フレンズ -君の記憶のなかの僕-

この曲の表示回数 22,299
歌手:

牛島隆太


作詞:

森真帆


作曲:

斉藤英夫


校庭を君と横切って 息切らして廊下を走る
せかすようにチャイムの音が いつも背中 追いかけて来た

教室の窓を 振り返り見上げて 憶えておくから

どんな顔をして 残るんだろう
君の記憶のなかの僕は
すこし不安で 迷いながら行くけど
今日までのことに ありがとう

負けたのがただ悔しくて 何も言わず帰る坂道
気まずさや すれ違いも「ごめんね」で ぜんぶほどけた

並んで座る最後の今日 胸に映ることは

今の笑い顔で 残せるかな
君の記憶のなかの僕を
手を伸ばして 夢にむかって行くけど
君に言うよ ありがとう

悲しい日の空や 負けそうな不安も 君と憶えたね
つらかったあのとき 涙とまらなくても ひとりと感じなかった

どんな顔をして 残るんだろう
君の記憶のなかの僕は
すこし不安で 迷いながら行くけど
今日までのことに ありがとう
君に言うよ ありがとう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:フレンズ -君の記憶のなかの僕- 歌手:牛島隆太

牛島隆太の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/03/03
商品番号:NFCD-27271
tearbridge

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP