試聴する

太陽はふたつない

この曲の表示回数 11,580
歌手:

福山雅治


作詞:

小林和子


作曲:

福山雅治


砂嵐の向こう あれが 廃墟の都会だ
脱ぎ捨てるブーツと こぼれ落ちた砂の色

日没まで 身体をささえあい
眠る場所を とにかく捜さなきゃ

遠い日々 繰り返す 漂流者のように
目を閉じて 腕の中へ
太陽は ふたつない 愛もまた 同じ
静かに 闇へと

ざらつく喉ごしに ぬるい ビールを流して
久し振りに仰ぐ 星が 祝福をくれた

いつの間にか こんなに 遠くまで
歩いて来た 俺たち 地図もなく

いつまでも 眠れない 漂流者のように
唇に 歌をのせて
太陽は ふたつない 俺もまた ひとり
この手に 抱くだけ

遠い日々 繰り返す 漂流者のように
目を閉じて 腕の中へ

いつまでも 眠れない 漂流者のように
唇に 歌をのせて

太陽は ひとつだけ…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:太陽はふたつない 歌手:福山雅治

福山雅治の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-11-06
商品番号:BVCR-59
BMGビクター

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP