PLATINA LYLIC 

オレンジ

この曲の表示回数 487,441
歌手:

SMAP


作詞:

市川喜康


作曲:

市川喜康


小さな肩に背負い込んだ僕らの未来は
ちょうど今日の夕日のように揺れてたのかなぁ。

イタズラな天気雨がバスを追い越して
オレンジの粒が街に輝いている

遠回りをした自転車の帰り道
背中にあたたかな鼓動を感じてた

『さよなら。』と言えば君の傷も少しは癒えるだろう?
『あいたいよ…。』と泣いた声が今も胸に響いている

不器用すぎる二人も季節を越えれば
まだ見ぬ幸せな日に巡り逢うかなぁ。

なんとなく距離を保てずにはにかんでは
歯がゆい旅路の途中で寝転んだね

『さよなら。』と言えば君の傷も少しは癒えるだろう?
『あいたいよ…。』と泣いた声が今も胸に響いている

人波の中でいつの日か偶然に
出会えることがあるのならその日まで…

『さよなら。』僕を今日まで支え続けてくれたひと
『さよなら。』今でも誰よりたいせつだと想えるひと

そして
何より二人がここで共に過ごしたこの日々を
となりに居てくれたことを僕は忘れはしないだろう

『さよなら。』
消えないように…
ずっと色褪せぬように…
『ありがとう。』
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:オレンジ 歌手:SMAP

SMAPの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-08-08
商品番号:VICL-60800
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP