漂流記

この曲の表示回数 1,407
歌手:

大地真央


作詞:

小林和子


作曲:

大野克夫


アスファルト 流れる雨のひとすじが
河になったら 僕はもうここには居ない
あてもなく 流れてゆくよ

シャッターの降りた横須賀
陽の暮れのざわめきあとに
浪漫という切符を手に
荒れ狂う海に乗り出す

サンフランシスコ湾 男と女の
サンフランシスコ湾 港はあるかい
旧いバーで 一人酔えば
ああ 俺は今、漂う船だよ

海風に しめった煙草投げた時
火の粉が散った トレンチを肩からはおる
見も知らぬ 女と二人

折れそうな 女の肩
あの頃のおまえ 重ねた
あばずれも腕の中では
淋し気な少女だったよ

サンフランシスコ湾 やさしい女の
サンフランシスコ湾 枕はあるかい
空の壜に 謳いかける
ああ 俺は今、漂う男さ

サンフランシスコ湾 やさしい女の
サンフランシスコ湾 枕はあるかい
空の壜に 謳いかける
ああ 俺は今、漂う男さ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:漂流記 歌手:大地真央

大地真央の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1986-10-21
商品番号:VDR-1294
ビクターエンタテインメント株式会社

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP