帰らざるビーチ

この曲の表示回数 2,302

金のビーズ散りばめた海
夕暮に染まる夏

素肌のままサンドレス着て
渚を一人歩く

南風 気持ちがいい
火照った身体に優しい

貴方に好きな人がいても
私かまわないわ
強がりじゃないのよ

左の胸は貴方だけに
ずっととってあった
夢も寂しさも埋めて


サンゴ礁の南海の島は
寂しさも絵になるわ

たとえば今貴方といれば
砂浜 シーツになる

いけないね♪危ないよね♪
一人で妖しくなってる

水着を着てた昼間よりも
今の方が熱い
困ってしまうほど

左の胸は貴方だけに
いつか触れて欲しい
愛と情熱を込めて


貴方に好きな人がいても
私かまわないわ
強がりじゃないのよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:帰らざるビーチ 歌手:かとうれいこ

かとうれいこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-11-21
商品番号:TECA-30345
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP