キャンパスの想い出

この曲の表示回数 3,578
歌手:

秋ひとみ


作詞:

喜多條忠


作曲:

中山大三郎


学生時代の 思い出は
キャンパスのそばの 喫茶店
仲良しふたりは いつもおしゃべりばかり
ひとり恋を知り ひとり恋をなくし
いつかはなれてった 心だったわ
女の友情なんて うわべのほほえみね
涙の一つぶ 悲しみ一つで 変わってしまうのね
その夜 書いた日記には
涙がにじんでた

ざんこくなことに 悲しみは
好きな人も 同じにしたの
仕方ないわねと あきらめはしたけれど
ひとり夢をみて ひとり夢をすてる
恋の女神にも うらまれたのね
若いということだけで 許されるものなら
だれにも負けずに あの人の胸に
とびこめたでしょうか
今夜 街をはなれるの
見送りの 影もなく

だれにも負けずに あの人の胸に
とびこめたでしょうか
今夜 街をはなれるの
見送りの 影もなく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:キャンパスの想い出 歌手:秋ひとみ

秋ひとみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-05-22
商品番号:TECE-1129
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP