斉藤英夫作曲の歌詞一覧リスト  84曲中 1-84曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
84曲中 1-84曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
渡良瀬橋津吹みゆ津吹みゆ森高千里斉藤英夫渡良瀬橋で見る夕日を あなたはとても好きだったわ きれいなとこで育ったね ここに住みたいと言った 電車にゆられこの町まで あなたは会いに来てくれたわ 私は今もあの頃を 忘れられず生きてます  今でも 八雲神社へお参りすると あなたのこと祈るわ 願い事一つ叶うなら あの頃に戻りたい  床屋の角にポツンとある 公衆電話おぼえてますか きのう思わずかけたくて なんども受話器とったの  この間 渡良瀬川の河原に降りて ずっと流れ見てたわ 北風がとても冷たくて 風邪をひいちゃいました  誰のせいでもない あなたがこの街で 暮らせないことわかってたの なんども悩んだわ だけど私ここを 離れて暮らすこと出来ない  あなたが好きだと言ったこの街並みが 今日も暮れてゆきます 広い空と遠くの山々 二人で歩いた街 夕日がきれいな街
渡良瀬橋ハンバート ハンバートハンバート ハンバート森高千里斉藤英夫渡良瀬橋で見る夕日を あなたはとても好きだったわ きれいなとこで育ったね ここに住みたいと言った  電車にゆられこの街まで あなたは会いに来てくれたわ 私は今もあの頃を 忘れられず生きてます  今でも 八雲神社へお参りすると あなたのこと祈るわ 願い事一つ叶うなら あの頃に戻りたい  床屋の角にポツンとある 公衆電話おぼえてますか きのう思わずかけたくて なんども受話器とったの  この間 渡良瀬川の河原に降りて ずっと流れ見てたわ 北風がとても冷たくて 風邪をひいちゃいました  誰のせいでもない あなたがこの街で 暮らせないことわかってたの なんども悩んだわ だけど私ここを 離れて暮らすこと出来ない  あなたが好きだと言ったこの街並みが 今日も暮れてゆきます 広い空と遠くの山々 二人で歩いた街 夕日がきれいな街
私がオバさんになっても鈴木このみ鈴木このみ森高千里斉藤英夫秋が終れば冬が来る ほんとに早いわ 夏休みには二人して サイパンへ行ったわ 日焼けした肌まだ黒い 楽しい思い出 来年も又サイパンへ 泳ぎに行きたいわ  あなたは優しい人ね 私を抱きよせて ずっとこのままいようと KISSをした  私がオバさんになっても 泳ぎに連れてくの? 派手な水着はとてもムリよ 若い子には負けるわ 私がオバさんになっても 本当に変わらない? とても心配だわ あなたが 若い子が好きだから  そんな話はバカげてる あなたは言うけど 女ざかりは19だと あなたがいったのよ  だけど何くわぬ顔で 私を見つめて あれは冗談だったと KISSをした  私がオバさんになっても ディスコに連れてくの? ミニスカートはとてもムリよ 若い子には負けるわ 私がオバさんになっても ドライブしてくれる? オープンカーの屋根はずして かっこ良く走ってよ  私がオバさんになったら あなたはオジさんよ かっこいいことばかりいっても お腹が出てくるのよ 私がオバさんになっても 本当に変わらない? とても心配だわ あなたが 若い子が好きだから
渡良瀬橋城南海城南海森高千里斉藤英夫渡良瀬橋で見る夕日を あなたはとても好きだったわ きれいなとこで育ったね ここに住みたいと言った 電車にゆられこの街まで あなたは会いに来てくれたわ 私は今もあの頃を 忘れられず生きてます  今でも 八雲神社へお参りすると あなたのこと祈るわ 願い事一つ叶うなら あの頃に戻りたい  床屋の角にポツンとある 公衆電話おぼえてますか きのう思わずかけたくて なんども受話器とったの  この間 渡良瀬川の河原に降りて ずっと流れ見てたわ 北風がとても冷たくて 風邪をひいちゃいました  誰のせいでもない あなたがこの街で 暮らせないことわかってたの なんども悩んだわ だけど私ここを 離れて暮らすこと出来ない  あなたが好きだと言ったこの街並みが 今日も暮れてゆきます 広い空と遠くの山々 二人で歩いた街 夕日がきれいな街
渡良瀬橋井上昌己井上昌己森高千里斉藤英夫渡良瀬橋で見る夕日を あなたはとても好きだったわ きれいなとこで育ったね ここに住みたいと言った 電車にゆられこの街まで あなたは会いに来てくれたわ 私は今もあの頃を 忘れられず生きてます  今でも 八雲神社へお参りすると あなたのこと祈るわ 願い事一つ叶うなら あの頃に戻りたい  床屋の角にポツンとある 公衆電話おぼえてますか きのう思わずかけたくて なんども受話器とったの  この間 渡良瀬川の河原に降りて ずっと流れ見てたわ 北風がとても冷たくて 風邪をひいちゃいました  誰のせいでもない あなたがこの街で 暮らせないことわかってたの なんども悩んだわ だけど私ここを 離れて暮らすこと出来ない  あなたが好きだと言ったこの街並みが 今日も暮れてゆきます 広い空と遠くの山々 二人で歩いた街 夕日がきれいな街
渡良瀬橋カサリンチュカサリンチュ森高千里斉藤英夫渡良瀬橋で見る夕日を あなたはとても好きだったわ きれいなとこで育ったね ここに住みたいと言った  電車にゆられこの街まで あなたは会いに来てくれたわ 私は今も あの頃を 忘れられず生きてます  今でも 八雲神社へお参りすると あなたのこと祈るわ 願い事 一つ叶うなら あの頃に戻りたい  床屋の角にポツンとある 公衆電話おぼえてますか きのう思わずかけたくて なんども受話器とったの  この間 渡良瀬川の河原に降りて ずっと流れ見てたわ 北風が とても冷たくて 風邪をひいちゃいました  誰のせいでもない あなたがこの街で 暮らせないことわかってたの なんども悩んだわ だけど私ここを 離れて暮らすこと出来ない  あなたが好きだと言ったこの街並みが 今日も暮れてゆきます 広い空と遠くの山々 二人で歩いた街 夕日がきれいな街
この街℃-ute℃-ute森高千里・セリフアレンジ:つんく斉藤英夫街のはずれの駅で あなたを見送ったのは 二年も前のことね 元気にしてるかな? この街も変わったわ あの海も埋めたてられ 砂浜もなくなった みんな思い出だわ  子どものころ遊んだ広場は 大きなビルが みんな消えてゆく 空に浮かぶ白い雲のように  でもこの街が好きよ 生まれた街だから 空はまだ青く広いわ 田んぼも この街が大好きよ のんびりしてるから 魚も安くて新鮮  卒業してみんなは この街を出て行くけど 方言を使わなく なるのはさみしいわ  古い校舎も建てかえられて 記念碑さえ みんな消えてゆく 空に浮かぶ白い雲のように  でもこの街が好きよ 育った街だから 星はまだ夜空いっぱい ほたるも この街が大好きよ きれいな朝焼けも このまま変わらないでいて  やっぱ良いなぁ。この景色。 毎日通った学校。友達とよくランチしたカフェ。 あの頃は大盛り食べてたっけ。 そんなみんなも、今はそれぞれの道を歩いてるんだね。 うん。私も、がんばんなきゃ。  でもこの街が好きよ 生まれた街だから 空はまだ青く広いわ 田んぼも この街が大好きよ のんびりしてるから 魚も安くて新鮮  あいつとか最近何してるのかな。オヤジっぽく太ってたりして… でも、会ったら離れてた時間とか関係なく、 あの頃に戻るんだろうな。 そういえば、校舎の隅に埋めたタイムカプセル 私なんて書いたっけ? 今見ると恥ずかしいんだろうな。この街 大好きだよ!
めぐり逢いD-51D-51吉田安英斉藤英夫琥珀の色が懐かしい空 心愛しい人へ続く空  あの日見つけた飛行機雲を 君は今でも覚えていますか  想い出に見とれたら都会の風に吹かれて 色褪せぬ想いがまた左の胸をたたく  めぐり逢いにゆくもう一度 君の住む町まで めぐり逢えたならもう二度と 君を離さない  人波の中切なくなると いるはずもない君を探したり  何一つ忘れずに覚えてるから恋しくて 温もりや笑う声、優しいシャツの香り  めぐり逢いにゆく何度でも 生まれ変わってもまた めぐり逢うたびに心は 君に恋をする  時流れ移りゆく季節達を 二人手を繋ぎ共に歩けたなら  めぐり逢いにゆくもう一度 君の住む町まで めぐり逢えたならもう二度と 君を離さない  ずっと離さない
私がオバさんになっても吉川友吉川友森高千里斉藤英夫秋が終われば冬が来る ほんとに早いわ 夏休みには二人して サイパンへ行ったわ 日焼けした肌まだ黒い 楽しい思い出 来年も又サイパンへ 泳ぎに行きたいわ  あなたは優しい人ね 私を抱きよせて ずっとこのままいようと KISSをした  私がオバさんになっても 泳ぎに連れてくの? 派手な水着はとてもムリよ 若い子には負けるわ 私がオバさんになっても 本当に変わらない? とても心配だわ あなたが 若い子が好きだから  そんな話はバカげてる あなたは言うけど 女ざかりは 19だと あなたがいったのよ  だけど何くわぬ顔で 私を見つめて あれは冗談だったと KISSをした  私がオバさんになっても ディスコに連れてくの? ミニスカートはとてもムリよ 若い子には負けるわ 私がオバさんになっても ドライブしてくれる? オープンカーの屋根はずして かっこよく走ってよ  私がオバさんになったら あなたはオジさんよ かっこいいことばかりいっても お腹がでてくるのよ 私がオバさんになっても 本当に変わらない? とても心配だわ あなたが 若い子が好きだから
私がオバさんになってもMEGMEG森高千里斉藤英夫秋が終われば 冬が来る ほんとに早いわ 夏休みには 二人して サイパンへ行ったわ  日焼けした肌 まだ黒い 楽しい思い出 来年も又 サイパンへ 泳ぎに行きたいわ  あなたは 優しい人ね 私を抱きよせて ずっと このままいようと KISSをした  私が オバさんになっても 泳ぎに連れてくの? 派手な水着は とてもムリよ 若い子には負けるわ  私が オバさんになっても 本当に変わらない? とても心配だわ あなたが 若い子が好きだから  そんな話は バカげてる あなたは言うけど 女ざかりは19だと あなたがいったのよ  だけど 何くわぬ顔で 私を見つめて あれは 冗談だったと KISSをした  私が オバさんになっても ディスコに連れてくの? ミニスカートは とてもムリよ 若い子には負けるわ  私が オバさんになっても ドライブしてくれる? オープンカーの屋根 はずして かっこよく走ってよ  私が オバさんになったら あなたはオジさんよ かっこいいことばかりいっても お腹がでてくるのよ  私が オバさんになっても 本当に変わらない? とても心配だわ あなたが 若い子が好きだから
私がオバさんになっても森高千里斉藤英夫秋が終れば冬が来る ほんとに早いわ 夏休みには二人して サイパンへ行ったわ 日焼けした肌まだ黒い 楽しい思い出 来年も又サイパンへ 泳ぎに行きたいわ  あなたは優しい人ね 私を抱きよせて ずっとこのままいようと KISSをした  私がオバさんになっても 泳ぎに連れてくの? 派手な水着はとてもムリよ 若い子には負けるわ 私がオバさんになっても 本当に変わらない? とても心配だわ あなたが 若い子が好きだから  そんな話はバカげてる あなたは言うけど 女ざかりは19だとあなたがいったのよ  だけど何くわぬ顔で 私を見つめて あれは冗談だったと KISSをした  私がオバさんになっても ディスコに連れてくの? ミニスカートはとてもムリよ 若い子には負けるわ 私がオバさんになっても ドライブしてくれる? オープンカーの屋根はずして かっこ良く走ってよ  私がオバさんになったら あなたはオジさんよ かっこいいことばかりいっても お腹が出てくるのよ 私がオバさんになっても 本当に変わらない? とても心配だわ あなたが 若い子が好きだから
二人は恋人Fairy StoryFairy Story森高千里斉藤英夫最近あなた 優しくないわ 私のこと もう飽きたの デートをしてても 気配りがないよ 何もかも 自分勝手のペース 出逢った頃の あなたはいつも 素敵だった 優しくて それが今はどう そっけない態度 こんなにも 変わってしまうなんて  泣きながら 私がすねると 慌てた顔して 急に優しくなるね しゃくだけど いつものその手にごまかされて つい 許してしまうの  “反省してる”口先ばっかり その言葉は 聞き飽きた あなたしだいなの 二人の仲は 嘘じゃなきゃ その証拠を見せてよ  思いきり不機嫌になると 困った顔して すぐに冗談を言う いい加減 私は本気で怒っているから 何しても 無駄だよ  “ほんとごめんね”と 真面目な顔して 頬にキスしてくれた しゃくだけど やっぱりあなたが好きだから今日も 許してしまうの
私がオバさんになっても辻希美辻希美森高千里斉藤英夫秋が終れば冬が来る ほんとに早いわ 夏休みには二人して サイパンへ行ったわ 日焼けした肌まだ黒い 楽しい思い出 来年も又サイパンへ 泳ぎに行きたいわ  あなたは優しい人ね 私を抱きよせて ずっとこのままいようと KISSをした  私がオバさんになっても 泳ぎに連れてくの? 派手な水着はとてもムリよ 若い子には負けるわ 私がオバさんになっても 本当に変わらない? とても心配だわ あなたが 若い子が好きだから  そんな話はバカげてる あなたは言うけど 女ざかりは 19だと あなたがいったのよ  だけど何くわぬ顔で 私を見つめて あれは冗談だったと KISSをした  私がオバさんになっても ディスコに連れてくの? ミニスカートはとてもムリよ 若い子には負けるわ 私がオバさんになっても ドライブしてくれる? オープンカーの屋根はずして かっこ良く走ってよ  私がオバさんになったら あなたはオジさんよ かっこいいことばかりいっても お腹が出てくるのよ 私がオバさんになっても 本当に変わらない? とても心配だわ あなたが 若い子が好きだから
渡良瀬橋松浦亜弥 duet with 森高千里松浦亜弥 duet with 森高千里森高千里斉藤英夫渡良瀬橋で見る夕日を あなたはとても好きだったわ きれいなとこで育ったね ここに住みたいと言った 電車にゆられこの街まで あなたは会いに来てくれたわ 私は今もあの頃を 忘れられず生きてます  今でも 八雲神社へお参りすると あなたのこと祈るわ 願い事一つ叶うなら あの頃に戻りたい  床屋の角にポツンとある 公衆電話おぼえてますか きのう思わずかけたくて なんども受話器とったの  この間 渡良瀬川の河原に降りて ずっと流れ見てたわ 北風がとても冷たくて 風邪をひいちゃいました  誰のせいでもない あなたがこの街で 暮らせないことわかってたの なんども悩んだわ だけど私ここを 離れて暮らすこと出来ない  あなたが好きだと言ったこの街並みが 今日も暮れてゆきます 広い空と遠くの山々 二人で歩いた街 夕日がきれいな街
フレンズ -君の記憶のなかの僕-牛島隆太牛島隆太森真帆斉藤英夫校庭を君と横切って 息切らして廊下を走る せかすようにチャイムの音が いつも背中 追いかけて来た  教室の窓を 振り返り見上げて 憶えておくから  どんな顔をして 残るんだろう 君の記憶のなかの僕は すこし不安で 迷いながら行くけど 今日までのことに ありがとう  負けたのがただ悔しくて 何も言わず帰る坂道 気まずさや すれ違いも「ごめんね」で ぜんぶほどけた  並んで座る最後の今日 胸に映ることは  今の笑い顔で 残せるかな 君の記憶のなかの僕を 手を伸ばして 夢にむかって行くけど 君に言うよ ありがとう  悲しい日の空や 負けそうな不安も 君と憶えたね つらかったあのとき 涙とまらなくても ひとりと感じなかった  どんな顔をして 残るんだろう 君の記憶のなかの僕は すこし不安で 迷いながら行くけど 今日までのことに ありがとう 君に言うよ ありがとう
私がオバさんになってもmisonomisono森高千里斉藤英夫秋が終われば冬が来る ほんとに早いわ 夏休みには二人して サイパンへ行ったわ 日焼けした肌まだ黒い 楽しい思い出 来年も又サイパンへ 泳ぎに行きたいわ  あなたは優しい人ね 私を抱きよせて ずっとこのままいようと KISSをした  私がオバさんになっても 泳ぎに連れてくの? 派手な水着はとてもムリよ 若い子には負けるわ 私がオバさんになっても 本当に変わらない? とても心配だわ あなたが 若い子が好きだから  そんな話はバカげてる あなたは言うけど 女ざかりは 19だと あなたがいったのよ  だけど何くわぬ顔で 私を見つめて あれは冗談だったと KISSをした  私がオバさんになっても ディスコに連れてくの? ミニスカートはとてもムリよ 若い子には負けるわ 私がオバさんになっても ドライブしてくれる? オープンカーの屋根はずして かっこよく走ってよ  私がオバさんになったら あなたはオジさんよ かっこいいことばかりいっても お腹が出てくるのよ 私がオバさんになっても 本当に変わらない? とても心配だわ あなたが 若い子が好きだから
私がオバさんになってもnavy&ivorynavy&ivory森高千里斉藤英夫秋が終れば冬が来る ほんとに早いわ 夏休みには二人して サイパンへ行ったわ 日焼けした肌まだ黒い 楽しい思い出 来年も又サイパンへ 泳ぎに行きたいわ  あなたは優しい人ね 私を抱きよせて ずっとこのままいようと KISSをした  私がオバさんになっても 泳ぎに連れてくの? 派手な水着はとてもムリよ 若い子には負けるわ 私がオバさんになっても 本当に変わらない? とても心配だわ あなたが 若い子が好きだから  そんな話はバカげてる あなたは言うけど 女ざかりは19だと あなたがいったのよ だけど何くわぬ顔で 私を見つめて あれは冗談だったと KISSをした  私がオバさんになっても ディスコに連れてくの? ミニスカートはとてもムリよ 若い子には負けるわ 私がオバさんになっても ドライブしてくれる? オープンカーの屋根はずして かっこ良く走ってよ  私がオバさんになったら あなたはオジさんよ かっこいいことばかりいっても お腹が出てくるのよ 私がオバさんになっても 本当に変わらない? とても心配だわ あなたが 若い子が好きだから
Start! Start! Start!でこぴんロケット(和泉亜子・柿崎美砂・椎名桜子・釘宮円)でこぴんロケット(和泉亜子・柿崎美砂・椎名桜子・釘宮円)森由里子斉藤英夫もうそれ以上 その感情 抑えちゃダメだよ そう迷っても 待ってても 始まらないから  とびきり熱い片想い 解き放て 今さ 明日じゃなく 思いっきり  Start! Start! Start! 飛ばそう 想いのロケット キミの心を空へ どっキューン!彼のもとへ 大丈夫!動いて どんな恋だって 初めはどっちかからのOne side片想いさ 勇気を出して  そうためらって 戸惑って ドキドキするけど もし泣いたって いつだって 明日は来るから  扉をいっぱい開いて 風の中 グッと正直に 顔を上げて  Start! Start! Start! 言っちゃえ 心の真ん中 キミはキミの魅力で どっキューン!告白して 絶対に 動けば 何かがはじまる 未来は加速してく All right! 私いつも 味方になるよ  思いっきり  Start! Start! Start! 飛ばそう 想いのロケット キミの心を空へ どっキューン!彼のもとへ 大丈夫!動いて どんな恋だって 初めはどっちかからのOne side片想いさ 勇気を出して
旅路~you're my buddy.~KinKi KidsKinKi Kids紅茉來鈴斉藤英夫あの時に あの場所で 僕ら 乗せた列車は静かに動きだして 気がつけば 此処までやって来た かけがえのない you're my buddy.  初めて逢った日は どことなく ぎこちない笑顔を 付き合わせて 言葉を探しても 見つからず ただカラ回る時間だけ過ぎた  まさかこんな関係に なるなんて あの日の僕らからは 想像なんてできず… 今となれば君の この距離が 僕にとっては なんかイイ感じ  あの時に あの日から きっと この旅路を歩んでくことだって 何もかも 全部決まってたんだ いついつまでも you're my buddy.  細く長く伸びた このレールは 僕らをどんな旅路へ 誘ってくんだろう 不安もあるけれど 君となら 乘り越えられる 自信があるんだ  あの時に あの場所で 僕ら 乗せた列車は静かに動きだして 気がつけば 此処までやって来た かけがえのない you're my buddy.  これからも いつまでも きっと この旅路は何処までも続く くじけそうな時は 僕が君の そばにいるから you're my buddy.  あの時に あの場所で 僕ら 乗せた列車は静かに動きだして 気がつけば 此処までやって来た 終わることない you're my buddy. you're my buddy. you're my buddy…
サンクチュアリ夏川りみ夏川りみ海老根祐子斉藤英夫涙を流しなさい 揺りかごの波に抱かれ 言葉を忘れなさい 空は青く眩しい  なくしたものから にじむ悲しみを 放ちに来たのでしょう 時のない島に くちづけるように 頬を寄せたなら 温もりは母のよう  西へ東へ 愛は続いてる ひとりをおそれないで 風よ光よ もっと 強くなれ 生まれ変わる人のために  明日へ昨日へ 心は旅して やがて生きる意味を知る 愛に傷つき 愛に生かされて 愛で包む人になれる  体に感じなさい ブーゲンビリアの情熱 心に浮かべなさい 睡蓮の静けさを  いつかは散るのに 燃える花の色 息を飲むほどでしょう 神の住む島は 声を上げ走る 子供たちもみな いのちで輝いてる  北へ南へ 夢は続いてる 信じて進めばいい 虹よ夕陽よ 道を誘って 自分の場所へ帰る人に  生きてゆくのは 終わりのない旅 疲れたらここへおいで 夢に破れて 夢に救われて 夢をあげる人になれる  明日へ昨日へ 心は旅して やがて生きる意味を知る 愛に傷つき 愛に生かされて 愛で包む人になろう 夢をあげる人になろう
メロディ相沢巧弥子相沢巧弥子相沢巧弥子・森真帆斉藤英夫昨日は泣き疲れ 眠りについていた ガラスに描いた夢 儚く割れていた  強さ隠す事と 負けたくない心 誰もが同じように 迷い踏み出せない  そんな時心の奥で 微かに聞こえるメロディ 絡まってた気持ちスルリと ほら解けてく素直になれる  誰のためでもなく 君の為だけじゃなく 言葉探してる それでも君 少しづつ笑えるのなら 明日の事なんて何も見えないけど ほんの少しだけ 大きく息吸い込んで 思い出せれば 本当の笑顔  “一人になりたい”と自分もごまかしていた 生意気な態度で 寂しさ紛らわす  そんな時ふと口唇で 奏で始めるメロディ 絡まってた気持ち スルリと ほら解けていく素直になれる  誰の為でもなく 君の為だけじゃなく 言葉探してる それでも君 少しづつ笑えるのなら その手が触れるほど すぐ側にいるから 気付いて欲しいよ 心の奥 呼び覚ます 溢れるメロディ 歌いつづけよう  心伝えて  いつか君がメロディ 口ずさむ姿を 見る事出来たら ずっとここを離れずに 心伝えて 歌い続ける
BLAST黒川芽以黒川芽以黒川芽以斉藤英夫全て嫌になっても どこかには必ず 出口があるはずだから 探そう… 今しかない。  「この世の終わりだ」なんて つぶやいて 逃げては いつも 迷ってる  キレイな花がたくさん ある中で 枯れた花しか 見えなかった 心の中の時計 動くのはいつ? いつからかずっと 止まっていたみたいなんだ  全て嫌になっても どこかには必ず 出口があるはずだから あきらめないでね…  全て嫌になっても どこかには必ず 出口があるはずだから 探そう… 今しかない。  涙があふれてる瞳で 星を見た いつもよりも キレイな空  ほんの小さなコトを 幸せに 今 感じるようになって 変わってきたみたいなんだ  全て嫌になっても どこかには必ず 出口があるはずだから あきらめないでね…  全て嫌になっても どこかには必ず 出口があるはずだから 探そう… 今しかない。  大切な人たちと 一緒にいられるコト それだけで心から 優しくなっていく 幸せを感じて…  全て嫌になっても どこかには必ず 出口があるはずだから あきらめないでね…  全て嫌になっても どこかには必ず 出口があるはずだから 探そう… 今しかない。
ザ・ストレス安倍なつみ安倍なつみ森高千里斉藤英夫ストレスが地球をだめにする  ストレスが… ストレスが…  たまるストレスがたまる まじめな私 たまるストレスがたまる ああぐちゃぐちゃよ  あれこれそれあいつ いらいらするわ 関係ないセリフ じょうだんじゃない  ストレスが地球をだめにする ストレスが女をだめにする ストレスが…  たまるストレスがたまる 素直な私 たまるストレスがたまる ああ止まらない  身動きとれなくて うんざりするわ このままじゃいけない 誰かたすけて  ストレスが地球をだめにする ストレスが女をだめにする ストレスが…  私いつもならば 忘れてしまうのに 急にキョロキョロして 今度だけは違うみたい  このままじゃ地球がだめになる ストレスが女をだめにする ストレスが男をだめにする ストレスがやる気をだめにする ストレスが…
女神たちの冒険中山美穂中山美穂松井五郎斉藤英夫Sugar Sugar Lady はじけて ここへおいで いますぐ Sugar Sugar Lady ほんとの きみに逢える Chanceだから  Metoroの階段は パンプスの革命(レボリューション) 一秒さきにある 夢を追いかけている  鏡の国から 盗んだ微笑み 誰かにあげたい  胸騒ぎする日に 選ぶ服はWhite 素直な気持ちだけ 感じあえる気がする  なくしたものより 素敵ななにかが かならずあるはず  Sugar Sugar Lady はじけて ここへおいで いますぐ Sugar Sugar Lady ほんとの きみに逢える Chanceだから  青い空 あふれる 光の粒子(つぶ) 手にとり 誰もまだ知らない 頬に女神のMake  ひとりではじめた 心の冒険 信じてあげたい  Sugar Sugar Lady はじけて ここへおいで いますぐ Sugar Sugar Lady まぶしい きみになれる Chanceだから  Sugar Sugar Lady はじけて ここへおいで いますぐ Sugar Sugar Lady ほんとの きみに逢える Chanceだから Chanceだから… Chanceだから…
渡良瀬橋(後藤Version)後藤真希後藤真希森高千里斉藤英夫渡良瀬橋で見る夕日を あなたはとても好きだったわ きれいなとこで育ったね ここに住みたいと言った 電車にゆられこの街まで あなたは会いに来てくれたわ 私は今もあの頃を 忘れられず生きてます  今でも 八雲神社へお参りすると あなたのこと祈るわ 願い事一つ叶うなら あの頃に戻りたい  床屋の角にポツンとある 公衆電話おぼえてますか きのう思わずかけたくて なんども受話器とったの  この間 渡良瀬川の河原に降りて ずっと流れ見てたわ 北風がとても冷たくて 風邪をひいちゃいました  誰のせいでもない あなたがこの街で 暮らせないことわかってたの なんども悩んだわ だけど私ここを 離れて暮らすこと出来ない  あなたが好きだと言ったこの街並みが 今日も暮れてゆきます 広い空と遠くの山々 二人で歩いた街 夕日がきれいな街
野原が丘の戦いのはらしんのすけ(矢島晶子)・みさえ(ならはしみき)のはらしんのすけ(矢島晶子)・みさえ(ならはしみき)小百合斉藤英夫お母さんて毎日 なんて大変なの 目が覚めた瞬間 戦いの始まり 敵の作戦見極め 先手を打つの 敵に弱みは絶対 見せたらいけない  もお いつまで寝てるの ねぼすけなんだから ほら 牛乳も飲んで 歯磨きはすんだの? もう バスの時間が 容赦なくせまる こら 早く着替えて えー! 今からウンチ?  ほんとにほんとに困っちゃう 見るも無残に砕かれる またまたまたまたやられた~ 朝の計画まるつぶれ  お母さんは昔 よく夢を見てたの 子育こそ人生で 一番の幸せ お日様の中お散歩 子犬とたわむれ そよ風の中お昼ね 鳥の子守唄  もお テレビ消しなさい お風呂に入りなさい こら シャンプーで遊ぶな お湯は無駄にしない もお ちゃんとふきなさい 床がビショビショでしょ きゃ~ すべるすべる(ガシャーン)“痛っ~”  ほんとにほんとに困っちゃう 敵は見事に格が上 またまたまたまたやられた~ 私の夢もこなごな  でもね! ほんとはほんとはこんな日々 悪くないなと思っちゃう ずっとずっとこんな事 続くといいなと思っちゃう  「ほらね 母ちゃん楽しませるのも 楽じゃないんだから~」 「こら~!! しんのすけ~!」
ずっと、憶えてる夏川りみ夏川りみ村野直球斉藤英夫つぼみが朽ちたよ 突然の雨に 少し咲きかけていた 涙は止まらず流れてくのに 雨はあがっていった 少し 少しずつ 時は過ぎるけど きみにできること 探せぬまま… ずっと、憶えている ずっと、憶えている あの日の空の色 風の匂いも みんな、憶えている 全部、憶えている いつか 話しかけた きみが見つけた夢も  一緒に歩いた この坂道を 今日も朝日が照らす ぼくにできるのは 雨を責めること… それとも許して 生きてくこと… ずっと、憶えている ずっと、憶えている 笑い顔も声も 刺さる痛みも ずっと、つながってる ずっと、愛している いつか 胸の中で 花が咲いてゆくまで…  ずっと、憶えている ずっと、憶えている あの日の空の色 風の匂いも みんな、憶えている 全部、憶えている いつか 話しかけた きみが見つけた夢も
解き放て!桑島法子桑島法子及川眠子斉藤英夫一筋の光を求め ひたすらどこまでも ただ彷徨う 闇の中を 悲しみに支配されてる 心を抱きしめて でも私は  あきらめに似た ため息をつきながら 傷つくことを恐れたくないよ いつも  Set me free now! さぁ解き放て すべて 時の彼方に 魂を縛るものを For my heart beat 自由を武器に きっと手に入れるのよ 信じる力を 夢を 生きてゆくために  胸の奥 叫んでみても 誰にも届かない そう言葉にしていかなきゃ 運命という名の鎖 手足をつながれて いまあなたは  自分の弱さ あいまいに嘆くけど 強くなろうとしなければ 変わらないよ  Set you free now! さぁ解き放て 熱い鼓動のままに あなたを邪魔するものを For your heart beat 思い出よりも もっと輝く未来で 誰より愛する人に めぐり逢うために  さぁ解き放て すべて 時の彼方に 魂を縛るものを For my heart beat 自由を武器に きっと手に入れるのよ 信じる力を 夢を 生きてゆくために
Against Wind芥川慈郎(うえだゆうじ)芥川慈郎(うえだゆうじ)柚木美祐斉藤英夫だけど frying high あの頃より身長は伸びたのに クヤシイね 今もいつも空は遠いまま  太陽に急かされて先走る heart 高ければ高いほど 何かが見えるんだ  blowing wind 始まりのストーリー 心にイメージして立つ 向かい風は強いほど 僕を魅きつける  いつも high touch この世界のしくみに立てつきながら チャンスにチャレンジしてなきゃ楽しくなんかない  時としてやっかいに夢はヘコむから 迷わずにとりあえず全速で走るよ  blowing wind とびきりステキな 僕のオリジナルを行こう 向かい風が強いほど 口笛を吹いて  blowing wind 始まりのストーリー 心にイメージして立つ 向かい風は強いほど 僕を魅きつける blowing wind とびきりステキな 僕のオリジナルを行こう 向かい風が強いほど 口笛を吹いて
Brandnew Days宍戸亮(楠田敏之)&鳳長太郎(浪川大輔)宍戸亮(楠田敏之)&鳳長太郎(浪川大輔)六ツ見純代斉藤英夫夕日に照らされた コートを見つめてた 悔しさが紅く染まる…  揺れてる背中から感じたプライドは 生き方を教えていた…  変わり続けてく時代(とき)の リズムに負けない 本当の強さを この手にするまで  風が吹き抜ける場所で 無限の扉が開く 誰もみんな迷いながら 答え求めてる (いつも) 君と走った季節は いつまでも色褪せない 目指す場所は果てなくても 探し続けよう Brandnew my days  孤独の毎日が 静かに溶けて行く 分け合った時の中で  あの日の約束も 鼓動とリンクして またココロ一つにする  同じ光りを求めて 導かれてる 確かに動きだした これからの未来へ  風が吹き抜ける場所で 感じた自由の翼 もっともっと高い場所へ 今なら行けるさ (きっと) ゆずれない日々の中を 僕等は飛び越えるだろう そしていつか辿り着ける 信じ続けよう Brandnew my days  風が吹き抜ける場所で 無限の扉が開く 誰もみんな迷いながら 答え求めてる (いつも) 君と走った季節は いつまでも色褪せない 目指す場所は果てなくても 探し続けよう Brandnew my days
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
失恋iyiyimiyiyimvivi斉藤英夫一人ぼっちの部屋で ひざを抱え泣いてる 小さくなれば痛みも 小さくなるような気がして 誰にも会いたくない 何も聞きたくないよ 涙でくしゃくしゃな顔 誰にも見せられないよ  あなたを失くして 泣いて泣いて 写真を破って 泣いて 声が枯れるほど 泣いて泣きじゃくって あなたを忘れたいよ  窓の外は晴れてて 憎たらしいくらいよ この部屋だけ昨日のまま あなたの思い出だらけ  真夜中でも「会いたい」と言えば すぐ会いに来てくれたね 息切らした 真っ赤な顔を 今も覚えてる  あなたを想って 泣いて泣いて 温もり辿って 泣いて 涙枯れるほど 泣いて泣きじゃくって あなたを 忘れたいよ  息が詰まるほど 泣いて泣いて 思い出に変わるまで 泣いて 涙と一緒に 全て流したいの あなたを 忘れるため あなたを 忘れるため
PinkYUAMUYUAMU森真帆斉藤英夫気付かないことが こんなにたくさんある 今日までの自分が なさけなく思えて悔しいくらい いつもねじれてる シートベルトを締めて ひじついて見てた 街からすべり出す東に向かい  張りつめた気持ちが まっすぐに向いていれば せつなさのぬくもり 始めて知った君がいると  いつも Pinkの涙が流れてる この胸の中を あふれてる 君がどこにいても だれと話しても いっしょにいたいよ そばにいて つないだ手から指先から 身体じゅうの想い 微熱つたわって 止められない  空の青ささえ 風の色 匂いも 感じようとすれば 数え切れないほどいくつも見える  だれも教えては くれない様な事ばかりを 逆恨みしていた 自分の両手で 見つけられる  いまも Pinkの涙が流れてる この胸の中を あふれてる 君のかかとの跡 いつも目で追っている いっしょにいたいよ そばにいて 笑ったり泣いてケンカしても 朝も昼も夜も 今も明日からも 見つめていて  Pinkの涙が流れてる この胸の中を あふれてる 君がどこにいても だれと話しても いっしょにいたいよ そばにいて つないだ手から指先から 身体じゅうの想い 微熱つたわって 止められない
見つけたサイフ森高千里森高千里森高千里斉藤英夫昔の話だけれど 小学生の時に 友達と塾の帰り サイフを見つけたのよ  私が見つけて サイフと叫んだ 気付いた友達 すかさず拾った  警察にすぐ 届けたのよ だけども 警察では 拾った人は誰と 冷たく 聞いてきたの  見つけたのは私です だけども拾ったのは ここにいる友達です すると警察官は  それじゃ友達の 住所を書きなさい 半年経っても 落した人から  連絡がない時はすぐに おうちに 知らせるから そしたら このお金は 拾った人のものに  なるからね それでは もう帰っていいよと 私の顔を見て どうもごくろうさんと 言った  私は無口になって 友達もそのことは 何もいってくれないし 気まずくさよならした  半年が過ぎて 急に友達が 私のうちまで 息切らして来た  お金貰って きたよと手に 2千円握ってたの 半分あげるからと 千円ちゃんとくれた ほんとにいい友達 ごめんね 疑ってて やっぱりいい友達 あの子は いい友達
のぞかないで森高千里森高千里森高千里斉藤英夫何を考えているの 信じられないわ あれだけ言われてもまだ わからない奴ね  何様のつもりよ 普通じゃ考えられない 変態 世の中のルールを 無視しているのよあんたは 変態 立場利用して弱い者いじめは 卑怯ものだわ インテリぶってそんなことするのが ほんとのワルだわ  のぞかないでよドスケベ それじゃチカンと同じよ いつか必ずバチがあたる 見ていろ のぞかせないわ意地でも 力なんかはないけど いつか仕返ししてやるから 見ていろ  二度とはしないよと 口先だけね馬鹿にして 変態 約束破っても 平気でいるその態度よ 変態 まな板の上の こいにしているつもりでしょうけどね 料理もまともに出来ないくせして プロづらするなよ  のぞかないでよドスケベ 名前言わないだけでも ありがたいと思えこのやろ おまえだ のぞかせないわ意地でも 死んでもおまえだけには 女の気持ち踏みにじって あやまれ  のぞかないでよドスケベ それじゃチカンと同じよ いつか必ずバチがあたる 見ていろ のぞかせないわ意地でも 力なんかはないけど いつか仕返ししてやるから 見ていろ
引き裂かないで二人を森高千里森高千里森高千里斉藤英夫うるさいわやめてよ 父親づらして 彼がなにをしたの 文句ばかり  みかけより誠実 私を大事にしてくれる 見ぬけないの それでも親なの  引き裂かないで 二人を 彼をもっとよく見て 引き裂かないで 二人を 誤解してるわ  どうしても二人を 理解できないの 私達特別 むずかしいの  どんな訳があるの 私はしっかりしてるわよ 信じないの それでも親なの  引き裂かないで 二人を 迷惑かけてないわ 引き裂かないで 二人を きずつけている 引き裂かないで 二人を 彼をもっとよく見て 引き裂かないで 二人を 誤解してるわ  友達かんかくの パパはどうしたの まるで別の人ね とてもつらい  一度でも私は うらぎったことなんてないわよ 見守ってよ 私のパパでしょ  引き裂かないで 二人を 離れたくないのよ 引き裂かないで 二人を みつめてほしい 引き裂かないで 二人を 私とても幸せ 引き裂かないで 二人を わかってほしい
あるOLの青春~A子の場合~(森高コネクション)森高千里森高千里森高千里斉藤英夫夏が終われば 秋が来る ほんとに早いわ 春休みには 友達と 香港へ行ったの 中華料理が おいしいの 昨日のようだわ あこがれている ロンドンは 当分おあずけね  彼がいれば今頃は 日焼けした肌で 夏を思い出してるわ だけどああ  ひとりぼっちの夏休みは 部屋でファミコンして ためいきばかりついていたわ 情けないわほんとに ひとりぼっちの夏休みは 損した気分だわ 貯金でもまた始めるかな お金も無くなったし  あれから私 1人きり 考えてみたの 彼とやっぱり 別れたの 失敗みたいだわ  ドライブも行ってないし クリスマスもある これじゃ思いやられるわ 冬休み  ひとりぼっちの週末には ちょっとオシャレをして 暇な友達に電話して 飲みになんか行くのよ ひとりぼっちの休日には お昼まで寝ていて それからパジャマでテレビ見て 夜はビデオを見るの  ひとりぼっちのこんな時は 習い事でもして 自分を磨くんでしょうけど 私には無理みたい ひとりぼっちの休日はもう そろそろうんざりよ ねるとんにでも出てみようかな 私は真剣なの
テリヤキ・バーガー森高千里森高千里森高千里斉藤英夫勉強はしてないんでしょ 見ればわかるわ 世界史ぐらいやらなきゃ 後で恥かくわ 音楽だけなんでしょう 自慢できるの でも中途半端よりも 私は好きだわ  君は実力派よ いつかスターになるわ 一曲やってよかっこいいやつ  アメリカ イギリス 関係ないわよ 夢をもつのよ 世界制覇よ 英語も 何語も関係ないわよ すごいところを見せてやりなよ  私は出来ないけれど 才能あれば 世界なんか恐くない そこまできてるわ  21世紀には 運が向いてくるはず 一曲やってよかっこいいやつ  ロックも ヘチマも 関係ないわよ 夢をもつのよ世界制覇よ 男も女も 関係ないわよ みんな注目させてやりなよ  アメリカ イギリス 関係ないわよ 夢をもつのよ世界制覇よ 英語も 何語も関係ないわよ すごいところを見せてやりなよ  ロックも ヘチマも 関係ないわよ 夢をもつのよ世界制覇よ 男も女も 関係ないわよ みんな注目させてやりなよ
大冒険森高千里森高千里森高千里斉藤英夫次から次へ 凝りもしないで来るわ のんびり休む暇もないのね 私 まるで大冒険 向こうは 敵ばかり 油断するとやられちゃうわ  右も左も前も後ろも 危険 気付かないまま 生きてる奴もいるわ まるで大冒険 後へは戻れない 覚悟をきめやるしかない  ドットつかれる うんざりしているのよ ヘコたれそうよ 早く終わりたい すごい所ね ジャングルの中みたい 腹をすかした 奴がいつも ゴロゴロしてる  夜もおちおち 眠れないわねこれじゃ あの手この手と作戦を立てなくちゃ 一度使った手は 二度と通じないわ 運がなくちゃやられちゃうわ  ドットつかれる こんなことしていたら ヘコたれそうよ 早く終わりたい 007あなたなら どうするの 秘密兵器を使うでしょう かっこいいわね  まるで大冒険 後へは戻れない 覚悟をきめやるしかない ドットつかれる こんなことしていたら ヘコたれそうよ 早く終わりたい  インディージョーンズ あなたなら どうするの 長いあのムチ 使うでしょう 気持ちいいわね  ヘコたれそうよ
この街森高千里森高千里森高千里斉藤英夫街のはずれの駅で あなたを見送ったのは 二年も前のことね 元気にしてるかな? この街も変わったわ あの海も埋めたてられ 砂浜もなくなった みんな思い出だわ  子供のころ遊んだ広場は 大きなビルが みんな消えてゆく 空に浮かぶ白い雲のように  でもこの街が好きよ 生まれた街だから 空はまだ青く広いわ 田んぼも この街が大好きよ のんびりしてるから 魚も安くて新鮮  卒業してみんなは この街を出て行くけど 方言を使わなく なるのはさびしいわ  古い校舎も建てかえられて 記念碑さえ みんな消えてゆく 空に浮かぶ白い雲のように  でもこの街が好きよ 育った街だから 星はまだ夜空いっぱい ほたるも この街が大好きよ きれいな泊(とまり)川 このまま変わらないでいて  でもこの街が好きよ 生まれた街だから 空はまだ青く広いわ 田んぼも この街が大好きよ のんびりしてるから 魚も安くて新鮮
ザ・ミーハー(スペシャル・ミーハー・ミックス)森高千里森高千里森高千里斉藤英夫お嬢様じゃないの わたしただのミーハー! だからすごくカルイ 心配しないでね お嬢様じゃないの わたしただのミーハー! 若いうちがはなよ 普通の恋 つまらないだけよ!  アイツはもう ここには来ないよと やさしい声 かけてくれるけれど どいつもこいつもだめ なぐさめなんて いらないわ わたしがふられたこと 気にしすぎているのよ  アイツのこと 悪者にしないで 終わった恋 わかっているけれど わたしも似たようなもの なぐさめなんて いらないわ わたしのことを 誰も 勘違いしているの  きみは大胆で あなたはマメ べつにそれはそれ 興味がないの  お嬢様じゃないの わたしただのミーハー! だからすごくカルイ 心配しないでね お嬢様じゃないの わたしただのミーハー! 若いうちがはなよ 普通の恋 つまらない  お嬢様じゃないの わたしただのミーハー! 若いうちがはなよ 普通の恋 つまらないだけよ!  お嬢様じゃないの わたしただのミーハー! だからすごくカルイ 心配しないでね お嬢様じゃないの わたしただのミーハー! 若いうちがはなよ 普通の恋 つまらないだけよ!
渡良瀬橋城之内早苗城之内早苗森高千里斉藤英夫渡良瀬橋で見る夕日を あなたはとても好きだったわ きれいなとこで育ったね ここに住みたいと言った 電車にゆられこの街まで あなたは会いに来てくれたわ 私は今もあの頃を 忘れられず生きてます  今でも 八雲神社へお参りすると あなたのこと祈るわ 願い事一つ叶うなら あの頃に戻りたい  床屋の角にポツンとある 公衆電話おぼえてますか きのう思わずかけたくて なんども受話器とったの  この間 渡良瀬川の河原に降りて ずっと流れ見てたわ 北風がとても冷たくて 風邪をひいちゃいました  誰のせいでもない あなたがこの街で 暮らせないことわかってたの なんども悩んだわ だけど私ここを 離れて暮らすこと出来ない  あなたが好きだと言ったこの街並みが 今日も暮れてゆきます 広い空と遠くの山々 二人で歩いた街 夕日がきれいな街
幸せになります城之内早苗城之内早苗森高千里斉藤英夫こんな夜更けに電話をして  驚いたでしょ 久しぶりだから すぐに切るわね ごめんなさい 声聞きたかっただけ  半年ぶりのあなたの声 迷惑そうな顔が見えるよう だけどあなたは昔のまま 名前呼んでくれた  うれしかった あなたのその優しさ あの時のままね やっと私お嫁にゆけそうだわ すべてを忘れて  あなたのいない遠い街で 幸せになります  夜も眠れず悩んだけど 戻れない恋 すがって生きても 幸せなんて帰ってこない 捨てられた女に  元気でいて もう電話を切るから ほんとにありがとう ごめんなさい ないたりして バカよね 笑ってください  明日名字が変わるけれど 幸せになれます  うれしかった あなたのその優しさ あの頃のままね ごめんなさい もう泣いていないから 電話を切るわね  あなたのいない遠い街で 幸せになります 幸せになれます 
私の夏森高千里森高千里森高千里斉藤英夫どこかへ行きたいな 今年も この間彼とは 別れたけど こうなりゃ友達を 誘って 意地でも休暇を 満喫してやろう  今あの娘(こ)も彼がいないから 今年は ふたりで仲良く出かけよう  決めた きれいな海を見ながら 一日中寝ていよう 色気も忘れて 太陽の下で ゴロゴロしよう  この際オシャレは 無視して ホテルと食事で 贅沢しよう ふたりで思いきり リゾート 朝から晩まで ビーチで過ごそう  わずらわしい恋人同志より 気楽な友達 気兼ねはいらない  決めた 沖縄の海にしよう 一番落ち着けそうだね 郷土料理は 私詳しいから 任せていてよ  きれいな海を見ながら おいしいものを食べよう 冷たいドリンク 白い珊瑚礁 のんびりしたい  きれいな海を 見ながら 素敵な出会いがあれば もう言うことないわ いけない余計な 気を起こしそう
Memories森高千里森高千里森高千里斉藤英夫少しだけ 淋しいこんな夜は あの頃 思いだしたくなるから そっとアルバムを開く 笑っている 私や友達が いつでも 話しかけてくれそうで そっとページをめくるの  Memories 誰でも 悲しい夜を知ってる だから Memories 涙を 流した夜もいつかは 思い出  卒業式で 一枚だけ一緒に 写った 大好きだったあなたは 今も私に微笑む  Memories 誰でも 愛したことは忘れない だから Memories 涙を 流した恋もいつかは 思い出  Memories 誰でも 悲しい夜を知ってる だから Memories 涙を 流した夜もいつかは Memories 誰でも 愛したことは忘れない だから Memories 涙を 流した恋もいつかは 思い出
さよなら私の恋森高千里森高千里森高千里斉藤英夫あなたの手紙が今日 突然届いたわ 驚いたよ 結婚するの 写真の人とっても美人で素敵だね 心からおめでとう言うわ  早いわね いつのまにか一年になるんだね 泣いた夜 まるできのうのよう  さよなら私の恋 一番愛した人 何も言えないけれども 今夜返事書くよ さよなら叶わぬ恋 一番遠くの人 今夜だけは思いきり泣くわ  だから明日は忘れさせて  好きな人出来たなら私に知らせると 約束守ってくれたのね  その人は幸せだよ あなたに愛されてる 私よりずっと 愛されてる  さよなら私の恋 一番愛した人 みんな消えて無くなってしまう 夜の闇に さよなら叶わぬ恋 一番遠くの人 つらい毎日も今夜限り  きっと明日は忘れられる  さよなら私の恋 一番愛した人 みんな消えて無くなってしまう 夜の闇に さよなら叶わぬ恋 一番遠くの人 つらい毎日も今夜限り  きっと明日は忘れられる
ごきげんな朝森高千里森高千里森高千里斉藤英夫今日は初めてのデートよ とても天気がいいわ なかなか眠れなかったの 眠い お昼の待ち合わせだけど 早く起きてしまった たまには布団でも干そう 重い  お母さん朝食は 私が作るから お父さんの好み わかってるわまかせてよ  さつまいものみそ汁 そしてニラ玉 後はきのうの残り お母さんは休んでいてね そんな顔して 驚いたのね 今朝は特別だから 次はあてにしないでちょうだい  さわやかな風が吹いてる 特別な日曜日 ウキウキするこの気持ちが 好きよ  着てくもの決めなきゃ きのう迷いすぎて 沢山ならべたの 彼は何が好みかな  スカートにしようかな Gパンもいい ジャケットにしようかな これとあれとあれと迷うわ あとは香水 これがポイント センスのいい彼だから 難しいわオシャレするのもね  彼は車かしら すごく楽しみだわ 早く乗ってみたい 今日はきっとドライブね  あと1時間したら 彼とデートね 胸がドキドキしてる こんな気持ち久しぶりだわ じゃあいってきます 遅くなるから 夕食はいらないわ 友達と映画観てくるから
彼女森高千里森高千里森高千里斉藤英夫急がないと 彼女は1人で荷物をまとめ 時計を気にしながら 部屋を飛び出す  飛行機に間に合わないわ 彼が住む函館 週末の2日だけでも 彼女は会いに行くの  彼の家は厳しすぎて 2人を認めない 少しでも会える時には 飛行機に飛び乗るの お金がかかる恋愛だわ  急がないと ほんとに遅れる タクシーとばし 彼女は愛の為に命をかける  彼女は少し疲れてる 遠すぎる函館 彼はまだ学生だから 何かと頼られるの  親の目を盗んでいつも 会っていた2人は 2万円ずつ出しあって アパートまで借りたの お金がかかる恋愛だわ  急がないと 彼女は1人で誰にもいわず 何かを見つめたまま タクシーとばす  急がないと 彼女は…  急がないと  急がないと  彼女は幸せなの こんなに夢中になるなんて 悩みがあるとすれば お金ばかりなくなる  急がないと ほんとに遅れる タクシーとばし 彼女は愛の為に命をかける  急がないと 彼女は1人で誰にもいわず 孤独な街から今 空へ飛び立つ
ギター森高千里森高千里森高千里斉藤英夫いつも聴かせてくれた あのフレーズを 今も忘れられないのよ とても不思議 ギターの音嫌いだった あの頃私 それなのに 別れた後で 何もかも 好きになるなんて いつもあなたはギターを 練習してた 私よりもギターのこと 夢中だった デートしてる時もあなた 楽器屋めぐり 髪の毛を 肩までのばし ディスコにも 行かなかったわね もっと私は 2人だけで いろんなとこ 一緒に 行きたかったわ  あんなに嫌いだった ギターを私 始めたのよ驚くわね 今度会ったら もう退屈させないわよ 同じ趣味だわ もう1度 あなたのそばで 聴きたいの あの曲のフレーズを かなうなら 私のギターで 聴かせたい あのラブソングを
勉強の歌森高千里森高千里森高千里斉藤英夫テストさえ無かったなら 学校は楽しいとこ 勉強はきらいだった 私 毎日授業中には 窓の外眺めていた 夢ばかりみていたのよ 私  でも英語だけでも まじめにしておけば 今頃私は かっこいい国際人  勉強はしないよりも しておいたほうがいいわ 一つでも 得意なもの あるはず 勉強は出来るうちに しておいたほうがいいわ 後になって 気付いたって 遅いわ  遊んでばかりいたのよ それはそれで楽しかった 真黒に日焼けしてた 私  でも歴史だけでも まじめにしておけば 今頃私は ちょっとした文化人  勉強はしないよりも しておいたほうがいいわ 一つでも 得意なもの あるはず 勉強は出来るうちに しておいたほうがいいわ 後になって 気付いたって 遅いわ  しゃくだけど 勉強には にんじんと同じくらい 栄養があるみたいよ 食べなきゃ 勉強は出来るうちに しておいたほうがいいわ 後になって 気付いたって 遅いわ
青春森高千里森高千里森高千里斉藤英夫最近はCD聴いたり 原付乗りまわしたり けっこう元気でやってるわ お気に入りはプリプリよ あなたは笑うでしょうね 俺の趣味じゃないねと  別れた日 つい あんなに泣いちゃって ごめんね あなた困ったでしょ  淋しくても つらくても 私だいじょうぶ 友達もたくさん 出来たから 誘われてる スキーにも 行くことにしたわ これからが ほんとの 私の青春かな  バイトも始めてみたの 車の免許もとるわ けっこう忙くなりそう 車は外車にするわ あなたと同じだけれど 安い中古でいいの  時々はまだ 思い出しそうよ それでも 電話なんてしない  淋しくても つらくても 私頑張るわ たくさんすること 増えたから 来週には ほしかったパソコンも買うわ これからがほんとの 私の青春かな  淋しくても つらくても 頑張っていける 友達もたくさん出来たから 春休みは あこがれの ロンドンへ行くわ これからが ほんとの 私の青春だわ
コンサートの夜森高千里森高千里森高千里斉藤英夫星空が広がっていた あの夜は  卒業式の帰り みんなで行った コンサート今でも 大切な思い出 汗をかいて歌った 大好きな歌 何もかも忘れて 夢中で踊ったわ  だけど なぜか淋しくて 帰りたくなくて 声がかれるまで 歌い続けた 友達のことや これからのことを 心の中で かみしめていた あの夜は  北風がまだ冷たくて 見上げれば 星空が広がっていた あの夜は  今日で卒業したね 制服がもう 着れないと思うと やっぱり淋しいわ とても楽しかったね また来ようねと パンフレット片手に 約束を交わした  そして 北風の中を みんなで一緒に 歌を歌って 夜道歩いた あの夜は  ステージの照明が目に 焼きついて いつまでも消えなかったの あの夜は  みんなで見上げた 北斗七星が どんな夜より 輝いていた忘れない  ずっとこのままでいたくて 星空に アンコールを送っていた あの夜は
臭いものにはフタをしろ!!森高千里森高千里森高千里斉藤英夫ある日突然知らない男が 私を呼びとめて いいかロックン・ロールを知らなきゃ もぐりと呼ばれるゼ オレは10回ストーンズ見に行ったゼ  あんた一体なにがいいたいの 私をバカにして そんないい方平気でしてると おじさんと呼ぶわよ 私はロックはダメなのストレートよ  話したいのわかるけど おじさん 昔話は苦手 本でも書いたらおじさん  腰をフリフリ歌って踊れば みんな忘れちゃうわ 理屈ばかりじゃお腹がでるわよ 誰かさんみたいに 私もぐりでいいのよ 好きにするわ  あとは私にまかせてよ おじさん 昔話は苦手 本でも書いたらおじさん  腰をフリフリ歌って踊れば みんな忘れちゃうわ あんた知ってるだけじゃだめなのよ 身体使わなくちゃ ほんと理屈は得意だね ねぇおじさん  私もぐりでいいのよ ねぇおじさん  これがロックン・ロールよ ねぇおじさん
休みの午後森高千里森高千里森高千里斉藤英夫休みの午後久しぶりに 手紙でも書いてみようかな きのうあの娘から届いた ハガキの返事を書こう 今は遠い空の下で 一人暮らしは大変ね 今日は青い秋の空が 窓からよく見えるよ  元気でいるかな 懐かしいな 二人で遊んだ頃 どんなに遠く離れていても いつまでも友達だよね  あなたによく話していた あの彼(ひと)を覚えてるでしょ 彼も今はどこか遠くで 働いてるらしいよ  元気でいるかな 懐かしいな あの頃は好きだった いつか二人年をとって ゆっくりと話してみたいな 元気でいるよね ねぇみんな どこかの空の下で どんなにつらくてもきっと 頑張って生きてるんだね  元気でいるかな 懐かしいな 私は変わらないよ どんなに遠く離れても いつまでも友達でいよう 元気でいるよね ねぇみんな どこかの空の下で どんなにつらくてもきっと 頑張って生きてくんだね ラララ…
太陽は知っている杉山清貴杉山清貴杉山清貴斉藤英夫いつまでも同じ夢を どこまでも追い続けて 手に入れたはずの 愛をこわさぬ様に 太陽に手が届く 季節に出会えたら もう一度君に 伝えたい  心の扉の カギを手にした 君は夏の風だけ 受け止めて さっきから僕は 笑顔のままで 心に落ちる夕陽 ながめてる 知らぬ間に流れた 時間(とき)の中で君は 新しく強く 生まれ変わり 輝いている いつまでも同じ夢を どこまでも追い続けて 大切にしたい愛がいまここにある 太陽に手が届く 季節に出会えたら もう一度 君に伝えたい  二人が残した 夏の名残を 風が拾い集めて 飛ばしてく またひとつ大人になる為に流した 涙のかけらを胸の中で消してしまおう いつまでも同じ夢を どこまでも追い続けて 手に入れたはずの 愛をこわさぬ様に 太陽に手が届く 季節に出会えたら もう一度 君に伝えたい  いつまでも同じ夢を どこまでも追い続けて 大切にしたい 愛がいまここにある 太陽に手が届く 季節に出会えたら もう一度 君に伝えたい
DO-して桜っ子クラブさくら組桜っ子クラブさくら組西脇唯斉藤英夫なんだかとってもさみしくなるのどうして? なんだかとってもいらいらするのどうして? なんだかとってもおなかがすくのどうして? 君がいないだけでハートのおさら からっぽさ  たまねぎむいてくと なくなっちゃうね ピーマンの身はどこに あるの? 野菜をたべなきゃ 強くなれない 乾電池じゃ動けない 不思議さ人間  愛は不思議 次から次にほしくなる 甘い日もある からい日もある だけど大好きさ  なんだかとってもうれしくなるのどうして? なんだかとってもどきどきするのどうして? なんだかとってものどがかわくのどうして? 君と話してるとハートのおさら いっぱいさ  イクラはサケの子 タラコタラの子 ちりめんジャコは何になるの? 牛乳飲まなきゃ 大きくなれない そのうち顔が牛に なっちゃう気がする  愛は不思議 知らないうちにふえてゆく あつい日もある にがい日もある だけど大好きさ  早いもの勝ち さめないうちにもっと手をだして…  桜の木になる サクランボたち うめぼしは梅の木になるの? フルーツビタミン 元気になるよ いちごミカンももキウイ 風邪にはリンゴさ  愛は不思議 次から次にほしくなる 甘い日もある からい日もある だけど大好きさ 大好きさ 大好きさ
忘れ物森高千里森高千里森高千里斉藤英夫これは大変 これは大変 ほんと大変 マジで大変 今家に着いて気づいたの どこかに手帳忘れてきた これは大変なことだわ 冷静にならなきゃ 会社を出る時は確かに バッグの中に 入れたはずよ そうだ彼と待ち合わせた お店で開いたわ その時確か手に取り 彼が来るまでの間 仕事のことを メモしてたから それからバッグに しまったか それとも テーブルに置いたか そのへんの記憶がどうも 定かじゃないのよね  やっぱり これは大変 これは大変 ほんと大変 マジで大変 人に見られたらどうしよう すぐにあの店に電話しよう ちゃんととって くれてるかな ほんと祈る気持ち 電話がつながらないよ もう閉店したのかな お願い電話に出て下さい これでは 夜も眠れない  今日は眠れない ほんと眠れない マジで眠れない あのもしもし そこに手帳が そう小さな あ、 ありますか 明日の午後 取りに行きます 助かります ああ良かった やっぱうれしい これはうれしい ほんとうれしい ほんとついてる
月曜日の朝内田有紀内田有紀森真帆斉藤英夫時計の針 一秒も狂わずに ベルの音が ベッドから 叩き出す カーテンを開いて イタイほどきれいな 青い空を片目あけ 見上げるよ  しまい込んだ 自転車を出してきて 人波とは 反対にペダル踏む 月曜日の朝は むかしから きらい 少し ユウツ 抱きしめて目が醒める  恋を失くして しゃがみ込み 泣いていた 時間(とき)は もう過ぎ 未来(あした)は ずっと 止まったりしないからね  仲間たちと 約束も ない日には おしゃれしても つまらない 素顔でね  紅茶を すすりながら 鏡 見つめ魔法で “ほらね早く! 元気だせ! かわいいよ”  どんな朝にも 叶わない 笑顔見せ ウインクしてみて 不思議な 呪文 自分で見つけた  そう、何もいい事なくて 大切な 夢が しぼんでも まだ だいじょうぶ この次は うまくいくよ  ひとりの時間 心を 育てている そんな気がする 前よりずっと 自分が好きになった
二人は恋人森高千里森高千里森高千里斉藤英夫最近あなた 優しくないわ 私のこと もう飽きたの デートをしてても 気配りがないよ 何もかも 自分勝手のペース  出逢った頃の あなたはいつも 素敵だった 優しくて それが今はどう そっけない態度 こんなにも 変わってしまうなんて  泣きながら 私がすねると 慌てた顔して 急に優しくなるのね しゃくだけど いつもその手にごまかされて つい 許してしまうの  「反省してる」口先ばっかり その言葉は 聞き飽きた あなたしだいなの 二人の仲は 嘘じゃなきゃ その証拠を見せてよ  思いきり不機嫌になると 困った顔して すぐに冗談を言う いい加減 私は本気で怒っているから 何しても 無駄だよ  「ほんとにごめんね」と 真面目な顔して 頬にキスしてくれた しゃくだけど やっぱりあなたが 好きだから今日も 許してしまうの
夏の日森高千里森高千里森高千里斉藤英夫短い夏が通り過ぎてく 静かな浜辺 午後の日差しが波に揺れて キラキラ眩しい 泳ぎ疲れて眠るあなたの 優しい横顔 このままずっとこの砂浜に 二人でいたいな  頬なでる潮風 沖を走る連絡船 小さな幸せを 今はかみしめたい  のんびり波が寄せては返す 静かな夏の日  ひとりぼっちで過ごす夏には 慣れてはいたけど 辛くて泣いた夜もあった 小さな窓辺で あなたを知って変わった私 夏空のよう このままそっとあの涙は 心にしまおう  見渡せば日暮れて 遠く霞む島の灯り 二人の幸せを祈る一番星  海は夕なぎ夏の終わりの 静かな夕暮れ  頬なでる潮風 沖を走る連絡船 小さな幸せを 今はかみしめてる  のんびり波が寄せては返す 静かな夏の日
私がオバさんになってもGOLD LYLIC森高千里GOLD LYLIC森高千里森高千里斉藤英夫秋が終れば冬が来る ほんとに早いわ 夏休みには二人して サイパンへ行ったわ 日焼けした肌まだ黒い 楽しい思い出 来年も又サイパンへ 泳ぎに行きたいわ  あなたは優しい人ね 私を抱きよせて ずっとこのままいようと KISSをした  私がオバさんになっても 泳ぎに連れてくの? 派手な水着はとてもムリよ 若い子には負けるわ 私がオバさんになっても 本当に変わらない? とても心配だわ あなたが 若い子が好きだから  そんな話はバカげてる あなたは言うけど 女ざかりは19だと あなたがいったのよ  だけど何くわぬ顔で 私を見つめて あれは冗談だったと KISSをした  私がオバさんになっても ディスコに連れてくの? ミニスカートはとてもムリよ 若い子には負けるわ 私がオバさんになっても ドライブしてくれる? オープンカーの屋根はずして かっこ良く走ってよ  私がオバさんになったら あなたはオジさんよ かっこいいことばかりいっても お腹が出てくるのよ 私がオバさんになっても 本当に変わらない? とても心配だわ あなたが 若い子が好きだから
男なら森高千里森高千里森高千里斉藤英夫そんな風にいつまでも 悪ふざけしてると きっといつか彼女から 嫌われるわよ こないだも調子のって 彼女からかうから くやしくてとうとう彼女 泣きだしたじゃない  たとえどんなに仲がいい 友達でも言いすぎよ これ以上見てられない ほんとはあなた好きなの あの子のこと そうでしょう 子供だねいい年してさ  そんな風にへらへらと 彼女からかうのは 私まで腹立つわ みっともないわよ  謝って正直に 彼女に謝って 傷ついているじゃない あなたのせいよ  あなた彼女が気にすること 言ったね言いすぎよ それさえ気付かないの だから今日にもその口ふさぎたいわ 男なら 優しさが大切でしょ  そんな風にへらへらと 彼女からかうのは やめましょう今日かぎりで かっこ悪いよ
風に吹かれて森高千里森高千里森高千里斉藤英夫遠い所へ行きたい どこか遠い所へ あの空の彼方へ 行きたいな 名前も知らない街と 名前も知らない人 あの空の彼方の どこかまで 行ってみたいな  きのうの夜はごめんなさい 別れることが辛くて 泣いても泣いても 涙止まらなかった  きのうの夜はあなたのこと 許せなかった私は 本当に本当に 今は忘れたいだけ どこか遠い所へ 行きたいな  県道沿いに並んだ 小さな温泉宿 近くには小川が 流れてる おいしい空気を吸って 青い空見上げれば アァ少し元気に なれるかな 行ってみたいな  遠い街ならあなたのこと 思い出にできそうだわ 浴衣をはおって 絵はがき書こうあなたに 遠い街なら辛い恋も 風が運んでくれそう ゆっくりゆっくり 空に消えてゆくでしょう どこか遠い所へ 行きたいな  きのうの夜はあなたのこと 許せなかった私は 本当に本当に 今は忘れたいだけ どこか遠い所へ 行きたいな
愛したひとはバツイチナインティナイン&清水ミチコナインティナイン&清水ミチコ近田春夫斉藤英夫君が迷うのはわかるよ もう愛にこりているのだろう  こわいのよ うしなうことが それにあなたは若すぎるわ  考えた 本当に好きか ただ ぬくもりがほしいだけか  熱病よ 誰でも最初は夢中 でも続かないのよ  同じ幸せもとめているのに 違う孤独を生きてきた  さしのべられたその手に つかまる勇気がないの  きっとぼく達のような男と女 この街には はいてすてるほどいることでしょう 現実は思いどおりにならなくてはがゆいけど ぼくは投げださない いま云えるのはそれだけ  歳が違うから だめなの? ひとまわりはなれているだけさ  こわいのよ 時のたつのが いつかあなたは後悔する  何度も考えた 好きなんだ その やさしさにふれてみて  情熱は 恋していられるあいだの 幻なの  そうじゃないことわかっているのに 比べてしまう過去があるね  もう一度だけ信じて 飛び込む勇気がほしい  きっとぼく達のような男と女 この街には はいてすてるほどいることでしょう 現実は思いどおりにならなくてはがゆいけど ぼくは投げださない いま云えるのはそれだけ  二人知らない都会の片隅 別々の人生を生きてきた  季節がめぐり一年が かわらないままに過ぎた  きっとぼく達のような男と女 この街には はいてすてるほどいることでしょう 現実は思いどおりにならなくてはがゆいけど ぼくは投げださない いま云えるのはそれだけ
TastyWinkWink芹沢類斉藤英夫夜毎変わるmoonに愛を誓う不実な人なの もう泣きたくなります でも笑ってみせます 見つめる瞳に甘い蜜をからめ  つらそうな顔して出会うときを間違えたなんて ねえ可笑しくなります もう呑み込んでいます 次のオーダーを私待ちきれない  It's Tasty 嘘はおいしい だってうれしい あなたはフルコース 媚薬みたいにスパイスを効かせて wow wow とてもおいしい とてもうれしい 短い恋だから 思い出というデザートをください 早く Taste me  あなたにしてみたら これはただのおやつのようだわ 今ときめいています でも考えています 食べすぎちゃダメね私小食なの  It's Tasty 罪はおいしい 罰もうれしい サヨナラ言われると 分かっていても今すぐ逢いたくて wow wow とてもおいしい とてもうれしい おなかがすく恋ね うわさみたいに素早く走るのよ きっと Taste me  It's Tasty 嘘はおいしい だってうれしい あなたはフルコース 媚薬みたいにスパイスを効かせて wow wow とてもおいしい とてもうれしい 短い恋だから 思い出というデザートをください 早く Taste me
香港森高千里森高千里森高千里斉藤英夫それじゃGood-bye それじゃGood-bye とても楽しかった それじゃGood-bye それじゃGood-bye きっと又来るから 香港の街は賑やかでカラフル  それじゃGood-bye それじゃGood-bye 2泊3日の旅で それじゃGood-bye それじゃGood-bye とても満足だわ 香港の夜はエキゾチックな魅力  中華料理がすごくおいしかったの広東 飲茶が特にいける 毎日でも食べたい ほんと香港の人は 中華料理が好き あきもしないで食べる 私も住んでみたい  ゆらゆら ゆらゆら フェリーでのんびりと ゆらゆら ゆらゆら 九龍を背にして 香港の港 ジャンクが 平和だわ  街をきれいな色に染めて 楽しんでる そんな感じがいいわ ほんとに素敵な街 異国情緒だけれど なぜか馴じんじゃうわ 今度チャンスがあれば モンゴルにも行きたい  街をきれいな色に染めて 楽しんでる そんな感じがいいわ ほんとに素敵な街
ザ・バスターズ・ブルース森高千里森高千里森高千里斉藤英夫やっぱ出た 信じたくないわ やっぱ出た 黒くて大きい やっぱ出た テカテカひかる奴が やっぱ出た 一匹見たなら やっぱ出た 百匹いるのね やっぱ出た テカテカひかる奴が  このゴキブリ ちょっと待て おまえだ!! いつのまに 入ってきたの こら! 憂鬱だわ 新築のマンションなのに 戸締りも お掃除も ちゃんとしてた それなのに しっしっしっ そばに来るな 図々しい このゴキブリ 助けて グロテスクな奴 怖くて近づけないわ 今夜中に 殺さなきゃ 眠れない 眠れない 噛みつかれそうよ 殺虫剤 まいても 全然 ダメね ダメね ダメね ダメね ダメね ダメね イヤ イヤ でも あきらめないわ つぶしちゃうから いまに見ておれ こいつ タンスのすき間だな どれ どれ あっ! 逃げるのか 逃げるのか ゴキブリほいほいだぞ 徹夜しても 逃がさないぞ 覚悟きめろ  やっぱ出た 信じたくないわ やっぱ出た 黒くて大きい やっぱ出た テカテカひかる奴が やっぱ出た 一匹見たなら やっぱ出た 百匹いるのね やっぱ出た テカテカひかる奴が 出たな
鬼たいじ森高千里森高千里森高千里斉藤英夫どこに隠れていたの 全然気付かなかった こんな世の中だから 正体をばらしたの よく見ると うじゃうじゃ そこらじゅうにいるのね このままじゃ めちゃくちゃ されてしまうわ人類が  鬼たいじ 鬼たいじ それゆけ 桃太郎がいないから 鬼たいじ 鬼たいじ 私が いぬ、さる、きじを連れて 鬼たいじ 鬼たいじ それゆけ 打ち出の小槌なくても 鬼たいじ 鬼たいじ 大変だ  たぶんあいつも鬼よ 性格は隠せない うまく出世をしたな いずれ角が生えるわ 節分は 豆まき ちゃんとみんなしてるの その面も 赤・青 派手な顔して悪趣味ね  鬼たいじ 鬼たいじ それゆけ 鬼ヶ島に船を出せ 鬼たいじ 鬼たいじ 私が いぬ、さる、きじを連れて 鬼たいじ 鬼たいじ それゆけ 鬼の首を取ってやる 鬼たいじ 鬼たいじ 大変だ  鬼たいじ 鬼たいじ それゆけ 桃太郎がいないから 鬼たいじ 鬼たいじ 私が いぬ、さる、きじを連れて 鬼たいじ 鬼たいじ それゆけ 打ち出の小槌なくても 鬼たいじ 鬼たいじ 大変だ
オーバーヒート・ナイト森高千里森高千里伊秩弘将斉藤英夫クラブカフェで DANCIN' 突き刺さる あつい視線 男達に WINKIN' 笑顔だけ 少しあげる  しゃれたステップで 夢中にさせるの おめあては あなたひとり  チープな TEMPTATION タキシード せまらないで じれったい EMOTION 駆け引きは あなたとだけ  DANCIN' DANCIN' DANCIN'  ジェラシーかわして カクテルそそいで これが最後のチャンスね  目隠しして KISS ME 息を止めて KILL ME パントマイムで PLEASE COME TO ME  ぬれた瞳 SECRET サングラス はずせないの 空回りの ROULETTE 踊らずに いられないの  目隠しして KISS ME 息を止めて KILL ME パントマイムで PLEASE COME TO ME じらさずに抱いて ここからさらって これ以上 試さないで  モラルよりも REAL キッカケは あなたしだい クールなんて USUAL 大胆に仕掛けてきて
NEW SEASON森高千里森高千里HIRO斉藤英夫Sunday Night 眠れない夜 ゆうべ別れたばかりの 恋を抱きしめてた Close My Eyes 瞳の奥で 愛を告げた日のVideo 巻き戻して見てた  強がっていた わがままな私も こんなにまで あいつのすべてに 夢中だったのね  秘密のホリデー 夢に終わって 誰を乗せて走るの 助手席 気が変わっても 電話しないで きっと ふたりは くり返せない 揺らさないでいて ― 想い出…  今朝は睡眠不足 Monday うちにいたけど ママがうるさいから 服は明るめにして 混んだ地下鉄に乗って いつものステーションまで…  うかない顔で もたれてる私が ガラスごしに ゆがんで映ってる 忘れたはずでしょ!  ファーストフードで朝食すませ 肩をたたく友達 ほほえむ テイクアウトの昨日 のみほし まぶしい光を浴びて 走るわ 新しい季節 ― It's All Right…  夢中だったのね  秘密のホリデー 夢に終わって 誰を乗せて走るの 助手席 気が変わっても 電話しないで きっと ふたりは くり返せない  ファーストフードで朝食すませ 肩をたたく友達 ほほえむ テイクアウトの昨日 のみほし まぶしい光を浴びて 走るわ 新しい季節 ― It's All Right…
うわさ森高千里森高千里森高千里斉藤英夫うわさは本当なのよ 驚いた? 私も驚いてる 頭にきてるけど しょうがない 自分がした事だわ でもそのうわさは大げさすぎる どんな奴らがいいふらしているのかしら 出てこい  私のうわさするなら かくれてないで 直接 ききにきたら なんでも話してあげる まだそのほうが ましだわ 知らないより 本当にイヤなものだわ  いつもまじめよ私 だけどなぜ? うわさの私は別 本当にこわい話  信じてね あなたも 気を付けなきゃ まるで高層ビルの火事のよう 消すのは不可能 消えるのを待つしかないの このまま  できることならうわさは されたくないわ でも私 いつもしてる うわさ話は楽しい くやしいけれど 今度は ついてないわ 本当にイヤなものだわ  できることならうわさは されたくないわ でも私 いつもしてる うわさ話は楽しい くやしいけれど 今度は ついてないわ 本当にイヤなものだわ
森高千里森高千里森高千里斉藤英夫冬の海が広がる 岬のまちに ひとり旅してきたわ 思い出と 誰もいない砂浜 貝殻だけが 夏の恋の足跡 残してた  白い波しぶきと 冷たい北風 私を包んでくれる 沖をはしる船が とても寂しそう あなたもひとりぼっちなの  今日まで あなたのことを 忘れられなかった 今日まで あの夏の日を 捨てられなかったの 今日から 私は変わる 思い出の岬で 今日から すべてがかわる この海に誓うの  夕陽が沈んでゆく 岬の影に 最後の美しさを輝かせ 漁火が灯って 闇の海照らす 静かな真冬の浜辺 灯台の灯りは あの夏と同じ 二人の心照らした  今日まで あなたのことを 忘れられなかった 今日まで あの夏の日を 捨てられなかったの 今日から 私は変わる 思い出の岬で 今日から すべてがかわる この海に誓うの  ここまで 人を愛したことはなかったけど ここまで 恋の苦しみ 知りたくはなかった 今日から 私は変わる 思い出の岬で 今日から すべてがかわる この海に誓うの
ミーハー森高千里森高千里森高千里斉藤英夫アイツはもう ここには来ないよと やさしい声 かけてくれるけれど どいつもこいつもだめ なぐさめなんて いらないわ わたしがふられたこと 気にしすぎているのよ アイツのこと 悪者にしないで 終わった恋 わかっているけれど わたしも似たようなもの なぐさめなんて いらないわ わたしのことを 誰も 勘違いしているの きみは大胆で あなたはマメ べつにそれはそれ 興味がないの  お嬢様じゃないの わたしただのミーハー! だからすごくカルイ 心配しないでね お嬢様じゃないの わたしただのミーハー! 若いうちがはなよ 普通の恋 つまらないだけよ!  回転ドア クルクルと回る わたしを見て ほほえんでいたわ アイツいつもそうだった 少し背伸びしたがるくせ 逃げちゃダメ はやく抱いて 子供じゃない恋でしょ  きゃしゃなプライドと好奇心 遊んでみたって わるくはないさ  お嬢様じゃないの わたしただのミーハー! だからすごくカルイ 心配しないでね お嬢様じゃないの わたしただのミーハー! 若いうちがはなよ 普通の恋 つまらないだけよ!
ひとり暮らし森高千里森高千里森高千里斉藤英夫仕事にもつかれて ベットに寝ころがれば ふるさとの空思い出す 今夜私変だわ あこがれていたのに ひとり暮らしの生活を テレビもビデオも 見たくないのよ 今日は 窓の外見れば 雨が降ってるわ やっぱり田舎に帰ろうかな  会社をやめて とりあえず アルバイトでもして のんびりしたいわ 恋人もいまだに 出来ないし 出来そうもない やっぱり田舎育ちだから なじめないんだわ 人ごみに  お腹もすいたけど なんにもしたくないの こんな時に お母さんいれば おいしいきんぴらごぼうと 肉じゃが 食べて 世間話でも 二人でするのに やっぱり田舎に帰ろうかな あこがれ捨てて 両親も喜んでくれるし 友達もいるわ  給料もいつまでも安いし 仕事も同じ やっぱり田舎育ちだから ついていけないの ラララ…… ラララ…… なじめないんだわ ほんとにこのままの 暮らしじゃ 弱音もはくわ 明日立ち直れなきゃ きっと 田舎に帰るわ もう寝よう
ピリオド森高千里森高千里HIRO斉藤英夫あいつと今夜は いっしょにいたくて シナモンスティック かき回してた 少し強引に 甘えてみたけど 私に戸惑う 彼の横顔  伏し目がちに 今日は送るよと… 急によそよそしくするのは 何故なの  どういうつもり 調子っぱずれのホンキートンクね じらさずに ハモって… さっきのセリフ マジな気もする ふられたんだわ 突然の ピリオド  グラスを浴びせて 街に飛び出せば プリズムのような イルミネーション 内緒の外泊 何処にも帰れずに 賑わう街で ピザを頬張る  お祭りのピエロや 人だかり うかれた Saturdayに ひとり 歩けない  こんなかわいい女の子のハート傷つけ あいつって 最低!! 夜が明けてく 恋もやがてまぼろしになる 突然の ピリオド  さっきのセリフ マジな気もする ふられたんだわ 突然の ピリオド 夜が明けてく みんなやがてまぼろしになる ひとりなら 慣れてる…  さっきのセリフ マジな気もする ふられたんだわ 突然の ピリオド 夜が明けてく みんなやがてまぼろしになる ひとりなら 慣れてる…
WEEKEND BLUE森高千里森高千里伊秩弘将斉藤英夫映画の予定 キャンセルになった 週末の街 ひとり… 先週迄は あなたがいたのに 賑わう夜はつらい いきつけの店で 思い出のラヴソング  MTVからふいに 流れる あなたはきっと TONIGHT どこかで愛をささやく 私ひとりだけ 冬枯れのメロディ あの時もっと MAYBE 素直になれていたなら 同じメニューを 見ているはず  あなたは部屋に いないと知っていて 店の隅から TELEPHONE… 外出中を 伝えるメッセージ 別れるまえと違う 懐かしい声に こみあげる思い出 空白のままで 受話器を置くわ あなたの胸で TONIGHT  甘えてる誰かがいる 綺麗な女だと うわさで聞いたわ あなたはきっと TONIGHT どこかで愛をささやく 私ひとりだけ 人ごみにまぎれ TAXIさえも NON STOP つかまらずに立ちつくす 白い吐息と色づく街
CAN'T SAY GOOD-BYE森高千里森高千里伊秩弘将斉藤英夫恋にルーズな あなたでも 別れは キャッシュではらって つかれるわ あきらめたころ 誘いだす 涙もクレジットなの  CAN'T SAY GOOD-BYE あなたの心 倍速ダビングして 読ませてほしい 期待したって CAN'T SAY GOOD-BYE むだなら二度と ウイークリーのデイトも 服の好みも もう合わせない  Uターン禁止を破ったら 深い迷路にはまるわ たとえどんな パズルのような 恋だって 答えがみえたら ダメね  CAN'T SAY GOOD-BYE 抱きしめあえば わるい夢のつづき ふたりのノリが忘れられず CAN'T SAY GOOD-BYE 離れることが できないばかりに 同じ痛みを くり返すの  CAN'T SAY GOOD-BYE あなたの心 倍速ダビングして 読ませてほしい 期待したって CAN'T SAY GOOD-BYE むだなら二度と ウイークリーのデイトも 服の好みも もう合わせない
出たがり森高千里森高千里森高千里斉藤英夫彼女 気にしていたわ まさか わかれるつもり たかが あのことだけで 男らしくないんだね  ずっと がまんしてたの ふたり みていたけれど ちゃんと 自分の気持ち 相手に 話さなきゃダメ  出たがりやなの あのこは 若いの 出たがりやなの あのこは それだけ 女の子よ  きっと しばりつけると もっと はなれていくの 女は そんなものよ 頭に入れとくことね  出たがりやなの あのこは 子供よ 出たがりやなの あのこは かわいい  たとえば 私 彼とは長いのよ それは 男しだいなのよ  わからないの だめな男 よくきいてよ わすれちゃだめ  出たがりやなの あのこは 若いの 出たがりやなの あのこは それだけ  たとえば 私 すごくかわったのよ それは 男しだいなのよ  わからないの だめな男 よくきいてよ わすれちゃだめ  一度だけよ こんな親切 わからないの だめな男
見て森高千里森高千里森高千里斉藤英夫ちゃんと私見て まだまだダメよ まちがいだらけね 観察たりないから ちゃんと私見て まだまだダメよ 思いこみなのね 誤解をしているだけよ  興味をもってくれているの ありがたいけれど 余計なお世話が多いの でもそのこと私からは はっきり言えない わかってよ ありがた迷惑 ジャマなのよ  ちゃんと私見て まだまだダメよ まちがいだらけね 観察たりないから ちゃんと私見て まだまだダメよ 思いこみなのね 誤解をしているだけよ  立場かわればわかるはず つきまとわれるの もっと私をよく見てよ えらそうなことばかりいって 自分はどうなの そんな人にかぎって 気がちっちゃいのよ  ちゃんと私見て まだまだダメよ まちがいだらけね 観察たりないから ちゃんと私見て まだまだダメよ 思いこみなのね 誤解をしているだけよ  ちゃんと私見て まだまだダメよ まちがいだらけね 観察たりないから ちゃんと私見て まだまだダメよ 思いこみなのね 誤解をしているだけよ
ザ・ストレス ~ストレス中近東ヴァージョン~森高千里森高千里森高千里斉藤英夫ストレスが…ストレスが…たまるストレスがたまる まじめな私 たまるストレスがたまる ああぐちゃぐちゃよ  あれこれそれあいつ いらいらするわ 関係ないセリフ じょうだんじゃない  ストレスが地球をだめにする ストレスが女をだめにする ストレスが…  たまるストレスがたまる 素直な私 たまるストレスがたまる ああ止まらない  身動きとれなくて うんざりするわ このままじゃいけない 誰かたすけて ストレスが地球をだめにする ストレスが女をだめにする  私いつもならば 忘れてしまうのに 急にキョロキョロして 今度だけは違うみたい ストレスが地球をだめにする ストレスが女をだめにする ストレスが…  このままじゃ地球がだめになる ストレスが女をだめにする ストレスが男をだめにする ストレスがやる気をだめにする ストレスが…
思いきり泣いていい加藤紀子加藤紀子森ゆり子斉藤英夫思いきり泣いていい 私にはわかるよ あなたのくやしい気持ち ねえ どんな時にも味方だからね あした ひとつ 強くなれ  今日は待ちに待った晴れ舞台 わきあがるスタンド 渡る風 あなたの瞳が強く光った ギリギリのゲーム 私まで汗かいてる 思いきり泣いていい 終了の合図に あなたが肩を落とした ああ 早くそばへと 駆けてゆきたい 素敵だった ほんとに  夕焼け帰り道 黙ってる まだその横顔がほてってる 心の中もう たぶん どしゃぶり 男らしいとこ 誰より知っているから 思いきり泣いていい スッキリするくらい そして あしたも走ろう 上手に言葉にはできないけれど カッコいいよ ほんとに  思いきり泣いていい あなたが大好きよ ずっと応援している ねえ 情けないほど落ち込んだあと きっと ひとつ 強くなる
野蛮な宝石中山美穂中山美穂松井五郎斉藤英夫黒い Dress を纏い Dance で燃えだした唇 しつけの悪いKiss が好き いい娘ぶってる めつき迂闊に 気を許した途端 豹みたいに牙をむく つまさきまで誉めるけれど 愛まではくれない 男たちのだらしがない 遊び相手ならごめんよ  野蛮にそそのかされて からだが輝きだすわ 綺麗でいさせてくれる恋しかいらないの 野蛮にそそのかされて 心が手に負えないわ じらしてじらされながら じっとできないで どうなの  眠る Bed のあてを ひそかにたくらむやましい瞳 微笑みかけて背を向けた さみしさだけ漂わせる まなざしは卑しい みえすいてる幸福など 傷つくことよりごめんよ  野蛮にそそのかされて からだは今夜宝石 邪魔する涙をふいて 覚悟を決めてみて 野蛮にそそのかされて なにかが変わりはじめる じらしてじらされながら じっとできないで 野蛮にそそのかされて 心が手に負えないわ じらしてじらされながら じっとできないで どうなの 
Um…こまった森口博子森口博子小林まさみ斉藤英夫そんなこと分かってる ねえいいからここで降ろして 雨のインターチェンジよくある Good-bye 彼女の一人二人 そんなこと気にしちゃいないわ 何よドンカン サイテー もう知らない!  全力で恋してホントになんだか損したわ あしたは日曜日 街は今夜も大騒ぎ  泣いてやるもんか ぜったい どうってことないわ It's All Right 何がなんでも 頭にきた 独りきりでも へいき 雨に濡れても It's All Right 私のことをみんな見てる Um…こまった  いつかツキも巡るわ ホントにそんな日がくるかな そうね典型的なよくある Good-bye  コンビニ化している恋の ラッシュは終わらない タクシー止まらない 今夜心はこてんぱん  泣いてやるもんか ぜったい どうってことないわ It's All Right 後悔するの アイツだから かっこいい彼が ぜったい 傘さしかけてくれる ドラマみたいに 期待してる 情けない  泣いてやるもんか ぜったい どうってことないわ It's All Right 何がなんでも 頭にきた 独りきりでも へいき へこたれないわ It's All Right 雨粒やけに目にしみるわ Um…こまった  そんなこと分かってる いつかツキも巡るわ
ストレス森高千里森高千里森高千里斉藤英夫たまるストレスがたまる まじめな私 たまるストレスがたまる ああぐちゃぐちゃよ  あれこれそれあいつ いらいらするわ 関係ないセリフじょうだんじゃない  ストレスが地球をだめにする ストレスが女をだめにする ストレスが…  たまるストレスがたまる 素直な私 たまるストレスがたまる ああ止まらない  身動きとれなくてうんざりするわ このままじゃいけない 誰かたすけて ストレスが地球をだめにする ストレスが女をだめにする  私いつもならば 忘れてしまうのに 急にキョロキョロして 今度だけは違うみたい ストレスが地球をだめにする ストレスが女をだめにする ストレスが…  このままじゃ地球がだめになる ストレスが女をだめにする ストレスが男をだめにする ストレスがやる気をだめにする ストレスが… ストレスが…
九州育ち森高千里森高千里森高千里斉藤英夫飛行機見送るのもいいね 又遊びにおいでよきっと 今度は友達連れておいでよ 歓迎するわ 長崎とても良かったね 私も初めてだったの 今度は宮崎にも行きたいね いいとこだから 調べとくわ  田舎に戻って来て もう3年になるわ 東京はあの頃とは 少し変ったでしょう  もしも私が Ah 空を自由に飛べたら 今すぐでも みんなの顔見に行けるのに もしも私が Ah 東京に生まれていたら 私の夢 今もずっと追いかけてるな ちょっと寂しい  私が憧れた人は 結婚したと聞いたけど なんだかとても懐かしい気がする 逢ってみたいわ 変ったかな  当分東京には 行く予定はないのよ その前にみんなで又 遊びに来るでしょう  もしも私が Ah ここを離れてなければ 親孝行を もっと早くできていたのに もしも私が Ah 東京で暮らしていたら きっと今は 別の人生歩いてたでしょう ほんと不思議ね  もしも私が Ah 空を自由に飛べたら 今すぐでも みんなの顔見に行けるのに だけどやっぱり Ah ここは素敵なとこだよ 帰ってきて良かったなと 今思ってる そんなもんだね 
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. ウタカタララバイ
  3. 無題
  4. 風のゆくえ
  5. 世界のつづき

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. BF is...
  2. Scream
  3. Beautiful
  4. Be Free
  5. ベルベットの詩

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照