喝采

この曲の表示回数 4,500
歌手:

米倉利紀


作詞:

吉田旺


作曲:

中村泰士


いつものように 幕が開き
恋の歌うたう わたしに
届いた報らせは
黒いふちどりが ありました
あれは三年前
止めるアナタ 駅に残し
動き始めた汽車に
ひとり飛び乗った
ひなびた町の 昼下がり
教会の前に たたずみ
喪服のわたしは
祈る言葉さえ 失くしてた

つたがからまる 白い壁
細いかげ長く 落として
ひとりのわたしは
こぼす涙さえ 忘れてた
暗い待合室
話すひともない わたしの
耳に私のうたが
通りすぎてゆく
いつものように 幕が開く
降りそそぐ ライトのその中
それでもわたしは
今日も恋の歌 うたってる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:喝采 歌手:米倉利紀

米倉利紀の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015/08/26
商品番号:TKCA-74244
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP