私の歌

この曲の表示回数 17,820
歌手:

松崎しげる


作詞:

喜多条忠


作曲:

都倉俊一


海の黄昏(たそがれ)は
私の心に いつかどこかで
出会ったような 白い小舟を繋(つな)ぐ
遠い世界へと 白い帆を広げて
愛の言葉 溢(あふ)れる海へ
私は漕(こ)ぎ出す
たとえ嵐が来ようと 私には歌がある
孤独と愛の歌を 私は歌おう

海の黄昏は
私の心に 長い髪した
女の影を 淡く映してみせる
遠い悲しみを 隠した灯台
愛の名残り なつかしむように
あかりをともして
たとえ嵐の夜も 消えないランプのように
孤独と愛の歌を 私は歌おう

たとえ嵐が来ようと 私には歌がある
孤独と愛の歌を 私は歌おう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:私の歌 歌手:松崎しげる

松崎しげるの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-10-27
商品番号:VICL-5287
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP