試聴する

君のキス

この曲の表示回数 41,188
歌手:

CHEMISTRY


作詞:

田中花乃


作曲:

谷口尚久


ねえ あんなに 話し合って 別れたのに
まだ 触れ合った 唇は あたたかいままで

涙脆い僕達は
不慣れな笑顔して 手を振った

君のキスがいい 君の声がいい 側にいれるなら 何も要らないよ
後ろ姿が 小さくなる度 君のぬくもりを 痛い程感じてた

ぎゅっと 込み上げる 思い出を吹き消せはしない
今“忘れない強さ”を この僕に下さい

「あなたを諦める」と 言葉選ぶ君に 言えなかった…

心と心が 本当はひとつで
僕らは何から 背を向けたんだろう
後ろ姿を 追いかけていたら
君は泣いていた? どうしても 行けなかった

巡り逢いとさよなら 幾度繰り返し
人は強くなると言うけれど 僕は…

春の桜通り 夏の蝉時雨 秋も冬も全部 変わりはしないのに
今 何処にいて 誰を想ってるの
「幸せになって」と 奇麗には思えずに

君のキスがいい 君の声がいい 側にいれるなら 何も要らないよ
泣いていていいから 僕が守るから
君のぬくもりを もう一度感じたい

どうしても 愛してる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:君のキス 歌手:CHEMISTRY

CHEMISTRYの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-01-30
商品番号:DFCL-1437
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP