石本美由紀作詞の歌詞一覧リスト  18曲中 1-18曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
18曲中 1-18曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
昔、男に生まれていたら神川しほ神川しほ石本美由紀たちばなけんじ伊戸のりおもしも私が そうです もしも 昔男に生まれていたら 清水港の次郎長さん 仁義双六 三度笠 だけど子分の 石松さんを 閻魔堂では 死なせない ア サテ それも 夢かいな  もしも私が そうです もしも 昔男に生まれていたら イカス 宮本武蔵さん 剣の道とは 言いながらも だけど女の一途な愛を 捨てて一人で生きはせぬ ア サテ それも 夢かいな  もしも私が そうです もしも 昔男に生まれていたら 吉良の港の 仁吉どん 義理と人情の板ばさみ だけど女房の お菊に罪な 離縁状など 書きはせぬ ア サテ それも 夢かいな  もしも私が そうです もしも 昔男に 生まれていたら 忍者石川五ェ門さん 熱い釜ゆで お湯の中 だけどドロンと ドロンとドンと そんなドジなど 踏みはせぬ ア サテ それも 夢かいな
柿の木坂の家清水博正清水博正石本美由紀船村徹春には 柿の 花が咲き 秋には 柿の 実が熟れる 柿の木坂は 駅まで三里 思いだすなァ ふる里のヨ 乗合バスの 悲しい別れ  春には 青い めじろ追い 秋には 赤い とんぼとり 柿の木坂で 遊んだ昔 懐しいなァ しみじみとヨ こころに返る 幼ない夢が  春くりゃ 偲ぶ 馬の市 秋くりゃ 恋し 村祭り 柿の木坂の あの娘の家よ 逢ってみたいなァ 今も尚ヨ 機(はた)織りながら 暮らしていてか
女の旅路中村美律子中村美律子石本美由紀叶弦大冬が来るのに 津軽を越えて 函館港は 仮の宿 ハァア アーア 眠れぬ夜は あなた恋しい 小雪酒 酔えば 尚さら ひとりが寒い  想う一念 雪をも溶かす 明日は室蘭 苫小牧 ハァア アーア 私の春は 好きなあなたの 胸にある 釧路 ほつれ毛 女の旅路  根室海峡 大漁旗に 船まで寄り添う 波なさけ ハァア アーア 汽笛よ叫べ たとえひと冬 待とうとも 春は 笑顔の うす紅化粧
河内おとこ節GOLD LYLIC中村美律子GOLD LYLIC中村美律子石本美由紀岡千秋河内生まれの 風来坊は 生きのいゝのが あゝ…売りもんや サテモ皆様 おそまつながら こゝが男の 舞台なら 太鼓叩いて 見栄を切る 喧嘩囃子の 河内ぶし  一に度胸や 二に人情や 後は腕づく あゝ…腕しだい サテモ皆様 悪声ながら 坂田三吉 物語り 派手な掛声 頂いて 唸る男の 河内ぶし  馬鹿な息子と 叱ってくれる 俺(わい)の親父(おやじ)は あゝ…生駒山 サテモ皆様 おゝそれながら 肌は鉄火の 勇み肌 グイと冷酒 飲みほして 仁義がわりの 河内ぶし
ひばりのマドロスさん美空ひばり美空ひばり石本美由紀上原げんと船のランプを 淋しく濡らし 白い夜霧の ながれる波止場 縞のジャケツの マドロスさんは パイプ喫かして アー タラップのぼる  左様ならよと つぶやくように 咽ぶ汽笛は 別れの合図 誰のかたみか マドロスさんの 粋なマフラー アー 夜風になびく  泣いちゃ巻けない 出船の錨 さすが男よ 笑顔で巻いて 港離れる マドロスさんは 切れたテープに アー 名残を惜しむ
哀恋歌美空ひばり美空ひばり石本美由紀市川昭介春と別れて 花は散り 秋と別れて 泣く落葉 みんな淋しい 心はひとつ 別れの歌は 独り唄  駄目ね 別れた 後からも 胸にみれんが つきまとう 燃えた恋ほど 涙で終る 別れの歌は 名残り唄  あなた さよなら さよならと 書いて悲しく 終わる歌 涙ふくんだ 言葉にたくす 別れの歌は さだめ唄
北島三郎北島三郎石本美由紀原譲二奥歯かみしめ 男が耐える 苦労吹雪の荒れる海 負けてたまるか 沈んでなるか 広いこの世の 海原を 俺はこの手で 舵をとる  灯り色した 情けがあれば どんな闇夜も 恐くない つばさ可愛い お前はかもめ 惚れて運命を 託すなら 俺の大事な 舵になれ  明日の光を 追いかけながら 生きた数だけ でかくなれ 波よ吠えるな 吹雪よ泣くな 夢を積み荷の いのち船 俺はしっかり 舵をとる 
舞酔い酒宮路オサム宮路オサム石本美由紀伊藤雪彦燃えた恋ほど 醒めれば寒い 今のあんたは もう他人 いくら悔しさ 堪えても 酔ってまぎらす 涙もあるわ どうせ今夜も グラス相手の 舞酔い酒  離したくない この手を離し 別れ別れに なった人 下手な芝居と あきらめる そんな恋なら 傷つかないわ 辛い運命に 負けてしみじみ 舞酔い酒  店の有線 「悲しい酒」は 誰の身の上 唄うやら 迷い道です 人生は なにを信じて 生きればいいの 未練裏町 夢を下さい 舞酔い酒 
逢いたかったぜ五木ひろし五木ひろし石本美由紀上原げんと川村栄二逢いたかったぜ 三年ぶりに 逢えて嬉しや 呑もうじゃないか 昔なじみの 昔なじみの お前と俺さ 男同志で 酒くみ交す 街の場末の おぉ縄のれん  生まれ故郷の 想い出ばなし 今宵しみじみ 語ろじゃないか 昔なじみの 昔なじみの お前と俺さ こんどあの娘に 出逢ったならば 無事で居るよと おぉ言ってくれ  誰が流すか ギターの唄に 遠い思い出 偲ぼじゃないか 昔なじみの 昔なじみの お前と俺さ 夢が欲しさに 小雨の路地で 泣いたあの日が あぁ懐かしい
灯り大月みやこ大月みやこ石本美由紀桜田誠一丸山雅仁秋から冬へ 哀しみの 涙たたんで 旅仕度 優しさはぐれ 恋はぐれ あの人は いない あゝ あゝゝ 北の海峡 独りで渡る 船の 船の 夜の寒さよ 温もりが ほしい…。  あの日の愛は まぼろしか 燃えた 情けは かげろうか 思い出いづこ 花いづこ 面影が ゆれる あゝ あゝゝ 罪な この世の約束なんて どうせ どうせ ガラス細工ね こなごなに 割れる…。  涙の彩を にじませて 命凍える 雪が舞う 幸せはぐれ 夢はぐれ あの人は いない あゝ あゝゝ 北の海峡 未練が揺れる 明日は 明日は せめて抱きたい やすらぎの 灯り…。
名残りの花大月みやこ大月みやこ石本美由紀伊藤雪彦丸山雅仁誰かに捨てろと 言われても この恋捨てたら 生きられません 二人の胸に 燃え移る 炎が愛の 証です 逢いたい 逢えない 命を託す 恋ならば 捧げる人は あなただけ  涙の向うに 来る春は 幸せ届けて くれるでしょうか 約束繋ぐ 恋の糸 このまま切れず いつまでも 逢いたい 逢えない あなたを偲ぶ みれん雪 私のこころを 凍らせる  名残りの花の はかなさを 運命の道と 知りました 逢いたい 逢えない せつなく消える 命でも 心の灯りは あなただけ
人生一路氷川きよし氷川きよし石本美由紀かとう哲也石倉重信一度決めたら 二度とは変えぬ これが自分の 生きる道 泣くな迷うな 苦しみ抜いて 人は望みを はたすのさ  雪の深さに 埋もれて耐えて 麦は芽を出す 春を待つ 生きる試練に 身をさらすとも 意地をつらぬく 人になれ  胸に根性の 炎を抱いて 決めたこの道 まっしぐら 明日にかけよう 人生一路 花は苦労の 風に咲け
原田ゆかり・香田晋原田ゆかり・香田晋石本美由紀叶弦大俺と苦労をする気なら 旅に出ようか人知れず いいわあなたと一緒なら 恋に運命をあずけます 船を漕ぐには櫂がいる 生きて行くには妻がいる 好きなあなたのためならば 櫂に私はなりましょう 春は花秋は月冬は雪 二人巡る歳月を 越える旅路川  寒くないかい人の世は いつも冷めたい風はかり いいえあなたとつなぐ手が 離れなければいいのです 船の命が櫂ならば 俺の命はお前だよ 生まれ故郷の渡し場は 母が泣くよな雨が降る  春は花秋は月冬は雪 二人巡る歳月を 越える旅路川  春は花秋は月冬は雪 二人巡る歳月を 越える旅路川
渡り鳥姉妹春野百合子・中村美律子春野百合子・中村美律子石本美由紀富田梓仁女旅(おんなたび)なら 淋しいけれど 苦労 分けあう人がいる 田舎芝居(いなかしばい)と 僻みはしない いつか世に出てお客を湧かせ 桧舞台(ひのきぶたい)を 夢にみる お姉さん がんばろうね 姉妹 お役者 渡り鳥  辛い涙や 心の傷は みんな化粧に 隠すもの 幟 はたはた 春から秋へ 役者根性(こんじょう) 舞台で磨き 芸に打ち込む 旅廻り 苦労には 負けまいね 姉妹 お役者 渡り鳥  どこへ行っても お客に受ける 髷が似合いの男役 吉良の仁吉と 女房のお菊 泣かす芝居に 自分が泣いて 語るセリフに つまされる 「夢だけは すてまいね 姉妹 お役者 渡り鳥 
人生一路Dribble Water feat. HIBARIDribble Water feat. HIBARI石本美由紀かとう哲也Dribble Water一度決めたら 二度とは変えぬ これが自分の 生きる道 泣くな迷うな 苦しみ抜いて 人は望みを はたすのさ  雪の深さに 埋もれて耐えて 麦は芽を出す 春を待つ 生きる試練に 身をさらすとも 意地をつらぬく 人になれ  胸に根性の 炎を抱いて 決めたこの道 まっしぐら 明日にかけよう 人生一路 花は苦労の 風に咲け
月夜宿天童よしみ天童よしみ石本美由紀水森英夫愛しあい 愛しあい からませた糸も 心ふたつを結んで切れた 思い出染まる 山間の 秋を訪ねた 女には 唇寒い 月夜宿  片割れの 片割れの 月さえもいつか 丸くなる夜が また来るものを 湯煙りしみた 思い出に 肌を浸せば 尚燃える 残り火むなし 月夜宿  人の世の 人の世の 不しあわせ嘆き 添うに添われず 他人で生きる 独りの旅の 淋しさを 酒の情けに すがる夜は せせらぎ咽ぶ 月夜宿
かくれ妻情話山崎洋子山崎洋子石本美由紀市川昭介山田年秋すがりつきたい あなたの胸に そっと今夜も 人知れず かくれ妻でも 私は いいの 帯を解くのも 結ぶのも 許し合う身の 恋情け  お酌しましょう 愛しさ添えて 雪見障子(ゆきみしょうじ)の旅の宿 かくれ妻でも あなたの あなたの女 恋に区別は ないものを 罪な世間の眼が怖い  頬を重ねて 指から背へ 燃える命が 絡みます かくれ妻でも 怨みは 怨みはしない 今度 逢うの日の約束に 夢を預ける 夜明け前
おけさ宿大川栄策大川栄策石本美由紀遠藤実愛してほしいと 崩れるように 運命をあずける 佐渡の旅 女なら火と燃えて 抱かれたい 約束の 約束の 夢を重ねる ハアー おけさ宿  酔ってもいいよと あなたに言われ グラスのお酒に くちづける この恋の温りに 縛られて 幸せを 幸せを 肌に呼びたい ハアー おけさ宿  心も身体も ひとつになれた おけさが聞こえる 星月夜 人の世は 独りでは 渡れない 明日の日を 明日の日を 賭けて悔いない ハアー おけさ宿
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. KICK BACK
  3. ないしょのプレゼントフォーユー!
  4. 約束
  5. This is LOVE

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 朝靄に溶ける
  2. SPECTRA
  3. Blue Moon
  4. ギターと孤独と蒼い惑星
  5. 倶に

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照