣れ過ぎた恋に 背中向けたままで 別れる自由も 奪ったあの季節 Summer Blue Summer Blue 愛さない罰さ  白い砂丘に 照り返す陽ざし くわえた煙草 潮風にしみる 通り過ぎた恋は 海の底で眠れ 断崖砕ける 波のような季節 Summer Blue Summer Blue 愛さない罰さ  きっと明日は 気分さえ変わり 都会の中で 生きてゆくだろう 伸びてゆく影を 一人見つめながら 何もない夏が 似合いすぎる季節 Summer Blue Summer Blue 空だけが青い Summer Blue Summer Blue 空だけが青いブレッド&バター小林和子岩沢二弓夏の光が 砕け散る海辺 瞳を閉じて あの頃を思う 慣れ過ぎた恋に 背中向けたままで 別れる自由も 奪ったあの季節 Summer Blue Summer Blue 愛さない罰さ  白い砂丘に 照り返す陽ざし くわえた煙草 潮風にしみる 通り過ぎた恋は 海の底で眠れ 断崖砕ける 波のような季節 Summer Blue Summer Blue 愛さない罰さ  きっと明日は 気分さえ変わり 都会の中で 生きてゆくだろう 伸びてゆく影を 一人見つめながら 何もない夏が 似合いすぎる季節 Summer Blue Summer Blue 空だけが青い Summer Blue Summer Blue 空だけが青い
寒い朝今日も寒い日になるね コーヒーカップの白い指 なにげなく貴女(あなた)は 吐息をみせて 暦では春 まちどおしいね  窓の外を見上げれば 遠い山に残り雪 寒さには弱いと 都会に育った 貴女の肩を そっと抱いた  金色にひかる 夏のざわめきに 陽に焼けた 貴女に出逢った  ダウン着込んだ貴女を やっと散歩につれ出す 北風の浜辺は 人影もみえず ふたりの姿 潮にけむる  金色にひかる 波にあこがれて 過ぎゆく冬 貴女は見てる  明日の事など 気にしたくないと つぶやく貴女 強く抱いた  金色にひかる 波の輝きに 陽に焼けた 貴女が映る…ブレッド&バター岩沢二弓岩沢二弓今日も寒い日になるね コーヒーカップの白い指 なにげなく貴女(あなた)は 吐息をみせて 暦では春 まちどおしいね  窓の外を見上げれば 遠い山に残り雪 寒さには弱いと 都会に育った 貴女の肩を そっと抱いた  金色にひかる 夏のざわめきに 陽に焼けた 貴女に出逢った  ダウン着込んだ貴女を やっと散歩につれ出す 北風の浜辺は 人影もみえず ふたりの姿 潮にけむる  金色にひかる 波にあこがれて 過ぎゆく冬 貴女は見てる  明日の事など 気にしたくないと つぶやく貴女 強く抱いた  金色にひかる 波の輝きに 陽に焼けた 貴女が映る…
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
さよならの贈り物風吹くスタジアム 俯(うつむ)く影がふたつ 冷たい人ねって君の頬が濡れた  あいつのいちばん大事な 人を好きになった罰だね 僕だけ泣けばいい  グラブで隠したサインさ 君が好きさ好きさ好きさって 胸でつぶやくよ  ボードに並んでく 僕の愛さゼロが  ひとりにしてくれよ 切なく背中向けた 涙に気付いたら君が不幸になる  この恋終りを告げても 君を君を想う日々が Ah 僕には始まるよ  ボードに名前が消えるね 愛は愛は愛は切ない 夏の残像(まぼろし)さ夢さ  誰も哀しみのヒーローさ 青い傷を胸に刻んで 青春(まなつ)にすれ違う  誰も哀しみのヒーローさ 愛は愛は愛は哀しい 生きる誇りだね  さよなら それだけが 僕の贈り物さブレッド&バター売野雅勇芹澤廣明芹澤廣明風吹くスタジアム 俯(うつむ)く影がふたつ 冷たい人ねって君の頬が濡れた  あいつのいちばん大事な 人を好きになった罰だね 僕だけ泣けばいい  グラブで隠したサインさ 君が好きさ好きさ好きさって 胸でつぶやくよ  ボードに並んでく 僕の愛さゼロが  ひとりにしてくれよ 切なく背中向けた 涙に気付いたら君が不幸になる  この恋終りを告げても 君を君を想う日々が Ah 僕には始まるよ  ボードに名前が消えるね 愛は愛は愛は切ない 夏の残像(まぼろし)さ夢さ  誰も哀しみのヒーローさ 青い傷を胸に刻んで 青春(まなつ)にすれ違う  誰も哀しみのヒーローさ 愛は愛は愛は哀しい 生きる誇りだね  さよなら それだけが 僕の贈り物さ
THANKS MY LADY(ひとときの水彩画)あなたを愛するまでは ぼくの心は 小さな 窓もない部屋だった  たとえば 花も季節で それぞれの歌 歌うと 聞かされた あなたから  Thanks My Lady Thanks My Lady このぼくは生きていた Thanks My Lady Thanks My Lady 別れても あなたから 教えられた 豊かな夢 忘れない  あなたと暮していると 朝も夕べも きれいに 描かれた水彩画  Thanks My Lady Thanks My Lady このぼくは変わったよ Thanks My Lady Thanks My Lady 別れても これからは 心だけは 豊かでいる  Thanks My Lady Thanks My Lady 別々になるけれど Thanks My Lady Thanks My Lady ありがとう 夢の日を 忘れないよ 忘れないよ  Thanks My Lady Thanks My Lady 別々になるけれど Thanks My Lady Thanks My Lady ありがとう 夢の日をブレッド&バター山上路夫岩沢二弓あなたを愛するまでは ぼくの心は 小さな 窓もない部屋だった  たとえば 花も季節で それぞれの歌 歌うと 聞かされた あなたから  Thanks My Lady Thanks My Lady このぼくは生きていた Thanks My Lady Thanks My Lady 別れても あなたから 教えられた 豊かな夢 忘れない  あなたと暮していると 朝も夕べも きれいに 描かれた水彩画  Thanks My Lady Thanks My Lady このぼくは変わったよ Thanks My Lady Thanks My Lady 別れても これからは 心だけは 豊かでいる  Thanks My Lady Thanks My Lady 別々になるけれど Thanks My Lady Thanks My Lady ありがとう 夢の日を 忘れないよ 忘れないよ  Thanks My Lady Thanks My Lady 別々になるけれど Thanks My Lady Thanks My Lady ありがとう 夢の日を
SUNSHINEいつしか君のシフトにはまってる スピードかなり上がってきてる  亜麻色の長い髪 睫毛をくすぐる  T-SHIRT姿 海辺のLOVE AFFAIR JACKET姿 都会のランデブー  君といると何もかも 新しい色に染まる  SUNSHINE IN MY BRAIN 予期せぬ太陽 遊ばれてるのそれとも少しはマジなの MOONSHINE IN MY SOUL 麗しの腰つき 振り回されても意外に悦にいっている  このままふたりで どこまでも、どこまでも シャングリラ目指して ブレーキは踏まない  君とならどこにいても 楽しい時が過ぎていく  月夜のドレス 魅惑的な肩 朝陽に光る シーツに溶ける肌  空のかなたからささやく 天使のような笑い声  SUNSHINE IN MY BRAIN 突然の太陽 偶然の物語それとも定められてたの MOONSHINE IN MY SOUL いとしの唇 会えば会うだけすべてがずっと良く変わってる  君といると何もかも 新しい色に染まる  SUNSHINE IN MY BRAIN 予期せぬ太陽 遊ばれてるのそれとも少しはマジなの MOONSHINE IN MY SOUL 麗しの腰つき 振り回されても意外に悦にいっている  SUNSHINE IN MY BRAIN 突然の太陽 偶然の物語それとも定められてたの いとしの唇 抱きしめるだけですべてがずっと良く変わってるブレッド&バター岩澤二弓岩澤二弓鳥山雄司いつしか君のシフトにはまってる スピードかなり上がってきてる  亜麻色の長い髪 睫毛をくすぐる  T-SHIRT姿 海辺のLOVE AFFAIR JACKET姿 都会のランデブー  君といると何もかも 新しい色に染まる  SUNSHINE IN MY BRAIN 予期せぬ太陽 遊ばれてるのそれとも少しはマジなの MOONSHINE IN MY SOUL 麗しの腰つき 振り回されても意外に悦にいっている  このままふたりで どこまでも、どこまでも シャングリラ目指して ブレーキは踏まない  君とならどこにいても 楽しい時が過ぎていく  月夜のドレス 魅惑的な肩 朝陽に光る シーツに溶ける肌  空のかなたからささやく 天使のような笑い声  SUNSHINE IN MY BRAIN 突然の太陽 偶然の物語それとも定められてたの MOONSHINE IN MY SOUL いとしの唇 会えば会うだけすべてがずっと良く変わってる  君といると何もかも 新しい色に染まる  SUNSHINE IN MY BRAIN 予期せぬ太陽 遊ばれてるのそれとも少しはマジなの MOONSHINE IN MY SOUL 麗しの腰つき 振り回されても意外に悦にいっている  SUNSHINE IN MY BRAIN 突然の太陽 偶然の物語それとも定められてたの いとしの唇 抱きしめるだけですべてがずっと良く変わってる
THE CROWイカシたあの娘(こ)は Tiki girl 奴ぁ狙い定めてる コツコツ露骨な態度で 目を輝かせて 功夫の優雅さで射止める 黒ずくめの狙撃手  He's just a crow It's a beautiful morning Walking like a dinosaur そいつぁ crow It's a beautiful day 歩く姿は dinosaur  イカレたあの娘は Zombie girl すえた香水振りまく ゾクゾク身震いいざなう 嗚呼、魅惑のJET気流! 気もそぞろに羽を伸ばすだけ 西から東へ  He's just a crow It's a beautiful morning Walking like a dinosaur  そいつぁ crow It's a beautiful day さては secret asian man 奴ならポリネシアンモーテル 美女にもたれ涅槃のポーズ じゃなきゃまたぞろチャイナタウン 遍路はるばるカーニバル  イチヴィチトゥイニーウィニー奴の とんとウワサ聞かない 粋がるやさぐれ I don't care 誰も行方を知らない  He's just a crow It's a beautiful morning Walking like a dinosaur そいつぁ crow It's a beautiful day さては secret asian man 奴ならポリネシアンモーテル 美女にもたれ涅槃のポーズ じゃなきゃまたぞろチャイナタウン 遠路はるばるハンニバル  He's just a crow It's a beautiful morning Walking like a dinosaur そいつぁ crow It's a beautiful day さては secret asian man 奴ならポリネシアンモーテル 美女にもたれ涅槃のポーズ じゃなきゃまたぞろチャイナタウン 宴もたけなわ Heaven's Fun!ブレッド&バターかせきさいだぁ岩沢二弓イカシたあの娘(こ)は Tiki girl 奴ぁ狙い定めてる コツコツ露骨な態度で 目を輝かせて 功夫の優雅さで射止める 黒ずくめの狙撃手  He's just a crow It's a beautiful morning Walking like a dinosaur そいつぁ crow It's a beautiful day 歩く姿は dinosaur  イカレたあの娘は Zombie girl すえた香水振りまく ゾクゾク身震いいざなう 嗚呼、魅惑のJET気流! 気もそぞろに羽を伸ばすだけ 西から東へ  He's just a crow It's a beautiful morning Walking like a dinosaur  そいつぁ crow It's a beautiful day さては secret asian man 奴ならポリネシアンモーテル 美女にもたれ涅槃のポーズ じゃなきゃまたぞろチャイナタウン 遍路はるばるカーニバル  イチヴィチトゥイニーウィニー奴の とんとウワサ聞かない 粋がるやさぐれ I don't care 誰も行方を知らない  He's just a crow It's a beautiful morning Walking like a dinosaur そいつぁ crow It's a beautiful day さては secret asian man 奴ならポリネシアンモーテル 美女にもたれ涅槃のポーズ じゃなきゃまたぞろチャイナタウン 遠路はるばるハンニバル  He's just a crow It's a beautiful morning Walking like a dinosaur そいつぁ crow It's a beautiful day さては secret asian man 奴ならポリネシアンモーテル 美女にもたれ涅槃のポーズ じゃなきゃまたぞろチャイナタウン 宴もたけなわ Heaven's Fun!
JAPANESE WOMANかぐや姫の生まれ変わりのような人 虫も殺さぬ Ah‐ 声をかけるとそっとうつむき首すじを もみじに染める  JAPANESE WOMAN 愛を恥ずかしがる JAPANESE WOMAN 人をはじく瞳 Ah‐ 裏を見せぬ強さ JAPANESE WOMAN 細い柳腰に JAPANESE WOMAN 刃(やいば)隠している  男の人みんな狼こわいわと 誘い断わり Ah‐ 趣味じゃないわ 暇つぶしにもならないと 笑ってるかも  JAPANESE WOMAN 愛をつかむために JAPANESE WOMAN うまく変身する Ah‐ 裏を見せぬ強さ JAPANESE WOMAN 独り眠れぬ夜 JAPANESE WOMAN 爪を磨いている  JAPANESE WOMAN 濡れた瞳 JAPANESE WOMAN 気がありそう JAPANESE WOMANブレッド&バター岡田冨美子岩沢幸矢かぐや姫の生まれ変わりのような人 虫も殺さぬ Ah‐ 声をかけるとそっとうつむき首すじを もみじに染める  JAPANESE WOMAN 愛を恥ずかしがる JAPANESE WOMAN 人をはじく瞳 Ah‐ 裏を見せぬ強さ JAPANESE WOMAN 細い柳腰に JAPANESE WOMAN 刃(やいば)隠している  男の人みんな狼こわいわと 誘い断わり Ah‐ 趣味じゃないわ 暇つぶしにもならないと 笑ってるかも  JAPANESE WOMAN 愛をつかむために JAPANESE WOMAN うまく変身する Ah‐ 裏を見せぬ強さ JAPANESE WOMAN 独り眠れぬ夜 JAPANESE WOMAN 爪を磨いている  JAPANESE WOMAN 濡れた瞳 JAPANESE WOMAN 気がありそう JAPANESE WOMAN
JULIANNE天の河に白波 高くしぶきあげ 恋しい人の船出 袖に星まとい 徒然涙に暮れて 君の振る手ははかなすぎる  Oh Julianne Oh Julianne 愛しい優しいあなたは 愛しい優しいあなたは  笹の葉に千代紙 旗(たな)びく 七日の文月 一歳瀬 君を待ちて 僕は夏の草 白鳥星を運びて 君が瞳 優しい  Oh Julianne Oh Julianne 愛しい優しいあなたは 愛しい優しいあなたは  Oh Julianne How long we ran We saw the sunrise It blinded blue our eyes Enter the moon and the stars Fade away the softly shining sun Bring along the darkness and the dust…ブレッド&バター岩沢幸矢・David Wallace・伊達歩岩沢幸矢天の河に白波 高くしぶきあげ 恋しい人の船出 袖に星まとい 徒然涙に暮れて 君の振る手ははかなすぎる  Oh Julianne Oh Julianne 愛しい優しいあなたは 愛しい優しいあなたは  笹の葉に千代紙 旗(たな)びく 七日の文月 一歳瀬 君を待ちて 僕は夏の草 白鳥星を運びて 君が瞳 優しい  Oh Julianne Oh Julianne 愛しい優しいあなたは 愛しい優しいあなたは  Oh Julianne How long we ran We saw the sunrise It blinded blue our eyes Enter the moon and the stars Fade away the softly shining sun Bring along the darkness and the dust…
Sky君がパドルで岸辺を押せば 木の葉が枝から離れるように 静かにボートは流れを下る 浅瀬の向こうのせせらぎ目指し  きみと水しぶき 光る水しぶき  Look up the sky sky あの頃のきみは 100万ドルの人魚で Sky sky 今はまぶしく 波間で跳ねる 岩魚かな 強くしなやかで  きみに悲鳴をあげさせたくて ムチャばっかりして困らせた頃 きみの気 惹きたいぼくのポーズは 結婚前には見抜かれていた  波を読むことは カヤックも同じ  Look up the sky sky 小さな岩を さらり スイープでかわし Sky sky 夢中なきみは ぼくのことさえ 忘れてる 勝ち気な横顔 ここに来ると見る  あの頃きみが探してたもの ふたりの暮らしで見つけたのかい? ホンキで答えを知りたいならネ ロッジで教えてあげると笑う  戻れない波は 人生も同じ  Look up the sky sky 子供たちには 自由の翼が生えた Sky sky 家族の夏も 変わってゆくよ これからは  Look up the sky sky あの頃のきみは 100万ドルの人魚で Sky sky ビーチの砂は 君の鱗だったね  Look up the sky sky あの頃のきみは 100万ドルの人魚で Sky sky 今はまぶしく 波間で跳ねる 岩魚かな  なんでもないんだ 空を見つめてた 18のきみと ぼくを想ってたブレッド&バター康珍化岩澤幸矢・鳥山雄司君がパドルで岸辺を押せば 木の葉が枝から離れるように 静かにボートは流れを下る 浅瀬の向こうのせせらぎ目指し  きみと水しぶき 光る水しぶき  Look up the sky sky あの頃のきみは 100万ドルの人魚で Sky sky 今はまぶしく 波間で跳ねる 岩魚かな 強くしなやかで  きみに悲鳴をあげさせたくて ムチャばっかりして困らせた頃 きみの気 惹きたいぼくのポーズは 結婚前には見抜かれていた  波を読むことは カヤックも同じ  Look up the sky sky 小さな岩を さらり スイープでかわし Sky sky 夢中なきみは ぼくのことさえ 忘れてる 勝ち気な横顔 ここに来ると見る  あの頃きみが探してたもの ふたりの暮らしで見つけたのかい? ホンキで答えを知りたいならネ ロッジで教えてあげると笑う  戻れない波は 人生も同じ  Look up the sky sky 子供たちには 自由の翼が生えた Sky sky 家族の夏も 変わってゆくよ これからは  Look up the sky sky あの頃のきみは 100万ドルの人魚で Sky sky ビーチの砂は 君の鱗だったね  Look up the sky sky あの頃のきみは 100万ドルの人魚で Sky sky 今はまぶしく 波間で跳ねる 岩魚かな  なんでもないんだ 空を見つめてた 18のきみと ぼくを想ってた
STAY WITH ME TONIGHT時計なんか 見るのやめて 大事な夜だから 波の音を 聞いていたい 君の髪 指に巻いて  Stay With Me Tonight Stay With Me Tonight  僕たちの愛が 一つになる時 星たちも奏でる 夜空で ウウウ 愛のメロディ  どんな言葉 並べてみても うまくは言えないよ 今はそんな 時は過ぎて この胸に 抱きしめたい  Stay With Me Tonight Stay With Me Tonight  海沿いの部屋で この愛の絆 僕たちが結べば 朝焼け ウウウ 窓を染めるよ  僕たちの愛が 一つになる時 星たちも奏でる 夜空で ウウウ 愛のメロディブレッド&バター山上路夫岩沢幸矢時計なんか 見るのやめて 大事な夜だから 波の音を 聞いていたい 君の髪 指に巻いて  Stay With Me Tonight Stay With Me Tonight  僕たちの愛が 一つになる時 星たちも奏でる 夜空で ウウウ 愛のメロディ  どんな言葉 並べてみても うまくは言えないよ 今はそんな 時は過ぎて この胸に 抱きしめたい  Stay With Me Tonight Stay With Me Tonight  海沿いの部屋で この愛の絆 僕たちが結べば 朝焼け ウウウ 窓を染めるよ  僕たちの愛が 一つになる時 星たちも奏でる 夜空で ウウウ 愛のメロディ
素晴らしき男の世界俺たちにも明日はある 話を聞けよ 嘘じゃないぜ 手入れすればオヤジはモテる 席を立つな 5分でいい 話を聞けよ It's a wonderful good ol'boy's world  鏡の前 裸で立て 現実を見ろ 鍛えるんだ 程々だぞ 鍛え過ぎるな 髪の事は運命と知れ 無理に隠すな It's a wonderful good ol'boy's world  Gentle guys 満ち足りないLady達がおまえを待ってる Save the love イイ女を 世界中に増やすためのMissionなんだぜ  金じゃないぞ センスなんだ 小物が勝負 無精髭は武器になるが 爪は揃えろ 話を聞け 先に酔うな 過去を語るな It's a wonderful good ol'boy's world  スーツでもいい デニムもいい 力を抜けよ 大人であれ だけどふいに 子供に戻れ ジョークはいい シャレは駄目だ 無理なら言うな It's a wonderful good ol'boy's world  Gentle guys 人生を フルボトルで楽しみたいだろ? Don't think twice 若僧に 生きる事の苦味ってやつ 学ばせよう  Gentle guys 俺達の 輝かしい船出に乾杯 ただひとつ 言っとこう 遭難したと時の救助 期待するな  俺達にも明日はある 話を聞けよ  席を立つな 続きがある 話を聞けよブレッド&バター山田ひろし岩澤幸矢・岩澤二弓俺たちにも明日はある 話を聞けよ 嘘じゃないぜ 手入れすればオヤジはモテる 席を立つな 5分でいい 話を聞けよ It's a wonderful good ol'boy's world  鏡の前 裸で立て 現実を見ろ 鍛えるんだ 程々だぞ 鍛え過ぎるな 髪の事は運命と知れ 無理に隠すな It's a wonderful good ol'boy's world  Gentle guys 満ち足りないLady達がおまえを待ってる Save the love イイ女を 世界中に増やすためのMissionなんだぜ  金じゃないぞ センスなんだ 小物が勝負 無精髭は武器になるが 爪は揃えろ 話を聞け 先に酔うな 過去を語るな It's a wonderful good ol'boy's world  スーツでもいい デニムもいい 力を抜けよ 大人であれ だけどふいに 子供に戻れ ジョークはいい シャレは駄目だ 無理なら言うな It's a wonderful good ol'boy's world  Gentle guys 人生を フルボトルで楽しみたいだろ? Don't think twice 若僧に 生きる事の苦味ってやつ 学ばせよう  Gentle guys 俺達の 輝かしい船出に乾杯 ただひとつ 言っとこう 遭難したと時の救助 期待するな  俺達にも明日はある 話を聞けよ  席を立つな 続きがある 話を聞けよ
Sailing空と海の青さが いつも夢の始まり  仔犬を抱いて手を振る君に しばらく会えなくなるね  keep on sailing 青く煙る 忘れかけた夏を 探して  雲が鯨になれば 僕も空に飛び込む  子供の頃の 笑顔のままで 世界を抱きしめよう  手を伸ばせば 掴めそうな 空と海と風の 輝き we are sailing また明日も 歌う様な波に 揺られて  海を渡る 鳥のように 心だけが 行方(ゆくえ)知ってる keep on sailing we are sailing 忘れかけた夏を 探してブレッド&バター安藤芳彦岩澤幸矢空と海の青さが いつも夢の始まり  仔犬を抱いて手を振る君に しばらく会えなくなるね  keep on sailing 青く煙る 忘れかけた夏を 探して  雲が鯨になれば 僕も空に飛び込む  子供の頃の 笑顔のままで 世界を抱きしめよう  手を伸ばせば 掴めそうな 空と海と風の 輝き we are sailing また明日も 歌う様な波に 揺られて  海を渡る 鳥のように 心だけが 行方(ゆくえ)知ってる keep on sailing we are sailing 忘れかけた夏を 探して
センチメンタル・フレンド人生なんていつも からまわりばかり 悩んでも求めても すれちがうサークル・ゲーム さよならをあの時 選んだ事が 正しいならなぜ 忘れられない 寂しい時にしか電話をかけてこない 今でも好きだよ 君はセンチメンタル・フレンド  明日も今日と何もかわりはしない 気がつけば時間だけが通り過ぎている もう二度と もとに戻れない事も 知ってるのになぜ 待ち続けてる 飲んでる時にしか電話をかけてこない それがつらいのさ 君はセンチメンタル・フレンド  真夜中の とぎれた電話の音に また溢れてくる 君への想い 寂しい時にしか電話をかけてこない それでも憎めない 君はセンチメンタル・フレンド  飲んでる時にしか電話をかけてこない それがつらいのさ 君はセンチメンタル・フレンド  寂しい時にしか電話をかけてこない それでも好きだよ 君はセンチメンタル・フレンドブレッド&バター岩沢二弓・田口俊岩沢二弓人生なんていつも からまわりばかり 悩んでも求めても すれちがうサークル・ゲーム さよならをあの時 選んだ事が 正しいならなぜ 忘れられない 寂しい時にしか電話をかけてこない 今でも好きだよ 君はセンチメンタル・フレンド  明日も今日と何もかわりはしない 気がつけば時間だけが通り過ぎている もう二度と もとに戻れない事も 知ってるのになぜ 待ち続けてる 飲んでる時にしか電話をかけてこない それがつらいのさ 君はセンチメンタル・フレンド  真夜中の とぎれた電話の音に また溢れてくる 君への想い 寂しい時にしか電話をかけてこない それでも憎めない 君はセンチメンタル・フレンド  飲んでる時にしか電話をかけてこない それがつらいのさ 君はセンチメンタル・フレンド  寂しい時にしか電話をかけてこない それでも好きだよ 君はセンチメンタル・フレンド
そのままなのに窓の外では 小鳥がうたい 子供がはしゃぐ 午後のひととき 日ざしの中に 息づく花も いつもと同じ そのままなのに 君の声だけ 聞こえてこない 今はもう過ぎた 幸福(しあわせ)な日が 喜びだけを 求める君は 悲しみだけを 僕に残して  窓辺においた 小さな椅子も いつもと同じ そのままなのに 風がささやく 林の中の 波の静かな あの湖に いつもと同じ この服を着て 君の姿を 探しに行こう…ブレッド&バター岩沢幸矢・上栗信夫岩沢幸矢筒美京平窓の外では 小鳥がうたい 子供がはしゃぐ 午後のひととき 日ざしの中に 息づく花も いつもと同じ そのままなのに 君の声だけ 聞こえてこない 今はもう過ぎた 幸福(しあわせ)な日が 喜びだけを 求める君は 悲しみだけを 僕に残して  窓辺においた 小さな椅子も いつもと同じ そのままなのに 風がささやく 林の中の 波の静かな あの湖に いつもと同じ この服を着て 君の姿を 探しに行こう…
タバコロード 20子供時代エピソードはなして いつのまに くたびれて眠ったきみ 夜明け前 この空がサイコーだけど いいさ おこさないよ  町はとぎれ 見わたす限りの タバコ畑 もやをのせてゆれる 風をまとうワゴンは 広いスクリーンにのこす白いライン  ああ こんなに遠くまで ああ いっそくとびだ  I love You I love You I love You Wo-o-o I love You I love You I love You Baby love  山の影がやがて浮き上がって ガラス窓で寝顔とオーバーラップ 右肩にのせたほほがずれないように そっと 速度(スピード)アップ  ああ 一晩中 旅をしよう ああ こんどはベッドで  I love You I love You I love You Wo-o-o I love You I love You I love You Baby love…ブレッド&バター呉田軽穂岩沢幸矢子供時代エピソードはなして いつのまに くたびれて眠ったきみ 夜明け前 この空がサイコーだけど いいさ おこさないよ  町はとぎれ 見わたす限りの タバコ畑 もやをのせてゆれる 風をまとうワゴンは 広いスクリーンにのこす白いライン  ああ こんなに遠くまで ああ いっそくとびだ  I love You I love You I love You Wo-o-o I love You I love You I love You Baby love  山の影がやがて浮き上がって ガラス窓で寝顔とオーバーラップ 右肩にのせたほほがずれないように そっと 速度(スピード)アップ  ああ 一晩中 旅をしよう ああ こんどはベッドで  I love You I love You I love You Wo-o-o I love You I love You I love You Baby love…
第2土曜日学生の時からさ 第2土曜日には みんなして集まって 飲みあかすよ 騒ぐだけ騒いで ごろ寝したあとには 朝の海に出かけるよ クルージングに  空と海とけ合った あの碧い果てまで 白いセールが 白いセールが 風をはらむよ  This Is My Life This Is My Life 命が唄ってる This Is Your Life This Is Your Life 心が輝く時  あの日から君はもう 第2土曜日にも 来なくなってなんとなく もの淋しい 結婚をした君さ いいよ違った道 今はもう歩いている 君のことだ  飛魚が波の上 キラキラと飛んでる 羽根を広げて 羽根を広げて まるで鳥だよ  This Is My Life This Is My Life うねりに身をまかせ This Is Your Life This Is Your Life 僕らは今生きてる  This Is My Life This Is My Life 命が唄ってる This Is Your Life This Is Your Life 心が輝く時ブレッド&バター山上路夫岩沢幸矢学生の時からさ 第2土曜日には みんなして集まって 飲みあかすよ 騒ぐだけ騒いで ごろ寝したあとには 朝の海に出かけるよ クルージングに  空と海とけ合った あの碧い果てまで 白いセールが 白いセールが 風をはらむよ  This Is My Life This Is My Life 命が唄ってる This Is Your Life This Is Your Life 心が輝く時  あの日から君はもう 第2土曜日にも 来なくなってなんとなく もの淋しい 結婚をした君さ いいよ違った道 今はもう歩いている 君のことだ  飛魚が波の上 キラキラと飛んでる 羽根を広げて 羽根を広げて まるで鳥だよ  This Is My Life This Is My Life うねりに身をまかせ This Is Your Life This Is Your Life 僕らは今生きてる  This Is My Life This Is My Life 命が唄ってる This Is Your Life This Is Your Life 心が輝く時
DANCING IN THE NIGHT最後の夜ね あなたから このドアを 出ていくのは 鏡のような 海に沈む 想い出さえ 見えなくなる時 さあ Dancing In The Night 朝までは踊り続けるの Dancing In The Night 愛してた体すりぬけ Dancing In The Night ときめきだけが残るの Dancing In The Night もうなんにも  空があけてく 黙ったまま 肩にとどく 影に祈る 幸せだけが 間に合わない サヨナラなんて 慣れていたつもり さあ Dancing In The Night 夜にさえ負けてもいいの Dancing In The Night 重なる指先あつく Dancing In The Night あなたになれるときまでは Dancing In The Night もうなんにも  さあ Dancing In The Night 夜にさえ負けてもいいの Dancing In The Night 重なる指先あつく Dancing In The Night あなたになれるときまでは Dancing In The Night Lasts Foreverブレッド&バター岩沢幸矢・吉田いつか岩沢二弓Murray Weinstock最後の夜ね あなたから このドアを 出ていくのは 鏡のような 海に沈む 想い出さえ 見えなくなる時 さあ Dancing In The Night 朝までは踊り続けるの Dancing In The Night 愛してた体すりぬけ Dancing In The Night ときめきだけが残るの Dancing In The Night もうなんにも  空があけてく 黙ったまま 肩にとどく 影に祈る 幸せだけが 間に合わない サヨナラなんて 慣れていたつもり さあ Dancing In The Night 夜にさえ負けてもいいの Dancing In The Night 重なる指先あつく Dancing In The Night あなたになれるときまでは Dancing In The Night もうなんにも  さあ Dancing In The Night 夜にさえ負けてもいいの Dancing In The Night 重なる指先あつく Dancing In The Night あなたになれるときまでは Dancing In The Night Lasts Forever
地下鉄地下鉄の前のイスに 長い髪の浅黒い君 輝く茶色の瞳で 電車の窓から闇の世界をのぞいてる ほんの短い時のすき間に 何も知らない君を愛した  ガラス窓の中の君は なぜか冷たく さみしく写る 初めて会ったそんな君を 何も言わず何もこわさずにみつめてる ほんの短い時のすき間に 何も知らない君を愛した  何も知らずドアに向って 初めて見る歩く姿 開かれたドアの向こうに だまって消えていってしまう後姿 ほんの短い時のすき間に 何も知らない君を愛した…ブレッド&バター岩沢二弓・岩沢幸矢岩沢二弓・岩沢幸矢岩沢幸矢・岩沢二弓地下鉄の前のイスに 長い髪の浅黒い君 輝く茶色の瞳で 電車の窓から闇の世界をのぞいてる ほんの短い時のすき間に 何も知らない君を愛した  ガラス窓の中の君は なぜか冷たく さみしく写る 初めて会ったそんな君を 何も言わず何もこわさずにみつめてる ほんの短い時のすき間に 何も知らない君を愛した  何も知らずドアに向って 初めて見る歩く姿 開かれたドアの向こうに だまって消えていってしまう後姿 ほんの短い時のすき間に 何も知らない君を愛した…
Children Of The Sea君が生まれてくる前に この星に起きた出来事 ずっと昔 夕陽の吐息が海におちて 人や魚やイルカになった だからイルカは友だちさ 同じ太陽のかけらさ 同じ生命(いのち) 眠りにつく前のほんのひととき 海の神話を子供に伝えよう children of the sea 誰かが呼んでるよ children of the sea 海に暮らしている君の友だち 一緒に遊ぼう  いつのまにか君は眠り 青い波を越えて泳ぐ 夢を見てる 流星の雨が海に降って 島や陸地や火山になったのさ children of the sea 誰かが祈ってる children of the sea この星に生きてる君の友だち 一緒に暮らそう  children of the sea 誰かが呼んでるよ children of the sea 君の友だちだよ children of the sea 誰かが祈ってる children of the sea この星のどこかで children of the sea…ブレッド&バター尾上文岩沢幸矢徳武弘文君が生まれてくる前に この星に起きた出来事 ずっと昔 夕陽の吐息が海におちて 人や魚やイルカになった だからイルカは友だちさ 同じ太陽のかけらさ 同じ生命(いのち) 眠りにつく前のほんのひととき 海の神話を子供に伝えよう children of the sea 誰かが呼んでるよ children of the sea 海に暮らしている君の友だち 一緒に遊ぼう  いつのまにか君は眠り 青い波を越えて泳ぐ 夢を見てる 流星の雨が海に降って 島や陸地や火山になったのさ children of the sea 誰かが祈ってる children of the sea この星に生きてる君の友だち 一緒に暮らそう  children of the sea 誰かが呼んでるよ children of the sea 君の友だちだよ children of the sea 誰かが祈ってる children of the sea この星のどこかで children of the sea…
Tears In The Rain流されてた日々 何度見つめたか かなわぬ想い わかっていても 二人はまた 雨に濡れてた  心は Tears in the rain また こんな遠くまで はかなさ Tears in the rain ここまで来ていた  偶然の出会い 昔愛した人 忘れられない 想い出の日々 時の悪戯 くりかえした  あれから Tears in the rain 会えば会うほどに 今夜も Tears in the rain 雨は降り続く  やるせない気持ち 押さえ切れなかった 傘もささず 立ち去るあなた 流れる涙 雨にまぎれた  心は Tears in the rain 寂しさ溢れて 虚しさ Tears in the rain またこんな遠くまで  はかなさ Tears in the rain 寂しさ溢れて 虚しさ Tears in the rain どこまでつづくブレッド&バター岩沢二弓岩沢二弓流されてた日々 何度見つめたか かなわぬ想い わかっていても 二人はまた 雨に濡れてた  心は Tears in the rain また こんな遠くまで はかなさ Tears in the rain ここまで来ていた  偶然の出会い 昔愛した人 忘れられない 想い出の日々 時の悪戯 くりかえした  あれから Tears in the rain 会えば会うほどに 今夜も Tears in the rain 雨は降り続く  やるせない気持ち 押さえ切れなかった 傘もささず 立ち去るあなた 流れる涙 雨にまぎれた  心は Tears in the rain 寂しさ溢れて 虚しさ Tears in the rain またこんな遠くまで  はかなさ Tears in the rain 寂しさ溢れて 虚しさ Tears in the rain どこまでつづく
Take Your TimeTake your time, take your time time time Take your time, take your time time time  Sailing on the sea of time Sun is warm, the sea is calm No destination, no place to go Happy together, taking it slow  Lettin' go, giving it up to time time time Lying here, living it up to time time time Take your time, take your time time time Take your time, take your time time time  世界のどこにも 気の合う奴がいる 歌えば 皆 Friends, friends, friends Happy together, together again  We have friends all around the world All have the same idea To be happy, healthy, wealthy & wise Touching the earth, touching the sky  Giving it up to time time time Lying here, living it up to time time time Tokyo time take your time time time London time take your time time time Moscow time take your time time time Paris time take your time time time Soweto time take your time time time New York time take your time time time  Lettin' go, giving it up to time time time Lying here, living it up to time time time…ブレッド&バターMurray Weinstock・Peter Gallway・岩沢幸矢・岩沢二弓Murray Weinstock・Peter Gallway・岩沢幸矢・岩沢二弓Take your time, take your time time time Take your time, take your time time time  Sailing on the sea of time Sun is warm, the sea is calm No destination, no place to go Happy together, taking it slow  Lettin' go, giving it up to time time time Lying here, living it up to time time time Take your time, take your time time time Take your time, take your time time time  世界のどこにも 気の合う奴がいる 歌えば 皆 Friends, friends, friends Happy together, together again  We have friends all around the world All have the same idea To be happy, healthy, wealthy & wise Touching the earth, touching the sky  Giving it up to time time time Lying here, living it up to time time time Tokyo time take your time time time London time take your time time time Moscow time take your time time time Paris time take your time time time Soweto time take your time time time New York time take your time time time  Lettin' go, giving it up to time time time Lying here, living it up to time time time…
DEVIL WOMAN銀色の髪を ふりみだして ジャスミン漂う 肌をくねらせ 凍りついたつめを まぶしくとがらせ 不気味に笑い 今夜もさそう Devil Devil Devil Devil Woman Devil Devil Devil Devil Woman…  ふいても消えない 緑のルージュ 透けたひとみを 白蝋の指が あやしいくも糸 投げかけて たぐりよせ 今夜もさそう Devil Devil Devil Devil Woman Devil Devil Devil Devil Woman…ブレッド&バター市原愛彦・岩沢幸矢・岩沢二弓岩沢幸矢・岩沢二弓ブレッド&バター銀色の髪を ふりみだして ジャスミン漂う 肌をくねらせ 凍りついたつめを まぶしくとがらせ 不気味に笑い 今夜もさそう Devil Devil Devil Devil Woman Devil Devil Devil Devil Woman…  ふいても消えない 緑のルージュ 透けたひとみを 白蝋の指が あやしいくも糸 投げかけて たぐりよせ 今夜もさそう Devil Devil Devil Devil Woman Devil Devil Devil Devil Woman…
トゥナイト愛してTonight 愛は夜に輝く Silent Moon Tonight 夢は明日にささやく Lazy Song  蒼い月に きらめくテラス 君だけ見つめていたいよ Emily 甘い痛み 感じるまでは 哀しい瞳で眠らないで  Tonight 愛は夜に輝く Silent Moon Tonight 夢は明日にささやく Lazy Song  風が薫る 海沿いの街 二人で暮らして行こうね Emily 遠く沖を 漂う舟に やさしいくちづけ贈るように  Tonight 君の頬に流れる Blue Moon River Tonight 愛しあえる未来(とき)へと True Love Ways  Tonight 愛は夜に輝く Silent Moon Tonight 夢は明日にささやく Lazy Songブレッド&バター大津あきら三枝成章Tonight 愛は夜に輝く Silent Moon Tonight 夢は明日にささやく Lazy Song  蒼い月に きらめくテラス 君だけ見つめていたいよ Emily 甘い痛み 感じるまでは 哀しい瞳で眠らないで  Tonight 愛は夜に輝く Silent Moon Tonight 夢は明日にささやく Lazy Song  風が薫る 海沿いの街 二人で暮らして行こうね Emily 遠く沖を 漂う舟に やさしいくちづけ贈るように  Tonight 君の頬に流れる Blue Moon River Tonight 愛しあえる未来(とき)へと True Love Ways  Tonight 愛は夜に輝く Silent Moon Tonight 夢は明日にささやく Lazy Song
TRUE LOVE限りなく青い 空に近いところ 二人のあこがれが 風と遊び 飛びたって行く  There Is Nothing Like A True Love, True Love 雲の行方になる There Is Nothing Like A True Love, True Love 虹の彼方へ  どこまでも続く 坂道かけて行く あの頃の二人が 季節越えて 光になる  There Is Nothing Like A True Love, True Love 雲の行方になる There Is Nothing Like A True Love, True Love 虹の彼方へ  There Is Nothing Like A True Love, True Love 雲の行方になる There Is Nothing Like A True Love, True Love 虹の彼方へ  There Is Nothing Like A True Love, True Love There Is Nothing Like A True Love, Baby There Is Nothing Like A Me And You Love Oh, Baby, Just You And Meブレッド&バター岩沢二弓・吉田いつか岩沢二弓限りなく青い 空に近いところ 二人のあこがれが 風と遊び 飛びたって行く  There Is Nothing Like A True Love, True Love 雲の行方になる There Is Nothing Like A True Love, True Love 虹の彼方へ  どこまでも続く 坂道かけて行く あの頃の二人が 季節越えて 光になる  There Is Nothing Like A True Love, True Love 雲の行方になる There Is Nothing Like A True Love, True Love 虹の彼方へ  There Is Nothing Like A True Love, True Love 雲の行方になる There Is Nothing Like A True Love, True Love 虹の彼方へ  There Is Nothing Like A True Love, True Love There Is Nothing Like A True Love, Baby There Is Nothing Like A Me And You Love Oh, Baby, Just You And Me
Two Answers海はなぜしょっぱいの?って あどけなく僕を見る 君の期待に応えたくて 真剣に考える 理論的な答えと ロマンチックな答え 君が喜ぶ答えだけ いつも探してる  死んだらどこへ行くの?って 貝殻をさしだした 君がいない世界を思い 二つの答えが浮かぶ 永遠の星になる また次も出逢える  寄せてはかえす 波が素足を洗ってく ゆらゆらゆれる 金のうぶ毛のシルエット 笑い声が風になる  明日はどこから来るの?って 不思議そうに振り向く 君は迷いながらいつしか 自分で見つけるのだろう 普遍的な答えと 常に変わる答えを  寄せてはかえす 波が素足を洗ってく ゆらゆらゆれる 金のうぶ毛のシルエット 笑い声が風になるブレッド&バター田口俊岩澤二弓海はなぜしょっぱいの?って あどけなく僕を見る 君の期待に応えたくて 真剣に考える 理論的な答えと ロマンチックな答え 君が喜ぶ答えだけ いつも探してる  死んだらどこへ行くの?って 貝殻をさしだした 君がいない世界を思い 二つの答えが浮かぶ 永遠の星になる また次も出逢える  寄せてはかえす 波が素足を洗ってく ゆらゆらゆれる 金のうぶ毛のシルエット 笑い声が風になる  明日はどこから来るの?って 不思議そうに振り向く 君は迷いながらいつしか 自分で見つけるのだろう 普遍的な答えと 常に変わる答えを  寄せてはかえす 波が素足を洗ってく ゆらゆらゆれる 金のうぶ毛のシルエット 笑い声が風になる
ときめきめぐり合う めぐり合う 誰かに 誰かに サニー サニー 不思議なときめき サニー サニー 香りある愛  見つめ合う 見つめ合う ひそかに ひそかに サニー サニー 不思議なときめき サニー サニー 香りある愛  呼んでいる 呼んでいる 誰かが 誰かが サニー サニー 不思議なときめき サニー サニー 香りある愛  夢みてる 夢みてる ひそかに ひそかに サニー サニー 不思議なときめき サニー サニー 香りある愛  oh エクセレントブレッド&バター白石かずこ筒美京平めぐり合う めぐり合う 誰かに 誰かに サニー サニー 不思議なときめき サニー サニー 香りある愛  見つめ合う 見つめ合う ひそかに ひそかに サニー サニー 不思議なときめき サニー サニー 香りある愛  呼んでいる 呼んでいる 誰かが 誰かが サニー サニー 不思議なときめき サニー サニー 香りある愛  夢みてる 夢みてる ひそかに ひそかに サニー サニー 不思議なときめき サニー サニー 香りある愛  oh エクセレント
特別な気持ちで (I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU)忘れていいのさ 忙しく暮らすときには 自由に輝く君のままでいてほしいから 今夜はむしょうに 君の声がききたかった 離れた部屋から同じ月を見ていたくて I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU 特別な気持ちで I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU 愛してると云いたくて  笑っちゃだめだよ さっきふと考えてみた 二人は歳とり冬の浜辺歩く姿 勝手に旅して 何度か許し合ってきた きままな愛だとみんなは不思議がるけれど I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU まじめに電話して I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU 失くさないよ君のこと I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU I JUST CALLED TO SAY HOW MUCH I CARE I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU AND I MEAN IT FROM THE BOTTOM OF MY HEART  I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU I JUST CALLED TO SAY HOW MUCH I CARE I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU AND I MEAN IT FROM THE BOTTOM OF MY HEARTブレッド&バターStevie Wonder・日本語詞:呉田軽穂Stevie Wonder忘れていいのさ 忙しく暮らすときには 自由に輝く君のままでいてほしいから 今夜はむしょうに 君の声がききたかった 離れた部屋から同じ月を見ていたくて I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU 特別な気持ちで I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU 愛してると云いたくて  笑っちゃだめだよ さっきふと考えてみた 二人は歳とり冬の浜辺歩く姿 勝手に旅して 何度か許し合ってきた きままな愛だとみんなは不思議がるけれど I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU まじめに電話して I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU 失くさないよ君のこと I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU I JUST CALLED TO SAY HOW MUCH I CARE I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU AND I MEAN IT FROM THE BOTTOM OF MY HEART  I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU I JUST CALLED TO SAY HOW MUCH I CARE I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU AND I MEAN IT FROM THE BOTTOM OF MY HEART
ドアにレッド・ヒールもう夢なんて 終わったのさ I lost you 虚(うつ)ろな恋と噂されても 信じて来たよ お前だけ  Oh そう ときめきも 色あせてく you let me down 嘘と真実 戸惑うほどさ お前の素顔 見つめても  ドアにレッド・ヒール 悩ましい足を軽くひっかけ 今夜 誰の胸の中に急ぐのかい レッド・ヒール いつかお前がねだったバースデイ そうさ愛の贈りものさ  Oh もう 夢なんて 惜しくないさ I lost you 苦いグラスを飲み干すうちに 出て行ってくれ get out my sugar  ドアにレッド・ヒール 悩ましい足を軽くひっかけ 今夜 誰の胸の中に急ぐのかい レッド・ヒール いつかお前がねだったバースデイ 今はやせた愛の贈り物さ ドアにレッド・ヒールブレッド&バター大津あきら岩沢二弓もう夢なんて 終わったのさ I lost you 虚(うつ)ろな恋と噂されても 信じて来たよ お前だけ  Oh そう ときめきも 色あせてく you let me down 嘘と真実 戸惑うほどさ お前の素顔 見つめても  ドアにレッド・ヒール 悩ましい足を軽くひっかけ 今夜 誰の胸の中に急ぐのかい レッド・ヒール いつかお前がねだったバースデイ そうさ愛の贈りものさ  Oh もう 夢なんて 惜しくないさ I lost you 苦いグラスを飲み干すうちに 出て行ってくれ get out my sugar  ドアにレッド・ヒール 悩ましい足を軽くひっかけ 今夜 誰の胸の中に急ぐのかい レッド・ヒール いつかお前がねだったバースデイ 今はやせた愛の贈り物さ ドアにレッド・ヒール
渚のホーム・カミング・クイーンやっぱり 君だったね 渚を見下ろす椅子 ぼくを見てる どこか気だるい ほほえみは ひそかに恋した 日のまま 彼(やつ)と 別れたって 噂が届いてから 何年だろう ぼくは今でも この店で グラスを磨いて 歌ってるのさ あの日の 仲間は もう誰も 来ないけど 夏が めぐるたび 日に焼けた君を 待ってた  いいかい また恋して? 渚を歩きながら 投げたジョーク 今もせつなく きれいだよ 素足でふり向き 笑ってる顔 よろこび 悲しみ 人生の 波の中 君は 君らしく あざやかに 生きておくれ  あの日の 仲間は もう誰も いないけど 君は いつでも みんなあこがれた Home Comin' Queen 二度とない夏の Home Comin' Queenブレッド&バター山川啓介浜口茂外也やっぱり 君だったね 渚を見下ろす椅子 ぼくを見てる どこか気だるい ほほえみは ひそかに恋した 日のまま 彼(やつ)と 別れたって 噂が届いてから 何年だろう ぼくは今でも この店で グラスを磨いて 歌ってるのさ あの日の 仲間は もう誰も 来ないけど 夏が めぐるたび 日に焼けた君を 待ってた  いいかい また恋して? 渚を歩きながら 投げたジョーク 今もせつなく きれいだよ 素足でふり向き 笑ってる顔 よろこび 悲しみ 人生の 波の中 君は 君らしく あざやかに 生きておくれ  あの日の 仲間は もう誰も いないけど 君は いつでも みんなあこがれた Home Comin' Queen 二度とない夏の Home Comin' Queen
夏の音符夕立 ひまわり 江の島の花火 天の川 自転車に乗せた君のにおい 雷 クワガタ 高校野球のブラスバンド ゆらめく陽炎の中の 風 空 夏の音符 それはありふれてて しまいこんだまま二度と見つけられない 隣町へ届く虹の終わりは 追いかけても消えてしまった  渋滞 国道 家並みを抜ける細いレール 白い制服の君の胸元 風鈴 FEN 車庫に置き去りのボードの傷 ゆらめく夕焼けの中の 雲 海 夏の音符 それはまぶしすぎて まばたきのすきに体を通り抜ける 水切りの石が水面を跳ねた しぶきは消えてしまったブレッド&バター田口俊岩沢幸矢夕立 ひまわり 江の島の花火 天の川 自転車に乗せた君のにおい 雷 クワガタ 高校野球のブラスバンド ゆらめく陽炎の中の 風 空 夏の音符 それはありふれてて しまいこんだまま二度と見つけられない 隣町へ届く虹の終わりは 追いかけても消えてしまった  渋滞 国道 家並みを抜ける細いレール 白い制服の君の胸元 風鈴 FEN 車庫に置き去りのボードの傷 ゆらめく夕焼けの中の 雲 海 夏の音符 それはまぶしすぎて まばたきのすきに体を通り抜ける 水切りの石が水面を跳ねた しぶきは消えてしまった
夏の影微かな風が揺らす 木もれ日の影絵に そっと忍び込んだ君 ボクは眠ったふり 背中で待ちぶせた ライムの香るあの夏  飛込む水しぶき はじけ散る笑い声 思わず振り向けば 眩しさに目がくらむ  会話 とぎれた夜には こわれた籐椅子に もたれてながめてた 水に浮かんだ三日月  最後の氷が 溶けてゆくのを二人 黙って見ていた グラスに残るあの夏  ペンキのはげた壁も 茂ったツタがおおい 今は何も映さない けれどもこの胸に 忍びこむ影法師 あの夏の日の君だねブレッド&バターMANNA岩沢幸矢微かな風が揺らす 木もれ日の影絵に そっと忍び込んだ君 ボクは眠ったふり 背中で待ちぶせた ライムの香るあの夏  飛込む水しぶき はじけ散る笑い声 思わず振り向けば 眩しさに目がくらむ  会話 とぎれた夜には こわれた籐椅子に もたれてながめてた 水に浮かんだ三日月  最後の氷が 溶けてゆくのを二人 黙って見ていた グラスに残るあの夏  ペンキのはげた壁も 茂ったツタがおおい 今は何も映さない けれどもこの胸に 忍びこむ影法師 あの夏の日の君だね
夏のヘッドフォン泳ぐ君の SMILE SMILE 他愛のないじゃれあいからは夏が始まる 素敵な CLOUD9 こんな GOOD DAY 素晴らしい日には 素晴らしい MUSICを! はしゃぎすぎた僕を 横目でチラッと見て  透き通る午後のグラスのピンクシャンペン シュワシュワー弾ける音のみの 会話はそれだけ 夕日を乱反射する雲は 移ろい輝き 君は一瞬のこの儚さと YIN & YANG に feelin' good  ヘッドフォンに広がる透明な 永遠に 酔いしれる 君の夢を見続けたいんだ  ONE SUMMER DAY DREAM 朝まで DREAM ONE SUMMER DAY DREAM 朝まで  パーフェクトな濃淡行く SURFER GIRL いつ覚めるともない夢さえも 断ち切るブランニューモーニング もぬけのベッド君の残り香 終わりの始まりの兆しに 誰もが永遠を信じ 疑わないのさ  踊る君の SMILE SMILE じゃれ合いもない 月日の波頭がゆっくり崩れるように こんな GOOD DAY 素晴らしい日々にもいつか別れを! 人知れずそっと足元に打ち上げられた jellyfish  ヘッドフォンがはずれて目覚める 永遠の 夏の午後 君の夢もそれでお終い  ONE SUMMER DAY DREAM 朝まで DREAM ONE SUMMER DAY DREAM 朝まで…ブレッド&バターかせきさいだぁ岩沢二弓・岩沢幸矢泳ぐ君の SMILE SMILE 他愛のないじゃれあいからは夏が始まる 素敵な CLOUD9 こんな GOOD DAY 素晴らしい日には 素晴らしい MUSICを! はしゃぎすぎた僕を 横目でチラッと見て  透き通る午後のグラスのピンクシャンペン シュワシュワー弾ける音のみの 会話はそれだけ 夕日を乱反射する雲は 移ろい輝き 君は一瞬のこの儚さと YIN & YANG に feelin' good  ヘッドフォンに広がる透明な 永遠に 酔いしれる 君の夢を見続けたいんだ  ONE SUMMER DAY DREAM 朝まで DREAM ONE SUMMER DAY DREAM 朝まで  パーフェクトな濃淡行く SURFER GIRL いつ覚めるともない夢さえも 断ち切るブランニューモーニング もぬけのベッド君の残り香 終わりの始まりの兆しに 誰もが永遠を信じ 疑わないのさ  踊る君の SMILE SMILE じゃれ合いもない 月日の波頭がゆっくり崩れるように こんな GOOD DAY 素晴らしい日々にもいつか別れを! 人知れずそっと足元に打ち上げられた jellyfish  ヘッドフォンがはずれて目覚める 永遠の 夏の午後 君の夢もそれでお終い  ONE SUMMER DAY DREAM 朝まで DREAM ONE SUMMER DAY DREAM 朝まで…
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Nonstop to BrazilNonstop to Brazil 灼けた大陸走りぬけ So far, so high 今 赤道を越える Nonstop to daybright たどりつく蜃気楼の街 そうさここは いつか昔 夢で見つけたParadise  Oh girl ふいに視界にとびこんだ少女は Oh girl 光の中でむじゃきに踊る天使のようさ  Nonstop to Brazil 小麦色の君の素肌に 降りそそぐ 陽ざしさえも しばらく見とれているよ  Nonstop to Brazil ゆらめく陽炎の果て So far, so high にわかにわきたつ雲 Nonstop to daybright 瞳の色がちがっていても わかりあえる はにかむ君の そのまぶしい笑顔だけで  Oh girl 遥かな距離を 今超えて 二人が Oh girl 偶然逢えた小さな運命にときめくよ  Nonstop to Brazil やがて乾いた大地の上 降りそそぐ スコールは 永遠に終わらない夏  Nonstop to Brazil 濡れた君のその長い髪 雨あがりの陽ざしさえも しばらく見とれているよ そして時間は僕の中で 永遠に止まったままさブレッド&バター山中幹子(MICA)・田口俊MAYUMINonstop to Brazil 灼けた大陸走りぬけ So far, so high 今 赤道を越える Nonstop to daybright たどりつく蜃気楼の街 そうさここは いつか昔 夢で見つけたParadise  Oh girl ふいに視界にとびこんだ少女は Oh girl 光の中でむじゃきに踊る天使のようさ  Nonstop to Brazil 小麦色の君の素肌に 降りそそぐ 陽ざしさえも しばらく見とれているよ  Nonstop to Brazil ゆらめく陽炎の果て So far, so high にわかにわきたつ雲 Nonstop to daybright 瞳の色がちがっていても わかりあえる はにかむ君の そのまぶしい笑顔だけで  Oh girl 遥かな距離を 今超えて 二人が Oh girl 偶然逢えた小さな運命にときめくよ  Nonstop to Brazil やがて乾いた大地の上 降りそそぐ スコールは 永遠に終わらない夏  Nonstop to Brazil 濡れた君のその長い髪 雨あがりの陽ざしさえも しばらく見とれているよ そして時間は僕の中で 永遠に止まったままさ
HIGHER私は登っていく 光ふる階段を 魂達が奏でる 楽の音にさそわれて 体が軽くなり 疲れがとれてゆく Higher Higher Higher Higher  美しい婦人に 私は手を引かれ 乙女達の泉で 清い水にひたり 私は勇気みなぎり 恐れが消えてゆく Higher Higher Higher Higher  Higher Higher Higher Higher Higher Higher…ブレッド&バター岩沢幸矢岩沢幸矢ブレッド&バター私は登っていく 光ふる階段を 魂達が奏でる 楽の音にさそわれて 体が軽くなり 疲れがとれてゆく Higher Higher Higher Higher  美しい婦人に 私は手を引かれ 乙女達の泉で 清い水にひたり 私は勇気みなぎり 恐れが消えてゆく Higher Higher Higher Higher  Higher Higher Higher Higher Higher Higher…
花の土曜日歩きまわる 気のままに かげろうたつ 春の中 よく寝たせいかも しれないけど 気分はすっきり たばこはおいしい 君が代は干代に八千代  何にもせずに 4時になり オープンしたての ビヤホール もっこりあわが ふくらみ ゆっくり こぼさずに飲む 君が代は千代に八千代  ゆっくりと 夜がやってきて せつない気持が WOO こみあげる 君はいつ 帰って来るの 春になったら もどるといったのに 君が代は千代に八千代ブレッド&バター岩沢幸矢岩沢幸矢歩きまわる 気のままに かげろうたつ 春の中 よく寝たせいかも しれないけど 気分はすっきり たばこはおいしい 君が代は干代に八千代  何にもせずに 4時になり オープンしたての ビヤホール もっこりあわが ふくらみ ゆっくり こぼさずに飲む 君が代は千代に八千代  ゆっくりと 夜がやってきて せつない気持が WOO こみあげる 君はいつ 帰って来るの 春になったら もどるといったのに 君が代は千代に八千代
BALLAD春うららかな 砂浜は 陽炎の 燃ゆる5月 渦巻く風に 抱きしめられ 舞い上る そんな頃も たとえば蝶に たとえば雲に もしもなれたとしても あなたの愛が あるのならば なにもいらない  秋ススキノに 閉ざされた あなたがもういない部屋に 戻ってきた 手紙達が 崩れだす そんな時も たとえば雨に たとえば風に どんなに強く打たれても あなたの愛を 信じていれば 恐くない  たとえば蝶に たとえば雲に もしもなれたとしても あなたの愛が あるのならば なんにもいらない あなたとならどこまでもゆける あなたとならどこまでもゆけるブレッド&バター岩沢幸矢・岩沢二弓岩沢幸矢Murray Weinstock春うららかな 砂浜は 陽炎の 燃ゆる5月 渦巻く風に 抱きしめられ 舞い上る そんな頃も たとえば蝶に たとえば雲に もしもなれたとしても あなたの愛が あるのならば なにもいらない  秋ススキノに 閉ざされた あなたがもういない部屋に 戻ってきた 手紙達が 崩れだす そんな時も たとえば雨に たとえば風に どんなに強く打たれても あなたの愛を 信じていれば 恐くない  たとえば蝶に たとえば雲に もしもなれたとしても あなたの愛が あるのならば なんにもいらない あなたとならどこまでもゆける あなたとならどこまでもゆける
BIRDS小さな羽根をひろげるように 僕等はあの日愛を始めたね 傷つけずに生きれたらと 少しやさしさ演じてきたよ  君は今でも素敵な女(ひと)さ あの頃と変わらず無口なまま ただ何かが哀しくて 互いに夜を求めあっても  今 愛に流され 過ぎゆく日を止めたい 心から飛び立ち もいちど二人鳥のように  “一人になれば淋しいだけ”と 君が告げた言葉が真実さ 愛しあえるひとときさえ いつの日からか慣れ過ぎて来た  今 愛に流され 過ぎゆく日を止めたい 心から激しく もいちど二人鳥のように  歩き疲れたのは君 急いだのは僕 夢の翼失くしても 僕をあきらめないでくれ  愛に流され 過ぎゆく日を止めたい 心から飛び立ち もいちどきっと二人鳥のように  愛に流され 過ぎゆく日を止めたい 心から飛び立ち もいちど鳥のようにブレッド&バター大津あきら岩沢幸矢小さな羽根をひろげるように 僕等はあの日愛を始めたね 傷つけずに生きれたらと 少しやさしさ演じてきたよ  君は今でも素敵な女(ひと)さ あの頃と変わらず無口なまま ただ何かが哀しくて 互いに夜を求めあっても  今 愛に流され 過ぎゆく日を止めたい 心から飛び立ち もいちど二人鳥のように  “一人になれば淋しいだけ”と 君が告げた言葉が真実さ 愛しあえるひとときさえ いつの日からか慣れ過ぎて来た  今 愛に流され 過ぎゆく日を止めたい 心から激しく もいちど二人鳥のように  歩き疲れたのは君 急いだのは僕 夢の翼失くしても 僕をあきらめないでくれ  愛に流され 過ぎゆく日を止めたい 心から飛び立ち もいちどきっと二人鳥のように  愛に流され 過ぎゆく日を止めたい 心から飛び立ち もいちど鳥のように
HERE I AM AGAINやさしく愛を受けとめて 君の微笑みで 若過ぎた あの頃は 傷つけあってばかりで  言葉は何も要らないさ そっと涙から 幸せの 浜辺へと 歩き出そうよ二人で  Here I'm Again 愛の風 自由に輝くまで Here I'm Again この海で もう一度愛せたらいいね  波間に踊る鳥たちも 愛を唄っている 過ぎ去った時よりも 今日に生きよう二人で  Here I'm Again 夢の日々 瞳にきらめくまで Here I'm Again この海で もう一度愛せたらいいね  Here I'm Again 夢の日々 瞳にきらめくまで Here I'm Again この海で もう一度愛せたらいいねブレッド&バター大津あきら岩沢幸矢やさしく愛を受けとめて 君の微笑みで 若過ぎた あの頃は 傷つけあってばかりで  言葉は何も要らないさ そっと涙から 幸せの 浜辺へと 歩き出そうよ二人で  Here I'm Again 愛の風 自由に輝くまで Here I'm Again この海で もう一度愛せたらいいね  波間に踊る鳥たちも 愛を唄っている 過ぎ去った時よりも 今日に生きよう二人で  Here I'm Again 夢の日々 瞳にきらめくまで Here I'm Again この海で もう一度愛せたらいいね  Here I'm Again 夢の日々 瞳にきらめくまで Here I'm Again この海で もう一度愛せたらいいね
ピンク・シャドウ満月が僕の姿を公園の円卓の大理石に くっきり写し出し 僕は月と僕等の三つの関係の なぞかけことばを考えて立っていた 愛してるよ君だけを 愛してるよ君だけを  君は僕の作った歌を口ずさんで ピンクのチョークをじょうずに踊らせて 何十本もすりへらしあせもふかずに 僕の僕の影をぬりつぶした 愛してるよ君だけを 愛してるよ君だけを  あの夜二人ともみょうに静かだった 僕のピンクの影の上を二人裸足で 一言もしゃべらず 顔も見合わせずに 僕等はワルツをとてもうまく踊った 愛してるよ君だけを 愛してるよ君だけを…ブレッド&バター岩沢二弓・岩沢幸矢岩沢二弓・岩沢幸矢岩沢幸矢・岩沢二弓満月が僕の姿を公園の円卓の大理石に くっきり写し出し 僕は月と僕等の三つの関係の なぞかけことばを考えて立っていた 愛してるよ君だけを 愛してるよ君だけを  君は僕の作った歌を口ずさんで ピンクのチョークをじょうずに踊らせて 何十本もすりへらしあせもふかずに 僕の僕の影をぬりつぶした 愛してるよ君だけを 愛してるよ君だけを  あの夜二人ともみょうに静かだった 僕のピンクの影の上を二人裸足で 一言もしゃべらず 顔も見合わせずに 僕等はワルツをとてもうまく踊った 愛してるよ君だけを 愛してるよ君だけを…
Fine Lineほろ酔い気分で 海辺を Rendezvous(ランデブー) 金色の夜に たった二人だけ ぼくと君と 海と月と Fine Line 美しいつながり やさしいこの絆(きずな) 言葉にしたら Fine Line 何もかもひとつ  うるんだ満月 答える潮騒 生きてることって こんなにも Sexy 宇宙の隅の 小さないのち Fine Line 目に映るすべてが たしかに結ばれて 輝きながら Fine Line ひびかせるハーモニー  ぼくと君と 海と月と Fine Line 美しいつながり やさしいこの絆 言葉にしたら Fine Line 時はとまる  Fine Line あしたなど忘れて この今に酔うのさ 何も思わないで  Fine Line 目に映るすべてが たしかに結ばれて 輝きながら Fine Line ひびかせるハーモニーブレッド&バター岩沢二弓・山川啓介岩沢二弓Murray Weinstockほろ酔い気分で 海辺を Rendezvous(ランデブー) 金色の夜に たった二人だけ ぼくと君と 海と月と Fine Line 美しいつながり やさしいこの絆(きずな) 言葉にしたら Fine Line 何もかもひとつ  うるんだ満月 答える潮騒 生きてることって こんなにも Sexy 宇宙の隅の 小さないのち Fine Line 目に映るすべてが たしかに結ばれて 輝きながら Fine Line ひびかせるハーモニー  ぼくと君と 海と月と Fine Line 美しいつながり やさしいこの絆 言葉にしたら Fine Line 時はとまる  Fine Line あしたなど忘れて この今に酔うのさ 何も思わないで  Fine Line 目に映るすべてが たしかに結ばれて 輝きながら Fine Line ひびかせるハーモニー
Father of the Bride夢のように 月日は流れ去り 来てしまった この朝 かなしいくらい 晴れわたる空 笑い声も 遠ざかる  ひとつひとつ 重ねた思い出が 色褪せてく アルバム 君が生まれた あの日もこんな 誇らしげな 蒼い空  小さな掌を にぎりしめて 元気な声で 泣き出した 小鳥のような 少女時代は 短すぎる 春のよう  自分で選んだ 未来が始まる woo... あんまり綺麗で 悔しいくらいさ  woo...  組んだ腕が 離れる瞬間の 不安げな 表情 白いベールの 中から見せた 幼い日の あの瞳  空に響く 清らな鐘の音と 舞い落ちる 花びら 幸せそうな 二人の笑顔 遠い世界の 事のよう  同じ景色を 遥か遠い日に ママと二人で 見たはずさ 少し無口な 娘時代は 少し遠くで 見ていたよ 小鳥のような 少女時代は 短すぎる 春のよう  今宵は飲もう (I'm a)Father of the Bride...ブレッド&バター安藤芳彦岩澤幸矢夢のように 月日は流れ去り 来てしまった この朝 かなしいくらい 晴れわたる空 笑い声も 遠ざかる  ひとつひとつ 重ねた思い出が 色褪せてく アルバム 君が生まれた あの日もこんな 誇らしげな 蒼い空  小さな掌を にぎりしめて 元気な声で 泣き出した 小鳥のような 少女時代は 短すぎる 春のよう  自分で選んだ 未来が始まる woo... あんまり綺麗で 悔しいくらいさ  woo...  組んだ腕が 離れる瞬間の 不安げな 表情 白いベールの 中から見せた 幼い日の あの瞳  空に響く 清らな鐘の音と 舞い落ちる 花びら 幸せそうな 二人の笑顔 遠い世界の 事のよう  同じ景色を 遥か遠い日に ママと二人で 見たはずさ 少し無口な 娘時代は 少し遠くで 見ていたよ 小鳥のような 少女時代は 短すぎる 春のよう  今宵は飲もう (I'm a)Father of the Bride...
FEEL INSIDE心がときめく 大地に寝ころぶ時 草が香るのさ やさしく 欅の梢が 風と共に唄うよ 僕だけのための コーラス  こんな世界だけを 愛していたけど 君はそれより きらめいてた  Oh, I Feel Feel Feel Feel So Good I Feel Inside 心のざわめき とまらない Oh, I Feel Feel Feel Feel So Good I Feel Inside これまで知らない 初めてのことさ  谷間で魚を 釣っていればその時 この世は光に 満ちてた 緑や青空 それがあればほかには 何もいらないと 思った  君を知った時に 喜びふるえた 甘い痛みが 胸を走る  Oh, I Feel Feel Feel Feel So Good I Feel Inside 高鳴る鼓動は 君のため Oh, I Feel Feel Feel Feel So Good I Feel Inside すべての世界を 持っている君はブレッド&バター山上路夫岩沢二弓心がときめく 大地に寝ころぶ時 草が香るのさ やさしく 欅の梢が 風と共に唄うよ 僕だけのための コーラス  こんな世界だけを 愛していたけど 君はそれより きらめいてた  Oh, I Feel Feel Feel Feel So Good I Feel Inside 心のざわめき とまらない Oh, I Feel Feel Feel Feel So Good I Feel Inside これまで知らない 初めてのことさ  谷間で魚を 釣っていればその時 この世は光に 満ちてた 緑や青空 それがあればほかには 何もいらないと 思った  君を知った時に 喜びふるえた 甘い痛みが 胸を走る  Oh, I Feel Feel Feel Feel So Good I Feel Inside 高鳴る鼓動は 君のため Oh, I Feel Feel Feel Feel So Good I Feel Inside すべての世界を 持っている君は
faceless夜空(そら)の星を凌ぐ数の mail 鼓動を愛撫する振動(おと) 逢いたくなる孤独(さみしさ)だけ繋ぐ 不眠症の labyrinth  愛してると告げる文字の羅列 ふたりの距離が近づく きっと Kiss は止められない磁石 心の温度は上がる  なのになぜ 君の顔が 思いだせないんだろう 僕は誰 ほんとは誰 君は見えてるの  はじめて出逢った日に着てた服や よく聴く歌のタイトル 覚えていることで埋まる気持ち それがたぶん幸せで  なのになぜ ふれたくても ふれられない瞳 君は誰 ほんとは誰 僕は知っているの  好きなのになぜ 君の顔が 思いだせないんだろう 僕は誰 ほんとは誰 君は見えてるの 君は誰 ほんとは誰 僕は知っているの  faceless connection faceless two of us 僕が分からない  faceless connection faceless two of us 君が分からない  faceless connection faceless two of us  faceless connection faceless two of usブレッド&バター松井五郎岩沢二弓・鳥山雄司鳥山雄司夜空(そら)の星を凌ぐ数の mail 鼓動を愛撫する振動(おと) 逢いたくなる孤独(さみしさ)だけ繋ぐ 不眠症の labyrinth  愛してると告げる文字の羅列 ふたりの距離が近づく きっと Kiss は止められない磁石 心の温度は上がる  なのになぜ 君の顔が 思いだせないんだろう 僕は誰 ほんとは誰 君は見えてるの  はじめて出逢った日に着てた服や よく聴く歌のタイトル 覚えていることで埋まる気持ち それがたぶん幸せで  なのになぜ ふれたくても ふれられない瞳 君は誰 ほんとは誰 僕は知っているの  好きなのになぜ 君の顔が 思いだせないんだろう 僕は誰 ほんとは誰 君は見えてるの 君は誰 ほんとは誰 僕は知っているの  faceless connection faceless two of us 僕が分からない  faceless connection faceless two of us 君が分からない  faceless connection faceless two of us  faceless connection faceless two of us
#4054階から 下を見ると よどんだ川がみえる 川の流れに陽の光が 乱反射するときれいだ 近眼の僕に見えるのは ダイヤガラスの道のよう 405  4階から 下を見ると 小さな家がみえる 小さな家の庭を 老婆がいじっている 腰に巻いた毛糸の模様が 緑にマッチしてきれいだ 405  4階から 下を見ると トラックやダンプがみえる 川の両端をくずして 鉄骨をうずめている やがて小さな橋が 小さな橋が出来る 405ブレッド&バター岩沢幸矢岩沢幸矢4階から 下を見ると よどんだ川がみえる 川の流れに陽の光が 乱反射するときれいだ 近眼の僕に見えるのは ダイヤガラスの道のよう 405  4階から 下を見ると 小さな家がみえる 小さな家の庭を 老婆がいじっている 腰に巻いた毛糸の模様が 緑にマッチしてきれいだ 405  4階から 下を見ると トラックやダンプがみえる 川の両端をくずして 鉄骨をうずめている やがて小さな橋が 小さな橋が出来る 405
ふたりのメロディーふたり あるいてる ふたつ かげのよう ふんだ みちのりは ズーっと わすれてる  いつの ことからか いまは おもわない いつか その日まで ズーっと わすれてる  きせつなら なつがすき たいようと あおいうみ しおかぜと あそぶのさ ふたりして ステキなメロディー  しろい かいがらも ゆれる やしの木も とても たのしそう みんな うたってる  どこへ むかうのか とうに きめている たびの みちづれに みんな うたってる  ときをこえ ひびくうた よせかえす なみのよう うみからの おくりもの おかえしは ふたりのメロディーブレッド&バターかまやつひろし・稲葉エミかまやつひろしふたり あるいてる ふたつ かげのよう ふんだ みちのりは ズーっと わすれてる  いつの ことからか いまは おもわない いつか その日まで ズーっと わすれてる  きせつなら なつがすき たいようと あおいうみ しおかぜと あそぶのさ ふたりして ステキなメロディー  しろい かいがらも ゆれる やしの木も とても たのしそう みんな うたってる  どこへ むかうのか とうに きめている たびの みちづれに みんな うたってる  ときをこえ ひびくうた よせかえす なみのよう うみからの おくりもの おかえしは ふたりのメロディー
Blue Heaven木漏れ日差す林の道を 抜けて 段々降りてゆくとそこに 広がる 白い砂浜 小さな入り江は 静かに誰かを 待っている  鳥や草や木々たち風に 揺れて 珍しそうに僕を見ては ざわめく 不思議の空間(すきま)に迷い込んだみたい おや?いつのまにか 歌いだしてる  I'm in blue heaven 鮮やかに 輝く 自然の彩り ここに来て よかったよ 何もかもが 息づいている  潮風優しくくすぐるよ ほほを 遠い昔話運んで 波音 風が変わって 夕日になるまで 赤く赤く 染まっていたい  I'm in blue heaven おだやかに 安らぐ 時が流れる ここに来て よかったよ 何もかもが 愛溢れてる  I'm in blue heaven 香しく 漂う ジャスミンの花 ここに来て 解ったよ Now I know (I'm) standing on (this) beautiful blue heaven  I'm in blue heaven 喜びに 心が 満ち足りてゆく ここに来て 解ったよ Now I know (I'm) standing on (this) beautiful blue heaven  All of the world is filled with love All of the world is bound with love…ブレッド&バター岩沢幸矢岩沢幸矢木漏れ日差す林の道を 抜けて 段々降りてゆくとそこに 広がる 白い砂浜 小さな入り江は 静かに誰かを 待っている  鳥や草や木々たち風に 揺れて 珍しそうに僕を見ては ざわめく 不思議の空間(すきま)に迷い込んだみたい おや?いつのまにか 歌いだしてる  I'm in blue heaven 鮮やかに 輝く 自然の彩り ここに来て よかったよ 何もかもが 息づいている  潮風優しくくすぐるよ ほほを 遠い昔話運んで 波音 風が変わって 夕日になるまで 赤く赤く 染まっていたい  I'm in blue heaven おだやかに 安らぐ 時が流れる ここに来て よかったよ 何もかもが 愛溢れてる  I'm in blue heaven 香しく 漂う ジャスミンの花 ここに来て 解ったよ Now I know (I'm) standing on (this) beautiful blue heaven  I'm in blue heaven 喜びに 心が 満ち足りてゆく ここに来て 解ったよ Now I know (I'm) standing on (this) beautiful blue heaven  All of the world is filled with love All of the world is bound with love…
ペガサス駆け抜けてく 海辺の道を一人 もう季節じゃないけれど いつか来たね 流れる星探しに あの岬をまた目指す  変わらない夜空と 変わりゆく世界 過ぎ去りしパノラマ 巻き戻すは翼持つ星  蒼いペガサスの鼓動が伝わる 二人あの日見つめた星さ ずっと離れないと約束したよね 忘れたことは一度もないよ 君の微笑み  闇と光 何度越えてきただろう 迷い道も歩いた 星空さえ滲んで見えなくなる 倒れた夜もあったよ  巡り会い さよなら 繰り返しても 永遠に物語る星はひとつ 君のまなざし  時がすべて押し流すと信じてた それは若さゆえのあやまり 時が過ぎて僕は心を知ったよ 消えることなくまたたく星が この胸にある  蒼いペガサスの光に触れるたび 僕はあの頃に戻るのさ 君を求めていた気持ちは今でも 揺らぐことなく燃えてる 星の輝く限りブレッド&バター明川哲也石川よしひろ駆け抜けてく 海辺の道を一人 もう季節じゃないけれど いつか来たね 流れる星探しに あの岬をまた目指す  変わらない夜空と 変わりゆく世界 過ぎ去りしパノラマ 巻き戻すは翼持つ星  蒼いペガサスの鼓動が伝わる 二人あの日見つめた星さ ずっと離れないと約束したよね 忘れたことは一度もないよ 君の微笑み  闇と光 何度越えてきただろう 迷い道も歩いた 星空さえ滲んで見えなくなる 倒れた夜もあったよ  巡り会い さよなら 繰り返しても 永遠に物語る星はひとつ 君のまなざし  時がすべて押し流すと信じてた それは若さゆえのあやまり 時が過ぎて僕は心を知ったよ 消えることなくまたたく星が この胸にある  蒼いペガサスの光に触れるたび 僕はあの頃に戻るのさ 君を求めていた気持ちは今でも 揺らぐことなく燃えてる 星の輝く限り
HOTEL PACIFIC君がさしかける 傘の中で 雨の輪がゆれる プールを見ている 六月といえば 夏を待てず みんなして はしゃいだね  遠い日は 蒼い馬さ 煙るように 駆けてくる ひさしぶり 肩よせ歩けば ああ ここはすこしも変わらない  パシフィック 想い出の 海が 聞こえる  裸足で国道 よこぎったら 入道雲みえる 浜辺にでられた 子供じみた夏 もう来ないか 君にただ 聞きたくて  淋しさという呪文が 仲間達を 引き離すよ 君がもし いてくれたならば ああ 僕は変わりはしなかった  今も恨むよ 今も恨むよ  ひさしぶり 肩よせ歩けば ああ ここはすこしも変わらない  パシフィック 想い出の 君が 好きだよブレッド&バター呉田軽穂岩沢二弓君がさしかける 傘の中で 雨の輪がゆれる プールを見ている 六月といえば 夏を待てず みんなして はしゃいだね  遠い日は 蒼い馬さ 煙るように 駆けてくる ひさしぶり 肩よせ歩けば ああ ここはすこしも変わらない  パシフィック 想い出の 海が 聞こえる  裸足で国道 よこぎったら 入道雲みえる 浜辺にでられた 子供じみた夏 もう来ないか 君にただ 聞きたくて  淋しさという呪文が 仲間達を 引き離すよ 君がもし いてくれたならば ああ 僕は変わりはしなかった  今も恨むよ 今も恨むよ  ひさしぶり 肩よせ歩けば ああ ここはすこしも変わらない  パシフィック 想い出の 君が 好きだよ
僕の乗り物名前は知らないけれど 気分がいい時に  目の前に現れる これが その乗り物なんだよ  行きたいところへすぐ つれて行ってくれるんだよ かわいいやつさ  ハンドルを握る僕は かっこいい人みたい  いつだってピカピカのこいつ なぜだか はえてる しっぽ  行きたいところがあって わくわくしてしまう時に 不思議なエンジンの音 させながら やってくるよ 素敵なやつさ  風が緑に 空は回って 羊の丘を すべる  口笛のような レコードのような クレヨンのような やつさ  友達と喧嘩したあと 電話で謝るまで どうしたのか 何度呼んでみても 現れてはくれなかった さびしかったよ  名前は知らないけれど 気分がいいときに  目の前に現れる これが その乗り物なんだよブレッド&バター久保田洋司岩澤二弓名前は知らないけれど 気分がいい時に  目の前に現れる これが その乗り物なんだよ  行きたいところへすぐ つれて行ってくれるんだよ かわいいやつさ  ハンドルを握る僕は かっこいい人みたい  いつだってピカピカのこいつ なぜだか はえてる しっぽ  行きたいところがあって わくわくしてしまう時に 不思議なエンジンの音 させながら やってくるよ 素敵なやつさ  風が緑に 空は回って 羊の丘を すべる  口笛のような レコードのような クレヨンのような やつさ  友達と喧嘩したあと 電話で謝るまで どうしたのか 何度呼んでみても 現れてはくれなかった さびしかったよ  名前は知らないけれど 気分がいいときに  目の前に現れる これが その乗り物なんだよ
僕は静かにゆれ動くどうしても きみが まぶたを離れない 気がつくと 思い描いてる 横顔 簡単に 消せるはずだった あの日の ちいさな炎に 心が灼かれてる  本当の涙など ひとつも流さずに 恋をしてきたぼくが せつなさに 震えてる  甘く 甘く 胸に突き刺さる 恋の 恋の 哀しみ きみは ぼくの 瞳を奪って 心を連れ去った  愛しているとは 言えない人だから 互いに瞳に 想いをためるだけ 何かに 背中を押された その日から 戻れないことを ふたりは知ってる  平凡に続いてく はずだった人生が きみと会い 気づいたら 分かれ道に立っている  浅く 浅く 息を絡めあい さぐるキスの せつなさ 恋が 運ぶ幻に ぼくは 静かにゆれ動く   甘く 甘く 胸に突き刺さる 恋の 恋の 哀しみ きみは ぼくの 瞳を奪って 心を灰にしたブレッド&バター康珍化岩澤幸矢・岩澤二弓どうしても きみが まぶたを離れない 気がつくと 思い描いてる 横顔 簡単に 消せるはずだった あの日の ちいさな炎に 心が灼かれてる  本当の涙など ひとつも流さずに 恋をしてきたぼくが せつなさに 震えてる  甘く 甘く 胸に突き刺さる 恋の 恋の 哀しみ きみは ぼくの 瞳を奪って 心を連れ去った  愛しているとは 言えない人だから 互いに瞳に 想いをためるだけ 何かに 背中を押された その日から 戻れないことを ふたりは知ってる  平凡に続いてく はずだった人生が きみと会い 気づいたら 分かれ道に立っている  浅く 浅く 息を絡めあい さぐるキスの せつなさ 恋が 運ぶ幻に ぼくは 静かにゆれ動く   甘く 甘く 胸に突き刺さる 恋の 恋の 哀しみ きみは ぼくの 瞳を奪って 心を灰にした
MAGIC僕だけに出来る不思議な魔術を かけてあげよう ウーラララ 君の心をいつでも風に出来るから きっとどこか遠くへつれていく この地球から舞い上がり 誰も知らない 魔法時間 二人ですごそう  僕だけに出来る不思議な魔術を かけてあげよう ウーラララ 僕の心はいつでも夢を呼べるから 君の明日を素敵に飾るよ 青い季節を通りすぎ 光うもれた 自由世界 二人でためそう  青い季節を通りすぎ 光うもれた 自由世界 二人でためそうブレッド&バター岩沢二弓・岩沢幸矢・及川恒平岩沢二弓・岩沢幸矢僕だけに出来る不思議な魔術を かけてあげよう ウーラララ 君の心をいつでも風に出来るから きっとどこか遠くへつれていく この地球から舞い上がり 誰も知らない 魔法時間 二人ですごそう  僕だけに出来る不思議な魔術を かけてあげよう ウーラララ 僕の心はいつでも夢を呼べるから 君の明日を素敵に飾るよ 青い季節を通りすぎ 光うもれた 自由世界 二人でためそう  青い季節を通りすぎ 光うもれた 自由世界 二人でためそう
マリエマリエ 昨日夢を見た 光さし込む もやの中に 裸足で髪を 乱した君が 紫色の森へ 駆けていった  こんなにマリエ 愛しているのに こんなにマリエ 愛しているのに  マリエ あんなに呼んだのに 僕はここだと 叫んだのに 君はちょっと 振り向いただけ 森の中へ 駆けていってしまった  こんなにマリエ 愛しているのに こんなにマリエ 愛しているのに  マリエ もう疲れた僕 マリエ もう疲れた僕 あんなに君を 信じてたのに なぜ僕から 離れていったのブレッド&バター岩沢幸矢・岩沢二弓岩沢幸矢・岩沢二弓マリエ 昨日夢を見た 光さし込む もやの中に 裸足で髪を 乱した君が 紫色の森へ 駆けていった  こんなにマリエ 愛しているのに こんなにマリエ 愛しているのに  マリエ あんなに呼んだのに 僕はここだと 叫んだのに 君はちょっと 振り向いただけ 森の中へ 駆けていってしまった  こんなにマリエ 愛しているのに こんなにマリエ 愛しているのに  マリエ もう疲れた僕 マリエ もう疲れた僕 あんなに君を 信じてたのに なぜ僕から 離れていったの
マリオネット・ダンス黄昏が引くカーテンに 街灯のシャンデリア マリオネットみたいに 心はただ 風に操られてる  欠けた月の裏側に 迷い込めたなら ふいに君の肩をしっかりと 抱いてみようか  ふたりはひとりで まるで踊るように さみしさ手繰りよせて 夢ばかり探す  好きだというほどに なにもできないまま 傷付くまでdanceを くりかえす君を 僕は見てる  首筋に吹く西風が 長い髪と戯れる ふりかえる君の姿は とても深い思い出を連れてくる  愛しさが答えを 先送りしても 伏せたままのカードの柄は 見なくていい  どうして僕たちは めぐり逢ったんだろう ほどけた時間の糸 どこかで繋いで  好きだと言うほどに なにもできないまま 見つからないpuzzleを くりかえす僕を 君は見てる  ふたりはひとりで まるで踊るように さみしさ手繰り寄せて 影ばかりふれる  好きだと言うほどに なにもできないまま 傷つくまでdanceを くりかえす君を 僕は見てるブレッド&バター松井五郎岩澤二弓鳥山雄司黄昏が引くカーテンに 街灯のシャンデリア マリオネットみたいに 心はただ 風に操られてる  欠けた月の裏側に 迷い込めたなら ふいに君の肩をしっかりと 抱いてみようか  ふたりはひとりで まるで踊るように さみしさ手繰りよせて 夢ばかり探す  好きだというほどに なにもできないまま 傷付くまでdanceを くりかえす君を 僕は見てる  首筋に吹く西風が 長い髪と戯れる ふりかえる君の姿は とても深い思い出を連れてくる  愛しさが答えを 先送りしても 伏せたままのカードの柄は 見なくていい  どうして僕たちは めぐり逢ったんだろう ほどけた時間の糸 どこかで繋いで  好きだと言うほどに なにもできないまま 見つからないpuzzleを くりかえす僕を 君は見てる  ふたりはひとりで まるで踊るように さみしさ手繰り寄せて 影ばかりふれる  好きだと言うほどに なにもできないまま 傷つくまでdanceを くりかえす君を 僕は見てる
マルガリータで乾杯お前の悲報を聞いたのは 金曜日の午後 とりあえず車に飛び乗り お前の家へ 湘南への道はすでに 渋滞が始まり 焦る気持ちを押さえて 涙を拭いた  降り出した雨でにじんだ フロントグラスの 向こうに やっとなつかしい防砂林が見えた お前のうちに着くと 波乗り仲間が 信じられないといって集まっていた  乗る人もない板が立てかけてある 物干しには色あせたウェットが雨の中 馴染みの店へ行っても もうお前はいない マルガリータで乾杯さ お前の笑顔に  子供の頃から二人で波に乗ってた 冷たい雨の降る日も 嵐も台風も 入学式をさぼって稲村まで行った オンボロスバルで千葉の外れまで行った  恋に破れた悔しさを波にぶつけて 朝まで飲んだ翌日も波にもまれた お前が初めて彼女を好きだと言ったのも 台風の後でうねる波の上だった  乗る人もない板が立てかけてある 物干しには色あせたウェットが雨の中 馴染みの店へ行っても もうお前はいない マルガリータで乾杯さ お前の笑顔に  会社に入ったお前は いつも愚痴ってた 忙しすぎて 波に乗れないんだって それでも月に何度かは二人そろって 仕事忘れて波の上 昔と同じサ  子供が生まれてからは 女房に気を使い 海に来る事はほとんど無かったお前 40をすぎたら二人で また乗ろうぜ そんな話をしたのが二月前さ  乗る人もない板が立てかけてある 物干しには色あせたウェットが雨の中 馴染みの店へ行っても もうお前はいない マルガリータで乾杯さ お前の笑顔に 馴染みの店へ行っても もうお前はいない マルガリータで乾杯さ お前の笑顔にブレッド&バター麻田浩麻田浩お前の悲報を聞いたのは 金曜日の午後 とりあえず車に飛び乗り お前の家へ 湘南への道はすでに 渋滞が始まり 焦る気持ちを押さえて 涙を拭いた  降り出した雨でにじんだ フロントグラスの 向こうに やっとなつかしい防砂林が見えた お前のうちに着くと 波乗り仲間が 信じられないといって集まっていた  乗る人もない板が立てかけてある 物干しには色あせたウェットが雨の中 馴染みの店へ行っても もうお前はいない マルガリータで乾杯さ お前の笑顔に  子供の頃から二人で波に乗ってた 冷たい雨の降る日も 嵐も台風も 入学式をさぼって稲村まで行った オンボロスバルで千葉の外れまで行った  恋に破れた悔しさを波にぶつけて 朝まで飲んだ翌日も波にもまれた お前が初めて彼女を好きだと言ったのも 台風の後でうねる波の上だった  乗る人もない板が立てかけてある 物干しには色あせたウェットが雨の中 馴染みの店へ行っても もうお前はいない マルガリータで乾杯さ お前の笑顔に  会社に入ったお前は いつも愚痴ってた 忙しすぎて 波に乗れないんだって それでも月に何度かは二人そろって 仕事忘れて波の上 昔と同じサ  子供が生まれてからは 女房に気を使い 海に来る事はほとんど無かったお前 40をすぎたら二人で また乗ろうぜ そんな話をしたのが二月前さ  乗る人もない板が立てかけてある 物干しには色あせたウェットが雨の中 馴染みの店へ行っても もうお前はいない マルガリータで乾杯さ お前の笑顔に 馴染みの店へ行っても もうお前はいない マルガリータで乾杯さ お前の笑顔に
MONDAY MORNING夜明けの中で 波の音を聞いて 目醒めた僕だけど ここは都会だ 朝の渚を あなたと歩いたよ あの日もちょうど こんな時間だったよ  Monday morning 5 o'clock, I'm awake 5 o'clock. まだ暗い朝 Monday morning 5 o'clock I'm awake 5 o'clock, 独り目醒めた Woo woo  海辺の部屋で まだ暮らしているの 僕の帰り待って 独りあなたは 帰って行こうか 別れたわけじゃない まだ波の音 遠く聞こえてるよ  Monday afternoon 3 o'clock I'm dreaming 3 o'clock どうしてるだろう Monday afternoon 3 o'clock I'm dreaming 3 o'clock 街はにぎやか  Monday evening 8 o'clock I'm walking 8 o'clock きっと待っている Monday evening 8 o'clock I'm walking 8 o'clock 波が聞こえる…ブレッド&バター山上路夫岩沢幸矢夜明けの中で 波の音を聞いて 目醒めた僕だけど ここは都会だ 朝の渚を あなたと歩いたよ あの日もちょうど こんな時間だったよ  Monday morning 5 o'clock, I'm awake 5 o'clock. まだ暗い朝 Monday morning 5 o'clock I'm awake 5 o'clock, 独り目醒めた Woo woo  海辺の部屋で まだ暮らしているの 僕の帰り待って 独りあなたは 帰って行こうか 別れたわけじゃない まだ波の音 遠く聞こえてるよ  Monday afternoon 3 o'clock I'm dreaming 3 o'clock どうしてるだろう Monday afternoon 3 o'clock I'm dreaming 3 o'clock 街はにぎやか  Monday evening 8 o'clock I'm walking 8 o'clock きっと待っている Monday evening 8 o'clock I'm walking 8 o'clock 波が聞こえる…
Marchin' In April波音のめざましに 起こされ浜を見に行く もうすぐ泳げる季節のおとずれ 予感させる日差しの海  わけのない不安や 長く引きずるさみしさ 金色に光る波に誘われ はるか沖に消えて行く  ひとり Marchin' In April 口笛吹きながら 今朝も Marchin' In April 新たな気持ち溢れてる  南からの潮風 そっと背中を押してくれる ささやかな日々に幸せ感じ 感謝の気持ち包まれる  いつも Marchin' In April こころは弾んでる 明日も Marchin' In April 毎日が新しいはじまり  この気持ち誰かと そっと分かち合いたくて ささやかな日々に喜び感じ 感謝の心口ずさむブレッド&バター岩沢二弓岩沢二弓鳥山雄司波音のめざましに 起こされ浜を見に行く もうすぐ泳げる季節のおとずれ 予感させる日差しの海  わけのない不安や 長く引きずるさみしさ 金色に光る波に誘われ はるか沖に消えて行く  ひとり Marchin' In April 口笛吹きながら 今朝も Marchin' In April 新たな気持ち溢れてる  南からの潮風 そっと背中を押してくれる ささやかな日々に幸せ感じ 感謝の気持ち包まれる  いつも Marchin' In April こころは弾んでる 明日も Marchin' In April 毎日が新しいはじまり  この気持ち誰かと そっと分かち合いたくて ささやかな日々に喜び感じ 感謝の心口ずさむ
ミッシング・リンクふいに夢がとぎれ起こされた 朝のそよ風 散歩へと さそってる ほら夏色に染まる 砂浜に 輝いてる あなた みつけた  ほかには人影もまるでなく そっとあなたに近づいて声かけた(Hello!) そう夢に出てきた あの人に とても似てる あなたは 不思議 You're the Missing Link!…  初めてあなたと話すのに どこかなつかしい想いがよみがえる そう遠い昔に 出会ってた そんな気がして とても 不思議 You're the Missing Link!…ブレッド&バター岩沢二弓岩沢二弓ふいに夢がとぎれ起こされた 朝のそよ風 散歩へと さそってる ほら夏色に染まる 砂浜に 輝いてる あなた みつけた  ほかには人影もまるでなく そっとあなたに近づいて声かけた(Hello!) そう夢に出てきた あの人に とても似てる あなたは 不思議 You're the Missing Link!…  初めてあなたと話すのに どこかなつかしい想いがよみがえる そう遠い昔に 出会ってた そんな気がして とても 不思議 You're the Missing Link!…
めぐり、、、逢いあの頃君は海を見たいと 僕の部屋によく来てくれたね 夕日沈むまで二人の世界に 波音と紛れ込んでいた  昨日メールに書いてくれた 別れ話の悲しい出来事 輝く瞳で夢見ていた人 あの日のように抱きしめたかった  忘れかけた日々の 笑顔がよみがえる 互いに知らない年月がそれぞれに 流れ過ぎていた  風の行方、雲の行方 誰も知らないけど 時はめぐりめぐり続けて あの日の渚 変わらぬ夕日 二人は見つめている  誰もうらやむソウルメイトに 今ならきっとなれる気がする あの夜空の星今の二人には どんなふうに見えるのだろう  後悔しないために ゆっくり歩き出した 遠まわりした季節がいとしさを 取り戻せるように  空の彼方、海の彼方 夢を求めたけど 人はめぐりめぐり続けて 何かに気づき 明日の夕日 二人は見つめている  遠まわりした季節がいとしさを 取り戻せるように  風の行方、雲の行方 誰も知らないけど 時はめぐりめぐり続けて あの日の渚 変わらぬ夕日 二人は見つめているブレッド&バター岩澤二弓岩澤二弓・鳥山雄司鳥山雄司あの頃君は海を見たいと 僕の部屋によく来てくれたね 夕日沈むまで二人の世界に 波音と紛れ込んでいた  昨日メールに書いてくれた 別れ話の悲しい出来事 輝く瞳で夢見ていた人 あの日のように抱きしめたかった  忘れかけた日々の 笑顔がよみがえる 互いに知らない年月がそれぞれに 流れ過ぎていた  風の行方、雲の行方 誰も知らないけど 時はめぐりめぐり続けて あの日の渚 変わらぬ夕日 二人は見つめている  誰もうらやむソウルメイトに 今ならきっとなれる気がする あの夜空の星今の二人には どんなふうに見えるのだろう  後悔しないために ゆっくり歩き出した 遠まわりした季節がいとしさを 取り戻せるように  空の彼方、海の彼方 夢を求めたけど 人はめぐりめぐり続けて 何かに気づき 明日の夕日 二人は見つめている  遠まわりした季節がいとしさを 取り戻せるように  風の行方、雲の行方 誰も知らないけど 時はめぐりめぐり続けて あの日の渚 変わらぬ夕日 二人は見つめている
夢の中月の光を グラスにそそぐ 君がそっと 口をつける  二千年前 僕らはここで 最終電車 見送ったね  明日のこと 気にして 優しい目をするけど  ここは僕らの 夢の中だよ さぁ おいで 夜空へ Right Away  誰も知らない 街の真上に 手をつないだ 僕らがいる  月を旅した かつての人が 青い星と 呼んだ世界  何も怖くはないと 頬よせるその仕種  もうすぐ君に 朝がくるんだね 今度はいつ 会えるの To Your Dreams  まるではじめて 会ったみたいに 君は僕の 名前をきく  微笑みながら 「楽しかったね また会ってね 忘れないで」  久しぶり 会えたのを 君は覚えてなくて 前とおんなじように 少し寂しいと言う  君が目を閉じ 肩をうごかす 君の笑顔 いつか見たい  もうすぐ君に 朝がくるんだね 僕のことを 忘れないでブレッド&バター久保田洋司岩澤幸矢月の光を グラスにそそぐ 君がそっと 口をつける  二千年前 僕らはここで 最終電車 見送ったね  明日のこと 気にして 優しい目をするけど  ここは僕らの 夢の中だよ さぁ おいで 夜空へ Right Away  誰も知らない 街の真上に 手をつないだ 僕らがいる  月を旅した かつての人が 青い星と 呼んだ世界  何も怖くはないと 頬よせるその仕種  もうすぐ君に 朝がくるんだね 今度はいつ 会えるの To Your Dreams  まるではじめて 会ったみたいに 君は僕の 名前をきく  微笑みながら 「楽しかったね また会ってね 忘れないで」  久しぶり 会えたのを 君は覚えてなくて 前とおんなじように 少し寂しいと言う  君が目を閉じ 肩をうごかす 君の笑顔 いつか見たい  もうすぐ君に 朝がくるんだね 僕のことを 忘れないで
Life椰子の木と 海の柄(え)の 古いシャツ 懐かしい 消印が 滲んだ絵はがき  砂時計を逆に 置き換えるとき 思い出が ほほえみを また連れてくる  庭に咲く花の名も 知らないし 犬たちの散歩まで 任せきりだった  ひとりではなんにも できない僕の ダメなこと 抱きしめて くれていたんだ  ありがとう僕は (君に逢って めぐり逢って) 幸せになれた (心が応えてる) こんなに君を (見つめあって 信じあって) 愛しているから  僕がたぶん 沖を行く 舟だったら 君はそう いつだって 灯台の灯り  いつかこの世界が 終わるとしても 君といる毎日は 変わらないさ  季節の風が (どこでだって いつまでだって) 包みこむように (心はわかってる) かならず君の (感じあって 許しあって) 近くにいるから  ありがとう僕は (君に逢って めぐり逢って) 幸せになれた (心が応えてる) こんなに君を (見つめあって 信じあって) 愛しているからブレッド&バター松井五郎岩沢幸矢・鳥山雄司鳥山雄司椰子の木と 海の柄(え)の 古いシャツ 懐かしい 消印が 滲んだ絵はがき  砂時計を逆に 置き換えるとき 思い出が ほほえみを また連れてくる  庭に咲く花の名も 知らないし 犬たちの散歩まで 任せきりだった  ひとりではなんにも できない僕の ダメなこと 抱きしめて くれていたんだ  ありがとう僕は (君に逢って めぐり逢って) 幸せになれた (心が応えてる) こんなに君を (見つめあって 信じあって) 愛しているから  僕がたぶん 沖を行く 舟だったら 君はそう いつだって 灯台の灯り  いつかこの世界が 終わるとしても 君といる毎日は 変わらないさ  季節の風が (どこでだって いつまでだって) 包みこむように (心はわかってる) かならず君の (感じあって 許しあって) 近くにいるから  ありがとう僕は (君に逢って めぐり逢って) 幸せになれた (心が応えてる) こんなに君を (見つめあって 信じあって) 愛しているから
Life Style道が二つに 分かれていた時には 楽しそうな道 選んで生きてきたよ  何故って 君が今 たずねるなら 照れずに 真顔で こう答えるのさ  ずっと僕には 大切な人がいて その人はこんな 僕を好きと言ってくれるから  泳ぐような Life Style けして楽じゃないけど いつか 溺れそうな 君を助けられるかも  何故って 君はまた たずねるのかい わかっているくせ 言わせたいんだね  そうさ僕には 愛する人がいるから 僕でいられるよ I really do, really do love you  真面目な話は もうこれくらいにして さぁ 僕らの Life Style 冷えたビール開けようブレッド&バター杉真理杉真理道が二つに 分かれていた時には 楽しそうな道 選んで生きてきたよ  何故って 君が今 たずねるなら 照れずに 真顔で こう答えるのさ  ずっと僕には 大切な人がいて その人はこんな 僕を好きと言ってくれるから  泳ぐような Life Style けして楽じゃないけど いつか 溺れそうな 君を助けられるかも  何故って 君はまた たずねるのかい わかっているくせ 言わせたいんだね  そうさ僕には 愛する人がいるから 僕でいられるよ I really do, really do love you  真面目な話は もうこれくらいにして さぁ 僕らの Life Style 冷えたビール開けよう
ラヴィ・サンバ~人生は過ぎる~マロニエ咲く石だたみ 窓辺の席 あなたの視線 誰も知らない街角で 名前も知らず見つめあった  あの時 僕は愛に疲れて ぬくもりだけを求めていた  無口な夜 小さなホテル 出窓に置くワイングラス あなたは過去を偽って 僕は今を偽って  それでも僕はあなたを抱いた 束の間の夢をわけあうように  あなたのシャンソン想いだすよ 揺らめく炎 二つの影  ガラスに映る街路樹の舗道(みち) あの日の席にあなたはいない  あの時 僕はあなたに逢えて 長い冬にさよならできた メルシー 僕はあなたの事を 忘れはしないメルシー・モナムール  あなたのシャンソン想い出すよ ラヴィ・サンバ 人生は過ぎるブレッド&バター岩沢二弓・田口俊・岡田幸文岩沢二弓マロニエ咲く石だたみ 窓辺の席 あなたの視線 誰も知らない街角で 名前も知らず見つめあった  あの時 僕は愛に疲れて ぬくもりだけを求めていた  無口な夜 小さなホテル 出窓に置くワイングラス あなたは過去を偽って 僕は今を偽って  それでも僕はあなたを抱いた 束の間の夢をわけあうように  あなたのシャンソン想いだすよ 揺らめく炎 二つの影  ガラスに映る街路樹の舗道(みち) あの日の席にあなたはいない  あの時 僕はあなたに逢えて 長い冬にさよならできた メルシー 僕はあなたの事を 忘れはしないメルシー・モナムール  あなたのシャンソン想い出すよ ラヴィ・サンバ 人生は過ぎる
LOVE SAIL夜が 明けきらぬうちにもう一度 君の船に乗せて欲しいのさ 僕は 君のおかかえシークルー 好きな所へ運んであげる  Love Sail ずっとこのまま Love Sail 夢の果てまで君と二人で Sail Away Sail Away Sail Away 七つの海を飛び込えて やさしい雨にうたれながら  Sailing Away With Love Sail  時が たつのも忘れてしまうような 熱い くちづけに酔いしれて 君と 甘い香りの湖に 迷い込んでしまったのさ  Love Sail ずっとこのまま Love Sail 夢の果てまで君と二人で Sail Away Sail Away Sail Away 七つの海を飛び込えて やさしい雨にうたれながら  Sail Away Sail Away Sail Away 七つの海を飛び込えて やさしい雨にうたれながら Sailing Away With Love Sailブレッド&バター柴山俊之岩沢二弓夜が 明けきらぬうちにもう一度 君の船に乗せて欲しいのさ 僕は 君のおかかえシークルー 好きな所へ運んであげる  Love Sail ずっとこのまま Love Sail 夢の果てまで君と二人で Sail Away Sail Away Sail Away 七つの海を飛び込えて やさしい雨にうたれながら  Sailing Away With Love Sail  時が たつのも忘れてしまうような 熱い くちづけに酔いしれて 君と 甘い香りの湖に 迷い込んでしまったのさ  Love Sail ずっとこのまま Love Sail 夢の果てまで君と二人で Sail Away Sail Away Sail Away 七つの海を飛び込えて やさしい雨にうたれながら  Sail Away Sail Away Sail Away 七つの海を飛び込えて やさしい雨にうたれながら Sailing Away With Love Sail
REMEMBER MY LOVE(日本語Version)ぼくは行くよ 朝がきたら NASAからの電話で 空の彼方 天の川へ 平和の鍵 探しに  So remember my love Remember my smile 離れていても 心はいつも君のそばにいる  Remember my heart Remember my kiss 目を閉じてみれば すぐに君に会えるさ Remember my love  孤独な旅さえ希望に変えて 愛は眠らない 何光年過ぎても  いつか君と 話したよね 信じあうときめき どんな時も忘れないで 夢だけは永遠さ  Remember my love Remember my smile 寂しくないよ ふたりの距離を愛がうずめてく  Remember my heart Remember my kiss また会うときまで 君にとどけ この歌 Remember our love  Remember my love Remember my smile Though I'm far far away Send a message to me everyday To remember our love  Remember my love Remember my smile Think of happy times like this When your hearts filled with loneliness Please remember our loveブレッド&バターSTEVIE WONDER・訳詞:神沢礼江・さつやSTEVIE WONDERぼくは行くよ 朝がきたら NASAからの電話で 空の彼方 天の川へ 平和の鍵 探しに  So remember my love Remember my smile 離れていても 心はいつも君のそばにいる  Remember my heart Remember my kiss 目を閉じてみれば すぐに君に会えるさ Remember my love  孤独な旅さえ希望に変えて 愛は眠らない 何光年過ぎても  いつか君と 話したよね 信じあうときめき どんな時も忘れないで 夢だけは永遠さ  Remember my love Remember my smile 寂しくないよ ふたりの距離を愛がうずめてく  Remember my heart Remember my kiss また会うときまで 君にとどけ この歌 Remember our love  Remember my love Remember my smile Though I'm far far away Send a message to me everyday To remember our love  Remember my love Remember my smile Think of happy times like this When your hearts filled with loneliness Please remember our love
LET US LOVEもう もう泣かないで 哀しくなるほどに 抱き合い続けて 漂った夜の海 あなたの鼓動 僕の胸に重ね 二人の世界の暖かさ 確かめよう  忘れて過去を 忘れて明日(あす)を LET US LOVE LOVE FOR TODAY FOR TODAY  今 朝焼けが 二人を染めあげる どこまで行けるか わからない 帰らない 何も言わないで 見つめ合うすばらしさ あなたのそばでは ひとときが永遠さ  忘れて過去を 忘れて明日を LET US LOVE LOVE FOR TODAY FOR TODAY  LET US LOVE LOVE FOR TODAY…ブレッド&バター岡田冨美子岩沢二弓もう もう泣かないで 哀しくなるほどに 抱き合い続けて 漂った夜の海 あなたの鼓動 僕の胸に重ね 二人の世界の暖かさ 確かめよう  忘れて過去を 忘れて明日(あす)を LET US LOVE LOVE FOR TODAY FOR TODAY  今 朝焼けが 二人を染めあげる どこまで行けるか わからない 帰らない 何も言わないで 見つめ合うすばらしさ あなたのそばでは ひとときが永遠さ  忘れて過去を 忘れて明日を LET US LOVE LOVE FOR TODAY FOR TODAY  LET US LOVE LOVE FOR TODAY…
老人と犬どんより曇った空の下 老いた犬と老人が 毎日公園のベンチにすわっている 黒いコートのえりを立てて 彫刻の様に何も言わず 寒さに肩をまるめ 何かを待っている  あたたかい春 空は青く 人はほほえむ  冷たい風にまるくなって じっと風に吹かれる犬 ただ目を閉じながら 何かを待っている どんより曇った空の下 老いた犬と老人が 今は遠い空を じっと待っている  あたたかい春 空は青く 人はほほえむ あたたかい春 空は青く澄み…ブレッド&バター岩沢二弓岩沢二弓どんより曇った空の下 老いた犬と老人が 毎日公園のベンチにすわっている 黒いコートのえりを立てて 彫刻の様に何も言わず 寒さに肩をまるめ 何かを待っている  あたたかい春 空は青く 人はほほえむ  冷たい風にまるくなって じっと風に吹かれる犬 ただ目を閉じながら 何かを待っている どんより曇った空の下 老いた犬と老人が 今は遠い空を じっと待っている  あたたかい春 空は青く 人はほほえむ あたたかい春 空は青く澄み…
若ぶるつもりはないけれど若ぶるつもりは 無いけれど 今日という日に 命燃やそう 歳を重ねて 思うこと 悟りのつもりも 無いけれど 訪ねては去る 時を思えば 人生は 旅 誰の言葉か 旅をするのは 何処かへ 行き着く ためでなく ただ旅をするため 人生は 死ぬためでなく 生きるため 今日という日に 命燃やそう  若ぶるつもりは 無いけれど 友なる人と 命結ぼう 歳を重ねて 思うこと 老け込むつもりもさらに無く 月並みながら 旅は道連れ 人生は 友 金権力も 名誉も超えて 何より 嬉しい 財産は ただ友のあること 幾千の 知り合い無用 真実の 友なる人と 命結ぼう  昔々に 恋した人からの 久々の便りに 何故か心に 湧く想いときめき ただあの頃のまま  若ぶるつもりは 無いけれど 今日という日に 命燃やそうブレッド&バター小椋佳小椋佳若ぶるつもりは 無いけれど 今日という日に 命燃やそう 歳を重ねて 思うこと 悟りのつもりも 無いけれど 訪ねては去る 時を思えば 人生は 旅 誰の言葉か 旅をするのは 何処かへ 行き着く ためでなく ただ旅をするため 人生は 死ぬためでなく 生きるため 今日という日に 命燃やそう  若ぶるつもりは 無いけれど 友なる人と 命結ぼう 歳を重ねて 思うこと 老け込むつもりもさらに無く 月並みながら 旅は道連れ 人生は 友 金権力も 名誉も超えて 何より 嬉しい 財産は ただ友のあること 幾千の 知り合い無用 真実の 友なる人と 命結ぼう  昔々に 恋した人からの 久々の便りに 何故か心に 湧く想いときめき ただあの頃のまま  若ぶるつもりは 無いけれど 今日という日に 命燃やそう
別れのあとの憩い休みの日だと言うのに 心はうつろベッドの中で くずれる波音聞く いくつも夢を写した鏡 共に旅したスーツケース ひとつひとつが小さな歴史 さようなら 思い出たち  西陽さすアトリエには おまえの笑顔ぬり残しのまま  次の休みの日迄に まとめてしまおう 心と荷物 涙をむかえる前に 六時のままの置時計 窓辺で微笑むロッキングチェアー ひとつひとつが小さな歴史 ありがとう 思い出たち  西陽さすアトリエには おまえの笑顔ぬり残しのまま…ブレッド&バター岩沢幸矢・市原愛彦岩沢幸矢休みの日だと言うのに 心はうつろベッドの中で くずれる波音聞く いくつも夢を写した鏡 共に旅したスーツケース ひとつひとつが小さな歴史 さようなら 思い出たち  西陽さすアトリエには おまえの笑顔ぬり残しのまま  次の休みの日迄に まとめてしまおう 心と荷物 涙をむかえる前に 六時のままの置時計 窓辺で微笑むロッキングチェアー ひとつひとつが小さな歴史 ありがとう 思い出たち  西陽さすアトリエには おまえの笑顔ぬり残しのまま…
我が夫子君が行く道の 長程を繰り畳ね 焼き亡ぼさむ 天の火もがも 天地の辺陲のうらに 我がごとく 君は恋ふらむ 人はさねあらじ  還りける人来れりと 言ひしかば ほとほと死にき 君かと思ひて 我が夫子が 還り来まさむ時のため 命残さむ 忘れたもふなブレッド&バター狭野茅上娘子(万葉集)岩沢幸矢ブレッド&バター君が行く道の 長程を繰り畳ね 焼き亡ぼさむ 天の火もがも 天地の辺陲のうらに 我がごとく 君は恋ふらむ 人はさねあらじ  還りける人来れりと 言ひしかば ほとほと死にき 君かと思ひて 我が夫子が 還り来まさむ時のため 命残さむ 忘れたもふな
忘れ得ぬ貴女夕日煙る 暮れゆく浜辺 ぬくもり残る砂に 優しさ 想い出す  忍び寄る秋風 遠い西の海から 静かに吹き寄せ 淋しさ 奏る  忘れ得ぬ貴女と季節をめぐる 一人の盃 揺れる思い出  高く雲を突きぬけ そびえ立つ富士の 白い衣に 貴女を 見たよう  そろそろこぶしの 花も咲きそろい 透きとおる香りに 重なる あの頃  忘れ得ぬ貴女と季節をめぐる 夜露に濡れた心と思い出  忘れ得ぬ貴女と季節をめぐる 夜露に濡れた心と思い出  忘れ得ぬ貴女と季節をめぐる 一人の盃 揺れる思い出ブレッド&バター岩沢二弓・市原愛彦岩沢二弓夕日煙る 暮れゆく浜辺 ぬくもり残る砂に 優しさ 想い出す  忍び寄る秋風 遠い西の海から 静かに吹き寄せ 淋しさ 奏る  忘れ得ぬ貴女と季節をめぐる 一人の盃 揺れる思い出  高く雲を突きぬけ そびえ立つ富士の 白い衣に 貴女を 見たよう  そろそろこぶしの 花も咲きそろい 透きとおる香りに 重なる あの頃  忘れ得ぬ貴女と季節をめぐる 夜露に濡れた心と思い出  忘れ得ぬ貴女と季節をめぐる 夜露に濡れた心と思い出  忘れ得ぬ貴女と季節をめぐる 一人の盃 揺れる思い出
What's Going Onどうした? 落ち込んで下向いているんだよ 会社でトラブった? それともかみさん怒ったか 愚痴でも聞いてやる 吐き出しちゃえ楽になる  いつもの君は何処行った 何度も何度も時計見て 眉間にしわなどよらせても どうにもこうにもなりゃしない 一人にしといてほしいのか 帰りたいなら留めやしない  What's going on? Can you hear that? What's going on? Can you hear that? What's going on? You can hear that heaven's voice  いつも順調に 行かないんだ 世の中は ああ言えば こう言うし 色々人は言うけれど きみなら気づくはず何が大事なのか  夢を叶える方法は あたって砕けろやるっきゃない チャンスはどこにも落ちている しっかりつかんで育てなよ 君ならできるさ 間に合う 僕にも手本を見せてくれ  What's going on? Can you hear that? What's going on? Can you hear that? What's going on? You can hear that heaven's voice  好きな事して生きるのが 人間の持つ義務なんだ 自信を持って最良の 自分の結果出すっきゃない ひとつ最後に言えるのは 信ずる者は救われる  What's going on? Can you hear that? What's going on? Can you hear that? What's going on? You can hear that heaven's voiceブレッド&バター岩沢幸矢岩沢幸矢鳥山雄司どうした? 落ち込んで下向いているんだよ 会社でトラブった? それともかみさん怒ったか 愚痴でも聞いてやる 吐き出しちゃえ楽になる  いつもの君は何処行った 何度も何度も時計見て 眉間にしわなどよらせても どうにもこうにもなりゃしない 一人にしといてほしいのか 帰りたいなら留めやしない  What's going on? Can you hear that? What's going on? Can you hear that? What's going on? You can hear that heaven's voice  いつも順調に 行かないんだ 世の中は ああ言えば こう言うし 色々人は言うけれど きみなら気づくはず何が大事なのか  夢を叶える方法は あたって砕けろやるっきゃない チャンスはどこにも落ちている しっかりつかんで育てなよ 君ならできるさ 間に合う 僕にも手本を見せてくれ  What's going on? Can you hear that? What's going on? Can you hear that? What's going on? You can hear that heaven's voice  好きな事して生きるのが 人間の持つ義務なんだ 自信を持って最良の 自分の結果出すっきゃない ひとつ最後に言えるのは 信ずる者は救われる  What's going on? Can you hear that? What's going on? Can you hear that? What's going on? You can hear that heaven's voice
ワルツ春おぼろにたゆたう 古の花のかほり 群れ集う蝶は 誰を思ひ 晴れ着を 纏(まと)う  糸と糸を編むよに 時はただ先を逸る ふと息を止めて ふれた肌の 脈打つ雫  風よ 風よ 変わらぬものを君だけにあげよう 夢よ 夢よ 変わりゆくものと戯れ  巡り巡るままに ゆびさきのワルツ 幸せあやとる 相手の名も 誰か知らずに 幸せあやとる 相手の名も 誰か知らずに  軒を辿る人影 迷路も 楽しいけれど 背を向けた方に 名残(なごり)ばかり 預けて帰る  何処の窓 流るる 金糸雀(カナリア)の甘き誘ひ 壊れた龍に 囚われの身は ぼくらなのです  風よ 風よ 眠らぬ月を君だけに見せよう 夢よ 夢よ 胸に標を残して  廻り廻るままに 悪戯なワルツ 叶わぬ明かりを 吹き消してはまた灯したり 叶わぬ明かりを 吹き消してはまた灯したり  風よ 風よ 変わらぬものを君だけにあげよう 夢よ 夢よ 変わりゆくものと戯れ  寄せて返すままに とこしえのワルツ 気づかぬ間に 結ばれたり ほどきあったり 気づかぬ間に 結ばれたり ほどきあったりブレッド&バター松井五郎森山良子春おぼろにたゆたう 古の花のかほり 群れ集う蝶は 誰を思ひ 晴れ着を 纏(まと)う  糸と糸を編むよに 時はただ先を逸る ふと息を止めて ふれた肌の 脈打つ雫  風よ 風よ 変わらぬものを君だけにあげよう 夢よ 夢よ 変わりゆくものと戯れ  巡り巡るままに ゆびさきのワルツ 幸せあやとる 相手の名も 誰か知らずに 幸せあやとる 相手の名も 誰か知らずに  軒を辿る人影 迷路も 楽しいけれど 背を向けた方に 名残(なごり)ばかり 預けて帰る  何処の窓 流るる 金糸雀(カナリア)の甘き誘ひ 壊れた龍に 囚われの身は ぼくらなのです  風よ 風よ 眠らぬ月を君だけに見せよう 夢よ 夢よ 胸に標を残して  廻り廻るままに 悪戯なワルツ 叶わぬ明かりを 吹き消してはまた灯したり 叶わぬ明かりを 吹き消してはまた灯したり  風よ 風よ 変わらぬものを君だけにあげよう 夢よ 夢よ 変わりゆくものと戯れ  寄せて返すままに とこしえのワルツ 気づかぬ間に 結ばれたり ほどきあったり 気づかぬ間に 結ばれたり ほどきあったり
One afternoon in the bar君はいつものように 笑いながら シャンペインを飲む 僕は おどけてみせて 君が去ってしまうのに  ああ、君の黄色のドレス いつもの服と違って見える 僕はグラスを取り まだ おどけているだけさ  さよならはいつの日か 僕の中から消えてゆく ただ 思い出だけは ただ 思い出だけは いつも そばに  空のグラスだけど 君の香りが残ってた いつもの、バーテンさえも 何故か、少しメランコリー  この午後は いつものこのバーで 2杯目の ジントニック飲むだけさ 家に帰るにしては 少し早い時間だから  さよならはいつの日か 僕の中から消えてゆく ただ 思い出だけは ただ 思い出だけは いつも そばに いつも、そばに いる  One afternoon in the bar One afternoon in the barブレッド&バター加藤和彦加藤和彦君はいつものように 笑いながら シャンペインを飲む 僕は おどけてみせて 君が去ってしまうのに  ああ、君の黄色のドレス いつもの服と違って見える 僕はグラスを取り まだ おどけているだけさ  さよならはいつの日か 僕の中から消えてゆく ただ 思い出だけは ただ 思い出だけは いつも そばに  空のグラスだけど 君の香りが残ってた いつもの、バーテンさえも 何故か、少しメランコリー  この午後は いつものこのバーで 2杯目の ジントニック飲むだけさ 家に帰るにしては 少し早い時間だから  さよならはいつの日か 僕の中から消えてゆく ただ 思い出だけは ただ 思い出だけは いつも そばに いつも、そばに いる  One afternoon in the bar One afternoon in the bar
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ライラック
  3. さよーならまたいつか!
  4. 366日
  5. Masterplan

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Masterplan
  2. 相思相愛
  3. Click
  4. I wonder
  5. ディスコ・クレオパトラ feat. 稲葉貴子・小湊美和・信田美帆 a.k.a. CISCO3

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×