試聴する

246:3AM

この曲の表示回数 3,603
歌手:

稲垣潤一


作詞:

湯川れい子


作曲:

松尾一彦


午前3時の カフェテリアは
誰も居ない ミッドナイト・ブルー
髪を染めた貴女と
戸まどう間もない出逢いの
語る言葉さがし
息をつめて見つめた

あれは確か19だったよね
西陽強いアパート
膝が抜けたジーンズひとつと
ギターと
愛に気付くひまもないほど
せっかちに求め合い
暮らしてた 短い夏
苦しいほど 想い出されて来たんだよ

こんな夜更けに
独りきりの
わけを聞いてみても
多分 僕と同じさ
横顔には夢の名残り
もしも深く問えば
傷つけてしまうだろう

テイク・アウトのビッザ受け取る
貴女はほんのわずか
頬を染めて恥じらうみたいに
僕を見た
そこだけ変らずに 大きな
目には涙溜めて
抱きかかえて
幸せかと
たずねたい想い かみしめてこらえてたよ

あれは夏の終り頃だね
汗ばむ愛のあとで
不意に醒めた想いを感じて
見つめ合い
やがて旅に出かけ それきり
なんとなしに別れて
痛みさえも 笑えたほど
鮮やかに若い 若すぎたふたりだったね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:246:3AM 歌手:稲垣潤一

稲垣潤一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-03-11
商品番号:UPCY-6456
UNIVERSAL J(P)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP