思い出の小径

この曲の表示回数 789
歌手:

宮坂志乃


作詞:

内田薫


作曲:

内田薫


いつかあなたと 歩いた道は
南禅寺から銀閣寺までの 静かな小径
交わした言葉は 少なかったけれど
響く足音 はしゃぐように 重なりあっていたわ
お寺にあった 日記帳に書いた
「来年もまた二人で ここに来れますように
守ってください」と
今は昔… あなたと過ごした日々
少し思い出せば ほのかな風のかおり
二人の愛をたどる1ページ 浮かんでくるのです

小雨降る京都 ひとつの傘で
北大路から丸太町までは いつもの小径
秋の夕暮れは どこか寂しそうね
揺れる心を映すような 夕陽がきれいだった
街にひろがる 銀杏(いちょう)のじゅうたん
小さな花束にして 少し照れた様子で
私にくれました
今は昔… あなたと過ごした日々
少し思い出せば ほのかな風のかおり
二人の愛をたどる1ページ 浮かんでくるのです

二人の歩いてきた1ページ 大事な宝物
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:思い出の小径 歌手:宮坂志乃

宮坂志乃の新着情報

  • 雪蛍 / ♪あなた探しているように

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/02/26
商品番号:TKCA-91236
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP