試聴する

僕の気持ちは迷子のままで

この曲の表示回数 5,412
歌手:

稲垣潤一


作詞:

ゆき


作曲:

岸正之


電話ベルに期待して いったい
どれほどの時がたったのだろう
街の人ごみの中にきみのすがたを探してしまうのは
きみがいなくなってから

もっとそばにいてよ
きっとかわらずに
生まれては、死んでく
僕の気持ちは迷子のまま

街の中で偶然みたきみの顔
なつかしさ覚え 信じた運命
思い出のラバー 小さくなってゆく
消えないでほしいよ 僕にくれたぬくもり

もっと時が流れ
きみが僕にあって
瞳のつよさやまわりの空気だけで わかるの?
きっと忘れないよ ほほにかかる涙
なぜだろう どうして楽しかった思い出が痛いの?

どこまでもすぎてく時は無限に
お願いだよ 幸せにきれいになっていって

そばに 僕のそばにいてよ
ずっと抱きしめて
生まれては、死んでく
僕の気持ちは迷子のまま

遠くへいって
手紙もつかない
生まれては、死んでく
僕の気持ちは迷子のままで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:僕の気持ちは迷子のままで 歌手:稲垣潤一

稲垣潤一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-06-21
商品番号:TECN-30611
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP