恋人捜し

この曲の表示回数 4,316
歌手:

堺正章


作詞:

千家和也


作曲:

筒美京平


晴れたある日 街の中を
口笛吹いて 歩いたら
何気なしに 追い越していった
女の子が 眼についた
どうせ恋を するとしたら
あんな娘があんな娘が いいんだけどなァ
道のあとを つけていたら
いつの間にか 陽が暮れた

雨降る午後 暇つぶしに
珈琲飲みに 入ったら
隅の椅子で 本を読んでる
女の子が 眼についた
どうせ恋を するとしたら
あんな娘があんな娘が いいんだけどなァ
お茶も飲まず 見とれていたら
いつの間にか 陽が暮れた

垣根越しに 道を聞かれた
女の子が 眼についた
どうせ恋を するとしたら
あんな娘があんな娘が いいんだけどなァ
後姿 気にしてたら
いつの間にか 陽が暮れた
どうせ恋を するとしたら
あんな娘があんな娘が いいんだけどなァ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:恋人捜し 歌手:堺正章

堺正章の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004/08/25
商品番号:COCP-32841
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP