GOLD LYLIC 

試聴する

Point of No Return

この曲の表示回数 183,563
歌手:

CHEMISTRY


作詞:

麻生哲朗


作曲:

藤本和則


夏草が流れてく イタズラに ちぎられ 捨てられて
朝を待つ 波に 身をまかせ 戻れない場所を思ってる

wooh…「向き合うことがこわいなら そっと隣にいてもいい?」
そんなキミの言葉に甘えすぎて 握った手をほどいていた

夏草が流れてく 蒼いまま 飛ばされ 吸い込まれ
朝焼けに朱く染められて 戻れない場所を思ってる

yeahh…「すれ違いも争いもいつかは美しい思い出さ」
ずっとあんなに笑い合ったのに それも痛みに変わっていく

何もかも思い出と カンタンに呼べたらいいけど
振り向けば 胸が疼きだし ボクはまた道に迷っている

きっと永遠なんて言葉は 勝手気ままに描きなぐった
未来を語るためにあるんじゃないね
通り過ぎてしまった過去たち
もう戻れない瞬間に ひそかに感じてたもの

幼くてイラついた あの頃の自分を責めても
戻れない わかっているのに まだキミを思い浮かべて

夏草が流れてく じゃれ合っているように絡んで
気がつけば 遠く 引き裂かれ 終わらない旅をつづける

戻れない場所を思ってる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Point of No Return 歌手:CHEMISTRY

CHEMISTRYの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-06-06
商品番号:DFCZ-1034
DefSTAR RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP