久保田洋司作詞の歌詞一覧リスト  126曲中 1-126曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
126曲中 1-126曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
手をつなぐのは久しぶりだねKinKi KidsKinKi Kids久保田洋司Fredrik“Figge”Bostrom・Pontus Soderqvist・草川瞬・Lars Safsund青空に気を取られ ちょっと 不意を突かれたように 左手に そっと 滑り込んできた あの愛しい感覚 そうさ  「手をつなぐのは 久しぶりだね」 君が笑うよ  今までに どれくらいに 君から こんな輝く時を受け取っただろう ぎゅっと握り返すより 今日は この愛しさを もっと もっと 感じたい  君も照れているのが すぐに 伝わってくるからね 気付かないふりをしてはみるけれど それも伝わってしまうよね  「手をつなぐのは いいもんだよね」 離したくない  今までに どれくらい 君から こんなシンプルなことを気づかされただろう ぎゅっと握り返すより 今日は この優しさを もっと もっと 感じて  そう どれくらい 君から こんな輝く時を受け取っただろう ぎゅっと強く握り返すより 今日は この愛しさを もっと もっと 感じたい  ねぇ この街は これからも 変わってゆくだろう だけど あの路地も 坂道も 雨の日の街路樹も 手をつないで行こう もっと もっと 感じたい Uh 二人で  今までに どれくらい 君から こんなシンプルなことを気づかされただろう ぎゅっと握り返すより 今日は この優しさを もっと もっと 感じて  そう どれくらい 君から こんな輝く時を受け取っただろう ぎゅっと強く握り返すより 今日は この愛しさを もっと もっと 感じたい  My sugar my sugar my sugar Oh 二人で My sugar my sugar もっと もっと 感じたい
丘みどり丘みどり久保田洋司谷本新街角の喫茶店 メニューに楡(にれ)の文字がある 苦いコーヒーの名を 楡というらしい  向こうの席では 誰かと誰かが もう会えない 誰かの話する  楡の木の木陰では あの日の二人が今も 笑いながら戯(たわむ)れている気がする 美しい思い出が ほろ苦い記憶が 今は 胸に 甘く 優しく 過ぎてく  古い写真を見れば みんな眩(まぶ)しいものばかり あなたが写してくれた 若かった私  泣くなよと言って 抱き寄せてくれた 嬉しいのに 涙が止まらずに  楡の木の並木道 一人で歩いて帰る 夕陽に映(は)える街並み ふと隣に 笑ってとレンズ越し あなたがいるようで 今も そんな時は 小さく 微笑む  楡の木の木陰では あの日の二人が今も 突然 真面目な顔して 目を閉じたら 息もできないほどの 長い長い刹那(せつな) 今も 胸に 甘く 匂って 苦しい
二人で歩こうA.B.C-ZA.B.C-Z久保田洋司Fredrik “Figge” Bostrom優しく強く 満たされてゆくもの この想い こんな気持ちになれるのは 今 君がいてくれるからさ  (Moon) 月の明かりに (shine) 照らされながら ここで君を抱きしめる  はなさないよ ずっと 愛してる この手で 君を大切にするから 時が過ぎてゆく 二人の目の前に 道が続いてる Yeah 二人で歩こう Oh  あったかく あつく あふれてくるものは この想い Yeah こんな気持ちに なれるのは美しい君が笑ってくれるから  (Day) 夜明けがくるね (break) 一緒に見たい 素敵な夢が叶うのを  はなさないよ ずっと 愛してる いつでも この想いは変わらないよ 時が映し出す かけがえのない日々 光の中へと Yeah 二人で歩こう  同じ歩幅で 同じ方を向いてても(向いてても) 君の手を取って 見つめ合いたい さぁ もっと(もっと)もっと(もっと) そばにいよう  はなしはしない 愛してる この手で 君を幸せにするから 時が過ぎてゆく 二人の目の前に 道が続いてる Yeah 二人で歩こう Oh 二人で歩こう
Prince PrincessGOLD LYLICKing & PrinceGOLD LYLICKing & Prince久保田洋司JOEY CARBONE・RYOMA KITAMUROナナナ… Prince Princess  朝までひざを抱えてた Oh Prince Princess 顔をあげて 星空は君を包んでた 心がうつむいても  踊るように歩くくせが そのままに すり減った クツの底 愛しいよ 笑顔見せて  誰もがこの星の 大切な Prince Princess 未来は君の手に託される ボロボロになってもダメダメになっても 立ち直れる君は Prince Princess  誰もが空の下 美しい Prince Princess 扉を開くカギ握ってる ボロボロの涙でビショビショになっても 立ち上がれる君は Prince Princess  ナナナ… Prince Princess  髪をなでてあげたくなる Oh Prince Princess こっちを見て その胸がときめく理由を 教えてあげたいから  見た目より重いバッグ たくさんの 君の夢 詰め込んで その肩に かけていたね  誰もがこの星の 大切な Prince Princess 大人になる前は知っている ボロボロになってもダメダメになっても 立ち直れる君は Prince Princess  街の人込みにまぎれながら ラッシュの地下鉄の中に 降りたことのない駅で降り 歩いてみたくなったよ 君と  誰もがこの星の 大切な Prince Princess 未来は君の手に託される ボロボロになってもダメダメになっても 立ち直れる君は Prince Princess  誰もが空の下 美しい Prince Princess 扉を開くカギ握ってる ボロボロの涙でビショビショになっても 立ち上がれる君は Prince Princess  Hold me Love me Kiss me みんなこの星の Prince Princess  ナナナ… Prince Princess Prince Princess Prince Princess
しぶんぎ座流星群ソン・シギョンソン・シギョン久保田洋司岩田雅之夜の砂浜に出て しぶんぎ座流星群 マフラー 二人で巻いて 君の髪の匂い  星明かりに 目が慣れたら その美しい 横顔ばかり 見ていたよ ほら君は 見つけたんだね  流れ星に 願い事なんて言う間もない わかってる だけど君は ただ いつまでも 一緒だって 願ってくれる  波の音に抱(いだ)かれ しぶんぎ座流星群 コート 抱(だ)き寄せ合って 手をつなぐ幸せ  また一つ ほら また一つ 必ず君が 先に見つけては僕のこと 揺らすんだ 胸の奥まで  流れ星は 一瞬で夜空に消えるけど 忘れない この輝き ずっと いつまでも 君のこと 大切にする  誰もいない砂浜 流星は二人の上 次々駆け抜けてく 魔法のような夜だった  でも 流れ星に 願い事なんて言う間もない わかってる だけど僕が きっと 君のその 願い事 かなえてみせる
鼓動は届くソン・シギョンソン・シギョン久保田洋司岩田雅之誰かを好きになると動き出す 胸に小さな時計がある 時を刻み続けて真夜中も 眠らせてはくれない  いまごろ どうしてる? 明日もまた 逢えるのかな?  君へと伝えたい 思いがこの体中あふれ もう止められない 大切な一秒が積み重なっていくよ 二人に 小さくても 確かに打つ 鼓動は届くよ  真っすぐ生きるための迷い道 君だけ思いながら進もう 誰かを好きになると少しずつ 怖いものが消えてく  いまごろ どうしてる? 時計の針 重なり合う  君へと伝えたい 思いがあの星座も動かす 大きな振り子で たいせつな一秒が積み重なっていくよ 二人に  君へと伝えたい 思いがこの体中あふれ もう止められない 大切な一秒が積み重なっていくよ 二人に 輝くほど 熱く揺れる 鼓動は届くよ
優しい歌布施明布施明久保田洋司船山基紀パークアベニューの 古いアパルトマン 独りの男の 日曜の朝  デスクには若い 家族写真 あの日のまま 微笑んでる  胸の奥にある 深い痛み 忘れるはずのない 愛しい日々  ジョギングを終えて シャワーを浴びたら コーヒーをいれて パンにマーマレード  大きく開いた 窓には秋 過ぎた夏の 影さえない  幸せだろうかと 思うたびに 目に浮かぶのはあの 美しい日々  もう会えないと わかってるけど いい男で いたくてね  古いレコードに 針を落とす 傷の音も 懐かしいまま  君の好きだった 優しい歌 今じゃ誰もが知ってる スタンダードさ
青いワンピースジューシィ・フルーツジューシィ・フルーツ久保田洋司柴矢俊彦青いワンピースを着た 私が君の 夢に出てきたんだって 今朝のメール 男のほぼ九割がた 優柔不断 かわいいけど ポルトの石段かしら 私の夢は 誰かと楽しかったの 全部忘れた  不誠実で気が散ったり 戒め受けてるようなブルー  優先順位だったら いつも君がトップ 誘ってくれるのなら すぐに行くのに 薄手の生地だからね まだ寒いかも だからすぐ抱きしめて 青いワンピース  花は見るだけじゃなくて 匂ってみたり 手折ってほしいものなの もうわかるでしょ?  遠慮がちは 悲しいだけ 大事にするなら ぎゅっと  西暦で言われても よくわからない あの日のあの時って 教えてほしい 君の夢ほどすごく ないかもだけど 素敵な胸のライン 青いワンピース  映画見て 泣いたせいで 今夜は少しだけ センチメンタル  優先順位だったら いつも君がトップ 誘ってくれるのなら すぐに行くのに 薄手の生地だからね まだ寒いかも だからすぐ抱きしめて 青いワンピース  青いワンピース
NerveBiS, BiSH, GANG PARADE, EMPiREBiS, BiSH, GANG PARADE, EMPiRE久保田洋司miifuu大人っぽいメイクで 決めてきたつもりが かわいいねって言われて 軽く不機嫌  抱いてほしい気分で wow 疲れたわって言ったら それじゃ送ってくよって wow 疲れるわ  その少し優しすぎるとこ なんとかならないのかな たまにイラっとしそうになる そんな君が好きだってこと  わざとロマンティックなシチュエーションを作ってあげても 指にも触れない カッコつけてるつもり? それとも私のこと好きじゃないの? 勇気がないの?  他の男の人に 花束をもらったよ 良かったねと言われて もう 悲しいわ  この鼓動どうしてくれるの? 急に低い声で呼ばないで すごく男っぽい時がある そんな君がやっぱり好きなんだ  わざとロマンティックなシチュエーションを作ってみるけど 寄り添いもしない カッコつけてるつもり? いいえそんなんじゃなくて私 勇気がないの?  その少し優しすぎるとこ なんとかならないのかな たまにイラっとしそうになる そんな君が好きだってこと  わざとロマンティックなシチュエーションを作ってあげても 指にも触れない カッコつけてるつもり? それとも私のこと好きじゃないの? 勇気がないの?  カッコつけてるつもり? それとも私のこと好きじゃないの? 勇気がないの?
心・技・体Hey! Say! JUMPHey! Say! JUMP久保田洋司M.Y道は続く 目の前は道だ どこまで続く それは未知だ 幾千の物語が生まれた 幾千の星が名付けられた  シルクロード クロスロード Flow 白黒でも 黒白でも Go 果てしない空の真下に立ち ネバーエンディングな夢たち  メガロポリス 万葉の花 咲き乱れ 高層のタワー 街はすでに このリズムをとり ここから始まる新たなストーリー  まだ誰も足跡つけてない まだ誰も踊ったことのない 真新しいこの道の上で 始めようぜ We dance We dance  君の声が聞こえる こんなにも熱くなる 何かが変わり始める ねぇ 愛してもいいだろう  心解き放て 技を研ぎ澄ませ 体中からわきあがる力で 天空を駆けろ 風よりも速く 神話よここに 今 心・技・体  いつの日か すべての謎が解けて オーロラさえ 君のために ゆっくりと開き 太陽さえ そっと 海に恋しても 君は ミステリアスでいてほしい  心解き放て 技を研ぎ澄ませ 体中からわき上がる力で 天空を駆けろ 風よりも速く 神話よここに 今 心・技・体
CONTINUE -prologue-堂本光一・屋良朝幸・前田美波里・小南満佑子・福田悠太・松崎祐介堂本光一・屋良朝幸・前田美波里・小南満佑子・福田悠太・松崎祐介久保田洋司堂本光一大空が美しい それはきっとそうさ 僕らがいる大地があるから 果てしなく続いてる この道の向こうに いつかきっと 行ける  大空が美しい それはきっとそうさ 僕らがいる大地があるから 果てしなく続いてる この道の向こうに いつかきっと 行ける  大空が美しい 届かなくても かつてそこに いた気がする 限りなく輝いて 僕らを見つめる あの星へと 誓う  夢はずっと 続くと
マフラーKinKi KidsKinKi Kids久保田洋司Fredrik“Figge”Bostrom・Lasse Andersson貸してたマフラー 君の香り 一人 冬の夜道にも そばにいるようで ふと となりを探しそうさ 見知らぬ人 過ぎてゆく街  大事に 思うほどに 簡単に 手にも 触れられない 生きることが 上手くなった とは とても 言えないね それでも  愛することが こんな 素敵なことと わかる 心に明かりが灯る 寒くてもその手を 温めてあげたい キャンドルのようなこの明かりで マフラーのように君を包んで  冬の初めの 晴れた日だった ことさらに陽だまりなど 暖かかった 夜になって 寒がる君に 貸した男物のマフラー  きれいに 畳まれてて 今夜は 君がその両腕で 僕に巻いて くれたのさ そのまま抱きしめられるように Yeah  愛されたいと こんな 思えるなんて 僕は素直じゃなかったんだね 寒くてもいつでも 温かくなれる 君のことを思っていれば マフラーのように僕を包んで  強さとか優しさは いつでも見せられる 今 君に 本当の 僕の弱さを全部 聞いてほしい Tonight Oh 愛しい人よ  愛することが こんな 素敵なことと わかる 心に明かりが灯る 寒くてもその手を 温めてあげたい キャンドルのようなこの明かりで 君が灯した このぬくもりで マフラーのように君を包んで
よびすてGOLD LYLICSexy ZoneGOLD LYLICSexy Zone久保田洋司RYLL改札口で 待ち合わせ 目を伏せて 小さくたたずむ 君を見つけた  本当に可憐で 少しだけ 不安そうな 君を見ていたい すぐ駆け出したい  隣を歩くことに やっと慣れて 自然に振る舞う それでも ふいに手と手が 触れたら ときめくんだ  君の名前 よびすてで呼んでみた 瞬間は 時間が止まったよ にぎやかな街も 空の青さも 写真のようになった  好きな音楽や 本のこと こんなにも 誰かに話したことはなかったよ  かっこつけてみたり 強がったり 今までの 僕のすべてが 許されていった  信号待ちで 進めない時も 君といるなら このまま 何も変わらず いてもいいと思った  君の名前 よびすてで呼んでみた 一瞬で 世界が変わったよ 背伸びした風も 二人の前で 写真のようになった  帰り道は またすぐに会えると わかってても 胸が切なくなる もしここで ぎゅっと抱きしめたなら 僕ら どうなるんだろう Wow 君の名前 よびすてで呼んでみた 瞬間は 時間が止まったよ にぎやかな街も 夜空も全部 写真のようになった
シャンデリア・アベニューSexy ZoneSexy Zone久保田洋司Stephan Elfgrenはじけちゃうね (A-ha) 見てよ City lights (City lights) キラキラ輝いて Shine on you ショー・ウィンドウ (ウィンドウ) 映る二人 (二人) 映画の中の恋人 みたいだね  このまま Tonight 素敵な時間を楽しもうよ All right 悩みごとは 星に 飛ばして  シャンデリア・アベニュー 街はシンフォニー もっと近づいてもいいよね 胸の 高鳴りがそのまま君に ドキドキ 伝わるくらいに You & me 歩いて行こう 君の 髪の香りがしてる 君の ぬくもり感じる ウォーキン ウォーキン オン ザ シャンデリア・アベニュー  さぁ にぎやかな 街へ 君と二人繰り出そうぜ 今夜 行こう (Ho wa ho wa) そこの Boys & Girls 行こう (Ho wa ho wa) 街が呼んでる  Shine on you Tonight (Ah Ha) 真昼よりも 明るい まるで銀河 みたいだね  このまま Tonight 最高の時を楽しもうよ All right 考えごとは 夜空の彼方  シャンデリア・アベニュー 街はシネマ 君と僕との ラブ・ストーリー 今夜のクライマックスに二人 ドキドキ してしまうけれど You & me 歩いて行こう 君が 首をかしげて僕を 見上げ 微笑みかけるよ ウォーキン ウォーキン オン ザ シャンデリア・アベニュー  この街で 君に出逢えてよかった 僕たちは 約束をしてたように出逢えた  シャンデリア・アベニュー 街はシンフォニー もっと近づいてもいいよね 胸の 高鳴りがそのまま君に ドキドキ 伝わるくらいに You & me 歩いて行こう 君の 髪の香りがしてる 君の ぬくもり感じる ウォーキン ウォーキン オン ザ シャンデリア・アベニュー ウォーキン ウォーキン オン ザ シャンデリア・アベニュー
星見ル振リKinKi KidsKinKi Kids久保田洋司萩原和樹帰り道の着信は 今も心揺さぶる 立ち止まり はやる胸に 届く 迷惑メール ほっとしたりもして  互いに連絡を絶ち 三週間が過ぎた あのころの 君だったら とうに 電話かけてきたのに  大好きな 大好きな 海辺の道 二人の写真 ミルクティー 止まらない 止められない 時の中で 触れ合った手を握れぬまま  忘れられるわけない その瞳が見つめる ゆっくりと笑顔に変わってく 僕が知るこの世界で 一番美しいもの 星見る振りして 想うよ  ターミナルは込み合うし あまり好きじゃなかった でも君を 見送った日 そこは 二人の銀河ステーション  大好きと 大好きと 言えないまま 空模様の 話だけ それだけど それだけで それ以上に ならぬよう言葉選んでた  忘れられるわけない その声が僕を呼ぶ 唇が僕のために動く 僕が知るこの世界で 一番愛しい音色 今も風の中 聞こえる  忘れられるわけない その声が僕を呼ぶ 唇が僕のために動く 僕が知るこの世界で 一番愛しい音色 今も聞こえるよ  忘れられるわけない その瞳が見つめる ゆっくりと笑顔に変わってく 僕が知るこの世界で 一番美しいもの 星見る振りして 想うよ
NaturallyA.B.C-ZA.B.C-Z久保田洋司小松清人・川口進・佐原康太まばたきのあと フォーカスを決めあぐねるような 彼女の一瞬は 僕を永遠に揺らすよ  細い指先が描いた 時の透明な輪郭線 今 優しい匂いが その空間を染める  さりげなくて なにげないしぐさが 本当に素敵さ Naturally 見つめるだけで もう夢中なのに そばにいたら 声かけたら 目があったら 手を触れたら 恋をしないで いられなくなる  風に微笑む 誰かを思い出したりするの? 彼女の一秒が 僕を何日も揺さぶる  長い髪が光を受け 眩(まばゆ)いほどに反射してる その輝きを手繰り寄せてもすり抜けてく  ありのままで 飾らない心が 本当に美しい Naturally 目を閉じても 会いたくなるばかり ここにいたら 声がしたら 見つめあったら 手をつないだら 抱きしめないで いられなくなる  二人きりになって 静かな夜が来て 星も僕たちを 自由にしてくれたとしても  さりげなくて なにげないしぐさが 本当に素敵さ Naturally 見つめるだけで もう夢中なのに そばにいたら 声かけたら 目があったら 手を触れたら 恋してしまう  ありのままで 飾らない心が 本当に美しい Naturally 目を閉じても 会いたくなるばかり ここにいたら 声がしたら 見つめあったら 手をつないだら 抱きしめないで いられなくなる
都風前川清前川清久保田洋司谷本新昔 都があった ここを あの人も歩いた かつて誰かの 袖を揺らした 風が 今も吹いている  さよならって そんなにも 優しく言ったら またすぐに会える 気がしてしまうよ  悲しくて 切ないのは 愛しさを 知ったせいさ 都風 今ここにいない人に 会いたいと 会いたいと 歌ってる  昔 都があった 花は 幾度も咲き散った その肩先に 触れた一片(ひとひら) 連れて帰るもできずに  元気でって そんなにも 笑顔で手を振る 遠く離れても この胸に迫る  十六夜(いざよい)の月の下じゃ 明るくて 泣けもしない 都風 今ここにいない人に 会いたいと 会いたいと 歌ってる  悲しくて 切ないのは 愛しさを 知ったせいさ 都風 今ここにいない人に 会いたいと 会いたいと 歌ってる 会いたいと 会いたいと 歌ってる
無邪気な時間は過ぎやすくGOLD LYLIC佐藤勝利・中島健人・菊池風磨(Sexy Zone)GOLD LYLIC佐藤勝利・中島健人・菊池風磨(Sexy Zone)久保田洋司萩原和樹川沿いの歩道を 遠回りしたり 石段に座り 星を数えたり このごろはそんなこと しなくなってる 君といたあの世界が 今も愛しい  こんなに強く抱きしめられたことは はじめてだって君は その頬を染めて言った  会いたくなる 切なくなる 君の声を聞きたくなる あんなさよなら なんて嘘さ こんなに好きなのに 笑顔見せて 泣かないでね 離れていたって平気さ 幾度となく 君に言った言葉が この胸を今 たまらなくする  アイスティーかきまぜた ストローに寄せる 君の唇に 心でキスをしたよ  無邪気な時間は過ぎやすく 気づけば 帰りの電車の窓 僕一人の影が揺れる  会えなくなる 寂しくなる 君との日々が遠ざかる 人は誰も孤独だなんて 誰かの言い訳 二人で見たあの星座が 見知らぬ空に傾くよ その向こうに 君の街の 明かりが見える気がして たまらなくなる  どれだけ強くならなきゃ 人は生きられないんだろう それを超える 優しさがこの僕にあれば Wow  会いたくなる 切なくなる 君の声を聞きたくなる あんなさよなら なんて嘘さ こんなに好きなのに 笑顔見せて 泣かないでね 離れていたって平気さ 幾度となく 君に言った言葉が この胸を今 たまらなくする
カラフル EyesGOLD LYLICSexy ZoneGOLD LYLICSexy Zone久保田洋司Andreas Ohrn・Henrik Smith・Andreas Oberg愛す 愛す 愛す You said? Loving you, Loving you  今 僕のことを好きだと言ったの? ねぇ ちょっと待ってよ 心の準備がね 君のことをそんなふうに 見てなかったのに 急に恋とか 意識して Show me your love, Show me your love  Your Colorful Eyes Eyes Eyes 目で 愛す 愛す 愛す 二人 ここを抜け出して Colorful Eyes Eyes 大好き Kiss Kiss Kiss まさかの展開 抱きしめても ささやいても 見つめ合っていたい 君は Co-lor-fu-l Eyes 瞳で愛す  愛す 愛す 愛す You said? Loving you, Loving you  女の子のことは わからないけれど 案外大胆 なんでも知ってるんだね 君のことをそんなふうに 見てなかったから 急に素肌を 意識して Show me your love, Show me your love  Your Colorful Eyes Eyes Eyes 目で 愛す 愛す 愛す 二人 何をしてても Colorful Eyes Eyes 大好き Kiss Kiss Kiss 筋書きなどない 夜が来ても 朝が来ても 見つめ合っていたい 君は Co-lor-fu-l Eyes 瞳で愛す  woo yeah 瞳で 愛す 愛す 愛す 目で Smile Smile Smile ドキドキしよう Show me your love, Show me your love  Your Colorful Eyes Eyes Eyes 目で 愛す 愛す 愛す 二人 ここを抜け出して Colorful Eyes Eyes 大好き Kiss Kiss Kiss まさかの展開 抱きしめても ささやいても 見つめ合っていたい 君は Co-lor-fu-l Eyes 瞳で愛す  愛す 愛す 愛す Loving you, Loving you 愛す 愛す 愛す Loving you, Loving you 愛す
ロマンティックに勝利をつかめSexy ZoneSexy Zone久保田洋司馬飼野康二ロマンティックに勝利をつかめ 君にしかできない鮮やかさで ドラマティックに笑顔を見せて 世界中が君に見とれている  この日を目指して 積み重ねた日々 朝の光さえも 特別に感じる  真剣な顔で 鏡を覗いてる 昨日の君よりも 今日はずっと 素敵に輝く瞳  ロマンティックに勝利をつかめ 君にしかできない鮮やかさで ドラマティックに笑顔を見せて 世界中が君に見とれている  いつもの駅まで はや足で歩く いつもと変わらない 景色が嬉しい  心地いい風が 頬をかすめてゆく きっと大丈夫と 大きな力 感じて頷く君さ  ロマンティックに願いをこめて 理想は美しく超えてゆこう ドラマティックに抱きしめてくれ 君だけが描ける新たな夢  高鳴る胸の鼓動には 信じてると ささやく  ロマンティックに勝利をつかめ 君にしかできない鮮やかさで ドラマティックに笑顔を見せて 世界中が君に見とれている  ロマンティックに願いをこめて 理想は美しく超えてゆこう ドラマティックに抱きしめてくれ 君だけが描ける新たな夢
行く春来る春ももいろクローバーZももいろクローバーZ久保田洋司ツキダタダシあの日君と 歩き出した 道はここに続く あのころまだ 見えなかった 地平に立ってる  変わりゆくことに 戸惑いもしたけれど そのたび心がふるえた 新しい驚きや 見知らぬときめきが 出逢おうとしてた  鳥が鳴きながら飛んで行った 私 鳴けず 飛ぶこともできず 君は 弱さなんて見せないね  なのに君も 同じことを思ってたと 笑った  行く春 Bye Bye 弥生の空 来る春 Hello 本気になって どこまででも行ける勇気を手にした 愛すること 信じること 気高いこと 美しいこと すべてのことが 輝いていた 君から知ったよ  駆け上がった 坂道から 明日の海を見て もう見えるくらい近くに あの波の向こうに 希望が待っている  魚のように涙もろくなる 私 上手く泳げないのにね 君は 弱音なんてはかないね ちょうど君も 同じことを感じてたと 笑った  行く春 Bye Bye 霞の空 来る春 Hello 花を咲かせ いつまでも変わらぬ真実を手にした 素直なこと 真面目なこと すがしいこと 正直なこと すべてのことが とてもまぶしい 君から知ったよ  出会いがあって 別れがあって 春は嬉しくて 切なくて 恋しくて めくるめくけれど 今のことは 忘れないよ たとえ何十回 春が来て 過ぎたって 君を忘れない  新たな道を 共に真っ直ぐ歩き出そう  行く春 Bye Bye 霞の空 来る春 Hello 花を咲かせ いつまでも変わらぬ真実を Smile  行く春 Bye Bye 弥生の空 来る春 Hello 本気になって どこまででも行ける勇気を手にした 愛すること 信じること 気高いこと 美しいこと すべてのことが 輝いていた 君から知ったよ  大切なことは すべてを君から 君から知ったよ
TRY AGAINKis-My-Ft2Kis-My-Ft2久保田洋司飯田建彦そうさ Try again 夢へと 決してあきらめない心 熱く 熱く 胸に燃えてる  Let's go Here we go 超でっかく行こう Yeah! Let's go Here we go Everybody Got to get your dream  立ち止まった時 街が僕だけ 残して 遠ざかる気がした  走り出したら いつもの風が 明日の方から 吹いてきたんだ  そうさ Try again 夢へと 決してあきらめない心 熱く 熱く 胸に燃えてる Let's go Try again 何度も 何度でも立ち上がって 見せてやろう 透明な勇気  見上げれば空は 遠く高くて 届きそうもないって気がした  ふと目を閉じて 突然わかる 僕は大空の 真ん中にいる  そうさ Try again 夢へと 真っ直ぐに進む気持ちが 連れて行くよ 目的地へと Let's go Try again 輝く 純粋なこの思いは 壊れないさ ダイヤの勇気  Let's go Here we go 超でっかく行こう Yeah! Let's go Here we go Everybody Got to get your dream Let's go Here we go 超カッケーく(かっこ良く)行こう Yeah! WOOO…. Everybody Got to get your dream!!  そうさ Try again 夢へと 決してあきらめない心 熱く 熱く 胸に燃えてる Let's go Try again 何度も 何度でも立ち上がって 見せてやろう 透明な勇気  Let's go Here we go 超でっかく行こう Yeah! Let's go Here we go Everybody Got to get your dream
nerveDorothy Little HappyDorothy Little Happy久保田洋司miifuu大人っぽいメイクで 決めてきたつもりが かわいいねって言われて 軽く不機嫌  抱いて欲しい気分で wow 疲れたわって言ったら それじゃ送ってくよって wow 疲れるわ  その少し優しすぎるとこ なんとかならないのかな たまにイラっとしそうになる そんな君が好きだってこと  わざとロマンティックなシチュエーションを作ってあげても 指にも触れない カッコつけてるつもり? それとも私のこと好きじゃないの? 勇気がないの?  他の男の人に 花束をもらったよ 良かったねと言われて もう 悲しいわ  この鼓動どうしてくれるの? 急に低い声で呼ばないで すごく男っぽい時がある そんな君がやっぱり好きなんだ  わざとロマンティックなシチュエーションを作ってみるけど 寄り添いもしない カッコつけてるつもり? いいえそんなんじゃなくて私 勇気がないの?  その少し優しすぎるとこ なんとかならないのかな たまにイラっとしそうになる そんな君が好きだってこと  わざとロマッティックなシチュエーションを作ってあげても 指にも触れない カッコつけてるつもり? それとも私のこと好きじゃないの? 勇気がないの?  カッコつけてるつもり? それとも私のこと好きじゃないの? 勇気がないの?
春の雪リュ・シウォンリュ・シウォン久保田洋司YUMA春の雪が 花びらに降る 君の掌(てのひら)にも舞い降りて 消える 僕は 両手で 包み込みたい 君を その掌(てのひら)を  何度 泣かせて しまったろう こんなにも 微笑んで 僕に ぬくもりを くれる君 もう二度と 悲しませたりしないよ  春の雪 花びらに 君の手に 舞い降りて やさしく解けてく 感情も 愛情も 知っている 透明な 涙の雫(しずく)のよう 君を大切にする  春の雪が 水面(みなも)にも降る 君の髪に 肩に舞い降りて 消える 僕は 心に留めておこう 今を 永遠にする  いくつ 季節を 越えただろう 湖は 春の色 波に 一つずつ 映ってた 月の舟 あの日 君と漕ぎ出した  春の雪 水面(みなも)にも 二人にも 舞い降りて 静かに解けてく 切なさも 嬉しさも わかってる 一粒の 涙の光りのよう 君を大切にする  もうすぐ 温かな 南風が 吹いてくるだろう 木漏れ日 まぶしい空 僕達も そこにいるよ  春の雪 花びらに 君の手に 舞い降りて やさしく解けてく 春の雪 水面(みなも)にも 二人にも 舞い降りて 静かに解けてく 感情も 愛情も 知っている 透明な 涙の雫(しずく)のよう 君を大切にする
nerveBiSBiS久保田洋司miifuu大人っぽいメイクで 決めてきたつもりが かわいいねって言われて 軽く不機嫌  抱いて欲しい気分で wow 疲れたわって言ったら それじゃ送ってくよって wow 疲れるわ  その少し優しすぎるとこ なんとかならないのかな たまにイラっとしそうになる そんな君が好きだってこと  わざとロマンティックなシチュエーションを作ってあげても 指にも触れない カッコつけてるつもり? それとも私のこと好きじゃないの? 勇気がないの?  他の男の人に 花束をもらったよ 良かったねと言われて もう 悲しいわ  この鼓動どうしてくれるの? 急に低い声で呼ばないで すごく男っぽい時がある そんな君がやっぱり好きなんだ  わざとロマンティックなシチュエーションを作ってみるけど 寄り添いもしない カッコつけてるつもり? いいえそんなんじゃなくて私 勇気がないの?  その少し優しすぎるとこ なんとかならないのかな たまにイラっとしそうになる そんな君が好きだってこと  わざとロマッティックなシチュエーションを作ってあげても 指にも触れない カッコつけてるつもり? それとも私のこと好きじゃないの? 勇気がないの?  カッコつけてるつもり? それとも私のこと好きじゃないの? 勇気がないの?
PUSHGOLD LYLICももいろクローバーZGOLD LYLICももいろクローバーZ久保田洋司大隅知宇記録を塗り替えましょう So So 見た目より負けず嫌い So So 皆さんも 大きな声で 頼みます  Fight oh! Fight oh! Fight oh! Fight oh! Fight oh! Fight oh! Fight oh! Fight oh! Fight oh! Fight oh! Fight oh! Fight oh!  歓声に沸き立つスタジアム 強い者が勝利をつかむ 悔しい思いは砂を噛む 感動が歴史に名を刻む よっしゃ  あんたがたどこさ 日本さ 日出ずる大和の国 負けたくない負けたくない負けたくない負けたくない負けたくない 稲穂も輝く黄金の国 五色の錦 Fight oh! 振り乱れても Fight oh! あきらめないあきらめないあきらめないあきらめないあきらめない 漆黒の この 黒髪にかけて  ねぇ 深く 息を 吸い込んだら ねぇ 指で そっと 触れるだけで ねぇ まるで 奇跡 起きちゃうような ボタンがあるんだ  もっと速く もっと強く もっと美しくなる このボタンを押したら二度と 戻れなくても いい もっと高く もっと遠く もっと もっともっともっと 切なくってたまらなくなる それでもいいよ プッシュしちゃう  歓声がふいに静まって これこそ世紀の一瞬 鼓動が一気に高鳴る 時間だけがスローモーション よっしゃ  美意識 しゃなりしゃなり どんなときでも平常心 負けたくない負けたくない負けたくない負けたくない負けたくない 心をこめて正々堂々 五つの願い Fight oh! 仁、儀、礼、智、博愛 Fight oh! あきらめないあきらめないあきらめないあきらめないあきらめない ますらを たをやめ 応援してる  ねぇ ここじゃ ちょっと 見せられない ねぇ だけど そっと 触れるだけで ねぇ 私 すごい ことできちゃう ボタンがあるんだ  ただ真っ直ぐ ただ真剣 ただ頑ななままに このボタンを押したらすべて 変わってしまっても つかみ取るよ つかまえるよ 胸にぎゅっと抱きしめる 恋しくってたまらなくなる それでもいいよ プッシュしちゃう  追いかけて 追いかけられて 競い合って 世界の果て  勝負とは 広い空 青い海 この大地 駈け巡る 生命たちの輝き  風に揺れる花 首飾りにして あなたに かけてあげましょう きっと 今は 約束を 果たす人のように 太陽の下を走っている  もっと速く もっと強く もっと美しくなる このボタンを押したら二度と 戻れなくても いい もっと高く もっと遠く もっと もっともっともっと 切なくってたまらなくなる それでもいいよ プッシュ  真っ直ぐ 真剣 ただただ頑ななままに このボタン 押したら何もかも 友達の時のようじゃいられなくなる 恋しくて たまらない それでいい プッシュしちゃう がんばれみんな  記録は塗り替えられた So So 人は見かけじゃないもの So So これからも 変わらぬ声援 頼みます
Private Hearts小山慶一郎(NEWS)小山慶一郎(NEWS)久保田洋司堂本光一誰のものでもない君をもう 見ることはできなくなるね  真っ直ぐに僕を映した その瞳がうなずく  君の視線がほしくて わざとふざけてたよ 君がちょっと 寂しそうに 見えたとき  And We got Private Hearts 僕らは今 誰にも 踏み込めない ざわめきを 強く感じ合ってる 切なさは 愛しさ  この場で欲望そそり立つ 破っていいんだぜ邪魔なシャツ 互いが互いの行為を誘発 抱いてPrivate Hearts, Hearts, Hearts 刺激が刺激をさらに触発 愛し方さえも時に辛辣 体と体 激しく摩擦 ここに解き放つPrivate Hearts, Hearts, Hearts  And We got Private Hearts 僕らは今 誰にも 踏み込めない こんなにも 胸にうずまいてる 切なさを信じる 夢より 強く抱きしめたい This is for your Private Heart  この場で欲望そそり立つ 破っていいんだぜ邪魔なシャツ 互いが互いの行為を誘発 抱いてPrivate Hearts, Hearts, Hearts 刺激が刺激をさらに触発 愛し方さえも時に辛辣 体と体 激しく摩擦 ここに解き放つPrivate Hearts, Hearts, Hearts
Blue Horizonアルマカミニイトアルマカミニイト久保田洋司隆勇人ここで暮らそうか 波音の聞こえる 静かなこの場所で 君の髪をそっと 潮風が揺らしている  遠回りをして来た僕らは それぞれの道の先に 輝く青い海があること 思い描きながら生きてた  空と海のあいだに 僕らは明日を見つけられるだろう 君の頬に こぼれる 涙の意味も知ってる  誰かじゃなくて 出逢えた人が 君でよかった ありがとう…  少し歩こうか 海に続く道を ゆっくりと二人で 指先が触れる その距離が 今 愛しい  近道すれば もっとたやすく たどり着くかもしれない でも いくつもの景色や思い 受け止めながら生きていたい  空と海の向こうに 僕らはいつか ともに行けるだろう その微笑み こんなに 優しいわけも 知ってる  誰かじゃなくて 出逢えた人が 君でよかった ありがとう…  空と海のあいだに 僕らは明日を見つけられるだろう 君の頬に こぼれる 涙の意味も知ってる  誰かじゃなくて 出逢えた人が 君でよかった ありがとう…
STRANGE JEALOUSY中河内雅貴中河内雅貴久保田洋司上田晃司誰と何しようとそれは あなたの自由だから 好きな服を着ればいいし 好きなものを食べればいい  僕には関係ない あなたが誰を好きとか 誰の恋人だとか なのに何でこんな気分 Ah ah  街の中歩いても 一人で部屋にいても あなたを探している 無意識に  今日つけてた指輪や口紅の色なんか 僕はあせってしまうよ Why? どうしてさ  Someday give me your love 届かない恋だと知って奇妙なジェラシー Be my baby Someday give me your love あなたのためだけに死んで生きてみたい Be my baby  あなたの視線を追いかけてしまうけど いつも僕を通り抜け 何かに夢中のようさ Ah ah  地下鉄に乗ってても 一人でシャワー浴びてても なぜか急いでしまうよ Why? どうしてさ  Someday give me your love 認めたくはないがちょっと奇妙なジェラシー Be my baby Someday give me your love あなたのためだけに一生切ないのもいい Be my baby  誰とキスして 抱き合っててもいい なのにそれを思うたび目に浮かんでしまう  Someday give me your love 届かない恋だと知って奇妙なジェラシー Be my baby Someday give me your love あなたのためだけに死んで生きてみたい Be my baby  Someday give me your love 認めたくはないがちょっと奇妙なジェラシー Be my baby Someday give me your love あなたのためだけに一生切ないのもいい Be my baby  誰と何しようとそれは あなたの自由だから 好きな服を着ればいいし 好きなものを食べればいい  僕には関係ない あなたが誰を好きとか 誰の恋人だとか なのに何でこんな気分 Ah ah
横浜ロンド松浦亜弥松浦亜弥久保田洋司mixakissa雨上がりの街 傘を持て余して 歩き出す いつもの元町  さよならの あとの忘れ物に 少しだけ 似てるような 雨上がり  ごめんと言ったけれど あなたは 何も悪くなかった  好きですと言ったけれど 私は もっと大好きだった  雨上がりの街 傘を持て余して 潮風の 香りの元町  さよならの あとの忘れ物に 少しだけ 似てるような 雨上がり  ありがとう 言ってくれる 本当は何をしてあげられた?  差しかけてくれる傘も あなたは一人で濡れていたね  雨上がりの街 傘を持て余して 見上げれば また泣きそうな空  さよならの あとの忘れ物は もう何も 二人には ないのです
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
D & Dバニラビーンズバニラビーンズ久保田洋司水野ノブヨシ綺麗になりたい乙女は 夢でつかまえた魔法で いつもワクワク止まらない Def & Def  夜風に乗って 救いに来ます 天使にはもう Good bye かわいいだけじゃ つまんないんでしょ? 覚悟はもうできていますね  綺麗になりたい乙女は 夢でつかまえた魔法で いつもワクワク止まらない ドキドキ 誰にも言ってはいけません そぶりを見せてもなりません いつもワキまえるのです Def & Def  胸に手をあてて 強く願ったら  夜風に乗って 救いに来ます 天使にはもう Good bye かわいいだけじゃ つまんないんでしょ? 覚悟はもうできていますね  そうです恋する乙女は 月からしぼった魔法で いつもクラクラたまらない ドキドキ  誰かに見られているかも 誰かに聞かれているかも だからワキ目もふらずに Def & Def  運命がドアを ノックしています  夜風に乗って 迎えに来ます 合図はそうね ウィンク 真面目なだけじゃ 退屈でしょう? 準備はもうできていますね 覚悟はもうできていますね 魔法をかけます
GALLOP中河内雅貴中河内雅貴久保田洋司AYUMU目が覚めて 夢の途中 目を開いて よく見よう  逆さまの 赤のドレス ギャロップする円舞する  ロマンティック メタモルフォーゼ 懐かしい  ジャングルジム 高速スキャン ラインストーン ローリンストーン  有機EL プラネタリウム 進化して 退化した  ファンタジック クロニクル サーフィン  Oh こんな傷 たいしたことない 痛みはもう消えた  超自由自在な アストロノート 月のシェードでフラミンゴ そう let me go 宇宙の中で 君だけに夢中 無重力なら カレイドスコープ 次元をワープしてく  ミステリー小説 オリーブの香り クローゼット 青いリトグラフ  アクロバティック レインボー コードネームはシュール  超未来リアルな ストロベリードキュメント 銀河のショールでスウィンギン そう let me in 宇宙の中で 君だけに夢中 息をするより こうして キスしていたいんだよ  超自由自在な アストロノート 月のシェードでフラミンゴ そう let me go 宇宙の中で 君だけに夢中 無重力なら カレイドスコープ 次元をワープしてく
走り出す時中河内雅貴中河内雅貴久保田洋司当摩朗・伊藤心太郎走り出す時 始まりへと身を投げる 胸を刺すような スピードギラつかせて  愚かさと愛しさの右手と左手 紅(くれない)と群青に たそがれる One day  確かめ合って 何度も疑ってる 信じること まるで楽しむみたいに  この世界の始まりに輝いた光を 今も心に誰もが 宿している  ゼロからイチに変わっただけで 無限の夢を 僕らは知る 翼の記憶もない背中に 風が何か 誘いかけてくるよ 僕らは行ける ほらそっと 確信が騒ぐ  そして世界の 夢は何日目に出来たの? そして世界の 夢の続きはどうしたの?  熱を計ってるように ソファーにもたれてる 寂しさを抱きしめて 微笑む One day  ゼロからイチに変わっただけで 無限の可能性 広がりだす これから出逢うすべてのことが この瞬間 空の下にはある いつかたどり着く ほらそっと 真実に触れる  ゼロからイチに変わっただけで 無限の夢を 僕らは知る 翼の記憶もない背中に 風が何か 誘いかけてくるよ 僕らは行ける ほらそっと 確信が騒ぐ  走り出す時 走り出す時
Calling中河内雅貴中河内雅貴久保田洋司奥田もとい預言者たちが 目にしてたのは こんな世界か 僕は君を愛してる  崩れ落ちる かつての楽園は 静寂の中へ そこで僕らは抱き合っていた  千年も前に わかってたことだとしても 僕は目の前の 君をもっと 知りたいだけ  Call my name Calling you Call my name Calling you  方舟(はこぶね)には 乗らなくてもいいね 僕ら二人は このままここで抱き合っていよう  千年も先に 生まれ変わり気付かなくても 僕らは出逢って 惹かれ合って 愛し合うだけ  Call my name Calling you Call my name Calling you  ずっと逢いたくて ずっと君を探していたんだ (遠い旅の果て) 君の瞳 君の匂い 君の手 触れて  Call my name Calling you (こんなに近くで) Call my name Calling you (君を感じている)
虹の向こうSHIN HYESUNGSHIN HYESUNG久保田洋司Anders Grahn・Alexander Holmgren・Andreas Johansson・Christina Undhjem不意の夕立で カフェに入った 熱いコーヒー 一つ  楽しげに 語らう声が 思い出を誘うよ  こんな雨の中では みんなは どうしてるだろう  僕らは はなれていても 変わらないさ気持ちはいつも一緒 今まで 共に越えてきた日々 それが いつでも 僕を支えているんだ  コーヒーが冷めて 雨も上がった 通りに人が戻る  こんな雨の後なら 街も きれいに見える  誰かが 指差している 振り仰げばきれいな虹が架かる どこかで みんなも見ているかな いつの日かまた 共にあの橋を渡ろう  一人じゃないさ 君も僕も 繋がっている  そう 僕らは 会えない時も 変わらないさ 気持ちはいつも一緒 もうすぐ 道はまた 重なって 続いてゆくよ  未来へ (未来へ きれいな) (虹を 渡って行く 僕らは) Oh きれいな虹の向こう 連れて行くよ 君も一緒さ
君の夢SHIN HYESUNGSHIN HYESUNG久保田洋司Junkoo・Andreas Johansson体寄せ合ったら それで愛し合えた oh  言葉じゃなく吐息で 分かり合えてたね 二人  君の香りと たわむれた風が 今は街を いたずらに吹く つかもうとするたび すり抜けてく また夢を見る  もう一度君を 抱きしめたい あのころに 返って こんなさよならは 夢だったと 僕のこと 笑ってみて  「口付けが上手ね」wow そうささやきながら ah 君は目を閉じるよ 僕にすべてを委ねて  胸の痛みは 癒えなくてもいい ずっと好きでいさせてほしい 目が覚めて ふと 君がいるような また 夢を見る  もう一度君を 抱きしめたい 何もかも 忘れて こんな悲しみは 夢だよって 僕の肩 ゆすって  uoo 朝の光 真昼の空 夕暮れ そして夜 oh 君のいない時が 過ぎてゆく  oh もう一度君を 抱きしめたい あのころに 返って (抱きしめたい) こんなさよならは 夢だったと oh 僕を 笑ってみて oh uoo oh uoo
友達SHIN HYESUNGSHIN HYESUNG久保田洋司TJ Mixx・Fredrik Samsson・Andreas Levanderついさっき 君から電話昼下がり これから 髪を切りに行くって  キレイになるからと おどけてるよ それ以上 キレイになる気かい?  半分 ふざけながらも 胸が騒ぐ僕さ  今まで君を そんなふうに 思ってた つもりなど なかったよ ただの友達 それがなぜ なぜ 僕は落ち着かない 君 君のせい  いつだって 電話していいと 言うわりには いつかけても 忙しそうねって  そうなのさ だからたまに 君の声を 聞きたいんだ 調子に乗っていた  いつもの やり取りなのに ふいに切なくなる  今まで君と こんな空気 味わった ことなんて なかったよ いい友達さ それがなぜ なぜ 僕は恋したみたい 君 君のこと  その瞳に いっぱい涙浮かべた 君を見たことが あったんだ  君を好きだと 言ってもいい? 冗談と 笑わずに 聞いてほしい 友達ならば わかるだろう 今 僕は本気なんだ 君 君が好き
Night DateSHIN HYESUNGSHIN HYESUNG久保田洋司Erik lidbom・Olle LidbomYou and me on Night Date 二人で つないで 輝きの中へ 行こう  You and me on Night Date 二人で つないで wow  いつか偶然出会った 階段の下 二人の待ち合わせ場所 wow  今夜のコンサートが 待ち切れなくて 君はヘッドホンで 口ずさんでる  You and me on Night Date にぎわう通りを 二人で (今夜も手を) つないで 目的の場所へ 行くよ 春も夏も秋も冬も君を ずっと (見つめてる) Wow Night Date 輝きの中へ 行こう  君は何か言おうと するたびいつも 内緒 みたいな笑顔 wow  話の途中でも 何か見つけたら すぐに 興味津々 もう 釘付けさ  You and me on Night Date にぎわう街は Friday (ずっと手を) はなさないで このまま明日へ 行こう 晴れも雨も曇りも雪の日も ずっと (恋してる) Wow Night Date 煌(きらめ)きの中へ 行こう  胸がジンジンして 高鳴って 二人の思いは 一つに結ばれる Wow  Oh wow wow Night Date 寄り添い合って 二人で (今夜も手を) つないで 目的の場所へ 行くよ 春も夏も秋も冬も君を ずっと (見つめてる) Wow Night Date 輝きの中へ 行こう  Oh Oh wow wow  君をはなさない
僕らの永遠SHIN HYESUNGSHIN HYESUNG久保田洋司Erik Lidbom僕らの永遠は 今も続いてるのさ あの日の あの草原から  川に沿って歩いても 海は遥か遠く 引き返そうとしたけど 疲れ果ててた夜  そこに座り込んで肩抱き合い ずっとこのままならそれでいい 流れ星がいくつも 流れて ただ嬉しかった  僕らはついてるって そのたび キスしてたね  僕らの永遠は 途中で別れたけど どこかで 君も見上げてる  街の明かりが遠くで 僕らを無視してた 二人だけの国のような 誇らしい気持ちだった  そこに寝転んで腕枕して もう見えるものは星空だけ 目を閉じたら僕らは 宇宙になった気がした  僕らは永遠だね 二人は それを信じた  君のことを 僕はずっと 忘れない この宇宙がここに あるかぎり 君を 忘れない  座り込んで肩抱き合い このままならそれでいい 流れ星がいくつも 流れて ただ嬉しかった  僕らは永遠だね 今でも そう思ってる
もっと君とSHIN HYESUNGSHIN HYESUNG久保田洋司Erik Lidbom・Josefin Gustafssonもっと君と 時を過ごしたい だから そばにおいでよ (僕のそばに) きっと君を 幸せにするよ だからここにおいでよ  僕に任せてよ 楽しみでいっぱい 扉 開けたら 光のシャワー  僕らがいるのは 今いる世界 新しい 未来へ 招待するよ  もっと君と 時を過ごしたい だから そばにおいでよ 僕のそばに きっと君を幸せにするよ だから ここにおいでよ 一生 ここに  君と一緒なら ぬくもりでいっぱい 星が瞬いて 祝福してる  もっと君と 語り合っていたい 君の素敵な夢を 教えてほしい きっと君を 連れて行ってあげる 夢が叶う場所へと  夜明けの海は 朝の空に抱かれて 頬を 染めるよ  いつまでも 一緒にいたくて 僕はここに来たんだ 君のそばに きっと君を 幸せにするよ ずっと大切にする 一生 君を
銀河SHIN HYESUNGSHIN HYESUNG久保田洋司TJ Mixx・Play Production銀河のようさ 街の明かり いつも信じてくれた 君 ありがとう  窓辺へおいで 僕のそばに 部屋は暗くしたほうが ほら 照れずに言える  僕は君だけを愛してる 今までも これからも ずっと 言葉にすればそれだけのこと 胸に 渦巻いてた  ごめんよ 君をもう 泣かせはしない  重ねた季節の 輝きなら 星座がめぐるように ほら 瞳の中  僕は君だけに恋してる いつまでも どんな時も 言葉なら それで 言い終えても 思いは 止まらない  僕の胸に 耳をあてて いつの間に 眠ってた 君はずっと こらえていた 涙を こぼして  (na na na …)  僕は君だけを愛してる 今までも これからも ずっと 言葉にすればそれだけのこと 胸に 渦巻いてた  僕は君だけに恋してる いつまでも どんな時も 言葉なら それで 言い終えても 思いは 止まらない  ごめんよ 君をもう 泣かせはしない
遠い世界SHIN HYESUNGSHIN HYESUNG久保田洋司Paul Drew・Greig Watts・Pete Barringer・Douglas Shaweいつも君を想ってること 忘れないで つらいことがあった時にも 一人じゃない  目を閉じて 僕を感じてほしい  例えばいつか 遠い世界で 恋におちた二人 白い街並み 見下ろす丘で そっと交わしたキスを oh  誰も知らない 真実を 君と僕はその世界で 共有しているのさ  目を閉じて もう一度 試してごらん  例えば遥か 遠い世界で 愛し合った二人 水の都の 青い夕暮れ 強く 抱きしめたこと  Dream? 夢じゃないさ 本当のこと 君は僕の名を呼ぶだろう あの日のように  例えばいつか 遠い世界で 恋におちた二人 白い街並み 見下ろす丘で そっと キスをしたんだ  Oh 一人じゃないさ oh  どんな時でも 君を想ってる 君が忘れていても
宝石をちりばめてKinKi KidsKinKi Kids久保田洋司林田健司続きはまた 次の夜にしましょうねと 君は笑い 甘い息をふりかける  どんな未来も もう 他の誰かじゃ 満たされない 哀れな月も この体も  宝石をちりばめて 届かない 夜のベール 見るは易く つかむのはむずかしい oh 明日のことなど 誰にわかると言うの なのに君は 焦らすね  どうしてほしい? 聞かれても困るわって 君は僕の 息を唇で止める  昨日の夜は そう 他の誰かと 髪を絡め 欲望の色 数えたのに  宝石をちりばめて 夢までも 見せてくれる わかってる それは夜だけのこと oh 明日もどこかで 会えたとしても どうか 知らないふり しないで  宝石をちりばめて 届かない 夜のベール 見るは易く つかむのはむずかしい oh 明日のことなど 誰にわかると言うの なのに君は 焦らすね
Cafe Wonderlandリュ・シウォンリュ・シウォン久保田洋司fink bro.Cafeに行こうよ そこはWonderland (In the cafe wonderland) 君のそばまで届け まっすぐな想い ずっと感謝してる 光あふれる ここはWonderland (In the cafe wonderland) 明日の輝きを みんな 手にしてる  春の風が 背中を押してくれる 閉じてた羽 広げる時が来たのを知る 僕らは よく似た笑顔でうなずいて Go with me 旅に出よう  Cafeに行こうよ そこはWonderland (In the cafe wonderland) 君と過ごせる時を このぬくもりを ずっと感謝してる 光あふれる ここはWonderland (In the cafe wonderland) 明日の輝きを みんな もう 手にしてる  世界中で 芽吹きだした花が はじまりを 祝福してくれるよ ほら 夢なら 必ず叶うって いつも You told me 言っていたね  Cafeに行こうよ そこはWonderland (In the cafe wonderland) 素晴らしい出来事が 僕たちのこと ずっと待っていたよ 色鮮やかに ここはWonderland (In the cafe wonderland) 未来の方角へ みんな 歩き出してる  ラララ…  Cafeに行こうよ そこはWonderland (In the cafe wonderland) 素晴らしい出来事が 僕たちのこと ずっと待っていたよ 色鮮やかに ここはWonderland (In the cafe wonderland) 未来の方角へ みんな 歩き出してる
キラリ誘惑鈴木雅之鈴木雅之久保田洋司大智・宮崎誠キラリキラリ誘惑 男はまだ 余韻の中 乱れるほど美しい 誘い込んで 手を離すのさ 愛しく  左手の指輪 はずしてる その手でちょっと髪を掻き上げる 愛の呼吸で今夜 息をしていたい  気持ちいいことを知り尽くす 素肌を何故 隠してしまうの 秘密めいて繰り返す いけないしぐさ  ここでいいからと言う 思わせぶりのKiss 月は光 光は射すよ その暗がりを  キラリキラリ誘惑 男はまだ 余韻の中 乱れるほど美しい 誘い込んで 手を離すのさ 愛しく  指先で触れて つかむまで ゆっくりと時間 かけながら 二人に今 必要な形を探る  これでいいの?と言う ずるい女だね 星は夜空 夜空は包む どんな理由も  キラリキラリ誘惑 男はまた 深みの中 ふるえるほど悩ましい 惑わされて 手を握るのさ 愛しく  キラリキラリ誘惑 男はまだ 余韻の中 乱れるほど美しい 誘い込んで 手を離すのさ  キラリキラリ誘惑 男はまた 深みの中 ふるえるほど悩ましい 惑わされて 手を握るのさ 愛しく
七回歌うといいことがある歌松浦亜弥松浦亜弥久保田洋司斎藤悠弥雲に隠れた 十六夜(いざよい)の月 それがいいんだと 誰かが言った  何も見えない 夜空見上げて もの思いの 帰り道です  願っても 願っても そう簡単に 叶わないことほど 願っています  七回歌ったら いいことがあるという歌を 聞いたことがありますか あなたは 七回歌ったら いいことがあるというけど いいことって どんなことがあるのでしょうね  十五夜じゃなく 十六夜の月 それもいいねと 誰かが言った  少し欠けてる思いを胸に 見上げてみた 帰り道です  満たされることなんて そうはないけど こんな夜もいいなと 思っています  七回歌ったら いいことがあるという歌を 口ずさんだことがあるでしょうか 七回歌ったら いいことがあるというけど いいことって あなたにはどんなことですか  七回歌ったら いいことがあるという歌を 聞いたことがありますか あなたは 七回歌ったら いいことがあるというけど いいことって どんなことがあるのでしょうね
中央改札松浦亜弥松浦亜弥久保田洋司柳沢英樹待ち合わせ場所は あのころと同じ 中央改札 柱の前  あのころと同じ 「早く着いたよ」と あなたからのメール  あれは ずっと前 そこであなたを見送り いつか こんなにも 時は流れていました  ほら 覚えてますか 次に会えるまでに私は きっと 強くなってる そう言ったこと あぁ やっと 会えるね  いつともわからず 待っていることは そのままほどけて しまいそうで  結び目を一つ 確かな約束 やっぱり 嬉しいよ  あれは ずっと前 初めて肩を抱かれて こんな ぬくもりが この世にあると知ったの  ほら 覚えてますか あの坂道 上ったら海が でも 私たち今 本当にまた 会ってもいいのですか?  ほら 覚えてますか 次に会えるまでに私は きっと 強くなってる そう言ったけど 言ったけど  今 地下鉄を降り エスカレーター 中央改札 あの 柱にもたれ 立つ横顔 あぁ やっと 会えたね
真珠松浦亜弥松浦亜弥久保田洋司安岡洋一郎思いは 心深くに 重みを感じること 恋は ここにないものを 乞い求めてること  もし そばに あなたがいてくれたなら もう この窓も カーテン閉じてるでしょう  夜空や 街の夜景を見ることよりも たぶん もっと大事なことが 二人にはあるから 私は あなたに密かな恋をしてる 会いたくて 今夜もまた星に 願ってます  愛は ふれあい じゃれあい 時には傷つけあい 許しあい 睦みあって 育みあうのでしょう  もし そばに あなたがいるとしたなら もう 灯りさえ 暗くしてるでしょうか  心の 奥へと 深く深く 潜って 沈みゆくような輝きは 海の底の真珠 私は こんなにもあなたを思ってる 伝えたい 切なく 沁み込んだ 月明かり  恋が叶うのは誰 思いとげられるのは 今夜はまた 幾粒の 真珠たちが 夜空見上げ 光る  心の 奥へと 深く深く 潜って 沈みゆくような輝きは 海の底の真珠 私は こんなにもあなたを思ってる 伝えたい 切なく 沁み込んだ 月明かり  切なく 沁み込んだ 月明かり
花いちもんめ松浦亜弥松浦亜弥久保田洋司斉藤悠弥あの子がほしい花いちもんめ あの子じゃわからん誰ほしい  もしも私が誰かのものになったら あなたは寂しいですか 寂しいですか  ひらりひらり 花びら舞い あなたの肩に今 とまります あなたのこと 選んだように 見えて 不意に切ない  ひらりひらり 花びら舞い 私の手から今 こぼれます あなたがもし いなくなれば 私 寂しいからね  手と手つないで花いちもんめ 薄紅色の頬寄せて  何か相談でもするように 深刻な顔で 好きだと言ってくれるの 言ってくれないの  ひらりひらり 花びら舞い あなたの前を過ぎてゆきます 照れたように 後ろ向いて すぐにまた振り返る  ひらりひらり 花びら舞い 音のない音楽奏でます そっと耳を 澄ますように あなたの答えを待つ  ひらりひらり 花びら舞い 止めどない時のひとひらごと あなたの 思ってきた 心 今うけとめて  ひらりひらり 花びら舞い あなたの肩にまたとまります あなたがもし いなくなれば 私 寂しいからね
俺たちの青春GOLD LYLIC高木雄也(Hey! Say! JUMP)GOLD LYLIC高木雄也(Hey! Say! JUMP)久保田洋司馬飼野康二俺たち 今しかできないことがあるのさ それを くだらないことだと 無駄なことだと言わせない  太陽より眩(まぶ)しいもの 目を閉じていても胸まで熱くなる  友情 わかり合えるヤツ 感情 ぶつけ合えるヤツ 命燃やして生きている 俺たちがここにいる 心をざわつかせたまま 季節は過ぎようとしてる 全てが変わるその前に 何かを変えたくて走った  俺たち どこまで行ってもどこにも行けないような 気分で いつもの場所に思いを解き放つ  丘の上で見下ろす街 ちっぽけな俺たちと果てしない空  友情 けっして壊れない 純情 傷つきながらも かけがえのないこの時を 共に越えることの意味 こんな痛みも 明日には 消えるのかもしれないけど 待てないのさ 俺たちには 今しかできないことがある  友情 わかり合えるヤツ 感情 ぶつけ合えるヤツ 命燃やして生きている 俺たちがここにいる 心をざわつかせたまま 季節は過ぎようとしてる 全てが変わるその前に 何かを変えたくて走った  俺たちの青春
Dreams come truePLATINA LYLICHey! Say! JUMPPLATINA LYLICHey! Say! JUMP久保田洋司馬飼野康二夢見ましょう 素敵なこと 夢見ましょう いつまでも 夢見ましょう 夢のような 夢を見ましょう  どこへ 君は向かっていくの 遠い未来へ 話しかけよう 君といるだけでいつでも 強くいられるから (いつまでも)  夢見ましょう 素敵なこと 夢見ましょう いつまでも 夢見ましょう 夢のような 夢を見ましょう  どんな 明日がくるとしても 描く情熱 変えられない 君の笑顔はいつでも 勇気にかわっていく (いつでも)  僕たちが見る夢には 幸せがかくれてる 喜びと笑顔抱いて 前に進もう  手を伸ばしてごらん きっとここにいるから こわがらないで 誰もみな ひとりじゃない OH  夢見ましょう Reach for the sky 夢見ましょう Reach for your dream 夢見ましょう Let's take it to the sky 夢を見ましょう We can do it We can do it We can dream  夢見ましょう 素敵なこと Reach for the sky 夢見ましょう いつまでも Reach for your dream 夢見ましょう 夢のような Let's take it to the sky 夢を見ましょう We can do it We can do it We can dream  心ひろげて
Wind is blowin'中河内雅貴中河内雅貴久保田洋司上田晃司風がこんな気持ちいいなんて 君にも教えたい 街がこんな美しいなんて 君にも見せてあげたい  二人が見逃したすべてのこと(すべてを) 一人でいればあっけないほど 見つかる  いつの日かまた会えたら いろんな話 したいと思うけれど(その時も) やっぱり風のことなど どうでもいいと思ってしまいそうだよ  君はカチューシャを忘れてった 僕は傘をなくした たいして困ることもないだろう いや そうでもないかな  君に何か伝えられたろうか(何かを) 僕は君の何をわかってた いったい  いつの日かまた会えたら 今のことなど 笑ってしまいたいよ(その時は) 一生会うこともない その選択肢 選んだ二人だけれど  二人が見逃したすべてのこと(すべてを) 一人で見つけてしまうのは 切ない  いつの日かまた会えたら いろんな話 したいと思うけれど 街が美しいとか どうでもいいと思ってしまうよ  いつの日かまた会えたら 今のことなど 笑ってしまいたいよ(その時は) 一生会うこともない その選択肢 選んだ二人だけれど
ドライブメロン記念日メロン記念日久保田洋司藤末樹・崎田樹会ラジオつけて少し音を小さくした あなたのその横顔と指先を見てた  街をドライブして それでさよならする そう決めた二人なのに 遠回りしてばかり  レインボーブリッジ 観覧車の明かり見えて 思い出 楽しいことで いっぱいだとわかる  ありがとう あなたと会えて よかった 愛していた 大切に 大切に手を離そう そして今旅立とう それぞれの明日(あす)へ  こんな笑ったのは 久しぶりだったね どうすればいいかなんて 本当はわからなかった  首都高速から 羽田の灯(ひ)が きらめく 青く いつでも 会えるような まだそんな気がする  忘れない 二人歩いた 季節は過ぎようとも 心から その名前呼んだ人は 抱きしめ合った人は あなただけだった  いつもの場所まで 送ってくれる まるでいつものように おやすみを言ったらもう さよならだね  ありがとう あなたと会えて よかった 大好きだった 大切に 大切に手を離そう そして今旅立とう それぞれの明日(あす)へ
Star TimeGOLD LYLICHey! Say! JUMPGOLD LYLICHey! Say! JUMP久保田洋司STEVEN LEE・JOEY CARBONE時は人に何を 今 告げようとしてる 守るべきは この 澄み渡る空 僕ら 両手を 広げてる  生命を育んだ あの青い海を見て 願いたちは また 風に導 かれるまま 草原を駆けてゆく  巡り会えた 時を思う 同じ季節 目覚めるように  果てしない 愛しさは この 心に 確かに生まれる 輝きの一つとして僕らは 星たちの下で 歴史を刻む  光るもの 見つける そう 君の瞳にも その髪にも ほら いつも眩しそうな目で 微笑んでくれるね  君の名前 そっと呼ぼう 遥か彼方 記憶のように  とめどなく あふれ出す この 思いは 虹を越えて行く 約束の場所はそこにあると 僕たちにいつも 教えている  いつの日か たどリ着けるその時を 夢に描き続けてる 新しい世界は その眼差しの 先にある さぁ行こう Oh yeah  果てしない 愛しさは この 心に 確かに生まれる 輝きの一つとして僕らは 星たちの下で 歴史を刻む  とめどなく あふれ出す この 思いは 虹を越えて行く 約束の場所はそこにあると 僕たちにいつも 教えている  星たちの下で 歴史を刻む 星たちの下で 歴史を刻む
小説の中の二人安倍なつみ安倍なつみ久保田洋司her0ism小説に あなたと同じ 名前の人 出てきて  その人が誰か 恋しているから もう会えないと 思った  タワーの灯り 街路樹 行きかう人 寄り添いながら歩いてた道 私は今も あなたが去った後の 物語を 綴(つづ)ってる  呼び捨てで 愛し合う場面 あなたはそんな人じゃない  本を閉じたあと まだ胸が騒ぐ 深呼吸して 苦笑(わら)った  ドライフラワー ローズマリーの香り 一日かけて探したラグマット 私はずっと 二人で好きだったもの 好きでいるわ いつまでも  タワーの灯り 街路樹 行きかう人 寄り添いながら歩いてた道 私は今も あなたが去った後の 物語を 綴(つづ)ってる
息を重ねましょう安倍なつみ安倍なつみ久保田洋司her0ism指を絡(から)めたら あなたはちょっと優しい声になるの 知らないでしょ そのこと  男の人って 辛(つら)いことも多いのでしょ 悔しいこともあるのでしょ  私があなたを 守れたらいいな そっと毛布 掛けてあげるように  息を重ねましょう 時を重ねましょう このまま 変わらぬ 二人でいましょう 明日(あした)幸せが 不意に訪れて すべてが 変わって しまうのさえ ちょっと 怖い気がします  時々あなたは 眩(まぶ)しそうな目をして微笑むでしょ 私それが 好きなの  男の人って どんな時も 強いんだね あなたを見てて そう思う  私にあなたを 守れるの?なんて やっぱりそっと 肩に寄り添った  息を重ねましょう 時をと止(と)めましょう このまま 夢まで 旅をしましょう いつか本当に 遠くに旅して 二人が はぐれて しまわぬよう そっと 指を絡(から)めます  私があなたを 守れたらいいな そっと毛布 掛けてあげるように  息を重ねましょう 時を重ねましょう このまま 変わらぬ 二人でいましょう 明日(あした)幸せが 不意に訪れて すべてが 変わって しまうのさえ ちょっと 怖い気がします
引越せない気持ち松浦亜弥松浦亜弥久保田洋司柳沢英樹Memories 騒がないで 笑顔 嘘にしたくない 二人 お別れして 今は いい友達よ  駅まで同じ道を歩いたら 手も振らず それぞれの 電車に乗り込み 帰ってゆく  春風の交差点 夏の海岸通り 秋色の並木道 冬枯れの分かれ道 忘れはしないから お願いもう少し 静かにしていてね 胸の思い出たち  Destiny 悔やまないで 愛を 反故(ほご)にしてもいい 二人 さよならして 今は それでいいのよ  改札口は人であふれてる あの人の 背中さえ すぐに見失ってしまうでしょう  朝明けの青い部屋 真昼の高層ビル 夕まぐれの路地裏 夜空の下の二人 忘れはしないから ここで見ているから 静かにお休みよ 胸の思い出たち  駅まで同じ道を歩いたら 手も振らず それぞれの 電車に乗り込み 帰ってゆく  春風の交差点 夏の海岸通り 秋色の並木道 冬枯れの分かれ道 朝明けの青い部屋 真昼の高層ビル 夕まぐれの路地裏 夜空の下の二人 忘れはしないから お願いもう少し 静かにしていてね 胸の思い出たち 忘れはしないから ここで見ているから 静かにお休みよ 胸の思い出たち
風に任せて松浦亜弥松浦亜弥久保田洋司柳沢英樹一歩 歩いたら 意外に進んだ すべてが後ろに 軽々と飛び去った  机上(きじょう)の空論は果てなく続いても コーヒー・カップの向こうにさえ 辿り着けずに いたのです  さぁ 歩きましょう 風が起こる この空の下に そして その風がいつか あなたの元に 届くといいな 街を 通り抜けて 木々を揺らし 朝露を浴びて ある日 あなたの部屋へと 辿り着くのよ その風が今 ほら  一歩 歩いたら 意外に進んだ 新しい世界 目の前に広がった  未知なるアイディアがそこにあるという 文字通りそこにあるけれど 誰も気づかず いるのです  さぁ 歩きましょう 次の季節 見つけに行きましょう そして その時もきっと あなたのそばに いれたらいいな 星を 指でなぞり そこに結ぶ 新しい星座 何度 季節が巡っても 二人の空に 輝いている から  机上(きじょう)の空論は果てなく続いても 小さなスプーンの向こうにさえ 辿り着けずに いたのです  さぁ 歩きましょう 風が起こる この空の下に そして その風がいつか あなたの元に 届くといいな 街を 通り抜けて 木々を揺らし 朝露を浴びて ある日 あなたの部屋へと 辿り着くのよ その風が今 ほら
ダブル レインボウ松浦亜弥松浦亜弥久保田洋司岡ナオキ男友達よ 絵を描(か)いて暮らしているわ 売れなかった絵は 大事に自分の部屋の壁  セルビアを一人きり旅して 青い絵の具 一筆(ひとふで)加えた  私にはとてもわからないけれど あぁ 「これで完成さ」とつぶやいた 私は心に 色を重ねてもまだ 描(か)ききれない絵が ある  彼の友達は ギター弾き 街から街へと 飲めばこうして 素敵な曲をほら 聞かせてくれるのよ  どんなに楽しそうにしてても 爪弾く音はなぜか 切ない響き  私にはとてもわからないけれど あぁ 「昔の曲さ」って さりげなく 私は心に ふるえてるだけでまだ 鳴らない音が ある  自信もなくて 誰もそばにいてくれない時 そんな時きまって 声をかけてくれる  私にはとてもわからないけれど あぁ 「それでいいんだ」と言ってくれる 私は心に もうすぐ完成する 大切な絵が ある
今はレットイットビー松浦亜弥松浦亜弥久保田洋司BULGE思い出すたび寂しいことは 思い出さないがいい 思い出ならばそれでいいが この気持ちをどうしよう  冷めた紅茶淹(い)れ直し 花の水を入れ替えて 周りが整うほどに 一人取り残されてく  明日は今日よりも 思い出すことが多いのでしょうか いいえそれとも 忘れてることが多いのでしょうか いずれわかることならば 今は 風に任せましょう  思い出すたび悲しいことを 忘れ去ってもいいの? 同じ間違い起こさぬよう 悲しくても忘れずに  温(ぬる)めに張ったお風呂に 少し長めに浸(つ)かって 静かな気持ちになって 一人考えるもいい  明日は今日よりも 心ごと大人の私でしょうか いいえそれとも 体だけ大人の私でしょうか いずれわかることだから 今は 時に委(ゆだ)ねましょう  温(ぬる)めに張ったお風呂に 少し長めに浸(つ)かって 静かな気持ちになって 一人考えるもいい  明日は今日よりも 心ごと大人の私でしょうか いいえそれとも 体だけ大人の私でしょうか いずれわかることだから 今は 時に委(ゆだ)ねましょう
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Everybody前進GOLD LYLICGOLD LYLIC久保田洋司Shunsui・Stefan AbargEverybody前進! Come on everybody! 前進あるのみ!  愛のくぼみや 恋のふくらみ 行くてにはいろいろ あるもの また 成功のイメージに チューニング合わせて ボリュームも上げていこう (いつもより大きめで)  (共に見る) ゴールの先に 新たなスタートライン そうまだまだ つづくのさ  Everybody前進 Come on everybody 前進あるのみ Oh oh oh Everybody=全身 体は前向きにできてる 愛し合うにしても 前向きに はじめたい Go everybody Come on everybody 前進あるのみ  暗礁 乗り上げ どうしょうもなくて あきらめそうなときも あるもの だけど 成功のイメージに 集中してほしい 楽しむことも忘れず (いつもより困難でも)  (共に立つ) スタートラインに つづくゴール探せ そうまだまだ 行けるのさ  Everybody前進 Come on everybody 前進あるのみ Oh oh oh Everybodyエンジン 心の中で動いている 夢を見てるときも ドキドキと 動いてる Go Everybody Come on everybody 前進あるのみ  ゴールの先に 新たなスタートライン  Everybody前進 Come on everybody 前進あるのみ Oh oh oh Everybody=全身 体は前向きにできてる 愛し合うにしても 前向きに はじめたい Go everybody Come on everybody 前進あるのみ  前進あるのみ
hesitatedKinKi KidsKinKi Kids久保田洋司磯崎健史この胸で泣いて 君の気がすむまで ずっとそばにいるから ありのままの僕がここに なんでも話して 教えてほしい 思いすべて 心のままに  君の涙がこの僕を 変えてゆく 素直にさせる 僕らのこと誰かが 何か言うかもしれない だけど きっと だけど きっと 守り抜くよ  ためらう仕種の陰に 輝く愛しさを見るよ 触れ合って 抱き合って もう離したくない 結ばれることのない手を そっとつないだその日から 喜びと悲しみが 愛し合いはじめた  人込みの中で ざわめきにまぎれて 誰も二人を知らず ありのままの二人になる  見つめ合うことは こんなたやすく 寄り添うのも 簡単だけど  大事にしたいこの時は 夢のように 過ぎてしまうだけ 僕らのことを誰も 覚えてないかもしれない だから もっと だから もっと 大事にしたい  ためらう仕種の中に 微笑む愛しさを見るよ 重なって 誘(いざな)って ゆっくりとやさしく 許されることのない手を そっと許し合った日から 別々の運命が 睦(むつ)み合いはじめた  だけど きっと だけど きっと 守り抜くよ  ためらう仕種の陰に 輝く愛しさを見るよ 触れ合って 抱き合って もう離したくない 結ばれることのない手を そっとつないだその日から 喜びと悲しみが 愛し合いはじめた
HEARTBREAK CLUBKAT-TUNKAT-TUN久保田洋司谷本新Heartbreak あのこが いなくなって ヤブレタ胸を 抱えたまま  わざと 派手な通りに出た 見かけない看板を見た ちょっと 暗い階段を下りて 重い扉を開けて 入ればそこが HEARTBREAK CLUB  OH HEARTBREAK CLUB 上がる勝つ運 ハマるKAT-TUN  さびしさに乱れて 切なさに酔いしれて 悲しみを口説く場所 口づけ味のカクテル ほてるビートでからめば 孤独さえ こぼしそう Lonely Lonely 気がすむまで Lonely Lonely ここは HEARTBREAK CLUB  Heartbreak あのこも 来てるのかも ヤブレかぶれに 捜しまわる  こんなに混んでちゃわからない みんなさびしいヤツばかり ちょっと 浮かれてる頃は 誰も気付かないけど いつかは来るさ HEARTBREAK CLUB  さびしさに乱れて 切なさに酔いしれて 悲しみを口説く場所 ふてくされたみたいに とんがったその胸も やさしく刺激してやる Lonely Lonely 気がすむまで Lonely Lonely ここは HEARTBREAK CLUB  Yeah! Yeah! Yeah! ワンツースリーフォー WAHHHH!!!!  さびしさに乱れて 切なさに酔いしれて 悲しみを口説く場所 口づけ味のカクテル ほてるビートでからめば 孤独さえ こぼしそう  ふてくされたみたいに とんがったその胸も やさしく刺激してやる Lonely Lonely 気がすむまで Lonely Lonely ここは HEARTBREAK CLUB  OH HEARTBREAK CLUB 上がる勝つ運 ハマるKAT-TUN  U break my Heart lonely my Heart  I need your Heart lonely your Heart 上がる勝つ運 ハマるKAT-TUN
プロ∞ペラ関ジャニ∞関ジャニ∞久保田洋司馬飼野康二振り向くな 後悔なんかするな 体中が叫ぶのに 振り向きそうだ 君のこと忘れようと 無理矢理に上を見上げた そこに広がる でっかい空  大切なものが そうじゃなくなるとか 大好きなものを 嫌いになるとか そんなことないなんて 歩きながら考えた なんでもできそうな未来があった  心のプロペラ回して 両手をひろげたら 今は あのころよりも未来の近くにいるじゃないか かっこわるいことじゃないさ かっこつけてゆこう アスファルトは大地 そしてこの僕たちの滑走路  やっぱり男は単純やから 頼りにされたら背中が違う 不器用でも器用でも 結局 恋にはやぶれるさ そして遠い目で夕陽を見る  切ないときには どうすりゃいいのか だてに にじんだ星 数えてきちゃいない がむしゃら バリバリ やるべきことをこなすんだ 限界は越えるためにある  心のプロペラ回して 世界を見わたせば 今は あのころよりも遠くへ かるがると行けそうさ かっこわるいことじゃないさ かっこつけてゆこう 大海原はいつも輝く大空を映してる  プライドをかなぐり捨てて 愛をせがんでほしいとか 弱いところを見せてほしいとか 言われたよ そういうことができるヤツが 本当は強い男なんかな あぁ 夕陽が真っ赤やな  心のプロペラ回して 両手をひろげたら 今は あのころよりも未来の近くにいるじゃないか かっこわるいことじゃないさ かっこつけてゆこう アスファルトは大地 そしてこの僕たちの滑走路  僕たちの滑走路  la la la…
明日の真下キャプテンストライダムキャプテンストライダム久保田洋司永友聖也東京湾 夕暮れ時 それぞれの理由で 俺たちはまだ昨日や今日に縛られてた  ヘリポート 屋上の上 そこも天国じゃない レンガの倉庫街からレインボーブリッジを見ていた  約束を交わしたあの日 束縛も赦したあの日から  明日の真下へ 今すぐ行こうぜ 真上にあるもの 見上げてやろうぜ  獲物狙う海鳥 緑色の海へ 突っ込んで収獲もないのに すまして飛んでいる  わかってくことの痛み 変わってくことを見たいから  明日の真下へ 連れてってやるぜ 夜の片隅で 吠えてた俺たちさ 明日の真下へ 今すぐ行こうぜ いいさ もがくように進め  明日の真下へ 連れてってやるぜ 真上にあるもの 見上げてやろうぜ 明日の真下へ 今すぐ行こうぜ いいさ もがくように進め
Shadows On The Floor堂本光一堂本光一久保田洋司堂本光一Shadows on the floor 足音も立てず Came through the door そこにいるものは Shadows on the floor 確かに何かが They came in through the door 起きようとしている  滑り落ちたワイングラスが今 床に届く前の 最後の輝きを見せてる As tears go by 静か過ぎる時が過ぎる そこにとどまっていようと もがいているかのように It's on the floor  不意に雨が降って Ah 誰かがベルを鳴らし Ah シャツのボタンがとれて 鳥が鳴く 絵が傾いている Ah 窓が開いている Ah さぁ 姿を見せろ Shadows on the floor  Ah Ah  Shadows on the floor 明かりをつけても Came through the door 真っ暗にしても Shadows on the floor この胸の中に They came in through the door 忍び込んでくる  飛び散った破片が今 頬を掠めてゆく 甘い痛みがはしる As tears go by 遠い昔の記憶と 近い未来の予感が 一瞬にせめぎあう It's on the floor  雷鳴 とどろき Ah 誰かがドアをたたき Ah ネックレスが絡んで ちぎれそうさ 花がしおれている Ah カーテンが揺れている Ah さぁ 姿を見せろ Shadows on the floor Shadows on the floor They came in through the door  飛び散った破片が今 頬を掠めてゆく 甘い痛みがはしる 遠い昔の記憶と 近い未来の予感が 一瞬にせめぎあう It's on the floor  雷鳴 とどろき Ah 誰かがドアをたたき Ah ネックレスが絡んで ちぎれそうさ 花がしおれている Ah カーテンが揺れている Ah さぁ 姿を見せろ Shadows on the floor  嫌な予感 危険な予兆 君を捕らえて放さないよ もう あるのさ前兆 すべてのことに 影は忍びよる 必ず先に 静か過ぎる今夜あたりは 一人で眠らないほうがいいのでは 僕なら行くぜ いつでもそこに 君に忍び込む まるで影のように
Spica堂本光一堂本光一久保田洋司堂本光一君の星座は 今どこだろう 夜空を見上げては ふと立ち止まる  星占いなんて 気にしてなかった この空の下で 君と出逢った  街明かりの向こう 探すよ 君はどこにいて 誰のこと思ってる  遥か 彼方から届く 小さな その光を 両手ですくう いつか この思いが君を 揺らした その時には 一緒に見上げていたい  いつもの帰り道 遠回りしても 星たちはずっと ついて来たんだ  愛しさのように そっと そして どんなに遠くても 輝いて  遥か 彼方まで届く 思いが あるってこと 切なくなるよ いつか 君の瞳の中 見るだろう 同じ光 いつまでも見つめ合って  街明かりの向こう 探すよ 君はどこにいて 誰のこと思ってる そばにいて  遥か 彼方から届く 小さな その光を 両手ですくう いつか この思いが君を 揺らした その時には 一緒に見上げていたい  Oh Spica
Snake堂本光一堂本光一久保田洋司堂本光一白昼の暗がりに 何かが光ってる 愛とは時に こんな 存在さ  気をつけたほうがいい 語った舌の先が もう君を感じてる 冷酷  君は何も知らず デリケートな場所もあらわさ まわりはどうであろうと 僕には見えてしまうのさ  君が欲しい 君が欲しい 体が求める 君を見たい 君を見たい もっと近くで 絡みついて 絡みついて もう放したくない もし間違って 毒の牙で 噛まぬように 忍び寄る I'm a snake  エスカレートしてゆく 気持ちを楽しんでも やがて傷つけるのは 残酷  君は胸の先で 何かを悟ったみたいさ 茂みの奥深く 僕はもう分け入るだけさ  君が欲しい 君が欲しい 体が求める 君を見たい 君を見たい もっと近くで 絡みついて 絡みついて もう放したくない もし間違って 毒の牙で 噛まぬように 忍び寄る I'm a snake  君が欲しい 君が欲しい 体が求める 君を見たい 君を見たい もっと近くで 絡みあって 絡みあって 一つになりたい その時には 毒は甘い 密の昧さ 忍び寄る I'm a snake  I'm a snake
NOASIS~愛の旅人~KinKi KidsKinKi Kids久保田洋司石塚知生なぜ オアシスを 見つけられない なぜ 君がそこで 待っているのに  あぁ 会いたい 今すぐ 抱きたい やたら渇いてる  迷って 迷って 迷って 行く当てさえ失って それでも ただ ただ 歩き続ける旅人 君はいつの日か 砂漠のどこかで 見つけるだろうか 倒れ込んでいる 愛の旅人を  あの 蜃気楼 誘いかけてる もう耐え切れずに 手を伸ばしそう  胸を引き裂いて 心ごと ここに捨ててしまえ そう聞こえる 君を待たせてる  迷って 迷って 迷って 帰る場所も失って それでも まだ まだ 歩き続ける旅人 君はいつの日か 都会のどこかで 知るのだろうか 二度ともどらない 愛の旅人を  必ず迎えに行くと言った 見知らぬ星座を見上げてる あきらめ 絶望 よぎるたび 振り払い 越えたのに  迷って 迷って 迷って 行く当てさえ失って それでも ただ ただ 歩き続ける旅人 君はいつの日か 砂漠のどこかで 見つけるだろうか 倒れ込んでいる 愛の旅人を  光よ Oh 導け
UNBREAKABLE堂本光一堂本光一久保田洋司堂本光一どんな未来も 今の二人を 奪うことなどできない  もしも愛を畏れぬ者が 咎めるのだとしても  こんなに美しい目で 肯く君がいる 命懸けて 守ることを 誓うのさ  Because it's unbreakable たとえ今夜 この夜が崩れようと 二人の強い思いだけは 誰にも 壊せない  孤独な街さ いつからここに? 生まれた時からと You said  いくつの愛が罪と呼ばれて 千切れてしまっただろう  どうしたのかは言わずに 潤んだその瞳 もうどこまで行ってもいい 止まらない  Because it's unbreakable たとえ明日 この世界 迷おうとも 二人を結ぶ絆だけは 誰にも 壊せない  こんなに美しい目で 肯く君がいる 命懸けて 守ることを 誓うのさ  Because it's unbreakable たとえ今夜 この夜が崩れようと 二人の強い思いだけは 誰にも 壊せない  Unbreakable (Unbreakable 今) たとえ明日 この世界 迷おうとも 二人を結ぶ絆だけは (Ah 絆だけは) 誰にも壊せない  このまま抱きしめていよう 壊れるくらい
CARNIVAL NIGHT part2PLATINA LYLICPLATINA LYLIC久保田洋司上野浩司きらめく街 輝く夜 待ちわびてた CARNIVAL NIGHT 色めき立つ 今宵その夜 NIGHT TONIGHT  ざわめきに 誘われて ついに出て来てしまった 一人では こんなこと 意味ないと思ってた  別れを悔やみながらも どこかで信じられない 人ごみの中 不意に君が となりで笑っていそう  路地では熱いカップル こっちも通り抜けれない 君との最後のキスが リアルに切なくよぎる  稲妻を見たよな NIGHT TONIGHT  CARNIVAL 今は すべて忘れて DANCE AROUND 悲しみも消えてゆく 夜空の果てへと PARADEが来る 誰もが笑顔になる 君に見せたいくらい CARNIVAL NIGHT TONIGHT (COME ON EVERYBODY LET'S GET DANCE YEAH)  きらめく街 輝く夜 待ちわびてた CARNIVAL NIGHT 色めき立つ 今宵その夜 NIGHT TONIGHT  カレンダー 印して 君は楽しみにしてた さよならを しなければ 二人で来るはずだった  会えるかもしれないなんて どこかで期待していた こんなにすごい人の波じゃ そばにいても気づかない  きれいな女(ひと)はいくらも いるけど君じゃないのさ かわいい女(ひと)はいくらも 見るけど君じゃないのさ  ほとばしる情熱 NIGHT TONIGHT  CARNIVAL 今は すべて受け止め DANCE AROUND 喜びも悲しみも 君との思い出 PARADEが行く 思わず声が上がる 君に見せたいくらい CARNIVAL NIGHT TONIGHT (COME ON EVERYBODY LET'S GET DANCE YEAH)  路地では熱いカップル こっちも通り抜けれない 君との最後のキスが リアルに切なくよぎる  稲妻を見たよな NIGHT TONIGHT  CARNIVAL 今は すべて忘れて DANCE AROUND 悲しみも消えてゆく 夜空の果てへと PARADEが来る 誰もが笑顔になる 君に見せたいくらい CARNIVAL NIGHT TONIGHT (COME ON EVERYBODY LET'S GET DANCE YEAH)  きらめく街 輝く夜 待ちわびてた CARNIVAL NIGHT 色めき立つ 今宵その夜 朝まで続く CARNIVAL NIGHT (×2)
煌めきフリーウェイハイハイフリーウェイハイハイ久保田洋司久保田洋司あの坂をのぼって 君が 笑って  世界はこんなにも 静か だったって  指と指がふれる 小さな出来事で それが すべて  泣いたりしたって 悲しい時だって 君はあのころの 煌めきを 忘れたり しない  もしも いつか どこか 会える 日がきて  駅の改札口 君が 待ってて  それが幸せだと ふいに思っている 街の 風に  少し泣いたように ほほえむ 君のこと 僕はあのころの 煌めきを 忘れたり しない  泣いたりしたって 悲しい時だって 君はあのころの 煌めきを 忘れたり しない  煌めきを 忘れたり しない
∞SAKA おばちゃんROCKGOLD LYLIC関ジャニ∞GOLD LYLIC関ジャニ∞久保田洋司馬飼野康二コンニチ ワン ツー どこ行くん? 今日も陽気に お買い物  バーゲンセールは 格闘技 ヒョウ柄服は 戦闘着  買いもん行ったら 絶対値切る タダのティッシュは 行きと帰りで2個もらう  おかん わかるで ボクだって あなたの血(ちー)を 引いてるで 見習うべきは ずうずうしさと たくましさと ムラサキメッシュ  派手に き め て おばちゃん Rock 今日も Rock Rock Rock おばちゃん Rock めっちゃ や さ し おばちゃん Rock みんな Shake Shake Shake おばちゃん Rock ビリケンさんも 笑ろうてる  ボケて つっこんで おばちゃん Rock 今日も Rock Rock Rock おばちゃん Rock めっちゃ べっぴんさん おばちゃん Rock みんな Shake Shake Shake おばちゃん Rock コンニチ ワン ツー ありがとさん  しゃべり出したら 止まらへん 2,3時間は あたり前  チャリンコ乗ったら 天下無敵 ベルのかわりに 自分の口で チリンチリン  おかん わかるで ボクだって その心意気 継いでるで 学ぶべきは 節約術 家族愛と 近所付き合い  派手に き め て おばちゃん Rock 今日も Rock Rock Rock おばちゃん Rock めっちゃ や さ し おばちゃん Rock みんな Shake Shake Shake おばちゃん Rock ビリケンさんも 笑ろうてる  ボケて つっこんで おばちゃん Rock 今日も Rock Rock Rock おばちゃん Rock めっちゃ べっぴんさん おばちゃん Rock みんな Shake Shake Shake おばちゃん Rock コンニチ ワン ツー ごきげんさん  派手に き め て おばちゃん Rock 今日も Rock Rock Rock おばちゃん Rock めっちゃ や さ し おばちゃん Rock みんな Shake Shake Shake おばちゃん Rock ビリケンさんも 笑ろうてる  ボケて つっこんで おばちゃん Rock 今日も Rock Rock Rock おばちゃん Rock めっちゃ べっぴんさん おばちゃん Rock みんな Shake Shake Shake おばちゃん Rock コンニチ ワン ツー ありがとちゃん
BLUE TUESDAYKAT-TUNKAT-TUN久保田洋司谷本新火曜日の今の時間 いつもの君の電話を 待ってしまう また  一時間 二時間 過ぎて あと5分待ってみようと まだ思っているよ  さよならしたら 会わないし 電話もしない 本当だったんだね  最後の夜の ぬくもりが今 まるで君のように 一歩ずつ遠ざかる あんなに笑い あんなに泣いて さびしがってばかりの 君はもういないんだ あの街も あの海も あの夜空も 消えてしまう  週末の約束の日 スタジアムには二つの 空席があるだろう  思い出も何も出来ない 未来を悲しむことは もうよそうと思う  さよならだけが 永遠につなぐ二人 忘れてしまっても  その横顔が 大人びた時 理由もわからない 切なさに戸惑った 最後の夜の 君の呼ぶ声 今ここにいるように 確かに聞こえるのに あの風も あの雨も あの三日月も 消えてしまう  見たこともない日々へ 歩き出してる 二人がいる世界へ  最後の夜の ぬくもりが今 まるで君のように 一歩ずつ遠ざかる あんなに笑い あんなに泣いて さびしがってばかりの 君はもういないんだ あの街も あの海も あの夜空も 消えてしまう
GLORIAKAT-TUNKAT-TUN久保田洋司馬飼野康二Gloria Gloria 栄光の歌 Gloria Gloria 今ここに 高らかに  果てしない旅を 歩きだした あれは いつのことか 誓いの朝  もう帰れはしないさ 二度とは 「きっときっと 明日は」 そう思って生きてきた  My Dream Your Dream ちりばめてた 魂の輝きが この地へ集まる Hard Days Hard Nights 燃え上がるほど ぶつかって つながって 喜びへ向かう  Gloria Gloria 今ここに 高らかに  空を見上げてた あの思いは 変わりはしないはず どこにいても  手をのばして つかもうとしてた ずっとずっと遠くへ 行けると信じて  My Dream Your Dream くやしい時 魂をふるわせて 心は叫んで Hard Days Hard Nights 響きあってた 高鳴って かさなって この瞬間へと  Gloria Gloria 今ここに 高らかに  My Dream Your Dream ちりばめてた 魂の輝きが この地へ集まる Hard Days Hard Nights 燃え上がるほど ぶつかって つながって 喜びへ向かう  Gloria Gloria 栄光の歌 Gloria Gloria 今ここに 高らかに
果テナキ空関ジャニ∞関ジャニ∞久保田洋司飯田建彦切なさでいっぱいの 体動かして 街角のセンチメンタリストさ  誰かが手放した あわれなバルーンが 楽しげに 消えていった ビルの彼方へ  広がりゆく 果てなきものの 中に立っている 小さな僕ら 抱きしめてた 熱い思い 今 すべてを解き放て 空へと  公園へ続く道を ことさらに選ぶ そのわけは君との思い出だけ  線路をはさんで 君が言いかけた 言葉はもう遠い場所へ 連れ去られても  広がりゆく 果てなきものの その真下で こぼれゆく涙も 星たちの光 集め 今 輝きを伝える 空へと  今度会えるまでに 強くなっていよう 心から 大切な人のために  広がりゆく 果てなきものの 中に立っている 小さな僕ら 抱きしめてた 熱い思い 今 すべてを解き放て 空へと  広がりゆく 果てなきものの その真下で こぼれゆく涙も 星たちの光 集め 今 輝きを伝える 空へと
バースデーキャプテンストライダムキャプテンストライダム久保田洋司永友聖也オレのバスは走る 乗れ乗れ乗ってけ オレのオーバードライブで 乗れ乗れ乗ってけ  道に迷ってるやつ 乗れ乗れ乗ってけ どこかへ行きたいやつ 乗れ乗れ乗ってけ  右を見ろ It's all right 左手を見ろ その運命線の彼方へ このバスで すぐ連れてってやるぜ  走って 走って 走って どこまでも 君を 乗せて 乗せて みんな乗っかって 尖って 曲がって 捻くれて ここまで来た あとは前に進むだけ オレのバスで  エンジン全開で ジグザグ道を 前人未到 その 道なき道を  森を見ろ It's 鴎外 ヴィーナスだ見ろ もうどこへだって行けるのさ このバスで 望みどおりの場所へ  走って 走って 走って どこまでも 君を 乗せて 乗せて みんな乗っかって 割れて 裂けて 砕けても ここまで来た あとは 一緒に行けばいい オー  走って 走って 走って どこまでも 君を 乗せて 乗せて みんな乗っかって 尖って 曲がって 捻くれて ここまで来た お楽しみはこれからだ オレのバスで
十五夜キャプテンストライダムキャプテンストライダム久保田洋司永友聖也二人は下手な恋をして だけど最高で ほのかな匂いと痛みで 甘い息をして  君の胸元を 探る指  十五夜ねと君が言う 頬を染めて目を伏せる 十六夜も立ち待ち月も 君のこと 大切に するよ  二人の大事な記念日 だけど男って 迂闊で身勝手なことに あとで気がついて  君の寂しさを さする夜  十五夜ねと君が言う 少しかすれた声で言う 居持ち月 寝持ち月も 君のこと 大切に するよ  ぬくもりを 抱き合って  十五夜ねと君が言う 頬を染めて目を伏せる 十六夜も立ち待ち月も 大切に するからね  十五夜ねと君が言う 少しかすれた声で言う 居持ち月 寝持ち月も 君のこと 大切に するよ  いつまでも 大切に するよ
メトロのメロスキャプテンストライダムキャプテンストライダム久保田洋司永友聖也激怒もできずに この身を メトロに詰め込む 毎日さ  何のために 地の底を 這いずり回る  あのコを待たせている 一人で待たせてる むかえに行くからと あんなに言ったのに 都会の蟻地獄に 怪しい誘惑に 引きずり込まれる 人込みに呑まれる メロス  悪い夢を見て 目が覚め もはやこれまでか 走れ 男よ  オレは信じられている 愛する人に  あのコをむかえに行く 今すぐ駆けて行く 一緒に買ったお守りぎゅっと握りしめ 機械の蟻地獄を ひたすら駆け上る 日はまだ沈まない 汗みどろの男 メロス  愛する人が笑ってる うれしいじゃないか これは妄想ではない 真実は一つ  明日もメトロで 揺られていようと オレは目と口で 青空探す  あのコをむかえに行く 今すぐ駆けて行く 一緒に買ったお守りぎゅっと握りしめ 機械の蟻地獄を ひたすら駆け上る 日はまだ沈まない 汗みどろの男 メロス
悲しみのシミかなキャプテンストライダムキャプテンストライダム久保田洋司永友聖也悲しみの染みかなと 枕カバー取り替える 君が残していった 最後の忘れ物か  真っ青に突き抜ける 空のせいで 背中まで切ない 手が届かない  思い出を泣き顔で 上書きしてしまった 来週の約束を 楽しみにしてた君  真っ青に澄み切った 空の下で すまない気持ちは 濁ってくだけ  薄っすら白い月 浮かんでる 涙のしょっぱさが 染み付いた 痕のように  真っ青に突き抜ける 空のせいで 背中まで切ない 手が届かない  真っ青に澄み切った 空の下で すまない気持ちは 濁ってくだけ  染み付いてく この世界に  悲しみなら いつかは消えるさ
In the cemetery堂本光一堂本光一久保田洋司岩田雅之In the cemetery  闇の中に黒く燃ゆる 冷たい火の海に沈めるか 無残に 朽ち果てゆく 過去を 閉じたその瞳に永遠に映そうか  絶望の棘 体中抜きな  Someday someday you'll get to there もう戻れない In the cemetery 責め苛まれて もう帰れない In the cemetery  跪くがいい 許しを請え 哀れみにすがって 嘆くがいい 避けられぬと 悟りながら なおも気難しい 反抗を続けることがあろうか 愚かしくも  叫び声は 土に呑まれるだけ  Someday someday you'll get to there もう戻れない In the cemetery 責め苛まれて もう帰れない In the cemetery  Someday someday you'll get to there もう戻れない In the cemetery 責め苛まれて もう帰れない In the cemetery
NEW HORIZON堂本光一堂本光一久保田洋司飯田建彦果てしない 眼差しの彼方に OH YEAH 汚れない 真実を誓おう OH YEAH  振り返らないと決めた目に 熱い思い 込み上げようと 雄々しく行け  I SAY YES やがて見える NEW HORIZON いつかそこで会おう 胸にたぎる太陽 地平線から 大空へと放て  やがてきらめく HORIZON はばたく光たち ここで交わした 今日の 約束がすべて かなえられる時  I SAY YES やがて見える NEW HORIZON いつかそこで会おう 胸にたぎる太陽 地平線から 大空へと放て  やがてきらめく HORIZON はばたく光たち ここで交わした 今日の 約束がすべて かなえられる時
CONTINUE堂本光一堂本光一久保田洋司堂本光一悲しみの大きさを 越えてく強さ 涙をぬぐい 明日を見つめる 眼差(まなざ)し  人は白い羽(はね)失っても 地上に生きることを選んだ  大空が美しい それはきっとそうさ 僕らがいる大地があるから 果てしなく続いてる この道の向こうに いつかきっと 行ける きっと  何かを失ったり 傷つくときも 自分のこと受け止めて 信じてやりたい  人は一人じゃ生きられない 愛を 守る 使命がある  大空が美しい 届かなくても かつてそこに いた気がする 限りなく輝いて 僕らを見つめる あの星へと 誓う 夢を  大空が美しい それはきっとそうさ 僕らがいる大地があるから 果てしなく続いてる この道の向こうに いつかきっと 行けるきっと  大空が美しい 届かなくても かつてそこに いた気がする 限りなく輝いて 僕らを見つめる あの星へと 誓う  夢はずっと 続くと  夢はずっと 夢はずっと 続くと
会いたいDEENDEEN久保田洋司ユン・イルサンどんなに 待ってみても そこには もう行けないんだ  僕を見つけた 瞬間の 笑顔も もう見られない  会いたい 会いたい また 悲しませるだけ すべては 終わったこと 終わらせてしまったこと  夜空が君を包む 行きかう人の微笑み 君だけを愛してた 届かない もう 君は顔上げ 歩きはじめた  会いたい 会いたい この胸が悲しくて いつかは すべて忘れ 生きられるのだろうか  夜空が君を包む 行きかう人の語らい 君だけを愛してた 探せない もう 君は見上げる いつか見た星を  二人見た星を
WISHPLATINA LYLICPLATINA LYLIC久保田洋司オオヤギヒロオ街に愛の歌 流れはじめたら 人々は 寄り添い合う 輝きの中へ 僕は君をきっと 連れて行ってみせるよ  恋は届かない時を経験するうちに 強くなって ゆくものだね 切ない胸さえ  君に似合いの男になるまでこの僕に 振り向いては くれないみたい 手厳しい君さ  過ぎてく季節を美しいと思えるこの頃 君がそこにいるからだと知ったのさ 今こそ 伝えよう  街に愛の歌 流れはじめたら 人々は 寄り添い合う 輝きの中へ 僕は君をきっと 連れて行ってみせるよ  やさしい男になろうと 試みてみたけれど 君はそんな僕じゃ まるで 物足りないんだね  風当たり強い坂道ものぼって行けばいい 二人で生きてゆけるなら僕が君を守る 誓おう  街に愛の歌 流れはじめたら 人々は 微笑み合う 鐘の音(ね)響く時 僕は君をきっと 強く 抱きしめている  街に愛の歌 流れはじめたら 人々は 愛を語る 輝きの中へ 僕は君をきっと 連れて行ってみせるよ  君を愛し続ける
駅までは同じ帰り道KinKi KidsKinKi Kids久保田洋司飯田建彦君の唇 白い息さえ 僕を揺さぶるのさ あまり話したこともないのに こんなに好きなのさ  片想いのセーターの胸元 ほころびやすい どんなふうにつくろえばいいのさ 君がいる 目の前  白い雪が君の 肩の上でとけてゆくよ今 どうすればいいのさ 駅までは同じ帰り道 二人と呼べない君と僕  目を見て話す「さん」付けで呼ぶ 君はごく自然に 僕はいいやつのふりをしつつ 男を意識する  片想いの時間はこんなとき やけにはやくて 時を止めるなんてことはとても 無理だってわかるよ  白い雪が君の 髪の上に舞い落ちたよ今 どうすればいいのさ 駅までは同じ帰り道 二人と呼べない君と僕  去年の冬は 雪が積もったOh Yeah 都市の機能は脆弱(ぜいじゃく)だった だから…  白い雪が君の 肩の上でとけてゆくよ今 積もりそうにはない 駅まで行けばそこで さよならさ  白い雪が君の 髪の上に舞い落ちたよ今 どうすればいいのさ 駅までは同じ帰り道 二人と呼べない君と僕
夢の中ブレッド&バターブレッド&バター久保田洋司岩澤幸矢月の光を グラスにそそぐ 君がそっと 口をつける  二千年前 僕らはここで 最終電車 見送ったね  明日のこと 気にして 優しい目をするけど  ここは僕らの 夢の中だよ さぁ おいで 夜空へ Right Away  誰も知らない 街の真上に 手をつないだ 僕らがいる  月を旅した かつての人が 青い星と 呼んだ世界  何も怖くはないと 頬よせるその仕種  もうすぐ君に 朝がくるんだね 今度はいつ 会えるの To Your Dreams  まるではじめて 会ったみたいに 君は僕の 名前をきく  微笑みながら 「楽しかったね また会ってね 忘れないで」  久しぶり 会えたのを 君は覚えてなくて 前とおんなじように 少し寂しいと言う  君が目を閉じ 肩をうごかす 君の笑顔 いつか見たい  もうすぐ君に 朝がくるんだね 僕のことを 忘れないで
僕の乗り物ブレッド&バターブレッド&バター久保田洋司岩澤二弓名前は知らないけれど 気分がいい時に  目の前に現れる これが その乗り物なんだよ  行きたいところへすぐ つれて行ってくれるんだよ かわいいやつさ  ハンドルを握る僕は かっこいい人みたい  いつだってピカピカのこいつ なぜだか はえてる しっぽ  行きたいところがあって わくわくしてしまう時に 不思議なエンジンの音 させながら やってくるよ 素敵なやつさ  風が緑に 空は回って 羊の丘を すべる  口笛のような レコードのような クレヨンのような やつさ  友達と喧嘩したあと 電話で謝るまで どうしたのか 何度呼んでみても 現れてはくれなかった さびしかったよ  名前は知らないけれど 気分がいいときに  目の前に現れる これが その乗り物なんだよ
ファンタスティポGOLD LYLICトラジ・ハイジGOLD LYLICトラジ・ハイジ久保田洋司清水昭男あの頃 俺たちはいつも 何かを 追い続けていた  全てが 輝きに満ちて 悩んで 迷って  楽園の 隣の この世界で 指先に 触れては すり抜けてゆく その風を  Oh yeah yeah yeah yeah  ファンタスティポ 切ない眩さで 見たこともない 花が咲く Oh yeah yeah yeah yeah ファンタスティポ 今でも俺たちは 忘れていない あの頃の気持ち 君を連れてく ファンタスティポへ  いつしか 大人になってて 現実はどこか冷めてて  あの日の 旅の目的地は こんなとこじゃない  永遠に 堕ちてく 夢の果てで 待っている 誰かの 呼ぶ声がする この風に  Oh yeah yeah yeah yeah  ファンタスティポ 甘い誘惑に似た 痛みのあとの 衝動さ Oh yeah yeah yeah yeah ファンタスティポ 今から俺たちの 夢がはじまる あの頃のままさ 君を誘うよ ファンタスティポへ  Oh yeah yeah yeah yeah  ファンタスティポ 切ない眩さで 見たこともない 花が咲く Oh yeah yeah yeah yeah ファンタスティポ 今でも俺たちは 忘れていない あの頃の気持ち 君を連れてく ファンタスティポへ
DREAMIN' BLOOD関ジャニ∞関ジャニ∞久保田洋司谷本新この胸にいつも響いてた ずっと 感じていた  はげしい波音にも消えずに 僕をはげまし つづけた  やっと逢えたね 君の声だね その手を握りしめたい 抱きしめるより強く  夢見ることをやめない 僕らの中の DREAMIN' BLOOD 何度生まれ変わっても 君とここに立とう 夢はめぐりつづける 星座が駆けるように さぁ行こう 僕らには 夢をかなえられる 力がある  くじけそうになった日もあるよ 悲しみにつぶれそうで  でも君の声にこたえたくて 体中が叫んでた  君も言ったね 僕が呼んでた 声が聞こえていたって そしてここまで来れたと  夢見ることをやめない 僕らの中の DREAMIN' BLOOD どんな遠回りしても 君とここで逢おう 夢は走りつづける 地球を回している さぁ目指せ 僕らには 夢の扉 開く 力がある  大きく帆をひろげ 風をうけていた あの頃をいつも 忘れないさ  夢見ることをやめない 僕らの中の DREAMIN' BLOOD 何度生まれ変わっても 君とここに立とう 夢はめぐりつづける 星座が駆けるように さぁ行こう 僕らには 夢をかなえられる 力がある
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
WHERE IS TOMORROW?堂本光一堂本光一久保田洋司堂本光一(Please Lead me Take Tomorrow?) 罪深きものよ 知るがいい この苦しみを 重い虚しさを 赦してくれと 叫んでみても もがいても 声にならない悪夢  Go Away 立ち去るしかないのか (Can't say goodbye) Faraway 遠いどこかに 明日はあるのか  Please Lead Me Where's Tomorrow? 手探りで 暗闇の中 進むだけ Please Lead Me Take Tomorrow? 昨日まで 想像さえできなかった Please Lead Me Where's Tomorrow? 導いて そこに何かがあるのなら Please Lead Me Take Tomorrow? このままで 探し続ける 倒れても  気高き命よ 聞くがいい この足跡を 踏んではならない 放してくれと 振りほどいても 見えない鎖は もつれるばかり  Go Away 身動きもとれずに (Can't say goodbye) Faraway 遠いどこかは 無限の彼方か  Please Lead Me Where's Tomorrow? 真夜中は 朝へ向かって 明けるのに Please Lead Me Take Tomorrow? その場所で まだ明日を探している Please Lead Me Where's Tomorrow? 導いて そこに答えがあるのなら Please Lead Me Take Tomorrow? ただきっと たどり着くんだ この足で  (Please Lead Me Where's Tomorrow?) (Where's Tomorrow?) (Please Lead Me Take Tomorrow?) (Take Tomorrow?)  Please Lead Me Where's Tomorrow? 手探りで 暗闇の中 進むだけ Please Lead Me Take Tomorrow? 昨日まで 想像さえできなかった Please Lead Me Where's Tomorrow? 導いて そこに何かがあるのなら Please Lead Me Take Tomorrow? このままで 探し続ける 倒れても  Please Lead Me Where's Tomorrow? 真夜中は 朝へ向かって 明けるのに Please Lead Me Take Tomorrow? その場所で まだ明日を探している Please Lead Me Take Tomorrow?
忘れないさ~LIFE GOES ON~NEWSNEWS久保田洋司馬飼野康二忘れないさ 大切な毎日を 喜びも悲しみも 心に受け止め LIFE GOES ON  何かを変えたくて 髪のばした 「時間を飛び越えられたら」 そう思ってた  スニーカー汚して 空と芝生の 間で やり場のない思い 蹴飛ばしてた  一日が長すぎて まいってた日も 24時間じゃ足りない 今みたいな時も  忘れないさ 大切な毎日を 喜びも悲しみも 心に受け止め  時はすべて 未来に変えてゆく 世界中の花が 開こうとしている LIFE GOES ON  破れたジーンズでも 認め合えた 夕暮れのあとの夜空に 夢を誓った  バスには乗らずに 歩いて帰った 好きな事で徹夜した日 誇らしかった  泣くなんてありえない 強がってた日も たまらずに駆け出した あの土砂降りの日も  忘れないさ 大切な毎日を 喜びも悲しみも 心に受け止め  今日を思いっきり 生きて明日(あす)に胸張れ 世界中の人が 出逢おうとしている LIFE GOES ON  夢は未来の 君からのメッセージ TAKE A CHANCE TAKE A CHANCE THREE TWO ONE TAKE YOUR DREAMS  忘れないさ 大切な毎日を 喜びも悲しみも 心に受け止め  時はすべて 未来に変えてゆく 世界中の花が 開こうとしている LIFE GOES ON LIFE GOES ON
DREAMSNEWSNEWS久保田洋司Daniel Gibson・Julius Bengtssonなぜ 涙 あふれるの? 言葉では 言えない時  目の前に 夢がある まだ誰も 知らない夢が  強く 生きなくては いけないよね  進むべき 道は 自分で そうさ 自分の意志で 決めればいい 愛してる 目をそらしたりせずに 言えるように  なぜ 笑顔 こぼれるの? 君のこと 見てるだけで  今すぐに 知りたくて 届きそうで 届かなくて  優しく なれるのは 強い心  進むべき 道は 自分で そうさ 胸に手を当て 振り向かずに 愛してる 透き通る空のように 言えるように  湧き起こる この思い いつの日にも 僕を支える  I realize I feel dreams  進むべき 道は 自分で そうさ 自分の意志で 決めればいい 愛してる 目をそらしたりせずに 言えるように
君だけを想ってるGOLD LYLICGOLD LYLIC久保田洋司馬飼野康二Smile me tonight いつでも 愛を送るよ 星と星をつなぎ 君と僕を結ぶ だから笑って Smile tonight  会えないとそれだけで 君は心配をして 紅茶を冷ますたび 悲しくしてると言う  街の色になじめないと せっかくのお洒落も 休日の日帰り切符 気にしてばかり  Smile me tonight 今夜は 笑顔のままで 君を抱きしめ星を数える Hold me tonight こんなに そばに君がいて 一分一秒が 愛しくてたまらない 涙を拭いて Smile tonight  会うたび写真より 大人っぽくなって 話し方も仕種も くすぐったいくらい  君に自慢できるような 毎日じゃないけど 君だけを想ってること 誇りに生きて  Smile me tonight もう一度 笑顔を見せて 今夜永遠の約束をしよう From me to you いつでも 愛を送るよ 星と星をつなぎ 君と僕を結ぶ だから笑って Smile tonight  君に自慢できるような 毎日じゃないけど 君だけを想ってること 誇りに生きて  Smile me tonight もう一度 笑顔を見せて 今夜永遠の約束をしよう From me to you いつでも 愛を送るよ 星と星をつなぎ 君と僕を結ぶ だから笑って Smile tonight
RAINBOW久保田洋司コモリタミノルそうだね そのとおりだよね あいづち打てば打つほどに (a rainy day in town) 感情 こもってないって 君はふくれてしまうんだ  窓を流れる景色に 機嫌直してすぐに 横顔はもとどおりの笑顔  Wow Wow Together Together Oh Happy on the rainbow! 予定はなにもたててない Together Together Oh Happy on the rainbow! すべて予想外  海辺に 出れたはいいが 太陽は雲にのまれて (a rainy day in town) 泣きそうな 顔して君は 傘ならあるよと言うんだ  雨は笑うほど降って 傘は役にたたなくて そのあげく 出来過ぎた虹を見た  Wow Wow Together Together Oh Happy on the rainbow! きれいだねって君が言う Together Together Oh Happy on the rainbow! そうだねと僕が言う  今日は傘をさしながら 砂浜歩いてみる 偶然にめぐり会えそうな空  Wow Wow Together Together Oh Happy on the rainbow! 予定はなにもたててない Together Together Oh Happy on the rainbow! すべて予想外  Together Together Oh Happy on the rainbow! きれいだねって君が言う Together Together Oh Happy on the rainbow! そうだねと僕が言う
EYES WITH DELIGHTGOLD LYLICGOLD LYLIC久保田洋司コモリタミノルOh love you love you your eyes with delight その瞳は今 風を見てる Oh love you love you your eyes with delight 涙より深い 輝きを湛(たた)え 微笑んでいる  涼しげな口紅も 君に似合ってる ショーウィンドウで背中の 羽を隠す仕種  さらさらさらさらと ゆれて靡(なび)いて 香るは緑なす 君の黒髪  Oh love you love you your eyes with delight その瞳は今 風を見てる Oh love you love you your eyes with delight 涙より深い 輝きを湛(たた)え 微笑んでいる  長いカーブの坂道 上りきった君 待ち合わせには今日も 早すぎるだろうに  ゆらゆらゆらゆらと 陽炎立ちて ストローハットにも 降る蝉時雨  Oh love you love you your eyes with delight その瞳は今 空を見てる Oh love you love you your eyes with delight 涙より深い 輝きを湛(たた)え 微笑んでいる  A to da r.a.s.h.i 「A to da r.a.s.h.i Let me hear u say ah, hey ladies 「I'm just gonna say ah, hey men」 party night keep it going on and on 「party night keep it going on and on」 say ho 「ho」  胸にしまったあの悲しみが カタリ 音をたてる でももう 気付かないね  Oh love you love you your eyes with delight その瞳は今 僕を見てる Oh love you love you your eyes with delight 涙より深い 輝きを湛(たた)え 微笑んでいる  Oh love you love you your eyes with delight その瞳は今 風を見てる Oh love you love you your eyes with delight 涙より深い 輝きを湛(たた)え 微笑んでいる
Private HeartsNEWSNEWS久保田洋司堂本光一誰のものでもない君をもう 見ることはできなくなるね  真っ直ぐに僕を映した その瞳がうなずく  君の視線がほしくて わざとふざけてたよ 君がちょっと 寂しそうに 見えたとき  And We got Private Hearts 僕らは今 (Private Hearts) 誰にも 踏み込めない (誰にも ゆずれない) ざわめきを 強く感じ合ってる (見つめ合ってる) 切なさは 愛しさ  胸のボタンを 1つはずした ギリギリ きてる Emotion  もう何もかも 知っているような どっちにもとれる 微笑(びしょう)  君の全てがほしくて 両手をひろげてた 空の広さを 君は好きだって 言ったから  And We got Private Hearts 僕らはもう (Private Hearts) 昨日に 帰れなくても (昨日に 帰れない) こんなにも 胸にうずまいてる (あぁ うずまいてる) 切なさを信じる  その時が来るのを 誰もが待つ 雨を降らせたのは 低気圧 傘が無いからと 帰るヤツ ずぶ濡れでかすめる 罪と罰 それでも僕らは きっと勝つ さぁ出発 Private Hearts  君の視線がほしくて わざとふざけてたよ 君がちょっと 寂しそうに 見えたとき  And We got Private Hearts 僕らは今 (Private Hearts) 誰にも 踏み込めない (誰にも ゆずれない) ざわめきを 強く感じ合ってる (見つめ合ってる) 切なさは 愛しさ  (Private Hearts) 運命にさえも 決めさせはしない (誰にも わたせない) こんなにも 胸にうずまいてる (あぁ うずまいてる) 切なさを信じる  夢より 強く抱きしめたい This is for your Private Hearts
Another ChristmasKinKi KidsKinKi Kids久保田洋司L・Forsberg,S・Sjoberg,L・Wasttesson「夜の観覧車 クリスマスの街を 二人だけの キャンドルライトにして…」 そんな12月は 来ないんだね  楽しいことだけ 考えて 歩いてるつもりの 街角で 「Mama kisses Santa」やけに楽しげで  二人でいるのがつらくなって 一人になったはずなのに  出逢ったのは January 恋した February March and April 忘れない Summer しだいに September さよならの November 二人のChristmas songは もう… Christmas On My Own  二人は待てなかった 12月を 二人だけの幸せをさえ サンタを待ちくたびれた子供のように  僕はChristmas Carol 君は Silver Jingle Bells 別々の場所で同じ曲を 聞いてるかもしれないのにね  一人でいるのがさびしくて 二人になったはずなのに  出逢ったのは January 恋した February March and April 忘れない Summer しだいに September さよならの November 二人のChristmas songは もう… Christmas On My Own  恋にとっては短い時間だったけれど 二人にとっては長い時間だったんだ 11ヶ月は  出逢ったのは January 恋した February March and April 忘れない Summer しだいに September さよならの November 二人のChristmas songは もう… Christmas On My Own  Here's Another Christmas On My Own
ふたつの引力KinKi KidsKinKi Kids久保田洋司石塚知生I love you, Baby 僕には君がいる 奇跡? 運命? ハートのエース I need you, Baby 君がいる僕には 必然 偶然 つきも味方さ  言葉じゃなくても わかり合う二人 誰より 愛し合ってるさ それが このごろじゃ 言葉少なくて 互いになにか 言いそびれてる  「あぁ また雨か」 手持ち無沙汰にカード・ゲーム 君が 待っている 大事なものは ほら僕が 胸に持ってるよ  I love you, Baby 僕には君がいる 奇跡? 運命? ハートのエース I need you, Baby 君がいる僕には 必然 偶然 つきも味方さ  「傘なら貸すよ」と ありがたいけれど 女ものじゃ させないし 黒のこうもりで 歩きたい気分 雨にぬれてる スペードのエース  あぁ 相合傘 「駅まで送るよ」と言って君 それじゃ もう少し 近付かないか 雨の街 誰も見てないよ  I love you, Baby 僕には君がいる 奇跡? 運命? ハートのエース I need you, Baby 二人引き寄せてる 未来 引力 痛いほどだね  I love you, Baby 僕には君がいる 奇跡? 運命? ハートのエース I need you, Baby 君がいる僕には 必然 偶然 つきも味方さ
特別な夜は平凡な夜の次に来るV6V6久保田洋司森本康介今年は街の明かりも 輝いて見える 特別な夜は平凡な夜の次に来る  君の誕生日に 予約した店は 坂道を のぼったら そこにあるはずだった  「道を間違えたんだ」 僕はあせってた 「こういうのも いいよ」って 君は笑ってた  一年前の天気 鼓動の音 こんなに はっきり 覚えていられる なんて  今年は街の明かりも 輝いて見える 今さら 照れてしまうほど 君はきれいだよ かすかに秋の気配が 風をつやめかせ きっと いつまでも あの日の ときめきをくれる  特別な夜は平凡な夜の次に来る  あの日 映画のあと 外に出てみたら 低い雲 星空を 隠しはじめてた  君は新しいクツ 僕の手をとって 何一つ 心配は なさそうにしてた  僕があせっていたのは 雨のせいかな 君を見てるうち つられて 笑ったものさ  今年も同じ場所から 街を見下ろせば 巨大なものが なんでも 小さく光る かすかに秋の気配が 風をつやめかせ そっと僕たちの体を つつみこんでくれる  今年は街の明かりも 輝いて見える 今さら 照れてしまうほど 君はきれいだよ かすかに秋の気配が 風をつやめかせ きっと いつまでも あの日の ときめきをくれる  特別な夜は平凡な夜の次に来る
夢で起きたこと楠木あや楠木あや久保田洋司Gajin唇から あなたの香りが 消えた今も 呼吸が覚えてる  星の小雨 目を閉じて よろめき合う 二つの靴の音  抱きしめたい 抱きしめられるほど 誰も来ない 空を探した  たどりついた この場所で さよならに 愛だけが 消えずに残っている  夢で起きたことみたいに 悲しすぎた恋 何もなかったように 夜空は眠る 夢で起きたことみたいに 遠く 美しく 届かないけど 体の奥にある この愛を今 大切に生きてゆく  唇だけ 動かしてその名を たどるだけで 愛しい痛み  風の中で 呼び合った いつもより 少しだけ大きく声にして  夢で起きたことみたいに 短すぎた日々 忘れたかのように 季節は変わる 夢で起きたことみたいに 永く 果てしなく 語られぬまま 記憶は続いてく この愛を今 絶やさずに生きてゆく 
Happy RebirthdayThe 東南西北The 東南西北久保田洋司久保田洋司壊れた時計の向こうに 涙をかくして ひざを抱えても ベッドにもぐっても 寂しさの針は止まらない 微笑みのいない日 ガラスのネクタイを締めて気を張りつめてる いくら急いでも いくら考えても やすらかな思いに届かない  笑顔のいない日 ボンヤリ君の想い出す人に 心でありがとう どんなにそれが簡単なことか わかるだろう Oh! Yes それでいいのさ  押花をはせたページを読み返している 辛い時もあり 気楽な時もある でもいつもそれが君なのさ  僕とよく似ている ボンヤリ君の想い出す人に 心でおやすみ どんなにそれが簡単なことか わかるだろう Oh! Yes それでいいのさ Happy,Happy,Rebirthday to You! 
WE'LL BE TOGETHERCOLOR(Buzy)COLOR(Buzy)久保田洋司長岡成貢週末の 予定が合わなくなったり 二人 なんとなく すれ違ってく 不安 こんなふうに 思うようになったなんて なにか 小さな(my heart)弱気に(so weakness)にごりかけてるのかな  そんなBlue 一気に 吹き飛ばしてくれたね Snow holiday 二人きりの Happyな約束  We'll be together もっともっと 一緒にいたいって We'll be together woo 今はただ それだけで胸がいっぱいでもいいよね  てのひらで そっと溶けてく雪のように 今日は あなたに(my heart)心を(so tenderness)すべてゆだねてみたい  風に散る パウダースノー リフトの上でのキッス キャンドルライト 二人だけの ために揺れてる  We'll be together ずっとずっと こうしていたいって We'll be together woo 今はただ それだけで胸がいっぱいでもいいよね  忘れないよ 朝のゲレンデのような Virginal 瞳の奥に あざやかなまま  さりげなく 交わす 昨日より熱いキッス 二人のライン 星の下で 重なっている  We'll be together ずっとずっと こうしていたいって We'll be together woo 今はただ それだけだよ  We'll be together 二人を乗せ すべりだす時間に We'll be together so これからも 永遠にそばにいられるならいいよね  Yeah!Yeah! We'll be together Yeah! I wanna be with you Yeah!Yeah! We'll be together Yeah!Yeah! We'll be together Yeah! I wanna be with you  もっともっと  Yeah!Yeah! We'll be together Yeah! I wanna be with you Yeah!Yeah! We'll be together Yeah!Yeah! We'll be together Yeah! I wanna be with you  そばにいたい  Yeah!Yeah! We'll be together
恋の形(2001 version)SMAPSMAP久保田洋司野崎昌利君は髪を切って 僕は伸ばした 時間はあっさりと 肩に届いた  好きだと 言えなかった夜や どうしようもなかった思い 二人 どこにいても忘れられない  別れも一つの 恋の形だね 同じ想い出を 二人は愛する 傷ついてもいい 恋の痛さだけ すべてを心に 刻んでいるから  あれから一度だけ 君を見かけた あの頃より 少し速く歩いてた  人込みに紛れる 二人が いつかは 恋人だったこと 誰も気付かないで 通り過ぎてく  別れも一つの 恋の形だね 届かない場所から 降りつける突然 びしょ濡れでもいい 恋の深さだけ 今日は涙を 拭かなくていいから  二人で 語り合った未来は 色褪せない そのままで 過去にはならずに  別れも一つの 恋の形だね 同じ想い出を 二人は愛する 傷ついてもいい 恋の痛さだけ すべてを心に 刻んでいるから
小さな羽泉川まり泉川まり久保田洋司谷岡久美鳥は どれだけ 願って 翼を手にした 人は どれだけ 願ったら 夢はかなうのでしょう  花は どうして 優しい気持ちをくれるの 人は どうして 優しさに 涙が出てくるの  おやすみを 合い言葉にして 眠りの 国へゆきましょう  どんな ことでも おしえてくれる 森がある きっと 目覚めた時 人は 忘れてるだけなの  もし 明日 てのひらに 小さな羽 にぎって 目が覚めたなら  そっと 飛ばしてごらん あなたの一番の 大切な 人のところへ つれていってくれる
野性を知りたい久保田洋司ZAKIこの胸に 抱かれなよ この胸に  知りたいんだ 君のこと もっと その体中の 野性を知りたい  はやりの笑顔とクールとで 会うたび君は 自在に変わってゆく you know it やすやすと誰かのものに なったりしない すきを見せて 油断させて ひらり かわすのさ  この腕に 抱かれな  知りたいんだ その美しい理性よりも 君のこと もっと 知性よりも その体中の 秘められた光を 野性を知りたい 熱い野性を  この背中に 翼をぎせいにしてもいいさ 爪をたてていい 銃声がひびいても 胸をはだけた 君は気付いている 野性を知りたい 燃える野性を  本能は素肌のすぐ下 時に危うい バランスで保たれる you know it 完璧であればあるほど 不確かな感情 一人きりの時の君を見せてほしいのさ  この胸に 倒れな  知りたいんだ 都会に咲く花の本性を 君のこと もっと 天使の欲望を その体中の 夕日よりも赤い 野性を知りたい 吠える野性を  この背中に サバンナの雨を降らせてくれ 爪をたてていい 刹那の傷を 胸をはだけた どこまでも君の 野性を知りたい 猛る野性を  知りたいんだ その美しい理性よりも 君のこと もっと 知性よりも その体中の 秘められた光を 野性を知りたい 熱い野性を  知りたいんだ もっと ずっと 近くで もっと 野性の その 愛し方 君のこと もっと その体中の 今夜は 満月に からまるような 野性を知りたい 燃える野性を  この背中に サバンナの雨を降らせてくれ 爪をたてていい 刹那の傷を 胸をはだけた どこまでも君の 野性を知りたい 猛る野性を  野性を知りたい
OK!ALL RIGHT! いい恋をしよう久保田洋司谷本新何気なく 君が僕の名前呼ぶ その声を 僕は一生 忘れないのさ 胸にこだまする  二人で 時をかさねるうちに 呼び方も変わるんだろう いろんな 君の僕を呼ぶ声 体中響かせたい  すべてOK! ぜんぶALL RIGHT! うまくゆく 問題ないね いつもOK! つねにALL RIGHT! いい恋をしよう そうしよう  無意識に自意識過剰 ジグザグの十代を まっすぐに 進んでゆこう その手をはなさない  二人で 季節越えてくたびに 暑い日寒い日もある それでも 互いの体温で 心はぐっと快適さ  すべてOK! ぜんぶALL RIGHT! 順風に 帆をあげろ いつもOK! つねにALL RIGHT! いい恋をしよう そうしよう  日本の どこかで 今も恋が生まれる 世界の 人から 祝福のメールが届きだす  二人で 時をかさねるうちに 呼び方も変わるんだろう いろんな 君の僕を呼ぶ声 体中響かせたい  すべてOK! ぜんぶALL RIGHT! うまくゆく 問題ないね いつもOK! つねにALL RIGHT! いい恋をしよう そうしよう すべてOK! ぜんぶALL RIGHT! 順風に 帆をあげろ いつもOK! つねにALL RIGHT! いい恋をしよう そうしよう すべてOK! ぜんぶALL RIGHT! 順風に 帆をあげろ いつもOK! つねにALL RIGHT! いい恋をしよう そうしよう
台風ジェネレーション -Typhoon Generation-PLATINA LYLICPLATINA LYLIC久保田洋司馬飼野康二街を見おろす丘から あの日僕らは何を見てた やっと 二人きりになれた 照れながら あの日  「明日の朝早く僕は 上りの電車に乗るんだね」 卒業のあとの校舎 小さく 見つけた  行かないでと一言 つぶやいた君 あの時 僕は 見えない 夢を いだいていた  離れていても きっといつまでも 君のことを思っているよと 言った心が いまさら うずいて たまらないよ 君にさよなら 電話で告げた 過ぎてゆく 季節の中に 会えない 時間にも 距離にも 勝てない 僕らがいた  僕のコートの裏には 君のセーターの色が残り キスの時の香りが消えずにある  どこか 大人びて見えた あれは口紅のせいだって 今なら さまざまに 思い当たることも あるが  片道の切符を ふざけたふりで とりあげ 君は 無理して 妙にはしゃいでいた  離れたらもう 駄目になるよと 君がうつむくの 打ち消して 僕はコートで ふるえる その肩 つつみこんだ こんなに笑顔 思い出すのに そこで途切れてしまう君 忘れてしまっても 忘れはしないよ 胸のどこかが  行かないでと一言 つぶやいた君 あの時 僕は 見えない 夢を いだいていた  君にさよなら 電話で告げた 過ぎてゆく 季節の中に 会えない 時間にも 距離にも 勝てない 僕らがいた  街を見おろす丘からあの日 君が見ていた「何か」を このごろ不意に わかった気がする こともあるよ 君に出逢った 君に恋した この体の奥に ずっと 君と見つめていた 景色がいつでも 流れている
恋人について坂本真綾坂本真綾久保田洋司菅野よう子ひとつ ひらり 人見知りの頃 泣きそうな ふたつ ふわり 不確かな不自由 笑った みっつ 蜂蜜の耳たぶに 三日月のイヤリング よっつ 夜露の寄り道 よそみ  明日(明日)逢えました 眠る(眠る)砂の上 時間は(まつ毛に)止まりました 二度と(二度と)逢えるでしょ 甘く(甘く)痛むから 夢には(あんずの)草冠  いつつ いつまでも 一緒にいてほしくて むっつ むつかしく むすんではほどく リボン ななつめの不思議は ないしょの なつかしい 波音 やっつ やっぱり 言えない言葉  どんな(どんな)目で話す 空の(空の)籠の外 重なる(つながる)運命線 同じ(同じ)肌触り 長い(長い)物語り 夢なら(夜でも)いつも夕日  明日(明日)逢えました 眠る(眠る)砂の上 時間は(まつ毛に)止まりました 二度と(二度と)逢えるでしょ 甘く(甘く)痛むから 夢には(あんずの)草冠
真冬の星座たちに守られて広末涼子広末涼子久保田洋司島野聡あいたい時にあえない恋人どうしは いつも お互いを思えば思うほどに 一人の 帰り道 冷たい風 地下鉄は行き過ぎる 公園の通りで 早足になり 今すぐ あいたい 強く抱きしめられたい 温もりを 確かめ合いたい あえない時間を忘れるくらい 永遠の扉を開けたい 真冬の星座たちに 守られて 二人は 言葉にならない答え知ってた まるで 部品を落としてきたオルゴール 光を 放ち始めた この街 人込みに紛れたら それで二人きりに なれた気がした あの頃 あいたい 強く抱きしめられたい 愛しさを 確かめ合いたい あえない時間を忘れるくらい 永遠の 扉を開けたい 真冬の星座たちに 許されて あいたい 強く抱きしめられたい 温もりを 確かめ合いたい あえない時間を忘れるくらい 永遠を 誓うキスをして 真冬の星座たちに 守られて
君をはなさない林田健司林田健司久保田洋司林田健司さぁ この扉を 二人で開こう 重ねあった時と 手と手のぬくもりで  そして最初に 君が目にするものを 僕も見るだろう 同じ光の中  そう 今 この宇宙の 片隅で 小さな扉が 開いたよ  めくるめく 星の輝きに 心から 誓うのさ 君をはなさない  抱きしめる時の 力のバランスで 二人はいつでも 引き寄せあっている  ねぇ 君は 生まれる前 どこにいたか知っているかい それは  めくるめく 星につつまれて 僕の名を 呼んでいた  聞こえたよ ずっと 聞こえてたよ 探してた 君と 出逢うまで あの場所で あの季節の中 めぐり逢えることになっていた  そして今  めくるめく 星の輝きに 心から 誓うのさ 君をはなさない  めくるめく 星の降る夜は 君からも 言ってくれ 愛しているって  君をはなさない
恋の形SMAPSMAP久保田洋司野崎昌利君は髪を切って 僕は伸ばした 時間はあっさりと 肩に届いた  好きだと 言えなかった夜や どうしようもなかった思い 二人 どこにいても忘れられない  別れも一つの 恋の形だね 同じ想い出を 二人は愛する 傷ついてもいい 恋の痛さだけ すべてを心に 刻んでいるから  あれから一度だけ 君を見かけた あの頃より 少し速く歩いてた  人込みに紛れる 二人が いつかは 恋人だったこと 誰も気付かないで 通り過ぎてく  別れも一つの 恋の形だね 届かない場所から 降りつける突然 びしょ濡れでもいい 恋の深さだけ 今日は涙を 拭かなくていいから  二人で 語り合った未来は 色褪せない そのままで 過去にはならずに  別れも一つの 恋の形だね 同じ想い出を 二人は愛する 傷ついてもいい 恋の痛さだけ すべてを心に 刻んでいるから
Deep Breathribbonribbon久保田洋司久保田洋司I SAY SAYONARA Ah! I SAY SAYONARA Ah! I SAY SAYONAYA I SAY BYE  Deep Breath 今 君とのサヨナラ Deep Breath 深く息をする 泣かないように  ああ もう 会わなくていいよ ああ もう わがままじゃないよ  はやあしで 歩くんだね (帰り道 遠回りして) 誰のクセを 真似しているの (いつまでも 話してた ああ)  Deep Breath 今 私から言うわ Deep Breath 深く息をする 負けないように  ああ 好きだったのは本当? ああ ふられたことも本当?  きっと嘘よ 何もかも (あのころの 君ばかり 今) だって 私 こんなに綺麗 (想い出す 星空も ああ)  君なんか…。 Deep Breath 今 最後の言葉を Deep Breath 深く息をして 言ってあげるわ  I SAY SAYONARA Ah! I SAY SAYONARA Ah! I SAY SAYONAYA I SAY BYE  Deep Breath 今 最後の言葉を Deep Breath 深く息をして 言ってあげるわ  Deep Breath 今 君とのサヨナラ Deep Breath 深く息をする 私のために  I SAY SAYONARA Ah! I SAY SAYONARA Ah! I SAY SAYONAYA I SAY BYE
君を抱きしめたいSMAPSMAP久保田洋司寺田一郎偶然に君と出会った 話がしたいと思った 別れはキツかったけど 時が不思議に癒してた 胸の同じ場所を 二人はおさえてる  君を抱きしめたい ふいに よぎる 今ではお互いに 一人じゃないこと わかっているのに  君を抱きしめたい 二人きりの 時間がまた動きだしちゃ いけないと知っているのに  わざと距離開けて歩いた 次の三叉路 僕は左 君がどっちに行くのかは 気にもしないふりをしてた 肝心なこといつも 言い出せない二人  君を抱きしめたい 最後の夜 あんなに泣いた君 ずっと大人びて 今は笑ってる  君を抱きしめたい この心で 二人がぎこちなく 歩いてた日々を ギュッと抱きたい  君を抱きしめたい  最後の夜 あんなに泣いた君 ずっと大人びて 今は笑ってる  ”君を抱きしめたい” そんな歌を 小さく口ずさみ 君は手を振って 迷わず 右に…  君を抱きしめたい ふいに よぎる 今ではお互いに 一人じゃないこと わかっているのに  君を抱きしめたい 二人きりの 時間がまた動きだしちゃ いけないと 知っているのに
真夏の夜は振り向いてはダメなのさSMAPSMAP久保田洋司谷本新Ho!  Oh Yeah! Oh Yeah!  汚れちまえばいい この胸の純情なんて 振られたことにしてやりゃ いいんだろう Oh Oh…  喧嘩別れしたら 出て行くのは女の方さ なのに どうしてコッチが 手ぶらで彷徨っているのか  真夏の夜は ダメなのさ 振り向いては 誰かの走るヒールの音が 近づいてきても Ah! 君なのか 君なのか 違うはずさ だけど 君がもし 追い掛けて来たのならば  本当は愛してるって 今の気持ち言えるだろうか Oh Yeah! Oh Yeah! Oh Yeah!  湿気まじりの風を 掻き分けて まるで逃げるように オレはどうして 傷ついた胸おさえもしないで  真夏の夜は ダメなのさ 素直じゃなきゃ 誰かの冷たすぎる爪が この腕つかむよ Ah! 君なのか 君なのか 違うはずさ だけど 君がもし 追い掛けて来たのならば  悪いのはオレの方さ エゴを捨てて言えるだろうか No No… Ah! 君なのか 君なのか 違うはずさ  だけど 君がもし 追い掛けて来たのならば 本当は愛してるって 今の気持ち 言えるだろうか クツ音が 近づくよ すぐそこまで  冷たすぎる爪 この腕を つかまえる 本当にこれが君なのか 振り向いたら ダメになりそうさ Oh Yeah! Oh Yeah!  No No No Yeah! Oh Yeah! Woo!
切なさが痛いSMAPSMAP久保田洋司ZAKI片思いに終わった 去年の恋が今も しまいこんだシャツのように Mm… 捨てることもできずに 心の隅でずっと くすぶっている また夏が 来るのに  君以上 誰かを好きになれたら 忘れるよ でも 無理だろう  あぁ 会いたい 話がしたい 裸の胸 焦げ尽きる前に その名前をつぶやくだけで 真冬のような切なさが痛い  何度か電話しても 友達のように 話し 何人かで 会ってた 季節が変わる頃 君はあいつと帰り 電話したらいなかった 朝まで  「愛しさはどこから?」って いつか君 悲しさと同じ場所だろう  あぁ 会いたい あれから僕は そう孤独な 逃亡者だった 通り過ぎてく 君に似た人 目で追う日も 切なさが痛い  あぁ 会いたい 強く抱きたい 裸の胸 包み込むように その名前をつぶやくだけで 真冬のような切なさが痛い
もっと君のことSMAPSMAP久保田洋司久保田洋司もっと もっと もっと 君のこと 知って 知って 知って おどろいてみたい そして そして そして 好きだよと 言って 言って 言って 抱きしめてみたい  次の曲に変わる前に 君に電話をしよう 覚えたてのごろあわせで 8ケタのボタンプッシュ 会いたいんだと 言うつもりで なかなかきり出せず  しかたなくUFOの話を まぬけにしてる夜 ちょっとバイトでもして  バイクを手に入れるつもりだった そんな時にバッタリ 出逢ってしまった 運命だよ  もっと もっと もっと 君のこと 知って 知って 知って おどろいてみたい そして そして そして 好きだよと 言って 言って 言って 抱きしめてみたい  ギターなら自信あるから 今度聞きに来なよ 君のピアノ聞かせてよ 今度行くからさ 会いたいんだと やっと言えても 君はいつものように 明日も朝からコンビニ レジにいるでしょだって また電話してって 君から言ったの はじめてだね 一瞬 放心状態 受話器の発信音 われにかえる  もっと もっと もっと 君のこと 知って 知って 知って おどろいてみたい そして そして そして 好きだよと 言って 言って 言って 抱きしめてみたい  もっと もっと もっと 君のこと 知って 知って 知って おどろいてみたい そして そして そして 好きだよと 言って 言って 言って 抱きしめてみたい
My Childhood Friend~鏡のなかのRadio中居正広(SMAP)中居正広(SMAP)久保田洋司谷本新友達だと言いきかせて 君は僕のベッド 今小さな最初の寝息 部屋の隅で聞いた 4時まで2分 朝まで5分 君を好きだと 気付いてしまっている 僕さ  何故、君が地図もなしに 僕の部屋へ来れたのか 地下鉄の最終のことなんか 訊かなかったか 「どんなコのこと好きなの?」って しつこいくらい訊いて めずらしくちょっと黙ったのかも 分かってる 明日のことは 考えなくていい (You're my only girl)  君は 1つ歳下の 天使の寝顔をして 友達だと言える最後の呼吸 終えたところ 2秒いっぱい 使って ひらく 5時間ぶりの 君の瞳いとおしい 僕さ  ただの友達だと 意地を張ってたんだ 今までは 僕から電話 掛けやしないのも わざとだった 一晩中君を見てて やっと 正直に 僕にも君にも向い合えたよ 好きなんだ 今日もずっと 側にいてほしい  ただの友達だと 意地を張ってたんだ 今までは 借りたノートに落書きしたのも わざとだった シーツの中で やっと 小さな声で 「おはよう」君のあいさつに僕は答える 好きなんだ 明日のことは 考えなくていい  明日のことは 考えなくていい
ひとりぼっちのHappy BirthdaySMAPSMAP久保田洋司久保田洋司朝まで 君を待ってた 3階の 8つめの窓 あかりがともらないまま 星空は消えた 通りを何台目かの タクシーは過ぎて行って 君を乗せては来なくて 冷たい風吹く 落ち葉の頃はじめて あの窓の中で 大人の君を知った あの日からずっと 恋人になった気でいた 誰よりも先に言うはずの HAPPY BIRTHDAY 君は今 誰かの腕の中  2月12日を僕は 一生忘れないだろう 始発の駅のベンチに プレゼント捨てた ポケットのこの手袋 君がくれたんだったね 君にはもう触れられない 両手を包んで 東京に落ちる雪を 初めてみたなんて はしゃいだ21の 君はもういない 恋人になった気でいた 誰よりも先に言うはずの HAPPY BIRTHDAY 君は今 誰かの腕の中  恋人になった気でいた 誰よりも先に言うはずの HAPPY BIRTHDAY 君は今 誰かの腕の中 君の名をつぶやいてみる さよならと かさなって消える HAPPY BIRTHDAY 君は今 誰かの腕の中
絵に描いたより PicturenessPSY・SPSY・S久保田洋司久保田洋司いつもいつも空を見る むぎらわぼうしのすきま 明日から朝も早いのに Ya Ya  夜になれば それはそれ 星から来た様な ビスケット ポケットに入れて たたいたり Ya Ya  もうもうradio 声をきかせてよ 想像出来りゃ 絵に描いたより pictureness  雨の日や風の日にも 悪い事ばかりじゃないじゃん 雲のうしろを思いうかべ Ya Ya  君にも見えると思う 僕の見ている川原や 背中に聞こえる 汽車の音 Ya Ya  ねぇねぇradio 今日もとどけてよ 気を付けりゃ 絵で見るよりも picturness  秒針も ぎゃくまわり 白黒も カラフルさ  耳もとにかたりかける 花のかおりでいたいよ 絵に描いたより flowerness  まわる まわる 空 タンバリン 西に行けば 行くほどに 東に近づくのも おかし Ya Ya  もうもうradio 一つおしえてよ 想像 どうして? 絵に描いたより picturness  秒針も ぎゃくまわり 白黒も ぎゃくまわり 秒針も カラフルさ  夜風のブランコ乗りは 耳をすませば きこえる 絵にかけないほど happiness  耳もとにかたりかける 花のかおりでいたいよ 絵に描いたより flowerness
INNOCENCE−僕がここにいるThe 東南西北The 東南西北久保田洋司久保田洋司街のエリアから 脱け出してこなくちゃね ウソのエリアから ここにいるため すれちがいざま ガラスの声 砕けあう 夢もうしろ向き 愛もそっぽ向き  Rain びしょぬれのままでいいさ Vain 悲しさにムダなどないから 今のイノセンス 抱きしめていたい  街のエリアより近づいてこなくちゃね 心 スウィッチを切り替えるだけさ  街のエリアでも 僕の歌 聴こえたら 秘密 手描きのパスポートあげられるから  Rain びしょぬれのままでいいさ Vain 悲しさにウソなどないから 君のイノセンス 大事にしたい  Just Standing Boy. Just Crying Girl. くじけないで 僕がここにいる  Just Standing Boy. Just Crying Girl. くじけないで 僕がここにいる  街のエリアから 脱け出してこなくちゃね ウソのエリアから ここにいるため ここにいるため Sha lalala Feeling Free
イタバリ・ローカThe 東南西北The 東南西北久保田洋司久保田洋司Comon' 髪の乱れ 気にしない そうさ 快楽のみ かみしめて Yes 夢きどり みがきかけた ステージさ イタバリ・ローカ ピカピカ Jump いま、根性入れて 楽しゅうしようね かがやき 知らぬ 空気は 大きらいで イタバリ気分は最高  だって からだごと エッサ・エナジー ヤ~イ ゆれうごきゃ 熱くなろう ここ これからさ どうだね Are You Ready Everybody Come On Stand By Me Again 終始 週末は 主役になろう 知ったかぶりの チャイムは 大きらいで イタバリ気分は最高  Hey Hey Hey 下手な言葉より One Two Three これで Ah~Ah~Ah~ 夢を失くしたら もう お空にゃなれないよ  Can You Hear Me New いま とびだそう One Two Three Four Five Six Seven Eight つ・ば・さ・ ひ・ろ・げ・て・いるさ
星がっちゃうねジャマイカThe 東南西北The 東南西北久保田洋司久保田洋司年中いつも ほしがっちゃうね そんなジャマイカ 連中いくつも 星とっちゃうね そんなんじゃないかい 案外 本人たちゃそんなに 気にしないほどに yeh! さわぎたてるじゃん あたりの連中みな hoi!  ラスタカラーの花咲いて 海とココナツの木と暮す 毎日は 想像こえるだろうね シュガー・マイノットみたいに 歌いたいね まるで 裸足でも、歯出しても、かけてるね シャレにもならないよ  年中 年中 ほしがっちゃうね ジャマイカ 年中 年中 星が、ちゃうね ジャマイカ 連中 年中 ほしが、ちゃうね ジャマイカ いいじゃないか、 ね、じゃあ まぁいいか  懐中電灯もいらないほどの 星明かり 海中ででも キレイなほどに 見渡せちゃう 本来 こうであるべきの 海と空と空気 yeh! 蚊と共存するのは ちょっと くるしいけれんど hoi!  ラスタカラーの花咲いて 海とココナツの木と暮す 毎日は 想像こえるだろうね シュガー・マイノットみたいに 歌いたいね まるで 裸足でも、歯出しても、かけてるね シャレにもならないよ  最高じゃん あれも それも これもジャマイカ気分 さあ 行こうじゃん あれも それも これも ジャマイカ気分 年中いつも ほしがっちゃうね そんな ジャマイカ
ため息のマイナーコードThe 東南西北The 東南西北久保田洋司久保田洋司ついこの間までは、あの場所に君がいて ふと想いだす、君の僕を呼ぶ声 ふたりで居るとやけに、言葉がつまった想い出 目と目が合う度に、鼓動にたかまり  愛想、愛情、言葉じゃ、あやふやみたいで ためらいがち、本気じゃ、何も口にせずに 胸がきしむよ 痛いよ ため息もまじり I and I love you so much you so much  つよがりのふりして、人前じゃ、知らん顔 君は、そんな態度が、もう我慢できないんだね そっとそらす視線に、別れにじみうつる それでも外見平常に、ふるまうだけの Oh No  真相、本性、みせかけ、ありきたり笑顔 一途さ足らずの、いい加減な、想い込み  胸がきしむよ 痛いよ 忘れたりしない I and I love you so much you so much  つめたすぎるじゃないかと、言われて、はっとしたした時も 他人事、今じゃ、わざと、優しくもできないし  you so much you so much
水色のドリーマーThe 東南西北The 東南西北久保田洋司久保田洋司水彩の鐘の音が 朝焼けにあいさつ 時計台は見下ろし いそぎ足を教える  「いつでも眠そうね」と 君が微笑むたび 僕ははねた髪の毛 気にしながらまばたき  つややかな木漏れ日の流れそっと 孤を描きながら舞い昇ってゆくよ 水色のドリーマー  瞳に風をうけ 空と踊ろうよ 静けさを泳ぐ リズムにあわせ  モップが愛想ふれば ホコリ達は元気 ななめにさす光の 小石が角度計る  「ホラ 空が綺麗よ」と 君が見ているすき 僕はシャツのボタンを なおしながらあいづち  微量の星くず見つけたようにそっと ささやくふりして パステルをおいてく 水色のドリーマー  瞳に風をうけ 空と踊ろうよ 木々の透き通る 森があるのさ  夢を見た 次の朝 虹にすわって待ってるよ
Misty Lola−君の朝に逢いたいThe 東南西北The 東南西北久保田洋司久保田洋司・安部隆雄Misty Lola 銀色のMoon Misty Lola 青い波と ドレスも ハッカ色に ゆれる  Misty Lola 淋しがりや Misty Lola 上眼づかい 知らず知らずあやつるよ  ボードウォークで 見ている砂浜に こぼれる あしあと ゆうべのDistance 言いたりない言葉に 夜を ぬけてきた  君の朝(あした)にあいたいから 何度も 好きと言わせたい 胸の中 すりぬける 後ろ向きの微笑み 僕をまどわす  Misty Lola 一緒にいよう Misty Lola どんな心でも 素直さは かくせないよ  指先にKiss 朝もやに答える 小さな口もと 数ミリのBlue まつげをふるわせて 風をこえてきた  君の朝に あいたいから 何度も 好きと言いたい 好きなぶんだけ遠ざかる 君のむずかしさ よけい ひかれる  透きとおるほど せつない Lonely Lonely White 見せておくれ いま  君の朝にあいたいから 何度も 好きと言わせたい 胸の中 すりぬける 後ろ向きの微笑み そっとつかまえて  君を抱きしめて 君に抱きしめられ もう 待たせない
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. 風のゆくえ
  3. ウタカタララバイ
  4. Habit
  5. 世界のつづき

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. BF is...
  2. Scream
  3. Beautiful
  4. Be Free
  5. ベルベットの詩

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照