九月の海

この曲の表示回数 2,346

寄せる 波間に消えた
遠い夏の陽炎
横顔が まぶたの奥で
やさしく揺れてる
坂の途中のテラス
夕陽 縁取る海は
人影を都会に戻し
むなしく さざめく
あの日あなたと別れた九月の海に
今 白いかもめが飛び立った
恋人よ あなたを
傷つけた 若い日
二度と帰る港も失くして
ただ さまようだけ

薔薇も その色変えて
時の調べをうたう
たよりない しあわせよりも
ひととき愛した
あの日あなたを忘れて真夏の海で
ふと 甘い恋へと誘われた
恋人よ あなたは
許せると 笑った
時はいつか罪さえ流して
今 振り向く秋

恋人よ あなたを
傷つけた 若い日
二度と帰る港も失くして
ただ さまようだけ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:九月の海 歌手:松崎しげる

松崎しげるの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-11-06
商品番号:VICL-41023
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP