試聴する

色づく街に

この曲の表示回数 4,830
歌手:

木根尚登


作詞:

木根尚登


作曲:

木根尚登


顔をあげて 声を聞かせて
ありのままの姿で僕のことを見てよ
涙を見せて ヒールを脱いで
髪をかき上げ無理に笑わなくていいよ

雨が止んだね 洗われた街
いつも通るあの道を歩いてみないか
嫌な人とか 大切な人とか
言えないこと 全部こっそり教えてほしい

夕闇が迫る横断歩道で
さりげなく君の手を握った
君の涙は僕の勇気

萎えた花はつぼみのままで
誰にも気づかれることなく泣いていたの

はじめの一歩から だんだん見えてくる
鉛筆で描いたような街並みが
いつか色づく そして動き出す

僕が守る 君を守る
傷ついた夢や腕や絆も全て
裸足になろう 心の底に
しぼんだままのつぼみ 咲き誇るまで

僕が守る 君を守る
ウソをついてもいいよ信じてあげる
居場所を探そう 僕は後方で
いつまでも 君の背中支えてあげる

顔をあげて 声を聞かせて
ありのままの姿で 僕のことを見てよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:色づく街に 歌手:木根尚登

木根尚登の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008/11/19
商品番号:YRCN-95017
R and C Ltd.( C)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP