三春にひとり

この曲の表示回数 711
歌手:

まえみつこ


作詞:

結城忍


作曲:

笠間千保子


おんなの命 恋の炎(ひ)が
燃えているよな 滝桜
愛したあなたが 探した夢に
ついて行きたい 行かれない
老いた両親(ふたおや) 小さな姿が目に浮かぶ
あなたのいない 三春の空に陽(ひ)が落ちる

春まだ浅い 日暮れ時
飲んではしゃいで 酔いしれた
今では帰らぬ 思い出なのと
胸に聞かせて ひとり酒
相馬(そうま)ふるさと 一緒に暮らして欲しいのと
ひとこと言えず 陰で送った三春駅

運命(さだめ)と決めて 諦める
それも私の 愛だから
涙でかすんだ あの山の嶺(みね)
未練引くよに 風も泣く
いつか逢えると はかない希望(のぞみ)を秘めながら
一人の部屋に ふたつ並んだ三春駒
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:三春にひとり 歌手:まえみつこ

まえみつこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-05-16
商品番号:TKCA-91089
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP