歌詞を

ヘルプ

木根尚登の歌詞一覧リスト

92 曲中 1-92 曲を表示
2019年2月23日(土)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
i木根尚登田中花乃木根尚登すぐに戻るよと君はこの部屋の
I'm On Your Side木根尚登小室みつ子木根尚登海風に吹かれて桟橋を
愛をそのままに木根尚登西門加里木根尚登いくつもの星がせつなく
青空木根尚登小室みつ子木根尚登ひび割れたあの空を見上げてる
阿佐ヶ谷小春日和木根尚登木根尚登・藤井徹貫木根尚登冬枯れた静かな午后に
雨音を聴きながら木根尚登山本成美木根尚登木枯らしが口笛を吹いて
UNKNOWN TOWN~見知らぬ街~木根尚登木根尚登木根尚登目覚めれば傍にいつも君は
今はただ君を木根尚登Naoto Kine・Michiko YoshidaNaoto Kineいつもの店で君の悩み聞いて
木根尚登喜多條忠南こうせつ妹よふすま一枚へだてて今
イレイス木根尚登木根尚登木根尚登今日も眠れなくて
色づく街に木根尚登木根尚登木根尚登顔をあげて声を聞かせて
Wish on the hill木根尚登木根尚登小室哲哉街角のカフェ人影も無く
WINTER COMES AROUND木根尚登小室みつ子木根尚登うずくまるハトと凍る街路樹
浮雲木根尚登前田たかひろ木根尚登午前中のノルマをやっと
海の見える窓木根尚登木根尚登木根尚登雨の日には赤いレインコート
H2O木根尚登木根尚登木根尚登青い夜に揺れて戸惑う月明り
Escalator木根尚登木根尚登木根尚登昇りと下りがすれ違う瞬間に
N43木根尚登木根尚登木根尚登この街の陽は長く夜が待ち
Eris~10番目の星~木根尚登木根尚登木根尚登何億光年遠い過去から
御茶ノ水慕情木根尚登木根尚登・藤井徹貫木根尚登二十歳前家を出てこの街へ
思い出はクレセント木根尚登小室みつ子木根尚登街路樹のすきま三日月が見える
風 太陽 海木根尚登木根尚登木根尚登あこがれと悲しみ繰り返して
風に向かって走れ木根尚登小室みつ子木根尚登高速の向こうに赤く染まった
悲しみのチルドレン木根尚登木根尚登木根尚登君は空を見ている僕も空を
GIRLFRIEND木根尚登小室みつ子木根尚登ほこりのしみるバス停に
吉祥寺へ帰る木根尚登木根尚登・藤井徹貫木根尚登昼間からいせやへ行き冷酒を
君がいた夏木根尚登木根尚登木根尚登砂ぼこり舞い上がるグランドの
君への道木根尚登木根尚登木根尚登古いアルバムを眺めていた
クジラが飛ぶ日木根尚登Mitsuko KomuroNaoto Kineやけに晴れた昼下がりビール
国立マギー・メイ木根尚登木根尚登・藤井徹貫木根尚登学校をサボッてマギーメイ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
Close to the night木根尚登小室哲哉木根尚登始まりはいつも孤独で
GATE木根尚登前田たかひろ木根尚登サイテーだなこんなコトで
高円寺を紡ぐ木根尚登木根尚登・藤井徹貫木根尚登両手ですくった山もりの砂が
ここにある未来木根尚登木根尚登木根尚登どれくらい時が経ったの
心の旅先木根尚登Mitsuko KomuroNaoto Kine乾いた土を踏んでただ
心の花束木根尚登田中花乃木根尚登夢を語り合ったあの日のように
Collection木根尚登木根尚登木根尚登君は僕より少し背が高く
CONFESSION木根尚登西門加里木根尚登向かいのビルの窓辺に
50回目のファーストキッス木根尚登木根尚登木根尚登何十回でもファーストキッスをしよう
桜ヶ丘木根尚登木根尚登木根尚登遠くに見える高い銀の電波塔
SATURDAY MORNING.6A.M.木根尚登山本英美小室哲哉夜明けが近づけば昨夜のことが
Sad Emotion木根尚登神沢礼江木根尚登偶然街で君と出会う
新宿物語木根尚登木根尚登・藤井徹貫木根尚登少年は月を見て毎晩アポロを
Seasons木根尚登木根尚登木根尚登忘れたよ君の事もう何とも
時代を抱きしめて木根尚登木根尚登木根尚登人の波が行き交う交差点
Still feel loneliness木根尚登前田たかひろ木根尚登このままだっていいかも知れない
STILL LOVE HER木根尚登小室哲哉小室哲哉・木根尚登歌をきかせたかった愛を
空につづくロマンティック木根尚登木根尚登木根尚登久しぶり君を乗せ真夜中の
Soldier Blue木根尚登木根尚登木根尚登星降る夜砂漠の真ん中で
それでもいいと思ってた木根尚登木根尚登木根尚登しゃだんきが上がり
TIME PASSED ME BY木根尚登小室みつ子木根尚登淡いドレスの影が裸足で
高尾駅のベル木根尚登木根尚登・藤井徹貫木根尚登ねえ君行くの行かないの今日も
立川の空木根尚登木根尚登・藤井徹貫木根尚登人は野に杭を打ち柵を立てる
大地の物語木根尚登小室哲哉木根尚登帰れないこのまま君を
誰かが君を愛してる木根尚登売野雅勇木根尚登心が死んでゆくようときみが
TELEPHONE LINE木根尚登小室みつ子木根尚登灯りを消して窓を開けると
Tenderness木根尚登山本英美木根尚登生まれた風に寄りそって
東京バラッド木根尚登木根尚登・藤井徹貫木根尚登あの日僕はギターと大きな夢を
隣のサンタクロース木根尚登Mitsuko KomuroNaoto Kineドアの外飛び出し駆けだした
泣かないで木根尚登木根尚登木根尚登イブが近づく東京駅
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
中野グラフィティ木根尚登木根尚登・藤井徹貫木根尚登カラージーンズで揃えようネ
1/2の助走木根尚登西門加里木根尚登夜明けを待つ都会は
Knock Three Times木根尚登木根尚登木根尚登タイムマシンであの頃に戻ったんだ
ノックは3回木根尚登木根尚登木根尚登タイムマシンであの頃に
Not Too Late木根尚登小室みつ子木根尚登明け方眠る町走り抜けてく
橋はどこにあるの木根尚登戸沢暢美木根尚登橋はどこにあるのその先から
八王子メモリー木根尚登木根尚登・藤井徹貫木根尚登かあさんと歩く夕焼けは手を
花を贈ろう木根尚登木根尚登木根尚登ペダルを空回りさせて
春を待つ木根尚登木根尚登木根尚登君と出会ったあの日空は
Piano Lesson木根尚登木根尚登木根尚登隣の家からピアノの音がする
FALLIN' ANGEL木根尚登小室みつ子木根尚登エンジンオイルがヒートして
二人だけの海木根尚登岩谷時子弾厚作君のために渚でひとりかなでる
冬の花木根尚登Junpei TakedaNaoto Kine聞き上手な月の雫雪となり
フリー木根尚登木根尚登木根尚登友達はカミングアウトした後ろ
FOOL ON THE PLANET木根尚登小室みつ子木根尚登星の降る小高い丘まで
ブリキのメロディー木根尚登山本成美木根尚登街を切り刻むブリキのメロディー
Bless this Love木根尚登前田たかひろ木根尚登退屈だろふたりぶんの平和って
ホントの君 ウソの君木根尚登小室みつ子木根尚登耳たぶとほほが赤く
ポニーテール木根尚登前田たかひろ木根尚登苦しかったね苦しいはずだった
MY BEST FRIEND木根尚登木根尚登木根尚登あいつに借りたレコード
水色の服を着た娘木根尚登木根尚登木根尚登坂の途中の小さな店で
三鷹ブルース木根尚登木根尚登・藤井徹貫木根尚登店の主は地元じゃ少しは
武蔵小金井からの手紙木根尚登木根尚登・藤井徹貫木根尚登拝啓今どこでどうしてますか
もう戻らない木根尚登北井いずみ木根尚登君が出ていったドアを眺めて
夢のさき木根尚登木根尚登木根尚登どこか遠くに行きたくて
夜明けのスロー・ボート木根尚登小室みつ子木根尚登君の肌に指をすべらせながら
四ツ谷ロマン木根尚登木根尚登・藤井徹貫木根尚登僕の肩に頭を預ける疲れた
LUCY木根尚登木根尚登木根尚登君はシェイクスピアの舞台に立ち
RUNNING ON木根尚登木根尚登木根尚登失望と崩壊に傾きかけた
REMEMbER ME?木根尚登木根尚登木根尚登変らない生活が何日も
Roots of The Tree木根尚登木根尚登木根尚登サイドミラーに君を映して
レイニーブルースが聞こえる木根尚登緑川久美子木根尚登何度別離を言いかけて止めた

木根 尚登(きね なおと、1957年9月26日 - )は、音楽家、小説家、音楽プロデューサー。本名同じ。身長174cm、体重60kg、血液型はB型。東京都立川市出身、実家は立川市内で水道工事店を営む。山梨県の日本大学明誠高等学校卒。 wikipedia