同じ匂いがした

この曲の表示回数 3,592
歌手:

寺田恵子


作詞:

高柳恋


作曲:

小原礼


缶ビール手に親指たてて停めた
トラックの荷台に揺られながら旅をした
知ってるだけジョーク集め
荷物なんてポケットの中 ルージュひとつ

暗い夜が来てふたり星空の下
噛むようなキス やがて下着を脱いだね
同じ汗の匂いがした
不安なんてかけらさえもなかったのに

煙草に火をつけて窓辺に頬杖
遠くを見ていた 遠くを

あんな近くで見つめてた横顔も
想い出せなくて思わず吹き出したくなった
今はどんな可愛い娘が
あの背中で夢を見るの 何色かしら

煙草のけむりが空まで流れた
あの日に小さなため息ついた
煙草に火をつけて窓辺に頬杖
遠くを見ていた 遠くを
煙草のけむりが空まで流れた
遠くを見つめてさよなら告げた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:同じ匂いがした 歌手:寺田恵子

寺田恵子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-04-21
商品番号:BVCR-661
BMGビクター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP