露地裏

この曲の表示回数 7,682
歌手:

鏡五郎


作詞:

海老原秀元


作曲:

桜田誠一


からからと木枯らしに 泣きながら
空き缶がとぶ板を ころがった
踏まれても 踏まれても
それが浮世のさだめなら
裾のほこりはなぁ・・・
笑ってはたこうぜ

古傷に沁みるのさ その演歌は
置き去りのあのひとを 思い出す
好きだって 好きだって
二度と帰らぬ 故郷なら
罪なたよりはなぁ・・・
出さずにすまそうぜ

しんしんと降りしきる 雪をみて
露地裏の居酒屋で 酒を呑む
辛くても 辛くても
明日に希望が あるのなら
今日の苦労はなぁ・・・
黙ってたえようぜ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:露地裏 歌手:鏡五郎

鏡五郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP