×

芦沢和則作曲の歌詞一覧リスト  22曲中 1-22曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
22曲中 1-22曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
黄昏ジュヴナイル遠藤ゆりか遠藤ゆりか今井秋芳芦沢和則鮮やかな 紅色の夕陽 それは燃える青春の記憶  今日もまた 熱帯びて放射する 溢れ出すこの想い  校庭を 吹き抜ける風の中 見つけた幽かな証  答えはどこにあるの? 両手を伸ばし 真実だけを探す  日暮れ落ち 漆黒の鳥が舞い上がる 揺らめくは 陽光の残照 それは眩い青春の日々を 描いてる  繰り返す 平凡な毎日に 胸の苦しさ覚えた  放課後の 屋上に駆け上がり 金網越し見上げた雲  明日に何があるの? 両手を翳し 彼方の空へ叫ぶ  昏む街 玉章の白い花開く 煌めくは 草露の雫 それは淡い青春の記憶  戸惑い 迷いながら 人は 青春を生きる  彼の岸辺 薄明につづれさせ響く 瞬くは 明星の灯火 それは褪せぬ青春の日々を 照らしてる
ベスト・フォーフィロソフィーのダンスフィロソフィーのダンスヤマモトショウ芦沢和則(we will survive) (we'll be best 4)  どんなに好きでもきっと、終わりがありそう そう見える世界だな でも 24通りの並びはまだまだ 余裕あるから  昨日は(so your last day) 何あった?(please talk to me) 魔法には 自分からそう かかりにいくものでしょ  君の好きなものに 君の前でなるよ このままずっと、見ていてね best for following  どんなにいい感じも、問題ありそう 思える世界だな でも あとは6通りの関係ここから どうできるかだよ  不安は(so your pressure) いくつある?(please talk to me) つらいこと ここでなら そう 悩む理由とかない  今日の偶然でも 明日の必然にね 変えたらきっと まだやれる best for following  幸せ(so your happy) どこにある?(please talk to me) 探そうよ まだずっと そう 一緒にいられるように  君の好きなものに 君の前でなるよ このままずっと、見ていてね best for following  君の好きなものに 君の前でなるよ このままずっと、見ていてね best for following
世界で一番かわいい君へ寺嶋由芙寺嶋由芙ヤマモトショウ芦沢和則手をつなごう 好きって言おう 世界一かわいい君へ  ああどうしてこんなに 気になっちゃうの君の姿が なにもできないくせに がんばっちゃうとことか  君が生まれてきた 街もいってみたいな なにもいわない君から今な ぜか聞こえて来る言葉  手をつなごう 好きって言おう いつだって伝えたいこと 君がいて よかったよ 世界一かわいい君へ  ああどうしてそんなに いつも笑顔で君はいれるの? 雨はにがてなくせに それでも笑ってるの  君をはじめてみた 街もまたいきたいな 「今度は一緒」 そう思うと いつかなんかじゃなくすぐに  手をつなごう 好きって言おう だれだって幸せなこと これからもよろしくね 世界一かわいい君へ  手をつなごう 好きって言おう いつだって伝えたいこと 君がいてよかったよ 世界一かわいい君へ 世界一かわいい君へ
VIVA運命フィロソフィーのダンスフィロソフィーのダンスヤマモトショウ芦沢和則VIVA運命!きまりごととか VIVA人生!見えないよ VIVA運命!だから変えなきゃ 当たり前とかやめて テンプレどうりはノーサンキュー  こんなトーク、どこかできいたようなの ありがとう、久しぶりだね、変わらないね(変わらない変わらないものね)  もっと先 目指すとおかしくなる 例えば、近すぎる距離、あとほら勘違いありすぎ  あざとさ 見えないのは わざとさ だっていつもだから それが偶像なら もう無理無理無理無理、ねえ無理無理無理 でもね  VIVA運命!きまりごととか VIVA人生!見えないよ VIVA運命!だから変えなきゃ 当たり前とかやめて テンプレどうりはノーサンキュー  こんなミュージック、どこでもきいたようなの さよなら、すぐあきるのに、変わらないね(変わらない変わらないものね)  目の前 見てるだけで満足? だからね、近すぎたとき、なんだか勘違いさせすぎ  いきなり 変わらないの? それなり いけちゃったりだから それで完成なの もういやいやいやいやいや ねえいやいやいや それで  VIVA運命!きまりごととか VIVA人生!見えないよ VIVA運命!手をつなぐくらい 雨の日は普通だよね 愛とか恋とか知らないし  VIVA運命!きまりごととか VIVA人生!見えないよ VIVA運命!だから変えなきゃ 当たり前とかやめて テンプレどうりはノーサンキュー
嘆きの天使絢辻詞(名塚佳織)絢辻詞(名塚佳織)芦沢和則芦沢和則白い雪が舞い散る聖なる夜に...  歩道を飾る 青いイルミネイション にぎわう人込みにひとりたたずむ  こぼれそうな笑顔 寄り添う恋人達 今の私には全てが まぶしくて見れないの  誰かに愛されるでしょうか? 強がりの奥に隠れた「わたし」に気付いてよ 本当に自由になれるでしょうか? どうか教えて 冬の街に迷い込んださみしげな 天使が嘆く  いつからだろう 弱さを閉じ込めて 素直な気持ち見失いかけてる  幼い頃の夢 懐かしいアルバム 明日の私に伝えよう 大切な思い出を  誰かに愛されるでしょうか? 月のように姿を変える「わたし」を受け止めて 本当に自由になれるでしょうか? どうか教えて 冬の空に飛び立てない不器用な 天使が嘆く  願いはいつか叶いますか? 自分の事も愛せない「わたし」を見つけてよ 祈りはあの空に届きますか? どうか聞かせて 白い雪が舞い散る聖なる夜に  誰かに愛されるでしょうか? 強がりの奥に隠れた「わたし」に気付いてよ 本当に自由になれるでしょうか? どうか教えて 冬の街に迷い込んださみしげな 天使が嘆く ...優しく
キラッ☆ってしたいの!!ぷらふぃに(三瓶由布子・小清水亜美)ぷらふぃに(三瓶由布子・小清水亜美)芦沢和則芦沢和則したいの!! したいの!! キラッ☆ってしたいの!! いつかあの星のように きっと輝くよ  友達に会うたびに 言われるの 「世の中そんなに甘くないんだよっ」って  だけどもねスウィーツに 過ごしたいの それがアタシのスタイルなんだってば  汗と涙だけはマジごめんなさいっ かるく世界征服しちゃおっか?  したいの!! したいの!! キラッ☆ってしたいの!! 深く考えてないけど どーにかなるよ したいの!! したいの!! キラッ☆ってしたいの!! いつかあの星のように きっと輝くよ  お金とかナイけれど 気にしないよ 勢いだけで突っ走るしかないじゃん  気分だけセレブにね なればイイの それがアタシのスタンスなんだってば  いつも楽しいことならよろこんでっ ノリで景気回復しちゃおっか?  しないの!! しないの!! ギラッ★ってしないの!! ゆるくガンバるくらいが ちょうどイイかも しないの!! しないの!! ギラッ★ってしないの!! はるか夢のSランク めざせ無理せずに  したいの!! したいの!! キラッ☆ってしたいの!! 深く考えてないけど どーにかなるよ したいの!! したいの!! キラッ☆ってしたいの!! いつかあの星のように きっと きっと きっと輝くよ
なりゆき姫ぷらふぃに(三瓶由布子・小清水亜美)ぷらふぃに(三瓶由布子・小清水亜美)芦沢和則芦沢和則「鏡よ鏡 私はなぜこんなにきれいなの?」  いつも気まぐれでぜいたくな なりゆき姫のものがたり 天使のようなそのほほえみキラり ビロードのドレスはふわり  お星さまがかがやく頃 リムジンの馬車がお出むかえ  ガラスのお城にまいります まばゆい光の舞踏会 みごと生け捕りにいたします 今宵もどこかの王子さま  魔法のようなその手まねきひらり デコルテの泉にクラり  ハートめがけ撃ち抜かれて 空に舞いあがるゆめ心地  貴女のしもべと仕えます 魅惑の媚薬をめし上がれ すべて生けにえと捧げます この身も心も思うまま  夜明けにおうちに戻ります お安い方ならごきげんよう 今すぐ消えてと願います うんざりアクビで なりゆきまかせのお姫さま  「鏡よ鏡 私はなぜこんなにきれいなの?」
忘れてしまいたいよぷらふぃに(三瓶由布子・小清水亜美)ぷらふぃに(三瓶由布子・小清水亜美)芦沢和則芦沢和則夕暮れの浜辺をひとり歩く ほんの少し夏の匂いがする さざ波があしあとをゆっくり消してゆく 君の記憶を連れ去るように  二人別の道を選んでから ふたつの季節が静かに過ぎた 気まぐれな通り雨が頬を濡らしても せつないから? さみしいから? ずっとそのまま打たれていたかった  忘れてしまいたいよ その声も笑顔も 忘れてしまいたいよ もっと冷たくしてくれてたら 君を憎めたのに ずるいよ  決して戻る事などできないと 心の中言い聞かせてるのに 今もまだ消せずに残ったままのアドレス くやしいだけ? かなしいだけ? あの日から立ち止まったままでいる  忘れてしまえないよ そのクセも仕草も 忘れてしまえないよ なんでまぶしい思い出ばかり こんなに残したの  忘れてしまいたいよ その声も笑顔も 忘れてしまいたいよ もっと冷たくしてくれてたら 君を憎めたのに ずるいよ ずるいよ
I'm HOMEぷらふぃに(三瓶由布子・小清水亜美)ぷらふぃに(三瓶由布子・小清水亜美)芦沢和則芦沢和則目覚めれば横に君の笑顔 無邪気におどけるそのしぐさも すべていとしい ささいな事かもしれないけど 君から贈られた僕だけの それが幸せなんだ  出会いや迷い 涙も嘘も 重ね続けて 巡りあえたひとだから  ずっとずっとそばにいて欲しい ぬくもりを感じてたいよ いつもいつもそばにいて欲しい 僕の帰る場所をやっとここに見つけたよ だから思いを込めて 「ただいま」  夕陽の坂を窓から見てる 貴方の姿だけさがしてる なぜかうれしい 大切なひとの帰りを待つ ちょっとあたたかい気持ちになる それが喜びなんだ  願いや憂い 痛みも悔いも 刻み続けて たどりついたひとだから  ずっとずっとそばにいて欲しい この瞬間(とき)を守りたいよ いつもいつもそばにいて欲しい 安らげる場所をやっとここに見つけたよ だから思いを込めて 「ただいま」  これからの人生ともに生きよう 晴れの日も雨の日もあるだろう うれしいこと悲しいこと 全部分かち合いながらいこう  ずっとずっとそばにいて欲しい 今日を描いていこうよ いつもいつもそばにいて欲しい 二人のいる場所をやっとここに見つけたよ だから思いを込めて 「ただいま」
オブシディアンの涙ぷらふぃに(三瓶由布子・小清水亜美)ぷらふぃに(三瓶由布子・小清水亜美)芦沢和則芦沢和則碧い森の奥深くに ひっそりと横たわる哀しみの湖 そこには許されぬ愛の闇にさまよった 乙女たちの精霊が眠るという  重ねた深紅の唇 聖なる泉は秘めやかな思いの果て 風に舞い踊る花びらのように もどかしい願いはもう届かない 決して結ばれる事のない 美しき背徳  この身を投げましょう?二人で? 愛を溶かしましょう?いつまでも? 数多の時が流れ?そう? 生まれ変わる日が来るまで  湖畔にじっと佇んで 水面を見つめる一羽の淋しげなスワン オブシディアンの涙を流しながら 乙女たちの面影を慈しむ やがてその白き巡礼者は 天高くはばたく  すべてを消しましょう?夢さえ? 空も嘆くでしょう?いつの日か? 新たな星が宿り?そう? 朽ち果てるさだめのように  祈りを込めましょう?静かに? 永久に誓いましょう?誇らしく? 妙なる声が響き?そう? 罪が解き放たれるまで 生まれ変わる日が来るまで
キラキラ体操 第2ぷらふぃに(三瓶由布子・小清水亜美)ぷらふぃに(三瓶由布子・小清水亜美)芦沢和則芦沢和則キラキラ体操 絶・好・調 わがままぼでぃを目指せ キラキラ体操 絶・好・調 さぁ お気楽モードで 一・等・賞  お目ざめ一番 の~のび 牛乳飲むなら 手を腰に 髪の毛かきあげ 愛されガール こぶしを突き上げ チャンピオン ひざをかかえたら 三丁目 油断できない グラヴィティ  着グルミはOK! だけど水着はおあずけよ! まだ ゆるいワンピが 手ばなせないの  キラキラ体操 絶・好・調 わがままぼでぃを目指せ キラキラ体操 絶・好・調 さぁ お気楽モードで 一・等・賞  かかとを鳴らして ミュージカル 手首をくるくる ミドル級 ほお杖ついてる ため息ガール 肩をたたいたら おこずかい つま先伸ばして 大そうじ 乳酸出たら ごくろうさん  ネコみみはOK! だけどメガ盛り禁止です! そう 夢の小顔に 命がけなの  キラキラ体操 精・一・杯 ふまじめぼでぃを磨け キラキラ体操 精・一・杯 でも 気まぐれルールで 超・特・急  キラキラ体操 絶・好・調 わがままぼでぃを目指せ キラキラ体操 絶・好・調 さぁ お気楽モードで 一・等・賞  キラキラ体操 絶・好・調 わがままぼでぃを目指せ キラキラ体操 絶・好・調 さぁ お気楽モードで 一・等・賞 じゃあ 割増し料金 アンコール って お疲れモードじゃ 最・終・回
Hello Little Girl秋山澪(日笠陽子)秋山澪(日笠陽子)大森祥子芦沢和則胸の奥 小さな女のコがいるの ふわふわやきらきら ピュアなものばかり欲しいの  そんな彼女に どうぞ優しく声かけてあげて 目に見えなくても それが本当の私だから…It's me, Call me  壊れやすいハート フリルで飾るたび キュンて鳴いちゃう たとえばショコラより 甘い甘い恋にいつか出逢う日を 夢見てる  迷い道 戸惑う女のコがいるの ドキドキも涙も 左手で綴るだけなの  そんな彼女を 誰か逞しく引っ張ってあげて 夜が更けたなら 怖くて動けなくなるから…It's me, Guide me  引っ込みがちなソフト シフォン纏えば少し 強く変われる? 熟れた苺のように 赤く赤く頬染めうつむくだけじゃない自分 見せたいの  It's me, Call me 壊れやすいハート フリルで飾るたび キュンて鳴いちゃう たとえばショコラより 甘い甘い恋にいつか出逢う日を 夢見てる  気がついて 声かけて 誘(いざな)って ここにいるよ 小さな女のコが
ひらひらと飯田圭織飯田圭織山田太一芦沢和則風に揺られた花びらが 落ちてゆくように 貴方に触れた花びらが ゆれて落ちてゆくの  退屈な週末ばかり 無理やり出かけても 友達のパーティさえ 楽しめなくて… ガラス張りの窓から 明かりを見ていた そのガラスに映った 遅れてきた貴方  風に揺られた花びらが 落ちてゆくように 貴方に触れた花びらが ゆれて落ちてゆくの  綺麗な女性は他にも ほら?いるじゃないの? お気に入りの服さえも 今日は着れてない その瞳で見つめないで 止まらなくなる まだ早いの もう少し ひらひらと揺れる  明日明るい日の中で 風が吹いたなら 貴方の風がひらひらと 胸にしみてゆくの  風に揺られた花びらが 落ちてゆくように 貴方に触れた花びらが ゆれて落ちてゆくの
心に愛を瞳に夢を伊東ゆかり伊東ゆかり真間稜芦沢和則秋風が頬に触れたら 新しい服を着て 帰り道あなたを待ちぶせ 想いうちあけるつもりよ  忘れていたときめきが 今は 溢れてきらめく 私がいる  心に愛を瞳に夢をつめこんで わずかな迷い 消してしまう やさしい風に背中をそっと押されて 素敵な明日へ 歩きだす  雨あがり雲の切れ間に 輝く光のよう 弱気になる癖の私に 勇気を与えてくれるの あなたが微笑んだ時 胸は 暖かい風で 包まれるの  心に愛を瞳に夢をつめこんで 小さな願い 叶えてゆく 負けないおもい たしかな希望に変えて 遥かな痛みに さよならを  あざやかに目覚める街は 心の色映し 自分を信じていることに 幸せを感じてる やさしい風に背中をそっと押されて 素敵な明日へ 歩きだす 
夜が明ける前に佐藤朱美佐藤朱美佐藤朱美芦沢和則もう誰も じゃまできない キスを受けとめて 愛だけを確かめたい もっと 夜が明ける前に  蒼い夜の光 すべて 包みこんでいる 星を見上げてるだけ きっと思うよりも ずっと私の心は 熱い想いで いっぱいなのに  ひとつだけ願いが届くなら 心伝えて  もう誰も じゃまできない 強く抱き締めて 心まで連れ去って いっしょに 夜が明ける前に  ベルの鳴らない夜 写真の笑顔 見つめて あなたの声を 思い出してる  ぬくもりを 近くに感じたい ふれあえる程  もう誰も じゃまできない 二度と離れない 夢の中旅したい だから 夜が明ける前に  もう誰も じゃまできない キスを受けとめて 愛だけを確かめたい もっと 夜が明ける前に 夜が明ける前に
月のない夜佐藤朱美佐藤朱美佐藤朱美芦沢和則その昔 信じられていた 美貌に宿る 邪悪な魂(こころ) 秘めやかに そして冷ややかに 夜ごとに起こる惨劇  若く汚れのない血の香(か)を求めさまよう魔の手  残酷な快楽の中で 生賛の血に酔いしれてゆく 永遠の美を保つために 夜ごとに起こる惨劇  気をつけなさい 月のない夜は  どこまでも遠くどこまでも 不毛の荒野 吹き渡る風 人々の口の端(は)にのぼる 丘にそびえる古城よ  決して近づいてはいけない 二度と戻れはしない  秘めやかに そして冷ややかに 幕を降ろした惨劇 震えて… 眠れよ…
EVERLASTING STORY佐藤朱美佐藤朱美藤朱美芦沢和則星降る丘の上に 独りで立ち尽くした 1つづつ窓に灯る明りが 誰もが笑顔の奥 痛みをかかえたまま 生きているよ この地球(ほし)の中で  生まれ消えていった幾干の物語たち  遙か遠い日の記憶 胸に刻まれた 瞳閉じて思い出す 今 ここに私がいる 感じて EVERLASTING STORY  私を包み込んで 伝わる愛の力 胸の傷を癒してくれるの  出合いそして 分かれいつだって偶然じゃない  どんな苦しい時でも 支えられている きっと同じ思いを 分け合える人がいると いつも信じて  今も目の前に続く 地図にない道を ずっと歩いて行くから その先の未来のため 描く EVERLASTING STORY  私は貴方のため 貴方は私のため 生きているよ この地球(ほし)の中で
Still…沢田知可子沢田知可子渡辺なつみ芦沢和則Still…眠れずに そっと寄り添い Still…少年の寝顔 見ている 過ぎていく一日に 疲れた横顔 気の強さ似てるから 弱さもわかるつもり 無意識に夢を捜す 指先にくちづけして 誰よりもわかち合える 温もりになりたい夜  Still…優しさがここにあること Still…いつまでも忘れないでね まどろみの向う側 静かな寝息が 何故かしら懐かしい 幼い頃のように 悲しみに揺らぐ時間を 同じだけ感じたいの 今だから許し合える やすらぎをもう失くせない  無意識に夢を捜す 指先にくちづけして 誰よりもわかち合える 温もりになりたい夜
どうして…。芦沢和則芦沢和則古賀勝哉芦沢和則ゆうべもあいつと居たんだろう 知らないふりをしても もうすぐ終わるね 僕たちの 夢のような想い出  部屋を決めた ふたりで家具を選んだ しあわせだった  どうして ねえ どうして どうして あいつと 寝たんだよ どうして ねえ どうしていいのか もう僕はわからないよ  似合うと選んでくれたシャツ 仲良く並んだ靴 ふざけて入ったバスルーム 君を抱いて眠る夜  愛していた わがままも嬉しかった 大好きだった  どうして ねえ どうして どうして 遠くへ 行くんだよ どうして ねえ どうしていいのか もう僕はわからないよ  どうして ねえ どうして どうして あいつと 寝たんだよ あの時 「愛」 と呼んだふたりの 永遠が嘘になるよ  どうして ねえ どうして どうして あいつと 寝たんだよ どうして ねえ どうしていいのか もう僕はわからないよ
想い出は あどけなく坪倉唯子坪倉唯子小田佳奈子芦沢和則心で 祈り続けてる ささやかな風景 守っていたい  微笑み あふれてた季節 何も怖れずに 抱きしめた ぬくもり 帰りたい もう一度  想い出は あどけなく この胸に 蘇る 過ぎた日々は 眩しい蜃気楼 遊び疲れて眠った 子供の頃のように 今は 瞳 閉じて 遠く 深く 夢の中へ  こんなに 離れたのに まだ 捨てきれずにいる 約束が せつない 叶えたい もう一度  想い出は あどけなく この腕を すり抜けて 涙の跡 たどれば 独りきり 忘れたいものだけが いつでも 輝くから 今は 瞳 閉じて 遠く 深く 夢の中へ  想い出は あどけなく この胸に 蘇る 過ぎた日々は 眩しい蜃気楼 振り向けば もう そこに あの日の あなたはいない 凍えそうな痛み いやすあてもなくて 今は 瞳 閉じて 遠く 深く 夢の中へ
永遠を追いかけて水沢瑶子水沢瑶子大津あきら芦沢和則誰かを愛するため 生まれてきたの 皆んな ときめきがあの空に輝くまで  流した涙さえも 希望に変えてくのよ 永遠を追いかけながら  あふれる想いは星座のきらめき 心を閉じ込めないでね キラキラとこぼれ出す思い出 夜明けに運びたくて  本当の夢見るため 走ってゆくの 誰も 駆け足で 悲しみを追い越すまで  明日に願い込めて 後悔 恐れないで 微笑みを抱きしめながら  囁く言葉で何かが始まる 優しさ ポケットの中に どこまでも 終わらない冒険 手探り 続けたくて  誰かを愛するため 生まれてきたの 皆んな ときめきがあの空に輝くまで  流した涙さえも 希望に変えてくのよ 永遠を追いかけながら  本当の夢見るため 走ってゆくの 誰も 駆け足で 悲しみを追い越すまで  明日に願い込めて 後悔 恐れないで 微笑みを抱きしめながら
あの日のフォトグラフ森口博子森口博子渡辺なつみ芦沢和則放課後のグランドで 肩を並べながら ライバルをきめている あの日のフォトグラフ  人波に変わってく 僕を許さずに 今も輝いていて 少年の瞳たやさずに  時が幾つ流れて 色あせたとしても 永遠に鮮やかな あの日のフォトグラフ  傷ついた心さえ 夕映えの季節に溶けて  夢に破れた時も 眠れぬ夜さえ いつも忘れたくない 寂しさを分けた仲間たち  時が幾つ流れて 色あせたとしても 永遠に鮮やかな あの日のフォトグラフ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 祝福
  2. Tot Musica
  3. 新時代
  4. SOUVENIR
  5. ウタカタララバイ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. Let Go
  3. Only One For Me
  4. 445
  5. 秋桜

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照