ひとりぼっちのHappy Birthday

この曲の表示回数 27,028
歌手:

SMAP


作詞:

久保田洋司


作曲:

久保田洋司


朝まで 君を待ってた
3階の 8つめの窓
あかりがともらないまま 星空は消えた
通りを何台目かの タクシーは過ぎて行って
君を乗せては来なくて 冷たい風吹く
落ち葉の頃はじめて
あの窓の中で 大人の君を知った
あの日からずっと 恋人になった気でいた
誰よりも先に言うはずの HAPPY BIRTHDAY
君は今 誰かの腕の中

2月12日を僕は 一生忘れないだろう
始発の駅のベンチに プレゼント捨てた
ポケットのこの手袋 君がくれたんだったね
君にはもう触れられない
両手を包んで
東京に落ちる雪を 初めてみたなんて
はしゃいだ21の 君はもういない
恋人になった気でいた
誰よりも先に言うはずの HAPPY BIRTHDAY
君は今 誰かの腕の中

恋人になった気でいた
誰よりも先に言うはずの HAPPY BIRTHDAY
君は今 誰かの腕の中
君の名をつぶやいてみる
さよならと かさなって消える HAPPY BIRTHDAY
君は今 誰かの腕の中
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとりぼっちのHappy Birthday 歌手:SMAP

SMAPの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-02-02
商品番号:VICL-501
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP