試聴する

うたかたの日々

この曲の表示回数 5,801

石畳の路地で 聞こえくる声に振り返れば いつか見た姿
古い建物の陰に ひそかに記憶の白い花が 蕾つけている

霞むように そびえる 摩天楼
ガラスに映った現実は 幻影

懐かしいあの日の世界が 遠いとは限らない
うたかたの時間を この胸に 吸い込んで 歩く黄昏

地下鉄のホームでは くぐもる響きが想い出より 深く懐かしく
ざわめきに包まれ 生まれる前の 知るはずない 景色を見ている

川のように 流れる 光は
ときに渦巻いて戸惑いながら

懐かしい未来の扉が 遠いとは限らない
うたかたの街が 見てる 夢だろうか 遠い日の
記憶は消えずにとどまり 混ざり合い漂えば
この角 曲がると すぐに 出逢えそうな あの頃の日々

手を伸ばしたら ふいに 見えなくなる うたかたの日々
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:うたかたの日々 歌手:ブレッド&バター

ブレッド&バターの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/04/21
商品番号:VICL-69127
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP