田中花乃作詞の歌詞一覧リスト  53曲中 1-53曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
53曲中 1-53曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Lovin' You卒業☆星卒業☆星田中花乃井上ヨシマサ今夜Get Down  本当に心から 君に恋をした 本気で 一目惚れ らしくないけど 本音で 伝えよう 覚悟を決めたよ 友達装って 長期戦はムリ  胸を焦がす想い このままじゃ消せない 上手く言えないかもね  ダメな方が多いと 分かってても もう止められない  いきなりのLovin' You 引かないで Only you 誰よりも あぁ 驚かせてごめん いつまでも Lovin' You 行かないで Lonely night 耐えられない 君がいなくちゃ 生きられないほど 側にいて欲しいから 今夜 Get down  僕らは 恋をする 昔からずっと 惑星が 生まれる みたいなチカラで  Every heart 理屈じゃない 惹かれ合う引力 見た目だとか 歳とか 性別とかを超えて この世界を 輝かせてる  今すぐにLovin' You 言えたなら Destiny って呼べたら あぁ 空も飛べそうだよ いつまでもLovin' You 溢れてる Love the world 毎日が 訪れるように 愛を叫ぼう! 一か八か 進もう 今夜 Get down  今すぐに Lovin' You 言えたなら
スカーレット寺島惇太寺島惇太田中花乃赤堀眞之赤堀眞之蒼い涙 落ちた 誰も触れない場所な筈だったんだ 馬鹿みたいに空回り 1人きり ハマり込んで  思い通り 生きていける そんなのは求めてないけど 勝者になれば 価値があると信じてた毎日で  僕のちゃちな妄想を朱く 朱く染めてくれたのは 偉い人の格言でもなく 賞賛の嵐でもなく  君に出会えて 君が僕の名を 屈託のない顔で呼ぶ声を 聞けるだけで いいと思えた 意味なんて探す意味さえもない 風に吹かれて 舞い上がる落ち葉 この手の中で 壊れたって 胸の奥で 割れないスカーレット 抱きしめていたくて  たとえ何があっても 君の味方と上手く言えなくても 諦めずに行動で 示すことがあるだろう  言葉だけで僕らは繋がれない 君の笑顔が見たい きっと 凄く シンプルなこと 忘れずにいれたら  君が笑って つられて笑った 今日の記憶が 僕を変えてゆく 普通っていう 特別な瞬間(とき) いつまでも続きますように いつか 誰かが 本当のことは 目には映らない と言っていたけど 胸の奥で 感じるモノを 見過ごしていただけ  君に出会えて 君が僕の名を 屈託のない顔で呼ぶ声を 聞けるだけで いいと思えた意味なんて探す意味さえもない 風に吹かれて 舞い上がる落ち葉 共に踏みしめ 進む程に 胸の奥で 割れないスカーレット 抱きしめていたくて  蒼い涙 溶けた 誰も触れない場所な筈だったんだ
道標寺島惇太寺島惇太田中花乃佐野宏晃赤堀眞之深い哀しみなど 到底無関係の 青い空の下で 涙 零れるなら 今にも泣きそうな 分厚い雲の下でも 希望を生み出せるだろう  いつかやればいいなんて 呑気に構えてる場合じゃない 僕らは出会えた。  さぁ 高く 高く その拳を突き上げ叫べ 心のままに 共に 甘い幻想や妄想を 振り払って明日へ この声は 未知なる道標 WOW WOW WOW  音は見えないけれど 感じられるように 胸の奥に宿る熱は 確かなもの  勝者以外 全て 敗者だと言うのなら 真実は何処にあるのだろう  ぬるま湯にそう 浸かってたら 信念まで潤ける 迷わず 切り開いてゆけ  空 高く 高く この想いよ 突き抜けてゆけ 今 メロディーと共に 苦い経験や現実が力になるまで 何度も声を合わせ進もう WOW WOW WOW  答えばかり探すなら すぐに行き止まりさ とめどなく 今を生きるんだ  さぁ 高く 高く その拳を突き上げ叫べ 心のままに 共に 空 高く 高く この想いよ 突き抜けてゆけ 今 メロディーと共に 甘い幻想や妄想を 振り払って明日へ この声は 未知なる道標 WOW WOW WOW
Someday寺島惇太寺島惇太田中花乃川道研二赤堀眞之今はひたむきに 走り続けてる 描いた自分に 近づけるようにと  瞳閉じれば 君の笑顔がほら 僕の背中をそっと 押してくれている  苦しくたって 転んだっていいさ いつか 君へ 届くなら 僕の夢を 叶えるまでは 溢れる君への想い 抱きしめて  今は寂しい想いに 気づかぬふりして こぼれる涙さえ やり過ごすけれど...  自分らしく 自信を持って いつか 向き合えるように 弱気になる 夜はいつでも 会いたくて 戦ってる  遠くはなれてる時も僕らは 繋がってる 信じたくて  苦しくたって 転んだっていいさ いつか 君へ 届くなら  自分らしく 自信を持って いつか 向き合えるように 僕の夢を 叶えたなら 溢れる君への想い 受け止めて
サンシャイン橋幸夫橋幸夫田中花乃井上ヨシマサ井上ヨシマサ光輝く夢 サンサンシャイン サンシャイン 強く 熱く 照らせ サンサンシャイン サンシャイン そいつは 明日(あした)への希望 命の数だけ サンシャイン yeah  他の誰かに 無謀だと笑われたって どこ吹く風さ 構うなよ 雨が降る日も 嵐の日でも 手放すなんて ダメさ  光輝く夢 サンサンシャイン サンシャイン 心 開けばほら サンサンシャイン サンシャイン そいつは 君だけの光 感じておくれよ サンシャイン yeah  コミカルなショーもシリアスなニュースも 指先一つで うつりゆく 嗚呼 嗚呼 この世界で  冗談じゃないと 嘆いてもしょうがないさ リスクを恐れちゃ 始まらない どこか満たされないのなら 探してみてよ 君も  光輝く夢 サンサンシャイン サンシャイン 強く 熱く 照らせ サンサンシャイン サンシャイン そいつは 明日(あした)への希望 命の数だけ サンシャイン yeah
君の手を橋幸夫&林よしこ橋幸夫&林よしこ田中花乃井上ヨシマサ井上ヨシマサ独りでは泣けるけど 独りでは笑えない そばにいてくれる 君の手をそっと握る夜 哀しみに涙して 喜びに微笑んで 窓辺に肩並べ 君の手をそっと握る夜  生きてるそれだけで 明日は来て おはようとおやすみの 間に紡いだハーモニー  いつの日もありがとう これからもよろしくね 声にしなくても この心そっと交わす夜  シャラララララ 頬を撫でる風のように 穏やかなトキメキを  「おい、あれ、それ、」だけで通じてしまう いつしか辿り着いた 時の果て不思議なシンパシー  独りでは泣けるけど 独りでは笑えない そばにいてくれる 君の手をそっと握る夜 君の手をぎゅっと握る夜  シャラララララ 頬を撫でる風のように 穏やかなトキメキを
DOTジューシィ・フルーツジューシィ・フルーツ田中花乃柴矢俊彦柴矢俊彦COOL なの 冷めているわけじゃないのよ DOLE なの かわいらしいだけじゃないのよ 心に 心に 秘めた何かを持ってる  「昨日とは別人」と 言われちゃっても カラフルに生きればいい いつの時だって 1秒 1秒 時のしずく 感じて  D・O・T もっと もっと 楽しみましょう 自由に ほら 夢みて D・O・T 数えきれない 点を集めて 絵を描くの 人生も同じよ  思い出を語るのも 悪くないけど めくるめく 瞬間に触れていたいの 光も 痛みも いつかきっと It's my love  D・O・T もっと もっと 冒険しましょう 明日(あした)を そう 目指して D・O・T 数えきれない 道がやがて 地図になるの 人生も同じよ  D・O・T もっと もっと 楽しみましょう あなたを 今 見つめて D・O・T 数えきれない 音 合わせて LOVE SONG になるの 人生も同じよ
R.E.D.JONTEJONTE田中花乃谷口尚久谷口尚久真夜中の喧騒 抜け出した2つの影 言葉の奥にある 同じ想いが駈け出す  その手を もっと強く 声上げ もっと 自由に 壊して 有りの侭の 心 君と僕でいたいから  It's gonna be alright all night 君となら It's all right 我儘に 夜に堕ちよう 理屈を超えてく この情熱 gonna be alright all night 飾らずに It's all right 陶器の肌 紡ぐharmony 二度と戻らない この瞬間を奏でよう  数えきれない程 会っていても 感じてる 新しいヒカリが 今日もまた 胸を照らす  あの時 出逢えたこと 運命に 感謝してる 照れずに 伝えるから 君も 僕の気持ちに応えて  It's gonna be alright all night 2人なら It's all right 何度だって 今を楽しもう 寂寞の想い もう 脱ぎ捨てて gonna be alright all night 抱き合えば It's all right 呼吸の数 鮮やかな風 研ぎ澄まされてく この瞬間を重ねよう  I'll give you delight It's red evidence You'll give me delight It's red evidence We'll give us delight We'll make happiness 君に残す 赤い証  It's gonna be alright all night 君となら It's all right 我儘に 夜に堕ちよう 理屈を超えてく この情熱 gonna be alright all night 飾らずに It's all right 陶器の肌 紡ぐharmony 二度と戻らない この瞬間を奏でよう  瞳閉じて 今夜だけの 鮮やかな色 明日へ向かう チカラに変わるように 首筋に残す 確かな絆 信じて
Plastic GirlJONTEJONTE田中花乃谷口尚久谷口尚久You are my love, plastic girl そっと I knock knock on your mind  Is this a bad daydream? Maybe it's just me I feel alone Is this your secret door? Tell me 何時しか I feel alone  絡まった 鼓動 How come? Out there it's a shinning day  You are my love, plastic girl Can't find your love knock knock on your mind 何故 side by side with you 君が見えなくて  I wanna be with you Let me hold you tight forever I wanna break the door Tell me 2人は forever?  澄み切った心 How come? It seems like a cloudy sky  You are my love, plastic girl Can't find your love knock knock on your mind 今 I don't want to give up 愛をもう一度  肩にもたれ眠った ぬくもりは truth 幸せは永遠にきっと 途切れながら繋ぐもの  You are my love, plastic girl そっと I knock knock on your mind 今 side by side with me 君を愛してる
僕らのシンフォニーTrySailTrySail田中花乃野村勇輔野村勇輔君といるからね 見える景色があるよ ほんとありがとう 君といるからね こんな気持ちに 出会えたんだ  キラキラ光るライト フォルテシモの お揃いの空間 ついて来て! マダ マダ 魔法は続くよ  もっと もっと 自由になって その声を 魂(ここ)まで 届けて 君となら アレグロの鼓動 超絶 盛り上がってゆこう! 広い 広い 広い 世界で 出逢えた奇跡は運命 虹色のステージ ほら 奏でよう シャララ 君とのシンフォニー  楽しい気持ちは 恥ずかしがらないでね 皆で歌おう 苦しいことはね ビートの渦に 溶かしちゃって  特別な瞬間は あっという間に 過ぎ去ってゆくから 油断しちゃ ダメ ダメ 時を掴まえて  手を高く高く つき上げて この感情 ボルテージ 合わせて 君となら どこまでもいこう 今 ひとつになれる ハートとハートつなぐアーチは 音符みたいに繋がってる 虹色のステージ ほら リピート 何度も 君とのシンフォニー  もっと もっと 自由になって その声を 魂(ここ)まで 届けて 君となら アレグロの鼓動 超絶 盛り上がってゆこう! 広い 広い 広い世界で 出逢えた奇跡は運命 虹色のステージ ほら 奏でよう シャララ 皆とのシンフォニー
Sail OutTrySailTrySail田中花乃AYAME谷口尚久どんなに 遠くても この手で 漕ぎ出してゆく 明日はきっと “始まリ”のはじまリ どんなに 楽しい 未来が待っているんだろう 揺れるコンパス 旅立ちの海  きゅーんって 胸がしたよ この気持ちが夢と知った瞬間 広い青に 生まれた輝き 出発の合図(シグナル)  不安だよ ほんとうは泣きたいほど サヨナラはツライし... それでも 「今しかない!」 心が震えてるんだ 立ち止まる方がらしくないから  どんなに 遠くても この手で 漕ぎ出してゆく 明日は少し 不自然な笑顔でも どんなに 楽しい 未来が待っているんだろう 揺れるコンパス 旅立ちの海  もう これが最後と ふと思ったなら急に愛しくなる 見慣れた天井の シミもね 柱のキズ跡も  目覚めたら 何度もチェックしたバッグ 転がしてゆくから 待っていて 「行くしかない!」心の声を信じて 絶対に 後悔はしたくない  どんなに 強い風 高い波 押し寄せる日も 諦めないよ 故郷(このばしょ)に誓うよ 雲の向こう側 この夜 突き抜けてゆく 揺れるセイル 始まリの海  小さな 都会の空には 数えきれない 夢で渋滯。 だけど ひとリじゃない  どんなに 遠くても この手で 漕ぎ出してゆく 明日はきっと “始まリ”のはじまリ どんなに 楽しい 未来が待っているんだろう 揺れるコンパス 旅立ちの海
PartyAiMAiM田中花乃湯浅公一(twenty-four)ヒカリの粒が 流れる道 負けないくらい 一人急いで 春風が舞う ココロ踊る 新しい季節が揺れる  付け替えたストラップと 午前0時のPartyticket 高鳴る鼓動 ふくれたポケット 飛び出しそうだよ  Happyday Happytime さぁそろったら みんなで手をたたいて歌おう Let's Party Let's Dancing 声を合わせ 今夜は時を止めて はしゃいじゃおう  シャンパングラス 泡の粒に 逆さに映る 着飾った部屋 笑顔の数も シアワセだね 宇宙(そら)の真ん中いるみたい  ワクワクして眠れない 昨日から始まってたのかもね まだまだ続く 盛り上がってく 終わらない奇跡  Happyday Happytime 今日の主役は ここにいるみんな一人ひとり Let's Party Let's Dancing 夜空を超え 今ならきっと星に 手がとどく  アルバムに閉じる前に この瞬間 感じていたい 明日に戻っていく前に この瞬間 明日の自分に 羽ばたかせよう!!  Happyday Happytime さぁそろったら みんなで手をたたいて歌おう Let's Party Let's Dancing 声を合わせ 今夜は時を止めて はしゃいじゃおう  Happyday Happytime 今日の主役は ここにいるみんな一人ひとり Let's Party Let's Dancing 夜空を超え 今ならきっと星に 手がとどく  Happyday Happytime さぁそろったら みんなで手をたたいて歌おう Let's Party Let's Dancing 声を合わせ 今夜は時を止めて 夢のまま  Happyday Happytime 今日の主役は ここにいるみんな一人ひとり Let's Party Let's Dancing 夜空を超え 今ならきっと夢が 叶うから!
インディゴの彼方宇都宮隆宇都宮隆田中花乃nishi-kenミントを包んだ 銀紙のような 小さな宇宙にこぼした願い キミはマジョリティ? 右手にその夢 握りしめて クールな顔して街を歩いても 靴の底で弾け出す Big Bamg 殻を破って溶けてく情熱は ごまかせない  過去の 自分を越えてく 常識さえ 意味がないよ 例えば 僕らの「永遠」が 地球のまばたき程でも  サヨナラは言わないで ready alright キミの 遥かなる想いに 動き出せば一秒ごとに 違う景色が揺れる まだ知らない インディゴの彼方へと いつか 辿り着ける日まで 空と海の間に立って 強く心のままに  僕となら...?  鏡の中に誓った約束 キミがあのとき選んだ運命 必ず届くなんて言えないけど 側にいるよ  過去の光は今でも 地上にまで 明日を運ぶ 誰かと 争うことより 手を繋ぎ ドアを開けたい  サヨナラは言わないよ ready alright 僕の遥かなる想いに 壊れそうな 心も見せて きっと 守ってみせる カナシイのは“叶わない未来”よりも“叶え ようとしない今”さ 諦めじゃない 見極めてゆく 深い青の彼方へ  まだ知らないインディゴの彼方へと いつか辿り着ける日まで 空と海の間に立って 強く 心のままに カナシイのは“叶わない未来”よりも“叶えようとしない今”さ 諦めじゃない 見極めてゆく 深い青の彼方へ  キミとなら
玉城千春玉城千春田中花乃玉城千春谷口尚久今 Radio から聞こえる 懐かしい Melody あなたと聞いた LoveSong  ふと 押し寄せてくる 甘くて苦い Memory ひと粒 こぼれおちてゆく  そっと 手を伸ばしたなら ひとつになれた 二人だったでしょう いつか 選んだ未来は 別々の朝を連れてきたけれど それでいい  なぜ 想いを告げるには 遅すぎるんだと あの時に 決めたのだろう  ただ いつも笑顔でいた あなたの隣りで 私も 笑っていたかった  ずっと 好きになる程に 好きと言えなくて 泣いたりもしたよ けれど あなたがくれたのは いつだって 悲しいだけの涙じゃない ありがとう  胸が苦しいよ でも分かってるよ 通り雨のように 淡く 心を満たした 記憶の雫は もう 空へ帰る  きっと 手を伸ばしたなら ひとつになれた 二人だったでしょう それでも 選んだ未来は 別々の朝を照らし続けてる 今日も 明日も ずっと
Times mile宇都宮隆宇都宮隆田中花乃nishi-kennishi-kenひと粒の 悲しみさえも いつか 解ける朝が来るまで 何度でも そう何度でも 君と時を重ねよう  WOW WOW WOW…  ねぇ あの時から 「また明日」と手を振り合う 小さな サヨナラにも 胸が少し 痛みを感じてる  そっと目を閉じて 祈る夜も たわいもない話も 雨の音も 触れた風も 当たり前じゃなくて  色を奪い去った 道に立ち尽くして うまく日常さえ 過ごせずに 荒れた 地図の上に 浮かぶ願いは まだ 雑な世界を描いてゆくけど  絶え間なく 時計の針は 今を 過去へ沈めてゆくけど この想い 薄れないように 君と歩き続けよう  たった 一言で“時間”と呼ぶ 姿形ないものは この大地に 築く 夢の繰り返しなんだろう  辿り着きたくって 腕を伸ばす程に 雲が ヒカリの輪を 隠しても 心 閉ざさないで 此処に 夜明けが まだ 少し 足りないだけだと  果てしない 闇の向こうに 君の笑顔が生まれるのなら 今はほら 記憶を包む 微笑みから始めよう  ひと粒の 悲しみさえも いつか 解ける朝が来るまで 何度でも そう何度でも 君と時を重ねよう  絶え間なく 時計の針は 今を 過去へ沈めてゆくけど この想い 薄れないように 君と歩き続けよう  WOW WOW WOW… 君と時を重ねよう 君と歩き続けよう 遠く先の未来まで…
365日家族GOLD LYLIC関ジャニ∞GOLD LYLIC関ジャニ∞田中花乃谷口尚久大西省吾「おはよう」「おやすみ」そんな挨拶を 繰り返し交わす毎日 夜中のケンカも 朝には 目玉焼きに 笑顔 また元通り  部屋の片隅に 脱ぎ捨てた靴下 何百回 注意されたろう 苦笑いしながら 思い出したのは あの日言えなかった言葉  例えば 小さなHUGをして 例えば 「I love you」って伝えて いつでも 映画みたいに 僕らは器用になれないけれど  365日家族 この世にいる奇跡 分け合って 少しずつだっていいから 受け止めたい 生まれてきたこと 死んでゆくこと 「ありがとう」っていう ただひと言 伝えよう ナミダこみあげても 明日が 母の日じゃなくたっていい 春夏秋冬 僕達は 繋がってる  性格や 顔や 言葉や 時代が 違っても 同じことがある それは 人は誰も 人から生まれてきたこと 皆 泣きながら  例えば 憎しみ合っても 例えば 傷つけ合っても 心で きっと平和を 願わない人は誰もいない  365日家族 この世はたった ひとつの家族 地球儀 指でまわし そんな事を 考えてみたよ ひとりっきりで だけど 現実は 難しくて 今日も 誰かがナミダこぼしてる 辛くて しょうがない時は 母さん せめて ねぇ 愚痴くらい 聞かせてよ  365日家族 この世でたった ひとつの家族 少しずつだっていいから 積み上げたい 僕が 今此処で 出来ること 全部 一緒に暮らしても 離れてても 愛してるって 一生言えなくても いつしか 星になる時も ずっと 結ばれてる 毎日が 家族の日
Preciousユン・サンヒョンユン・サンヒョン田中花乃大智・宮崎誠僕らは出会えた 共に笑うため 一緒に 進もう you are my precious  久しぶりだよね 君と話せるのは 僕に聞かせて その想いを 一人の時間も  大事な経験さ だけど 心は側にいたよ  部屋の窓から 見える朝日は 海を超えても 同じ ヒカリを注いでいるから  僕らは出会えた 共に歌うため 涙は 空の彼方へ 眩しい喜び 胸に抱きしめて 一緒に 進もう you are my precious  真っ白なDiary 先回りをしたら 少し大胆に 明日を描こう  上手くいかない事も きっとあるけれど 君が誇れる僕でいたいよ 会う度に  新しい未来へ 僕と行こうよ 輝く 希望の彼方へ 優しい安らぎ 胸に抱きしめて 気持ちを 分け合おう you are my precious  僕らは出会えた 共に笑うため 確かな 絆信じてる 眩しい喜び 胸に抱きしめて 一緒に いたいよ you are my precious 一緒に 進もう you are my precious
12個のkeynoteU_WAVEU_WAVE田中花乃土橋安騎夫土橋安騎夫地球(ほし)の悲鳴も 朝のラッシュも 同じ瞳に映し 軋む鼓動 oh yeah 螺旋状に ひしめく irony  ガラス越しに 抱きしめてる 無関係な出来事さえも oh yeah 生まれつきの 流儀のように  教えてよ “切なさ”は 音に成り何処へ行く? 答えのない旅路に 弾く 指先から伝う passion  いつでも いつまでも寄り添う 歌があるなら 僕らは 無限に編み込む 12個のkeynote  震えながら 届くものを 握りつぶしてしまうくらいなら... oh yeah もがきながら それもいいさ  呼吸をするように なんて 上手くいかないけど 見つめてる世界全て 決して見過ごせないはずだから  遠くへ 遠くまで響くよ 人がいるなら 僕らは 奏で続けてゆく この先も きっと  いつでも いつまでも寄り添う 歌があるなら 僕らは 無限に編み込む 12個のkeynote  遠くへ 遠くまで響くよ 人がいるなら 僕らは 奏で続けてゆく この先も ずっと  (singing the song, playing the sonic vibration)
心の花束木根尚登木根尚登田中花乃木根尚登夢を語り合った あの日のように 照れくさそうに 君は.. 共に生きてく人と 一緒になると 僕に教えてくれた  胸の奥に 込み上げるコトバを この歌に集めて 君に届けたくて  心の花束 ずっと ずっと 咲き誇れ おめでとう そして ありがとう 君の幸せなその笑顔が ほら 優しいヒカリに 皆を包んでゆく  少しの寂しさも 混じり合うけど 滲む 嬉しい涙  巡り逢えた 一瞬は いつしか 永遠という名の 愛にカタチを変えて  新しい未来へ 今 歩み出す君へ おめでとう そして ありがとう 誰よりも永く 年月を過ごす その傍らに 一輪の友情を  心の花束 ずっと ずっと 咲き誇れ 色あせることがないままで 二人の幸せが いつでも いつまでも 続いてくように 深く願っている
恋する雪 愛する空CHEMISTRYCHEMISTRY田中花乃山本加津彦塩川満己めまぐるしく 姿を変える 動く 日々の中で 変わらぬもの それは君と僕 そう 決めつけてたけど  それでも 一人 騒がしい街歩けば 心はいつだって 自由すぎて 白い息の向こう 懐かしい恋人(ひと) この胸を そっと 揺らす  恋する雪 愛する空 舞い落ちる 恋に触れたのなら 手にした 愛は消えてしまうの? 素直になるほどに 見えなくて  心は 叫んでるよ 誰かを想う 深さはきっと 鼓動の早さじゃないはず と  横断歩道を 駆け出す横顔 思い出す あの冬 甘いキスも 辛いさよならも 僕に語りかける  ごめんよ 僕は 完璧からほど遠い やっと 分かったんだ 人はきっと 経験(カコ)に支えられて 雪を降らせる 空の大きさを 知るよ  恋した人 愛する君 やっぱり君じゃなきゃダメなんだ 舞い上がる白い記憶の中 浮かび上がる ひとつの真実  心が 叫んでるよ 僕らはずっと 手を放さずに ここまで歩いてこれたんだ  消えはしない 愛する空 ありったけの いとしさを君に 触れてなくなる雪はいらない 君と生きる未来が全てさ  何度も 抱きしめるよ 果てなく続く この空のように 僕らは永遠と 信じて
君のキスCHEMISTRYCHEMISTRY田中花乃谷口尚久塩川満己ねえ あんなに 話し合って 別れたのに まだ 触れ合った 唇は あたたかいままで  涙脆い僕達は 不慣れな笑顔して 手を振った  君のキスがいい 君の声がいい 側にいれるなら 何も要らないよ 後ろ姿が 小さくなる度 君のぬくもりを 痛い程感じてた  ぎゅっと 込み上げる 思い出を吹き消せはしない 今“忘れない強さ”を この僕に下さい  「あなたを諦める」と 言葉選ぶ君に 言えなかった…  心と心が 本当はひとつで 僕らは何から 背を向けたんだろう 後ろ姿を 追いかけていたら 君は泣いていた? どうしても 行けなかった  巡り逢いとさよなら 幾度繰り返し 人は強くなると言うけれど 僕は…  春の桜通り 夏の蝉時雨 秋も冬も全部 変わりはしないのに 今 何処にいて 誰を想ってるの 「幸せになって」と 奇麗には思えずに  君のキスがいい 君の声がいい 側にいれるなら 何も要らないよ 泣いていていいから 僕が守るから 君のぬくもりを もう一度感じたい  どうしても 愛してる
True Drops葉山小十乃(片岡あづさ)葉山小十乃(片岡あづさ)田中花乃高木洋瞳をそらしても 心は閉じれないよ 今 落ちた雫は 大事な True Drops きっと  頑張る気持ちなら 負けはしないけど 同じだけ 弱さも胸にあるの  Bye bye good bye my blue days 泣いたっていい 恥ずかしいことじゃないから あの時 気づいた私 love  瞳をそらしても 心は閉じれないよ 今 落ちた雫は 大事な True Drops きっと 嬉しい時だって 涙はお似合いだね 真直ぐなハートに 溢れてくるものだね  君が苦しいとき 一緒にいさせて 深呼吸した空に 虹をかけよう  Bye bye good by your blue days 忘れないでね 止まない雨はないから いつでも 愛しい君へ love  明日が隠れても 心はくじけないよ 滲んだ 夕焼けに 笑顔が見えたからね 水を弾く石を 集めるよりも 深く 優しさのカケラが 大事な True Drops ずっと  本当の自分で いるのは少しだけ 勇気がいるけれど もう 迷いはしないの 瞳をそらしても 心は閉じれないよ 今 落ちた雫は 大事な True Drops きっと  When you are lonely 涙の粒 When you are happy 光るよ  When you are lonely 涙の粒 When you are happy 光るよ
We are the sound宇都宮隆宇都宮隆田中花乃木根尚登燻らせた 煙はすぐ 風に溶けてゆく 胸には 色も味も 消えない軌跡  We are the sound 奏でよう あの日と 変わらずに 気づけば 同じ時間(とき)に揺られて 此処にある 今  どこかで 人と人は 繋がってるなんて もう君は 聞き飽きてる? 痛む時でも...  We are the sound 振り向けば 続いた道の上 木霊す 靴の音は いつでも 一人分じゃなく  We are the sound 奏でよう 言葉にしなくても 瞳を 閉じて見えるストリングス 側にいる 今
Magenta宇都宮隆宇都宮隆田中花乃木根尚登疼く微熱 閉じ込めて 朝を待つの? ざらつく 嘘を脱いで  指と指を絡ませば 風も無い世界 それでも 時は過ぎるから  愛には愛を 最後の ボタンを外して 乾いた胸の奥に 響いた 声を聞いて  空がマゼンタになる頃 強くなるからと 微笑む 君を連れて  愛には愛を 溢れる涙を預けて どんなに 深い海も 水面に 朝は踊る  いつの日か 雨の日も 冷たい季節も 君を抱いてるぬくもり 一瞬の夢に 決してさせない  You've come along through the haze It's seems the light, has lost it's way to stay We'll be the one,Got to be through the night Now see the light,it takes us to be free
BlueKK田中花乃KMaestro-Tめずらしいね 君が そんなはしゃぐなんて 7日(なのか)ぶりのデートは 君の地図(ナビ)でススメ  探してたずっと 眩(まぶ)しい 青い鳥 こんな晴れ渡る午後は 予感が走る  Blue sky 道なき空は Blue wing つつみ込む羽 舞い上がる心 声にしたいよ Blue light ムードがなくて Blue heart 怒り出すかな 君と歩く街すべてが まるで Blue bird  またねと言う時の チクリとする胸 『君じゃなきゃダメ』と 文字が見えそうさ  そんな笑顔見たら みんなトリコになる ハラハラする気持ちを 伝えていいの?  Blue sky 羽ばたかせよう Blue wing 奏でよう rhapsody tic tac 動き出した 針の彼方へ Blue jeans 本当は僕も Blue heart ほろ苦いから 次のベンチで ひと休み 君を見てたい  人生はね 過去と未来でできてると よくぼやいてたっけ その腕を 抱き寄せるまでは  Blue sky 道なき空へ Blue wing つつまれるほど 透明なヒカリが幸せの 色に変わるよ Blue sky 羽ばたかせよう Blue wing 奏でよう rhapsody 僕らが見つけた 想いが 儚いほど everyday 青く 青く walk this way 永久(とわ)の Blue bird
Spring Rain Dropsカミタミカカミタミカ田中花乃田中花乃中西亮輔Spring Rain Drops ひとつ ひとつ 雨が 涙に紛れて流れてく 君と 桜まくら あの日の 想いは 消えないまま  全てが心の奥で 色褪せていた 君と過ごしてた日々が それでも 穏やかな風の中 少し 胸がざわめく 今でも  新しい恋人(ひと) こんなに側に いるはずが Why I feel alone? 同じ季節(とき)を何度も共に 重ねていたから  Spring Rain Drops ひとつ ひとつ 雨が 涙に紛れて流れてく 今も 桜まくら あの日の 想いは 消えないまま  二人で見上げてた空 薄紅色の 桜の中 寝転んだ 夕暮れ あの日 晴れじゃなかったならば この風景は Not memory  春が好きだと 君の言葉が 輝くのは Time passed me by もう一度君に 逢えるとしても 戻らないから  Spring Rain Drops ひとつ ひとつ 花が 明日へ舞い上がってゆくように 僕は 前を向いてゆこう サヨナラさえチカラに  Spring Rain Drops ひとつ ひとつ 雨が 涙に紛れて流れてく いつか 君を 君を 愛する想いも この空へと Spring Rain Drops ひとつ ひとつ 花が 明日へ舞い上がってゆくように 僕は 前を向いてゆこう サヨナラさえチカラに  Spring Rain Drops Someday,Go away, To the sky Spring Rain Drops Someday,Go away, To the sky Spring Rain Drops Someday,Go away, To the sky Spring Rain Drops Someday,Go away, To the sky
i木根尚登木根尚登田中花乃木根尚登中村修司「すぐに戻るよ」と君は この部屋のドアを閉めた 唇だけの笑顔は 多分 SOS の sign 「どこにいるの?」「どこへ行くの?」僕は親指を動かした  時計のリズムを乱す 言えない声の抜け殻 僕の携帯が震えた まるで胸を揺らすように 止まらない 止まれない 愛しさと痛みが駆け出す  Life again together Love again together 愛してるなんて もう一度 今 伝えなくちゃ 伝わらない想い 何度も叫んでる  今の自分を好きだと 言える人はどれくらい? それでも立ち止まらずに 変わる事を恐れずに… 真実は胸の奥 君がいて 僕が側にいる  Life again together Love again together 愛のカタチはどこにもない 空気みたいに いつもそばに溶けてる 明日を待っている  離れないで ただ君は 君から ほら早く 早く 帰っておいで 二人ならば 迷いながらでいい いつか いつか 辿りつくはず  Life again together ring again forever 愛してるなんて 今更だけど 君の胸に もしも届くのなら もう一度 伝えたい
シンジラレナイ=シンジタイ上戸彩上戸彩田中花乃酒井ミキオ鈴木Daichi秀行北風の吹く夜 優しくしないで 涙、見せたくないから 冷たくしても ねぇ 許してくれる? あなたのせいじゃない  もう何も言わないでいい 答えは一つだけ  シンジテモシンジラレテモ...セツナクテ 裏切られるなら 愛なんていらない 傷つけ合うため 出会うわけじゃなくて それでも分かり合えると 信じてたい  午前零時の街は 人もまばらで 余計に悲しくなる 人の心には形なんてない 上手く掴めない  不器用な気持ちのまま 先に進めない  舞い落ちる粉雪は そっと静かに 埋まらない隙間を ただ吹き抜けてく 本当はもっと 優しくいたいけれど ごめんね 今はまだ素直になれない  雪を溶かすくらいの情熱で いつも私を包んでる あなたがいるから...  シンジテモシンジラレテモ...セツナクテ 裏切られるなら 愛なんていらない 傷つけ合うため 出会うわけじゃなくて それでも分かり合えると 信じてたい  舞い落ちる粉雪は そっと静かに 埋まらない隙間を ただ吹き抜けてく 本当はもっと 優しくいたいけれど ごめんね 今はまだ素直になれない...
Silence~COCONUTS GROOVE version~上戸彩上戸彩田中花乃清水信之清水信之ねぇ 分かるでしょう? 始まりはいつも 甘い香り そっと 踏み込んでゆく 明日の私は誰も知らない  今はただ 優しさに揺られて 包まれたい ほら はりつめた吐息さえも 安らぎに変わるよ  切なさは 切なさは 咲き誇る恋の花 抱きしめて 抱き寄せて そして許される 愛しさは 愛しさは 舞い落ちるよ 粉雪 思い出す あの朝も ただ雪が降っていた… 淡く 強く 燃える 一輪の炎  なぜ 夢の途中で 誰かの記憶が 心くすぐる?  教えてよ あなたひとりで見る 夢もすべて ねぇ 本当に 大切なのは 言葉じゃなく ほら…  二人きり 二人きり どこまでも行けるはず 淋しいなら 淋しいなら 素直になればいい 止めないで 止めないで このリズム 熱くなる そしてまた 朝焼けが 雪を溶かすのでしょう 紅く 甘く 燃える 一輪の炎  切なさは 切なさは 咲き誇る恋の花 抱きしめて 抱き寄せて そして許される 愛しさは 愛しさは 舞い落ちるよ 粉雪 思い出す あの朝も ただ雪が降っていた…  二人きり 二人きり どこまでも行けるはず 淋しいなら 淋しいなら 素直になればいい 止めないで 止めないで このリズム 熱くなる そしてまた 朝焼けが 雪を溶かすのでしょう 紅く 甘く 燃える 一輪の炎
愛しいひと斎藤蘭斎藤蘭田中花乃田中花乃井上ヨシマサ愛しいひとよ 忘れないで ずっとずっと さよならでも 二度と 二度と 戻れぬこと 君と出逢うまでは 知らなかった  今までの出来事 話してる君 はしゃいだあの日 ケンカした夜 時々喉を 潤しながら 心を飛ぶ タイムマシーン  君の部屋に 四角く残る 写真の跡 そんな 小さなことで 切なくなるけど  愛しいひとよ 恐れないで ずっとずっと さよならでも 二度と 二度と 消えないこと 君と別れるまで 知らなかった  お互い好きでも すれ違ってく 離れることしか カギはなかった どうしてなのか 今になっても 確信はなくて参るけど  空の始まり 終わりなんて 誰も分からない きっと そんな風な 問いかけなんだろう  愛しいひとよ 変わらないで ずっとずっと さよならでも いつか いつか 次のトビラ 開く時に 巡り逢うと 信じて  愛しいひとよ 忘れないで ずっとずっと さよならでも 二度と 二度と 戻れぬこと 君と出逢うまでは 知らず  愛しいひとよ 変わらないで ずっとずっと さよならでも いつか いつか 次のトビラ 開く時に 巡り逢うと 信じて
pure~いつか、きっと~椎名へきる椎名へきる田中花乃木根尚登TATSUYA NISHIWAKIPure love 口に出せるのなら 君に言えるのなら どんなに楽だろう それでも…  人は 巡り逢うその日も すれ違うその日も 分からないから 愛しい程に 不安希望 揺れ続けてる 恋の果実  もっと もっと近づきたい 1秒でも長く 一緒にいたい 高鳴る鼓動 止められない  離れないで 胸のトビラ開けば 愛は愛のままで 透きとおるままで  Pure love ガラスのような日々 儚くても強く大切にしたい  切ない relation でさえも 意味があると知ったの 君をこんなに愛せたから  遠く 深く 結ばれる ずっと 強く抱いて 清らかなチカラ 信じてたい いつか、きっと…
feel for you, beat for me椎名へきる椎名へきる田中花乃木根尚登Ken Kawamura・Kazuhiro Matsuo”さよなら”までの時間を塗りつぶすような 切ない恋に終わりを告げよう 他の誰かじゃ変わりにはなれない 全てを見せると恋は長もちしないという ジンクスを壊そう 君と乗り越えたくて  出逢った季節と同じ星座を 肩を並べ二人見上げてる 初めて名前で呼び合った瞬間の 胸の奥が 甘く染まるような気持ち 言葉に出来ない衝撃 お願い 忘れないで  That feel for you!! That beat for me!! かけひきを捨てて That feeI for you!1 That beat for me!! 私を見つめて  「出来事」が全部 正しいワケじゃない だけどそっと 二人見つめるシアワセが 重なり続けるように 今日もまた 願ってる  That feel for you!! That beat for me!! 止められない現実 That feel for you!! That beat for me!! 君だけを見てる  いつでも 空に 誓うよ 側に いること 見えない輝き 変わらぬまま 逢えない 夜も 出逢えた 奇跡 磨いて 真珠のよに 色褪せずに  That feel for you!! That beat for me!! 終わらない香り That feel for you!! That beat for me!! この愛を信じて  いつでも 風に 歌うよ 君を 愛すよ 見えない輝き 真珠のよに色 褪せずに  That feel for you!! That beat for me!! かけひきを捨てて That feel for you!! That beat for me!! 私を見つめて That feel for you!! That beat for me!! 止められない現実 That feel for you!! That beat for me!! 君だけを見てる That feel for you!! That beat for me!! 終わらない香り That feel for you!! That beat for me!! この愛を信じて That feel for you!! That beat for me!! 誰より近くで That feel for you!! That beat for me!!
カナシイ嘘未来-MIKU-未来-MIKU-田中花乃井上ヨシマサすれ違う誰かの 横顔が見える 傘を広げてるから 重ならずに  半年前まで 「彼」だった君に 偶然に出逢った フタしてた胸がイタイ  カナシイ嘘 つくしかない 「新ししヽ彼と待ち合わせだよ」と  傷付かないはずの言葉なのにね 涙がこぼれそうで 傘を閉じた  雨の間なら ごまかせれるから 彼女がいなくても いると 軽く聞かせてよ  カナシイ嘘 ついてほしい 今も好きだから 素直になれない  Still I love you, say good bye. But I have to tell a lie. Still I love you, say good bye. During it's been raining.  カナシイ嘘 つくしかない きっとあの頃の 二人じゃないから まだ 笑えないよ 今は 泣けないよ  
Chanceな前髪未来-MIKU-未来-MIKU-田中花乃井上ヨシマサ前髪作って 新しいイメージ 気分も変わって 掴みたい イメージ  街を歩く それだけだって大事 チャンスの女神 後ろ髪はナイって噂  Don't give up! Get a chance! Get a chance! ah~ Don't give up! Get a chance! Get a chance! ah~  そよ風が吹いて 額をくすぐる 卑しい悪魔が 消えますように  1ミリでも 動き出してくチカラ だれてる時 ヒカリを見つけだせるチカラ 前に ススメ  Don't give up! Get a chance! Get a chance! ah~ Don't give up! Get a chance! Get a chance! ah~  
最強 mellow kissBOYSTYLEBOYSTYLE田中花乃Hiroshi Kim藤井丈司Dream 君が話している 窓辺の席 知らない人みたいに感じた  せつなくなって でも嬉しくて 初めて聞いた未来図 飛び立つ時は 応援するよ いつでも  極上 mellow kiss 心地よく 気楽に 楽しく 最強 mellow kiss 今日も歩き続けたい  ねぇ エスカレートしちゃう 出逢った頃は 君の傍に いれればよかった  パンクしそうな手帳も 一人より 飽きないけれど 逢えなくたって 君を想ってるよ いつでも  極上 mellow kiss 誰にも負けない二人がイイ 最強 mellow kiss 幸せだけ感じたい  一つ 年上になるね 来週 君の誕生日には絶対 誰より近くて…  極上 mellow kiss 心地よく 気楽に 楽しく 最強 mellow kiss 明日へ歩いて行こう  極上 mellow kiss 心地よく 気楽に 楽しく 最強 mellow kiss 今日も歩き続けたい
ハピネスBOYSTYLEBOYSTYLE田中花乃Hiroshi Kim高橋圭一もし この世界の 石が全部 宝石なら 大切なヒカリを どんな風に 探せばいい?  何かを 見失いそうで また一人で泣いた ちっぽけなことに 僕は 怯えてしまうから  涙 生まれてくる場所 心で 君に出逢えたら きっと きっと 僕達は 幸せになれるでしょう  もし この世界の 笑顔全部 ニセモノなら 本当の自分を どんな風に 見せればいい?  嘘つきな日々に この頃 疲れたのはきっと 辛い時期ほど 平気な ふりしてしまうから  涙 ほほえみに変えて 心で 君と集めたら もっと もっと僕達は 幸せになれるでしょう  涙 生まれてくる場所 心で 君に出逢えたら きっと きっと 僕達は 幸せになれるでしょう  強く願う この気持ち いつでも 信じ続けたら もっと もっと 僕達は 幸せになれるでしょう 幸せになれるでしょう
Body PilotPaniCrewPaniCrew田中花乃PaniCrew・大崎聖二平間あきひこトビラ開けば 玩具の夜空 排気ガスも届かない世界 奥へ進めば 欲望絡まる 一夜だけの樹海  鮮やかなソング 悲しい事禁句 名前もまだ知らないターゲット 惹かれ始めて 浮かれ始めて 胸の砂漠 砂が舞う  歪んだ爆音に 腰を泳がせて 花びら散らすように 理性 脱ぎ捨てて  とろけるBody Pilot (All night) 言葉より 強く 深く 温かく 心操縦 Body Pilot (All right) 大観覧車より高く Fly high!  蜂蜜のように甘い香りで 針のような視線投げてる 君のそのリング 値札にも○リング 渋滞してるカガヤキ  瞳を塞いでも 鼓動わかるように 震える指先を もっとすべらせて  揺らめくBody Pilot (All night) 知らない気持ちを教えてあげるよ 心上昇 Body Pilot (All right) 理由も理屈も超えて Oh yeah!  Long Flight 流れる時間ときの中にある 終わらないモノ 変わらないモノ ほんとは追い掛けてる  ずっと とろけるBody Pilot (All night) 言葉より 強く 深く 温かく 心操縦 Body Pilot (All right) 大観覧車より高く Fly high!  揺らめくBody Pilot (All night) 知らない気持ちを教えてあげるよ 心上昇 Body Pilot (All right) 理由も理屈も超えて Oh yeah!  
DREAM THEATER椎名へきる椎名へきる田中花乃木村建Carry on!! Welcome to Dream theater. Shinin' on!! It's magic over night.  夜明けを待つ銀の羽 突然 出逢う 奇跡 天使が舞い降りた瞬間 偶然 出逢う 世界  胸に踊る イメージ そっと 飛び出す 夢の続き 広がる Stageへ、、、  Carry on!! Welcome to Dream theater. Shinin' on!! It's magic over night.  Carry on!! Welcome to Dream theater. Shinin' on!! It's magic over night.  Carry on!! Welcome to Dream theater. Shinin' on!! It's magic over night.  La la la...
Precious things椎名へきる椎名へきる田中花乃湯浅公一一秒ごとに 瞬きする 忙しい街の中 瞳を閉じて 感じること いつも忘れずいたくて  叶えたい想い 現実にアルよ 誰かが“夢”とね 名付けたけど、、  今、走り出す 迷いにサヨナラ 果てない大空へ 手を広げて 傷ついたって 逃げ出すよりは 痛くない 未来があるから  焦る気持ちが 近道だけ 歩きたくさせても 意味のないこと きっとなくて 全てが必要だよね  声のない生命が 風と歌ってる 明日への距離は 誰も同じと、、  知らない明日を 消えない過去を 全て自分だって 認めれたら 辿り着くはず、、 コタエの途中 大切なモノも落とさずに  この空に浮かべたなら 笑顔も涙の粒も そっと輪を描いてゆく 何も恐れずに どんな奇跡だってきっと 努力から動き出すよ 信じていて  今、走り出す 迷いにサヨナラ 果てない自由へと 手を広げて 狭い常識を 少し抜け出そう 新しい 未来があるから  Precious things make tomorrow. Growing up to be your dream. Someday reach for happiness now it's so far away 今遠くても 負けたくはない 幸せにふれられるように いつの日か 夢掴むまで
眠れる森椎名へきる椎名へきる田中花乃木根尚登中堅工房・湯浅公一初めて あなたとのkiss 鼓動が孤独突き破って 台風の後の虹を ぬくもりが教えたの 誰かのね 前で泣く くらいなら笑ってる方が 気楽だと思っていた 強がりは強さじゃなかった やっとね 涙の底に触れた あなたの胸で  抱きしめてて 逢えない日も 愛が止まらないから 求め過ぎて 奪い合って しまわないようにと 形をかえてゆく雲に 切なさは増すけれど 眠れる森に隠された 本当の 想いがwake up  ハイウェイの星になって 足跡もつかないくらい 速すぎる スピードでも ビクともしない 二つの心で ずっとね いたいの 時に触れて 未来を見据え 鏡に映らない 痛み そっと聞かせて欲しい 言葉は「嘘」も作った 頼りないモノだけど 形もない愛しさが 現実(リアル)さえも溶かすから 眠れる森の 安らぎへ導く 二人を 今  抱きしめてて 逢えない日も 愛に負けたくはない 求め過ぎて 奪い合ってしまわないようにと 見つめさせて 木々の隙間 柔らかな陽のように 眠れる森から目覚めた 最後の恋と信じたい
フタリ春日部周子(鴻口可南)・小西侑英(竹内順子)春日部周子(鴻口可南)・小西侑英(竹内順子)田中花乃嶋田陽一「ヒミツだよ。ヒミツだよ。」好きなあのこ 「言わないよ。言わないよ。」約束する  「ヒミツだよ。ヒミツだよ。」仮病(けびょう)の遅刻 「言わないよ。言わないよ。」大丈夫だよ  フタリのこと フタリいるから 自分のこと好きになれたよ 数えきれない時間もなんか 足りないね 何にも言わなくたって 話ししてるくらい通じる そんな風に 明日(あす)も続いていけばいいけど お揃(そろ)いのピンが見つからナイ...  テキストの問いよりも ムズカシイこと 恋なんて、夢なんて 答え出ない 止まるのも進むのも“大変”なら 一番大切な“大変”選びたい  フタリのこと フタリいるけど 進む道は 別々だから 数えきれない時間もなんか 足りないね 優しさなら、厳しさに 厳しさなら、強さに変わる 制服着た写真がいつか 色褪(あ)せてもね いつもの 寄り道をしようよ  「ずっとだよ。ずっとだよ。」友だちには 「サヨナラは。サヨナラは。」似合わないんだ 時々毎日はフタリを試(ため)すね 側(そば)にいて見えなくなる大事さをね  これからも よろしくね どんな時でも これからも よろしくね いつまでも My friend
嵐のち晴れ椎名へきる椎名へきる田中花乃木根尚登中堅工房・湯浅公一右手を延ばして 笑顔閉じ込めた 白い壁の写真 手帳に移して 「さよなら」みたいな 四角い跡を カレンダーで隠した  あれから少しの 時間が経ったね 元気でいますか? 忙しくて 間に合わなかった映画 レンタルが 今日始まった  誰よりあなたのこと 理解(わか)りたい気持ちが 離れる日々 運んでくるなんて 辛いけど  あなたのチカラに 明日のチカラに 嵐のち晴れに なりたいずっと うずくまる前に 動きだせるように ぬくもりあげたい  夢は現実(いま)にある 描くだけじゃない 毎日の中で 気づいたけど 別々の道を一緒に歩いて いけたらいいのに  切なさよりも強く 包み込んだ想い 重なる日々 新しい季節が来るまで  永遠はきっと 永遠になくて、、 不安でリングを 握りしめたよ 別れじゃないモノに 手を振れるように 繋ぎ止めていて  あなたのチカラに 明日のチカラに 嵐のち晴れに なりたいずっと うずくまる前に 動きだせるように ぬくもりあげたい  I wanna be your true love I wanna see your true dream 逢えない夜でも 側にいるから I wanna be your true love I wanna see your true dream 一人じゃないから  抱きしめるだけで 明日になるから… 愛しいあなたへ
Jungle Life椎名へきる椎名へきる田中花乃木根尚登中堅工房・溝口和彦・湯浅公一熱く 熱く光る 波を切る衝動に身を任せて 太陽の 粒が駆け出した 火傷くらいで丁度いい 強く 強くなるよ 言葉にしたら温度下がるから 流れていく星にそっと 祈る前に飛び立つよ  幼い頃 ゴージャスだった夢 今どこの国で眠ってる?  Just jungle life 溢れる goodtime 世界中100対1でもいいよ 信じた道へ 真直ぐに 痛くても生きたい  青と白のライン 上手く混ざり合わないでいいの 乾いた砂と海の地図 バランス仕掛けの夢歩くよ  争わずに確かめ合えるような愛しさ 持てればいいのに  Just jungle life 暴れる goodtime 吹き荒れた風味方につけたら 大切なひとに真直ぐに 痛くても伝えたい  Just change my life 恐れないで 大丈夫100分の1でもいいよ 過ぎてく日々も空の下 見えない勇気 胸に  Just brandnew days, I'm changing never ever same Jungle life 恐れないで 見えない勇気だけ この胸に Everyday I see your any sky!!
誰より…AiMAiM田中花乃湯浅公一湯浅公一何かが変わったかな 言葉も着せかえちゃった 普通に話すだけで 本当の自分隠して 何かが変わったかな コロンも付けかえちゃった 私が私じゃない 自分にさえ戸惑う  いつもしてた腕時計が 今日は違うただそれだけで 不安になる バカみたいって 思うけど止められない Don't leave me boy friend  誰より I'm missing you いつでも 誰より I trust you どこでも せつなくて せつなくて 数えきれない想い 気づいて欲しい lonely heart  何かが壊れるかな 気持ちを伝えたなら ゼロにもならないこと 知ってるから遠いよ  思いきって電話しても 声がとぎれた瞬間に 後悔して 繰り返して 毎日が色づいてく Don't leave me boy friend  誰より I'm missing you いつでも 誰より I trust you どこでも 言いたくて 言えなくて「好き」だって一言だけ 一秒なのにね lonely heart  大事な君の夢そっと 教えてくれたあの日から 泣いてても 笑っても 明日(あす)がくると気づいた 信じたい ずっと  誰より I'm missing you いつでも 誰より I trust you どこでも せつなくて せつなくて 数えきれない想い 新しい明日へ  誰より I'm missing you いつでも 誰より I trust you どこでも 言いたくて 言いたくて「好き」だって一言だけ 一秒の勇気 give my heart
フレンド~いつまでも忘れない~AiMAiM田中花乃湯浅公一湯浅公一ねぇ 春のトビラ向こう側には どんな明日が広がってるの? ねぇ なぜか最近 時の流れが 急に早くて戸惑ってるよ  名前で呼び合った瞬間(とき) 楽しいことが動き出す気がした いつかは懐かしくなるなんて 気がつかずにいたよ  いつまでも忘れない 同じ窓から見た 桜の木 セミの声 いつも側にいたよね 笑ってた泣いていた 一緒に過ごした日々 何も捨てない不安だよ Friend  大人と子供 境界線は どこに隠れているんだろう 背伸びしていた? 甘え過ぎてた? 中途半端もちょうどよかった  帰り道のファミレスで 角の席アイスティーでねばって 小さな場所だけど広すぎる 未来(あす)に続いてたね  どこまでも果てしない 同じ空の下で 木枯らしと白い雪 舞い上がった思い出 サヨナラは言わないよ ホントの別れじゃないから また会えるまで変わらないで Friend  ”誰か”のウソは痛くて 信じる気持ち壊れた そんな時ただ一緒に泣いてくれたね  いつまでも忘れない 同じ窓から見た 桜の木 セミの声 いつも側にいたよね 迷ってた揺れていた 一緒に過ごした日々 何も捨てない大丈夫かな Friend  どこまでも続いてる 同じ空の下で 木枯らしと白い雪 舞い上がった思い出 アリガトウそれぞれの 道のどこかで きっと この胸の中歩き出せる 側にいてもFriend 離れててもFriend...
Still椎名へきる椎名へきる田中花乃椎名へきる明石昌夫気づいたら買ってたよ また 210円の切符 一人になると 今すぐ やっぱり 逢いたくなるよ  I still love you…? もう一度 愛してるって伝えたいけど 何故? I miss you so much このレール 飛び乗る翼がナイ…I wanna be your love  「忙しい」は理由じゃない 「ごめんね」は答えじゃない 分かりたいのに分からない 一緒に夢を見たいよ  I still love you…? あなたがね いるからきっと愛が丸くて I miss you so much いつからか きっと半分持ってる I wanna be your love  I don't know what I've to do… I don't know where I go to… You are busy now どんな時も oh! I have lonely days 切ないけど Let me fly high uh~  I don't know what I've to do… I don't know where I go to… You are busy but どんな時も oh! I give love to you 側にいてね Let me fly high uh~
MOON椎名へきる椎名へきる田中花乃椎名へきる明石昌夫ねぇ、あなたの笑顔 あなたの仕草 幾つ数えたのでしょう どのひと粒も 手放すことが 出来ないワタシでした  好きになる程 なぜ やさしさが痛くて 二人を包む風 いつか どこへ向かうの?  MOON 二人の足もと 照らして MOON 離れてくこと 隠してて ずっと このまま 触れさせて 夢よりも 儚い 今を  ねぇ、あなたは少し 震えた声で そっと問いかけました 泣いてばかりで 上手く言葉に 出来ないワタシでした  もし二人別れが 訪れる時には‥? 月の満ち欠けのように また巡り会いたいよ  MOON 二人の足もと 照らして MOON 歩いてく 道 映してて  きっと 変わらず側にいる 指先が今 ほどけても Uh~ いつまでも 「信じてる」
discovery椎名へきる椎名へきる田中花乃椎名へきる明石昌夫一枚の写真 かじかむ指とうらはらに 熱く揺れる想いが 季節からはみだしてる  まだコートに入れている右手 嘘つきだね ねぇ、どうして「好き」が溢れる程 “自分”が逃げちゃうの?  あたためて欲しい 震える my true heart 誰より聞かせて 今すぐに ありふれた I love you 一言で強くなれる 心のプロローグ  「忙しいから」と たった一行で 返したメール “逢えない”のがくやしくて “逢いたい”が打てない  強がりで ケンカなら 想いはぐれちゃうね 気付いたよ 今落ちたナミダは 幸せの雪解け  抱き締めて欲しい 揺れてる my true heart 離さないで逢えない夜も ありふれた everyday 二人でいればどんな日も “今日”みたいな memories  あたためて欲しい 震える my true heart 誰より聞かせて 今すぐに ありふれた I love you 一言が繋いでゆく 永遠のプロローグ  抱き締められたら 感じる your true heart 誰より伝えたい 素直に ありふれた everyday 二人でいればいつまでも “明日”に続く memories
be yourself椎名へきる椎名へきる田中花乃椎名へきる明石昌夫Change yourself Chase yourdream Chasing yourway 気楽に行こう やさしい風に身をまかせ 夢だって 少しづつ 変わるよ 季節のよに 答えは ひとつじゃなくていい 歩き出そう  “特別なこと”しなくたって ワルくはない 君だけアクセルなら “特別なこと”感じる時には 一人じゃないことがよくあるからね  寒かったらコート羽織って 暑かったら上着脱げばいいよね 気持ちだけ着せかえなければ どこか 逃げないで  Change yourself Chase yourdream Chasing yourway ヒカリの中 新しい風を吸いこんで “イタミ”も 大事な 何かを問いかけてる 寝転んで ココロ休ませて 歩き出そう  雨上がりには虹が 咲いて それだけでね きっと平気かもね 道はつづいてゆく 知ってるから 知らないまま 明日を 信じてるのかも  君が笑顔にはぐれたら 遠回りとか寄り道とかして 地図をポケットしまいこんで 一緒に迷っちゃおう  Change yourself Chase yourdream Chasing yourway 気楽に行こう やさしい風に身をまかせ 夢だって 少しづつ 変わるよ 季節のよに 答えは ひとつじゃなくていい 歩き出そう  大丈夫 いつでも 時計は 止まらないよ “悩み”は得意じゃないけど 明日のかけらに 隠れた今日はいらない 夢だって 少しづつ 叶う  Change yourself Chase yourdream Chasing yourway 気楽に行こう やさしい風をつかまえて 空の下で 歩き出そう
Love PainsCOLOR(Buzy)COLOR(Buzy)田中花乃KIM CHANGHWANキム・ウージンI feel sweet pains but it'll be only true love  15分すぎいつものホームに並んで 少し湿った風が 夜空をさらった なぜか“一人ぼっち”にひたり始めてる でも、ここじゃ泣くほどPureになれなくて  心にlove pain(love pain) 苦いイタミ 群がって(Wow群がって) 渇きをlove pain(Wow) 何かがホラ 揺さぶった(Wow揺さぶった)  「なんとなく」とか「とりあえず」が渦巻いて 透明な合図をなくしかけたみたい 1ミリも変わらない笑顔を脱いで 言葉にできない不安 伝えたいよ  心にlove pain(love pain) 甘いイタミ 広がって(Wow広がって) 勇気をlove pain(Wow) 何かがホラ 揺さぶった(Wow揺さぶった)  あなたに出逢って 自分も見つけて 何もかも分かった気になってた 大切な気持ち パンクしちゃうほど この胸の中溢れていたのに  すれ違う自由も 重なる鼓動も 大きなぬくもりも 小さなウソも… たった二人でつくる 恋のかけらを 抱きしめてつなぐよ いつか愛になるまで  あなたに出逢って 自分も見つけて 何もかも分かった気になってた 大切な気持ち パンクしちゃうほど この胸の中溢れていたのに  すれ違う自由も 重なる鼓動も 大きなぬくもりも 小さなウソも… たった二人でつくる 恋のかけらを 抱きしめてつなぐよ いつか愛になるまで
DearestZ-1Z-1田中花乃P.KAWAIP.KAWAI100年先も友達で しわの数も数えちゃおう 1秒先も見えないけど 夢の底で手をつなごう  3年 2人分の 毎日が重なってる いつもドキドキしてる ズキズキしてるけれど あの子と半分づつ 丸い心完成 いつだって一緒だったよね  ケンカして たいやき泣きながら食べて 握手して 深まってく  100年先も友達で 恋の数も数えちゃおう 1秒先も見えないけど 一瞬(いま)の勇気 合わせ進もう 離れてもほら 形は変わらないから 「永遠」の目印  お互い違う街で これから過ごすんだね 新しい季節には ワクワクだったあの日 二人ではしゃぎすぎた いつもの声がやけに アルバムに似合いそうになってる  ありがとう 一言じゃ足りないけれど... 羽ばたこう 広がってく  100万円でも買えない 大事なことに気づいたよ 出逢いと別れが世界に きっと明日を運んでくる どこまでもほら 道はね 続いてくから 「未来」への矢印  あなたと出会って初めて 本当の自分にも会えた 傷つけたり傷ついても それは ほんとに好きの証  100年先も友達で しわの数も数えちゃおう 1秒先も見えないけど 夢の底で手をつなごう  100年先も友達で 恋の数も数えちゃおう 1秒先も見えないけど 一瞬(いま)の勇気 合わせ進もう 離れてもほら 形は変わらないから 「永遠」の目印
My home亜波根綾乃亜波根綾乃田中花乃田中花乃中村修治オレンジの夕日を 雨が滲(にじ)ませてく まるで涙ごしに見た 思い出の色みたい  こんなに苦しくて 悲しい時だって いつものようにおなかが すくのはくやしいね  新しく光る星の中に 僕のため 輝く My home  いつまでも忘れない 目をそらさず生きるよ 広い広い海より青い 空の下  時々僕らは 大切なことって とても遠くにある気が するのは何故だろう  終電(さいしゅう)の窓に映る光 僕のため 輝く  My home  いつまでも忘れない 目をそらさず見つめるよ ただ繰り返すだけじゃない 毎日を  どこまでも進みたい 手を離さず戦うよ 暗い暗い闇より深い 夢の下  変わらずにいるためにもきっと この胸に 時は流れる  いつまでも… いつまでも忘れない 目をそらさず生きるよ 広い広い海より青い 空の下  いつの日か叶えたい 手を離さず永遠に 光受け止めるよ同じ 宇宙(ほし)の中  行き先だけそっと 宙に浮かんだまま さよならを風が今 さらう My home
2つのポケット小泉今日子小泉今日子田中花乃田中花乃石川鉄男・山本拓夫ギューに挿し込まれた車両が重く走る そんな街 飛び出して 夜空を見上げて ここは1日にBusが2本しか来ない 時間軸が壊されてゆくよ  今頃君は一人で分刻みの予定をこなす それでも大切な一秒見落として 過ぎてく…  こんなに遠く遠く離れてやっと 気づき始める「毎日」の奇跡を 責任だけをかぶりすぎていたから 自分の「素直」が隠れていたね  Pocketに詰め込んだCandyが少し 溶け始めたそんな思い出 ココロをくすぐる アルバムを開いても懐かしいだけで 風の感触なんてなかったのに…  幼年期も急ぎ足の背中を追いかけていた いろんな涙に出会ったけど 「毎日」にはじめて泣いた  こんなに遠く遠く離れてやっと 気づき始める「毎日]の奇跡を 時と戯れバトルも頑張ったなら いつものSpeedのGearを上げよう こんなにゆっくり窓から見える雲か 動いて形を変えてくなんて Busから見える数えきれない程の 「日常」がきっと私を変えてく  それでもどこかで重い車両に乗った 自分の空気に帰りたくなってる 結局1秒も離れたくない 人と夢が私を呼んで離さない  いつか「毎日」が見えなくなりそうな そんな時にまたこの場所に来よう 風が揺れるこの木をくぐり抜けて オリオンが見える小さな場所まで…
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 愛しい人よ
  2. 月と星が踊るMidnight
  3. 明日への扉
  4. 嘆くなり我が夜のFantasy
  5. SEE YOU

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照